今小泉内閣では派閥にとらわれない政治を行っていますが、そもそも派閥とはどういったものなのでしょうか?あともう1つ疑問なんですが、衆議院で内閣不信任決議が可決された時、または信任決議案が否決された時は、内閣は10日以内に衆議院を解散するか、総辞職しなければならない。とあるのですが、解散と総辞職の違いがいまいちよくわからないのです。
だれか詳しく知っている方がいたら、ぜひ教えてもらいたいです。お願いします。

A 回答 (4件)

わたしの素人解釈ですが、


派閥は、自民党内部の議員(党員?)で構成されるグループで、党内でも各政策にたいする考え方等が同じ人たちが集まって作られるもの。

衆議院の解散の場合は、衆議院議員は、議員の職を失い、再度、選挙になります。そして、あらたに選出された議員で開かれる国会(衆議院、参議院)で、内閣総理大臣が決定され、前の内閣は辞職し、あらたな総理大臣のもとで新しい内閣ができます。

これに対し、内閣総辞職が行われると、衆議院議員の選挙は行われず、そのときの国会(衆議院、参議院)で内閣総理大臣が決定され、新しい内閣ができます。

ようするに、解散は、国民から選挙で選ばれなおした議員により、内閣が組閣されるのに対し、総辞職は、いま在職している議員で新たに内閣が組閣されることを意味します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ackyoさん回答ありがとうございました。
かなりわかりやすい説明で、とても理解しやすかったです。助かりました!!

お礼日時:2001/06/01 22:48

自民党内で多くの考えを持った人がいるので、その人たちが集まって派閥を作っている。

あるいは、利益団体が同じ人たちの集まりだと思います。
解散は、衆議院が解散され、総選挙となり、国民の審判を仰ぎます。
総辞職は、別の内閣が、与党内の話し合いで誕生します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sdamauさん回答ありがとうございました。
わかりやすい回答でした!

お礼日時:2001/06/20 10:17

あと一つ質問がありましたね。


派閥・・・同じ会派(党)内で同意見の者同志が集まった者と考えていいと思います。小泉首相の言う派閥解消とは、派閥の悪弊、つまり派閥の論理が優先されて、国としてしなければならないことがおろそかになることを懸念しての事だと思います。(そう願いたいですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

aresさん2回目の回答どうもありがとうございます。
とてもわかりやすい回答だったです。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/06/01 22:49

簡単に言いますと


解 散・・・衆議院を解散して選挙を行うこと。
総辞職・・・内閣が辞職をして総理大臣を選び直す事
となります。

参考URL:http://www.niinkurabu.gr.jp/kokkai/naiyou_3.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

aresさん回答ありがとうございます。
参考URLはとても参考になりました。
どうもありがとうございました!!

お礼日時:2001/06/01 22:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q役員任期伸長に係る登記手続きについて

3月決算の非公開会社(株式の譲渡制限あり)です。
昨年の新会社法改正を受けて、昨年度の定時株主総会で役員の任期を10年に伸長する旨の議事を行いました。
今年の定時株主総会も既にとっくに終わった今頃になって、ふと「今年の重任登記は本当にしなくていいのかな?」と不安になり、念のためご質問させていただいた次第です。^^;
宜しくご教示ください。


●取締役の前回重任日:平成17年5月20日
●監査役の前回重任日:平成15年5月20日
●役員任期伸長決議:平成18年6月20日の定時株主総会にて決議(役員、監査役ともに10年に伸長)
               同日の議事録の保存あり

(注)平成18年3月期以降、定時株主総会の開催日が事業年度末日の翌日から2ヶ月以内から3ヶ月以内に変更しております。

         
前記により、昨年は登記手続きは不要との認識で一切の登記手続きは行なっておりません。
また、今年についても登記手続きは不要との認識で、今日まで諸役所等への届出は一切行なっておりません。
もし昨年10年に伸長しなければ役員、監査役ともに今年(平成19年6月20日)任期満了=重任となるはずでした。

私の認識として、重任に係る登記手続きが必要となるタイミングは、その他の諸変更がなければ、それぞれ下記で生じる認識でおります。

●取締役の次回重任日:平成27年6月20日
●監査役の次回重任日:平成25年6月20日

以上、私の登記手続きに係る認識は合っているでしょうか?
また、最初に到来する平成25年の監査役の重任登記手続き時には、昨年の定時株主総会の議事録を添付書類としますが、これだけでよろしいでしょうか?
(法務局としては、この時点まで任期延長の事実がわからないということになりますが、これでよいのかな?^^;)

宜しくご回答・ご教示ください。

3月決算の非公開会社(株式の譲渡制限あり)です。
昨年の新会社法改正を受けて、昨年度の定時株主総会で役員の任期を10年に伸長する旨の議事を行いました。
今年の定時株主総会も既にとっくに終わった今頃になって、ふと「今年の重任登記は本当にしなくていいのかな?」と不安になり、念のためご質問させていただいた次第です。^^;
宜しくご教示ください。


●取締役の前回重任日:平成17年5月20日
●監査役の前回重任日:平成15年5月20日
●役員任期伸長決議:平成18年6月20日の定時株主総会にて決議(役...続きを読む

Aベストアンサー

>取締役の次回重任日:平成27年6月20日
>監査役の次回重任日:平成25年6月20日

 6月20日に定時株主総会を開催すると仮定すればその通りです。
余談ですが、会社法施行時(平成18年5月1日)に旧株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の適用があるとすれば小会社に該当する会社ですか。そうでなければ、監査役は平成18年5月1日に任期満了退任することになります。また、小会社に該当するとしても、会社法施行後に監査役の監査の範囲を拡張する旨の定款変更をした場合は、その定款変更の効力が生じた時点で監査役の任期は満了しますので注意してください。

>また、最初に到来する平成25年の監査役の重任登記手続き時には、昨年の定時株主総会の議事録を添付書類としますが、これだけでよろしいでしょうか?

 監査役の退任を証する書面としては定款変更後の定款を添付します。ただし、監査役を選任する定時株主総会(平成25年6月20日開催)の議事録に例えば、「議長は、当会社の監査役が定款の規定により当定時株主総会の終結をもって任期満了退任するので、監査役を選任する必要があると述べ、・・・」という記載があれば、その議事録は監査役の退任を証する書面になりますので(もちろん、監査役の選任を証する書面でもあります。)、その場合は、定款を添付する必要はありません。

>取締役の次回重任日:平成27年6月20日
>監査役の次回重任日:平成25年6月20日

 6月20日に定時株主総会を開催すると仮定すればその通りです。
余談ですが、会社法施行時(平成18年5月1日)に旧株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の適用があるとすれば小会社に該当する会社ですか。そうでなければ、監査役は平成18年5月1日に任期満了退任することになります。また、小会社に該当するとしても、会社法施行後に監査役の監査の範囲を拡張する旨の定款変更をした場合は、その定款変更の効力が生じた...続きを読む

Q内閣不信任案決議と衆議院解散について

内閣不信任案決議の可決からの一連の流れについての質問です。公民の勉強をしていて、この部分がどうにも腑に落ちないのでよろしくお願いします。
 まず、内閣不信任案が提出され、可決される状況というのは「内閣がどうしょうもない場合」ということですよね?これが可決されるということは、国会によって作られた内閣が、国会から裏切られるほどに腐敗しているということですから(単にイデオロギーの違いで造反されることもあるでしょうが、それは特殊な場合としておいてください)。そして、内閣は「総辞職をする」か、「衆議院解散によって国民に真を問う」かを選択することができる。そこで、この選択権が意味をもつかどうかというのが質問です。
 多くの場合、内閣は衆議院の解散を選択しますよね?この選択の意味は解散後の総選挙によって「内閣が悪いのか、国会が悪かったのかの国民の真」を問い、その後国会を召集して改めて首相を決定することで、最終的に内閣を改善させるということですよね?しかし内閣の立場から見れば、よしんば国民の真を問うた結果解散前の与党が勝利したとしても、内閣不信任案が可決されるほど不評を買っている状況で、解散させた首相が再びそのイスにつける可能性は低いと思うのです。それどころか、前野党に議席数をひっくり返される可能性もあるのですから、大局的に見てもむしろ不利な選択です。それにもかかわらず、こちらの選択が多用される理由が分かりません。
 それとも、内閣が総選挙の際に彼らの正義を国民に訴えることで、国民が彼らを信じ、現内閣を支持するような候補者が当選するようになり、結果として首相のイスは安泰になる可能性があるということでしょうか?しかしながら、内閣不信任案が可決されるというのはかなりレアなケースなはずで、多くの場合国民の支持率も酷い状況だと思います。ここで彼らが正義を訴えたところで誰も聞く耳を持つはずがないでしょうし、与党全体の利益を考えても危険な賭けであることに変わりはないと思います。それならば、内閣総辞職を選んだほうが党全体としてはダメージは抑えられるはずです。
 まとめると、どのような利益をもくろんで内閣が衆議院の解散を選択するのか、あるいは現在の制度に欠陥があるのかが分からないのです。

内閣不信任案決議の可決からの一連の流れについての質問です。公民の勉強をしていて、この部分がどうにも腑に落ちないのでよろしくお願いします。
 まず、内閣不信任案が提出され、可決される状況というのは「内閣がどうしょうもない場合」ということですよね?これが可決されるということは、国会によって作られた内閣が、国会から裏切られるほどに腐敗しているということですから(単にイデオロギーの違いで造反されることもあるでしょうが、それは特殊な場合としておいてください)。そして、内閣は「総辞職を...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね、ポイントがあるとすれば、
>多くの場合国民の支持率も酷い状況だと思います
これがそうとは限らない、という事です。

ほとんどの場合には、解散総選挙するとほとんど与党が勝っちゃってるのです。
不信任案が実際に可決されたのは戦後4回しかありませんが、その他(議案提出時点で解散)を入れても与党が負けた(政権交代)のは確か1回だけです。

それほどまでに自民党は選挙に強かった、というのもあります。
マスコミは常に野党よりの姿勢を示しますので、一見反対派が多いようにも見えるのですが、
実際の選挙となれば、選挙民は実利で考えると自民党に投票しておくと「いいこと」がある事を知っているので、地方を中心に票が伸び、最終的に自民党が勝ってきたのです。
逆に言えば、解散総選挙を上手く使えたのは自民党だから、ということでもあります。

実際、非自民政権だった羽田内閣は総選挙を選ぶ事すら出来ずに総辞職した上に政権を奪い返されました。(選挙しても金を無駄にするだけだった)
一方、唯一解散総選挙に失敗した宮沢内閣の敗因は、自民党からの離党者を大量に出してしまった事です(これが後に民主党へつながっています)。
※それでも自民党は最大政党の座は譲ってません。

まとめると、自民党にとっては解散総選挙は総辞職よりメリットが大きかったということです。
民主党がどうなるかは分かりませんね。今なら解散総選挙より総辞職の方を選ぶかもしれません。

そうですね、ポイントがあるとすれば、
>多くの場合国民の支持率も酷い状況だと思います
これがそうとは限らない、という事です。

ほとんどの場合には、解散総選挙するとほとんど与党が勝っちゃってるのです。
不信任案が実際に可決されたのは戦後4回しかありませんが、その他(議案提出時点で解散)を入れても与党が負けた(政権交代)のは確か1回だけです。

それほどまでに自民党は選挙に強かった、というのもあります。
マスコミは常に野党よりの姿勢を示しますので、一見反対派が多いようにも見えるので...続きを読む

Q不動産の売買による所有権移転登記で義務者が権利者に登記手続きを委任

不動産の売買による所有権移転登記で義務者が権利者に登記手続きを委任
することはできるのですか?
また、できる場合委任状の添付は必要ですか?
また、登記識別情報の受領は登記権利者だけでできるのですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

できます。

委任状は必ず必要で、実印です。

識別情報は、登記権利者「だけ」に交付されます。
義務者には、完了証だけです。

Q内閣の総辞職と衆議院の解散について

内閣の総辞職と衆議院の解散について

他の方の質問とダブってしまうのですが、自分なりの言葉で、内閣の総辞職と衆議院の解散について
簡単に理解してみました(忘れないように、強引に簡単に)
以下の理解の仕方は正しいでしょうか?

(1)衆議院から一般的に内閣総理大臣は選ばれる。

(2)衆議院の中で、この総理大臣は???と自分達で選んでおきながら、疑問を持ち”内閣不信任決議”を決行する。

(3)内閣総理大臣は、そんな事をするならば、衆議院を解散させようか考える(10日間の猶予がある)

(3)-(1)10日以内に衆議院を解散すると決める。→衆議院の解散総選挙→他の衆議院のメンバ-から作り直そう。

(3)-(2)10日間に決められなかった。→ここは私が辞めよう(総辞職)

もっと強引に理解するならば、
そんな事を言うなら、あ~辞めるよ!
いや、そんな事を言うならば、仲間を総選挙で決め直す!

Aベストアンサー

ほぼあっています。

ただ、総理大臣は「国会議員」であれば良いので、参議院議員でも構いません。慣例として、衆議院議員から、になっているだけで。
また、総理大臣を選ぶのは、衆議院と参議院、両方です。ただし、衆議院と参議院の判断が割れた場合、双方で話をして決定。それでも決まらない場合は、「衆議院の優越」によって衆議院が優先されるのですが。

一方で、内閣不信任案を提出、決議できるのは衆議院だけです。


3番については、10日以内に解散を決められない、ではなくて、即日、内閣総辞職、を決定することもできます。

Qこれから住宅の、ローン・登記手続きになりますが・・・

住宅を購入し、銀行ローンの申込み(記入)を済ませ、今月中に銀行
へ直接出向いてローン申込み(説明聞き?)と登記の手続きに入る予定
ですが、不動産屋さんの話では「午前中に転入届を新住所の役所へ出しに行ってもらい、その足で午後に銀行でローン申込みに行ってもらいます」というようなことを言っていたのですが、登記・ローン申込みって
こんなに同日中に済ませるものなのでしょうか?

ローン申込み・登記手続きの経験がある方がいましたら、どんな感じだ
ったか(バタバタした、など感想なども)、注意点など教えて下さい。

Aベストアンサー

住宅ローンの実行のためには、借りる人が居住するための借入であることを条件としていることが一般的です。
この場合の「確かに住んでますよ」ということの証明が住民票であるわけです。

もちろん、実際に移転してから、住民票の移転、さらに日数がたってからローンの申込、ということこも可能なのですが、その場合には引渡しからローンの実行まで日数がかかることになるので、その間のおかねを買った人が払う必要があります(「つなぎ融資」などが必要な場合は、こういう場合ですね)。
したがって、ローンの実施と引渡しを同時に行うことで、購入者の負担を少なくし、また売るほうも法的および手続き的に問題のない状態にしておくために、1日のうちにすべてを処理することになるわけです。

私もこれはやったことがありますが、他のこともやろうともうと大変かもしれませんが、これだけなら転出入+銀行ローン契約だけなので、そんなに大変でもありませんよ。逆に分けてやろうとすると、そのたびに印鑑証明(住民票移動と同時に、印鑑登録して、印鑑証明をもらっておきます)などを持ってうろうろしなければいけなかったりするので、大変じゃないかなぁと思います。

ちょっと面倒ですが、家を買った♪という気分が味わえる日なので、がんばってくださいね。

住宅ローンの実行のためには、借りる人が居住するための借入であることを条件としていることが一般的です。
この場合の「確かに住んでますよ」ということの証明が住民票であるわけです。

もちろん、実際に移転してから、住民票の移転、さらに日数がたってからローンの申込、ということこも可能なのですが、その場合には引渡しからローンの実行まで日数がかかることになるので、その間のおかねを買った人が払う必要があります(「つなぎ融資」などが必要な場合は、こういう場合ですね)。
したがって、ローン...続きを読む

Q小沢動く 内閣不信任案可決で解散する

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110803/stt11080310100002-n1.htm

内閣不信任案可決は確定でしょう。

問題は 解散か総辞職かの選択で、狂ったカンは自分が選挙で落ちるのを分かっているが

解散に踏み切ると私は考えます。

皆さんはどちらだと思いますか。

さそりが亀に言いました。私は泳ぎが出来ませんから、向こう岸まで背中に乗せてくださいと。
亀は言いました。貴方は私を毒針で刺すでしょう。だから乗せませんと。
さそりは亀に言いました。貴方を刺せば貴方が死んで私はおぼれて死ぬでしょう。
そして亀は刺されて死にました。さそりはおぼれて死にました。

カンはさそりに思えませんか。

Aベストアンサー

その理屈で言うと
さそりは小沢のほうになります

でも小沢はそこまでできないでしょうから
内々で解散しないところで同意しているでしょう

カンに期待していることは政治腐敗の解消だけですから
解散してくれたほうがベターですけど

Q自分で登記手続き・・・難しいですか?

 初歩的な質問ですみません。
今回建て売り住宅を現金で買います。
登記手続きに手数料がけっこうな金額かかることから自分でできないかな?
なんて考えているのですが、可能でしょうか。
時間は十分にあるので問題ないのですが、あまりに難しいと・・・と悩んでいます。

Aベストアンサー

参考程度に・・・
私もこの度、土地購入と注文住宅を建築しまして間もなく入居です。
住宅ローンがありますので、所有権保存登記及び抵当権設定登記は
銀行指定の司法書士に一任となりました。
(ちなみに、手数料や日当、登記簿閲覧等の必要経費合わせて
10万円少々かかりました。(登録免許税は別)仕方ないとは
いうものの、高いですね~)
しかし、土地の所有権移転登記と表題登記は自分でしました。
所有権移転登記は比較的簡単でしたが、表題登記はなかなか
面倒ではありました。
しかし、JW-CADを使い建物平面図・配置図だけできれば
後はそれほど難しくはなかったです。
地積測量図はありますでしょうか?あればそれと、建築時の
設計図などを参考に図面さえ仕上げればなんとかなるはずです。
法務局の方も親切に教えてくれるはずですので、是非チャレンジ
してみてください。終わってみれば、10数万円分浮いた割には
簡単な仕事だったな~って感じるでしょう!

Q法案否決で衆議院解散で総選挙?

また、公明党、創価学会で選挙依頼、不在投票を頼まれる時期がやってきますが対処法ご伝授ください。

Aベストアンサー

学会員です。

(私が言うのも変な話ですが。)
私がアドバイスできる対処方法は2つですかね?

(1)積極的に公明党を応援しているフリをする。
軽く流す方法です。これが一番簡単ですよ。
電話がかかってきたら速攻で「選挙だろ?分かってるよ。応援してるから。」といいます。
それも期日前投票が始まったら「もう投票してきた」と言うと、それ以上電話はかかってきません。
(それも積極的に言うと効果てきめんです。)
それからゆっくり投票に行かれてもいいと思います。

(2)#2さんのいうように、自分の支持政党を見つける。
これは、話が長くなる(長期化する)可能性がありますが、うまく説得できれば次からはかかってこなくなるかもしれません。
ただ、何故その政党を支持するのか根拠を(本当に指示するつもりで)明確にしてください。
学会員にも様々ですが、とにかく勉強して(中には遠くから選挙応援のためだけに来て)いる人が多いです。それで自分の支持政党を言うとそこで議論が繰り広げられます。議論に勝つ自信があまりないのであれば、(1)のほうをお勧めします。

何故学会員である私がこんなことを書いたのかというと、選挙の時にこの手の内容で不愉快な思いをされているかたが結構多いのが気になっているからです。
私としては、公明党に限らず特定な政党を支持される方の意見を聞き、自分はどの政党を支持するか判断し、そして自分の意思で投票に行ってほしいのです。
(だって、自分達が払っている税金を給料として働く人たちですからね。)

個人的には質問者さんの性格からして(1)のほうが楽だと思います。それに「罰」なんてあたりませんよ。
「因果応報」ならともかく、私は「罰論」はいまや古い考え方だと思っていますから。

とにかく頑張ってください!

学会員です。

(私が言うのも変な話ですが。)
私がアドバイスできる対処方法は2つですかね?

(1)積極的に公明党を応援しているフリをする。
軽く流す方法です。これが一番簡単ですよ。
電話がかかってきたら速攻で「選挙だろ?分かってるよ。応援してるから。」といいます。
それも期日前投票が始まったら「もう投票してきた」と言うと、それ以上電話はかかってきません。
(それも積極的に言うと効果てきめんです。)
それからゆっくり投票に行かれてもいいと思います。

(2)#2さんのいう...続きを読む

Q所有権移転登記手続き請求の訴状が届きました。

所有権移転登記手続き請求の訴状が届きました。
登記義務者が複数おり、その内の誰かが登記に協力しないらしく登記義務者全員が訴えられたようです。

4,5年前に、相手方の弁護士に登記の協力をする旨を伝え、任せるとゆうことになったので連絡もなかったのですが突然、訴えられてしまいました。
とりあえず、答弁書を提出しないといけないのですが、この場合、登記に協力する人達連盟で答弁書を出してもいいのか、各々で出すべきなのか、また、こちらは争う気は全くないが弁護士を立てたほうがよいのか、初めてのことで不安に思っています。これから、どのようにしていけばよいか、ご教示ください。

Aベストアンサー

馴れている弁護士なら、答弁書は提出しなくてよい、と連絡するのが常識です。

あなたたちに不利はないので、何もしなくてよいです。

弁護士は、このような裁判になれていないのです。

Q内閣不信任案否決から衆議院解散まで

内閣不信任案否決から衆議院解散に至るまでを、自民党総裁選も含めて、中学生にもわかるよう教えてください。 とくに、自民党総裁選は定期的に行うものなのかも教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

 内閣不信任案というのは、内閣を信任できないという決議ですから
否決ではなく可決ですね。
否決されるということは「信任できる」という意味になります。
内閣信任案でしたら否決で「信任できない」という意味になるのでお間違えなく。
でも、信任案を上程することは余りないことですので
不信任案を否決と覚えておいてください。

 それで、不信任案が可決されれば衆議院が解散になるわけではありません。
不信任であると烙印を押されたのですから、その内閣が総辞職し、新しい内閣をつくります。
これが本来の道筋です。
ただし、内閣総理大臣は解散権を持っていますからそれに対抗し
そんなこと言う衆議院議員なんて要らないぞ!とばかりに衆議院を解散すれば
内閣不信任案はなかったものになってしまいます。
つまり不信任案を可決するような衆議院議員を信任するかどうかを国民に問うという形になります。
どちらが総理大臣にとって有利かといえば、やはり解散させる方がいいに決まっていますね。
というわけで、不信任案が可決されると衆議院も解散することになっているだけです。

 そして選挙の結果、数で多数を占めた政党が与党となり、そこから総理大臣が選出されます。
自民党が単独で多数を占められない場合はほかの政党と手を結んで連立政権を作ります。
逆に、自民党以外の政党が手を結び数で上回れば、そちらから総理大臣を選出します。
必ずしも自民党総裁=総理大臣というわけではありません。
そして自民党総裁は任期がありますから、任期ごとに選挙を行います。
総裁の任期は3年ですが、繰り上げて選挙を行ったこともあります。
それにひきかえ、衆議院の解散はいつ行われるか誰も予測できません。
解散は総理に与えられた権利で、解散についてはうそをついてもいいことになっているくらいです。
ですから、解散にあわせて総裁選を行うということはありません。
ただし、選挙で大敗し、責任を問われて総裁を辞任し、その結果で総裁選を行うということはありますね。
こんなところでどうですか?

 内閣不信任案というのは、内閣を信任できないという決議ですから
否決ではなく可決ですね。
否決されるということは「信任できる」という意味になります。
内閣信任案でしたら否決で「信任できない」という意味になるのでお間違えなく。
でも、信任案を上程することは余りないことですので
不信任案を否決と覚えておいてください。

 それで、不信任案が可決されれば衆議院が解散になるわけではありません。
不信任であると烙印を押されたのですから、その内閣が総辞職し、新しい内閣をつくります。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報