初心者です。申し訳ありませんが、教えて下さい。


売上高   100,000
売上原価   6,000
売上純利益  4,000
人件費    16,000
水道光熱費  3,500
賃貸料    10,000
減価償却費  3,000
広告宣伝費  3,500
その他経費  7,000
経費計    43,000

営業利益   -3,000

・売上原価、広告宣伝費は売上に合わせて一定の率で変動する物とする。
・他の経費は全て固定費とする。


(1) この場合の、変動費は

(2) 固定費は

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

(4) 売上が10%アップすると利益はいくらか

(5) 売上原価が今より5%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

(6) 人件費等の固定費が今より10%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

(7) 目標利益200万稼ぐ為には、いくら売ればいいか


頂いたお知恵は決して無駄には致しません。
何卒、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

これは、参考書の練習問題ですね。



参考書には、変動費とは売上に合わせて一定の率で変動する物だという内容が書いてあるはずです。ですから、売上原価と広告宣伝費が変動費ということになります。それ以外はすべて固定費とみなして計算しなさい。という練習問題です。

(1) この場合の、変動費は

変動費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(2) 固定費は

固定費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

損益分岐点売上高の公式が参考書に書いてあるはずです。売上高と変動費と固定費がわかっていますから、それを公式に代入して計算するだけです。

(4) 売上が10%アップすると利益はいくらか

売上げが10%アップすると変動費も10%アップしますから、その数字を使って営業利益を計算しましょう。

(5) 売上原価が今より5%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

これは、売上高がそのままで売上原価が今より5%減ったら営業利益がいくらになるのかを計算するだけです。

(6) 人件費等の固定費が今より10%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

これも(5)と同じで、売上高がそのままで固定費だけが10%ダウンしたときの営業利益を計算します。

(7) 目標利益200万稼ぐ為には、いくら売ればいいか

参考書の損益分岐点売上高の章の終わりのほうに、利益計画の公式が書いてあるはずです。その公式に目標利益額と変動費、固定費、売上高を代入すると計算できます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

感謝。
有難うございました。

お礼日時:2014/06/22 05:18

どうやってもこの数字が合わないんだけど



売上原価   6,000→60.000
売上純利益  4,000→40.000

かな?

んで、その一定の変動率っていくつよ?


更につっこむと20倍売り上げて固定費が固定されていると思えない。


その辺もリアルに考えたうえでのご質問でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみませんでした。
有難うございました。

お礼日時:2014/06/22 05:19

言葉の意味通りなんですが、、



変動費は、売上げその他に応じて変化する経費です。
売上原価(仕入れ原価、売上げが変われば当然に変わる)
賃金(人によって違うし、残業代等でも変わる)
光熱費(当然、一定ではない)
広告宣伝(これも決まった数字とは限らない)
その他(分からない以上、変化する)

固定費、売上げ等が変化しても固定的にかかる経費です。
賃貸料(儲かろうが赤字だろうが、常に同じ額)
減価償却(これも一定率で決まった金額、売上げに左右されない)

損益分岐点は、その売上げ額の場合にかかる経費を全て合計しても黒字になり始める位置です。
固定費は常に同じなのでそれを引きますし、変動費も売上げに応じてかかりますのでこれを加味します。

現状で営業利益が-3千ですが、変動費の変動率が書かれていないので、損益分岐点も売上げによる利益額も出せません。
厳密には人件費を固定費に入れるのはマズイでしょ。残業代出さないとかなら固定費ですが、現実にはそんな事はありません。売上げによっては残業が発生し、それに応じて人件費が上昇します。一部固定で、一部変動しますから、合計では実際には変動費です。
テキストでは固定費と見なしていますが、いかにも机上の論理です。
http://kantokushi.or.jp/lsp/no594/594_01.html
優雅な商売なら固定費でも損益分岐点を正確に出せますが、人件費をタイトに、つまり少人数の残業でギリギリに回すような実際の零細企業では当てはまりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2014/06/22 05:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記3級「売上原価勘定で売上原価を算定」の意味

簿記3級の勉強を独学で始めた者です。

第117回 第4問
相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上勘定および
繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上原価勘
定を設けて算定している。そこで、期首商品棚卸高が¥780,000、
当期商品仕入高が¥9,540,000、期末商品棚卸高が¥630,000であっ
たとき、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)から(4)の順に
示しなさい。

(1)期首商品棚卸高の振替
(2)当期商品仕入高の振替
(3)期末商品棚卸高の振替
(4)売上原価の損益勘定への振替

■■■■■■■■■■■■
よく見る問題では「売上原価は仕入勘定で算定」とあります。
売上原価は(期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)で
求められ、精算表で、「仕入」の行の損益計算書の借方に入る
値が売上原価となる。これが「売上原価は仕入勘定で算定」の
意味。
(つまり、仕入の行で、
”期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高”の計算が出来ているから)
と、ここまでは認識しています。

この問題も、いつもどおり「仕入勘定で算定」したら、
(1)の答えは 仕入 780,000 繰越商品 780,000 になります。

しかし解答には「この問題は売上原価を売上原価勘定で
算定するため、上記の仕訳の「仕入」を「売上原価」に
変えた仕訳をします」とありますが、ここがよくわかりません。

(1)の正解  売上原価 780,000  繰越商品 780,000

となるようですが、仕入(当期仕入高のことではない?)と
売上原価(当期に売り上げた商品の、原価の合計?)
とは異なるものにならないのでしょうか。
なぜ、機械的に名前を言い換えられるのかがわからない。

仕入(=当期仕入高)
売上原価(=期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)
なのに、どうして??

初歩的な質問ですが、教えていただけたら大変ありがたいです。
よろしくお願いいたします。

簿記3級の勉強を独学で始めた者です。

第117回 第4問
相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上勘定および
繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上原価勘
定を設けて算定している。そこで、期首商品棚卸高が¥780,000、
当期商品仕入高が¥9,540,000、期末商品棚卸高が¥630,000であっ
たとき、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)から(4)の順に
示しなさい。

(1)期首商品棚卸高の振替
(2)当期商品仕入高の振替
(3)期末商品棚卸高の振替
(4)売上原価の損益勘定へ...続きを読む

Aベストアンサー

確かに分かりにくいですね。お書きの疑問点を解く鍵は、「売上原価」は仕訳のための勘定科目(あえて仕訳科目と呼ぶことにします)として用いられることもあれば決算書に表示するための表示科目として用いられることもあるという点と、仕訳科目は結果を求めるためのツール(道具)だ、という点にあります。


まず「仕入」について見れば、仕訳科目としての仕入勘定は、期中仕訳では当期仕入高を算出するための道具です。そして、仕訳ミスが無ければ、決算整理前の仕入勘定の額がすなわち当期仕入高になるかと思います。

他方、売上原価算定に仕入勘定を用いるときは、仕入勘定は決算仕訳では売上原価を算出するための道具であり、決算整理後の仕入勘定の額がすなわち売上原価となりましょう。そしてこの額は、繰越棚卸高のあるときは、もはや当期仕入高と一致しません。

したがって、
仕入=当期仕入高
となっているときもあればなっていないときもある、といえます。


これと同様に、売上原価算定に仕訳科目としての売上原価勘定を用いるときは、売上原価勘定が売上原価を算定するための道具となり、したがって決算整理手続で仕入勘定の代わりとして用いることが出来ます。

代わりになるのですから、仕入勘定と同じく、
(仕訳科目としての)売上原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高
となっているときもあればなっていないときもある、といえます。

他方、決算書に表示するための表示科目として売上原価勘定を用いるときは、
(表示科目としての)売上原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高
は常に成立します。

つまり、売上原価勘定は決算書上で売上高に対する売上原価を表示するために用いることのほか、その設問のように、売上原価を算出するための仕訳科目として用いることもある、ということです。


あるいは、次のようにお考えになってもいいかもしれません。

勘定科目名はそもそも、一般的なものまたはそれに準ずるもの(ないし分かり易いもの)であれば何を用いても構わない、ただし問題文等で指定されているときはそれに従わなければならない、とされているのはご存知のことと思います。

この点、売上原価算定時に用いる勘定科目名として、学習上の簿記では「仕入」を用いることが多く、しかしながら「売上原価」を用いるよう指定されることもある。このような捉え方も出来るように思います。

確かに分かりにくいですね。お書きの疑問点を解く鍵は、「売上原価」は仕訳のための勘定科目(あえて仕訳科目と呼ぶことにします)として用いられることもあれば決算書に表示するための表示科目として用いられることもあるという点と、仕訳科目は結果を求めるためのツール(道具)だ、という点にあります。


まず「仕入」について見れば、仕訳科目としての仕入勘定は、期中仕訳では当期仕入高を算出するための道具です。そして、仕訳ミスが無ければ、決算整理前の仕入勘定の額がすなわち当期仕入高になるかと...続きを読む

Q外注費を売上に追加するように言われました。これは、どのような意味でしょうか?原価をなぜ売上に追加する

外注費を売上に追加するように言われました。これは、どのような意味でしょうか?原価をなぜ売上に追加するように追加できるのでしょうか?

Aベストアンサー

こういうことでしょうか。
100万円のプロジェクトを行う管理をあなた(貴社)が請け負う。
ただし、請け負った管理業務そのものは外注に出し、その外注費は100万円である。

プロジェクト管理費として請求するのは、110万円。これは外注費100万円に1割足した額。

さて、ここであなたが会計処理する際に、売上は10万円だとしたとします。
理由は110万円ー100万円は10万円だからです。
このような処理をしてて、
「外注費の100万円を売り上げと外注費に追加するように」言われたのではないですか。

これは、この注意をした方の言葉使いというか表現が、わかりにくすぎます。
あえて、わかりにくく言ってるのか、言ってる本人が誰かから指示されて伝えてる(伝言ゲームの一員であるというだけ、言われたことを理解しないで人に伝えてる)のどれかでしょう。

売上金額110万円から外注費の100万円を「売り上げ10万円として計上」するのは間違いです。
正解は
売上110万円
外注費100万円
です。

それなのに、あなたは
売上10万円
と処理してたので、
「売上と外注費にその分追加」という言い方をしたのでしょう。

単純に「差し引きして儲けを売り上げに計上したらだめじゃん。売上はいくら、経費(外注費)はいくらって処理するんだよ。」でいいのです。
具体的には、売上に計上されてる10万円に100万円を加える(これを追加というので、訳がわからなくなる原因をわざわざ作ってるのです。110万円が正しいから直すように、と言えばいいのです)。
外注費100万円が計上されてないので、計上するわけです。これまた「追加」というので、訳がわからなくなるのです。記入が漏れているというだけの話です。

簿記原則で「総額主義」があります。
売上は全額あげて、経費は全額あげて、一定期間の集計をして「売り上げー経費=儲け」という計算をするのです。
今回のように110万円の仕事だが、外注に100万円で依頼するから、手元に10万円残るので、、と考えて
「売り上げ10万円」と処理するのは間違いです。
頭の中で計算して「おお!丸投げして進行管理して10万円儲けだぜ」というので、売上を10万円にしてはあかんのですね。

大変失礼ながら、あなたに「外注費を売上に追加する」という言い方をされた方って、他人にものを教える事は非常に苦手な方でしょう。あるいは、あなたに対して憎しみや嫌悪感をもっていて、「自分はきちんと指導したから。わからないのはあんたのせいね。せいぜい、何を間違えてるのか考え悩んで、この仕事に自分は向いてないと思い込んで、やめてくださいね」と思ってるかもしれません。
それほど「わかりにくい」というか「そんなのあり得ないだろ」という説明です。
他の回答者も「意味がつかめない」と述べてます。この方はここで簿記会計の難問でも回答される方です。
この方が「意味不明だぜ」というので、私が「何言ってるのか、じぇんじぇんわからんですわい」と言っても良いのだと自信を持ちました。
そのくらい、あなたに「外注費を売り上げに追加」指示をした方の指示は意味不明です。
外注費の金額を計上して、同額を売り上げに加算する、という言い方ですと、簿記会計に明るい方ですと「それって、差額を売り上げにあげて記帳してる時の指摘じゃないかな」とわかるでしょう。

「売上にあげる金額と外注費にあげる金額が違う」
という指摘を受けてるのですよ。

こういうことでしょうか。
100万円のプロジェクトを行う管理をあなた(貴社)が請け負う。
ただし、請け負った管理業務そのものは外注に出し、その外注費は100万円である。

プロジェクト管理費として請求するのは、110万円。これは外注費100万円に1割足した額。

さて、ここであなたが会計処理する際に、売上は10万円だとしたとします。
理由は110万円ー100万円は10万円だからです。
このような処理をしてて、
「外注費の100万円を売り上げと外注費に追加するように」言われたのではな...続きを読む

Q売上高と売上原価

商品を代行で販売し、売れた金額の10%を手数料としていただくビジネスの場合、売上高と売上原価はどのように計算するのでしょうか?

Aベストアンサー

 御自身が商品を仕入れて販売するのであれば、販売額=売上高、仕入=売上原価と
 なりますが、代行販売ということであれば、商品を仕入れて販売するわけではない
 でしょうから、手数料として受け入れた額が売上高となり、売上原価は0円となります。

Q製品A 売上高200・変動費 80・限界利益120・固定費110・営業

製品A 売上高200・変動費 80・限界利益120・固定費110・営業利益10
製品B 売上高140・変動費 70・限界利益 70・固定費 56・営業利益14
製品C 売上高300・変動費160・限界利益140・固定費122・営業利益18

「上記製品にそれぞれ同じだけ経営資源を投入すれば、同じ売上高が得られるとする。どの製品に経営資源を投入するのがもっとも望ましいか?」という問題で答えは製品Aになるそうですが、なぜ製品Aになるか算出式をご存知の方がいましたらご教授ください。

Aベストアンサー

同じ売上高が得られるとする。
ここがミソです。
(販売価格)200、140、300は(個数)21、30、14をそれぞれ売ると
売上高は全製品4,200になります。(ここまでの式は考えてください)


Aは(200-80)×21-110=2,410
Bは(140-70)×30-56=2,044
Cは(300-160)×14-122=1,838

よって製品Aが最も効率が良いと言うわけですね。

Q売上総利益率と営業利益率と経常利益率について

収益性分析などに使われる、売上総利益率・営業利益率・経常利益率は
それぞれ売上総利益・営業利益・経常利益を売上高で割って×100
で求めますが。
その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
 『高い方が良いのか』と言う観点で答えれば、Yesです。

> 合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
 こちらも高いほうが良いと教わりましたが、「財務レバレッジ」に気を付ける必要が有ります。
 ROE⇒借入金が多くなれば、純資産は相対的に減少するので値が大きくなる
 ROA⇒借入金が多くなれば、総資産が増えるので値は小さくなる
http://www.nsspirit-cashf.com/inv_st/roe_roa.html

どの指標に於いても、何故高いのか?の分析が必要です。
又、本当に高いのかどうかは、対前年の値と比較したり、同業他社(業界の平均)の値と比較しなければ判りませんよね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報