アセチルサリチル酸は無水酢酸との反応でできますが、どんな副成物ができるのでしょうか?考えたり、本をみたんですがわかりません。それと、アセチルサリチル酸は安息香酸よりも強い酸であるのは何故でしょうか?どちらもカルボキシル基を一つもっている点では同じですよね?ほんとに初歩的な質問ですが、教えてください。

A 回答 (2件)

> どんな副成物ができるのでしょうか?



 これはおやりになっている反応条件や反応操作の仕方等で変わってきますので,明快な回答は出来かねます。では,考えられる副成物は何かですが,次の点を考えながら教科書を見直して下さい。

 まづ,この反応は酸無水物(無水酢酸)とアルコ-ル(今の場合はサリチル酸のフェノ-ル)から,アミン(ピリジン?)触媒によってエステル(アセチルサリチル酸)を作る反応ですね。その反応機構はおわかりですね。

 さて,この反応系中にある官能基を考えてみます。サリチル酸にはフェノ-ル基(OH)の他にカルボキシル基(CO-OH)があります。

 カルボキシル基(CO-OH)もフェノ-ル基(OH)と同じ OH を持っていますので,同様の反応をする可能性があります。生成物は何でしょうか?出来たものはサリチル酸のフェノ-ル基(OH)やカルボキシル基(CO-OH)とは反応しないでしょうか?反応する場合,生成物は何でそれはさらに反応するか?・・・・と考えてみて下さい。

 あ,その前に,無水酢酸のアセチル基にならなかった部分はどうなるでしょうか。これもこの反応の副生物で,以下同様に考えないといけませんよ。


> アセチルサリチル酸は安息香酸よりも強い酸であるのは何故でしょうか?

 有機化学の教科書の「カルボン酸の強さと構造の関係」について書かれている所を御覧下さい。

 一般的に言って,カルボン酸の強さは「H+ の出しやすさ」とその反面の「H+ の受け取り難さ」で決まります。したがって,2つのカルボン酸を比べた場合,H+ を出した構造がより安定な方がより強い酸です。

 この安定性について,シグマ結合の安定性への関与(電子 ○ ○性効果)と,パイ結合による安定性への関与(共鳴効果)の面から考えてみて下さい。


 こう考えながら教科書を見直せば,キットぴったりの例があがっていると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごい丁寧なご返答ありがとうございます。私は本当に化学が苦手で何を調べて良いかもわからなかったので、どこを調べたらいいのかを教えてもらって助かりました。副成物については友達に聞いたら酢酸と言ってました。でも他にも何かあるかもしれないのでもうちょっとしらべてみようと思います。酸の強さの違いについてはカルボン酸の強さと構造を調べればよいのですね。さっそく明日学校で調べてみます。これであさってのレポート提出に間に合いそうです!本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/05 23:22

まずネットで「アセチルサリチル酸 合成」等で検索してみてください。


さらに、図書館で辞書類あるいは「有機化学」等の化学関連の閲覧が可能であればご覧になってください。

それから、疑問店を整理して再度質問されては如何でしょうか?

補足お願いします。

この回答への補足

ネットではいろいろ検索してみたのですが、副成物についの情報を得る事はできませんでした。学校で有機化学の本をみてみたのですが、アスピリンの合成方法については詳しくのってるのですが、副成物についてはやはりのってませんでした。官能基についてはもうちょっと調べてみてみようと思います。とにかく、レポートの締め切りが迫ってるためあせってしまい、よく調べずに質問をしてしまいました。どうも申し訳ありませんでした。

補足日時:2001/06/04 23:26
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[サリチル酸・アセチルサリチル酸・安息香酸] 酸としての強さの比較

サリチル酸・アセチルサリチル酸・安息香酸の、酸としての強さが、
サリチル酸>アセチルサリチル酸>安息香酸となるのはなぜでしょうか。

サリチル酸は安息香酸と比べて、フェノール性ヒドロキシル基がついているので、安息香酸より酸性が強くなりそう、また、アセチルサリチル酸はサリチル酸のフェノール性ヒドロキシル基がアセチル化されているので、サリチル酸よりは酸性が弱くなりそう、
と何となく思うのですが、正確なところが良くわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
図を書くのは苦手なので、うまく伝わるかどうかわかりませんが・・・・
サリチル酸に関しては、同一分子内のOH基のHと、-COO^-(電離した形)のOが水素結合を形成することによって安定化されます。下図。

ーO
 ┃
 H
 : ←水素結合
 O^-
 ┃ 
ーC=O


アセチルサリチル酸の解離した形における共鳴形には、安息香酸では対応する形がないような共鳴形が存在します。
この時のベンゼン環と置換基の結合に関しては下に示しています。形式的にベンゼン環と置換基の結合は二重結合になっています。また、このとき、ベンゼン環自体はシクロヘキサジエン構造になっています。
大雑把な議論ではありますが、一般に共鳴形が数多く書けるほど安定ということになりますので、アセチルサリチル酸の解離した形の方が、対応する安息香酸のものよりも安定と言うことになり、その分だけアセチルサリチル酸の方が強い酸性を示します。

*アセトキシ基とベンゼン環の結合
=O^+ーC(=O)CH3  (Oに+の形式電荷)
*COO^-とベンゼン環の結合
=C(O^-)2

これでもまだ難しいでしょうか。確かに少々難しい話もあり、共鳴安定化、あるいは共鳴効果などがわかっていなければ、アセチルサリチル酸の話は理解できないと思います。
もしわからないようでしたら、教科書の共鳴に関連する部分を勉強してみて下さい。

No.1です。
図を書くのは苦手なので、うまく伝わるかどうかわかりませんが・・・・
サリチル酸に関しては、同一分子内のOH基のHと、-COO^-(電離した形)のOが水素結合を形成することによって安定化されます。下図。

ーO
 ┃
 H
 : ←水素結合
 O^-
 ┃ 
ーC=O


アセチルサリチル酸の解離した形における共鳴形には、安息香酸では対応する形がないような共鳴形が存在します。
この時のベンゼン環と置換基の結合に関しては下に示しています。形式的にベンゼン環と置換基の結合は二重結合...続きを読む

Q安息香酸と安息香酸エチルの分極の大きさ

安息香酸と安息香酸エチルの分極の大きさについて疑問があります。

参考書では、安息香酸のほうが分極が大きいとなっているのですがどうしてでしょうか?

分極しているカルボニル基の隣に注目した時に、安息香酸ではOH基、安息香酸エチルでは、CH2CH3基が結合していますよね。

OH基とCH2CH3基の電子供与効果を比較した時に、OH基のほうが大きく、安息香酸の分極がより小さくなると考えたのですが、違うようです。

これは、OH基の電子供与性よりも電気陰性度が優先するからでしょうか?

芳香族の時は、OH基がつくと必ず供与基になるのに、この2つはどう違うのでしょうか?

違いもふまえて、教えてください。

お願いいたします。

Aベストアンサー

そもそも、「分極」とは何でしょうか。そこで述べられている「分極」というのは極めて曖昧であり、いったい何をさすのかわからない無責任な言い回しです。
両者を比較するのであれば、違いはO-H結合の有無です。あなたは、OHとC2H5の違いがどうのこうのと言う言い方をしていますが、そうではなく、OHとOC2H5の違いです。

結局、その無責任な言い回しの意味するところは、単にOHとOC2H5の違いといったレベルの話でしょう。O-H結合は簡単に切れてイオンになるのに対して、O-C2H5の結合ではそうはならないというレベルの話じゃないですか。

あなたが後半で書いたようなことは全く別の話です。本件に関しては的外れだと思います。

Q安息香酸と安息香酸メチルの性質の違いを教えてください。

安息香酸と安息香酸メチルの性質の違いを教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

安息香酸は細菌に対してその動きを抑制する働きは強力ではあるが、
殺菌作用としては弱い。
その為、殺菌効果を得る為にパラベン等他の成分と一緒に用いる
場合が多い。

安息香酸メチルはメタノールと結びつくことで芳香性が現れる為、
香水など香り成分として用いられる。

Q塩化アセチルと酢酸ナトリウムから無水酢酸

塩化アセチルと酢酸ナトリウムから無水酢酸を作る反応原理を教えて下さい

Aベストアンサー

「反応原理」が指すところがよくわからないのですが、求めている回答と違っていたらすみません。


塩化アセチルの示性式はCH3COCl、酢酸ナトリウムはCH3COONa、無水酢酸は(CH3CO)2O です。
構造式は教科書や資料集に載っていると思うのでそちらで確認してください。
(ない場合:塩化アセチルhttp://www.tcichemicals.com/eshop/ja/jp/commodity/A0082/)

まずそれぞれの物質は次のように分かれイオンになります。
(電荷と式の+が紛らわしいのでイオンをカッコでくくりました)
CH3COCl → (CH3CO+) + (Cl-)
CH3COONa → (CH3COO-) + (Na+)

この4個のイオンが再び組み合わさって無水酢酸になるので、
反応式は次のようになります。
CH3COCl + CH3COONa → (CH3CO)2O + NaCl


このように、それぞれの物質の示性式・構造式を書く→どのようなイオンに分かれるのか書く→組み合わせを考えて反応式を書く、とすると反応式が書けます。
構造式を使って反応式を書くと分かれる場所やまとまり(官能基)がわかりやすいので、ぜひ自分で書いてみてください。
カラーペンなどで分かれる場所などを書き込んでみるといいと思います。

「反応原理」が指すところがよくわからないのですが、求めている回答と違っていたらすみません。


塩化アセチルの示性式はCH3COCl、酢酸ナトリウムはCH3COONa、無水酢酸は(CH3CO)2O です。
構造式は教科書や資料集に載っていると思うのでそちらで確認してください。
(ない場合:塩化アセチルhttp://www.tcichemicals.com/eshop/ja/jp/commodity/A0082/)

まずそれぞれの物質は次のように分かれイオンになります。
(電荷と式の+が紛らわしいのでイオンをカッコでくくりました)
CH3COCl → (CH3CO+) + (Cl-)
CH...続きを読む

Qアセチルサリチル酸

サリチル酸に無水酢酸、濃硫酸を加えてアセチルサリチル酸を作ったのですが、このときの反応機構がわかりません。知っている方いたら詳しく教えてください。あとできれば、このアセチルサリチル酸の純度を調べる方法が何かあったら、そのことについてもお願いします。

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムの中和滴定でもとまるのではないでしょうか??

ヒドロキシル基がアニオンになり無水酢酸を攻撃することに反応が起きます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報