これからの季節に親子でハイキング! >>

日本語だと同じ単語を2回繰り返す事が非常に多いような気がしますが、(おそるおそる、はいはい、等)英語ではあまり聞きません。 今日タマタマ、winner winner chicken dinnerという表現を知りましたが、他にもありますでしょうか? イディオムビルディングのためによろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

> SALAD–salad.とか、MINE–mineとか、LIVING-TOGETHER–living-togetherとか


> どういう意味になるんでしょうか???


> もしよろしければ、本当に解説がかいてるURLを教えてもらえるだけでも
> ありがたいので教えていただけませんか?


まあ、とりあえずWikipedia でしょうか。


そこに書いてあるとおり、
These sorts of reduplicative forms, such as "food-food," are not merely literal translations of the Finnish but in fact have some frequency in contemporary English for emphasising, as in Finnish, an "authentic" form of a certain thing. "Food-food" is one of the most common, along with such a possibilities for "car-car" to describe a vehicle which is actually a car (small automobile) and not something else such as a truck, or "house-house," for a stand-alone house structure as opposed to an apartment, for instance.

Contrastive focus reduplication. Exact reduplication can be used with contrastive focus (generally where the first noun is stressed) to indicate a literal, as opposed to figurative, example of a noun, or perhaps a sort of Platonic ideal of the noun, as in "Is that carrot cheesecake or carrot CAKE-cake?".


他にも、こういうのがあります。

cable television vs. television television.
e-book vs. book book.
Freelance work vs. work work.


ですから、
SALAD–salad 本当に野菜だけのサラダ
MINE–mine 共有物でなく、名義から何から完全に自分だけのもの
LIVING-TOGETHER–living-together 完全にどこから見ても同棲している

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Reduplication
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。 やっと理解できました!!!!!!!!!!!

本当にありがとうございま~~~~~~す^^

お礼日時:2012/12/04 15:59

同じ単語を繰り返して語を作ることを「畳語」(reduplication) と言います。


「人々」や「山々」のような複数を表したり、「赤々」「生き生き」のような強調を表したりします。
これは様々な言語で見られる現象です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1551672.html

さて、これは英語にもあります。典型的な使い方は「対比強調」です。
hot が辛いのか熱いのかを区別するために、spicy-hot に対して hot-hot というような場合です。
こんな例もあります。
I’ll make the tuna salad, and you make the SALAD–salad.
My car isn’t MINE–mine; it’s my parents’.
Oh, we’re not LIVING-TOGETHER–living-together.

しかし、これらは口語で臨時語的な感じが否めません。
ボキャビルには向かないかもしれませんね。


単純に繰り返す例(goody-ggodyなど)よりも、少しだけ音を変えて重ねる複合語形成のほうが定着しやすいようです。
擬音語:rat-a-tat, tick-tock, bow-wow
擬態語:seesaw, flip-flop, ping-pong
おもしろさ狙い:higgledy-piggledy, hocus-pocus, wishy-washy, dilly-dally, shilly-shally, willy-nilly
強調:teeny-weeny, tip-top
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。 待ってましたこういうご回答!!!

ただ、SALAD–salad.とか、MINE–mineとか、LIVING-TOGETHER–living-togetherとかどういう意味になるんでしょうか???

もしよろしければ、本当に解説がかいてるURLを教えてもらえるだけでもありがたいので教えていただけませんか?
よろしくお願い致します。

お礼日時:2012/12/02 17:35

time after time


time and time again
far, far away
day by day
week by week
month by month
year by year
more and more
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

far, far awayは、スターウォーズでお馴染みですね。

お礼日時:2012/11/27 15:59

andを挟んで使う言葉はありますが・・・


repeat over and over again.
go up and up
further and further
again and again
long, long time ago
far and far
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/11/27 15:57

twenty-twenty

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。 試合の時の20対20みたいな感じの意味ですか?

お礼日時:2012/11/25 17:49

日本語もそうですが幼児語に多いです



bye-bye
wee-wee
poo-poo
boo-boo
din-din
choo-choo
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。 幼児語ですか、、。 すいません。 質問文の書き方が悪かったです。 イディオムビルディングのためにWinner winner chicken dinnerの他にもあるのかと思って質問しました。 twinkle twinkleとかもありますが、そういうのは勘弁してください。

お礼日時:2012/11/25 17:27

元々英語では同じ言葉を繰り返さないのが原則です。

最初の文章でI think...と始めれば、次の文章は同じI thinkではなくI understand...という様にかえなけれななりません。
ただ、似たようなものはあります。ご参考まで・・・
http://thinkzone.wlonk.com/WordFun/WordFun.htm
http://www.rinkworks.com/words/
http://www.rinkworks.com/words/oddities.shtml
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。 そうですね、なかなか無いですよね。 みつけたら教えてください。

お礼日時:2012/11/25 17:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同じ言葉を2回繰り返してその程度を強調する用法

たとえば、「青青」という言葉で、「この野菜は青青している」という表現や、「活き活き」という言葉で、「この子供は活き活きしている」という表現は正しいと思います。
この表現法がエスカレートして、何でも2回繰り返せば強調されると思ってる人が最近は多いと思います。たとえば「いっぱいいっぱい」。これは最近本当によく聞きますが、あくせくしていて、ゆとりがない状態のことを言っているのですよね。
ほかにもこんな経験があります。友達と一緒に食事をしていたら、友達がこんなことを言いました。「このスープ、野菜野菜してるね。」はっきり言って「はぁ??」と思いました。よく考えたら野菜がいっぱい入ってるということを言いたかったのだと思います。

ほかにも例はあると思いますが、このような表現法どう思いますか?私は違和感があるので、聞くのもなんか恥ずかしいからやめてほしいのですが、皆さんはどう思ってるのか知りたいです。

どう感じてるか知りたいだけなので、あまり熱くならずに気軽に回答ください。

Aベストアンサー

>どう感じてるか知りたい
というお尋ねには,非常に興味深く面白い現象だと思っています。

同じ言葉を繰り返すことを「畳語(じょうご)」,英語で reduplication といいます。これは世界中のほぼあらゆる言語に見られる現象で,複数・反復・強調を表します。

たとえば,
1.複数形を表す
イデン語(オーストラリア):gindalba (とかげ)→ gindalgindalba
日本語:山 → 山々,人 → 人々

2.反復
タガログ語(フィリピン)
bumasa 「書く」(不定法)→ bumasabasa「(断続的に)書く」
日本語:ちまき食べ食べ兄さんが

3.強調
チェワ語(アフリカ)
mwamuna(男)→ mwamunamuna(マッチョな男)
ラテン語:quid(何)→ quidquid(何でも)
日本語:重ね重ね,すみずみ,知らず知らず

こうしてみると,日本語はちっとも特殊な言語ではないんだなぁ,と思いませんか?

それはともかく,日本語の文法の中で,この畳語法は,単語を作る方法としては長く忘れられていました。しかし昔は現役ばりばりで働いていたわけで,最近それが復活したと考えれば,文法的におかしいなんてことは全くないわけです。もとからあるんですから。

さて,「このスープ、野菜野菜してるね。」といわれて,私が最初に思い浮かんだのは,大変な強調と言うことで,「スープの中に野菜が盛りだくさん,というよりもっとすごくて,野菜の中にスープが入ってる,って感じ,みたいな」というところでしょうか。

「野菜している」が不自然ですか? 構文は違いますが,「青い目をしている」「動きやすい服をしている」はどうですか?

私が言いたいのは,おかしな言い方を目にしたり耳にしたりしたときには,目くじらを立てるより,なぜこんな言い方が? と考えた方が楽しいし,精神衛生上もいいですよ,ということです。

ちなみにわたしは「いっぱいっぱい」を何の違和感もなく使う(誰が見ても)おじさんです。

>どう感じてるか知りたい
というお尋ねには,非常に興味深く面白い現象だと思っています。

同じ言葉を繰り返すことを「畳語(じょうご)」,英語で reduplication といいます。これは世界中のほぼあらゆる言語に見られる現象で,複数・反復・強調を表します。

たとえば,
1.複数形を表す
イデン語(オーストラリア):gindalba (とかげ)→ gindalgindalba
日本語:山 → 山々,人 → 人々

2.反復
タガログ語(フィリピン)
bumasa 「書く」(不定法)→ bumasabasa「(断続的に)書く」
...続きを読む

Q同じ漢字を使った四字熟語

ナンクロの問題を解いています。

1番目と3番目に同じ漢字を使った四字熟語(又は4文字の言葉)で複数存在する物を教えて頂きたいのですが・・・。

例えば、「一」を使った熟語ですと、
一期一会 一長一短 一喜一憂 一言一句 一世一代 一木一草 一国一城 一向一揆 一朝一夕 一進一退 一宿一飯 一栄一落
などが出てきました。

「一」だけではなく、他の文字を2つ使った言葉があれば教えてください。
このような四字熟語を集めたサイトの紹介でも結構です。

Aベストアンサー

ナンクロをするためにと、クイズの本から抜き出したもの、熟語辞書類(図書館から借用) 等から引用したものなど、自分で集めた四文字熟語が現在5900語弱りあります。

この中から 「1番目と3番目に同じ漢字使った漢字」 をリストアップすると、367語ありました。 コンマ区切り形式で列挙します。


悪衣悪食,悪因悪果,易往易行,異端異説,一印一明,一飲一啄,一栄一辱,一栄一落,一往一来,一丘一壑,一薫一蕕,一芸一能,一言一句,一言一行,一期一会,一五一十,一伍一什,一闔一闢,一合一離,一治一乱,一字一句,一字一点,一汗一菜,一汁一菜,一上一下,一杖一鉢,一代一度,一日一善,一分一厘,一木一草,一問一答,一遊一予,一利一害,一里一銭,一龍一猪,一列一体,一喜一憂,一貴一賎,一客一亭,一裘一葛,一虚一盈,一虚一実,一挙一動,一琴一鶴,一句一章,一句一直,一間一花,一向一揆,一高一低,一国一城,一絲一毫,一弛一張,一失一得,一種一瓶,一宿一飯,一觴一詠,一蔀一元,一笑一顰,一心一意,一心一向,一進一退,一世一代,一成一旅,一世一元,一世一期,一世一代,一世一度,一千一厘,一銭一厘,一措一画,一即一切,一束一本,一旦一夕,一短一長,一調一管,一張一弛,一朝一夕,一朝一夕,一長一短,一長一短,一得一失,一得一失,一徳一心,一瓢一箪,一顰一笑,一夫一婦,一腹一生,一服一銭,一腹一対,一歩一喘,一歩一趨,一飽一襲,溢美溢悪,允文允武,栄耀栄華,誨淫誨盗,戒驕戒躁,化学化石,各人各様,我利我利,感謝感激,閑人閑話,危言危行,気随気侭,気随気儘,機知機略,共存共栄,極惨極毒,去兵去食,空手空拳,空理空論,空論空策,愚夫愚婦,九分九厘,愚問愚答,桑原桑原,群策群力,傾国傾城,傾城傾国,難兄難弟,恒産恒心,呼牛呼馬,虎穴虎子,五公五民,五時五教,五十五刻,古色古香,五善五悪,五智五仏,五分五分,古貌古心,五倫五常,五輪五体,再三再四,三陰三陽,三経三緯,三釁三浴,三辞三嬢,三者三様,三者三様,三十三身,三十三天,三戦三走,三多三上,三炭三露,三長三本,三町三所,三度三度,三不三信,三法三到,三木三鳥,三問三答,自学自習,四角四面,自画自賛,自画自賛,驚惇驚雄,自給自足,至緊至要,自業自得,自業自得,自業自縛,至公至平,而今而後,自作自演,自作自演,自作自受,自粛自戒,自縄自縛,至大至剛,七檎七縦,七擒七縦,七縦七擒,自重自戒,四百四病,自暴自棄,自暴自棄,自問自答,自由自在,十全十美,十人十色,十人十色,十人十腹,主知主義,叙位叙勲,正直正路,正真正銘,正真正銘,私利私欲,自立自存,自立自存,人山人海,新郎新婦,寸土寸金,誠歓誠喜,誠惶誠恐,誠心誠意,整理整頓,整理整頓,積衰積弱,絶対絶命,絶体絶命,善因善果,全心全力,全身全霊,全知全能,善男善女,粗衣粗食,相思相愛,相思相愛,相談相手,即断即決,粗雑粗笨,粗酒粗肴,粗酒粗餐,即決即断,大慈大悲,大人大耳,多感多情,多岐多端,多技多能,濯纓濯足,多事多患,多事多患,多事多端,多事多難,多事多難,多種多様,多情多感,多情多恨,治山治水,中肉中背,直言直筆,九十九髪,九十九折,九十九折,適材適所,適材適所,徹骨徹髄,徹上徹下,徹頭徹尾,手練手管,手練手管,天上天下,同軌同文,同種同文,童男童女,同文同軌,同文同種,同文同種,同袍同沢,党利党略,時世時節,独立独往,独立独行,独立独歩,難解難入,難透難徹,年百年中,吠影吠声,馬車馬的,八元八,破筆破墨,派利派略,半覚半醒,半官半民,半死半生,半死半生,半信半疑,半神半象,半睡半醒,半生半熟,半醒半睡,匹夫匹婦,百依百順,百戦百勝,百人百様,百挙百全,百発百中,不朽不滅,不屈不攘,不時不食,不将不迎,不承不承,不生不滅,不即不離,不撓不屈,不同不二,不偏不党,不眠不休,不眠不休,不要不急,不離不即,不老不死,暴飲暴食,本家本元,未練未酌,無位無冠,無為無策,無為無能,無始無終,無私無偏,無想無念,無知無学,無知無能,無二無三,無念無想,無辺無礙,無辺無際,無偏無党,無味無臭,無理無体,無理無法,乱筆乱文,乱飛乱外,良知良能,旅進旅退,令聞令望,連戦連勝,連戦連勝,六十六部,百戦百勝,百人百様,百挙百全,百発百中,不朽不滅,不屈不攘,不時不食,不将不迎,不承不承,不生不滅,不即不離,不撓不屈,不同不二,不偏不党,不眠不休,不眠不休,不要不急,不離不即,不老不死,暴飲暴食,本家本元,未練未酌,無位無冠,無為無策,無為無能,無始無終,無私無偏,無想無念,無知無学,無知無能,無二無三,無念無想,無辺無礙,無辺無際,無偏無党,無味無臭,無理無体,無理無法,乱筆乱文,乱飛乱外,良知良能,旅進旅退,令聞令望,連戦連勝,連戦連勝,六十六部


クイズ用にと四文字熟語を集めた字典のようなものも発行されているとか....。

ナンクロをするためにと、クイズの本から抜き出したもの、熟語辞書類(図書館から借用) 等から引用したものなど、自分で集めた四文字熟語が現在5900語弱りあります。

この中から 「1番目と3番目に同じ漢字使った漢字」 をリストアップすると、367語ありました。 コンマ区切り形式で列挙します。


悪衣悪食,悪因悪果,易往易行,異端異説,一印一明,一飲一啄,一栄一辱,一栄一落,一往一来,一丘一壑,一薫一蕕,一芸一能,一言一句,一言一行,一期一会,一五一十,一伍一什,一闔一闢,一合一離,一治一乱,一字一句,...続きを読む

Q同じ言葉の繰り返し(ことば遊びです)

昔英語の授業で習ったのですが、
canやthatは、やたらと繰り返す文章が作れます。
A man who can can a can can can the can.
「缶の缶詰を作ることのできる人は、この缶も缶詰にできる。」
I know that that that that that student used in the sentence is wrong.
(3番目のthatは"that"とすべきかも)「あの生徒が使ったあのthatの用法が間違っていることを知っている。」

これ以上に同じ単語を繰り返し使うことのできる単文はできるのでしょうか?考えてみましたがなかなか思いつきません。
また他の単語ではどうでしょう?
bearはいい線いけるのですが、綴りが一致しないので・・・
I cannot bear to see a bare bear.「裸の熊は見るに耐えない。」

Aベストアンサー

中学時代に、英語の先生が言っていた文章です。
一度だけ、授業への導入で駄洒落として使ったものなので、実際に英語圏で仕入れたものなのか、先生オリジナルのものなのかは定かでありませんが。

Can can can can.
「キャンは缶を開けることが出来る。」

語の使用回数は少ないですが、純粋にcanだけで構成できます(笑)
キャンという人物名が実在するかは甚だ怪しいのですが…。

Qフランス語で素敵なお店の名前

もうすぐネイルサロンを開きます。
自宅の一角ではじめる小さなお店なので、決して豪華なお店ではありませんが、
来られたお客様がほっこりして、落ち着いて、
施術を受けられるようなお店を目指しております。
そして、一人ひとりのお客様を大切にし、
小さな贅沢をして帰って頂こうと、考えております。
やわらかい雰囲気の響きがするフランス語で、
覚えやすい名前を考えているのですが、
既にサロンやお店に多数使われていて、私では考えつきません。
どうか、お力を貸して頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

lalaneco さん こんにちは

お待ち頂き有難うございます

ネイルアートが、施された
指先の所作から、連想する
花々を、基に造語の店名を


● Rolise(ロリィーズ)

薔薇(rose、ローズ)の赤と
百合(lis、リス)の白の対比
作りは、ro-lis-eと挟み込み
(二つのsを一つにしてあります)

● Rolisse(ロリィース)

こちらは、ズの濁音をスの変換です
sを残して二つにしてスの音を残す
そうしますと、そこに新たに
形容詞lisse(滑らか)が生まれる

● Lililas(リリラース)

百合の中にlilas(リラ、ライラック)を
挿入(li-lila-s)で、最後のsは百合と
ライラックのでもあり、共通です
通常無音の語尾のsを、ここで百合(リス)
のsと見なして、発音してあります

指先のブーケ、その
所作が芳香りを作る。。。

Q同一単語が多数回続く文章

中学生の頃確か「これが世界一」という本で読んだと思うのですが、「英語で同一単語が多数回続く文章の世界一」というのがありました。
例えば
I had had the question for long.
だとhadが2連続ですよね。
何とhad14連続(記憶が曖昧です)という文章が載ってたんです。
あと別の文章でthatが7、8回連続というのもあったような気がします。
どなたか知ってたら教えてください。またこれ以外でも同一単語が多数回続く文章をご存知なら教えてください。

Aベストアンサー

あ,そうそう,一つ言い忘れましたが,この手の文章を作るときは,「単に単語を羅列しただけの無意味な文字列」は使ってはいけないというのが,暗黙の了解になっているように思われます。
thatでいえば,「あの」「あれ」という意味があるか,あるいは'thatという単語'のような,他の箇所で使っている単語の引用か,どちらかですね。
hadですと,動詞または助動詞haveの過去形・過去分詞形か,引用か。

だからこそ,最初に紹介した文章も
John, while Mary had had "had", had had "had had" ...
のように,二人の答案は"had"と"had had"しか書いていないわけです。
もしこれが,何でも有りというのなら,たとえば先生が何かの罰として「ノートに単語をたくさん書きなさい」と二人に居残りを命じた場面を考えて,
John, while Mary had had "had had had had had ...(100個ぐらい続く)", had had "had had ... (こちらは200個ぐらい続く)"
なんてことも可能で,いくらでも増やせてしまいますからね。

ちなみに,No.4の文でMaryさんをHad君に変えると38個になりますね。

あ,そうそう,一つ言い忘れましたが,この手の文章を作るときは,「単に単語を羅列しただけの無意味な文字列」は使ってはいけないというのが,暗黙の了解になっているように思われます。
thatでいえば,「あの」「あれ」という意味があるか,あるいは'thatという単語'のような,他の箇所で使っている単語の引用か,どちらかですね。
hadですと,動詞または助動詞haveの過去形・過去分詞形か,引用か。

だからこそ,最初に紹介した文章も
John, while Mary had had "had", had had "had had" ...
のように...続きを読む

Qかわいい響きのフランス語

現在、自宅の一室を利用してネイルサロンを開業する準備をしています。
お店の名前をずーーーっと考えていて、フランス語などでかわいい響きの言葉がいいな、という希望はあるものの、私の知識では煮詰まりません。
まずはお店の名前を使ってブログの開設をしたいのですが、停滞状態で困っています。

お店のコンセプトは、隠れ家的なお部屋で普段の生活に映えるような飾り過ぎないネイルをご提案していきたいな、と思っております。

店名のイメージとしては、安っぽくなく、ふんわりとした感じがいいのですが・・・
あと、すぐに覚えていただけるように短い言葉(1~2単語程度)がいいな、と思っております。

知っている単語をならべてみたり、辞書で調べてみるものの、いまひとつピンときません。

どうか、お力添えしていただけないでしょうか。。。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。No.4、8です。メールを見るのが遅れ、お返事が遅くなり申訳ありません。

<(2)チャラチャラした感じではなく、日常生活の一部分としてネイルを考え、派手すぎない大人の可愛さを出すようなアートを提案したいと思っています。L'Allureはとても気に入っているのですが、その点では少し、イメージと外れてしまうのかな・・・?と。。。>

そうですね、L’Allureは「気品」と言う感じで少し冷たい感じがしますね。ちなみに、世田谷で「お花とマナーサロンを開いている友人」が、この言葉を提示したところ気に入ってサロンに使っているのです(Allure一語だけではなく一部に取り入れています)。

雰囲気からですと、「明るく、柔かな、落ち着いた」という感じでしょうか、、、

Au Soleil(オ・ソレイユ)「太陽に向かって」
Le Coin Ensoleile(ル・コワン・アンソレイエ)「日だまり」
Le Jardin Secret(ル・ジャルダン・セクレ)「秘密の園」
Le Jardin Ensoleile(ル・ジャルダン・アンソレイエ)「日だまりの庭」
Le Jardin Du Reve(ル・ジャルダン・デュ・レーヴ)「夢の庭」
Le Tournesol(ル・トゥルヌソル)「ひまわり」
Le Relais Du Soleil(ル・ルレ・デュ・ソレイユ)「太陽の小宿」
Le Sourire(ル・スリーr)「微笑み」
l’Aube(ローブ)「夜明け」
Le Point Du Jour(ル・ポワン・デュ・ジューr)「同上」
Le Petit Jour(ル・プティ・ジューr)「同上」
La Reve Des Papillons(ラ・レーヴ・デ・パピヨン)「蝶の夢」
La Reve Ravissant(ラ・レーヴ・ラヴィッサン)「魅惑的な夢」
La Reve Illusoire(ラ・レーヴ・イリュゾワーr)「幻惑的な夢」
La Belle Du Jour(ラ・ベル・デュ・ジューr)「昼顔」
Bonne Journee(ボンヌ・ジュルネ)「よい一日を」
Bonne Chance(ボンヌ・シャンス)「幸運を」
Les Amoureuses(レザムルーズ)「恋人達」
La Douceur(ラ・ドゥサー)「やさしさ」
Doucement(ドゥースモン)「やさしく」

などなど、イメージから想像すればきりがありません。
少しでもご参考になれば幸いです。

こんにちは。No.4、8です。メールを見るのが遅れ、お返事が遅くなり申訳ありません。

<(2)チャラチャラした感じではなく、日常生活の一部分としてネイルを考え、派手すぎない大人の可愛さを出すようなアートを提案したいと思っています。L'Allureはとても気に入っているのですが、その点では少し、イメージと外れてしまうのかな・・・?と。。。>

そうですね、L’Allureは「気品」と言う感じで少し冷たい感じがしますね。ちなみに、世田谷で「お花とマナーサロンを開いている友人」が、この言葉を提示した...続きを読む

Qかわいくて覚えやすいお店の名前

粘土をつかって本物のスイーツみたいな雑貨を作っています。
覚えやすくてかわいいお店の名前でオススメがあったら教えて下さい!

Aベストアンサー

fa-ke(フェーキ)

・「fake」と「cake」の合わせ言葉

はいかがでしょうか?

フェイクスイーツを作られているんですよね?

それと近い名前だといいのかなぁと思いました。

思いつきなので、ご参考まで。

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Qフランス語でオシャレな店名をつけたいんです…

エステ系の小さい店を開きます。
店名をフランス語でつけたいと思っていますが、全く知識がないので考えても考えつきません。
…自分ではciel chic beaute とか(悲)
思いついた方、考えて下さい!(意味も教えて下さい)
小さい店、なので大げさではなく、深い意味もなくて結構です。
響きが良ければOKです。

Aベストアンサー

Embellir(アンベリール)
美しくするという意味の動詞です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング