いわゆるIT業界で働いています。
今までたくさんの方と名刺交換をしましたが、コンサル系の方以外で名刺に資格を書いている人をほとんどみたことありません。

難関資格はとっている方は多いとは思うのですが、それを名刺に載せる人は意外とあまりいません。
「知る者は言わず、言う者は知らず」という考えでしょうか?

難関資格をお持ちの方(高度情報処理、オラクル、シスコ、LPICなど)で名刺に載せない理由があればご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

上シス+1種ですが、1種だけを書いています。



理由。
私の本業は情報ではないので、1種、2種は、大抵が知っているがそれ以外は期待できないため。
本業のほうは、名刺に書いています。資格無いと業務に差しさわりがあるから。

※昔の上シスとシスアナが、現行のITストラテジらしいのですが、個人的には、上シスとシスアナは発想が全然違うように見え、シスアナはまるで解けず、上シスは結構どうとでもなるという意識であり、結果は見事にそうなったわけで.....
 仮にIT業界に転職したとして、それじゃあまずいだろ、と、やっぱり書かないと思います。


 
    • good
    • 4

 元々ベンダ側で働いており、今はユーザ側で働いております。


 変なもので、ユーザ側にいる今の方が、多数の同業者とお会いする機会があります。ベンダ側にいる10倍近くの名刺を数年で交換させて頂いてます。
 ベンダ側に居たと言ってもメーカの下請けでしたが、当然コンサルではありませんが、みなさん資格の記載はありましたけど。勿論あたなが記載された分野です。
 お会いされている方が、幾分立場が低い方や営業さんがプロマネもどき兼任のプロジェクトばかりではないですか?。
 
 確かに企業対企業の取引なので、個人の資格だけで決めるという事は少ないかもしれません。
 資格があれば経験豊富か?というとそうでもありませんし、高度な資格を幾つも持っているのは、大元請けの一部の勉強できる時間があった人だけと個人的には感じてますので。業界構造が下に丸投げですから、元請けにいるほど個人の時間は取れますし、会社も勉強の時間を用意してますからね。
 開発職でも営業職と同行する人となると資格を記載されている方は、私の周りでは多いです。個人のアピールにもなりますから。敢えて記載してない方で、面倒だからというエンジニアもおりました。
 
    • good
    • 3

元SEです。


名刺は会社支給でしたから、会社で名刺に載せてもよい資格が決められていました。
高度情報処理なども載せてもよかったのですが、私は載せてませんでした。
IT業界のなかでは知られている資格でも、一般社会ではほとんど認知されていませんから、ビジネスで資格があることで有利になることもなかったですね。
    • good
    • 2

 JITECの情報処理技術者試験は、公的な資格ですが、「資格」というよりは「技量認定」に近く、「その資格を持つと特定の職種に従事できる」「その資格がないと○○の業務に就けない」という必須のものではないので、名刺に載せるほどのものではない、ということなのだと思います。


 業界の中で、「だから何?」「持っているからといって能力があるとは限らない」としか見られていない、という面もあるのでしょう。「プロジェクトマネージャ」の資格を持っていても、実プロジェクトの経験が少なければまっとうなプロマネが勤まるとは限りませんので。
 逆に、「資格」を前面に出すと、「能力がないのを、資格でごまかそうとしていないか?」と疑われることにもなりかねません。

 さらにベンダー系の資格は、公的な資格ではなく、狭い特化した分野での「技量認定」ですので、情報処理技術者試験よりも載せにくいのでしょう。

 でも、個人で独立して、自分に何とか「箔を付けたい」と思えば、書いても悪いことはないと思います。
    • good
    • 0

基本的に名刺は会社からの支給品の場合がほとんどでしょう。

ですから、フォーマットがほぼ決まって
いて、そういうものを載せる余地が無いのかもしれませんね。それに基本的に会社名や肩書がサラリー
マンの場合、一番重要ですので・・・変に資格や個人情報をやたらに載せられると、トラブルの元と考
えることもあり禁じられている場合もあり得ますし。逆に士業やコンサルの方は個人ですのでフォーマ
ットに制約は無いでしょうし、資格などアピール材料で他との差別化や営業ネタ作りを図るツールとし
て活用することも多いのでしょうね・・・
ちなみに私は銀行員ですがウチの場合、宅建とFP技能士は希望に応じて載せることができます・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/03/11 23:11

法人対法人での取引になりますから、個人の資格の有無より、能力があるかの有無が重要ですね。


資格があっても、実務が出来ない人もいるから名刺に記載してもあまり関係ないとおもいます。
あくまでもその会社の能力で判断しすかから、資格があるから仕事が取れる訳ではないです。

ただ、個人の相手のハウスメーカー、銀行員などは、建築士やファイナンシャルプランナーなど名刺に記載があると信用につながるから記載される場合が多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>個人の資格の有無より、能力があるかの有無が重要ですね。
初めて会う人には端的にその能力を見せることができるので、名刺に書いとけばいいのにと思うことがよくあります。
私自身IT業界で働いているのよく分かりますが、別に資格を鵜呑みにはしませんが、書いててもメリットはあってもデメリットはないのにと思います。

かくいう私は何となく自慢しているみたいで、「その程度の資格ごときで」と思われるのが嫌で載せていません。

お礼日時:2013/03/11 23:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q情報処理技術者資格を名刺に書く場合

情報処理技術者試験のプロジェクトマネージャの
場合、名刺にはどのように書くのがいいでしょうか?
名刺に取得資格を載せることの是非は別にして、
名刺のデザインにもよりますが、どういうふうに
書けば適当か、経験者の方、お教えください。

以前なら、”特殊情報処理技術者”などと比較的
短かったのでよかったのですが、例えば”プロジェ
クトマネージャ”などと書くと、会社の肩書きみたい
に見えますし、フルで資格名称を書くと長すぎる
ような気もしますし...

また、プロジェクトマネージャ資格のフルの資格
名称というのは、「情報処理技術者 プロジェクト
マネージャ」でいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

名刺に記載するとしたら

「情報処理技術者(プロジェクトマネージャ)」--だと思います。
カッコ内を「PM」と省略する手もないわけではないですが、分かりにくいですしね。

Q名刺に掲載できる資格って

ビジネスで使用する名刺に掲載できる資格と、できない資格、キャリアがあると聞きました。こんなルールあるんでしょうか?
私は金融機関勤務で、公的資格のほか、公的ではありませんが金融業界特有の資格(コンプライアンスオフィサーや個人情報保護オフィサー各1級)を有しています。対外的に信用をあるためにこれらを掲載してみたいのですが、一般的には公的資格しか掲載できないと聞いたことがあります。
法律などはないでしょうが、お詳しい方ご教授ください。

Aベストアンサー

私は金融機関勤務者ですが、二級ファイナンシャル・プランニング技能
士(きんざいのHPに正式な名称での名刺への載せ方が書いてあります)
と宅建(県へ登録し、免許証も個人で取得しています)の2つを載せて
います。コンプライアンスオフィサーや個人情報オフィサーも持っては
いますが、個人情報保護は金融マンなら当たり前の事なので、1級だと
しても、載せる方は皆無だと思います。

QCISA(公認システム監査人)とシステム監査技術者はどちらから取得したほうがいいですか

CISA(公認システム監査人)とシステム監査技術者
どちらも技術者側ではなく、ユーザー側、経営者側であるとか、システム監査技術者は国家資格だが、CISAは監査協会?の資格で合格後も資格維持の勉強が大変だとか概要は調べました。

 当方のレベルは・・・
・もともと事務仕事をしていて、システム監査もやらなければならなくなりました。
・IT会社ではなく、ユーザー会社側でIT会社を起用する方の立場です。
・システムの知識はなく、プログラムや言語はまったくわかりません。オラクルって何?という程度です。エクセルマクロもできません。
・2か月猛勉強してなんとか初級シスアドは取ったので、エクセルでちょっと複雑な関数(VLOOKUPとか演算に$使うとか)や正規化とかアクセスでキーによる結合はできます。

取得にあたってのアドバイスください。たとえば
・どちらも難関の部類のようですが、どちらから先に目指したほうがいいでしょうか。それとも、名称は似て中身は異なるものですか。
・どちらかを取得しているともう一方の一部試験免除あるのでしょうか。
・公認会計士はCISAも合わせてとることがおおいと聞きました。CISAのほうが技術的要素が少ない?(より事務的?)
・合格が難しいのはどっちですか(実務経験何年とかはのぞいて単に試験だけ)

CISA(公認システム監査人)とシステム監査技術者
どちらも技術者側ではなく、ユーザー側、経営者側であるとか、システム監査技術者は国家資格だが、CISAは監査協会?の資格で合格後も資格維持の勉強が大変だとか概要は調べました。

 当方のレベルは・・・
・もともと事務仕事をしていて、システム監査もやらなければならなくなりました。
・IT会社ではなく、ユーザー会社側でIT会社を起用する方の立場です。
・システムの知識はなく、プログラムや言語はまったくわかりません。オラクルって何?という程...続きを読む

Aベストアンサー

いづれも実務経験がないと現在は合格は到底難しいと思われます。
情報処理技術者の場合、午前I、午前II、午後I、午後IIと順に足切りと云って、上位何パーセントのみ次のステップの採点をすると云う採点法を取っているので、午前に合格せないと、午後迄の採点すらして貰えません。午前Iについては他の高度に合格すると免除されるなどの制度があります。
詳しくは:
http://www.jitec.jp/

尚、他にCSAと云う資格があります。
http://www.saaj.or.jp/csa/seido.html
これはURL先にもあるように情報処理試験の合格者がターゲットとなっています。
システム監査人協会は現在は試験合格者以外の入会を受付けておりますので、このやうの団体に相談するのも一つの方法でしょう。
http://www.saaj.or.jp/

又、二つの資格は名称が似ている上に業務対象もおなぢなのですが、資格の中身は可也違うものです。又来歴や実施団体も関係がありません。従って試験免除などはあり得ません。
CISAは国際的団体の日本の支部が日本語で実施しているものです。これは資格維持が相当大変です。
http://www.isaca.gr.jp/homepage_j.htm

以上御参考にならば幸甚です。

いづれも実務経験がないと現在は合格は到底難しいと思われます。
情報処理技術者の場合、午前I、午前II、午後I、午後IIと順に足切りと云って、上位何パーセントのみ次のステップの採点をすると云う採点法を取っているので、午前に合格せないと、午後迄の採点すらして貰えません。午前Iについては他の高度に合格すると免除されるなどの制度があります。
詳しくは:
http://www.jitec.jp/

尚、他にCSAと云う資格があります。
http://www.saaj.or.jp/csa/seido.html
これはURL先にもあるように情報処理...続きを読む

QITパスポート試験合格者の呼称について

ITパスポート試験の合格者は、
就職用の履歴書に、
どの様に書けばよいでしょうか?

・ITパスポータ?
・ITパスポーテスト?
・ITパスポート者?
・ITパスポート士?

IPAのHPも見ましたが、
よく分かりません。

経験者の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

>国家資格であるので・・・

下記URLの「3 有資格者に対する呼称」「2.2.3 名称独占資格」を参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/資格

国家資格ならばすべて有資格者に対する呼称があるのではなく,名称独占資格だからその呼称が定められているのでしょう。情報処理技術者試験は認定試験であり,業務独占資格や名称独占資格ではありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/情報処理技術者試験

>例)私は、基本情報技術者の、●●です、

私は20年以上,情報処理業界に身を置いていますけれど,自分の肩書きを「基本情報技術者です」と言っている例はまったく思い出せません。「基本情報技術者試験に合格しています」「基本情報を持っています」と言う例にしか出会ったことがないかもしれません。

>相手に分かるでしょうか?

ITパスポート試験が認知度を高めれば,相手にも分かるでしょう。
日商簿記検定は有資格者に対する呼称はありませんが,認知度は高いと思います。

>ITパスポーターとか、ITパスポーティシャン、ITパスポーティストと、
>言った方が、聞こえがよいと思いますが、

私は気になりませんが,そうお望みならその旨,国に要望を出してみてはいかがですか。呼称が与えられるかもしれません。

>国家資格であるので・・・

下記URLの「3 有資格者に対する呼称」「2.2.3 名称独占資格」を参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/資格

国家資格ならばすべて有資格者に対する呼称があるのではなく,名称独占資格だからその呼称が定められているのでしょう。情報処理技術者試験は認定試験であり,業務独占資格や名称独占資格ではありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/情報処理技術者試験

>例)私は、基本情報技術者の、●●です、

私は20年以上,情報処理業界に身を置いていますけれど,自分の肩...続きを読む

Q会社の名刺に資格、スキルを記載すること

会社支給の名刺が少なくなってきたので、追加発注を依頼しようと思いました。
その際、入社後、IT関連の資格を取得したので、新しい名刺に一行記載して
欲しいと総務部へ依頼すると、当社ではそういうことはしていない、個人の資格
については、会社が取得を求めたのでない限り、個人的なもので記載出来ない、
と言われました。

当方としては外部業者と商談する際、資格やスキルを示す記載があったほうが
何かとやりやすいのでは、と思っただけに、今回の会社の反応に逆にビックリ
しました。名刺作成の際、規定のフォーマットで文字数が多くなると、制作の
割増料金があるので、費用面で難色を示しているなら、自己負担してもよい旨を
伝えましたが、それでも拒絶されました。

そんなことくらいと思うのですが、中小ではこういう会社も現実に存在します。
単に個人的感情からキャリアを否定したいだけのように思えてなりませんが、
こういう会社の風土では、今後スキルアップしようというモチベーションがなかなか
湧いてきません。
たかが名刺ですが、自分のキャリアを示す大事なビジネスツールだと思うのです。
皆さんはどう思われますか?

会社支給の名刺が少なくなってきたので、追加発注を依頼しようと思いました。
その際、入社後、IT関連の資格を取得したので、新しい名刺に一行記載して
欲しいと総務部へ依頼すると、当社ではそういうことはしていない、個人の資格
については、会社が取得を求めたのでない限り、個人的なもので記載出来ない、
と言われました。

当方としては外部業者と商談する際、資格やスキルを示す記載があったほうが
何かとやりやすいのでは、と思っただけに、今回の会社の反応に逆にビックリ
しました。名刺作成の際、規定...続きを読む

Aベストアンサー

おかしな会社ですね.
そういうラベルは,社員のやる気を喚起するのに.

私,たんなる事務職員(正社員)ですが,とある国家資格(合格率が10%未満)を取ったとき,名刺に載せていいか聞いたら,二つ返事で「いいよ」って言われました.
でも,名刺交換する機会が,少ないのが,悩みです・・・.

上司に付いて,出張に行ったとき,とある電子機器メーカー(誰もが知っている,一般人向け製品を開発・設計・製造・販売している,東証一部上場)の,本社総務課長さんと,名刺交換したときは,いろいろな資格(なぜか第二種電気主任技術者などという,明らかに現業と無関係な資格)が,書いてありました.
それで,その資格について,聞いてみると,喜んで,話してくれました
結果,その人に対する印象が,変わりました.(当然,良い方に)
それに,私の名刺に書いてあった資格を見てそれを褒めてくださいました.(全然,格上の方から,褒められると,嬉しいよね)
それは,私の上司に対しても,「勉強家の部下がいる」という,好印象につながったと,上司が教えてくれました.

名刺に書いてある情報は,会話を広げる,一つのツールだと,思います.
「そんなの,なくて,営業できないなら,才能がない」と,言う向きも,あるでしょうが,ツールは,多いほど有利であることは,明らかです.
営業の才能のある方に,さらに,ツールが,プラスされることは,良いことです.
そういった(資格などを名刺に書くことなど)ことが,他の仲間のやる気に,つながれば,尚,良いと思います.

おかしな会社ですね.
そういうラベルは,社員のやる気を喚起するのに.

私,たんなる事務職員(正社員)ですが,とある国家資格(合格率が10%未満)を取ったとき,名刺に載せていいか聞いたら,二つ返事で「いいよ」って言われました.
でも,名刺交換する機会が,少ないのが,悩みです・・・.

上司に付いて,出張に行ったとき,とある電子機器メーカー(誰もが知っている,一般人向け製品を開発・設計・製造・販売している,東証一部上場)の,本社総務課長さんと,名刺交換したときは,いろいろな資格(...続きを読む

Q「情報処理技術者試験なんて無駄」

私は高校からITの専門学校に入って、ソフト開発会社に就職しました。
現在、2年目です。

自身の知識の無さに危機感を覚え、基本情報技術者試験を勉強し合格しました。
周りからは「そんな資格は持っていない」「必要ない」と言われ、
上司からも「そんなの取る暇があったら会社のためになることをしろ」と言われました。

就職した会社は、人を他の会社に送り込む(派遣とか常駐)ことで稼いでおり、この会社での将来に不安を覚えています。
極一部の先輩からは取得すべきだと言われましたが、部長からは「業務の役に立たない」と言われました。

現在、応用情報技術者試験も勉強しているのですが、この資格は無意味なんでしょうか?
国家資格なのに・・・。

IT業界の方は情報処理技術者試験をどのように思われているのでしょうか?
教えて頂けたらうれしいです。

Aベストアンサー

取得したのが少々昔の話になるので基本・応用でなく二種・一種・アプリケーションエンジニアとかの今は無きカテゴリの資格持ちの人間ですが…。

基本情報処理(旧二種)が無意味かと言われたら「全くの無意味ではないけど大した意味はない」というとこでしょうか。
「資格」としてはほとんど意味ないですね。
あれは持ってて当たり前程度のレベルの試験なので、持ってたからって全く何の自慢にもならないです。
その資格を持ってたからといって何かが有利になったりお金がもらえたりすることも(バブル時代ならともかく今は)まず無いでしょう。

ただ、より上位の資格を目指すなら持ってないと話にならないので、所有にも意味はあるでしょう。
実務レベルで評価されるのはスキルレベル4(高度情報処理技術者)と呼ばれるプロジェクトマネージャやスペシャリスト系の資格以上からです。
そこまで頑張って取得できれば、評価してくれる会社は多いですし、転職でも有利になることが多いと思います。

正直、応用情報処理以下は、新卒で持ってたら評価してもいいけど中途採用では大して意味はないかな…。
(会社によっては「(履歴書によると)就業中に取得してる」=「妥協せず努力できる人なのだ」と性格的評価はしてくれるかもしれないけど、それ以上のものではないと思う)


あと、資格のレベル自体は大したことなくても、資格試験を受けるために勉強することには大きな意味がありますよ。
基本情報処理はレベル自体は決して高くは無いですが、出題範囲はそれなりに広いので幅広い知識と理解が必要とされます。
それは、(今やってる業務には直接役には立たなくても)今後やっていく新しい業務や他の人の業務に対する理解につながります。
広い視点でモノを見れる人、多ジャンルの知識があり応用力のある人、というのはプロジェクトリーダーやマネージャーといった上位職に付いたときに役立つものです。
目先の業務だけでなく今後も見据えて、そういった勉強を重ねておくというのは悪いことではありません。
基本情報処理なんて持ってて当たり前と言っても、大半の人は「自分の業務範囲ではそのレベルは当然知ってるけど他のことは一切知らない」ものだったりしますから。
(もっとも、いっとき勉強したけど数年後には全部忘れてしまった、という程度の理解では意味ないですが)

まぁ、派遣・常駐がメインの会社では、幅広く最低限のことだけできる人より一極集中のスペシャリストの方が使いでがありそうではありますけどね。
転職でも地味にスペシャリストの方が有利だったりするし…。

けど、よほど道を極めた人でもなければ派遣・常駐に特化したスキルなんて将来に続かないですし、転職でも就業後には広い見識の持ち主の方が結局は有利になると思うので、広い知識・理解を持つことが無駄だとは決して思わないです。
強いて言えば、そういった幅広い知識を、資格試験だけでなく実務経験として得ることができればなおいいだろう、と思うくらいです。

取得したのが少々昔の話になるので基本・応用でなく二種・一種・アプリケーションエンジニアとかの今は無きカテゴリの資格持ちの人間ですが…。

基本情報処理(旧二種)が無意味かと言われたら「全くの無意味ではないけど大した意味はない」というとこでしょうか。
「資格」としてはほとんど意味ないですね。
あれは持ってて当たり前程度のレベルの試験なので、持ってたからって全く何の自慢にもならないです。
その資格を持ってたからといって何かが有利になったりお金がもらえたりすることも(バブル時代ならともか...続きを読む

Q情報工学部門の「技術士」の資格に価値はあるか?

こんにちは.

来年,技術士1次試験の情報工学部門を受験したいと
思っておりますが,情報工学部門における「技術士」
の資格は,どれほどの価値があるのでしょうか?

情報産業は移り変わりが激しいため,10年以上も
昔に技術士を取得した人よりも,2,3年以内に高度情報
処理技術者試験を合格した人の方が,評価されるような
気がしてなりません.

極端な話,「情報産業に資格試験なんてナンセンス」
という考え方もあるかもしれません.(事実,私の友
人はそういう考え方をしています).

多少資格手当てがつく,といった程度のメリットはある
かもしれませんが,資格の有無(特に技術士)が実際に
仕事を行う上で大きな違いとして出てくる場面は,ある
のでしょうか?

Aベストアンサー

補足です。
技術士や診断士の場合は仕事の性格上、相手は経営層の方々になります。また提供する指導サービス内容は将来への布石という性格上、メリットが判りにくいことがあります。従ってメリットを理解してくれる経営者がいなければ仕事がありません。
税理士や社労士の業務は必要な事柄ですから企業にとってはコストであり価値を生み出すものではありません。出来ればやりたくないが仕方なくやらなければならないため、ニーズは逆に高いです。

好き嫌いはともかく、社労士や税理士には実務経験が不要で、技術士や診断士を取得するのに要するマンパワー(勉強期間)に比べずっと少ないです。

独立開業を考えた場合、社労士や税理士のほうが社会的なニーズも高く、成功例も多く報酬も良いようです。ただし比較的容易に資格が取れる分、企業内での評価は高くありません。

情報産業なら腕一本でゴリゴリプログラムを書き上げることが出来る人や独創的コンテンツを作れる人は資格無しでいけるでしょうが、そうでないなら何らかの能力の証明(常に自己開発を続ける姿勢)が要ると思います。

相手が技術士制度を理解している場合、名刺に技術士と書いていると絶大な評価がありますし、通常の会社生活では面会できないような方(産学官)までお付き合いいただけるようになります。

補足です。
技術士や診断士の場合は仕事の性格上、相手は経営層の方々になります。また提供する指導サービス内容は将来への布石という性格上、メリットが判りにくいことがあります。従ってメリットを理解してくれる経営者がいなければ仕事がありません。
税理士や社労士の業務は必要な事柄ですから企業にとってはコストであり価値を生み出すものではありません。出来ればやりたくないが仕方なくやらなければならないため、ニーズは逆に高いです。

好き嫌いはともかく、社労士や税理士には実務経験が不要で、...続きを読む

Q秋季の情報処理試験、何を受けたらいいでしょうか

文系学部出身の、若手SEです。
春季の情報処理試験で、応用情報にやっと受かりました。
これから2年間、高度情報処理試験の午前試験が一部免除になるので、
早めに対策をして、合格をしたいと思っています。

実務はかなり特殊なことをしており、COBOLで金融システムを構築しています。
COBOLということもあり、転職は、考えておりません。

(前提)
・私の会社では、情報処理技術者試験を一番重く見ています。
高度情報に一つは受かっていないと、主任級になれない決まりがあります。
・私の職場では、DBは一切触りません。DB専門のチームの方がすべて作られ、それを簡単なツールで触る程度です。
・COBOLということもあり、情報処理試験以外に取れそうな資格がありません。
・去年、簿記2級を取得しました。
・応用情報では、ストラテジ、マネジメント系を選択しました。どちらも点数に偏りはありませんでした。

秋の試験は
1.ITストラテジスト試験 (ST)
2.システムアーキテクト試験 (SA)
3.ネットワークスペシャリスト試験 (NW)
4.情報セキュリティスペシャリスト試験 (SC)
5.ITサービスマネージャ試験 (SM)

ですが、実務経験的にも、1は絶対に太刀打ちできないと思います。
2,5も難易度が高く、論文もあるのでちょっとしんどいかもしれません。
となると、残るはネットワークかセキュリティなのですが、どちらも自分のスキルに全くひもづかない気がして・・・。
何を受けようか、真剣に悩んでいます。もう、次の試験まで2か月しかないし、早く参考書を買って勉強したいのですが・・・
「試験を受けるのではなく、新聞を読んだりしたほうがいいよ」といった感じのご意見も、もっともだと思います。自分も本当は、もっと汎用的な知識を身に付けたいのですが、会社の方針にある程度従うことも、大切かと思っています。

よろしければ、一緒に次の試験、何を受けるか相談に乗ってもらえないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

文系学部出身の、若手SEです。
春季の情報処理試験で、応用情報にやっと受かりました。
これから2年間、高度情報処理試験の午前試験が一部免除になるので、
早めに対策をして、合格をしたいと思っています。

実務はかなり特殊なことをしており、COBOLで金融システムを構築しています。
COBOLということもあり、転職は、考えておりません。

(前提)
・私の会社では、情報処理技術者試験を一番重く見ています。
高度情報に一つは受かっていないと、主任級になれない決まりがあります。
・私の職場では、DBは一...続きを読む

Aベストアンサー

NWとSCを勉強したことがある・・・とは、どの程度かとのことですが、

NWなら、ネットワーク階層の概念(OSI基本参照モデルとTCP/IP)を、ひととおり何も見ずに説明できるレベルと言っておきます。
その上で、物理層からアプリケーション層まで、よく使われるプロトコルについては、基本的な仕組みを理解していること。

SCは、ネットワークやデータベースの知識を前提とした応用的な分野です。NWを勉強せずにSCだけを理解できることはありえないです。NWとSCのどちらを受けるかといえば、NWが先であろうと思います。

SAのUMLやオブジェクト指向は、業務分析の図で使われる程度なので、クラス図やシーケンス図の見方が分かるというレベルで十分です。SAはプログラマではないので、オブジェクト指向プログラミング自体について問われることはないです。

Q応用情報技術者試験に受かることのメリット

こんにちわ。

私は情報処理の専門学校に通ってる19歳の者です。

私はまだ応用はおろか、基本情報も取っていないのですが、今年4月の基本に受かれば次に応用情報技術者試験を受けるつもりです。

そこで質問なのですが、応用情報技術者を持つ事のメリットを教えてください。

例えば、IT企業では就職に有利とか、他の資格の一部の試験が免除とか。

なんでも良いのでお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

皆さんの回答が社会人からの的確な回答ばかりで、
19歳の若者が引いてしまうのも夢がないなと思い、
回答します。

私は情報処理試験の高度と一種(現在の応用情報)、
二種(現在の基本情報)に過去合格しています。

私は会社の就職活動の面接官を担当したことが
あり、そのため学生の履歴を多数見てきました。

他の方の回答にあったとおり、基本情報を学生時代に
合格した新人にはたまに会います。

ですが、学生時代に応用情報に合格した新人には
まだ会った事がありません。

それは応用情報は難しいからでしょう。

単に保持資格という点では、応用情報の資格は、
就職活動は有利にならないでしょう。

でもですね、、papapoponさんのそのやる気は
面接官には評価されます。

合格したらなおされですが、試験に合格しようと
勉強している姿勢は、企業が求めている、継続して
努力を続けられる、勤勉な人材に当てはまります。

私からの回答は、そのまま真剣に勉強して、合格してください。
就職活動の面接の時には、そのやるきを面接官に伝えてください。

きっと良い結果につながると思います。

参考までにアイテックの合格体験記に似たような学生の
体験記が載っていましたので、お伝えします。
http://www.itec.co.jp/recommend/comment.html
→ハンドルネームが「ミッションポッシブルさん」です。

試験と就職活動、がんばってください!

こんにちは。

皆さんの回答が社会人からの的確な回答ばかりで、
19歳の若者が引いてしまうのも夢がないなと思い、
回答します。

私は情報処理試験の高度と一種(現在の応用情報)、
二種(現在の基本情報)に過去合格しています。

私は会社の就職活動の面接官を担当したことが
あり、そのため学生の履歴を多数見てきました。

他の方の回答にあったとおり、基本情報を学生時代に
合格した新人にはたまに会います。

ですが、学生時代に応用情報に合格した新人には
まだ会った事がありません。

それは応用情報...続きを読む

Q技術士第一次試験を受ける人が少ないのはなぜ?

今度技術士第一次試験(化学部門)を受けようかどうか悩んでいます。それで、本で見ると、建設部門を除けば技術士第一次試験を受ける人がとても少ないです。たしかに技術士という資格自体、建設部門以外ではあまり意味がないと聞いたのですが、受ける人数が少ない理由はそこにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

土木型公共事業の技術管理者は技術士等が選任される必要があることと、入札時の企業の評価を技術士等の人数で評価する仕組みがあるため、技術士試験の建設関連部門(建設、農業土木、港湾、電気鉄道、環境、応用理学の測量など)では受験者も多く資格のメリットもあります。
それ以外の機械、電気、化学、建築等はそれぞれ専門の技術資格(特級ボイラーや電験、建築士など)がありそちらのほうが業務独占的な資格として活用されていることと、企業内にコア技術が隠されていることが多いのが理由と思います。
このためこれらの部門は独立自営を目指す純粋な技術コンサルを目指す方が取得するようです。

(元来の技術士試験の目的はそうでしたが、官庁が都合の良いように変質させてしまっています)

従来は1次試験がコンサルの見習い、2次試験が高度の専門技能を持った独立コンサルとしての適性を見るという位置づけでしたが、数年前の制度変更により、技術士自体が「30歳前後の中間技術者の持つべき最低資格」という位置づけに変わりました。したがって一次試験も大学エンジニアリング課程卒業者と同等というレベルに変わりました。
同時に、JABEEによる大学カリキュラムの認証がスタートし、JABEE認定コース卒業者であれば1次試験合格者と同等とみなされるようになりました。(現時点では卒業者はゼロです)
また欧米との技術者資格の相互認証という意味ではアメリカのPE、FEと同等レベルといえます。

したがって、今後は持っていて当たり前の資格になると思います。

従来の電気や化学部門は司法試験並みの合格率でしたので、大企業の技師長、研究所長でも容易に合格できませんでしたので、技術士という称号はかなり尊敬を受けてきました。
JICAや国、県などの企業支援アドバイザーなどの専門家派遣では診断士、技術士などが条件になっています。

現在は紙切れと自己満足にしかなりませんが、今後技術者の流動化が進めば「上級エンジニア」としての公認資格として有効と思います。

土木型公共事業の技術管理者は技術士等が選任される必要があることと、入札時の企業の評価を技術士等の人数で評価する仕組みがあるため、技術士試験の建設関連部門(建設、農業土木、港湾、電気鉄道、環境、応用理学の測量など)では受験者も多く資格のメリットもあります。
それ以外の機械、電気、化学、建築等はそれぞれ専門の技術資格(特級ボイラーや電験、建築士など)がありそちらのほうが業務独占的な資格として活用されていることと、企業内にコア技術が隠されていることが多いのが理由と思います。
こ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング