位置情報で子どもの居場所をお知らせ

9月にカードで棚を購入、合わなかったので返品をし10月に明細書に-5000(返品)と記入されていました。
帳簿の記入の仕方を教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

棚を購入した日:


〔借方〕消耗性備品費 5,000/〔貸方〕未 払 金 5,000
※消耗性備品費;消耗品費でも良い。

棚を返品した日:
〔借方〕未収入金 5,000/〔貸方〕消耗性備品費 5,000

棚購入代金のカード決済日:
〔借方〕未 払 金 5,000/〔貸方〕普通預金 5,000

棚返品代金のカード決済日:
〔借方〕普通預金 5,000/〔貸方〕未収入金 5,000

このように仕訳して総勘定元帳に転記すれば、帳簿が出来上がります。

以上、税込経理方式

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〔参考〕
棚返品代金のカード決済日に、別の消耗品の購入代金のカード決済13000円がある場合は、仕訳は次のようになります。

別の消耗品を購入した日:
〔借方〕消耗品費 13,000/〔貸方〕未 払 金 13,000

棚返品代金と消耗品購入代金のカード決済日:
〔借方〕未 払 金 13,000/〔貸方〕普通預金 8,000
〔借方〕……………{空欄}…………/〔貸方〕未収入金  5,000
    • good
    • 1

9月カードで消耗品をカードで購入。


消耗品5,000/未払金5,000
合わなかったので返品した。

10月に明細書が来た。-5,000円(返品)←この意味は相手としてみれば売り上げにならなかったのでーしただけなのです。

御社は9月に消耗品を購入したが,合わないので返品した。取引先の処理が10月なので相手は明細書にー5000(返品)と記入しただけです。

御社は10月で処理をした。
未払金5,000/消耗品5,000
9月分の未払金と消耗品の相殺です。

上記の経理処理で互いに貸し借りなしよ(^・^)だから0のにりました。
上記を9月と10月の帳簿に記載すればOKです。
    • good
    • 1

 カードで購入という事ですので、他の支払い(ガソリン代のみと仮定して)にもカードを利用していることを前提とし、カード利用代金の精算(支払)は2か月後と解して回答致します。


 
 9月 棚購入時(カード利用代金請求書到着時)
 
    消耗品費    / 未払金(未払費用)
    車輛費(燃料費)

 10月 利用代金請求書到着時

    未払金 / 消耗品費  (返品処理分)
    車輛費(燃料費) / 未払金  (返品分調整前の合計金額)

 11月 9月請求分の自振時

    未払金 / 当座(普通)預金  (返品処理前の9月分請求額)

 12月 10月請求分の自振時

    未払金 / 当座(普通)預金  (返品処理後の10月分請求額)


 9月請求分支払時に残高が-5,000円となりますが、10月請求分の支払時に解消されます。

 カード利用が毎月あるのであれば、帳簿残高に-の表示がされることは無いでしょう。(請求2か月後の支払いであるなら)

 
    • good
    • 1

9月 


消耗品5000/現金5000

10月
現金5000/消耗品5000 9月棚返品

帳簿はどういう形式をお使いですか、
貸借があるなら、反対側に記入します。
なければ△5000とするしかありません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q返品した商品の、返金の仕訳を教えてください

個人事業主です。
ネット文具店で購入した商品の仕様が以前と変わっていたので、返品しました。月末締めで他の購入品と一緒に代金がいったん引き落とされ、翌月、返品分の代金が取引口座に振り込まれました。
この場合の仕訳がわかりません。教えていただけたら、幸いですm(_._)m

Aベストアンサー

#2の回答の全文を訂正します。

>仕入れがない商売なので買掛帳をつくってないのです。通常は「未払金」「消耗品費」「普通預金」を使ってるので上記の処理をこれらにあてはめて、かまわないでしょうか。。。

”ネット文具店で購入した商品”が御社で使用する文房具なのであれば、
(1)仕入 ⇒ 消耗品費
(2)買掛金 ⇒ 未払金
と読み替えて下さい。

Q返金の際の仕訳の方法を教えてください。

私は個人事業主のアフィリエイターです。
まだまだ青色申告の記帳に不慣れなのですが、
今回返金されたものでどう記帳してよいのかわからない仕訳があり、
教えていただけるとありがたいです。

【ケース1】
 ネットで消耗品の購入をしたのですが、
 誤って2度、指定の銀行に振り込んでしまいました。
 2度目の分を向こうからの銀行振込み手数料をひいてもらった
 金額を口座に返金してもらったのですが、
 この場合の仕訳はどうすればいいのでしょうか?

【ケース2】
 オーバーチュアのPPC広告で
 PPC広告をだすことをやめたため、
 使わなかった分を返金してもらいました。
 この場合の仕訳はどうすればよいのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.の振込時は

事務消耗品10,000円/預金10420円
支払手数料___420円

事務消耗品10,000円/預金10420円
支払手数料___420円

こうなっているのかな?

返金時は

預金 9,580円/事務消耗品10,000円(摘要:過払い分返金)
支払手数料420円

2.の振込時は

広告宣伝費50,000円/預金50.420円
支払手数料___420円

かな?

返金時は

預金10,000円/広告宣伝費10,000円(摘要:一部広告中止分返金)

Q売上げの全額を返金したときの仕訳について

個人事業主で、青色申告します。

複式簿記での、仕訳についてお教えください。


(仮に下記のような場合)
売上げの入金が、5月12日に、事業用口座へ、15000円あったのですが、

諸事情により返金することになり、2日後の14日、事業用口座から全額15000円返金として支払いました。


当方にはめったにない事例で、この場合の仕訳はどのようになるのかわからず、困っています。
どなたかお詳しい方、ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

個人事業ということですので、売掛金勘定を使用せず経理をしているとすると

5/12  普通預金 / 売上 15,000円
5/14  売上 / 普通預金 15,000円

ということになります。
売掛金勘定を使用しているとすると

5/12 普通預金 / 売掛金 15,000円
5/14 売上  / 普通預金 15,000円

こんなところでどうでしょうか?

Q返品・返金の仕訳け

ネットショップを運営しております。
お客様から返品を受け、返金(事業用通帳より振込)しました。

帳簿への仕訳け方がいまいちわかりません。
毎日の売上げは売掛で仕訳けています。

通帳から返金していますので、貸方/普通預金**** になると思うのですが、借方の科目がわかりません。

返金した分、売掛金を減らしたいのですが、どうすればよいのでしょうか。頭が混乱してきました。。

どなたか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

売上を取り消さなければなりませんので、
100円の商品が返品/返金されたとして、
売上100/普通預金100
として取り消します。

売掛金が出てきませんが、売掛金はお客さんから入金があった時点で既に消滅しているので、減らすことを考える必要はないのです。
(支払われていない代金を返金したわけではないですよね?)

Qカードの年会費の仕訳

こんにちは。
初めて書きます。
当社ではクレジットカードを持つことになり、さっそく
年会費が1,312円(内消費税62円)引かれていました。
仕訳でまよっています。
1.雑費1,312 普通預金1,312
2.支払手数料1,312 普通預金1,312
3.諸会費 1,312 普通預金1,312
どの仕訳が正しいでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

いずれにしても、経費となる事には変わりありませんので、継続して同じ処理をされていれば問題ないこととはなりますが、それでは回答になりませんので、書き込んでみますね。

まず、雑費は、できれば別の該当科目があれば、使用しない方が良いものと思います。

となると、残りは支払手数料か諸会費か、という事になりますが、年会費という事からすれば諸会費で処理する方法もあるとは思いますが、カードの年会費については消費税の課税仕入となるものですから、不課税仕入が多い書会費の中に入れるよりも、手数料的な意味合いもありますので、支払手数料で処理される会社も少なくないものと思いますし、消費税の課税区分に関しては、間違う可能性が少ないものと思いますので、個人的な意見としては2がお勧めと思います。
(もちろん、最初に書いたように、どれが正解、というのはありません)

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Q決算をまたいだ返品処理の仕方を教えてください。

はじめて質問します。
よろしくお願いします。

決算を過ぎた返品はどう処理すればいいのでしょうか。

会社は5月が決算で、3月に請求したものが12月返品になりました。
本来は受け取らないのですが、今回は仕方がなく受け取ることになりました。

詳しい方、どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

法人の確定申告の建前は確定決算主義をとっていまして、決算日時点においてはその売上は、商品の引渡しと対価金銭等の受領によって確定しているものでありますから、前期の処理は正しい処理です。

翌期以降に返品があったとしても、その事実が確定したのは当期であり、前期の会計処理になんら間違いはないことから、この場合は前期損益修正は不適切です。

したがって、会計処理は期間的に売上げ代金(売掛金)はすでに回収済みでしょうから、返品分の代金を返したのであれば、
売上高(もしくは売上返品)/現金等が一般的でしょう。

消費税で簡易課税方式を採用しているのであれば、消費税の申告書作成時の便宜上、売上高を減らさずに売上返品勘定で費用処理したほうが無難です。

本来は返品を受け取らないとのことですから、この事例は一種の事故、特別損失であり、通常の商品と一緒に原価を把握する必要もないと思います。

よって恒常的に返品が発生する出版業でもなく、商品単価がよほど高額なものでもない限り、戻り商品の原価はもはやないものとして、外部に売却できたときは売却代金をもって雑収入で計上しておけば問題ないですよ。

こんばんは。

法人の確定申告の建前は確定決算主義をとっていまして、決算日時点においてはその売上は、商品の引渡しと対価金銭等の受領によって確定しているものでありますから、前期の処理は正しい処理です。

翌期以降に返品があったとしても、その事実が確定したのは当期であり、前期の会計処理になんら間違いはないことから、この場合は前期損益修正は不適切です。

したがって、会計処理は期間的に売上げ代金(売掛金)はすでに回収済みでしょうから、返品分の代金を返したのであれば、
売上高(も...続きを読む

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング