PRTR法で作成を義務付けられているMSDSの作成にあたって 危険物の輸送のためのコードとして 国連番号なるものが あるようですが、これが一体 何ものであるのか、どこをあたれば判るのか 一向に埒があかず、困っています。公共の図書館にも これを記載した図書・文献はないようです。インタネットの検索でも出てきません。
とにかく扱っている物質の 国連番号を MSDSには記載することが JIS Z 7250には “推奨”されており、半ば強制されていますので、困っています。こんな訳のわからないものを 記載してどんな意味が有ると言うのでしょうか?
日本の役人のすることに、ここでも憤りを感じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たとえば、下記URLのような本に記載されています。


そもそもの原文については、http://www.unece.org/trans/danger/publi/unrec/pu …から注文することができます。
原文については、日本でも国連寄託図書館(東京では国立国会図書館、東京大学総合図書館など。http://www.unic.or.jp/libra/libra.htmで御確認ください。)で見ることができると思います。原ドキュメントのタイトル(United Nations Recommendations on the Transport of Dangerous Goods)とドキュメント番号(ST/SG/AC.10/1/Rev.11)をメモしておくとよいでしょう。

記載する意味については、専門家ではないのでわかりませんが、この番号や分類により、国際的にも輸送の際の取扱いが変わってくるということではないでしょうか?

参考URL:http://www.chemicaldaily.co.jp/books/teiki/30301 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示 ありがとうございます。
自分でも調べたのですが、十分な調べ方が 分からず 特に国連関係になるとサイトが膨大で 途方にくれておりました。国連寄託図書が全国の大学に分散してあるとは知りませんでした。
お蔭さまで 出張できる範囲の神戸大学にあるようで 大学図書館と連絡を取るつもりです。
質問の件は、経済産業省にE-mailを先週入れておりますが、未だに回答はありません。多分 このまま放っておくつもりでしょう。その内 電話で文句を言いたいと 思っています。

お礼日時:2001/05/16 16:42

国連認可番号= UN cord は国連が認めた危険物のデータを、番号表記したものです。


すなわち、その番号で、その危険物の特徴を簡略化したものなんです。
その番号でどのような事がわかるかというと、その危険物を運搬する時の保存状態が分かります。

要するに、『危険物』と言っても色々あります。第一類から第六類まで、多種多様なんです。それぞれに特徴があって、『熱伝導性』がどうであるとか、『発火温度』が何度になっているとか…
それぞれの特徴に合わせて運搬する時の『容器』を用意しなければならないんです。例えば、『完全密封』で、中を『真空』にしなければならないとか…
それでなくては運搬する人達に危険が及んでしまうんです。
これは消防法にも記載されていますし、航空会社が加盟するIATAの国際規定でも規約されています。
これらは危険物取扱いの『基本』です。

さて、UN box については、危険物を取扱う会社の場合はたいがい、地元の『危険物協会』に登録してあります。
登録してあれば、そこに照会すれば『UN容器の何番』というように、教えてくれます。
しかし、この質問内容からすると、あなたは『発送代行業者』さんですね?
もしそうならば、その危険物を生成した会社に問い合わせて、容器番号とその容器の特徴・保存方法を把握した上で、その容器を用意してください。

>日本の役人のすることに、ここでも憤りを感じます。
これは『国際条約』です。したがって、世界中の業者さんがそれを厳守しています。
ちなみに、IATAのHPでは大雑把にこの事を載せています(当然英語ですが)。
Yahoo USA からIATAで検索してください。

そうそう。一つだけ忠告。
今年の1月からIATA加盟の航空会社では、危険物の搭載は一切行いません。ご注意ください。

この回答への補足

いろいろ ご説明ありがとうございます。でも、私の質問には全く答えてもらえていません。“MSDS”ご存知ですか。PRTR法 ご存知ですか?質問内容を よく読んで 主旨に沿って 答えていただきたい。でなければ 時間の無駄。具体的に 取り扱う物質の国連番号を知るのにどうしたらよいのか知りたいのですヨ。

補足日時:2001/05/15 15:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q混合物の国連番号

零細の化学薬品を扱っている会社に勤めている者です。

海外に輸出を行うため、GHS対応のMSDS(英語・日本語)を作成しておりますが、
国連番号の記載方法がわかりません。

輸出品は、化合物を数種類混ぜた水溶液(数10%)で国連番号に該当する化合物が2点あり、
その濃度は各々10%以下なのですが、使用している化合物は社外秘のため記載できません。
REACH規則であれば一定濃度以下であれば化合物名の記載の必要がありませんが、
国連番号では濃度に関係なく記載しなくてはならないのでしょうか。

色々と検索を行っているのですが、
他の項目(急性毒性など)ほど明確な文章が見つかりません。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。

繰り返しますが、混合物の状態での性質によって分類します。
つまり、質問者様の場合は水溶液の状態ですね。

国連分類(UNRTDG)とGHSの分類基準は同じですので、まずはGHSに従って製品の分類し、その結果で国連番号を決定することになります。

水に溶かすことで、酸化性も腐食性も毒性もなくなっていれば、国連番号は該当なしです。
腐食性があれば3264(その他の腐食性物質、有機物、液体、酸性のもの)とかになりますし、
酸化性も腐食性もあれば、3098(その他の酸化性物質、液体、腐食性のもの)になると思います。



このへんを御参考に
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/h18_bunrui.html
http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/pdf/200603/00004848.pdf

Q指針番号について(緊急時応急措置)

有害性のある物質を輸送する際に、イエローカードを添付しますが、その際に「指針番号」というものが記載されています。しかしながら、どんな物質が何番になるのか、分かりません。HPアドレスでも構いませんので、詳細を知っている方は教えて頂きたいのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

緊急時応急措置指針(改訂版)という本が日本化学工業協会から出版されています。これに書いてあるようです。
(http://www.webstore.jsa.or.jp/lib/lib.asp?fn=/general/grl01_16.htm)

また、少しならHPでも公開されていますね。
(http://www.st.rim.or.jp/~shw/unyc.html)

参考URL:http://www.st.rim.or.jp/~shw/unyc.html

Q指針番号って?

指針番号とは何ですか?

Aベストアンサー

ラベル方式のイエローカードに適用されているものの事を仰っているのだと思います。
緊急時の措置に対応した番号です。

万一の事故の際に段ボール箱に表示された指示番号から「緊急時応急措置指針」の指針を検索すれば応急措置の情報が得られるようになっています。
大抵は国連番号と一緒に表示されています。

QMSDS(製品安全データシート)の作り方。

仕事で品質管理をしています。PRTR法の絡みでMSDS(製品安全データシート)を準備しないといけません。作成マニュアルを紹介してください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

MSDSは、JIS Z7250で決まっています。
(http://www.jisc.go.jp/index.html)
経済産業省製造産業局化学物質管理に解説があります。

参考URL:http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/

Q輸出管理のおける該非判定書とは

 輸出管理の担当ではないのですが、
参考までということで書類に目を
通しています。

 辞書に載っていないので、輸出管理
関係の法律用語かと思うのですが、

該非
および
該非判定書
とはなんでしょうか?

何かに該当する否かということかと
想像していますが、よく分かりません。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

昔は戦略物資に関する非該当証明書と言っていました。
最近は、大量破壊兵器に関する物のようです。

コンピュータ関係などの場合は、1秒あたりの計算回数やA/D変換能力などが対象になります。インターネットエクスプローラなども暗号化機能があるため対象になります。
ただし、パソコンの場合はだいぶん緩和されています。

コンピュータ以外にも薬品やミサイル等の部品、航空用GPSなども対象になります。
 管轄は経済産業省になります。輸出貿易管理令で検索すればなにか参考になると思います。

 お役に立てば幸いです。

Q4T車、10T車などの荷台寸法について

荷物を積みたいのですが、トラックの荷台の寸法がわかるようなサイトなどご存知の方教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一概に何トン車だから、何mという定義はありません。
4t車でも9400mm×2350mmのクルマもありますし。
10t車でも長さが短いクルマもあります。
大型車の場合低床車もあれば高床車もあります。

ウィング車の場合一般的に(長×幅×高)
13トン長尺車で10200mm×2350mm×2200mm
10トン標準尺車で9400mm×2350mm×2200mm
低床車だとこれらに250mm程度高さに加わります。

4トン車の場合は様々です。
総重量8トンという制約があるので、車体が大きくなるに従って、積載量が減って行きます。

大きさだけは13トンクラスのクルマもありますが、
この場合積載重量は1トン程度にしかなりません。

一般的な4トンロングで6200mm×2100mm×2200mm程度です。
しかしこの場合もハコ車で3700Kg程度。ウィング車だと3000Kg程度しか積めません。

質問者さんの言う荷物はどのような荷姿なのか、分割可能なのか、重量の程度など、
それによって選ぶトラックが変わってきてしまいます。

一概に何トン車だから、何mという定義はありません。
4t車でも9400mm×2350mmのクルマもありますし。
10t車でも長さが短いクルマもあります。
大型車の場合低床車もあれば高床車もあります。

ウィング車の場合一般的に(長×幅×高)
13トン長尺車で10200mm×2350mm×2200mm
10トン標準尺車で9400mm×2350mm×2200mm
低床車だとこれらに250mm程度高さに加わります。

4トン車の場合は様々です。
総重量8トンという制約があるので、車体が大きくなるに従って、積載量が減って行きます。

大きさだけ...続きを読む

Q貿易termのCIPとCIFの違いについて。

貿易termのCIPとCIFの違いについて。

私は、AIRで輸出を手配することがあるのですが、今までCIPとCIFは同じと考えておりました。
いざ調べてみると違うようですが、どうも違いが理解できませんでした。
分かる方、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

CIPもCIFも、Cost・Insurance・Freightが含まれる取引条件ですが、
危険負担と費用負担が輸出者から輸入者へ移転する時期が異なります。

CIPの場合、危険負担と費用負担が、最初の運送人(AIR場合、フォワダー)へ貨物を引き渡したときに輸出者から輸入者へ移転します。

CIFの場合、危険負担と費用負担が、本船甲板上(正確には貨物が本船の欄干を超えたとき)で輸出者から輸入者へ移転します。
つまり、本船甲板に貨物が移動するまで(例えば、はしけ上にある貨物)は、危険負担と費用負担は輸出者にあり、そこまでに貨物が破損などした場合、輸出者は貨物の代替もしくは求償などを行なう義務があります。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/


人気Q&Aランキング