今現在、商業簿記の企業結合の問題をやっているのですが以下の様な問題の時の【のれん】の計算方法が答えと合いません

・A株式会社はB株式会社を¥3,900,000で買収し、買収に要した¥100,000(所得原価に含める)とtもに小切手を振出して支払った。 なお、A株式会社の諸資産および諸負債の帳簿価額は、¥5,000,000および¥2,000,000、時価は¥5,500,000および¥2,000,000であった。

本来なら【所得原価-(諸資産-諸負債)】で計算をすれば出せるはずですがこれですと【4,000,000-(5,500,000-5,000,000)】から4,000,000から500,000を引いて3,500,000だと考えていたのですが答えの方は【500,000】となっています。

何が間違っているかを教えていだだけると助かります

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

【資本金】=諸資産-(諸負債)



のれんとは、資本金の増加にあたる部分のみ、計上しますので、B(株)を3,900,000万円と買収費用100,000円の合計4,000,000円で買収した。

このとき、買収にかかる、資本金の増額は次のように計算されます。
当初買収の元となった会社の資本金の計算
(1)(諸資産)5,000,000円  (諸負債)2,000,000円
                ▲(資本金)3,000,000円
資本金300万円の会社を買収費用も含めて、400万円で取得していたけど。
実際は、その企業価値は、350万円であったということですから。
次に、そのときの時価総額を計算すると
(2)(諸資産)5,500,000円  (諸負債)2,000,000円
                ▲(資本金)3,500,000円
 
4,000,000円-3,500,000円=500,000円の超過収益力
資本金を超える部分だけが、のれんの評価計上価格になります。

取得原価を求める際に、資本金の増減をあらかじめ算出してから、その簿価と時価の差額を計上します。

よって買収時点は、3,000,000円を4,000,000円で購入したので、資本金の上昇は、1,000,000円です。
そして、企業時価は、資本金は、(2)の時、500,000円上昇していたため、それを取得時点に評価替えしますと、1,000,000円-500,000円=500,000円の計上となります。

ここでは、2回仕分けが起こります。
買収時点の資本金の上昇額(のれん=超過収益)
見込み時価額へ評価換えした時点 
                  以上

 
    • good
    • 0

計算間違いです。


4,000,000-(5,500,000-2,000,000)
ですよ。

仕訳すると

諸資産 5,500,000  当座預金 4,000,000

のれん 500,000    諸負債  2,000,000
となると思います。
    • good
    • 0

550万円の時価資産


内200万円の時価負債なのでプラス資産は350万円。
350万円のものに400万円を払ったのは50万円の「暖簾代」を認めたということでしょう。
    • good
    • 0

単純な計算ミスではないですか。


諸負債の2,000,000を5,000,000として計算されているようです。

【4,000,000-(5,500,000-5,000,000)】
                    ↓
                  2,000,000
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「A社株式及びB社株式は前期以前に取得したものであ

こんにちは、お世話になります。
有価証券の「その他有価証券」のいくつかの問題文に「A社株式及びB社株式は前期以前に取得したものであある」とかがれていますが、これっていったいどういう意味でしょうか。別に何か数字与えられてる訳でもないし、意味不明です。わかる方お願いします。

それと、公認会計士の短答式試験に合格できるくらいのレベルなら簿記一級はラクでとれますか?それともそれなりの頑張りが必要ですか?お願いします。

Aベストアンサー

「前期以前に取得したものである」ということは、前期以前に株式の取得に係る処理を済ませてあるので、当期にはその処理は不要ということです。

簿記一級については知り合いから聞いた話なのですが、重箱の隅をつつくような問題なので、鬱陶しいとのことです。

Q標準原価計算の「原価標準」と「標準原価」の違い

テキストを見てもどっちの言葉も出てきて何がなんだかわかりません。
もしかしえ同じ意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

『原価標準』→製品一単位あたり標準原価

『標準原価』→原価標準×生産量

です。

Q資産のマイナス勘定と負債勘定は別物?

現在計算の苦手克服も兼ねて簿記3級の勉強をしております。
いま貸倒引当金の項目を勉強してまして、使用しているテキストを見てみると
貸倒引当金の勘定が負債ではなく資産のマイナス勘定と表記されています。

「資産のマイナス勘定」と「負債勘定」って別物なんですか?
何となく「資産のマイナスを補う科目だから負債には該当しないのかな?」とは思ってるんですが
どうもその考えに自信が持てなくて^^;
試験前までにスッキリしたいんで(ぇ よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 基本的に引当金は負債勘定です。
 厳密に言えば、「貸方勘定」です。貸方勘定とは、増えれば右側に仕訳する勘定のことです。
 ですから、貸倒引当金も貸方勘定です。
 ただ、貸倒引当金とは、売上債権が焦げ付いた場合に備えるものですので、あらかじめ売上債権から差し引くのが一般的です。
 その方が、その企業の資産価値を適切に判断できますので。
 したがって、当たり前だと負債の部に記載される貸倒引当金を、資産の部に記載するのです。
 ただ、貸方勘定なので、資産の部(借方)に移動させる場合はマイナス表示させます。
 無理に負債勘定に記載しても間違いではないのでしょうが、そうすると資産合計(=負債資本合計)がその分増えてしまうので、注意が必要ですし、一般的ではありません。
 このように、貸倒引当金は貸方勘定なので、もともとは負債勘定なのですが、資産の適正評価という意味合いから、資産の部にマイナス計上する特殊な勘定科目といえます。

Q「リース資産」「リース負債」の金額について質問しま

いつもお世話になります。

今回はファイナンス・リース取引についての質問です。
取引契約時にリース物件の借り手側が計上する
「リース資産」「リース負債」の金額ですが、
簿記1級テキストでは以下の通りの説明です。

1)リース物件の貸し手側の購入価額等が
 判っている場合

○所有権移転ファイナンス・リース取引
→「貸し手の購入価額等」

○所有権移転外ファイナンス・リース取引
→「貸し手の購入価額等」か
 「リース料総額の割引現在価値」の低いほうの額

2)リース物件の貸し手側の購入価額等が
 判らない場合

○所有権移転ファイナンス・リース取引
 所有権移転外ファイナンス・リース取引共に
→「見積現金購入価額」か
 「リース料総額の割引現在価値」の低いほうの額

とありますが、
判らないのは
→「貸し手の購入価額等」か
 「リース料総額の割引現在価値」の低い額のほう
 です。
貸し手の購入価額等が判明しているのですから、
リース料総額と合わせて、貸し手の計算利子率がわかりますよね。
そして割引現在価値を求める割引率は当然、計算利子率をもちいます。
だとしたら、常に
「リース料総額の割引現在価値」=「貸し手の購入価額等」とならなければ
ならないはずです。

つまり貸し手の購入価額等が判明している状況下では
「低い額のほう」もあったもんじゃないと思うのですが。。。

同じことは
「見積現金購入価額」か
「リース料総額の割引現在価値」の低い額
の選択でもいえるのでは。
と思います。

どちらかが低い場合というのはどういう状況なのでしょう。

いつもお世話になります。

今回はファイナンス・リース取引についての質問です。
取引契約時にリース物件の借り手側が計上する
「リース資産」「リース負債」の金額ですが、
簿記1級テキストでは以下の通りの説明です。

1)リース物件の貸し手側の購入価額等が
 判っている場合

○所有権移転ファイナンス・リース取引
→「貸し手の購入価額等」

○所有権移転外ファイナンス・リース取引
→「貸し手の購入価額等」か
 「リース料総額の割引現在価値」の低いほうの額

2)リース物件の貸し手側の購入価額等が
 判ら...続きを読む

Aベストアンサー

割引率(自社側) ≠ 計算利子率(貸手側)ですよ?
自社の借入利率などから算定される割引率と、リース会社の運用計画などから算定される計算利子率は当然に違いますので、貸し手の購入額プラス計算利子率のリース料総額と、そこから割引率を用いて算出する割引現在価値も当然に違います。

Q部門別原価計算は個別原価計算のみ行う?

部門別原価計算を行うのは個別原価計算だけで、総合原価計算では部門別に製造間接費を配賦しないのですか?

私の使っているテキストを見ると総合原価計算では部門別計算を行わないのですが・・・

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

総合原価計算でも間接費の部門別計算はやりますよ。加工費として仕掛品勘定に集計後の金額が資料で与えられることが多いですが、その前段階として部門別計算をしていることはあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報