ひとつ質問を。国家公務員の夏のボーナスは例年6月30日に支給されています。6月30日付けで退職する人にはこの夏のボーナスは支給されるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 国家公務員の場合は「勤勉手当」と呼ばれ、「12月2日から6月1日」の期間が算定の基礎になり、基準日(6月1日)に在職する職員又は基準日の1か月以内に退職したり、死亡した者に支給されます。


 設問の場合は当然出ます。ですから、民間とはかなり差があります。
    • good
    • 0

支給されるはずです。

私自身国家公務員ではありませんが、地方公務員の経験があり、支給日とは関係なく、たとえば夏のボーナスであれば、6月1日に在籍している者に対し、勤務期間に値する額が支給されます。国家公務員の正確な日付は知りませんが、そうなっているはずです。
    • good
    • 0

支給されます。

たしか6月30日以前に辞めても一定期間在籍していればたしか、全額出るはずです。人事業務じゃないんで忘れちゃいましたか過去にいました。
何処だったかな?書いてありましたよ。(給与法?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお答えありがとうございます。
法律書って素人にはフランス語ですよね。

お礼日時:2001/05/14 08:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平均額と同じ位のボーナスもらってる人はどんな年齢でどんな職業についているのかおしえてください

本日読売新聞に今夏のボーナスの平均値がでてました。平均額が72万8119円(2,36ヶ月)分だという事です。私の会社も一応ボーナスは出たのですが平均の半分以下です。もちろん「出るだけまし」という思いもありますし、ボーナスが出ない人というのも世の中にはたくさんいると思います。
しかし気になったのですがボーナスってだいたい基本給の何ヶ月分という計算方法で支給される事が多いと思うのですが、これで計算すると平均の基本給が30万以上という事になります。基本給が30万というのはかなり高いような気がします。実際私の基本給は30を超えてますが20万もありません。残業代などで
やっと20を少し超えるかどうかという位です。
平均額というのは毎回発表される物ですが、毎回この
平均額と同じ位かそれ以上をもらっている人は、いったいどれくらいの年齢でどんな職業についているのか
知りたいと思いました。よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

下に↓きっとこの記事だと思われるものを書いておきますね。この記事どおり東証1部上場企業165社の組合員ということは、いろんな年齢の人がいるはずです。
ということは、「30代」でこれだけもらっているということではなく、
下は18~上は60まで(年齢は適当ですが)の平均なので、年齢を重ねた人の高額な賞与も含まれていると思います。
なので30歳なら72万円もなくて普通なのではないでしょうか?

********************************
今夏のボーナスは平均72万2892円で、前年同期より5.2%増え、夏のボーナスとしては90年以降2番目に高い伸び率になることが、民間調査機関の労務行政研究所の調べで分かった。輸出が好調な製造業を中心に大半の業種で増額になっている。

 調査は、今春闘で夏のボーナス額を決めた東証1部上場企業165社の組合員の妥結額を集計。1人当たりの平均を出し、前年同期と比べた。

Qボーナスの支給額まで確定していたにも関わらず、支給日の2週間前に収支報告書の数字を見て「ボーナス支給

ボーナスの支給額まで確定していたにも関わらず、支給日の2週間前に収支報告書の数字を見て「ボーナス支給なし」と告げられました。
・就業規則上は「昨年度に対する業績賞与」となっている
・支給額は担当部署との会議で確定した
・今年度の収支報告書を確認した時に、ボーナス支給ゼロが確定し、翌日正式に告知があった

これは法律上は問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

ボーナスの具体的な支給がいつ確定したのか、言い換えれば、「ボーナス支給ゼロ」となる前にボーナスを確定させる権限を持つ人が個々の支給額を決裁したのかどうかによります。

決裁したのでしたら、会社はボーナスの支給義務を負います。これを覆すには、労働者個々との交渉等が必要であり、一方的な告知では駄目です。法律上の問題あり、です。

決裁前でしたら、ご質問のケースに法律上の問題は見られないと思います。


「支給額は担当部署との会議で確定した」とのことですが、一般的には社長など経営者の決裁を経るところと思います。それなしに担当部署との会議のみで確定させるのが御社のやり方でしたら、その会議で具体的な支給が確定した、といえます。そうでなく、経営者の決裁が必要なのでしたら、その決裁がいつおこなわれたのかで、法律上の問題の有無が決まってくると思います。

Qボーナスの平均支給額について

今年の夏のボーナス支給平均額は税込みで83万7036円とありますが、
これはもらった人だけを計算した値なのでしょうか?
しかも、上場企業と有力非上場企業の平均とあるので多分もらった人だけだと思うのですが。
ちなみに、中小企業の平均ボーナスはいくらなのでしょうか?
もらっている人だけの平均と、もらっている人ともらっていない人を合わせた平均が分かれば知りたいです。
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

この数字をどうこう言うのは、残念なのですが意味を成しません。
83万7035円と単に数字だけにしかならない為です。

簡単に言うと。
335万のボーナスをもらってる管理職2人と、20万円のボーナスを貰ってる従業員8人が居たとすると、この平均は、83万円になる訳です。

中小企業のボーナスなどは統計を取る事はまず無いので判らないでしょう。
しかし、中小企業の方が上記の様な差は上場企業より大きくなるのが一般的で、さらに中小は親族企業などが多く親族が役職になってることが多いですので、差は開き易いのが現実です。

Q退職とボーナス支給日が同じ日は・・。

ここのカテゴリーではないかもしれませんが、質問させてください。6月30日をもって今の職場を退職します。しかし6月30日にはボーナス日でもあります。
ボーナスの基準日は6月1日(前の年の12月2日~6月1日までを基準としてボーナス計算をする)なのですが、6月30日付けで退職する場合は、支給されるのでしょうか?急に不安になってしまい、どなたか知っている方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

賞与の算定期間はどうあれ、就業規則や慣行上で支給日在籍要件を定めることは適法とされています。

ご質問の場合、6/30に退職ということは支給日にはぎりぎり在籍しているわけですから、
夏の賞与は支給されるはずです。
もし賞与支給日が7月にずれ込んでいたら・・・。
しかし、勤め先が役所ならその懸念はなさそうですね。

Q【今年の夏のボーナスは平均80万円強だそうです】これは上場企業での話です。 日本の上場企業の社会全

【今年の夏のボーナスは平均80万円強だそうです】これは上場企業での話です。

日本の上場企業の社会全体の割合は1割で、9割は上場していない中小企業です。

では社会全体の夏のボーナスの平均は幾らなのでしょう?

なぜ9割の人の夏のボーナスの平均を言わずに少数派の1割の話をニュースで伝えているのでしょう?

9割の人は関係がない話ですよね?

Aベストアンサー

単に情報として提示できる統計が無いだけでしょ。

別にトラップでもなんでもないし、
上場企業に連なる中小企業ならば、
その「親会社」の賞与数値が自分達の数値の参考になる。

質問者さんはこういう記事を見てイラつくからの質問なんでしょうけど、
その9割を含む社会全体から税金として搾取して
それを賞与にしている「公務員様」の感覚についてこそ
モノ言うべきじゃないの?
景気なんか全然関係なく「自分達が世の模範になる」とか言って
じゃぶじゃぶもらっているんだよ。

公務員の右肩上がりONLYの感覚こそ
「公務員以外のどれい」には関係ない話しだよ。

(自治体によっては景気反映しているところもあるけどね)

Q決算期変更(3月→6月)に伴う短期決算(4月→6月)について

どなたか教えてください。

当社は現在3月決算なのですが来期より決算期を6月に変更する予定です。
それに伴って今年は、4月から6月までの3ヶ月決算をする予定なのですが会計処理は四半期決算と同じでよろしいのでしょうか?
当社は非上場で会社法だけですが、IPOを目指しており有報も作成しております。

方針を決定するにあたり早期に調査しなければいけないのですが、いろいろ探しても文献等がみつからなくて。。

どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

3カ月決算で行くということであれば、基本的には通常の決算を行えば良いです。税務上の限度額計算はほとんど月割計算になります。
注意しなければならないのは減価償却計算が、四半期決算の場合とは異なった処理になります。
一括償却資産については、四半期決算ではその四半期に所得したものについては全額損金算入とし、過年度取得分についてだけ月割計算するかと思いますが、3カ月決算ではその期間取得分も3/36の損金算入です。
定率法償却での償却限度額は、通常の償却率×3/12ではなく
通常適用耐用年数×12/3の年数の償却率が適用されます。
たとえば通常6年の耐用年数の資産には6×12/3で24年の耐用年数の償却率が適用されます。

Q【アンケート】あなたの今季冬季ボーナス賞与は幾らでしたか? 新聞の平均ボーナス額(多分、上場企業の

【アンケート】あなたの今季冬季ボーナス賞与は幾らでしたか?

新聞の平均ボーナス額(多分、上場企業の平均と思う)と世間の開きはどれくらいなのか興味があります。

Aベストアンサー

123万円でした。今までで、最高額で嬉しかったです。
厳しい上司達に、頑張りが認められたのだと思うと、感激でした。
一部上場企業の平均が73万との事ですから、私は恵まれているのだと思い、感謝しています。

Q会社で11月3日に来た請求書。いつ支払うのが良いですか?選択肢・11月12日,22日,31日、12月31日

こんにちは、みなさん!!

【質問】会社で使った経費の請求を受けました。請求書が来た日が
11月5日。会社には得に【末締めの翌月払い】といったルールがない。
支払える日だけは決まっていて、11月12日、22日、31日、12月31日とある。さて、どの日で支払うのより良いでしょうか?

私は、12月31日に支払う方が資金を後々まで会社に残しておけるから
良いと考えます。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私なら以下の順に考えますが

1.その請求書に「○○日までに支払ってください」旨の記述があればその日
2.1.の記載が無ければ会社で決めてある基準(末締め翌月末払い等)
3.1にも2にも該当しないならまず上司に確認をしてそれでも決めてなければ当月末(私の経験上だいたいの会社は経費関係は末締め翌月末払いと決めていますが)

Qボーナス支給日 (公務員&民間大手)

民間企業大手と公務員のボーナス支給日がいつになるのか、慣行をお教えください。
民間大手企業のボーナスは、夏は7月の第一金曜日、冬は12月の第一金曜日が普通ではないかと思います。それぞれ「10日」としている大企業もあるみたいです。公務員は上記より少し早く支給されると記憶しています。

Aベストアンサー

国家公務員は、人事院規則で6月30日、12月10日と規定されています。
土日の場合は繰り上がります。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8a%fa%96%96%8e%e8%93%96&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S38F04509040&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

Q6月に退職してもボーナスの請求って出来るんでしょうか?

6月いっぱいで主人が退職します。

会社の給与規定には「ボーナスの支払いは7月」としか書いてため、このままだともらえないのは確かです。ただ、ボーナスの対象となる去年の9月から今年の3月までは在籍してたのでもらう権利はあるのではないかと思うんですが・・・

会社規定では7月の支払いとなってますが、請求すればもらえると言う制度とか法律とか無いんでしょうか?

そんな都合の良い制度なんて無いですよね?(^-^;)

額が結構大きいのでこのまま諦めてしまうのはもったいないと思うんです。

Aベストアンサー

基本的には、(組合があれば)春闘などで毎年ボーナスの支給額や支給時期、支給対象資格などが決められます。
例えば私が以前勤めていた会社では、ある年の支給日は7月5日、対象者は6月30日現在在籍していること、でした。
この場合ならばご主人は支給対象になりますね。
でも、仮に支給対象者が「7月1日現在在籍していること」だともらえないことになります。

すでに退職のことは会社に伝えられていると思いますので、悪びれることなく「もらえますか?」と聞いてしまうのがいいと思います。もらえないなら理由も聞きましょう。
本来もらえるはずなのに支給しない、となれば、これはがんばらなければなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報