私は就職活動を控えた大学3年生の女性です。大学の専攻が会計学だったので、それを活かした仕事がしたいと思っており、メガバンクの総合職か国税専門官、どちらを目指すかで悩んでいます。

メガバンクを志望しているのは、財務の知識を活かした法人営業がやりたいためです。窓口やFPのようなリテール業務はやりたくないので、女性が法人担当になれる保証のない地銀は考えていません。しかし、女性でも家庭と仕事を両立しながら長く働きたい(できれば定年まで)と考えると、全国転勤のある総合職は厳しいかな?とも思います。実際、メガバンクで年次が高く出世している女性は、リテール専門のエリア限定職か、総合職でも独身の方がほとんどだと聞いています。それでも、給料は公務員よりもかなり良いので魅力的ではあります。

一方、国税専門官にも転勤はついて回りますが、管内での転勤である分、まだマシですし、子供を持つ女性に対しても、大抵の民間よりは配慮をしてもらえると聞くので、長く働けるという点では国税専門官かなと思います。また、税務のスペシャリストになれ、税理士を目指すこともできるという点にも魅力を感じます。受験科目についても、前提知識のあるものが多いので、勉強し易いのではないかと思います。

上記のような理由から、今は国税専門官の方に気持ちが傾いているのですが、女性が長く働くにはどちらが良いと思いますか?特に、仕事の大変さや子供を持つ女性に対する配慮について、実態をご存じの方にご教授いただきたいです。
なお、その他の道を目指す、両方併願する…など選択肢はいろいろあるかと思いますが、敢えて二者択一でご回答いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

回答が遅く、参考になるか分かりませんが、


一応書き込んでみますね。

私は、公務員と民間の両方を経験した者です。

結論から申し上げますと、女性が長く働くには国税専門官の方が圧倒的に良いと思います。

まず、民間は公務員よりも明らかにシビアです。
公務員はコスト意識がなく時間に対して非常にアバウトです。
民間は時間あたりの成果が強く求められ、実力主義。
内部で熾烈な競争があるため公務員よりも強いストレス下にさらされます。

公務員なら育休や病休も問題なく取れ、守ってもらえます。
しかし、民間の場合、長期の休養から戻ってきても自分の席がない。
自分が勝ち得た顧客も戻ってきたころにはライバルの物となっていたりします。

民間の良いところはメガバンクであるならば、自分の努力次第で給与もあがり夢があるところです。
しかしながら、女性が家庭に入り、仕事と家事の両立をはかりたいのであれば、国税専門官の方がやはり良いでしょう。
税務署ならば残業もあまりありません(局や本省に配置されれば残業もある程度あります)。
メガバン総合職で定年まで働くつもりであるならば、一生独身あるいは女性が働き夫が主夫になる、またはお互いにずっと単身赴任となるなどを覚悟する必要があります。
総合職であるならば転勤族になるのでマイホームも退職するまで買えません。

ただ注意すべき点として、国税専門官の中で東京国税局や大阪国税局では転居をともなう異動はそれほどありませんが、
それ以外の局では転居をともなう異動が多くあり、場合によっては単身赴任の可能性もあります。
待遇という点ではメガバンク総合職より劣るかもしれませんが、長く勤めれば税理士の資格もただでもらえますから、もしご自身で実力の世界でバリバリやりたいのであれば独立という選択肢も後々でてきます。

国税とメガバンでは同じ会計の知識を使うにしても、
働く上での感覚は全く違うので、その点を踏まえてよく考えてみると良いと思います。
    • good
    • 7

>私は就職活動を控えた大学3年生の女性です。

大学の専攻が会計学だったので、それを活かした仕事がしたいと思っており

 この時点で公務員は無理だと思います。一般職公務員であっても受験に際しては法学系の知識が絶対に必要となります。税務関係の公務員であれば、採用後に猛烈な研修があります。大学時代の会計学の概説的な知識など何の役にも立ちません。勘違いですよ。

 また銀行もメガバンクに限らず、新規採用は学部、学科、専攻不問です。要は大学名で決まります。メガバンクとかいっておられるので、当然旧帝大クラス、あるいは早稲田・慶応クラスですよね。でなければ採用はほとんど無理です。


 ちなみに公務員国家総合職の合格者の大学一覧です。国税専門官は2-3ランクほどレベルが下がりますが、それでも私学でいえば最低March、関関同立クラスがボーダーです。公務員の場合は大学名で決めているわけではありませんが、合格に必要な基礎学力が上記の大学以外では足りないからです。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3866.html



 とにかく、会計学専攻だから・・・という幻想はお捨てになった方がいいですよ。営業、サービス、一般事務何でもありです。大学の専攻と関係ある職種に就けるのは理系の一部と医療系学部、医師、看護しなど例外的なものです。

 結婚生活との両立とかを目指されるのであれば、国会一般職(大卒程度)、政令指定都市上級、などが最適と思います。
    • good
    • 5

メガバンクの総合職はとてもきついですよ。

勉強好きで成績がいつも上位でいられるならよいでしょうが・・総合職はリテール店舗には配属されないようです。
総合職は金融に限らず、女子、という甘えは許されないようです。

女子なら、公務員の方が永く働きやすいと思います。ある公務員予備校のパンフに、国税専門官と他の公務員試験と両方受かった人の話が載っていました。公務員試験はいろいろ併願する人が多いようです。国税専門官でなくても、国税庁や税務署に勤められる公務員もありますね・・・
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務員試験の国税専門官とくに査察官についてです

国税専門官を目指しています。

国税専門官として採用されれば税務署勤務を経て、のちに国税調査官、国税徴収官、国税査察官と、なるようです。

そこで質問なのですが、三つのうちどれに就くかはだれがどうやって決めるんですか?本人の希望でしょうか?また、一度決まったら、たとえば、一度国税調査官になったら、のちに査察官や徴収官にキャリアが変更になるようなことはないんですか?
また、三つのうち一番人気なのは査察官だと聞きました。三つのうちの人数の内訳はどのようなものでしょうか?やっぱり仕事として一番地味でつまらなそうな調査官が一番人数が多くて、華やかな査察官の人数が一番少ないのでしょうか?
また、私は女なのですが、やはり査察官になりたいと思っています。ですが、この査察官の仕事はやはり花形っぽい仕事、かつ刑事っぽい仕事のようなので、なんとなーく男しかなれなさそうなイメージがありますが、どうなんでしょう?女の国税査察官もいますかね?

Aベストアンサー

少なくとも、本人の希望だけでは決められないでしょう。能力が低い人を査察官にするわけにはいかないでしょうから。
国税調査官は税務署に配属され、国税査察官は国税局に配属されます。
人数比で言えば、圧倒的に調査官が多いでしょう。
最近の国税当局は、女性の採用に積極的ですので、女性でも査察官になれると思います。ただし、他の人より秀でた能力・知識・実績が必要なことは言うまでもありません。

Q地方銀行とメガバンク(総合職)を受けられた方

地方銀行とメガバンク(総合職)を受けられた方にお聞きしたいです。

地方銀行の志望理由では、地元に貢献したい!
のように書かれる方がおおいみたいです。

もしそうされたのなら、メガバンクを受ける際の志望理由にはそのように書けませんよね?

なので、どちらかが本当でどちらかが嘘になると思うのですが、皆さんそうやって就活をされたのですか?

Aベストアンサー

地銀とメガバンク両方受けて、メガバンクに内定いただいた者です。

確かに地銀の志望動機は「地元に貢献したい」でした(笑)
そしてメガバンクでは真逆のことを言っていました。

地銀では「せまく深くお付き合いしていきたい。メガだと一人一人との関係が薄くなる」
メガでは「一人でも多くの方と接して、満足いただきたい。地銀だと扱える商品が少なく、満足いただけない」

お互いを否定し合っていました(笑)
矛盾しまくりですね。

でも、しょうがないんです。
何十社と受ける今の時代、嘘をつかなきゃ就活なんてやってられません。

その会社を受けるときはその会社のモードに頭を切り替えて、話すしかありません…

頑張ってください!

Q技能職 生産基幹職 は、技術職(総合職)とは社内において待遇がずいぶん違うものなのでしょうか?

技能職 生産基幹職 は、技術職(総合職)とは、同じ社内において待遇がずいぶん違うものなのでしょうか?

息子が工業高校へ進学することになりました。
(本当は高専を狙いたかったのですが、内申が足りませんでした)

高校のHPの就職先の一覧を見ていると、大企業であるほど(たとえば三菱電機の工場など)、
職種は「技能職」や「生産基幹職」となっています。
はじめて知る言葉でした。

大卒や理系の院卒生の方たちと待遇(初任給など)が違うのは当たり前だとは思っていますが、これらの職務で入社すると、社内での立場や待遇はどんなものなのでしょう(長く勤めるという前提で)?

一生出世とは無縁で、工場内での管理職になれたりということは一切ないのでしょうか??

また、お給料も、ずっと格差が開いたままでいくって感じなのでしょうか??

身近に高校卒で工場等で働いている知人や親せきが全くおらず、こういった事情がちっともわかりません。

ちなみに、こじんまりした会社ですと、「技術職」として採用になっている生徒もいます。

親としては、それは大企業に就職してくれたら単純に喜ばしく思うのだろうと想像しますが、息子本人の気持ちを考えると、大企業の工場でラインとして働くよりも、こじんまりした会社でも製作や技術面において、創意工夫などの裁量を与えてもらったり管理職につけたりといったほうが、やりがいもあり幸せなのかもしれないなあとも思います。
(お給料や安定性を重視するのでなければ、です)

技能職や生産基幹職で働いていらっしゃる方、またそういった方の内情に詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ今後のために教えてください。

ちなみに、うちから通える大手の会社さんの工場ですと、イビデン、三菱電機、東レ、パナソニック、アイシン精機、ナブテスコ、川崎重工、太平洋工業、日本合成化学工業、などがあり、これらの会社様へ就職している子たちがいます。

会社によっても全然違ったりするのかな??

よろしくお願いいたします。

技能職 生産基幹職 は、技術職(総合職)とは、同じ社内において待遇がずいぶん違うものなのでしょうか?

息子が工業高校へ進学することになりました。
(本当は高専を狙いたかったのですが、内申が足りませんでした)

高校のHPの就職先の一覧を見ていると、大企業であるほど(たとえば三菱電機の工場など)、
職種は「技能職」や「生産基幹職」となっています。
はじめて知る言葉でした。

大卒や理系の院卒生の方たちと待遇(初任給など)が違うのは当たり前だとは思っていますが、これらの職務...続きを読む

Aベストアンサー

おじさんです。
息子さんが工業高校へ進学することになったのですね。
ご質問に書かれていることは親として当然な心配事ですね。
もう一線を退きましたが、私も技術系の会社にいました。
甥は工業高校卒で大手の自動車会社の工場、二人の息子の長男は理系大卒、次男は院卒でそれぞれ大手製造会社、という技術系一家です。
さて、ご質問に関してです。

まず、給料ですが、これは多くの方々が誤解しているのですが、入社時の初任給は文系でも理系でも全員同じなのです。
そう書くと驚くと思いますが、事実です。
これは、みなし年齢で決まっているのです。
みなし年齢というのは、高卒18歳、大卒22歳、院卒(修士)24歳です。
このみなし年齢で初任給が決まっています。
つまり、高校での同級生がそれぞれ高卒、大卒、院卒で同じ会社に就職したとします。
そして6年後の24歳時の給料が全員同じなのです。
この時に、高卒の人が6年も働いているのに、新人の院卒と同じ給料はおかしいと思うのです。
これが誤解の始まりです。
このみなし年齢による給料は、学校で学んだ年月と働いた年月を同じ価値と見ているからなのです。
以上は基本給の話ですが、その後に実力評価によって給料の差が出るのは当然なことです。

二つ目の「一生出世とは無縁で、工場内での管理職になれたりということは一切ないのでしょうか??」
→これは学歴ではなく実力の評価なのです。
例えば、私のいた会社では、東大を2回卒業(理学部、英文科)した人がいました。
しかし、この人は最高が係長でした。
一方、2年の専門学校を卒業した人が部長にまでいきました。
では、実力とは何かですが。
これは性格や視野などが大きい要素です。
30歳や40歳になると現場の仕事に熟練してきます。
そこで、ISO(国際標準化)を理解する意欲と実力、英語力、そして製造に関する様々な法律の理解力などが必要となってきます。
これらの導入と現場での実施が工場でも必要になるからです。
こういう仕事をこなす実力があれば、どんどん管理職になっていきます。
加えて、部下から尊敬され、彼らを統率する人間力も大切な評価になります。
これらはすべて学歴ではなく実力なのです。

以上のような世界です。
これらは学歴ではなく、理解力や人間力がとても重要なのです。
東大を出ても、性格がよくなく、人間力もない人は管理職にはなれないのです。
学歴ではなく、実力という意味がご理解いただければと思います。
そういう意味で、これから息子さんが実力ある立派な人間に育つことを願っています。

おじさんです。
息子さんが工業高校へ進学することになったのですね。
ご質問に書かれていることは親として当然な心配事ですね。
もう一線を退きましたが、私も技術系の会社にいました。
甥は工業高校卒で大手の自動車会社の工場、二人の息子の長男は理系大卒、次男は院卒でそれぞれ大手製造会社、という技術系一家です。
さて、ご質問に関してです。

まず、給料ですが、これは多くの方々が誤解しているのですが、入社時の初任給は文系でも理系でも全員同じなのです。
そう書くと驚くと思いますが、事実です。
こ...続きを読む

Q国税専門官

国税専門官という公務員試験があります。
名前からしてカッコよさそうな感じがします。
何々官という名前の響きがいいです。
キャリア、エリートの類なのでしょうか。
受験すると市役所、国2、地上も併願です。
試験に経済原論、民法、数的処理、会計学など
難解な科目があります。
これらの科目を市販テキスト独学で理解することは
可能なのでしょうか。
それとも無謀でしょうか。
特に経済原論は難解さゆえに挫折しそうです。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

国税専門官の試験の難易度は、国家二種、地方上級と同じくらいです。実際、国税専門官受験者のほとんどの人が、それらと併願で受けています。

なので当然、給与面でも社会的ステイタス(そんなもステイタスが本当にあるのかどうかは置いておいて)も、まあ国家二種や地方上級と同程度と考えて良いでしょう。

ちなみに仕事はかなりキツくて、公務員の中でも離職率は高いようです。もちろん、そのぶん専門性があり、やりがいがある仕事だとは思いますが……。私の知人で、国税と地方上級が両方受かった人は、ほとんど地方上級のほうを選んでいました。

独学で受かっている人はもちろんたくさんいます。どちらかというと、高度な知識というよりは「浅く広く」な試験なので、地道に暗記や演習をしていれば受かる可能性の高い試験です。特に、大学で法律や経済を専攻したことのある方だったら、学習のとっかかりもつけやすいので、自力でもなんとかなりそうです。

ただ、法学部や経済学部を出たわけでなく、全くゼロから学習を始める場合ですと、独学だと理解できるまでに時間がかかってしまいます。
来年6月の受験を考えているのでしたら、今から独学はちょっと大変なのでは、という印象をもちました。金銭的に許されるならば、予備校に通ったほうが合格率が高くなることは言うまでもないです。

国税専門官の試験の難易度は、国家二種、地方上級と同じくらいです。実際、国税専門官受験者のほとんどの人が、それらと併願で受けています。

なので当然、給与面でも社会的ステイタス(そんなもステイタスが本当にあるのかどうかは置いておいて)も、まあ国家二種や地方上級と同程度と考えて良いでしょう。

ちなみに仕事はかなりキツくて、公務員の中でも離職率は高いようです。もちろん、そのぶん専門性があり、やりがいがある仕事だとは思いますが……。私の知人で、国税と地方上級が両方受かった人は、ほ...続きを読む

Q【国税専門官or税理士】

現在、財務会計系の仕事にとても興味があるのですが、公務員である国税専門官を目指そうか、民間である税理士を目指そうかで非常に迷っています!
公認会計士まではちょっと無理そうなので・・・。
そこで、もし、どちらかのについての、または両方の実状をご存知の方がいらっしゃいましたら、“何でもいい”ので教えてください。
また、併せて、公務員を目指す、または税理士を目指すにあたり、何かアドバイスをいただけると幸いです。
宜しくお願いします♪

Aベストアンサー

個人的には国税専門官をおすすめします。なんといっても国家公務員なので身分的・経済的に安定しています。ただし転勤がとても多いです。新卒採用なので経理の実務経験ゼロでも問題がないと思います。

一方、税理士になるには税理士試験に合格するか、一部について大学院の修士課程に進学して科目免除をねらうとか相当の苦難の道のりです。(私は税理士試験の3科目に合格はしたのですが、残りの法人税法・所得税法に12年たってもまだ合格できません。また仕事をしているととてもではありませんが学習時間を確保することが困難です)。税理士事務所に丁稚奉公で就職する場合、応募条件に「経理の実務経験要」と限定している事務所が多く、就職活動も学生であれば結構苦労します。また徒弟制度が根強く残っている業界で、仕事はかなり地味です。

税理士試験の簿記論・財務諸表論に合格していれば、国税専門官の場合では10年勤務すると残りの税法科目の試験が免除されて税理士になることができます。法人課税部門や資産税部門での経歴が長い場合、税務調査のノウハウを取得していれば他の税理士と差別化が図れると思います。

私は国税専門官には興味がなくて、税理士事務所もとても単調な会計記帳代行の地味さと給料の安さ、サービス残業の強要が嫌で企業の経理部門の求人に応募して、税務よりはむしろ会計の分野での経験が長く、主に連結決算を担当していたのですが、この分野も実務経験を積むと、転職する場合に有利に働きます。(ただ、責任者の経理課長は簿記の3級も持っていませんでしたが)

国税専門官にもしトライするのであれば、税理士試験の試験官のバイトをすると、人事第2課の方と面識ができるので挑戦してみてはいかがでしょうか。

個人的には国税専門官をおすすめします。なんといっても国家公務員なので身分的・経済的に安定しています。ただし転勤がとても多いです。新卒採用なので経理の実務経験ゼロでも問題がないと思います。

一方、税理士になるには税理士試験に合格するか、一部について大学院の修士課程に進学して科目免除をねらうとか相当の苦難の道のりです。(私は税理士試験の3科目に合格はしたのですが、残りの法人税法・所得税法に12年たってもまだ合格できません。また仕事をしているととてもではありませんが学習時間を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報