現在25歳(男)で、留学を考えているものです。
私は仕事を辞めてでも、留学をするべきでしょうか?

具体的には2015年の7月からイギリスにある大学院へ行きたいと考えています。
なぜそうしたいかというと、1つは学生時代に留学という実現できなかった夢を、今実現できるのだから、実行したいということです。
そしてもうひとつは、将来留学関係の仕事について、留学する人たちを支援できる職につきたいという夢があるからです。
私は現在某大学の国際交流センターという部署で仕事をしています。
そして留学経験を積めば、保証はどこにもないですが、現在の職業経験と留学経験は、留学エージェントへのキャリアにとても役に立つと思います。
ただ、大学で働いていれば、すでにやりたいことに関連した仕事があるのだからそこで働き続ければいいじゃないかと思うと思います。
しかし、人事異動によって将来全く関係ない部署に行った時に、その時は年をとっているわけで、あの若い時になぜしなかったのかという後悔を絶対にすると思います。

最近それを両親に話したら、ひどく反対されました。
というのも、理由は"仕事を辞めて"留学をするからです。
私は大学職員という職についていますが、そんな安定した仕事を捨ててまでするなんて心配でたまらないからです。
ましてやこの不況の時代に、帰国してから仕事を得られる保証なんてどこにもないからです。
しかし、もし現在の仕事を休職できるんであれば、行ってもいいということです。
ですが、私の職場にそういった理由で休職できる制度はありません。
兄も、無職の期間を絶対に作ってはいけないと言われました。
次の就職先を見つけるとか、今の仕事を辞めなくて済むよう、どうにかしてから留学をしなさいということを言われました。
兄は、留学や転職自体には反対ではありません。あくまで無職の期間を作ることは避けるべきということです。
そんなこともできないようじゃ、大人しくしていなさいと言われました。

でも私はそんなことまでしたくありません。
もし休職できたところで、帰ってきてから転職しては、母校でもある大学に対して大変失礼だと思います。
それに円満退社もできないと思います。(そんな人に気を遣ってるようじゃダメかもしれませんが)
また、今から転職活動するにしても、仕事、英語の勉強、留学準備があるなかで、そこまでできる時間的余裕はありません。
第一、今転職活動して、1年後受け入れてくれるうまい企業なんてあるのでしょうか?

無職なって初めて分かる苦しみがあると兄は言います。
今は安定しているから分からないと言います。
両親、兄の言っていることは全く正論だと思います。
現に兄は、数回転職して、無職の辛さを身をもって経験しているわけですから。

当初私は仕事を辞めて留学する気満々でしたが、今はどうして良いかよく分からなくなってしまいました。

(1)仕事をやめて留学する(留学終了後、現地or日本で就活)
(2)休職できるようどうにか頼み込んで留学する(帰国後、復職した後転職するか、そのまま続ける)
(3)転職活動をしてから留学する
(4)留学など諦めて、現在の仕事を続ける

この4つの選択肢のうち、どれがベストでしょうか?
どんな厳しいご意見でも構いません。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

35歳を過ぎている社会人で留学しているものです。


会社を辞めて単純に自分が苦手な英語を克服したいから留学を思い立ちました。
知っての通り35歳は転職のボーダーラインです。
そのラインを越えているので不安と言えば不安です。
ただ、今の日本で貴方がもっている不安をすべて消し去って留学するのは難しいでしょうね。

自分の前の会社も良い環境でした。給料等も含めて。
ただ、辞めました。自分の年も良く考慮しました。けど、辞めました。
軽く言ってますが、貴方が知っているように、あの決断は重かったですね。

4つの選択肢がありますが、
(1)仕事をやめて留学する(留学終了後、現地or日本で就活)
(2)休職できるようどうにか頼み込んで留学する(帰国後、復職した後転職するか、そのまま続ける)
(3)転職活動をしてから留学する
(4)留学など諦めて、現在の仕事を続ける

正直、あとは単なる決断力の違いだけじゃないでしょうか?
状況も人の意見も貴方は頭でわかっているでしょう。
今の仕事を過去に選んだことも貴方の家族も変ることも出来ません。それが貴方が作り上げてきた人生です。

最悪のシナリオ
すべて失敗して家族からも悪く言われる。
それを想像しても行きたいならば、行けると思うし失敗しても立ち直れるでしょう。
また、失敗しても家族が支えてくれれば、将来追い込まれることはないでしょう。

自分の心と家族、友達の心を貴方が動かすことが出来なければ、留学に行っても満たされることはないと思います。
役にたつかわかりませんが、これが自分の意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅れて申し訳ありません。
ご回答有難うございます。

貴重なご意見ありがとうございます。
確かにこうやって色々な人に相談してみても、人の数だけ意見があります。賛成の人もいれば反対の人もいて、今の私はどちらにも揺さぶられているような状態です。特に反対意見を聞いた時は気分がすごく落ち込んで、留学・転職なんてしない方がいいのではないかと、その時は思います。しかし、それから少し時間が経てば、やはり自分のやりたい方向に行きたいという思いに自然と支配されてきます。
どんなに反対意見やリスクを聞かされても、どうしても諦めることができない自分がいます。
こうなると、最後に決めるのは自分なんだと最近気付かされました。
確かに不安材料を全て排除するのは絶対に無理ですね。必要なのは、自分の覚悟と、自分自身を信じる力ですね。
とりあえず、今は行くという思いが8割を占めていますが、今後出願をして、先の道筋は立てて行きたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/22 19:42

同様の経験をしたので、ついコメントを残したくなりました。



私も25歳のときに会社を辞めてアメリカへ留学しました。(単なる語学留学です。)
大学卒業後、大手外資系企業に就職しましたが当時英語が話せないことがコンプレックスでした。
就職して3年間常に英語ができないもどかしさがありましたが、社会人留学は考えていませんでした。
理由は下記の通りです。

・学生の頃に一度非英語圏に留学していたので再度どこかに留学するという考えがなかった
・せっかく就職できた企業を辞める等という事は全く考えていなかった
・親には常に「いい会社に就職したんだから頑張って続けるように」と言われていた

働いているうちに英語ができないコンプレックスがどんどん大きくなり、もしもっと上手く話せたら・・・と思うようになりました。
このコンプレックスを一生背負ったまま働くよりも、長い人生のうちのたった1年留学して英語を克服すればその後の人生が変わると思うと、
そのまま会社に残るということが逆にもったいなく感じ始め、計算してみたら自分の貯金で留学できることに気づき、そこからはもう自分を止めることはできませんでした。

すぐに留学の手続きを始め、会社にはすぐ辞表を出し、辞表を出した後両親に事後報告しました。
両親に事前に言えば反対されることはわかっていましたから、申しわけないと思いつつ黙って進めました。

私は25歳の一年間に行って帰って再就職を決めたかったので、25歳になる直前に仕事を辞めてアメリカへ渡り、26歳になる前に日本に戻ってきて転職活動をして26歳になると同時に新しい会社で働き始めました。
(最低限ではありますが)英語ができるようになって帰ってきたことで就職の幅が広がり、再び外資系企業に就職することができました。

留学先のクラスメイトは大学生ばかりで社会人で来ている人は少なく、再就職を考えると不安になることもありましたが、働いた経験があるからこそ勉強だけに集中できる時間を大切にしようと思いますし、学ぶことの楽しさを感じることが出来ました。

帰国後の就職は約束されていないので周りの方が仰るとおり仕事が見つからないというリスクは必ずありますが、そのリスクを背負ってでも勇気を出して1年行って来て本当によかったと思っています。
それによって新たな道が開かれ、あれから数年経った今は再び海外に出て働いています。
私は行ってよかったと思っていますが、あのまま仕事を辞めずに残っていたら今頃はその企業で立派な役職についてお給料ももっとたくさんもらえていたかもしれませんし、どちらの選択が正しかったのかは今もわかりません。
でも後悔は全くしていません。

ご自身が納得できる道を見つけられるといいですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事が遅れて申し訳ありません。
ご回答ありがとうございました。

私と同じような経験をされたのですね。
そのようなお話をお聞きできて、非常に勇気が湧きます。

私は現在国際交流センター関係の仕事に携わっていますが、学生から留学相談を受けた時や、留学生と英語で話すときに、もどかしさを感じます。
もっと留学に関する知識があれば、もっと英語が話せたら、もっと学生のためになる仕事ができるのではないかと感じます。
そういった面で、留学するというのは、私にとって留学経験と英語力を身につけることができる絶好の機会だと考えています。

他の方もおっしゃっていますが、留学したことで後悔はしていない、幅が広がったという声をよく聞きます。
その言葉を信じて、自分は何が何でも理想の仕事につくのだという強い意志を持って、これから頑張りたいと思います!
ありがとうございました!

お礼日時:2014/06/29 16:03

No. 9eeyoreです。


再就職についてですが、
私は現在、アメリカの日系企業で働いていますが、いずれ日本に帰って日本で再就職するつもりです。
私の専攻は化学ですが、大学での専攻、前の職場、大学院での専攻、今の職場、とどれも化学系で一貫性があり、徐々にスキルアップ出来ていると自分では思っています。日本での就活はこれを強みにしたいと思っています。
大学院卒業前は、アメリカでの就活と同時に日本での再就職も考えて日本の就活もしていましたが、アメリカでしばらく働いてみようと思い、日本の就活は現在は保留中です。ですが、今でもリクナビ、マイナビ、その他の就活サイトは時々チェックしています。有難いことに、前の職場からも、戻ってこないかと声を掛けても頂きました。

ご質問者様の場合、現在の職場にまた戻って来られるどうかも分からないとのことですが、今の職場でなくても、他の留学関連団体や留学関連会社への再就職は考えていらっしゃらないのでしょうか?他にもたくさん留学関連の仕事はあると思います。

いずれにせよ大学院で確実に自分がスキルアップすることが再就職に関しては一番の強みだと思います。
あまり参考にならない回答になってしまったかもしれませんが・・・。
「案ずるより産むがやすし」ですよ、頑張って下さい!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

またも勇気のでるご回答を頂きありがとうございます。
「案ずるより産むがやすし」ですね。
今日職場で学生が、休学して放浪の旅をしたという講演会をしていたのですが、その学生がしきりに言っていたのが、"人生は1度しかないのだから、やってみたいと思ったことはやるべき"ということでした。
それを聞いていて、何だか自分に言われているような感覚になりました。
それに、その学生は両親からは旅をすることを反対されたそうですが、帰国した後は、誇りに思ってくれたそうです。
私もそんな風に、いい意味で親を裏切れるような留学ができたらと思いました。

私はやはり留学に関連した教育の分野で仕事がしたいですね。
公的機関や、エージェントなど、選択肢は幅広くあると思うので、これからきちんと業界研究、企業研究をして、自分が希望した道を進んでいけたらと思います。

この度は2回もご回答頂きありがとうございました。
頑張ります!!

お礼日時:2014/06/25 21:40

私は、大学卒業後8年ほど働いてからアメリカの大学院に進みました。


会社を辞める際は結構悩みましたが、今ではアメリカの大学院を卒業できて本当に良かったと思っています。
明確な目標があれば仕事を辞めてでも挑戦する価値はあると思います。

私がもし、これから海外の大学に留学を考えている学生なら、海外の大学に留学経験のあるアドバイザーに相談したいですね。
誰でも留学前はいくらかの迷いはあると思いますよ、100%自信を持って何の不安もなく留学する人なんてそうそういないと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅れて申し訳ありません。
ご回答有難うございます。

そうなんですね。
eeyore5さんのようなご意見にはとても勇気づけられます。
確かに留学アドバイザーの方に相談するのは大切ですよね。それに全ての不安を排除するのも確かに無理ですね。
ちょっとお聞きしたいのですが、大学院を卒業されてから、転職活動は大変でしたか?

お礼日時:2014/06/22 20:02

#3です。


「この回答へのお礼」を読みました。

再度、読み返して見ると、問題点の指摘で終わっていて、貴方に対するアドバイスになるような提案とか、方策のようなものがなかったので、もう一度。。。

アベノミックスで、就職状況は好転しつつあると言われているようですが。。。
それにしても、就職難の時代に、安定したプレステージのある仕事を勉強の為とは言え、投げ出すのは、如何にも勿体ないと思って仕舞います。

で、代替案として、「Distance Learning」を検討して見たら如何ですか。
これなら、通常はオンラインで勉強出来るので、スクーリングの時は、有給休暇等を取って学校へ行けば、仕事を止めたり、休職しなくても済むのではないですか。

留学したいという気持ちの中には、何を勉強するかという目的と、イギリスの地に行って現地の生活を体験して、文化にも肌身で触れて見たいという付随的な希望があるのではないかと思いますが、「Distance Learning」でも、貴方の要求水準は、最低限であっても満たせるのではないでしょうか。

イギリスの大学教授に聞いた話ですが。。。
現在、アメリカや南米やヨーロッパ諸国等からの受講生がいて、中国からも問合せがあったと言っていましたよ。
大学院でも、講義や論文指導もオンラインで行なっているとか。。。です。

もし、興味があれば。。。
ここ:http://www.abrandnewyou.co.uk/careers-education/ … と http://www.distancelearningportal.com/articles/2 … に、「10 top UK Universities for distance learning」が載っています。
こういうのを手掛かりに検討して見ては如何ですか。
オックスフォード大やケンブリッジ大等でも、「Distance Learning」コースがあるようですが。。。

また、「水の泡」という言葉に引っ掛かって、余計なお節介とは思いますが。。。
安全、安心、安定という親の立場で考えて仕舞いがちですが、あなたは、平均寿命まで半世紀以上もあるのですから、まだまだ、冒険しても良いのかも知れませんね。

井の蛙のように、狭い環境の中で、安全、安心、安定を得て生きるのも人生。
渡り鳥や回遊魚のように、広い視野に立ってグローバルに生きるのも人生と思えば、若くてパッションのある時に、大空に飛び立つのも良いのかも知れません。

何れにしても、自分でリスク・テイキング出来る範囲を見極めて、自分の生きる将来を若い感性で見通して判断するのが良いのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅れて申し訳ありません。
ご回答有難うございます。

Distance learning というシステムがあるのですね!ぜひ参考にさせて頂きます。
plokij75さんがおっしゃるように、現地の文化や空気に直接触れてみたいという思いもあります。
考えてみると、私はどちらの道を選んでも後悔すると思いました。
このまま仕事を続けても、将来なぜあの時留学しなかったのかと後悔するでしょうし、留学しても、おそらく仕事を辞めなければよかったと思う時があると思います。そう考えて天秤にかけた時に、やらなかった後悔の方が自分の中で絶対的に大きいのではないかと感じました。人は結婚や家など、何かを目標に生きていきますが、私の場合は、それよりもまず留学して希望の仕事に就きたいという目標が先にあります。これまでの4年間もそれを目標に生きてきたようなものです。

色々とすみません。
これからの長い人生なので、慎重に考えていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/22 19:28

この4つの選択肢のうち、どれがベストでしょうか?



(4).

英国の諺に A bird in the hand is better than two in the bush というのがあります。
http://www.wisegeek.org/what-does-a-bird-in-the- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅れて申し訳ありません。
ご回答有難うございます。

確かにこの諺は正論ですよね。
でもこれは、いかなる状況においてもこれが正しいのでしょうか?
世の中全ての人は、欲を捨てて、大人しくしていなさいということでしょうか?
確かに今ある仕事は非常に良い仕事だと思いますが、このような諺があるからといって簡単に諦めるのは難しいとも思ってしまいます。

勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/22 16:21

40代の男性です。


質問を読ませてもらって、正直な話、意味不明です。勿論、何か真面目に言っているというのは伝わってきます。

1)まず、一番解らないのが、留学エージェントの仕事をしたいのかそれとも海外に“留学”したいのか、どちらがより大事なあなたの夢というか目的なのですか?
留学エージェントの仕事なら英語力は評価されるでしょうけれど、“留学”経験はないよりかはあった方がいい程度だと思います。留学エージェントって平たく言えばある種の旅行代理店ですよね。それと、今のあなたの英語力が分りませんが、一年間イギリスにいればそれなりに喋れるようになるでしょうけれど、帰国して使わなければその能力は落ちていくばかりです。

2)『具体的には2015年の7月からイギリスにある大学院へ行きたいと考えています。』
『第一、今転職活動して、1年後受け入れてくれるうまい企業なんてあるのでしょうか?』
つまり、イギリスの大学院に一年間だけ在籍するということですか?イギリスの大学院制度については詳しく知りませんが、修士に課程にしろ1年間で修了するのでしょうか?それと、何を専攻されるのでしょうか。単に1年間だけいるだけなら一年間語学留学や観光旅行するようなものですよね。

『しかし、人事異動によって将来全く関係ない部署に行った時に、その時は年をとっているわけで、あの若い時になぜしなかったのかという後悔を絶対にすると思います。』
何をどう後悔されるのか分りませんが、人事異動は留学エージェントの会社にもあります。

『無職なって初めて分かる苦しみがあると兄は言います。今は安定しているから分からないと言います。』
その通りだと思います。でも、あなたは納得できないのでしょ。

『友人で、整備士になりたくて仕事を辞めて、現在専門学校にかよっている人がいます。その人は、後悔はしておらず、現在充実しているようです。』
ご友人のケースとあなたの場合は全然違いますよ。御友人の場合は整備士になりたい。そのためにはその技能を身に付けキャリアを積まなければならないから専門学校に行っている。技能を身に付け学校を卒業すれば整備士になれる可能性はある。学校にも求人が来ているかも。
でも、あなたの場合は単に一年間イギリスに遊びに行く。それだけでしょ。それがいけないと言っているのではないのです。人生観・価値観は人それぞれですから。
それから留学エージェントは“留学”希望者向けの旅行代理店ですから確かに英語力は求められるかもしれませんが、それは会話力よりかは読み書きの方が大事ですよね。現地の学校との契約書の取り交わしやメールでのやり取りなど。時差もあるし今の時代電話で直接やり取りすることは少ないと思います。そして、今のあなたのお仕事との大きな違いは営利目的だということです。純粋に留学のお手伝いをしたいというのなら今のお仕事の方がよほどやりがいがあると思いますが、その辺はどのようにお考えなのでしょうか。それは兎も角、留学エージェントで働きたいのなら今の職から直接転職した方がいいと思いますが。

(1)仕事をやめて留学する(留学終了後、現地or日本で就活)
(2)休職できるようどうにか頼み込んで留学する(帰国後、復職した後転職するか、そのまま続ける)
(3)転職活動をしてから留学する
(4)留学など諦めて、現在の仕事を続ける

個人的には(4)。(2), (3)はありえない。どうしても行くのなら、退職して真面目に大学院で勉強してMBAでも取って大学院に在籍中に就職活動をして大学院修了後に就職する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅れて申し訳ありません。
ご回答ありがとうございます。

私にとって留学するということ、そして留学関係の仕事につくということは、両方とも大きな夢であります。留学関係の仕事はしたいけれども、その仕事をする上で、自分自身に留学の経験があれば、より良い仕事ができるのではないかと考えています。こうした考えを踏まえて、自分自身の夢の実現、そして次のキャリアにも繋がるメリットがあると考え、留学をしたいと考えています。また、仮に留学せずに転職活動が希望通りになったとしても、自分の中にはまだやりきれない気持ちが残ると思います。なぜなら、純粋に"留学したい"という気持ちがあるからです。
また、イギリスの場合は修士を1年間で終えることができます。専攻はIntercultural communicationという分野を勉強しようと考えています。この分野に関しては、単純に興味があるということと、この分野を教えている教授が、留学エージェント関連のことに関してお詳しいとのことで、この分野を考えています。

もちろんエージェントでも人事異動があることは承知しています。友人とは状況が違うこともわかります。ですが、例えば5年後、あの時頑張っていれば今ごろ自分の思う道へ進めたのかもと後悔したくないのです。今はたまらなく不安ですが、こうなるのだと信じ、できることの全てをしていくことが大切だと思っています。

まだどうなるかわかりませんが、もう少し考えて、近うちに結論を出したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/22 16:07

迷いがあるうちは、留学すべきではないと思います。


私からは(1)~(4)どれでもなく、「延期する」をお勧めします。
今どちらかをあきらめる決断をする必要は、ないのではないかと思います。時期がよくないだけだと思います。

私は社会人留学経験者ですが、あなたのように迷って困って決断した記憶はありません。いまのあなたよりもっと年齢が上で、再就職できるかの保障はほぼゼロの状態でした。
それでも、「留学」の経験は自分の人生をより良くするために必要だと、とても強く思っていたので、不満はなかった仕事先を潔く退職して決行しました。
もちろん会社には、休職と帰国後の復職の相談はしましたよ。でも、「1年後の会社の状況は分からないので、休職は許可できないし、再雇用の約束もできない」と言われてしまいました。(会社合併の話が出ていたときで、タイミングも悪かったんだと思いますが)
よく考えてみれば、社員を1年もただ休職させておく余裕がある会社は、そうそうないでしょう。

結局帰国後は同じ仕事に戻れましたので、私はラッキーだったのかもしれませんが、帰国後の保障まで受けられる状態で留学している人は少ないし、それまでを条件としてしまったら、留学できないことになってしまう人の方が多いのではないかと思います。

私の場合、留学の経験を「キャリアアップ」に結びつけられているとは言えない(英語はできなくてもできる仕事)のですが、とりあえず今は、留学前に理想としていたレベルの自分にはなれましたし、考え方やものの見方が大きく変わり、人生ははるかに豊かになりましたので、留学して本当によかったと思っています。

留学の経験を仕事に生かしたいと強く思い込みすぎると、自分を追い込んで不幸になる結果にもなります。
語学ができるようになるとできることが広がる反面、そればかりを生かす仕事というのはとても狭い範囲に限られてしまうからです。
お住まいの地域にもよるとは思いますが「英語を生かす仕事」って、探してみるとけっこう「ない」ものです。(これは私自身も留学前には全く予想していなかったことでした。仕事の幅が広がるとばかり思ってました。)
あと、あってもお給料がよくないとか。(私の場合は実は、英語力は生かせないけど元の仕事に戻るほうがずっとお給料がよかったので、戻ることにしたんです。)
思い通りの仕事がすぐ見つかればよいのですが、なかなか見つからない可能性の方が高い現実があると思いますので、そうなると、仕事をやめて留学を決断したことも、留学したことも後悔する人生になってしまいます。ぜひそうはならないようにしてください。

まだ25歳ですよね。
先の方も書かれていますが、その職場にもっと「なくてはならない人材」と言われるようなスキルを身につけてからなら、帰国後に復帰させてもらえる自信とか、別の会社にでも再就職できる自信がつくのではないでしょうか。
または、再就職できるかどうかよりも、もっと強く「留学したい」と思えるようになってから実行するのでも、遅くないと思います。

また、
「留学するからには高度な英語力を身につける必要がありますよね」
これはちょっと、理想を高く掲げすぎで、自分の首を絞める原因になりそうです。
学校に通って勉強しただけでは、そんな簡単には、ぺらぺらになるほどの英語力はつきませんよ。外国で生活するからこそ、学べることもたくさんあります。語学だけの習得でいいなら、日本国内でもできますから、留学する意味はありません。
留学する意味を改めて考え直したほうがよさそうです。留学で得られることは、語学力ばかりでは、ないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
自分なりに留学の理由はしっかりと持っていたつもりです。

将来留学関係の仕事に就くためには、英語力と留学経験は必ず必要になるだろうということ。
さらに、なぜ今なのかというと、結婚などもしていないので迷惑を掛ける人がまだ少ない、25というまだ若いうちに多くの経験を積みたい、今の職場であと数年続けていたらより責任があるポジションに移って留学に行くタイミングを失いかねない、今この歳だからこそ挽回できる。
それに就職活動をしていた当時から、3~4年働いた後に辞めて留学に行くと決めていたことも理由の一つです。
確かに2~3日前に両親に話した時に、反対されて気持ちが揺らいでしまいましたが、留学したいという気持ちは、今でも本当にかなり強くあります。
ずっと温めてきたこの人生計画を実行しなかったら、それこそ魂が抜けた抜け殻のようにでもなってしまうんじゃないと思うほどです。
友人で、整備士になりたくて仕事を辞めて、現在専門学校にかよっている人がいます。
その人は、後悔はしておらず、現在充実しているようです。
留学に関してもすすめてくれました。
もう少し考えなおして6月中に決断したいと思います。

この度は本当にありがとうございました!

お礼日時:2014/06/15 20:03

ご家族の方達が言われている事をあなたご自身も認めていらっしゃるように、責任を持って反論できる人は、そういないのではないでしょうか。



そう感じるのは、問題点が2点あると思うからです。

1.あなたの質問から感じる事ですが。。。
留学するという夢が先行し過ぎているのではないかと感じます。
現在の安定した仕事を捨ててまで留学するのであれば、留学後の事もある程度の確率を持って見通しが出来ないとリスクが大き過ぎるのではないですか。
学部の学生が、その延長で大学院へ留学するのであれば、現在よりは実力を付けられるので、就職に有利になるという事もあるでしょう。
そう言う意味で、学部の学生からの留学は、メリットがあると言えるでしょう。
勿論、学位が取れると言う前提ですが。。。

でも、既に、就職して安定した仕事に付いているのですから、留学後にキャリア・アップを計りたい、計るという強い意志があって、損得計算が出来ていなければ、あなたの背中を押してくれる人はいないのではないでしょうか。
留学に費やされる時間や費用に見合うメリットは何ですか?という事をもう一度検討して見たら如何ですか。

2.就職後に、会社を退職して留学して成功した二人の知人がいます。
その人達は、何れも、就職後10年前後の経験を積んで、それなりのスキルを身に付けてからの留学でした。
一人は、MBAの大学院で、帰国後には、別の会社に就職してコンサルタントになりました。
もう一人は、語学留学経由で、大学3年次に編入して卒業し、現地の会社に就職しました。
何れも、一人前のスキルを身に付けて、管理職一歩手前位までになっていたので、再就職も上手く行たのではないでしょうか。

社員の留学制度がある会社でも、20代半ばの社員を留学させる、本人も留学するというのも、担当としている業務関連で、留学後に、職位アップが計れるからだと思います。

そう考えると、貴方の4つの選択肢では、
>(2)休職できるようどうにか頼み込んで留学する(帰国後、復職した後転職するか、そのまま続ける)
を選択するのが良いと思います。

現在、留学制度がないのなら、上司や大学を説得したら如何ですか。
もし、説得も出来なくて休職も出来ないのなら、
>(4)留学など諦めて、現在の仕事を続ける
事に甘んじる方が良いのではないかと思いますよ。

だって、海外へ行ったら、何事でも自分で切り開いて行かなければ、誰も自分の為になるような事はしてくれないと思う位でないと前へ進めないのではないかと思いますから。。。

でも、若い人には、夢を実現して欲しいですし、ある程度の冒険をするぐらいのパッションも持ってほしいです。
ただ、ブレークスルーには、それを乗り越える気概や英知も必要かも知れませんし、安全ネットの張っていない綱渡りをする時には、どんな結果でも受け入れる覚悟だけはして置く事だと思いますが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
夢が先行しているというのは、兄からも言われました。
でも確かに留学は留学で実現したいと考えていますが、留学関係の仕事に就くのも留学をするのと同じくらい大きな夢であります。
学生時代に1ヶ月半滞在したオーストラリアで、現地でお世話してくれたエージェントの方々のことを忘れることはできません。
私も将来必ずああいった仕事をしてみたいと思う意志は今でも変わることはありませんでした。
しかもあのような業界は、なかなか新卒を受け入れているところは少なく、社会人経験を積んだ人を積極的に採用しています。
さらに留学経験と英語力は必ず必要となってくると思います。
それを踏まえると、今辞めて留学をするというのがあるべき道筋ではないかと考えています。
無職になるというのは非常にリスクが伴いますが、それでも挑戦してみたいという思いを変えることもとても難しく、これまでの4年間の努力をすべて水の泡にするなんて到底できそうにありません...

もう少し考えて、6月中に結論を出したいと思います!
この度はありがとうございました!

お礼日時:2014/06/15 11:39

私だったら (4) を選択するようにとアドバイスすると思います。



質問者は、身近な人たちの意見を聞き、それでも思いを断ち切れないということで、こうして質問サイトに投稿して、赤の他人の意見をも聞きたいと思われたわけで、かなり慎重なタイプの人なのでしょう。

思い立ったが吉日という言葉があります。決断したらすぐに実行しないと、そのうちに気持ちが萎えてしまったり、邪魔が入ったり、反対されたりと、前進を阻む要素が次々と出現しかねないという意味にも取れます。

質問者は 「迷って」 いる状態のように思えます。そして、「迷う」 という状態は、自分で自分にブレーキをかけている状態です。それは、「本気である」 といえる状態ではないからです。

何とかいう英国の詩人の言葉に 「見る前に跳べ」 というのがあるそうですが、決断はそれくらいでないと出来ないものです。迷うようなら、止めておけ、と私ならアドバイスします。

決断している人間は、こんなところで相談などしません。ふと気がついたら実行していた、という状態になっているはずです。そういう人は、そういう機会が訪れるのを待っていたのかもしれません。だから迷いがないのです。

「どうしようかな?」 と他人に相談しているようでは、心中に期するようなことは実行できません。怪我をしないためには、自重した方がいいと考えます (中には、本当は決断してしまっているのだが、周囲を無視したように思われないために、形だけは相談するふりをする場合というのもあるかもしれませんけれど)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
やはり迷いがあるのでしょうか...
実は両親に初めて打ち明ける前は、周囲の友人など結構多くの人に相談していて、ほとんどすべての人から”若いのだから留学するべき”と励まされました。
なので自分は絶対に留学するのだという堅い意志がありました。
しかし両親や兄から現実を突き付けられた途端、多くの不安にかられてしまいました。悪く言えば、今まで現実から目をそらしてきたと言えるかもしれません。
でも、やはり4年以上も前、就職活動を始めた時からの意志はずっと変わらずここまで来て、本当に多くの人に相談して、やっと見えてきた未来です。
私が兄と同じような道を辿るとも限りません。
長々とすみません。。。
もう少し考えてから結論を出したいと思います。
この度はありがとうございました!

お礼日時:2014/06/15 11:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q語学留学を考えている社会人です。

はじめまして。こんにちは。みなさんの意見をきかせてください。
学生の頃から、海外で暮らしてみたいという気持ちが常にありましたが、出きず今は社会人の26歳です。未だに海外に行きたいという気持ちがあり留学を考えています。
昔から英語は苦手で今もまったくしゃべれません。一人で海外旅行に行くことが多いので、しゃべれはしませんが、英語が嫌いなわけではありません。
現地の人とつたない英語でわかる単語でコミュニケーションをとりたいという意思はあります。
会社を辞めなくてはいけない事と帰ってきてからの事など不安は正直あります。
人それぞれ違うとは思いますが、みなさんの体験談などをきかせてもらえるとうれしいです。
今の希望では、期間はお金と相談して3ヶ月から1年くらいを考えています。
国は、まだ決めていませんが、英語圏に行きたいと思っています。
現地に行ってから学校などを探したいと思っています。
皆さん!アドバイス・ご意見を聞かせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数年前になりますが、7年勤続の会社を退職して語学留学をしました
きっかけは英会話教室に通っていたけれど、実際に英語圏で暮らして通じるんだろうか?という単純な動機でした (^^ゞ
予算と大学の規模を検討し、米国の州立大学の語学コースを選びました
全5レベルあり、上から2番目のクラスに入り、2学期で「大学入学可」になったので“卒業”しました
レベル1には中学校の英語レベルの人もたくさんいましたよ

学校選びに関しては現地に行ってから探すよりも、日本で決めておいた方が良いと思います
と言うか、ビザの問題があるので観光で渡米してからビザを取るのは出来るんですか?←ちょっと分かりません
ちなみに学生ビザ無しでもOKと言うような学校は止めておいた方がいいです
私は10校程度に入学案内を送ってくれるように手紙を書き、学校案内(授業料、レベル、レギュラーの授業の聴講可・不可、住まい(寮、ホームスティ、アパート→ホームスティなどの場合は斡旋してくれるのか)等と、返信の対応を併せて2校に絞り、旅行がてらに下見に行き、実際に留学されている日本人の方に会わせていただき、お話を伺って決めました
(1校は学校の周りが、とても治安の悪い所だったことが在校生の話で判明)
下見までする必要は無いと思いますが、ネットやブログで、興味のある学校の学生の方に質問してみるのも手ですよね

ただ、語学コースとは言っても、大学に密着している学校はすごく勉強させられます
やる気がない人は、いつも母国の人と固まって、1日中英語を話さないという人もたくさんいました
本気で勉強するつもりならば、語学コースに行きながらレギュラーの授業を聴講させて貰い、ネイティブの人と積極的にコミュニケーションんを取るようにすれば、実力はつくと思います
私はカルチャースクールにも参加し、現地の人と交流を持つこともしました
また語学学校の講師から、米国での就職を紹介されましたので、やる気があればその地で就職するのも可能でしょう

現在26歳とのことですので、勉強する時は勉強!、遊ぶ時は遊ぶ!とメリハリをつけて頑張れば、帰国してから英語を武器に就職することも可能だと思います

数年前になりますが、7年勤続の会社を退職して語学留学をしました
きっかけは英会話教室に通っていたけれど、実際に英語圏で暮らして通じるんだろうか?という単純な動機でした (^^ゞ
予算と大学の規模を検討し、米国の州立大学の語学コースを選びました
全5レベルあり、上から2番目のクラスに入り、2学期で「大学入学可」になったので“卒業”しました
レベル1には中学校の英語レベルの人もたくさんいましたよ

学校選びに関しては現地に行ってから探すよりも、日本で決めておいた方が良いと思います
...続きを読む

QOLです。会社を退職してワーキングホリデーを予定しています。

皆さんこんにちは。私の友人の相談なんですが、宜しくお願いします。
彼女は私の同期で、現在入社三年目です。今年の夏~10月ごろからオーストラリアへ一年間、ワーキングホリデーへ行きます。
彼女がワーホリを決めた理由は、このままずっと今の仕事をしていくことに疑問を感じた、語学力アップ、色々な経験をして視野を広めたり、自分を成長させたいから・・・等です。
先日上司に打ち明けたのですが、説得(会社へ残ることに)されている状態です。

現在、一応大手企業にいます。お給料はいいとは言えないのですが、確かに安定もあるし、福利厚生もしっかりとしています。人間関係も良い方だと思います。男性中心の企業ではあると思いますが。
上司が言うには、せっかく大企業にいるのに一度やめてしまうと次が難しい。これから色々なことやらせてあげようと思っていたのに勿体無い、という事です。
それはもっともな意見だと思います。
確かにここでもう少し頑張ればキャリアもつくし、お給料も少しはあがるだろうし安定もあります。
友人も、帰国後の就職について心配はしていますが、それよりも行きたいという気持ちの方が上回っているようです。
一度きりの人生、自分で決めたいものです。

そこで、同じように会社を説得して退職し、留学を果たした方いらっしゃいますでしょうか。
どのように言えば会社は納得してくれたでしょうか。

実は友人のこととはいえ、私も来年の今頃までにはワーキングホリデーへ行く予定です。。まだ資金不足なので時期は未定ですが。

友人の為にも、自分の為にもアドバイス宜しくお願い致します。

皆さんこんにちは。私の友人の相談なんですが、宜しくお願いします。
彼女は私の同期で、現在入社三年目です。今年の夏~10月ごろからオーストラリアへ一年間、ワーキングホリデーへ行きます。
彼女がワーホリを決めた理由は、このままずっと今の仕事をしていくことに疑問を感じた、語学力アップ、色々な経験をして視野を広めたり、自分を成長させたいから・・・等です。
先日上司に打ち明けたのですが、説得(会社へ残ることに)されている状態です。

現在、一応大手企業にいます。お給料はいいとは言えな...続きを読む

Aベストアンサー

同じように、会社を辞めてワーホリへ行きました。

ワーホリは確かに、基本が「ホリデー」です。
でも、留学やインターンと違って、色々な事を選べる、「自分で組み立てられる海外経験」です。

帰ってからの再就職を心配するなら、選ばない方がいいかもしれません。

でも、ワーホリしたからマイナスとか、ワーホリはホリデーだから駄目とか、そういう会社も
確かにありますが、そうじゃない会社も世の中たくさんあります。
ワーホリ・語学留学・インターンに関わらず、1人で海外へ飛び出し生活したことを
買ってくれる会社もあるんですよ。
実際私はそれで帰国後働いていました。

ワーホリは語学留学やインターンに比べたら、明確にこれをしてきた、
これが目的でしたって言うのが難しいとは思います。
ボランティアして1年過ごすのもありだし、旅して1年過ごすのもありだからです。
それは周りから見れば、遊んできた、と思われても仕方ない部分です。

だけど、それで何も言えないようじゃ、結局本当に何のために行ってきたのか、
何を得てきたのか、分からないですよね、、
周りがどう見るにしても、向こうでの経験で自分が感じた事や、知った事や、
得てきた事を話せるなら、ワーホリだろうが、留学だろうが、変わらないと思います。

会社側が引き止める理由には、もちろん仕事の絡みもあるし、今まで一緒にやってきたという
寂しさも、心配する気持ちも、色々なものがあるんでしょう。
ワーホリに対して、良いイメージが無いだけかもしれません。後に来る人が、良い人かも分からないし・・。

私も最初はそうでしたが、自分の人生ですし、ワーホリがいいか悪いかなんて論議をしても
はじまりません。経験してみない事には、人づての話でしか考えられないんだし。

本当に行きたいという強い意志があるなら、自分からどんどん行動をして、現実の話として
自分自身にも、周りの人にも、示していくしかありません。

同じように、会社を辞めてワーホリへ行きました。

ワーホリは確かに、基本が「ホリデー」です。
でも、留学やインターンと違って、色々な事を選べる、「自分で組み立てられる海外経験」です。

帰ってからの再就職を心配するなら、選ばない方がいいかもしれません。

でも、ワーホリしたからマイナスとか、ワーホリはホリデーだから駄目とか、そういう会社も
確かにありますが、そうじゃない会社も世の中たくさんあります。
ワーホリ・語学留学・インターンに関わらず、1人で海外へ飛び出し生活したこと...続きを読む

Q今会社を辞めて留学したい。あと1歩踏み出す勇気が…

春から新入社員として働いています。
私はかねてから留学が夢で、200万程貯めてから会社を辞め留学するつもりでした。
そして最近大学の先生から、留学先の大学の教授を紹介してあげられる、というありがたいお話を頂きました。

ただ、これでは留学が予想よりも早くなるため、不安点があります。
それは会社を辞めることです。まだ働いてから半年ちょっとです。おそらく辞めるのは春くらいになると思いますが、それでも1年。たくさん教えて頂いて、ようやく1人で仕事も少しずつできるようになった所、辞めるというのは裏切るような気がして、申し訳ないです。
また、私の会社は大卒が少なくその分色々と期待されていました。その一方で「大卒って頭でっかちで使い物にならない」なんてことも(私に向けてではないですが)言う人達もいます。これで私が留学したいと言えば、嫌みや陰口など色々言われると思います。
そういう小さなことを色々考えてしまい、あと一歩踏み出す勇気が持てません。

ただ、もうこれを逃せばない、というようなチャンスです。先生も無理強いはしないけど、行くなら早めに言ってほしい、とおっしゃられます。私も留学したい気持ちは強いです。お金も、なんとか見通しが立ちそうです。

会社を辞める際は、どこまで言うべきなのでしょう?
単に留学したい、ということだけ言えば十分ですよね?

留学するのにこんな弱気な自分が情けないです。
人に頼ってしまうのも弱い証なのかもしれませんが、背中を押してもらいたいです。

ちなみに留学先はアジア圏です。
同じような経験をして留学した方などおられましたらぜひ意見お聞かせください。

春から新入社員として働いています。
私はかねてから留学が夢で、200万程貯めてから会社を辞め留学するつもりでした。
そして最近大学の先生から、留学先の大学の教授を紹介してあげられる、というありがたいお話を頂きました。

ただ、これでは留学が予想よりも早くなるため、不安点があります。
それは会社を辞めることです。まだ働いてから半年ちょっとです。おそらく辞めるのは春くらいになると思いますが、それでも1年。たくさん教えて頂いて、ようやく1人で仕事も少しずつできるようになった所、辞めるとい...続きを読む

Aベストアンサー

私も会社を辞めある国に行ったクチですから気持ちは分からなくもないですが、
留学が夢と言う事が分かっていながら何故キチンと就職したんでしょうか?
200万貯める意思があるなら割の良い仕事をして後腐れなく出国の方が良かったですよ。

背中を押してもらいたいって言う事は会社を辞めるキッカケが欲しいって事ですよね?
厳しい事書きますが、
背中を押してもらわないといけない留学は辞めた方が良いです。
本当に心が行こうと思うならば周囲に迷惑を掛け敵に回し背中を押されなくとも行く時は行きます、
躊躇すると言う事は波ではないと言う事。

先生には「行きます」と返事をして会社には何も言わず仕事をするつもりですか?
周囲の先輩や上司は辞めるとも思わず貴女に知識も時間も分け与えて立派にさせようとするんですよ、
上司達のその時間や知識も無駄にさせるんですか?
本当に行きたいなら辞めるのなら今辞めて腹くくったらどうですか?
その方が遥かに誠実です。
辞めるのが分かっていて何故他人の時間と知識をどぶに捨てる様な事が出来るのか…。
自身でも反対の立場なら思うでしょ?
何故分かってて言わないの?と。
突発的な事故や病気なら周囲も当然理解はありますが、
だって来春辞めるのは計画してるんですから良い訳がありません。

行くのなら半年も迷惑を掛けないで今辞めましょう、
留学ごときで背を押してもらわないといけないんです会社に残ってもウジウジするでしょう。
キチンと事情を話し誠心誠意謝罪し迷惑は掛けられませんと「今」会社を辞めた方が後腐れはないです。
何故辞めるのに半年先なんでしょう?
半年も後ろめたさを持ちつつ上司達の掛けがえのない時間と知識を無駄に浪費させるつもりですか?

どうせ200万貯めたら辞めるつもりなんでしょ?
だったら早い方が良いですよ。
会社としても次の人材を入れないといけませんし…。

>小さなことを色々考えてしまい…
全然小さな事ではありませんよ!
自分を軸に考えるのではなく自分は会社の1つのコマだとして考えましょう。
辞めるのは仕方ありませんが大人として筋は通しましょう、
辞めるのなら半年先ではなく「今」他人様に時間と知識を浪費させてはいけません。
彼らは奉仕活動をしているのでありません、
かつては自分もしてもらった様に仕事をしながら知識を分けているんです。
その行為は無にしない様にしましょう。

私も会社を辞めある国に行ったクチですから気持ちは分からなくもないですが、
留学が夢と言う事が分かっていながら何故キチンと就職したんでしょうか?
200万貯める意思があるなら割の良い仕事をして後腐れなく出国の方が良かったですよ。

背中を押してもらいたいって言う事は会社を辞めるキッカケが欲しいって事ですよね?
厳しい事書きますが、
背中を押してもらわないといけない留学は辞めた方が良いです。
本当に心が行こうと思うならば周囲に迷惑を掛け敵に回し背中を押されなくとも行く時は行きます、
...続きを読む

Q諦めかけていますが・・・、語学留学(30才男)

 タイトルの通り、今年で30歳の男(当面は独身)です。

 中学生の頃から自他共に認めるイギリス好きで憧れがあったものの、学校&受験英語は「好きだけど伸びず」だったため、大学で英語を専攻することは考えず(国際政治は専攻しましたが・・・(笑))、卒業後も家の諸事情と就職氷河期真っ只中だった時勢の中、必死に就職活動をし、いつしか中規模な典型的な日本企業の社会人8年目となりました。

 しかし、フリーターの友人が真顔で心配するぐらいの給料しか貰えない中、頭でっかちな年齢構成でいがみ合った組織と人間関係の中での業務に心身ともに疲弊が見え始めた今日この頃、貯金の一部を使ってイギリスorアイルランドでリフレッシュとスキルアップを兼ねた1年ほど語学留学をし、そこで得たスキルと社会人生活で得たスキルで転職を図ろうと夏頃から考えました。
 社会人になり、3回程、個人旅行でイギリスを訪ね、単身で現地の人や滞在する他国の人と色々と話しているうちに、昔の憧れの蘇りと、もっともっと色んな国の人とコミュニケーションを取って、これからの人生を過ごしてみたいという願望がどんどん強くなっていることに気付いたというのもその理由です。


 会社では、卸売り業務を5年、人事・労務関係を3年してきた経験があります。したがって、「社会人での経験」+「留学でTOEIC800点以上の取得(目標)」-「1年以上の職歴のブランク」 を踏まえて、新たな就職先を将来的に・・・と考えてきてたのですが・・・、


 ネットの多くの情報を通じて、ようやく語学留学の現実と自分の認識の甘さを知りました。


 今の心境はタイトルの通りです。本当にアホで無謀な発想だったとも思ってもいます。が、どこかでどうしても諦めきれない気持ちもあり、非常に悩んでいます。
 
 当方の職歴のスキルを踏まえても、やはり無謀な考えだという判断でいいのでしょうか(語学を身につけてからの大学・大学院留学をするまでの時間とお金はさすがに確保できません)。厳しいご意見でも結構ですので、お待ちしております。


P.S どうしても・・・なら、仕事しながら日本で独学でTOEICの勉強をするのが最も良さそうには思うのですが、管理職になる前に今の会社を離れられるチャンスはおそらく来年ぐらいまでしかない・・・ということも大いに迷わせる要因です。

 タイトルの通り、今年で30歳の男(当面は独身)です。

 中学生の頃から自他共に認めるイギリス好きで憧れがあったものの、学校&受験英語は「好きだけど伸びず」だったため、大学で英語を専攻することは考えず(国際政治は専攻しましたが・・・(笑))、卒業後も家の諸事情と就職氷河期真っ只中だった時勢の中、必死に就職活動をし、いつしか中規模な典型的な日本企業の社会人8年目となりました。

 しかし、フリーターの友人が真顔で心配するぐらいの給料しか貰えない中、頭でっかちな年齢構成でい...続きを読む

Aベストアンサー

留学旅行会社でカウンセラーをしているものです。

ここでは営業?はしませんので、正直に話します。

私自身の中では、そんな留学もありかと思います。
30歳で人生のすべては決まりませんし、まだまだお若いと思います。
留学はすべて語学とは限りません。
もっといろいろな事が自分の経験になります。
それが果たしてキャリアに繋がるかと言うと、また別の話しですが。。。
好きな場所で好きなように語学を覚えるのも、
この時しかないと言うのなら、直感的に出ても良いかと思います。
私のところにくる相談者の多くが、このような悩みを持ち、
迷いに迷った挙句、あきらめます。
今まで多くの留学生を見てきましたが、
どうもこの迷った挙句の方は、留学を失敗に終わらせる事が多いようです。
留学は、それほどかしこまった事ではありませんし、
良くも悪くも一筋縄ではいきません。
どうにかなると思っていたほうが、順応性が出るのではないかと思います。

ただし、私が上で言った事は何もなしで海外に出て大丈夫と言う事ではありません。
通常1年間で語学をある程度マスターし、話せるようになるのには、
もっとも日本での勉学が必要になるかと思います。
渡航を後3ヵ月後と決めたのなら、その間は日本で出来る勉強を、
精一杯やるべきだと思います。基本的にリスニングは日本でも出来ます。
後は資金です。イギリスは多額かかります。アイルランドは全般的に
安いと言われます。最も現地で語学なしに働くのは無理なので、
当面の資金は確保しなければなりません。
そう言った辺りで、場所を選択していけばよいと思います。

その後のキャリアはどうにかなるでしょ?と言ったら無責任になりますが、
今の時代英語を話せる人は沢山います。
ただその中で自分が見せられる人だったら、
新たな就職先は見つかるかと思います。
30歳で留学に行って、その1年を嫌う会社もあれば、
逆にその年で留学にいって、
とても行動力がある方と思われる会社もあるはずです。
就職はお見合いみたいなものですので。
むしろこう言った自分を見せられるものを見つけてきたら、
その辺りは特に心配する必要はないかと思います。
現に私は32歳ですが、この年で転職してもまだ職が見つかりますし・・・。
(職がどれが良いのかを考慮すると、難易度が上がると思いますが。。。)


留学なんてしなくたって生きていけます。
今ここであきらめて、そして管理職になったらもしかしたら幸せかも。
ただ厳しい話しをするなら、それで良いならそうすれば良いと思います。
でも後悔するか分からないけど、やっぱりあきらめきれないのなら、
行くべきだと思います。人生は二つの道は選べません。
相談者の顔を見ていると分かりますが、
迷っている時ほど落ち込んでいて、
もう駄目だと言う顔になっている方が多いです。
でも迷って迷って、もういいや~もうしゃあない、行くしかないか!と思って決めた後ほど、
明るくいきいきしています。
留学を断固として勧めるわけではないですが、
思いっきり飛び込んでみたら、意外と楽になると思います。


応援してますよ。がんばってください。

留学旅行会社でカウンセラーをしているものです。

ここでは営業?はしませんので、正直に話します。

私自身の中では、そんな留学もありかと思います。
30歳で人生のすべては決まりませんし、まだまだお若いと思います。
留学はすべて語学とは限りません。
もっといろいろな事が自分の経験になります。
それが果たしてキャリアに繋がるかと言うと、また別の話しですが。。。
好きな場所で好きなように語学を覚えるのも、
この時しかないと言うのなら、直感的に出ても良いかと思います。
私のところに...続きを読む

Q留学帰国後、日本にいるのが苦しい

現在大学4年生で、在学中に1年ほどの留学を英語圏でした者です。
もう帰国して1年半以上たつのですが、今だに、いわゆる"センターカルチャーショック"の中にいて、抜け出せません。
日本にいるのが苦しいのは、あちらでできた彼氏と遠距離中であるということも理由の1つだと思うのですが、留学中、毎日があまりにも充実していたため、帰国後はそのギャップで、魂が抜けてしまったように、何もする気がおきないんです。

ただただ戻りたいという気持ちが強く、卒業後戻ることも考えましたが、親の反対や、就職云々の問題で最低1年は日本で働くことになりました。

帰国後には日本において、日本のいやなところばかりが目につくようになってしまいました。たとえば電車に乗るのがものすごいストレスに。
・(混んでいる)電車に乗るのが苦痛でしかたありません。知らないおじさんとかと体をくっつけぎゅうぎゅう状態になるのが嫌。(もちろん文句を言っても、しょうがないこととは承知しています。日本のサラリーマンは本当に毎日すごいとも思います。)
・都心に出るまで電車で約1時間弱なのですが、近場でも出かける気がおこりません。ちなみに、小学校から電車通学をしているのですが、こう感じるようになったのは帰国後からです。
・思いやりのない人や余裕のない人にすごくイライラする。
たとえば、ぶつかったり、混んでる電車の中などでちょっとぶつかっただけで舌打ちしたりする人。ぶつかっても謝れない人など。電車の中で、どうしてこんなにも心が狭いんだろうと、泣きそうになったことがあります。

留学中は、Social Butterflyと言われるほど、本当にいろいろな場所に出かけ、毎日が充実していました。自分がそこまでアクティブだとは思っていなかったので、自分でも驚いたほどです。また、海外では1人でも常に新しいことに挑戦し、少しの問題が起こっても、ポジティブ思考で、楽に乗り越えられました。
しかし、帰国後は、小さなまだ起こるかもわからないことに気をもみ、常に焦燥感や不安感があります。
どうしてこんなに違うんだろうと思い、なぜ自分が生まれた日本でそこまで人生を楽しむことができないんだろう、とこんな自分に嫌気がさして涙がでてくるときも多々あります。

留学中のことを思い出すと、胸が熱く、ここ(日本)から早く抜け出したい!戻りたい!と叫びたくなるようなときもあります。

こんな私はおかしいでしょうか??
同じような経験をされた方いますか??

本気で悩んでいます。私はノイローゼや鬱病などなのでしょうか!?

現在大学4年生で、在学中に1年ほどの留学を英語圏でした者です。
もう帰国して1年半以上たつのですが、今だに、いわゆる"センターカルチャーショック"の中にいて、抜け出せません。
日本にいるのが苦しいのは、あちらでできた彼氏と遠距離中であるということも理由の1つだと思うのですが、留学中、毎日があまりにも充実していたため、帰国後はそのギャップで、魂が抜けてしまったように、何もする気がおきないんです。

ただただ戻りたいという気持ちが強く、卒業後戻ることも考えましたが、親の反対や、...続きを読む

Aベストアンサー

私は結婚を機に海外で生活しており、今年で13年目を迎えました。

shaoshaotさんにとって、留学期間の1年間があまりにも充実していたために、日本とのギャップを感じるのは当然だと思います。
(私も日本に帰国すると、まずガリバー現象が起こります・・・この道ってこんなに狭かったっけ?って)

留学中は、常に新しいことに挑戦してポジティブに受け止めていける自分がいた、そんな自分が大好きだったのではありませんか?そしてその時を共に過ごした大切なBoy Friend、友人たちとも遠く離れているから、寂しさや不安が出てくるのはおさらですよね。

日本を好きになれない、そんな自分に嫌気がさす・・・全然おかしいことではないと思います。shaoshaotさんはとてもまじめな方なのでは?だから考えれば考えるほど、日本も、そして自分自身をも嫌いになってしまう。自分の生まれた国だからと無理やり好きにならなくてもいいと思います。好きにならずとも、感謝していけるようにしてみてはどうでしょうか?日本人として生まれたことで、きちんと教育もうけられた、そして海外で充実した生活をおくれるほどの英語力もつけられた、そんな教育環境が整っている国で生まれ育ったことに感謝する。
感謝できるようになれば、もっと前向きになれます。前向きになれば、
今いる場所でできることが見えてきます。日本でしか学べないことが必ず見えてきます。日本で仕事をすることは、海外に出たときに、けっして無駄にはならないですよ。日本では新卒が優遇されますが、海外では職歴がないと信用されません。仕事をしながら学校に学ぶこともできる(私も日本で働いていた時、いつも学校に通っていました。その時に出会った先生方に海外への目を開かせていただいたんです)

海外が恋しい、今すぐ戻りたい!その気持ちに罪悪感を持つ必要もないし、大切にしてください。今の自分の気持ちを責めず、それこそ私って、本当に海外が大好きなんだな、将来必ず大好きな海外に行くぞ!って決意しましょうよ。焦ったら逆に失敗します。後悔します。自分の将来・夢・人生にしっかり目をむけることが今の悩みを解決できる何よりの方法だと思います。より明確に具体的に自分の人生設計をして、ご両親にも本当に信頼していただいて、海外に送り出してもらえるよう努力してみましょうよ。
ご両親にしてみれば、大切な愛娘が海外でなにかあったらと本当に心配されてるのだと思いますよ(私も2人の子を育てる親なのでわかります)絶対に大丈夫だという保障がないですし、見守る側の切ない気持ちを受け止めることも大切です。

私は、海外で生活して日本の良い所をたくさん教えてもらいました。日本人でよかったと心から思っています。でも、それは最初の半年で大嫌いになったこの国を心から好きになれたからなんです。子供たちはこちらで生まれましたが、自分たちは日本人だと言っています。日本には2・3回しか行ったことがないのに・・・(笑)

shaoshaotさん、がんばってくださいね。応援しています。
自分は近い将来、必ず海外にでれる!って、自分の夢を信じて。人や周りではなく、大好きな自分をみつめて前に進んでいってください。

私は結婚を機に海外で生活しており、今年で13年目を迎えました。

shaoshaotさんにとって、留学期間の1年間があまりにも充実していたために、日本とのギャップを感じるのは当然だと思います。
(私も日本に帰国すると、まずガリバー現象が起こります・・・この道ってこんなに狭かったっけ?って)

留学中は、常に新しいことに挑戦してポジティブに受け止めていける自分がいた、そんな自分が大好きだったのではありませんか?そしてその時を共に過ごした大切なBoy Friend、友人たちとも遠く離れているから、...続きを読む

Q25歳、退職→英語圏へ

25歳、退職→英語圏へ

初めて質問させていただきます。
留学に関してお詳しい方、実際に体験された方、客観的にご意見くださる方、よろしくお願いいたします。

私は現在25歳独身女性、神奈川県在住、職場は東京で一般企業に勤めて3年目、いたって普通のOLをしています。
今の仕事に不満はありません。ただ以前より語学(英語)に興味があり是非、真剣に学びたいと思うようになりました。(行き先はカナダです。)
仕事にも慣れ余裕が出来て自分の将来を見つめ直す時間が持てるようになり、自問自答を繰り返す中で出た答えです。
たった一度しかない人生なので、後悔はしたくありません。1年やそこら海外に行ったところで帰国後、語学を生かした職業に転職できると思っているわけでもありません。
ただ、行くからには最大限の努力をしたいと思っています。

帰国後にも不安は山ほどあります。正社員として雇ってくれるところがあるかどうかなど。
でも、先のことばかり考えてるうちにどんどん挑戦すると言うことを忘れて年を重ね、将来にやっていれば良かったとなどと後悔したくないのです。

長くなってしまいましたが、滞在方法についての質問です。
(1)ワーキングホリデービザを使って始め6ヶ月(カナダの場合の最長)以内で語学学校に通い、その後アルバイトをしながら滞在するという方法
(2)まずは観光ビザで6ヶ月以内の滞在で語学学校に通い、その後ワーホリビザに切り替えて滞在する方法

まず(2)の滞在方法は本当に可能なのでしょうか?

観光ビザ→ワーホリビザに切り替えが可能と書いてあるHPを見たのですが、改めて検索するとなかなか見あたらず詳しくわからないのです。


ちなみに現在の状況ですが
出発予定:2011年1月or2月(退職は11月or12月)を予定
資金:現在200万(出発までにあと70万はためる予定でいます)
英語能力:TOEIC450程度(ワーホリを考えるようになってから毎日勉強はしています。スコアは大学時代のものです、次は5/30に受けるつもりです)
性格:明るく社交的、冷静

長い文章を読んで頂きありがとうございました。上記をふまえ、厳しいご意見、アドバイス等でもかまいません。
質問に関しては、どなたかおわかりになる方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

25歳、退職→英語圏へ

初めて質問させていただきます。
留学に関してお詳しい方、実際に体験された方、客観的にご意見くださる方、よろしくお願いいたします。

私は現在25歳独身女性、神奈川県在住、職場は東京で一般企業に勤めて3年目、いたって普通のOLをしています。
今の仕事に不満はありません。ただ以前より語学(英語)に興味があり是非、真剣に学びたいと思うようになりました。(行き先はカナダです。)
仕事にも慣れ余裕が出来て自分の将来を見つめ直す時間が持てるようになり、自問自答を...続きを読む

Aベストアンサー

(ビザ切り替え業者なんて存在するのですね、初めて聞きました。非常に参考になりました!)
そんな業者など存在しません。

1)6ヶ月しか残存滞在期間が無い場合は、アルバイト先を見つけるのは困難になります。アルバイトをされる場合はできるだけ働くことができる期間が長いほうがいいです(雇用主から見たら当然です)。

2.理論的には可能です。正確にはワーホリビザへの切り替えなどできません。そもそもカナダ入国にビザなど不要だからです。ワーホリの申請は在日カナダ公館に出します。申請料は日本円で振り込まなければなりません。申請中にあるいは申請前にビザ免除にてカナダに入国(あなたの計画通り)することは可能です。カナダ大使館から申請内容について呼び出しがあった場合には、日本に帰らねばなりません。ワーホリの許可はE=Mailであなたの手元に送られます。しかしこれはワーホリ許可証ではありません。許可証に変えるにはカナダ国内ではできません。カナダ滞在中にそれをしたければ、最も近い場所=米国に出国する必要があります。米国に出国する場合には日本帰国の為の航空券が無くてはなりません。米国からカナダに入国する時に、許可証を発行してもらえる筈です。しかし滞在可能期間が1年になるとは限りません。何故ならばあなたは既にビザ免除でもしかしたら半年もカナダに滞在しているからです。拒否されるかもしれません。

ワーホリ終了後に一時滞在許可延長を申請するほうが理にかなっています。しかしこれも合理的且つ説得力のある申請をしなくては却下される可能性があります。

英語を本気に上達させようと思ったら、カナダ人社会で生活しなければなりません。90%のワーホリ、語学学校生はこれを実行していません。皆英語が話せないまま帰国して行きます。日本人の多い街の中心街には住まない、日本の商店には顔を出さない、そして最も難しいことですが日系商店、料理店でアルバイトをしないことです。

(ビザ切り替え業者なんて存在するのですね、初めて聞きました。非常に参考になりました!)
そんな業者など存在しません。

1)6ヶ月しか残存滞在期間が無い場合は、アルバイト先を見つけるのは困難になります。アルバイトをされる場合はできるだけ働くことができる期間が長いほうがいいです(雇用主から見たら当然です)。

2.理論的には可能です。正確にはワーホリビザへの切り替えなどできません。そもそもカナダ入国にビザなど不要だからです。ワーホリの申請は在日カナダ公館に出します。申請料は...続きを読む

Q30代で語学留学はやっぱり無謀?

昨年異動をしたのですが、業務内容があまりにも合わず、
異動が無理でしたので約9年勤めた会社を8月で退職します。

就職活動したところ、現状で内定を何社か頂いていますが本来勤めたい会社ではありませんが、本来勤めたい会社は周囲に相談したところ受かる確率は今の時点でなら70%位(TOEIC800なら80%以上)だけど時間が経つと分からない、ということでした(結構信憑性があります)。
ですが、カナダに9~12ヶ月の間で語学留学を考えており、応募することに躊躇っています。

留学したいと思ったのは、
・本来勤務したい業種は同業他社ですので、内情を考えると英語の日常会話が出来ることがとても有利だと感じたこと
・元々大学は海外の大学を希望していたけれど親の反対があり無理だったこと
…というのが理由です。

日常会話がスムーズにできるようになりたい、
TOEICのスコアに見合う会話力を身につけたい、というのが目的です。
今の時点では5ヶ月程ESLに通ったのち、専門学校で秘書的なプログラムを取ってインターンをしたいと考えています。

TOEICは現時点で650なのですが、退職を決めた頃から毎日3時間以上は勉強するようにしています。
その一方で30代前半で語学留学のためにブランクが空くと再就職が難しいのだろうか、と不安になる日々です。

語学留学を諦めて素直に就職活動をするべきか
チャレンジを兼ねて留学するべきか、
…皆さんだったらどうされますか?

皆さんの率直なご意見、経験に基づいた助言を頂けたらと思います。
よろしくお願いします。

昨年異動をしたのですが、業務内容があまりにも合わず、
異動が無理でしたので約9年勤めた会社を8月で退職します。

就職活動したところ、現状で内定を何社か頂いていますが本来勤めたい会社ではありませんが、本来勤めたい会社は周囲に相談したところ受かる確率は今の時点でなら70%位(TOEIC800なら80%以上)だけど時間が経つと分からない、ということでした(結構信憑性があります)。
ですが、カナダに9~12ヶ月の間で語学留学を考えており、応募することに躊躇っています。

留学したいと思ったのは...続きを読む

Aベストアンサー

私は一年間、アメリカに留学していました。
日本人留学生で一番多かったのは、語学大学の留学生。
なぜ留学しているかと言うと、「大学のカリキュラムで、半年留学しなければならないから」との事。もちろん、彼等は勉強なんてしません。
日本人ばかりで集まって遊んでました。

私の知り合った日本人でも30歳以上の方で留学されてる方が3人ほど居ますよ?会社から資金を出してもらって、英語獲得してくる様に言われた方がいらっしゃいましたが、自分でお金を貯めてアメリカに来ている方もいらっしゃいました。
日本ではあまりメジャーでないですが、中国や韓国、中東などからの留学生は成人の方が多いですね。私の知っている方では50過ぎの方もいらっしゃいました。ただ、みなさんレベルが高い。
イラクからアメリカの大学院に交換留学している方が居ましたが、科学の専門用語を何の違和感なく使いこなしていました。

就職に関して・・・はちょっと解りませんが、
30歳過ぎて留学するのは何の問題も無いと思いますよ。

Q社会人1年目。2年後留学希望です。

4月から働いている、社会人1年目女です。
私は大学の頃から留学を志していましたが、金銭的な面で難しく一度会社で働き、お金を貯めてから行こうと思っていました。

現在の私の計画としては、1年~1年半ほど仕事をし、その後半年ほど準備期間(学校への申し込みや語学勉強)を経て2年後の春から留学したいと思っています。留学先は中国です。
最終目標は大学院に入り翻訳、通訳の勉強をすることです。
しかし、親は大反対。仕事は3年しろ!と言います。

それでも、毎日毎日留学したい..という気持ちからとてもじゃないけど3年も続けられないというのが本音です。最低限のお金を貯める為1年ほど働きますが、それ以上は無理です。
というのも、今の仕事は専門職で(希望の職種とは全く違う課に配属されました。)仕事を続ければ続ける程辞めづらくなりそうですし、私自身同僚、上司を騙しながら働いているようで申し訳ないです。
また3年後は25歳、それから大学院留学すれば帰国時は28歳もしかしたら30歳近いかもしれません。結婚や、次の仕事を考える上でそれが怖いです。
私自身はこれでいいんだ!1年ほど仕事して辞める!留学するんだ!という強い意志を持っているのですが
会社はどう思うか..家族は反対してる...そういうことを考えると少し不安になります。

1年ほどで会社を辞めることは、とても非常識なことですか?
実際このような短期間で留学する人は稀でしょうか?
自分が今どういった心持で毎日を生きればいいのか、よく分かりません..。

経験者の方の意見、客観的なご意見を伺いたいです。

4月から働いている、社会人1年目女です。
私は大学の頃から留学を志していましたが、金銭的な面で難しく一度会社で働き、お金を貯めてから行こうと思っていました。

現在の私の計画としては、1年~1年半ほど仕事をし、その後半年ほど準備期間(学校への申し込みや語学勉強)を経て2年後の春から留学したいと思っています。留学先は中国です。
最終目標は大学院に入り翻訳、通訳の勉強をすることです。
しかし、親は大反対。仕事は3年しろ!と言います。

それでも、毎日毎日留学したい..という気持ちからとてもじ...続きを読む

Aベストアンサー

4年前に1年中国に留学しました。

会社を1年で辞めるのが非常識とかそういう理由ではなくて、現実問題、留学に掛かる費用が賄えるかどうかで考えてみてはどうですか?

私は、旅行や買い物にはほとんどお金を掛けず、かと言って切り詰めた生活もせずに1年で200万ぐらい掛かるだろうと見積もって、大体、150~180万円ぐらい使ったと記憶しています。
(航空券や保険など、雑費全て含めてです。)

もちろん物価の安い地域を選んで、節約生活を徹底すればこの半分ぐらいですむのかもしれませんがそれでも年間100万は見ておいた方がいいんじゃないでしょうか。
verano_doorさんの最終目標は大学院との事ですから数年滞在するとして、社会人1年間の貯金で賄えそうですか?

まずは希望する大学、大学院の学費をホームページで確認して、生活費、渡航費、ビザ申請費などを計算してみてください。
「この金額が貯まるまでは仕事を続けよう!」と思ってたらたぶん3年ぐらいは過ぎると思いますよ。
それでも留学に対する情熱が冷めていなかったら御両親ももう反対しないのでは?

Qワーホリ経験者の方、得た物、失った物、良い事、悪い事なんでも教えてください!

ワーホリ経験者の方、ワーホリに行かれて経験した事、得た事、失った事、良い事、悪い事、見えた事、考えた事、何でも良いので教えてください!(出来事以外でも物、人などでも構いません)
27歳、専門職の女性です。ワーホリ希望者ですが真剣に悩んでいます。(ワーホリの目的は、語学、文化、生活、旅、人とのふれあいを経験したいということです)
悩んでるのはワーホリに行くなら現在の仕事を辞めなければならないという事です。
ワーホリではさまざまなな経験をし、貴重な何かを得ると思います。(良いことも悪いことも含めて)
そのような経験が現在の自分にどのように生かされているのか知りたいのです。
仕事を辞めてまで行って得る物はあるのかぜひ聞きたいのです。
ワーホリに行った事によりその後の自分の人生がどのように変化したか教えてください。
年令的にも真剣に悩んでいます。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

現在オーストラリアでワーホリしてます。(20歳・女)

してます、とは書きましたけど、水曜日に帰国予定です。
私がオーストラリアに入国したのは4月。約4ヶ月前です。
帰国理由は「体調不良」。気候が私の体には合いませんでした。
今年のオーストラリアはすごく乾燥しているらしく、元々アトピー性皮膚炎に
悩まされていた私にしてみれば、良くない気候です。
体調、というか肌の調子が悪くなり、一時帰国ということになりました。
私はまた戻ってきたい、と考えていますが、どうなるかは分かりません。

私は専門学校を卒業して、そのままオーストラリアに来ました。
日本での社会経験はありません。私は中学の頃から、海外で生活してみたい、と
思っていました。ただそれだけの理由でワーホリに踏み切りました。
今となってはちょっと失敗だったかな、って思っています。
もっとちゃんとした理由、目的を持って来るべきだった、と。

得るものはたくさんあると思います。私はオーストラリアのケアンズという
都市しか知りませんが、やはり日本と違うことがたくさんあります。
日本の方がいいな、と思うこともあるし、こっちを見習うべきだ、と思うことも
あります。日本では知り合えないような人と知り合うこともできます。
日本での考え方を見直すことも多々ありました。

ワーホリ。何をやってもいい。何もやらなくてもいい。
自分の気持ち次第で1年間の過ごし方が変わると思います。
いろんなことを経験するためには自分で動くことが必要だと思っています。

私は1ヵ月半くらいですけど、保育園でボランティアをしていました。
これはすごくいい経験になったと思っています。
3週間やってたホームステイもよかったです。実際にこちらの方々の
生活習慣に合わせて生活をして、いろいろなことを学ぶことができました。

仕事のことですけど、こっちで見つけるのはなかなか難しいかも知れません。
日本での仕事を辞めてまで、ということ。私が日本で働いたことがないので
あまり詳しいことは知りませんけど、「ワーホリしてた」というのは
プラスに働くことは少ない、と聞きました。
ホリデーで遊んでたんだろ?って取る企業さんも多いらしいです。

27歳ということですが、行こうとされてるのは30歳まで年齢制限がある国ですよね?
まだ大丈夫ですよ。私がこっちで知り合った人は、26歳とかが一番多いと思います。
中には29歳の人もいますし・・・。

がんばってください!!
私もまたオーストラリアに戻ってこれるように体調を整えたいと思っています。
長くなってしまってすみません。

ワーホリネット、というサイトがあります。ここの掲示板も便利ですよ☆

参考URL:http://www.workingholiday-net.com/

現在オーストラリアでワーホリしてます。(20歳・女)

してます、とは書きましたけど、水曜日に帰国予定です。
私がオーストラリアに入国したのは4月。約4ヶ月前です。
帰国理由は「体調不良」。気候が私の体には合いませんでした。
今年のオーストラリアはすごく乾燥しているらしく、元々アトピー性皮膚炎に
悩まされていた私にしてみれば、良くない気候です。
体調、というか肌の調子が悪くなり、一時帰国ということになりました。
私はまた戻ってきたい、と考えていますが、どうなるかは分かりま...続きを読む

Qバンクーバーかトロントか迷っています。

来年の春から1年間の予定でカナダへ語学留学を考えています。学生ビザで行く予定です。

最初の数ヶ月はバンクーバーかトロントと考えていますがどちらの都市にしようか迷う一方です。
いろいろな話を聞きメリット、デメリット考えすぎて行き詰ってしまいました。

英語レベルは初級
ゆっくりしっかり英語を学びたいです
寒さは苦手だけど耐えられないことは無いと考えています
どちらかといえば田舎が好き
体を動かすことが好きでいろんなスポーツを楽しみたい

バンクーバー、トロントに留学経験の方。
両都市に滞在した方。
決め手となったことなどありましたら教えてください。
都市を決めることは特に人それぞれですが自分の中で何かを得られればと思って投稿しました。

Aベストアンサー

両方長期滞在しています。
トロントより、バンクーバーに長く滞在しています。
最後にバンクーバーへ行ったのは少々前ですが、トロントはこの夏にも行きました。
本当に両方一長一短です。(苦笑)
私が感じたことを書きます。

トロントもバンクーバーに負けずにアジア人が多いです。(日本人はバンクーバーにくらべ少なめ。)
移民の国とは本当によく言ったものです。
とくに、バンクーバーのリッチモンド市。トロントのマーカム市。スーパーから看板まで漢字表記が多く、ここは中国か?と思えます。
バンクーバーがアジア人中心なら、トロントは黒人系が多い印象です。

都市の大きさは比べるまでもなくトロントが大きいです。
メインストリートがバンクーバーの倍以上あります。
しかし見所が少ないのはトロントで、これはトロントニアンも自負(?!)しています。(これといった観光が少ない)
トロントには「山」はないです。と言うか見えません。
日本ならどこか見回せばある「山脈」が全く無い。
なんとなく乾いた都市に始めは違和感がありました。
バンクーバーは東西南北全部見えます。南にはアメリカの山々が見えます。
トロントでは皆湖で海水浴?します。プールもたくさんあります。夏は楽しいです。
バンクーバーでは、海はありますが・・暑さが足りず、2回経験した夏は泳いでいません。

気候はトロントは夏は暑い。このところ7,8月が30度を上回る日が多いです。冬は極寒。マイナスの日も結構続きます。冬、夏の温度差が大きいです。
バンクーバーは、全体的に寒い。でも冬の日中はトロントのような寒さはない。雪も少ない。
バンクーバーは夏も30度は越えない。(27,28度あたり。日本人らには水着になるには暑さがたりないと思うカンジ)昼間タンクトップで歩けても夕方や日陰はひんやりする。寒がりの日本人は上着が必要。
日本の夏のように「薄着」したい!とまで思わなかったです。(夕方には寒くなり、日陰はくしゃみ。肩だし系は着なかった記憶があります。)
車のクーラーや自宅のエアコンが必要なかった。
トロントは両方必要。最近家庭用クーラーが売れています。

トロントは日本と同じ。結構開放的な格好ができます。
夕方もそのままで大丈夫。日本とおなじで日中「うだる」カンジはありますが、さらりとしているので嫌な暑さではありません。
バンクーバーでは聞いたことがない「せみ」がトロントでは鳴いています。

冬はバンクーバーは雪はあまり降りませんが、夜中を除き「極寒」という印象はなかったです。(深夜はマイナスになります。) 
トロントは1月からぐっと寒くなります。日中もマイナス気温で春が遅いです。

まとめると・・
トロント・・・・夏は暑いが冬も寒い。青空率が高い。春ごろから空がとても美しい。一年の気候にメリハリがある。

バンクーバー・・夏は暑くなく、冬も寒すぎない。青空率が少ない。10、11月ごろは雨季で青空の日が極めて少ない。毎日灰色空。一年の気候にメリハリがない。

簡単に言えば、トロントは都会。バンクーバーは田舎。です。
バスの運転手に「こんにちは」「ありがとう」を皆言うのがバンクーバー。トロントはだれも言わない。(さみしいので私は言いますが、返事はあまり返ってこない。)
バンクーバーでは「トロントへ行った」などの「トロント関係」の経験談がカナダ人の自慢ネタになる都市で、それに対しトロントでは「モントリオール」が自慢ネタになるイメージがあります。(日本人ではなく、カナダ人の。)

バンクーバーが好きで何回も行くうち飽きて(?)しまい、トロントへ行きました。
両方言い都市です。

両方長期滞在しています。
トロントより、バンクーバーに長く滞在しています。
最後にバンクーバーへ行ったのは少々前ですが、トロントはこの夏にも行きました。
本当に両方一長一短です。(苦笑)
私が感じたことを書きます。

トロントもバンクーバーに負けずにアジア人が多いです。(日本人はバンクーバーにくらべ少なめ。)
移民の国とは本当によく言ったものです。
とくに、バンクーバーのリッチモンド市。トロントのマーカム市。スーパーから看板まで漢字表記が多く、ここは中国か?と思えます。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報