マイケミからオアシスまで復活してほしいバンド6選

次の二つの文章のニュアンスの違いを教えてください。

I made the screw using a machine tool.
I made the screw by using a machine tool.

using や by using の代わりに with とした方が良さそうなことは別の話とします。
using と by using のニュアンスの違いを知りたく思います。

A 回答 (2件)

> I made the screw using a machine tool.


私は工作機械を使って、そのねじを作りました。

> I made the screw by using a machine tool.
私は工作機械を使うことによって、そのねじを作りました。

> using や by using の代わりに with とした方が良さそうなことは別の話とします。
> using と by using のニュアンスの違いを知りたく思います。

usingの場合:中心は「ねじを作った」ことにあり、「工作機械を使って」は単なる付け足しくらいに考えてよい。
by using の場合:「工作機械を使うことによって」のところにかなりの力点がおかれている、というニュアンス。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/24 09:37

I made the screw by using a machine tool


の方がスクリューを作る手段をより明確に表す。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にいたします。

お礼日時:2013/10/24 09:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qvia, with, usingでのニュアンスに違いはあるのか?

ちょっと技術的な表現になってしまいますが、
「Win32APIを用いて処理を行う」といった表現のときに

with Win32 API

via Win32 API

using Win32 API

と言った表現ができるかと思いますが、これら三つにニュアンス的な違いや用法の違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 (Ganbatte<i>ruyo/Ganbatt<o>ruyoさんではありません)

私なりに書かせてくださいね。

まず、結論からです. この三つのどれでも使えます. しかしニュアンスが知りたいんですね.

usingは文字通り、~を使って、~を用いて、と言うフィーリングを強く出したいときに使うんですね. (このインターフェイスを用いて処理する) 

withは、~で、(このインターフェイスで処理する)。 ですから、#3のPOKIEさんがおっしゃっているように、この二つは非常に似たフィーリングを持っており、日本語の「~を使って」、と、「~で」、と同じように、使えるわけです.

動詞を使う事で、よりはっきり意味を出す事もできるわけです. ですから、日本人が持っているとYupa3さんがおっしゃっている「~と一緒に」の意味のwithと日本人相手では感じる可能性も無きにしも非ず、と言うことになります. usingを使うとそれを防ぐ事が出来ることにもなりますね.

usingの他に、utilizingと言う単語を使って、それが持つ機能を有効に使って、と言うフィ-リングで使う事もあるわけです. ですから、Win32 APIでなくてはだめな機能を強調する時にはこれが使えるわけです.

viaはPOKIEさんがおっしゃっているように「~を通して」と言うフィーリングが強い時に使います.

ですから、communicate via Win32 APIとかusing a DLL via Win32 APIと言うような表現の仕方をするわけですね.

インターフェイスである事が分かっていれば、後は専門的な用法ではなく単なる英語単語の使い方となります.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに36年住んでいる者です。 (Ganbatte<i>ruyo/Ganbatt<o>ruyoさんではありません)

私なりに書かせてくださいね。

まず、結論からです. この三つのどれでも使えます. しかしニュアンスが知りたいんですね.

usingは文字通り、~を使って、~を用いて、と言うフィーリングを強く出したいときに使うんですね. (このインターフェイスを用いて処理する) 

withは、~で、(このインターフェイスで処理する)。 ですから、#3のPOKIEさんがおっしゃっているように、この二つは非常に似たフィーリ...続きを読む

Q'using'の使い方?

「~を使って」という意味でusingが使われると思います.

1. コンマが有るもの無いものの使い分けはなんですか?'using' ', using'
2. usingは口語では使われませんか?

ご教示お願いいたします.

Aベストアンサー

1. ...., using ... というパターンですか? 実際の用例を示して質問して下さるとありがたいのですが、私の貧弱な英語力では、A, B, using ... という場合しか思いつきません (B が挿入句の場合)。

2. 私の考えるところでは、口語だから使われないなどということはないと思います。

質問外のことですが、「~を使って」 という意味だと using が使われる、とは限らないと思います。
特に、何らかの手段や道具を用いる場合には、with や by などの前置詞が用いられることが多いと思います (to join a paper with a stapler ホッチキスを使って紙を綴じる、など)。
それから、using 単独でなく、by using ... というのも 「~を使って」 という場合に用いられると思います。
なお、using と by using の違いについては、下記のページが参考になるかもしれません。
 → http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1128551361

1. ...., using ... というパターンですか? 実際の用例を示して質問して下さるとありがたいのですが、私の貧弱な英語力では、A, B, using ... という場合しか思いつきません (B が挿入句の場合)。

2. 私の考えるところでは、口語だから使われないなどということはないと思います。

質問外のことですが、「~を使って」 という意味だと using が使われる、とは限らないと思います。
特に、何らかの手段や道具を用いる場合には、with や by などの前置詞が用いられることが多いと思います (to join a paper ...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Qpart of,a part of,the part ofの違いについて

定冠詞、不定冠詞の使いは方は理解しているつもりですが、以下の認識であっていますでしょうか?

まず、the part ofの場合は、その部分が会話の中で明確になっておりまさにその部分であると言うことをさす場合に使用すると考えてよろしいでしょうか?

a part ofはその部分が数えられるものである場合に使用し、part ofは数えられないもしくは分割の単位があいまいなものに使用するという考えでよろしいでしょうか?


以下のような感じでしょうか?
this is the part of the issue.
訳「これは、その問題のその一部分(今話題に上がっている部分)です」

this is a part of the issue.
訳「これは、その問題のいくつかある中のそのうち一つです。」

this is part of the issue.
訳「これは、その問題の一部です。」

また、経験からしてpartに関してはtheかaをつけてもよいときにでも冠詞なしで使われることが多いように思うのですが。

Aベストアンサー

おっしゃるとおりでよいと思います。特に a part of は one part of と言い換えながら考えるとよくわかるのではないでしょうか。

ぼくもyasuさんと同じように理解していると思うのですが、ぼくなりに訳してみるとこんな感じでしょうか。

the part of the issue
「問題のその部分(今話題に上がっている部分)」

a part of the issue
「問題のある一部分」

part of the issue.
「問題の一部」

ほかにこの違いがわかりやすいような例文として、

I missed the first part of the movie.

East Germany ceased to exist in 1990, becoming a part of the Federal Republic of Germany.

John had to pay Mary $10 million as part of the divorce settlement.

などはいかがでしょう?

おっしゃるとおりでよいと思います。特に a part of は one part of と言い換えながら考えるとよくわかるのではないでしょうか。

ぼくもyasuさんと同じように理解していると思うのですが、ぼくなりに訳してみるとこんな感じでしょうか。

the part of the issue
「問題のその部分(今話題に上がっている部分)」

a part of the issue
「問題のある一部分」

part of the issue.
「問題の一部」

ほかにこの違いがわかりやすいような例文として、

I missed the first part of the movie.

East...続きを読む

Qofで結ぶ複数形と単数形

所有や「~の」と訳される場合のofを用いた、{単数 of 複数}の形にどうしても違和感があります。複数のものたち「の」単数のもの。なぜこのような表現ができるのですか?複数のものたちは複数のものを持っているのではないのでしょうか。それに加えtheで限定した{the 複数 of 複数}なんて表現が出てくるともうパニックです。どなたか解説お願いします。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

日本語にはない、あるいは、日本語にする(訳す)と理屈としてイメージがわかない、という表現はどうしても外国語としてでてきてしまいます。 ここが外国語を習うときの苦労でもあると思います。 とくに、学校英語として理屈を教えるとなると、その理屈から理論だてて教えることになり、余計に難しくしてしまい、覚えることが倍増してしまい、学習者にとっては「英語は難しいし面白くない」となってしまうのだと思います。

言葉と言うものは使う人にとって自然なものです。 理屈はないのです。 しかし、上達させるという段階になるとこの理屈をもってきて教えると言うことはこちらでもあります。 営業マンのしゃべり方、プリゼンの仕方、論文の書き方、または、愛の告白でも、理屈を持ってくる方法をする人がいるのです。 表面からすると何か体系付けていて分かりやすいように見えます。 しかし、

できるだけそれを避けて教えることができると言うことは大切だと私は思います。 なぜか。 それは、自然にスムーズに体で覚えていく、身につくからなんです。

だからと言ってそれがやさしいとは私は決して言っていません。 なぜなら、これこそ私の一生の最後の私自身に身につけて指導と言うものが「もっと意味のある事を教え、もっと自然に身に着けてもらいたい」と言うことが私自身に負いかぶさってきているからなのです。 私の残り少ない人生のうちで時間という物がありません。 

「人生の終わりと言うものが一瞬にしておきる」と言うことをまた最近身にしみて感じさせられたからなのです。 

本題です。

>所有や「~の」と訳される場合のofを用いた、{単数 of 複数}の形にどうしても違和感があります。

なぜ違和感を持つのですか? 無責任な回答かもしれませんが、そういうもんなんだ、と一度自分に言い聞かせることは大事だと思います。 

なぜそうすることが必要なのでしょうか。 理由は、違和感を感じると言うことは自分に何か「基準になるもの」がありその基準に沿わないと判断しているに過ぎません。 それが「覚える」「身につける」と言うことに大きな壁になっているように感じます。

この{単数 of 複数}ですが、文章になって使われていて違和感を感じる例を書いてみてください。 それによって、どう違和感を感じているのが分かると思います。 どう違和感を感じているのが分かればお手伝いできる思いますよ。

{the 複数 of 複数}も同じです。 違和感を感じる例を挙げてみてください。 表現だけでなく使われている文章そのものです。

もしかするとOFの理解が難しいものになっているのかもしれない、と私は感じるのです。

待ってますね。

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

日本語にはない、あるいは、日本語にする(訳す)と理屈としてイメージがわかない、という表現はどうしても外国語としてでてきてしまいます。 ここが外国語を習うときの苦労でもあると思います。 とくに、学校英語として理屈を教えるとなると、その理屈から理論だてて教えることになり、余計に難しくしてしまい、覚えることが倍増してしまい、学習者にとっては「英語は難しいし面白くない」となってしまうのだと思います。

言葉と言うも...続きを読む

Qafter thatとand thenの違い

after thatは辞書でその後、それから
and thenは次に、それから
1、何か違いはあるのでしょうか?
2、after thatは文末にしか来ないのですか?
3、僕が見たのは(A),and then (B).なのですが文頭や文尾に来ますか?

Aベストアンサー

after that の that は名詞で、「そのこと」のように、文の前の部分ででてきた事象を指しています。ですから、何らかの事象が事前に述べられている必要があります。事象というのは、基本的に、何らかの行動です。I went to school. とかです。

and then は、「そして」、「それから」ということで、その前に、事象を述べる必要がありません。つまり、 I was sleepy, and then I went to bed. のようなつながりになることが出来ます。つまり、単なる事態状況の変化を意味する言い方です。

after that は、文末にも、文頭にもくることができます。
and then は、文末に来ることはまずありません。

Qwhen~ingについて

We can't be too careful when choosing our friends.
このwhen~ingの用法が今ひとつわかりません。分詞構文なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時には」という意味ですので、

(c) We can't be too careful in choosing our friends.とも言えます。

「友だちを選ぶときには、どんなに注意しても注意しすぎるということはない」に相当する英文として、(a) (b) (c) の形を覚えて下さいね!

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時...続きを読む

Q「お申し付けください」は間違っていますか。「言う」の尊敬語は「おっしゃ

「お申し付けください」は間違っていますか。「言う」の尊敬語は「おっしゃる」で謙譲語は「申す」であれば、お客さんなどに「ご希望があれば遠慮なくお申し付けください」という言い方は間違っているのでしょうか。

Aベストアンサー

多少複雑ですが、間違いではないようです。
↓を参考にしてみてください。

参考URL:http://ameblo.jp/comkeigo/entry-10097099260.html

Q「以下、~という」を英語で

「以下、○○を××と呼ぶ。」という文を英語にしたいのですが、辞書で調べるとhereafter, hereinafterなどの語しか見つかりません。これらは契約書などで使う言葉だと思うのですが、マニュアルなどのもう少しくだけた文書でつかう言葉ってないのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私が知っている表現は、hereinafter referred to...ですね。
括弧でくくるなりして使えばよいと思います。

googleで検索してみましたが、わんさかヒットしました。
ついでにその中から例文も載せておきます。
国連関連の文書のようです。
... the Covenant on Civil and Political Rights (hereinafter referred to as the Covenant) ...

ただ、かたい表現でしょうから、好みで変えても良いように思います。
hereinafterのところをin the rest of this documentなどのようにしても良いかもしれません。

以上ご参考にしていただければ幸いです。

参考URL:http://www.hrweb.org/legal/cpr-prot.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報