グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

最近、小、中で新卒の講師が担任をやることがあります。

なぜ講師程度の能力しかない(本採用してもらえない程度の能力)講師が、担任を受け持つのでしょうか?

教員免許なんかどんな3流大学をでていても取得できる免許(逆に考えると、1流大学をでて取得しているかたもいますが。)です。

その程度の学力しかない講師でしかも社会常識が皆無に近い新卒者が子供を預かって指導なんてことができるのでしょうか?

人を指導する前に自分自身の社会常識を身につけるべきなんじゃないでしょうか?

人を指導する前に自分自身本採用される学力を身につけるべきなんじゃないでしょうか?

こんな講師に子供を預ける親の身としては講師ごときと考えますので信頼できません。

むしろ自分の子供をその程度の能力にしないで欲しいと考えてしまいます。

みなさんどのように考えますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 不良」に関するQ&A: 性行不良ってどういう意味ですか? 校則に載っていたのですが意味が分からないんです。

A 回答 (16件中1~10件)

 ♯15と18の方へ。


文面を拝読させていただき貴殿は正直で裏表のない方であるとお見受けしました。が言葉は使う状況によってそこに使われるべき言葉、適切な表現が許容されるとはお考えになりませんか?
 確かにやつがれの言葉には「上から目線」の様な響きで受け取られる危険性は多分にあるでしょう。貴殿が正直でお世辞のいえない人物であるからこそ、あの様に直裁的な言葉になったことも想像に難くありません。けれども相手を威圧して平然とする、自らはそれに踏ん反り返るような情景を想起させる言葉遣いだけはご自身を貶める以外の何物でもありませんのでお慎みになられた方が良いかと存じます。テレビのトーク番組で司会進行を務める田原総一朗なる人物がいますが、あの方が持つ疑わしさに殆どの人も気付き始めているはずです。司会進行者には自らの意見を述べる必要などないのです。相手の言葉を如何に引き出し、それを叩き台として話をするかの舞台回しに徹すればそれで彼の「仕事」は完結します。
 教育者といっても様々な領域があることはご存知でしょう。一枚の通信添削の答案から受講者の肉声を読むことに長けている方がいらっしゃる一方で、何年もの間同じノートを使い続ける国家公務員(現在は独立法人に勤務する教育研究職の職員)もいます。こうしたかたがたの彼我を目の当たりにするにつけ、肩書がその人を示すとの日本的な思い込みにはいかがわしさを感じざるを得ません。
 戦後のそれも80年代以降この国では「比較して優劣を競う」ことは存在感を増しても、「そのものが持つ良さや独自性、本質を問う」作業は片隅へと追いやられ意味のないことと誤解され続けてきてもいます。
 やつがれが関わる学問領域のゆえかもしれませんが、少なくとも自らを対象化する営為だけは最後まで失ってはならないとの原則があります。社会科学としての歴史学が依って立つべきは大袈裟な言葉でいえば総体としての歴史の形成や発展を見つめる時、それを自身がどの様な位置から眺めるのかが常に問われる性質の学問です。自身の見解を補強するための目的で史料を探し提示する。それも史料の中身を吟味せずにするなどは論外といえます。こうした姿勢が貴殿には鼻持ちならないと映ったのでしょう。それは未だやつがれが不勉強の至りであることの証左であり、日々自問していることと同じです。そんなやつがれも一方では民間企業の一社員として仕事の現場で様々な声を聴きそれを受け止め、一度みずからの内部で翻訳し相手にフィードバックしていく作業の連続に身をやつすとの姿を持ちます。決して「評論家」などとして冷笑されるいわれなどありません。少なくともこの部分だけは撤回していただきたい。
 そんな中にあって貴殿と意見を同じくする部分も多々あり、そのことが唯一やつがれにとっての救いともなりました。生徒が教師を育てる、これは中々に言えない言葉です。この質問者の様に「教師が私にどの様な視線を向けていたかも私がその教師達にどのような教育効果を与えたかも知らない」と一方的に教育そのものを切り捨てる姿に一抹の不安をいだいた次第です。
    • good
    • 5

 質問者が先に残してくれた宿題に対する答であるが、「公務員は仕事をするだけ」との見解に対してそれを説明できる。

文字どおりの仕事ならば日々のルーチンワークを規則に則ってこなすだけに見えるかもしれないが、「仕事をすること」と「仕事をすることの意味」は明らかに質的相違を示す。前者が仕事をして給与を得ることと理解するなら、後者は仕事の質によって評価されるとの隔たりがある。前回質問者が例示した「医師」をみればそれはなお一層明らかになる。
 「医師の仕事」は患者の生命を救うことである。がしかし「職業としての『医師の仕事』」はそれだけに留まらない。恐らく質問者は生命の危険につながりかねない大病を患ったことがないのだろう。取り敢えず生命の危機からは患者を遠ざけることができても、その患者が「これからも生きていく」ことに対してどれ位の共感を持って治療にあたることができたかでも医師としての評価は変わってくる。「病気は取り敢えず治りました、でもその後の障害に関しては私は知りません」では患者は自らの肉体を医師に預けることができない。事前にどの様な影響が残るかなどを患者に納得のいく形で説明できなければ患者を「診る」ことにはならない。
 数として出逢っただけの教師はいた、とうそぶくがそれも質問者が気付いていないだけで教師は質問者からの微細な信号をキャッチしメッセージを投げ返している。嘘だと思ったら成績表を観てみればよかろう。何らかの言葉が記されている。
 最もこのように言う私にも少なからず「コイツだけは教師ではないな」と思える人物が一人だけいる。中三の時の担任である。コイツは自らの担当科目の成績が良い者だけを評価し、それ以外の科目の成績など知らぬ存ぜぬを押し通した。奇しくも三年後、弟が高校受験の時にその男が担任であり、しかも担当科目の成績が良かっただけで私の母校を受験したが物の見事に不合格、他科目の成績が良くなかったことが原因である。ベテラン教諭といえどそれに胡座をかく者と講師ではあるものの自らの職責を全うするために懊悩する者との間では天地ほどの隔たりがある。ガチンコ勝負で生徒と接している者とそうでない者の違いは何気ない仕草や言葉の端々に表れる。質問者が真剣でないならばそれなりの教師にしか巡り会えないこともうなづける。
    • good
    • 1

No.7です。


その1行目をもう一度。
「質問者の表現は別にして、多くの保護者が抱いている不安そのものだと思います。」

ここ、質問に対して回答する場ですよね?

この回答への補足

そのとおりだと思います。

公務員は決められたことを執行するだけです。

教師も一公務員にすぎません。

だから親がどんな不安を持とうが公務員は法的に認められてるからというだけです。

不安の本質の解消なんでありえません。

補足日時:2012/06/03 20:37
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼日時:-0001/11/30 00:00

質問者に対して、稚拙とか低レベルとか程度が痴れるとか…言ってるわりに、難しいコトバを並べ立てて高圧的に非難する教育者がいるな。

とても間違った見解を正そうとする姿勢には見えないのだが。塾はともかく、こんな先生が学校にいたら、子供は絶対に預けたくないね。子供が何か言うと頭から否定され、すんだことをいつまでもネチネチ言われ…。


質問者の質問をオブラートに包み、

「経験の浅い先生が担任をするのは不安だけどどうだろう?」

なら、充分に同意できる。私は娘が小学校に入学した時、妻と一緒に入学式に参列し、その後一緒に教室に入り、どんな担任かを確かめた。すると、20年のベテラン女性教師で、1・2年の低学年ばかり受け持ってきたという。これだけでかなり安心できたもんだが、けっこう多くの母親も思っていることではないのかな?

で、新米の講師だったらどうするか、だが、口には出さないが、やっぱり不安はあるだろうね。学校での様子、特に交友関係(けんか、仲間はずれまで含めて)に変わったことがないかを娘に毎日聞き、ノートのとり方や宿題の出され方から授業の様子・レベルを確認し、足りないようなら家庭で補い…となって、親のストレスが増えそうだ。しかし、強制的に娘とコミュニケーションをとることになり、すべてを学校任せにしないのでいいのかもしれない。あとは、連絡ノートを通じての担任との交換日記で、要望があれば伝えていくことになるんだろう。

学力や社会常識に欠ける先生はいないと信じたいが、もし担任の先生がそんな先生だったら、遠慮なく学校にクレームを入れる。

この回答への補足

この高圧的態度こそが教師、先生先生と呼ばれることが当たり前と思っている人間の本性でしょう。

補足日時:2012/06/03 20:41
    • good
    • 2

はじめてのお使いって番組を見た事ありませんか?



あれと同じです。

本人たちは自分たちだけで「お使い」という大役を果たしている気分でしょうが、実際はスタッフや両親がハラハラしながら、すぐ後ろから見守っています。

本人たちは新卒でいきなり「担任」とう大役を果たしている気分でも、実際は他の教師たちがサポートしてますって。

貴方の職場でもそうではないですか、新入社員は、いきなり一人前の扱いをしますか?いきなり大きな仕事を単独で任せますか?誰かがサポートしながら教えていきませんか?

新卒で担任なんて、ただの操り人形です。実際は裏で滅茶苦茶先輩教師たちから操られています。だから新卒の担任もベテランの担任も「質」は同じです。まぁ学校によって「質」に違いはあるかもしれませんけど・・・・・。


まぁそれでも不安だという貴方のような方のために、各種私立の小中学校まで用意されているわけなので、どうしてもというのなら、そちらの方が要望を聞き入れてもらえ易いと思います。

この回答への補足

ありがとうございます。参考にします。

補足日時:2012/05/25 01:14
    • good
    • 2

 質問者の教職資格に関する誤解が決定的に明らかになりました。


>その必修単位取得の基準が不明確である点が不審である。
大学側の裁量認定で判断しており免許であるにもかかわらず統一して基準をもった国家試験をするわけもなく交付されるのはおかしいと思います。

「教職免許」は「教育職員免許法」に基づき「学校教育法」が定める「学校(幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校)」の主管教諭・指導教諭・教諭・助教諭・養護教諭・養護助教諭・栄養教諭・常勤講師の職に就く者は全て、各種の免許状の授与を受けている者でなければならない、とされています。つまり法規定があります。
 そしてこの規定にそった形で大学の各学部に「教職課程」が学部の専門科目とは別に設けられています。この「教職課程」は「教職に関する科目」・「教科に関する科目」・「養護に関する科目」・「栄養に係わる教育に関する科目」・「特別支援教育に関する科目」で構成され、一般の教諭は「教職に関する科目」と「教科に関する科目」を必修および選択必修の形で履修せねばなりません。そして全ての単位を履修した段階で初めて「教員免許状」を申請する要件が整います。そして免許状は授与検者としての事務を取り扱っている都道府県の教育委員会です。個別の大学が公布するものではありません。こうして公布された資格を手にして、毎年行われる各都道府県および自治体の教員採用試験に出願する資格が生まれます。
 ですから教員免許を取得する事と実際に教諭として採用されるまでの間には試験に合格することとの壁があります。以前、大分で露見した事件を憶えていますか?。教員採用試験と実際の採用に当たっての合否判定で不正が行われていた事件です。父母親戚に教員や学校関係者を持つ受験者が下駄を履かされる形で不正に合格していたとの事件です。こうした背景は以前からも囁かれていました。実際に有力県会議員や市町村議員のコネがなければ名簿で上位に登載されても採用されることは難しいなどの噂でしたが、実態としてまかり通っていたことが露見しただけです。
 質問者の様に素朴に「成績優秀者は必ず採用される」との発想は本来の形としてはあるべきですが、それが現実には目に見えない力によって成績よりも優先される何かかがあり、それによって教育現場が歪められてきたツケが回ってきたともいえます。これがあなたの信奉する「素晴らしい現実主義」の実態です。実力も才能もある若者が理不尽なものによって将来の道を閉ざされる歪な社会のあり方です。よくお考えになってみて下さい。

>それで免許を取得して卒業して採用試験を通ればすぐに先生といわれる身分につくわけでしょ。
先生と呼ばれる社会的地位がどれほど偉い存在なのかお考えになられたことありますか?
人の成長過程を左右させない医者の先生ですらインターンの期間が数年ありますよね。
対して、教師は免許を取得し採用試験が通過すれば先生です。下積みもまったくない新卒者がですよ。そして先生は子供の成長過程を左右する存在で先生の思想・信条は批判的能力のない子供に影響を与えます。

 同様の国家資格に司法資格があります。弁護士資格です。司法試験に合格しただけで彼らは先生と呼ばれます。例の規制緩和に沿った形で司法資格の取得者も粗製濫造されました。中身の伴わない検察官や弁護士が増えてもいます。実態と乖離した法に基づき、被害者の心情も加害者の側には報道されない隠された事情があっても、彼らは「この法律の条文にこの様に規定されているから」として本来は自らが果たさねばならない役割をどこかに置き忘れる形で「仕事」をするだけです。中には法と現実の乖離を目の当たりにしてその狭間に生きねばならぬ自らの矛盾に気付き、出来る限りの範囲で何とかしようと格闘する良識的な法曹もいますが、残念ながら彼らは決して脚光を浴びる機会が多くありません。残念です。
 かつて70年代から90年代にかけて愛知県は管理教育の代名詞でもありました。それは管理することと監視することを取り違えた性質のものでした。「教育」の名の下に学校という隠れ蓑を使い、学童生徒の校内での一切合切を規則で縛り監視する。もし違反する者があれば家庭共々こんこんとお説教を垂れ、進路選択に影響が及びかねないなどと脅すなどの形でした。何年か以前に行われた「全国共通学力テスト」で犬山市教育委員会は生徒個人の氏名を含め、学校のランク付けを拒否しました。テストが理解度の到達がどのあたりにあるかを知る目的であるとのことから成績分布は統計データとして意味があっても、具体的な生徒や学校の名前を公表しそれによって学校間の優劣を比較することに意味はないからです。
 逆に大阪の跳ね上がり坊やは学校名を公表することで全体の底上げができるなどとのこじつけを行い、結果としてモチベーションの低下を教育現場にもたらしてしまっています。学校に「競争」が相応しくないことは元祖競争主義のイギリスやアメリカにおける教育現場の実態からも明らかです。
 常に荒波に翻弄され続けてきた日本の教育現場にあって、一人一人の教員が格闘を続けていることだけは忘れないでいたただきたいと存じます。教育に携わる者の一人としての切なる願いです。
    • good
    • 0

補足に対して回答してこう



>だからさ、講師一般じゃなくて何のために新卒って書いてんのか全然理解できてないじゃん

新卒であろうとも同じことである
新卒でも指導経験・指導力の有無が問題なのであって、講師・正規教諭は問題にならない

そもそも、「新卒」は質問にたった一言
講師は質問分には6回。
講師が問題ではなく、新卒が問題なら、なぜ、新卒という言葉がたった一度でしかも、表題にはないのだろうか?
表題に新卒の言葉があるならまだしも・・まぁ、後付けの話なのだろうが(苦笑)

質問者の表現能力の欠如であって、文章から新卒が問題であると解した人はほとんど居ないことを質問者がどう理解しているのか?
これだけでも質問者の程度が痴れる、ということであろう

ちなみに、削除されるような補足を残す程度であることについては、質問者は自問するほうがいいだろう

小生の予測では、質問者の質問は単なる身勝手なもので、おおよそ誰にも支持されるものではないだろうし、回答者全体を見渡してもそうであろう
そして、回答者の回答を逃避するのが質問者であろう、とは予測出来るが、それが質問者の水準ということで理解するようにしておく

以上
    • good
    • 2

> みなさんどのように考えますか?



ご質問者さんの補足などを見る限り、根拠、偏見、知識、いずれの面でも非常識なのはどちらで、質問自身が質問の意図を持っていないことがよくわかります。
多くの回答者が、「その程度の能力」と考えるご質問者さんの評価を否定しているんですが、それが読み取れない状況になってしまっています。

自己防衛と相手より優位に立とうと必死になるその目線が、そのまま質問のケースで講師に向けられているだけですよね。
そして、せめて補足くらいは、質問、回答への補足のフリはしましょうよ。
サイト規約違反で修正されるような内容は、避けません? 
    • good
    • 2

 幾つかの補足を読ませていただき、質問者のスタンスが明らかになりました。



 >あのねもう少し端的に書けないかな?
要するに質問者は「自分は誰よりもエライ」「だから他の誰からもあれこれと説明されたり指図されたりするのはイヤだ」との大きな赤子にしかすぎません。それまでに出逢ってきた教員が何人いましたか?。その中に少しではあるけれど貴方を理解してくれた教員は一人としていませんでしたか?。全科目全てが嫌いだったという生徒も珍しい。必ず一つは好きな科目があったはずで、それは体育でも美術でも音楽でも一向に構わない。そこで生徒と接しているのは紛れもない教師である。
 今までの義務教育課程でズーッと押しつけられてきただけだ、だから教師なんぞというものは鼻持ちならない存在でしかないとレッテル貼りをして自分は頬被りして知らぬ存ぜぬの立場を強引に通そうとしている。
 長い話を読むことが出来ない聴くことが出来ないというのは単に質問者の理解能力が欠落しているからか、人の意見を聴こうとしない頑迷さが作用しているかのいずれかでしかありません。
 察するに小学校ではトップクラスだったものが中学校の段階で普通の成績の子と変わらなくなっていた幼児体験を責任転嫁しているにしかすぎません。それも全て貴方を育てた親の不徳でしょう。
 

 >塾講師と教員教師のちがい?それは塾講師は教えるのがすきだからやってんでしょ。(彼らに)対して、教師講師はそもそも不況で就職難だし、大学にでもいくからせっかくなんで教員免許でもとって教師にでもなっとこって考えているのがかなりいる。

 塾や予備校の講師は好きでやっているわけでもありません。教員試験に不合格となり「生計を維持する」との目的でビジネスライクに割り切ってやっている仕事です。民間企業の契約社員と全く同じです。成績が悪ければリストラされる。たとえ一人の受験生のSOSに真剣に耳を傾けることができても、他の多勢の受験生を合格に導くことができなければそれは失敗と見なされる。それほど冷徹な世界です。弱肉強食を地で行く世界です。一時テレビでもて囃された金ぴか先生も何時の間にか消えました。古文のマドンナも消えました。
 塾や予備校講師の最終的な評価基準がどこにあるかご存知ですか?。有名校や進学校にどれ位の数の生徒を合格させるかたけですよ。民間企業の契約社員と全く同一です。そこには教育の理念などは欠片すらもありません。受講生を物や商売道具として観ているだけです。
 翻って「学校教育の目的と意義」を質問者はどうお考えですか。それを示さずに回答者を罵倒し続けるだけでは批判を通り越して自らの浅薄さを告白している事と同様です。貴方自身がモンペと化していることに気付きませんか? 
 
 不況だからせめて大学だけでも出ておくか、以前からありました。今でも一部にはあります。けれどその一部は最終的に大学を卒業しているかどうかもわかりません。途中で怪しげなビジネスを始めてドロップアウトするケースもあれば成績不振で退学しフリーターとなっているものもいます。何時の間にかいなくなっている、学籍を抹消している。
 そもそも「教員免許でもとっておくか」程度の認識で教職課程を履修することは困難です。自らの専門課程の科目外に教育に関する科目を必修単位として修めなければ免許は交付されません。
 僕も大学教員の端くれですので一言いわせていただきます。質問者は大学教育そのものを否定している。拒絶している。大学に対するルサンティマンやコンプレックスしか感じられず安直に流れ楽に生きることいわば快楽主義に染まり堕落しているだけである。今の大学生は真剣に考えています。昨年の大震災を契機として自分と社会の関わり方を模索しどの様な形で自らの持てる力を社会にフィードバックすることができるかを考え行動し情報発信する。実際に逞しくもあり頼もしさもある。

 自身の見解を敷衍するにはそれなりに説得力のあるデータを裏付けとして提示する必要がありますが、質問者にはそれが全くみられない。自らの感覚でものを言っているにすぎない。爆!

この回答への補足

要するに質問者は「自分は誰よりもエライ」「だから他の誰からもあれこれと説明されたり指図されたりするのはイヤだ」との大きな赤子にしかすぎません。

まったくの推測にすぎません。
携帯からの投稿になるので長文に対する返信は不便だからです。

それまでに出逢ってきた教員が何人いましたか?
その中に少しではあるけれど貴方を理解してくれた教員は一人としていませんでしたか?

学校にいった分の教師には会いました。
いませんね。
成績を上げてくれたのも進学させてくれたのも塾の先生でしたよ。

教師なんぞというものは鼻持ちならない存在でしかないとレッテル貼りをして自分は頬被りして知らぬ存ぜぬの立場を強引に通そうとしている。

していません。なにを根拠にそこまで言っているのかわかりません。

長い話を読むことが出来ない聴くことが出来ないというのは単に質問者の理解能力が欠落しているからか、人の意見を聴こうとしない頑迷さが作用しているかのいずれかでしかありません。
察するに小学校ではトップクラスだったものが中学校の段階で普通の成績の子と変わらなくなっていた幼児体験を責任転嫁しているにしかすぎません。それも全て貴方を育てた親の不徳でしょう。
 
理解不足、理解する気がない、親の責任といろいろおっしゃられてますが、全部違います。
理由は、上述のとおり長文への返信が不便だからです。

塾や予備校の講師は好きでやっているわけでもありません。教員試験に不合格となり「生計を維持する」との目的でビジネスライクに割り切ってやっている仕事です。

すばらしいと思います。具体的明確な目的があります。
社会で勝ち抜くには必要なことだと思います。
必要なら求められて不要なら切捨てられる。それが世の中です。
対して、教師が何か目的をもって具体的に何を伸ばしてくれたのかを指摘するほうが難しいです。
回答者も大学の教員とのことですが回答者がその地位に着くためにはさまざまな勝ち抜きレースで勝利してきたから今のその地位についているのじゃありませんか?
教師でさえそもそも大学をでて教員試験を勝ち抜きその地位にいるのじゃありませんか?
なぜそこを具体的に教え込まないのが理解できません。

「学校教育の目的と意義」を質問者はどうお考えですか。
この点、回答者のように教育というものを学問として学ばれているのであれば具体的な定義をたてることができるのでしょう。
しかし、一般人が学校教育の目的と意義なんてものは知るはずもありません。
私の考えで学校というもの考えるとすれば、社会にでるための通過点で、より優秀な通過点を通った者がよりよい企業に就けると考えます。
逆にそもそも回答者の考えている学校教育の目的、意義を聞いてみたいものです。

 そもそも「教員免許でもとっておくか」程度の認識で教職課程を履修することは困難です。自らの専門課程の科目外に教育に関する科目を必修単位として修めなければ免許は交付されません。

その必修単位取得の基準が不明確である点が不審である。
大学側の裁量認定で判断しており免許であるにもかかわらず統一して基準をもった国家試験をするわけもなく交付されるのはおかしいと思います。

それで免許を取得して卒業して採用試験を通ればすぐに先生といわれる身分につくわけでしょ。
先生と呼ばれる社会的地位がどれほど偉い存在なのかお考えになられたことありますか?
人の成長過程を左右させない医者の先生ですらインターンの期間が数年ありますよね。
対して、教師は免許を取得し採用試験が通過すれば先生です。下積みもまったくない新卒者がですよ。そして先生は子供の成長過程を左右する存在で先生の思想・信条は批判的能力のない子供に影響を与えます。

このように親の目線から見られると思います。

補足日時:2012/05/23 18:17
    • good
    • 1

うーん、


職務名として、
教諭、助教諭、講師。
臨時採用であっても、担任を持つ方は(小学校において)
教諭だと思われますが。
少なくともパートタイムで担任は持ちませんから。

教員免許、
中高はかなりいろいろな学部でとれますが、
小学校って、結構特殊な技能で、とれる学部に限りがあるのですよ。
国語 社会 算数 理科 家庭科 生活科 音楽 図工 体育 
外国語活動 道徳 学級活動
ピアノも弾けて鉄棒も指導できて、毛筆もできて、実験器具も扱える。
地歴公民教えられる一方で、調理も被服もできる。
一応、どんな三流大学でも取れる資格ではないと、ご理解いただきたいです。
超一流の大学の方はあまりいない一方で。
(専門性より、オールラウンダーであることが求められますから)

社会常識は多分、社会経験の書き間違いではないかと推測いたします。
学生さんであっても、社会常識ばっちりの方もいらっしゃいます。
教育実習生が皆社会常識がないかといえば、そんなことはないですもの。

そもそも能力と指導力は、イコールではないですよ。
年齢を重ねて50m走が10秒切れなくなっても、
陸上種目の指導はできますって。
教員の資質をかなりゆがめて考えてらっしゃるようで、
少々残念です。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q講師と教師の違いは何ですか

小学校の担任の先生が講師なのですが、教師との違いは何ですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先生には2種類ありまして、教諭と講師に分かれます。(講師は更に2つに分かれますが、詳しい人に解説してもらいましょう)
さて、教諭と講師の違いですが、公立学校の場合、採用試験に合格して正式に採用になっているか、臨時雇いになっているかの違いです。講師は臨時雇いなので例えば1年毎に更新する必要があったり、産休代用のように3ヶ月だけとかの場合があります。同じ学校に長くは居られません。
子供の数は変動しますが、先生は一度採用すると終身雇用なので(公務員なので)不用意に大量採用できないのです。
講師をしながら、採用試験の勉強をするので大変ですが、教育に対する情熱を持っている方はたくさんおられます。(こいつを採用しないなんて教育委員会は見る目が無いと言いきれるような人もいました)
ただし、採用試験を突破する能力が無い訳ですから、能力に若干不安はあります。
ただ、教諭でも講師でも子供にとって永く思い出に残る先生だといいですね。

Q講師と教師の違い.また講師って担任もてますか?

講師と教師の違いを教えてください。
また.講師って担任もてますか??

講師の先生が転勤する場合.新聞に載りますか?

Aベストアンサー

先生には2種類ありまして、教諭と講師に分かれます。(講師は更に2つに分かれます)
さて、教諭と講師の違いですが、公立学校の場合、採用試験に合格して正式に採用になっているか、臨時雇いになっているかの違いです。講師は臨時雇いなので例えば1年毎に更新する必要があったり、産休代用のように3ヶ月だけとかの場合があります。同じ学校に長くは居られませんし、また担任も持てません。
子供の数は変動しますが、先生は一度採用すると終身雇用なので(公務員なので)不用意に大量採用できないのです。
講師をしながら、採用試験の勉強をするので大変ですが、教育に対する情熱を持っている方はたくさんおられます。(こいつを採用しないなんて教育委員会は見る目が無いと言いきれるような人もいました)
講師の先生が転勤する場合には臨時雇いなので新聞に載りません。
ただし、採用試験を突破する能力が無い訳ですから、能力に若干不安はあります。
ただ、教諭でも講師でも子供にとって永く思い出に残る先生だといいですね。

Q学校の常勤講師で数年の生活はできますでしょうか?

24歳のサラリーマン(男)です。現在社会人2年目です。

28歳に会社を辞めて、中学校の数学教師になりたいと思っていますが、26歳には結婚をして、同時期に子供を生みたいと考えています。

28歳で教員採用試験が受かるのがベストなのですが、数年は常勤講師としての生活も考えられます。
中学校常勤講師で、妻と子供一人の生活をまかなっていけるものなのでしょうか?
講師として働く場所は、土地が高くない田舎の地方で働こうと思っています。

特に経験者の方がいたらご教示願います。よろしくお願い致します。


※28歳で辞める理由は、教員採用試験より「民間企業で5年働いた経験がある場合」という特別経験枠(社会人経験枠)がある都道府県がいくつか存在するので、それを活用できたら良いという思いからです。

Aベストアンサー

●待遇
常勤講師は、有期限である以外は、基本的に待遇は「教諭」と同じかと。ただし、教員の経験年数などが勘案される関係で、同年齢の教諭よりは、結果として少なめになる可能性はあるでしょう。とはいえ年齢相応の給与はもらえると思って良いと思います。


●一般受験
教員採用試験は、一発で合格・採用されるとは限りません。一般受験でいいので、今年から挑戦される気はございませんか?それでもし、5年連続落ち続けたら(失礼!)、それから社会人枠受験に切り替えても良いのではないでしょうか。


●経験者枠
採用試験に落ちても常勤講師で採用され、それも2~3年勤続したら、経験者枠で受験できる場合が多いです。社会人枠よりも合格しやすいような気がしますが如何。


●常勤講師の採用
ほとんど書類選考です。いかに各学校長の目にとまるかがポイント。指導できそうな部活動はありったけ書きましょう。履歴書の内容にインパクトがなければ、常勤講師の座も遠のきます。なお、勤務地などに条件を付けたら、採用される可能性は当然、下がります。理想は「勤務地不問」。

また、一度、常勤講師で採用され、問題なく?一年を勤め上げられたら、次年度の常勤講師に優先的に?採用されます。正規教諭で埋まらない穴は、まず最初に、前年度の常勤講師で埋められるだけ埋めていきます。それでも埋まらなかった枠に、ほかの登録候補者をあてる、という感じになりますので。

小学校の教諭だと人手不足で、常勤講師に登録したら即?採用らしいです。

ただ、最大の難点は、3月末になってはじめて「四月から勤務してもらえないか」と話が来る場合がほとんどだということ。ほかに仕事を持っていたら、「んな、急に今の仕事を辞めるわけにもいかんし!」と辞退せざるを得ないケースも。


●社会人経験枠
教育現場とどれくらい関連性をアピールできるか、ポイントにはなってくると思います。これって、その道のプロを教育現場に呼び込もう、という発想でできていると思いますので。なので、英語や工業(高校)、商業(高校)などに科目限定している自治体も多いような気がします。実際にこの枠から採用される数は少ないと思われます。


●一芸枠
ほかに、自治体によっては一芸枠?みたいなのもあります(北海道など)。全国大会出場レベルの、何か実績があれば採用されるとか、英検一級とか持っていると、別途考慮してもらえるとか。


●私学
コネがないと難しいと言われる世界ですが、意外と?公募しています。
http://www.shigaku.or.jp/koubo/index.htm

常勤講師か非常勤講師しか募集していませんが、受験者はほとんどいないようで、再募集をかけている学校も見かけます。公立の常勤講師よりも、とりあえず教壇に立てる可能性は高いような気はします。ただし給与は常勤講師で、ボーナス無し、一律で大卒の初任給くらいだと思っていた方が良いかと。勤務状態が良ければ、その学校の正規教諭への昇格が期待できると思います。

残念ながら私学での経験年数は、公立の採用試験の、経験者枠受験のための経験年数にはカウントされない自治体が多いかと思います。それでも、経歴としてはそれなりに評価してもらえるとは思います。

●待遇
常勤講師は、有期限である以外は、基本的に待遇は「教諭」と同じかと。ただし、教員の経験年数などが勘案される関係で、同年齢の教諭よりは、結果として少なめになる可能性はあるでしょう。とはいえ年齢相応の給与はもらえると思って良いと思います。


●一般受験
教員採用試験は、一発で合格・採用されるとは限りません。一般受験でいいので、今年から挑戦される気はございませんか?それでもし、5年連続落ち続けたら(失礼!)、それから社会人枠受験に切り替えても良いのではないでしょうか。


...続きを読む

Qずっと臨時講師として働くのはダメですか?

現在24歳です。
教育学部を卒業してから、今まで小学校で臨時講師として働いて来ました。

私自身、講師のままで働こうと思っていたのですが周りは「教員採用試験受けるんだよね?」と言ってきます。

やはり、この年齢でずっと講師として働こうという考えは浅はかでしょうか?

私自身、程度の聴力障害があり、それでは採用試験は中々厳しいと言われた経験もあり、講師の方が気持ち的に楽という思いもあります。

担任をしながら採用試験の勉強となると、私自身器用でなくどちらも中途半端になってしまうので、私としては担任の業務だけに集中して子供たちと接したいと思っています。

やはり、ずっと臨時講師として・・・というのはダメでしょうか?
甘い考え方だと思ってはいますが、意見をきかせてもらいたいです。

Aベストアンサー

>やはり、この年齢でずっと講師として働こうという考えは浅はかでしょうか?

 そうは思わない。
というよりも、教育業界全体を俯瞰すれば、質問者のような臨時教職員が非常に重要な存在である
”安定的な正規職員の方が、専業化することによって望ましい”という意見には一理あるが、適切な教員数確保の視座で、フレキシブルな雇用関係を形成できる臨時職員の存在が、教育行政にとっては大変ありがたい存在なのである
 
もっとも、個人の人生で思慮すれば、確かに世間的には「浅はか」という意見はあろうが、
当事者の価値観の問題であって、そのような生活であることに「満足」もしくは「納得」できればいいだけの話であろう

ただ思うに、
臨時教職員の中に非常に優れている人がいて、一定の責任を負わす(社会拘束する)ことが全体の利益になるケースは多い
質問者が「教員採用試験受けるんだよね?」と言われた意味が、単なる世間体を思慮しての話であるのか?という問題を感じる
つまり、”質問者を正規職員にして学校全体の利益を最大化しようという意図”があって「教員採用試験受けるんだよね?」(=採用試験を経てウチにはいりなよ、の意味)の可能性を一応示唆しておきたい。

>私自身、程度の聴力障害があり、それでは採用試験は中々厳しいと言われた経験もあり、講師の方が気持ち的に楽という思いもあります。
やはり、ずっと臨時講師として・・・というのはダメでしょうか?
甘い考え方だと思ってはいますが、意見をきかせてもらいたいです。

 質問者当人の意思が判然としない
本音では、『正規採用されたい』という願望があるのだろうか?

仮に”まだ自分では力量不足”と感じるのなら、周囲の教職員に相談するのがいいように思う

 これは小生の推測の域を脱しない見解だが、
質問者は、 「自分はまだ十分に教師として生きてゆく覚悟も自信も能力もない。」という認識であるならば、
それは、子女たちへの影響を踏まえての考えての見解であろうから、小生は、支持したい。

質問者はおそらくまだ教師としての力量不足を漠然と感じるからこそ、臨時を維持したいのだろう

 少なくとも
『担任をしながら採用試験の勉強となると、私自身器用でなくどちらも中途半端になってしまう』
という思慮ある見解、自己分析を出来る質問者はヘタな教師よりも望ましいと思われるので、その冷静さと「子女を第一義にしている教育姿勢」を維持しえる器量を含めて、現場維持でいい・・と思う

 ただ、やはり、「正規職員をめざすのか?」という課題については、一定の回答を用意する必要性はあるだろう・・・

>やはり、この年齢でずっと講師として働こうという考えは浅はかでしょうか?

 そうは思わない。
というよりも、教育業界全体を俯瞰すれば、質問者のような臨時教職員が非常に重要な存在である
”安定的な正規職員の方が、専業化することによって望ましい”という意見には一理あるが、適切な教員数確保の視座で、フレキシブルな雇用関係を形成できる臨時職員の存在が、教育行政にとっては大変ありがたい存在なのである
 
もっとも、個人の人生で思慮すれば、確かに世間的には「浅はか」という意見はあろうが、
当...続きを読む

Q講師と教師の違い

小中高の先生で「教師と講師」があるというのを最近知りました。特に若い先生に講師の方が多いのですが、講師の先生でも授業やその他の活動にも教師の方と同じ活動をされています。
講師の方は教員免許を持たれていないのですか?
もしそれならなぜ教師と同じ活動ができるのですか?
講師と教師の違いも詳しく教えてください!
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

教諭:正規の採用試験に合格して採用された教員。

講師:臨時的に雇用された教員。
 大きく分けて「常勤講師」と「非常勤講師」に大別

常勤講師:勤務時間等、教諭と同じ。
 原則として学級担任はできない(教諭の数がが学級数より少ない場合は除く)
 「一年契約」が前提なため、校務分掌等で「中長期的期間」を要する職務からははずれることが多い。
 「生徒引率」は基本的に出来ない(都道府県等によって違いはあると思います)

教員免許は原則として所持している人しか講師にはなれません。
但し、どうしても確保できない場合は当該都道府県の教育委員会に申請して「臨時免許」でしのぐ場合もあります。
この場合も、例えば理科の免許を持っている方が数学の指導、国語の免許の人が社会というように、臨時的な場合がほとんどです。

非常勤講師(時間講師):字のごとく、授業のある時間帯だけ出勤し、帰宅する先生です。教員定数の関係で1人置くことができない教科や育休・産休補助、新規採用教員の研修のための補充、TT(ティームティーチング、一教室で2名以上の教員で指導する授業形態)や少人数指導(習熟度別など、1クラスを分割して指導する場合)、75条学級補助(特に指導を要する児童・生徒がいる場合の補充)などがあります。

教諭:正規の採用試験に合格して採用された教員。

講師:臨時的に雇用された教員。
 大きく分けて「常勤講師」と「非常勤講師」に大別

常勤講師:勤務時間等、教諭と同じ。
 原則として学級担任はできない(教諭の数がが学級数より少ない場合は除く)
 「一年契約」が前提なため、校務分掌等で「中長期的期間」を要する職務からははずれることが多い。
 「生徒引率」は基本的に出来ない(都道府県等によって違いはあると思います)

教員免許は原則として所持している人しか講師にはなれません。
...続きを読む

Q講師と教員(先生)の違いは?

単純ですが、講師と教員(先生)の違いを聞かれ、答えられませんでした。

講師になるための免許と教員(先生)になるための免許は違うのでしょうか?

昔、免許もそうですが採用試験がどうのこうのと聞いた記憶もあります。

詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。中途半端な回答で申し訳ありません。

>どちらも同じ免許が必要
法律上は、学校(幼・小・中・高・養護・盲・聾等)の正規の授業は教員免許状(専修、1種、2種)または特別免許状、臨時免許証のどれかを持っていないと出来ないことになってます。

教員採用試験は教員免許を所持している人(取得見込み含む)のみを対象に行われます。

講師になる場合は採用試験とは関係有りません。

臨時免許とは、教員免許を所持していないけど、どうしても学校で指導して欲しい人に教育委員会が出す免許状です(助教諭免許という場合も有ります)。

講師も様々なタイプがあり 担任を持つ講師もいます。 
また、実習に関わる非常勤講師は免許状を必要とせず、担任を持つ事も有ります。 
講師のほかにも 助教諭と称す職種も有ります。

法律で規定された講師と、運用上の講師とがあり、紛らわしいのが現実ですが、一般的には正規採用でない教師を講師と称していますが、実習に関わる講師は正規採用の場合もあります(実習教諭と言います)。

参考に教員免許法をリンクしておきます。
 

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S24/147.HTM

#3です。中途半端な回答で申し訳ありません。

>どちらも同じ免許が必要
法律上は、学校(幼・小・中・高・養護・盲・聾等)の正規の授業は教員免許状(専修、1種、2種)または特別免許状、臨時免許証のどれかを持っていないと出来ないことになってます。

教員採用試験は教員免許を所持している人(取得見込み含む)のみを対象に行われます。

講師になる場合は採用試験とは関係有りません。

臨時免許とは、教員免許を所持していないけど、どうしても学校で指導して欲しい人に教育委員会が出す免許...続きを読む

Q新任の挨拶について

3月に大学を卒業し、5月から小学校で非常勤講師をすることになりました。非常勤とも言えども新任当日は全校生徒の前で挨拶をしなければなりません。
いったいどのような挨拶をしたらいいんでしょう。
あまり短くてもいけないでしょうし長くても退屈になるでしょう・・・

Aベストアンサー

「おはようございます。
 今度みなさんに○○を教えることになりました○○○と言います。
 とても元気な子が多い(あいさつがしっかりしている、勉強も運動もがんばる子ばかり、音楽にあふれた学校、など第一印象)と思いました。
 大学を出たばかりですので、一番みなさんの年齢に近い先生としてがんばりたいと思います。
 よろしくお願いします。」

などのように短くまとめると良いでしょう。

Q公立中学校の常勤講師 年収

現在、結婚を考えている人がいます。彼は公立中学校で常勤講師という立場です。
生活のことがあるので、年収を知りたいのですが、お金のことなので、なかなか訊いてみられません。
彼は38歳、再婚なのですが、こうした公立学校の講師だと、35歳から40歳くらいで年収はどれくらいになるのでしょうか。
また、毎年、必ず職に就けるとは限らないという、そんな不安定な職業であることはそうなのでしょうか。
色々な意味で結婚を悩んでいます・・・。

出来たら公立学校で常勤講師をしてらっしゃる方や、そうしたことにお詳しい方に本当の所を教えて頂けたらと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

教員です。

常勤講師と言っても、基本的に給料は「正規教員」と同じです。

ただし「賞与」(ボーナスのこと)が違います。4月1日付けの辞令で3月31日まで雇用ならば、正規と同額が出ますが、1日でも違うとかなり減額されます。

また、常勤講師は「3年以上、採用する場合は、正規雇用にしなさい」という「人事院」の通達がある為、逆に「2年で切られる」のが普通です。

そして、昇給に関しては「上限」があります。

http://www.kyokyoso.jp/rin_tai_web/kenri_file.htm

38歳で大学卒業時からずーっと「常勤講師」ならば「そろそろ昇給がストップ」する年齢かと。

>結婚を考えている

のならば、「生活設計もあるから、教えて」と言えませんか?

ただ「自分は働く気がない」「年収が低ければ結婚しない」のならば、聞かないほうがいいとは思います。

Q新任教師です。新年度のスタートについて悩んでいます。

はじめまして。私は4月から小学校で働くことになりました、新採用の者です。

こんなことを言ったら、教師をする資格はない等と思われてしまうかもしれないですが、
正直…今から4月からのことか不安で仕方ありません。
ただ、頑張らねば!という熱だけはあります。なんのこっちゃですが^^;;
ちみに、まだ学年は決まっていません。

さて、新年度のスタートについて質問したいのですが、

昨年教師になった大学の先輩から、
「はじめの3日間でその1年の全てが決まる」
「はじめに、厳しくしないといけない」
「3日のうち、一度は怒らないとナメられる」
ということを聞きました。

しかし、知り合いの先生に聞いたところ、

「はじめは子どもと仲良くなって、信頼関係を結ぶほうが先決。怒ることに頭を使うより、時間を見つけて遊びなさい」
と言われて…

皆さんは、どちらが大切だと思われるでしょうか。
どちらが有効な手段なのか、ここ数日考えているのですが、なかなか決められずにおります。

また、「子どもや親の前では"半人前ですが"・"至らない点は多いですが"と言う言葉は禁句」

とアドバイスを数名の先輩からもらいました。
そのようなことを言うと、子どもや親が余計不安になるからとのことですが、
私は新任の立場ですし、至らない点があることも伝えて、それでも頑張りますと言ったほうがよい気がするのですが
それもあまりよろしくないことなのでしょうか??

わからないことだらけで、いくつか質問してしまいましたが、ご意見、宜しくお願いいたします。

はじめまして。私は4月から小学校で働くことになりました、新採用の者です。

こんなことを言ったら、教師をする資格はない等と思われてしまうかもしれないですが、
正直…今から4月からのことか不安で仕方ありません。
ただ、頑張らねば!という熱だけはあります。なんのこっちゃですが^^;;
ちみに、まだ学年は決まっていません。

さて、新年度のスタートについて質問したいのですが、

昨年教師になった大学の先輩から、
「はじめの3日間でその1年の全てが決まる」
「はじめに、厳しくしな...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
小学校教員をしています。

明日はいよいよ辞令式ですね。
おめでとうございます。

懐かしいです。初めて子どもの前に立ったときの事を思い出します。
初任研で、子どもを叱れない、というのが私を含むたくさんの初任者の悩みでした。

「子どもを叱る」というのは、教師や親にとって永遠のテーマとも言うべきものです。
たぶん、あなたの先輩は、子どもを叱る事ができずに子どもが付け上がってしまって失敗してしまったのかもしれませんね。
でも、3日に一度、とかいうものではないですよね。
他の方もおっしゃっている通り、子どもがいけないことをしたら叱ればいいのですよ。
ただ、その叱り方は、先生それぞれの持ち味があります。
怖い顔で叱る先生、やさしく諭す先生、こまやかに教える先生…。
あなたは、あなたの持ち味を持って子どもを叱ったり誉めたりしてあげたらいいです。
また、子どもを叱るには、子どもと信頼関係が不可欠です。もし、信頼関係もなく叱ったりすれば、「あの先生怖い」と思われるだけで、効果はあがりません。
子どもは、特に小学生のような幼い子どもたちは、大好きな、信頼できる大人から、「いけない」と言われるからこそ、学んでいくのです。
それを、ただ小さい子になめられないために、という理由で3日に一度怒鳴ったりしていたら、ただ威嚇しているだけではないでしょうか。

今の職場に、ほとんど子どもを叱らない、でもすばらしい先生がおられます。
叱らなくても、子どもたちはその先生についていきたいという気持ちから、ほとんど叱られることをしないようにするからです。
でも、子どもですから、たまに失敗します。そういう時、その先生は決して叱らず、悲しい顔で、どうしてダメなのかを諭します。そして、またがんばろうと言う気持ちにさせるのです。
そんな先生もいるのだという事も知っていてください。

叱る事が、大事なのではなくて、子どもを成長させていく事が大事なのです。
その途中の方法が、叱る事であったり、誉める事であったり、注意する事であったりする、ということです。

それと、「半人前」という言葉について
子どもは素直ですから、「あの先生は半人前」と納得してしまうし、保護者は、すでに半人前なのはわかっているわけだから、あえて言う必要もないと思います。
「半人前」という言葉を言うことには、「半人前だからちょっとは目をつぶってね」というような甘えも感じられますよ。
No8さんの言葉が私もいいと思います。

私も、大学を卒業してすぐの新採用で、4月の始業式から全く初めてのことばかりで右往左往する毎日でした。
でも、子どもたちを前にすれば、自然といろんなことが身についていきます。子どもたちが、自分を育ててくれるのです。
でも、それには、子どもを愛するということがあってこそです。

milk-6236さんは、すでに、人の子を「大切」と思ってらっしゃるので、きっと、いい先生になれると思います。
子どもたちは若い先生が大好きです。
それは、「たくさんあそんでくれる」「気持ちをわかってくれる」という期待からです。
たくさん、子どもと遊び、話し、悩み、考えて。
それが、あなたの教師としての実力となっていきますから。

とても長くなってしまってごめんなさい。

がんばってください。

こんにちは。
小学校教員をしています。

明日はいよいよ辞令式ですね。
おめでとうございます。

懐かしいです。初めて子どもの前に立ったときの事を思い出します。
初任研で、子どもを叱れない、というのが私を含むたくさんの初任者の悩みでした。

「子どもを叱る」というのは、教師や親にとって永遠のテーマとも言うべきものです。
たぶん、あなたの先輩は、子どもを叱る事ができずに子どもが付け上がってしまって失敗してしまったのかもしれませんね。
でも、3日に一度、とかいうものではないで...続きを読む

Q新卒の新任で学級担任

春から中学の教員になるものです。唐突な質問ですが、新卒の新任で学級担任を任されることはありますか。地域とかにもよるとは思うのですが、一年目は研修などもあって忙しいから副担くらいなんじゃないかと、知り合いは言います。本当でしょうか。また誰が担任をもつかは校長が決めることなのでしょうか。ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

>新卒の新任で学級担任を任されることはありますか。

中学校では少ないでしょう。
小学校はスタッフにゆとりがないので、しばしば見られますが。

全国的に、初任者研修が年間90日あり、そのうち30日は学校を離れての研修になります。
現場としては、なるべくなら担任はさせたくないものです。

初任者の実力は未知数であり、「指導力はほぼゼロ」という前提で仕事を割り振るのが普通です。
「こいつはテスト成績が良かったから学担でも大丈夫」と考えるベテラン教員はいないと思います。

例外的に、講師経験があり、近隣の中学校で勤務実績がある場合は、いきなり担任もあり得ます。

>誰が担任をもつかは校長が決めることなのでしょうか。

最終的には校長です。
しかし、校長自身が転任の場合は、教頭が原案をつくることも多いでしょう。

学年主任クラスの会議で校長原案を修整する地域も少なくありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング