宇宙にある天体や場所の中で、電磁波を用いても観測が不可能な場合があるそうですが、(1)電磁波を出しているのに見えない場合にはなぜ見えないのですか?(2)電磁波を出さないから見えない場合、どうやって推定するのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)についてはkeronyanさんのおこたえ通り。



(2)について補足しますと、

光(電磁波)で銀河の星を数えて重さを推定した場合と銀河の回転速度を求めてそこから銀河の重さを推定した場合とで後者の方がずいぶんと銀河の重さが大きく出てしまいます。そこで銀河内には光っていない(電磁波で観測できない)物質が大量にあるのではないか?と考えられています。これがダークマター問題と言われます。
他にも、MACHO(MAssive Compact Haro Object?)とよばれる光らない星の存在も予測されていまして、もしこのような星が地球とある恒星の間を通ると重力レンズ効果で恒星の光が強まったり弱まったりすると考えられています。雰囲気としましては日食の時には月は光って見えないけれど太陽の前を月が横切るのが分かるのに似ています。

あと、電磁波(光子)以外の物質が天体から飛んでくるのも捉えられていますし新たに捉えようともしています。keronyanさんのおっしゃったニュートリノが太陽や超新星から飛んでくるのはスーパーカミオカンデ他で捉えられています。(太陽や超新星は電磁波でも見えるのですが、超新星爆発の場合電磁波よりもニュートリノの方が先に到着するのがミソ。)
ニュートリノ以外では、アキシオンと呼ばれるダークマターの一種が天体(太陽、その他)から飛んでくるのを捉えようとしている人たちもいますがまだ成功はしていないようです。

とにかく、電磁波以外にも天体の測定手段はたくさんあり、このほかにもまだまだあると思います。
    • good
    • 0

電磁波には光やX線、γ線、電波領域など色々な種類があり、周波数によって違いますが、


星の状態によって色々な電磁波が発生しています。
電磁波が出ているのに見えないのは?
あまりに遠くて特定できるだけの情報が入らない場合とか。
光でもまだ届かない時間の時
間に暗黒星雲などの光を吸収する物がある場合。

電磁波以外にも粒子などを放出している時があります。
超新星などではニュートリノがニューカミオカンデで検出されたと報道されてますね。
ブラックホールなどはそれ自身は観測されませんが、そこに落ち込む物質が放出するX線を観測しているそうです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天体観測の仕方を教えて下さい。例えば、自宅のベランダから見える星の種類

天体観測の仕方を教えて下さい。例えば、自宅のベランダから見える星の種類とかはどうやって知ればいいのですか?

満月はどうしてなるのですか?

お願いします。

Aベストアンサー

図書館で、星に関する本をいろいろあさってみるといいと思います。

天体観測自体のやりかたは、以下の本がわかりやすくておすすめです。
http://www.amazon.co.jp/%E6%98%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%8F-%E6%96%B0%E8%A3%85%E7%89%88-%E3%81%88%E3%81%B3%E3%81%AA-%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%82%8B/dp/4416206283

Q【天文学】宇宙の水はそんなに珍しい物ではないのでは? 宇宙に存在する天体には必ず「水」は存在するので

【天文学】宇宙の水はそんなに珍しい物ではないのでは?


宇宙に存在する天体には必ず「水」は存在するのでは?

酸性の物質があれば酸には水素イオンが絶対存在してるわけで、酸性が存在するということはアルカリ性も存在しているはずなので酸の水素イオンとアルカリ性の塩基で水は作り出されるわけで、


地球の水は珍しいものではなく、酸性の物質とアルカリ性の物質が存在すれば確実に水が作り出されるので地球の水は珍しいと言っているのが理解出来ない。

なぜ他の天体には水がないと言ってるんだろう。

水はあるがすぐに蒸発してしまうので水の池や海がないというなら分かるけど、普通に水は常時出現してますよね?

なんで他の天体に水がないと言っているのかが理解出来ない。

逆になんで水が出来ないと思っているのか聞きたい。

地球の水はそんなにたいそうなものではないので、宇宙人が地球の水を狙って給水しに来るなんてないよ。水は簡単に作れる。

Aベストアンサー

それ水が大事っていうか、水があるところに生物がいるから最終的には生物目的なんでわ?水じゃなくて

Q宇宙の中心は 今の光を用いた観測技術では 特定できない、と思います。と

宇宙の中心は 今の光を用いた観測技術では 特定できない、と思います。ということで 中心が特定できるまでは 太陽系を含む銀河を中心としても何ら問題ないと思います。皆さんはどのように思われますか。
  参考までに 宇宙の観測は『全方向からの一定の背景放射と全方向の137億光年離れている恒星、銀河が光速で膨張しているらしい』という事実に基づいています。その理解は137億年前にスモールサイズの宇宙Sがあり、その宇宙Sのなかに後に地球になる部分もあり、その宇宙Sが現在の宇宙G(Sよりはるかに大きい)に膨張し、Sから発生した太陽系銀河はあたかもほぼGの中心に位置するようになっており、膨張したために観測限界の137億年前の光が今観測される(背景放射であり、恒星銀河の光である) というものです。光を用いた観測で略このように 理解しています。別観測手段があれば Gの内外の構造が明らかになり 宇宙の中心とか太陽系銀河の位置も明らかになるとおもいますが、その時期は予想もつかないと思います。
あるいは 今の観測限界は 137億光年の半径の空間ですが、内部構造は宇宙膨張以後発生したものであり 今の観測技術で明らかになる可能性があり 太陽系銀河がどのような構造の一部なのか 分る可能性はあると思います。

宇宙の中心は 今の光を用いた観測技術では 特定できない、と思います。ということで 中心が特定できるまでは 太陽系を含む銀河を中心としても何ら問題ないと思います。皆さんはどのように思われますか。
  参考までに 宇宙の観測は『全方向からの一定の背景放射と全方向の137億光年離れている恒星、銀河が光速で膨張しているらしい』という事実に基づいています。その理解は137億年前にスモールサイズの宇宙Sがあり、その宇宙Sのなかに後に地球になる部分もあり、その宇宙Sが現在の宇宙G(Sよりはるかに大...続きを読む

Aベストアンサー

宇宙の中心が特定できるか否かなどの話は別として、銀河系なり太陽系なりを「便宜的に」宇宙の中心と見なすのは特に問題ないと思います。

要するに宇宙を観測する際の座標軸をとるときに座標原点をどこにとるかは観測者の勝手だということだと私は捉えました。

こういう認識で合ってますでしょうか?

Q宇宙人がいるとして宇宙をどのような方法で観測しているのですか?

宇宙人がいるとして宇宙をどのような方法で観測しているのですか?

池の中に住むプランクトンやミジンコにとって、池の外には、大きな世界があることは知りようもないし、それを観測するすべも持っていません(たぶん)。人間も、気づいていないだけで、どこかに他の世界があり、そこでは、池の中のプランクトンを眺める人間のような存在が、宇宙人として、地球の人間を眺めているかもしれません。想像です。

さて、現実的には、体が水やたんぱく質で出来ている宇宙人がいるとして、脳で知覚して、観察や記憶をするとして、どのような手段で宇宙を観測しているのでしょうか? やはり望遠鏡でしょうか?

Aベストアンサー

電波や可視光などの電磁波でしょうね
私たちと同じ化合物で出来た生物には大きさや小ささに限界があるから私たちと同じ手段に頼ると思います

Q【天文学】「宇宙の生物」 宇宙の天体に水は存在していて液体の水の状態は珍しいが水蒸気や氷なら存在して

【天文学】「宇宙の生物」

宇宙の天体に水は存在していて液体の水の状態は珍しいが水蒸気や氷なら存在している。

宇宙の天体に水が存在しないんじゃなくて水の状態が珍しいってことと知った。

水蒸気や氷はあるなら生物がいてもおかしくないのでは。

なんで水蒸気や氷には生物がいないっていう前提なの?

なぜ水蒸気や氷から生物を見つけようとせずに水に拘ってるの?なんで水の生物を探そうとしてるの?

水蒸気の生物や氷の生物はダメなの?

Aベストアンサー

と言うか、空気や水が不必要な動く意思のある物体もいるかもしれませんよね。
さらには宇宙が一つとも分からないですし。

とりあえず、この地球と同じような生物は同じような環境にいると考えての話だと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報