出産前後の痔にはご注意!

旧S大手都市銀行での住宅ローンです。
(1) 2003年9月に事情有って返済出来ず銀行が系列のS保証に代位弁済を受けた。
(2) 2003年9月に系列Fサービサーに回収を委託。
(3) Fサービサーと任意売却で返済に企てる事で実行。
(4) 500万で任意売却出来たが残債として未だ1500万債務として残る。
(5) サービサーは専門用語で損金処理すると云われた。
(6) 2013年の今日迄残債1500万に対して文書や口頭、TELでの催促一切無し。
(7) 9年と五ヶ月以上経過したこの住宅ローンの残債1500万は時効ですか御助言願います。

          追伸   ほんと今まで何らの催促も無いのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

不動産業者です。


>サービサーは専門用語で損金処理すると云われた
これは、サービサーの社内で質問者さんへの債権額をOにするということです。系列サービサーは2000万の債権を2000万で買うわけではありません。回収可能な金額に回収経費を加えて、利益分を控除して買取します。500万でしか売却できない物件でそれでサービサーがOKしたなら、それ以下で買っていたということです。
ですからもう1500万の債権は消滅したと思ってよいでしょう。もし残債がある場合は9年も経過する以前に、別のサービサーへ売却されます。ここは1500万を5万円という単位での買い取り金額になりますから、その場合、新たなサービサーから10万円で1500万円を帳消しにするので、支払ってください、というような文書が届いているはずです。
寝た子を起す必要はありませんので、そのまま放置していてください。
1500万はあくまで借りた契約金額上の残債です。保証会社からサービサーへ売却された時点で、その債務の金額は2000万からかなり小さくなっており、サービサーは仕入れした債権の額と回収できた金額に利益が出れば良く、全額回収できるなどとは思っていませんし、そのようなシステムでもありません。

消滅時効にかかっているいかどうかは、5年ですから何の音沙汰も無い状態なら、先方より今後何か請求があれば、それを主張できるでしょう。しかしサービサーはそれらが本業ですから、債権が消滅時効にかかるなどということは、あり得ません。このことからも質問者さんの債権の処理は終了しているものと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の丁重な回答に厚く御礼申し上げます。
取り交わした書類は余り覚えてませんが会話は記憶しております。
最後の廊下での別れの挨拶でサービサーの担当者の発した言葉が気に掛かっておりその内容は
「残った債権は何処かに売り裁いて何処かが取りに行くーーーー内が行くかも知れんよーーー悪い事は云わん直ぐに借地に住む住居の名義の変更を勧められた」。
貧すれば鈍する人間にサービサーって高慢なんだと感じたがこちらはまな板の上のドジョウですから何も返答出来ず後にした次第です。
重ね重ね有難う御座います。

お礼日時:2013/03/15 14:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q競売後の残債に対する差し押さえについて

住宅ローンが払えず、自宅が競売にかかることになってしまいました。
最低価額で、落札されてしまうと、残債が2000万以上になってしまいます。 残債については、もちろん、すこしずつでも、返していきたいと思っているのですが、たとえば、こちらから、金融機関に毎月返せる額の範囲内で、返すと言っても、それでは、果てしなく時間がかかってしまうような場合、預貯金の差し押さえなど、身ぐるみはがされてしまうのでしょうか? 預貯金はほとんどないのですが、満期まであと1年ほどのこども保険があり、それは、子供を大学にやるための唯一のまとまった資金なので、なんとか守りたいと思っているのですが、それも取り上げられてしまうのでしょうか? 保険や、預貯金の差し押さえなど、こちらの持っているものを、債権者はすべて把握して、差し押さえられるものなのでしょうか? ご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。
ご事情拝見させていただきました。

> 家の名義が2人で共有となっていたため、強制的に、連帯保証人とされていた
住宅ローンの場合、ローン対象物件である「家」やその家が建つ土地を担保として提供していただきます(抵当権を設定)。
ですから、その「家や土地」の共有持ち分を持つ人は、全て「担保提供者」となります。
多くの金融機関では「担保提供者」には連帯保証人になっていただいているんです。

金銭消費貸借契約時の書類に、署名、捺印をいただきますから、
> 私の中にその認識がなく
というのは、ちょっと「勉強不足」でしたね。
尤も、実際にはそういう方は少なくありませんので、私はご質問者さま1人を責める気にはなりません。
金融機関の担当者がきちんと、「担保提供者」や「連帯保証人」について説明していないというか、当人に認識してもらえていない…ということが問題だと思いますので。
かといって、金融機関の担当者だけを責める訳にもいかないんですよね。
「住宅ローンが借りられるならそれでOK」というお客さまが多く、金銭消費貸借契約時には、「書類を出してくれれば何でも署名・捺印しちゃうよ!どうせそれに署名・捺印しなきゃ貸してもらえないんだろ。さっさと出せ!」という状態でいらっしゃることが多いので…。
(逆に何らかのデメリットを示そうモノならば、「邪魔をする気か?」「縁起の悪い」というカンジで怒られかねません。)

> 銀行系のサービサーから、代位弁済したので、連帯保証人として、私への返済をせまられ、初めて、事の重大さに気が付いたのです。
債務者であるご主人に「その気(=返済する気)」が見られなかったのでしょうね。
ですから、保証会社をすっ飛ばして、さっさとサービサーに債権を売却されてしまったのでしょう。

> もちろん、住宅ローンを返せなくなった段階で、任意売却をするべく、不動産屋に依頼したのですが、この不況もあり、なかなか買い手がつかず、とうとう、競売の入札開始日の決定となってしまったわけです。
状況から拝察しますに、「大きな家」なのではないでしょうか?
だとしたら、この情勢下ではなかなか「手が出せない」ですからね。

> 私は仕事の関係上、破産者になるわけにはいかないのです。
自己破産による「資格の喪失」があるお仕事なのですね。
法律上は、「裁判所による自己破産の手続開始から免責確定まで」ですが、実際の雇用の現場では「遠回しの解雇」もあり得るのでしょうね。
それがなくても、数か月就業できないというのは、収入の点では相当厳しいことになるでしょう。

> 元夫はほとんど失業状態ですから、返済をあてにはできません
サービサーも、もう元夫から返済してもらおうとは思っていないと思いますよ。
「取れるところから取れればいい」ので。

> 子供保険は、生存給付金は、私が受取人になっていると思います。
受取人ではなくその保険の「契約者」が問題になります。
元夫が「契約者」になっている場合には、元夫が自己破産をすると子供保険も処分の対象となります(子供保険の解約返戻金が20万円を超えなければ、処分の対象にはなりません)。
元夫が自己破産をしなければ、サービサーが一方的に処分を迫ってくることはないとは思いますが、強制執行となると「ない」とは言い切れません。
また、子供名義の預貯金も、子供の年齢によっては処分の対象になります(子供が自分でお金を稼ぐことはできませんから、その預貯金の「お金の出所」は、『親』と認識されるので)。

#1です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。
ご事情拝見させていただきました。

> 家の名義が2人で共有となっていたため、強制的に、連帯保証人とされていた
住宅ローンの場合、ローン対象物件である「家」やその家が建つ土地を担保として提供していただきます(抵当権を設定)。
ですから、その「家や土地」の共有持ち分を持つ人は、全て「担保提供者」となります。
多くの金融機関では「担保提供者」には連帯保証人になっていただいているんです。

金銭消費貸借契約時の書類に、署名、捺印...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報