regarding toとregarding in の違いをどなたか教えていただけませんか? 英作文をネイティブの方に添削していただいたところ、Regarding to raising the consumption tax in Japanと書いたらRegarding in raising ~と添削されていたので尋ねたのですが、そういうパターンだから、としか返してもらえなかったので完全には理解ができませんでした。どなたかわかる方、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「regarding」=「in regard to」。

質問に「regarding to」とありますが、もともと「regarding」 が正しくて、「regarding to」とはいいません。「in regard to」や「with regard to」というつかいかたはありますが、長ったらしいので、あまり好まれないと思います。ここでの「to」をつかって「regarding to」でつかうのはまったくの誤解と思います。むしろ「concerning」一語をつかうほうが、迷いがなくていいです。

「regarding in」というつかいかたはもともとありえませんから、添削したひとは、なにかの理由で「to+~ing」より「in+~ing」がいいと思ったのかもしれません。真意がわからないですが、なにかふたりのあいだにミスコミがあったかもしれません。

http://dictionary.reference.com/browse/regarding
ページなかごろの「Usage note」を読んでください。ネイティブの解釈がバッチリ代弁されてると思います。

http://www.usingenglish.com/forum/threads/28107- …
つかいかたについて多少の違いが見られますが「regarding to」はやっぱりおかしい、と受け取れると思います。

ネイティブでも間違った、標準でないつかいかたをするひとはいます(わたしも間違えます)。日本人でも文章のヘタなひとがいるのとおなじようなことだと思います。ネイティブチェックといっても、たとえば一般人のわたしに聞いて、標準のブリティッシュ英語とわたしのニューヨーク巷英語の違いにまよったりするようなもので、相手をえらばないと...。

もともと「Regarding raising(the)consumption tax in Japan」とすれば正解だったはずです。この文では「Regarding Henry」とちがい「Regarding raising the consumption tax in Japan」はものすごく長いですから、「Regarding, in raising the consumption tax in Japan, 続きの文章」とかいって読み分けをしたかったのかもしれません。あるいは「regarding raising」の「r」と「ing」のくりかえしがイヤで、なにか間にいれたかったのかもしれません。むしろ「Concerning」にかえるとか、むだな「the」をとって「Regarding raising consumption tax in Japan」とするか(「raising tax」だけで「増税」の意味になりますので、ここで「the」がなくても違和感はない)、できるだけ短くする工夫をすればよかったと思います。

「Regarding raising consumption tax in Japan」になおして添削をお願いしてみたらどうでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

とても参考になったうえ新しく提案までしていただけたので、次につながりました!
ありがとうございます。
Regarding raising taxまたはConcerning raising taxで添削をもう一度してもらってみます。
また添削はフィリピンの方にしてもらっているので、次回は英検1級取得者の日本人の方に頼んでみようと思います。(英検英作文の対策なので)

お礼日時:2014/03/11 00:17

http://www.usingenglish.com/forum/threads/28107- …
などに議論されていますが、"regarding" は前置詞でその後に目的語をとるのが本来です。to, on を挿入するのは誤用です。そうする人は多いようですが。
    • good
    • 2

No.3さん:


「regarding in vitro fertilizations」とは「regarding+<in vitro> fertilization」(「in vitro」はラテン語からきた「in glass」の意味で、「in vitro fertilization」で「体外受精」)とよみます。前置詞が「to」か「in」かということとは違います。

ご質問者と閲覧者の方々:
ノンネイティブの外国人が「あまり聞いたことがない」といったり、ネイティブの一般人が「そう言わない」といったりしても、どちらも確実に信頼できるものではないのですが、それでも、今回にかぎっては、「regarding」が正しくて、「regarding to」と「regarding in」はまちがい、と理解くださったらありがたいです。
    • good
    • 2

一般的には、


With regard to + 名詞

Regarding + 名詞
となると思います。

Regarding inはあまり聞いたことがないです。

ALCにはこんな例文がありました。
liberalize one's policy regarding in vitro fertilizations
体外受精に関する政策を自由化する

Regarding to のtoが間違ってるから、inと差し替えた感じですかね。
あとは、regarding raising とing形を続けて使いたくなかったからinを入れたとか。

明確な答えでなくてすみません。
    • good
    • 4

ネィティブチェックはときとしてあてになりません。



先日英語論文の原稿をネィティブチェックにだし
たところ、まちがえてなおしてあるところなどが
ありました。文法のきまりごとについては、日本人
の英検1級保持者などのほうができるくらいです。

regardのつかいかたについても英英辞書などで
たしかめて確認したほうがよいとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この英作文は英検の英作文のものです!
添削者もやはり日本人ですよね。ならやはり日本人に添削を日ごろしてもらうほうがよさそうですね。
ありがとうございます。
英英辞書、見てみます^^

お礼日時:2014/03/11 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhave to be able toって?

You have to be able to go there and back.

have to しなければならない
be able to できる

日本語が繋がらないです

be able toはいるんですか!?

Aベストアンサー

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する意味があるのが分かりやすいと思います。

質問文の、You have to be able to go there and back. は、単独では、
「あなたはそこへ行って、帰って来れなくてはいけない」という意味です。

be able to を省略してもよさそうに見えますが、前後の文脈とあわせればもっと意味をとりやすいはずです。

私なりに本当の意味を推測しますと、こういう意味ではないかと。

「あなたはそこへ行くだけではダメ、自分で帰って来れなくてはいけないんだよ」

この意味であれば、
You have to go there and back. では意味が全く違ってしまいます。

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する...続きを読む

QTo see is to believe は Seeing to believingと違う?

不定詞は未来のことを述べ動名詞は過去のことをのべるのでこの二つの意味は違うと友人が言うのですが。。。
To see is to believe.
Seeing is believing 学校文法では同じと習いましたが。。違うのでしょうか?Seeing の方が、過去の意味でTo se... はこれからの未来のことを述べるからと言われました。
また
The Upper House of Parliament has enackted a controversial bill to revise the 1947 Fundamental Law of Education.
の質問 What was a top priority for Mr. Abe?に答えはRevising the Fundamental Law of Education was. となっていました。 私はTo revisethe 1947 Fundamental Law of Education. と思ったのですが、友人が過去の質問だからRevising.... ガ、正しくて、to revise...は未来のことを述べるときに使うと言いました。本当でしょうか?

不定詞は未来のことを述べ動名詞は過去のことをのべるのでこの二つの意味は違うと友人が言うのですが。。。
To see is to believe.
Seeing is believing 学校文法では同じと習いましたが。。違うのでしょうか?Seeing の方が、過去の意味でTo se... はこれからの未来のことを述べるからと言われました。
また
The Upper House of Parliament has enackted a controversial bill to revise the 1947 Fundamental Law of Education.
の質問 What was a top priority for Mr. Abe?に答えはRevising the Funda...続きを読む

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2746439.html
のNo.2の回答を見てください。
 
自分の感覚では、to do は、基本的には時間差を示し、その意味で、時には未来を、そして時には過去を意味することもあるのだと思っています。

To see is to believe. では、いつ見たかということが問題になりますが、「見る」事は普通、いつでもやっているので、この場合は過去と言うよりも未来と感じるのだと思います。
I'm happy to meet you. のよう場合、to meet は、もうすでに「会っている」わけなので、過去のことになるわけです。

ing形は、「~している」の意味でも使われ、これは現在のことですから、今、目に見えているわけです。その意味で、名詞化というか、具象化というか、モノ化がto do の形よりも進んでいます。そして、名詞、つまり、ものは、過去からずっとあるわけですから、ing形は、その意味で、過去や現在を示すことになります。
また、このことは、「もの」をあらわすとき、その対象がはっきり捕らえられれば、当然、その名前つまり名詞ということですが、がつけられ、それは普通ひとつの単語になるわけですから、その意味でも、to do という2語に分かれてしまっているto不定詞よりもing形という一語のほうが、適していると言う形でも説明ができます。

なお、
>What was a top priority for Mr. Abe?に答えはRevising the Fundamental Law of Education was. となっていました。 私はTo revisethe 1947 Fundamental Law of Education. と思ったのですが、友人が過去の質問だからRevising.... ガ、正しくて、to revise...は未来のことを述べるときに使うと言いました。本当でしょうか?

については、未達成のことなら、そして、この場合は未達成ですからto 不定詞でも特におかしくないと思います。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2746439.html
のNo.2の回答を見てください。
 
自分の感覚では、to do は、基本的には時間差を示し、その意味で、時には未来を、そして時には過去を意味することもあるのだと思っています。

To see is to believe. では、いつ見たかということが問題になりますが、「見る」事は普通、いつでもやっているので、この場合は過去と言うよりも未来と感じるのだと思います。
I'm happy to meet you. のよう場合、to meet は、もうすでに「会っている」わけなので、過去のことになる...続きを読む

Qbe+to不定詞の識別

Nationalism is not to be confused with patriotism.

という文ですが、
この文のbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現のどちらか判別できません。

また、この文に限らず、
一般的にbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現なのかを
どのように判別するのでしょうか?

Aベストアンサー

My aim is to go to college.
補語となるパターンを考えればわかりやすいと思います。

go という不定詞部分の主語は I 自体であり、
my aim 自体が go するのではない。

my aim = to go to college

助動詞の代用の場合は、
He is to attend the meeting.
attend の主語は he そのもの。

he という人間が to attend the meeting という行為と=ではない。
単純に is to を must などの助動詞に代えて成り立つのだから当然のことです。

助動詞の代用という説明自体、判断する手がかりです。
助動詞に置き換えて意味が通じればそちら。

私としてはそういう説明上のもので、助動詞の代用というのが
be to の本質ではないように思います。

Q前置詞 to と in の違い

( )に前置詞をいれる問題です。
 John was walking ( ) the direction of the station.
駅の方向へなので、to だと思ったのですが、
解答は in でした。
どうして in なのでしょうか? 教えてください。
お願いします。
 

Aベストアンサー

これは、「太陽は東から昇る」の「東から」がどう英訳されるのかと同じ問題を含んでいます。日本人はつい

*The sun rises from the east.(* は誤文を表す印)

としてしまいがちですが、正しくは

The sun rises in the east.

です。これは、東が「点」ではなく、広がりをもった「範囲」だからです。from は「起点」を表していますね。

direction は「方向・方角」ですから、まさしく east と同じことがいえます。「方向・方角」は「点」ではなく、「範囲」なので in と結びつくわけです。to は from の「起点」に対して「到達点」を表しますよね(そこが、同じように「方向」を表していても to が toward と異なる点です)。

Qbe likely to の不定詞の用法

 be [likely/apt/liable] to,be [willing/reluctant] to, be eager to,be ready to, と思いつく限り書いて見ましたが、この
be+形容詞+to doの形の不定詞は何用法にあたるのでしょうか?

 僕が思うに副詞的用法の形容詞の限定には考えにくい
と思うのですが、それともこれは熟語の一部としてとらえた
方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾語として形容詞または形容詞相当語句のあとに置いて、判断の理由、条件、感情の原因などを表します。
This scheme is difficult to put into practice.
(=It is difficult to put this scheme into practice.)
  (この計画は実行に移すのがむずかしい)
That old machine is not safe to touch.  (あの古い機械は触れるとあぶない)
I am happy〔glad、delighted〕to make your acquaintance.
 (お知り合いになれてうれしく思います)

[注]
「be + 形容詞 + to不定詞」の形で、慣用句としてよく用いられるものに次のようなものが挙げられます。
be anxious〔eager、impatient〕to~(~したがっている)
be apt〔liable、likely〕to~(~しやすい、~しそうだ)
be ready〔prepared、willing〕to~(いつでも、喜んで~する)
be sure to~(きっと~する)など。

 ということで、お尋ねの不定詞は、副詞的用法ですが、慣用表現ですので、判断の理由、条件、感情の原因のどれにもあたらないのでしょう。

 いかがでしょうか?

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾...続きを読む

Q"in order to" と "for the sake of"の違いを教えてください。

『The Anti-Aesthetic』という本の中に

"The 'in order to' has become the content of the 'for the sake of;' utility established as meaning generates meaninglessness."

という文章があるのですが、翻訳された『反美学』という本では、「『何かを目的として』というのが『何かのために』の意味内容となり、意義として確立された有用性が無意味を生み出しているのである。

と訳されています。『何かを目的として』というのと『何かのために』というのは同じ意味ではないのですか?

日本語の質問になるのかもしれませんが、両者の違いを教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

この本は私は読んだことはないですが、本のタイトル『The Anti-Aesthetic』から
して美学に対するアンチテーデなり反論を企てていることは理解できます。
そうすると、ご質問の貴方が質問している文章もその発想で解釈するのがよろしいかと思います。

まず、翻訳の文章ですが、貴方は日本語として理解できますか。私は理解できません。意味不明の翻訳です。 また英語の文法的解釈も間違った翻訳であると思います。
この文章は二つの文から成り立っていると思いますが、第二番目の文章の
訳の文章の文法解釈が間違っていると思います。

1) The 'in order to' has become the content of the 'for the sake of;'
2) utility established as meaning generates meaninglessness."

第二番目の文章の主語は, utility established as meaningであり
動詞は、generates であると思います。
従ってまず直訳的には、 「意味として確立されたその使用方法は、結果として無意味な事柄を作り出した。」です。

さてこの直訳では、余り良くわからないのでこれをこれから解釈します。

そのために in order to と for the sake of を考えます。
これら二つのフレーズのキーの単語は order と sakeです。
この単語の基本的な意味は
order : 配列 秩序
sake : 目的
です。 従って foe the sake of は 直接的に意味を成しています。 ~の目的のためにとなります。これに反して orderは、直接的な意味ではなく in order to で、
~のなす配列の中での意味です。 これが転じて ~のためにとの意味になっています。貴方のご質問の文章の第一番目は、こののポイントを指摘しています。 第一番目の文章を細かく解釈すると「 in order toという言い回しは本来~のためという意味を持っていないか、その意味が転じて for teh sake of の意味つまり
~のためという意味をもつようになった。
そしてこの意味の転用を皮肉って(反美学の精神j)、第二番目の文章があり、
その意味とては
「確立された有用性(in order to が目的を表すこと)が、結果として
目的としての意味の無意味性を生み出した。(つまり in order toの意味が
~する秩序えお保つとの意味から、目的の意味を変わってしまったので、
本来の意味が無意味にされてしまった。)」 ということをいっています。

in order to を ~するために との意味に使うのはへんだと主張しています。

これはまさに「反美学」的主張であると思います。

p.s
因みに日本語の『何かを目的として』というのと『何かのために』はもちろん同じ意味と考えていいです。

この本は私は読んだことはないですが、本のタイトル『The Anti-Aesthetic』から
して美学に対するアンチテーデなり反論を企てていることは理解できます。
そうすると、ご質問の貴方が質問している文章もその発想で解釈するのがよろしいかと思います。

まず、翻訳の文章ですが、貴方は日本語として理解できますか。私は理解できません。意味不明の翻訳です。 また英語の文法的解釈も間違った翻訳であると思います。
この文章は二つの文から成り立っていると思いますが、第二番目の文章の
訳の文章の文法解釈...続きを読む

Qbe going to beがわかりません。

be going to beがわかりません。

I'm not going to be humiliated in front of the entire neighborhood.

ご近所全員の前で辱をかかせたら承知しないわよ!
(親が子供に言ってる台詞でした)

この文は何でbe going toを使うのですか?
be going toは、これから何かしようとする時に使うと思っていました。

I'm going to go to....のように。

Aベストアンサー

SPS700さんのお答えの通りです。

また、I don't want to be ... でしたら、現在形ですから、「現在私は~されることを欲しない」という意味になります(未来の時点では変わるかもしれない)。
それに対して I'm not going to be ... だと、現在の時点から以降のことを問題の対象にしています。
直訳すれば、「私はご近所全員の前で辱をかかせられるような状態に陥るつもりはない」とでもなるでしょうか(日本語には英語の未来時制に相当する表現がないので、これくらいがせいぜいでしょう)。
「つもり」はなくてもそうなったらどうなるか。I'm not going to be ... という、しかるべき状態を否定されるわけだから、あり得べき世界が壊れることを意味する。もはや、それまでのような秩序は期待されない状態になるので、何がどうなるか分らない・・・

QWolverine set to fall in love in Japanese sequel

ニュースの見出しでこんなのを見つけました。
どうして
Wolverine sequel set to fall in love in Japan
もしくは fall in love with japanese
にならないんでしょうか?
文法がよくわかりません。

Aベストアンサー

(1)Wolverine set to fall in love in Japanese sequel
=ウルヴァリン、日本での続編で恋に落ちる

(2)Wolverine sequel set to fall in love in Japan
=ウルヴァリンの続編、日本で恋に落ちる

(3)Wolverine set to fall in love with Japanese
=ウルヴァリン、次は日本人と恋に落ちる

です。それぞれ意味が違います。

(2)だと「ウルヴァリンが」ではなく「続編が恋に落ちる」ことになるので不自然です。
(3)なら文法的に間違いではないし、事実にも反していないので、これでも悪くはありません。ただし、記事の言いたいことを、今ひとつ表し切れていません。

記事の冒頭を読めばわかりますが、読者は「(Xメンのキャラクター)ウルヴァリンが次作の舞台を日本に移すのを、すでに知らされている」のです。その皆さんがすでに存在を知っている「Japanese sequel」では、新たに「fall in love」することに決まりましたよ、と初めて知らせてくれているのが今回のニュースです。日本語訳を見比べてみればおわかりかと思いますが、(1)のほうが、その趣旨が伝わりますよね。

(1)Wolverine set to fall in love in Japanese sequel
=ウルヴァリン、日本での続編で恋に落ちる

(2)Wolverine sequel set to fall in love in Japan
=ウルヴァリンの続編、日本で恋に落ちる

(3)Wolverine set to fall in love with Japanese
=ウルヴァリン、次は日本人と恋に落ちる

です。それぞれ意味が違います。

(2)だと「ウルヴァリンが」ではなく「続編が恋に落ちる」ことになるので不自然です。
(3)なら文法的に間違いではないし、事実にも反していないので、これでも...続きを読む

QThere are going to be ..........................

NHKラジオ英会話講座より
There are going to be a lot of really interesting art and showbiz people there.
そこには本当に面白い芸術家や芸能界の人たちがたくさん集まるのよ。

質問:there is 構文とbe going toの組み合わせに疑問があります。
(1)主語はinteresting art and showbiz people でしょうか?
(2)There will be a lot of really interesting art and showbiz people there.とbe going toの代わりにwillではいけませんか?
(3)there are going to beが1つの型でありthere are going to do
とbeの代わりにdoの型もありますか?
(4)be going toの主語は人意外は経験がありませんので、なにかアドバイスをお願いできれば幸いです。 以上

Aベストアンサー

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明します

be going to は既に予定されていた事に使います

Mother: Can you repair Tom's bike? トムの自転車直せる?
It has a flat tire. パンクしてるの
Father: I know. He told me. 知ってる。言ってきた
    I'm going to repair it tomorrow.
    明日直す予定だよ

will は話の中で予定を組む時に使います

Tom: My bicycle has a flat tire.自転車がパンクしてる
Can you repair it for me? 直してくれる
Father: OK but I can't do it now. わかった。でも今は無理
    I will do it tomorrow. 明日するよ

上記ははっきりした区別です。それ以外の未来は、どちらでもよく、
その違いはありません。

It will rain this afternoon.
It's going to rain this afternoon.

I will be 20 next month.
I'm going to be 20 next month.

It's already 8 o'clock. I'll be late.
It's already 8 o'clock. I'm going to be late.

例の文は従ってどちらでも変わりません。もし違いがあるという
英語国民がいるとしたら、それは個人的な感覚と言えます。

There will be a lot of ...
There is going to be a lot of...

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明しま...続きを読む

Qto live in で in がなぜつくのか

「この家は10人の人が暮らせる大きさだ。」を英訳すると This house is big enough for ten people to live in.となるらしいのですが、to live と考えてしまいます。in をつける約束事があるのでしょうか。解説をお願いします。
;

Aベストアンサー

「飲み物」は something to drink
drink something の関係

「書くもの」は
something to write with(ペンなど)
write with something の関係

「住む家」は
a house to live in
live in a house の関係
live a house ではない。

こういうつながりがもとにあります。

This book is too difficult for me to read.
This book is so difficult that I can't read it.
上では最後に it をつけない,と習いますが,
これも read this book と裏で主語とつながっているからです。

今回の場合も,live と主語の this house がつながっていて,
live this house でなく,
live in this house というつながりなので in が必要です。

place の場合は in はない方が自然ですが,
house なら in があった方がいいです。
学校文法ではどちらにしても in が必要だと思ってください。

「飲み物」は something to drink
drink something の関係

「書くもの」は
something to write with(ペンなど)
write with something の関係

「住む家」は
a house to live in
live in a house の関係
live a house ではない。

こういうつながりがもとにあります。

This book is too difficult for me to read.
This book is so difficult that I can't read it.
上では最後に it をつけない,と習いますが,
これも read this book と裏で主語とつながっているからです。

今回の場合も,live と主語の thi...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報