【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

 母76歳の46年前の年金記録があると年金事務所から言われ、直接母が出向いたのですが、母は、当時勤めていた保険会社の会社名を問われるものの、はっきり思い出せません。
年金事務所はデータで当然把握しておりますが、母の口から言わないと認定できないと言われました。
年金事務所のデータが不完全である以上、本人の申告も正確を期す必要があり確定はできないことも理解できます。
 1万円でも戻れば母のためになり、若かりし頃母が納めた以上その権利も当然あります。
昭和42年当時、市内にあった保険会社名を確認し、母の記憶をたどりたいのですが、資料等でどなたか調べる方法をご存知ありませんでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この頃の社会保障制度を事務経験及び資格取得の際に勉強した知識で振り返ると


(1)雇用保険は存在しない
a 当時は、昭和55年に廃止された「失業保険法」

私は昭和57年に社会人になりましたが、何年ごろまでだったか・・・ハローワーク側は7年以上前の雇用保険被保険者番号は管理しないというのが事務担当者の常識だったので、職安に問い合わせても徒労に終わる可能性が高い。
(2)国民年金と厚生年金保険は存在した
a 行政側は、年金の記録は「年金台帳」と言う用紙に手書きしていた。
※今回はその記録が出て来たという事ですね。

この頃に厚生年金に加入した人の年金手帳は「オレンヂ色」の表紙で、氏名や生年月日は窓口の職員が手書きしている。厚生年金の被保険者番号[当時は制度間で番号が異なる]はナンバーリングで打っています。因みに表紙が黄土色のは国民年金の手帳です。
1 先ず、お母様の氏名及び生年月日が手書きされたオレンヂ色の年金手帳が残っているかどうかを確認

手帳が見つかったら、後ろの方のページに当人が記入する備忘記録欄があります。そこに「会社名」と「事業所の住所」が書いてあれば怖いものナシですね(「加入年月日」「喪失年月日」も書いてあれば尚良い)。
(3)国民健康保険と健康保険は存在した
a 46年前の書類は健保側も持っていないと考えるのが妥当。
b そうなると、お母様の手元に「健康保険からの何らかの通知書が残っていないのか?」と言う考えが浮かびます。

当時の『政管健保』に加入していたとすると、会社名は多分証明できませんが、厚生年金と同時加入なので、厚生年金に加入していたと言う事実だけは証明できるのでは?

この頃は後述する厚生年金基金と同じく単独で「健康保険組合」を作るのが主流だったので健康保険組合に加入していたのであれば、会社名が印字されている可能性が非常に大きいです。
(4)厚生年金基金も多数存在していた
お母様が現在受け取っている年金は「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」だと思われますが、『○○厚生年金基金』とか『企業年金連合会』と言う団体から年金の通知書を受け取っていませんよね?。受け取っていれば、その団体に問い合わせればなんらか情報を教えてくれる可能性は有ります。


次に多くの方が揚げている(だろう)一般的な方法
※『それが出来ないから聞いているんだ!今更何を言っている』と思われてしまいますが。
(5)その頃からのご友人に尋ねる。或いは、その頃のご友人を見つけ出して聞いてみる。
(6)当時の同僚を探し出す
⇒ 今は亡き叔父の例ですが、今から20年のことです。
叔父本人は記録が無いだろうと諦めていたのですが叔母が当人から聞きだした内容を頼りに(今から)50年程前に北海道で働いていた先は雪印乳業であることを突き止め、年金額を増やしました。
勤め先を特定する有力情報は、偶然にも見つけ出した当時の同僚の話し。
雪印乳業様側も記録が残っていたので、社会保険事務所も否定できませんでした。
(7)お母様の兄弟姉妹がご存命であれば、聞いてみる。お父様側にも聞いてみる。
(8)家捜しして、「給料明細書」とか「雇用通知書」とか「辞令」とか「源泉徴収票」とか、とにかく会社名が印字されている書類が本当に無いのかを確認する。


> 昭和42年当時、市内にあった保険会社名
市内ということで考えると・・・
図書館や郷土資料館とかに過去の(住宅)地図が保管されているとか、その頃の町並みを写した写真集が発売されているとか、小学校の社会科の副読本等に当時の地図(会社名が書き込まれた)が載っているとか・・・
そういう偶然性が高い確認方法も思い浮かびます。
あと、大まかな位置がわかっているのであれば、その近所に昔から住んでいる人に聞くとか
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 貴重なご意見ありがとうございます。
年金事務所の担当者も、私と母の顔を見て嘘偽りはないと思っているだろうと勝手に私が思っております。
母の記憶もおぼろげですが、母は真剣に話していますので多分、会社名をたくさん告げれば、目での会話になると思っております。
 いろいろ当時の状況も話して進めて行きたいと思います。
 大変ありがとうございます。

お礼日時:2013/08/09 18:35

保険の外交員をされ、支社・支店に出勤されたことはないのですか?



お友達に誘われてなったとか同僚の方はわかりませんか?

親類・知人など入ってくれた方思い出せませんか?

お母さんがそうだとは言いませんが保険契約が取れず短期間でやめた方が多かった、そのうち思い出されると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

短期間の勤務だったようです。
母の記憶や昔の持ち物も確認してみたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2013/08/06 18:32

 同姓同名の記録がカブってるのが問題なので、当時、その辺に住んでいたのは間違いないとか、その辺の会社に勤めていた…など、何がしかの共通点を証言できれば良いです。


 親戚がいれば親戚に聞くというのもアリですが。

 ウチの場合も上記のような感じでしたが、僅かな共通点で年金事務所の方はくみ取ってくれました。
 (そもそも、国の落ち度なので…)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

母いわく、年金事務所の方も答える会社に消去法で対応しているようです。
昔の保険会社は、財閥系も多いので答えるうちに該当するのではとも・・。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/08/06 18:30

雇用保険のデータで確認されるという方法は考えましたか?



社会保険と雇用保険では制度も手続きもまったく異なりますが、加入要件等は近いものがあり、社会保険(厚生年金)に加入していたということであれば、まず雇用保険も加入していたと思われます。
ハローワークで調査してもらえれば、過去の職歴などがわかる場合もあると聞きます。ただ、求められていることが古いので、なんとも言えませんがね。

役所というものは、法律上の保存期間以上にデータを残していることが多いので、可能性はあるかもしれません。

そもそも、雇用保険は失業給付などを代表とする保険であり、失業給付等を受けずに転職等をしたら通算するような制度です。基本番号が一つとされるのですが、年金と同様、複数番号を持つような人も多いので、それらを統合させる行為も必要かもしれません。

事前にハローワークへ電話で相談し、可能性があれば、本人を連れていくというのが良いでしょう。
代理人という方法もありますが、それ相応の委任状等の用意が必要で、状況が変わって別なデータを見る必要が生じれば、委任範囲を超える可能性もあります。二度手間三度手間になりかねないのですので、ご本人と一緒が良いでしょう。
あまり年金問題のため、などと言わず、経歴などを調査しているということにした方が良いかもしれません。同じ厚生労働省系ですので、気分を悪くされても、そのような対応をされればあなた方も気分が悪いですからね。詳細な理由を求められれば、年金事務所からの連絡で求められている情報だと、伝えれば良いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ハローワークのことは思いもしませんでした。
電話してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/08/06 18:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亡くなった祖父の年金記録が見つかりました

先日、亡くなった祖父の年金記録の一部が

見つかったと書類が届きました

内容によると昭和17年から昭和25年までの約8年間の記録が

きちんと、登録されておらず確認の為連絡してほしい旨書いてありました

電話すると、その期間祖父がどこに勤めていたか?と聞かれ

昔聞いていた職場の名前を言ったところ

「間違いありませんね」と言われ一時金を支給するので4週間程度待って欲しいと言われました


一時金とはどういった類のものでしょうか?

祖父は3年前に89歳で亡くなっていますので既にその年金を受け取るべき人はいません。

本当に遺族でも一時金なんて出るんでしょうか?

また、出るとしたらどれくらいの額なんでしょうか?2~3万で手続きとかは正直面倒なんで・・・

そのお金は遺産ということになるのでしょうか?

相続税はかかりますか?

よろしくお願いします。


ちなみに祖父は60から亡くなるまで年金をもらっていました。

消えていた記録はその8年間だけのようですが・・・

Aベストアンサー

>間違いありませんね」と言われ一時金を支給するので4週間程度待って欲しいと言われました

通常、電話だけでの確認でなく、回答書による確認の必要があります、必ず回答書を返送してください。文書での回答がルールです、電話は問い合わせたのであって回答したことにはなりません。
未支給年金の請求をすることとなります。
未支給年金の請求のできる遺族とは、死亡当時生計同一であった配偶者、子、父母、祖父母、孫、兄弟です。
場合によっては、戸籍謄本や住民票などが必要な時もあります。
その方により手続きがことなりますので、このあたりは年金事務所で確認ください。


>一時金とはどういった類のものでしょうか?

祖父は3年前に89歳で亡くなっていますので既にその年金を受け取るべき人はいません。

本当に遺族でも一時金なんて出るんでしょうか?

本来、本人が生きているうちに受け取れたはずの年金がたまたま、しんでからわかったので、死んだ人に払えないから、一定の遺族が変わって受け取れるしくみです。
一時金とは、過去のぶんの支給すべきものの遡及して計算したものです。
通常一度に出るのではなく過去5年分とそれ以上前の分の2回に分けて払われます、

>また、出るとしたらどれくらいの額なんでしょうか?2~3万で手続きとかは正直面倒なんで・・・

お尋ね文書に記載があったはずです、年額で記載されています。
また、記載されていないなら、年金事務所にて確認してください。
8年もある場合、些少の金額ということはありません。

>そのお金は遺産ということになるのでしょうか?

>相続税はかかりますか?

未支給年金は相続財産ではありません。

>間違いありませんね」と言われ一時金を支給するので4週間程度待って欲しいと言われました

通常、電話だけでの確認でなく、回答書による確認の必要があります、必ず回答書を返送してください。文書での回答がルールです、電話は問い合わせたのであって回答したことにはなりません。
未支給年金の請求をすることとなります。
未支給年金の請求のできる遺族とは、死亡当時生計同一であった配偶者、子、父母、祖父母、孫、兄弟です。
場合によっては、戸籍謄本や住民票などが必要な時もあります。
その方により手続...続きを読む

Q昔、勤めた先が厚生年金手帳を紛失してわからない

母親のことですが
昔、勤めた先が厚生年金手帳を紛失してわからないそうです
40年前の話で、母の勤めた会社は倒産しているとのことですが・・・
(母は結婚と同時に、県外へ引っ越しもしました)
こういう場合、調べようがありませんか?

Aベストアンサー

厚生年金記録が不明とのこととして回答します、2段階が考えられます。

まずは、これまでに特別便や定期便、あるいは期間照会などで、年金機構に照会をしたことはあるのでしょうか、
したことが無い場合は、まずは、会社名、勤務場所、勤務期間など思い出していただき年金事務所にて期間照会を行ってください。
この場合、倒産してるや県外などは全然影響ありません。
また、他の回答にあるように資料などの準備は一切必要ありません、
資料さがしはこの時点では無駄です、記入して照会するだけです。
その後、年金機構から回答が届きます。
おっしゃる記録があったとかなかったとか・・
あった場合でも脱退手当金でもらっていたとか・・
それで、状況は判明します。


第二段階としてはなかったとする回答が届いたときですが、質問者さん、まずは上記のことはなさっていますか?そしてその回答はどうでしたか?
まだなら、まずは照会を行ってください。多くの場合、ここで判明します、
そこで、無かった場合は詳しい事情とともにまた質問なさってください。

Q自分の職歴が思い出せません(年数など)

結婚して3年ほど無職でしたが、社会へ出たいと思いパート・アルバイトをしようと考えております。
ところで、
恥ずかしながら、自分の職歴(入社・退社の年月)が思い出せないのです。
結婚前に勤めていた会社(正社員)は、多分、年金手帳(主人の会社に預けてあります)を見ればわかるかな?と思うのですが・・・それ以前のものは、派遣だったりアルバイト・パート(いわゆるフリーター)をして食い繋いでいたので、年金手帳を見てもわからないと思います。

確か、どんな職業形態であっても、労災なんかはありますよね?あれを元に自分の過去の職歴を捜し求めることは可能でしょうか?
何か良い方法無いものでしょうか・・・・

Aベストアンサー

うーん、思い出せないのならば空白にしておくしかないでしょうねえ・・・
だいたいの記憶で書いても問題はないと思いますが。
その場合、事実と違えば詐称ということになってしまいますが、現実にそれがバレることはほとんどはありません。それをよしとするか?しないか?はご自分で判断してください。
労災なんか調べるよりも、派遣だった分は派遣会社に直接問い合わせてみてはいかがですか。
確かに「なーに聞いてんだ、この人は」と思われるかもしれませんが、意外とそういった問い合わせ窓口は独立してますので、その会社での今後の仕事紹介に影響が出るとは限りません。(出るかもしれないけど)
アルバイトに関しても、直接そこに聞いてみるとわかると思いますが。
ただそこまでしなくても、短期間の就労ならば空白にしておいていいと思います。

ちなみに、年金記録からあなたの職歴がバレるということは絶対にありません。
法令遵守というものを知らない人はそんなことを言うかもしれませんが、あなたの年金記録を他者が閲覧することは不可能ですので、ご安心を。

Q過去の自分の職歴は何処で確認出来ますか?

職務経歴書に過去の職歴を正確に書かないと後でばれると聞いたのですが、途中のブランクなどもあり、年や月まで正確に覚えていません。社会保険事務所などで教えてくれるんでしょうか?調べ方をご存知の方がいたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

dog195809ですが、雇用保険手帳などを持っていなくとも、お住まいを管轄している社会保険事務所へ印鑑を持参して、職務経歴の期間と会社名を知りたいと申し出て書類に記入したら検索し教えてくれますが、行かれる前に、社会保険事務所に問合せて下さい、現在、年金問題などでの対応を重視していることもあり、待っている時間が長時間を要したり、郵送などになることも考えられますので。

Q厚生年金は25年納めないと、一銭も受給できない?

年金の受給について教えてください。

私の年金加入状況は、
・会社員時代の厚生年金が236か月
・退職後、フリーターとなり国民年金(第1号被保険者)が59か月
です。

このまま国民年金を支払い続け、会社員時代の236か月と合算し、300か月を越えたら年金がもらえるのだろうと考えていました。

先日、70歳すぎの某企業の社長に、
「厚生年金を25年払っていないなら、厚生年金はもらえないよ。あと6年どこかで働いて厚生年金を払いなさい」と言われました。
この論でいくと、今まで236か月納めつづけてきた厚生年金は、厚生年金単独として25年(300か月)納めないと高齢者になってから一銭も受給できない、ということになります。

そうでしたっけ? 混乱しています。
自分の解釈では、
年金は2階建て構造で、1階の国民年金、2階の厚生年金で、厚生年金を納めている=自ずと国民年金を納めていることになる。よって、国民年金はまずもらえる。
で、厚生年金は300か月とは関係なく、納めた分の比率でもらえる(国民年金にプラスして)、と理解していました。

今後は、フリーターのまま、あるいは社会制度が完備した企業での契約社員やパートでの雇用の両方が考えられます。
この社長の言うことが本当なら、フリーターのままでいるのは損に思います。

厚生年金の受給について、どうぞご教示をよろしくお願い致します。

年金の受給について教えてください。

私の年金加入状況は、
・会社員時代の厚生年金が236か月
・退職後、フリーターとなり国民年金(第1号被保険者)が59か月
です。

このまま国民年金を支払い続け、会社員時代の236か月と合算し、300か月を越えたら年金がもらえるのだろうと考えていました。

先日、70歳すぎの某企業の社長に、
「厚生年金を25年払っていないなら、厚生年金はもらえないよ。あと6年どこかで働いて厚生年金を払いなさい」と言われました。
この論でいくと、今まで236か月納...続きを読む

Aベストアンサー

昔は、国民年金や厚生年金はそれぞれ独立した制度でしたので、単独で被保険者期間を満たす必要がありましたから、その記憶のままなのかも知れませんね。

今は基礎年金制度が導入されてますので、どの年金制度も通算されます。
25年の保険料納付済み+保険料免除+合算対象の期間があれば年金を受給できます。

厚生年金については65歳前の特別支給は1年以上、65歳からの厚生年金は1ヶ月以上の加入期間があれば、上記条件も満たせば受給できます。
ご安心を。

Q消えた年金 泣き寝入りでしょうか?

消えた年金 泣き寝入りでしょうか?

先日、82歳の父宛てに年金センターから電話があり、父が消えた年金に該当したとの連絡がありました。
(未払いの厚生年金リストから、氏名と生年月日が私の父と一致して電話をしてきたそうです。)

年金センターからは、父が20歳の時に働いていた企業名などを知らないか?と言われました。
父は平成1月3日に脳梗塞を発症し、その後も度重なる脳梗塞のため、会話ができない状態です。
母もアルツハイマーの末期の為に確認できません。
父方の兄妹は、何れも脳梗塞による認知症のため、確認できません。
母方の兄妹は、残念ながら他界しており、確認できません。

私も、父が母と結婚するまで職業を転々としていたため、私が物心をついた時(5歳位)の会社名しか私は、判りません。
過去の写真を見ましたが、社員旅行と思われる写真はありましたが、会社名がわかる写真や書類は、ないです。

この様な場合は、泣き寝入りするしか方法がないでしょうか?
苗字は、鈴木さん、佐藤さん、田中さんの様に苗字ではありません。

Aベストアンサー

>aghpw808様
>質問者様

手がかりとしてあまり見込みがないことには変わりませんが、私が書いたのは国民年金の紙台帳のほうです。
国民年金の手続きをしたときに本人から見せてもらった厚生年金番号や、勤務先などの聞き取り内容を、
参考情報として国民年金の紙台帳に書き込んであることがあるんです。
年金受給手続きをする年齢に達したとき、スムーズな案内をするためだったのでしょう。

Q消えた年金問題はどう解決しましたか?

年金の納付は義務という事は理解してますし毎月ちゃんと納付もしてます。それをふまえて質問です。

以前消えた年金問題がありましたがどのように解決したのでしょうか?
国民をだました詐欺事件かと思うのですが、逮捕者など多数出ましたか?

たまにニュースなどで「悪質年金未納者へ督促」みたいな記事がありますが、国のほうがよっぽど悪質に思えるのは自分だけでしょうか?

また国民年金の資金運用はされるのに、公務員年金は資金運用などが出来ない法律など整備されてるのはなぜでしょう?

出来れば年金課などに勤める公務員の方にリアルな意見を聞きたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>消えた年金問題

いまだに粛々と名寄せ作業を継続しているところでしょう。ちなみに名寄せ作業安倍総理&舛添氏時代に始めたものです。ミスター年金の人は、いざ大臣になってみたら単なる無能ということが露呈してしまって今は名前すら世間に出ません。結局、当時の安倍政権のネガティブキャンペーンに利用されただけで、民主党政権は年金問題には殆ど放置に近い状態です。

>逮捕者など多数出ましたか?

最大悪は社会保険庁(の担当部署)ですが、なぜか当時たまたま首相だった安倍さんが徹底的に悪者にされました(まぁ、政権運営責任者なのでしょうがないですが)。本当は社会保険庁の当時の幹部を背任などで摘発して欲しいですが、定年してたり組合に守られてたりするので難しいでしょう。

>国のほうがよっぽど悪質

「国」と「社会保険庁」は分けて考えた方がいいと思います。そもそもの発端は社会保険庁の年金業務の怠慢と隠蔽体質と保身主義が生んだ問題ですので。

Q勤めていた会社名を忘れてしまいました。

この度8年ぶりに就職する為に履歴書作成をしています。が、
12年前に勤めていた職場の会社名を思い出せません。
縫製工場だった事は思い出せるのですが、2年しか勤めていないのと
長い間履歴書を必要とする仕事についていないので(水商売等)
忘れてしまいました。
電話帳や地図検索、色々と検索して探してみたんですが
見つかりません。
今となっては潰れているのかもよくわかりません。
こういった場合はどうしたらいいのでしょうか?
あと、アルバイトで2年続けた仕事(接客、レジ)があるんですが
それも記載していいのでしょうか?

Aベストアンサー

>>>
12年前に勤めていた職場の会社名を思い出せません。

「会社」ということは、厚生年金に加入されていたのでは。
最寄りの役所に行って加入履歴を確認する手があります。
電子記録が残っているはずから、それで社名が分かると思います。
・・・今、年金記録の件が問題になっていますが(笑)


>>>
あと、アルバイトで2年続けた仕事(接客、レジ)があるんですが
それも記載していいのでしょうか?

恥ずべき仕事でなければ、記載してよいのでは。

Q遺族年金:夫が65歳以上で死亡、妻の年金0円?

遺族年金についてです。妻は扶養です。夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、よくわかっていなかったため、妻の分として国民年金を払ったことがありません。夫である自分が死んだとき、自分の年金が引き続き妻に支払われると思っていましたが、ネットで調査している内に、そうでない冷酷な日本の年金制度に辿り着きました。自分の扶養であるにも関わらず、年金が引き継がれず、65歳未満で自分が死亡した場合は、遺族年金として3/4が妻に一生、支給されるが、65歳以上で自分が死亡した場合、妻への支給が0円と記述されていました。本当でしょうか?先進国の日本で、こんな冷酷な制度で運営されているのでしょうか?教えて頂けませんでしょうか?妻と同じような専業主婦で国民年金を支払っていない方はたくさんいらっしゃると思います。これでは妻を扶養している夫は65歳前に死亡しないと妻が生活できないことになります。真実をお分かりの方、お手数をお掛け致しますが、どうか教えて下さいませんか。お願い致します。

遺族年金についてです。妻は扶養です。夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、...続きを読む

Aベストアンサー

支払った額で年金額は変わるので詳しく知りたい場合はネットで調べた方が確実です。
googleで「専業主婦 年金 受給額」等で検索すれば出てきます。
計算なども出来ると思います。

夫が厚生年金を支払っているのであれば、妻は普通に国民年金を支払っているのと同等の権利を持っているはずです。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~runsen/knowledge/nenkin.htm

妻は専業主婦前に一度も厚生年金を支払っていないのか?
妻は学生時代などに国民年金を一度も支払っていないのか?
などでも金額が変わってきます。

取り合えず、専業主婦は夫が厚生年金を支払っているのであれば、国民年金を支払っているのと同じになるので、最低限それだけはもらえます。

夫が無くなった場合、妻本人の国民年金があるので国民年金分は最低もらえます。
妻本人の国民年金は夫が生きていようと死んでいようと関係なく年金もらえる年齢になればもらえます。
遺族年金が0円だろうと、最低国民年金は妻はもらっている事になります。

Q二年だけ納めた厚生年金と四年だけ納めた共済年金

私は現在二十七歳の自衛官です。 私は二十歳から二十二歳までは国民年金、二十二歳で民間会社に就職して厚生年金、二十四歳で自衛隊に入隊して現在は共済年金を納めていますが、来年の三月に除隊して自分で商売を始めようと思っています。ということはこれからは国民年金を納めるということになりそうなのですが、ひとつ疑問があります。 私が二年間だけ納めていた厚生年金と自衛隊時代の四年間納めていた共済年金はどうなってしまうのでしょうか。 納めた機関や金額に応じて老後に少しだけもらえるのでしょうか、それとも一定の期間(たとえば十年とか)収めていればもらえるのでしょうか、それともこれだけではもらえないのでしょうか?(そうだったらちょっと損した気分)・・・・。その辺を踏まえて今後の老後対策の参考にしたいのでぜひ教えてください。

Aベストアンサー

私も、民間企業の厚生年金に1年3ヶ月、共済年金に5年加入していたことがあります。

で、両方とも、加入していた期間に応じて、微々たる金額かもしれませんが、もらえますよ。

一定の期間だけ収めていたら……というのは有るようなんですが、私が聞いたのは、1年以上だそうです。
(共済年金に加入していた時、私はアルバイト社員だったんですが、途中で結婚した時、社会保険に加入させてもらえるギリギリまで勤務日数を減らしたことがあります。その時、人事課で仕事してた友達が、「1年以上、可能な限りまで社保に入ってた方がいいよ」って言われました。


人気Q&Aランキング