普段何気に使っていますが、違いは何だ?と尋ねられたらまともに答えられません。
両者はどういう相違点があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「(場所)に+動詞と(場所)で+動詞の違い」



 助詞の話はいろいろな側面があるので、もう少し場面を限定しないと答えにくいと思います。
【に】と【で】の話も、下記のような側面があります。読めますかね。
【助詞の話4「ニ」か「デ」か】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=52303109

1)場所を示す「に」と「で」
2)時間を示す「に」と「で」
3)その他 【バスに乗りますの「に」に関して】※これは「手段」?
4)「~に生きる」と「~で生きる」※これはレアケース?
5)「に」「で」「として」の使い分け

 ご質問は1)限定ですよね。それでもいろいろな側面があります。まぎらわしい例をあげます。


 No.2のかたの説明がわかりやすいでしょう。【結果の及ぶ先】が「に」。【行う場所】が「で」。「公園( )にゴミを捨てる」あたりも同様です。


【広い場所】が「で」で、【狭い場所】が「に」。
 投票場で投票用紙に書き込む
 隣町で駐車場に車をとめる
 駐車場で柱の隣の区画に車をとめる


 ほぼ同義。微妙な違いはありますが、ほとんど同じ意味です。
この電車は新宿(  )止まります
ベンチ(  )座る


 【やや古風】な「に」の用法。
『阿寒に果つ』(渡辺淳一の作品)
 フツーは「校庭で遊ぶ」でしょうが、「校庭に遊ぶ」なども「間違い」とは言えないでしょう。

 詳しくは下記をご参照ください。とても長い話です。
【助詞の話──場所を示す「に」と「で」〈1〉~〈4〉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1210. …
 以下は一部の抜粋(重言)。

 あまり役に立たないことを承知で『goo類語辞書』をひいておく。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/thsrs/17117/m1u …
================================
で/に/を
[共通する意味]
★動きの場所を表わす。
[使い方]
〔で〕▽図書館で勉強した▽東シナ海で台風が発生した▽解説欄で詳しく説明する
〔に〕▽カバは動物園にいます▽新製品に欠陥が見つかった
〔を〕▽飛行機が空を飛んでいる▽瀬戸大橋を通って四国に行った▽家を出る
[使い分け]
【1】「で」「に」「を」は、具体的あるいは抽象的な場所を表わす名詞(もしくは名詞句)につく。これらは、結びつく動詞の性質や種類によって意味に違いがある。
【2】「で」は、動作・出来事の起こる場所を表わす。動作を表わす動詞には、ほとんどつくことができる。
【3】「に」は、ものの存在する場所を表わす。「に」と結びつく動詞は、「ある」「いる」「住む」「勤める」「座る」「立つ」「泊まる」「止まる」など。
【4】「を」は、移動するときの経路の場所を表わす。「を」と結びつく動詞は、「歩く」「走る」「泳ぐ」「飛ぶ」「渡る」「通る」など。
【5】「で」は、「に」あるいは「を」とも組み合わせて用いることができる。この場合、「で」の方がより広い範囲の場所を表わす。「東京でホテルに泊まった」「高速道路で追い抜き車線を走った」
[参照]
で⇒が/で/に/から/の・において/にあって/で/にあたって/に際し(て)/(の)折に・で/から・で/から/に・によって/で/でもって/をもって/を通して・に/で・で・で/をもって/でもって に⇒が/で/に/から/の・を/が/に・と/に/まで・から/に・に/へ/まで・で/から/に・に/から・に・に/で・と/に/や/とか/だの/やら/か/なり・ため(に)/のに/に を→を/が/に・から/を
[対比表]
  校庭…遊ぶ  椅子いす…座る  校庭…走りまわる  橋…渡る
で   ○        -      △        -
に   -        ○      -        -
を   -        -      ○        ○
================================

 根本的な問題として、「デ」と比較される「ニ」の働きは「動きの場所を表わす」。そりゃそうだろう。
「ニ」の解説を見ると、以下のとおり。
================================
【3】「に」は、ものの存在する場所を表わす。「に」と結びつく動詞は、「ある」「いる」「住む」「勤める」「座る」「立つ」「泊まる」「止まる」など。
================================
 
 そうか。「存在」に関しても「存在するという動作が行なわれる場所」と考えればいいのか。微妙だけど、そのほうが分類が少なくなるからそうしておこう。
 この用法で結びつく動詞は、「ある」「いる」が典型。このほかに「住む」「勤める」「座る」「立つ」「泊まる」「止まる」などがあるらしい。たしかにそのあたりの動詞だと「存在」のイメージがあるかもしれない。じゃあ「ここニ書く」「皿ニ盛る」あたりはどう考えるの?
「書いたもの」も「盛ったもの」も「存在する」と言えなくはないってことなのかな。
 じゃあ、2つを合わせて考えよう。「ニ」は「動作・作用の行われる時・場所」を表わし、「存在」に関係する動詞と結びつくことが多い。「ある」「いる」「住む」「勤める」「座る」「立つ」「泊まる」「止まる」などのほか、「書く」「盛る」などとも結びつく。その程度で許してもらえないかな。
 〈1〉~〈3〉で「デ」と「ニ」は〈どちらも「動作・作用の行われる時・場所」を表わすが、「デ」は比較的広い範囲を指す傾向があり、「ニ」は比較的狭い範囲を指す傾向がある〉などと書いた。この点について『goo類語辞書』は下記のように書いている。まあ、そういうことだろう。
================================
【5】「で」は、「に」あるいは「を」とも組み合わせて用いることができる。この場合、「で」の方がより広い範囲の場所を表わす。「東京でホテルに泊まった」「高速道路で追い抜き車線を走った」
================================

 さすがに辞書はムチャなことは書かずに無難にまとめているけど、[対比表]の部分はいただけない。
「校庭ニ遊ぶ」って×? 古風だけど間違いではないだろ。せめて△にしてもらえないかな(後述)。
「椅子デ座る」って×? せめて△にしてもらえないかな。これが「公園のベンチ( )座る」だと相当微妙になる。椅子よりもベンチのほうが広いからだろうか。「喫煙席( )座る」だと「デ」もOKだろ。もっと広くなるから? 「芝生( )座る」だとどちらもアリだろうな。理由はわかりません。これが「寝転がる」「寝る」「横になる」あたりだと「デ」のほうが自然な気さえしてくる。理由はわかりません。
 ついでにインネンをつけると、例文の「新製品に欠陥が見つかった」って例文としてちょっと不適切じゃないかな。「新製品に欠陥があるのが見つかった」の略ってこと? 「新製品の欠陥が見つかった」のほうが素直な日本語って気がする。通常「○○に見つかる」は別の意味で、○○に入るのは人物とかだろ。もう少しフツーの例文にすればいいのに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の場面を限定せず、回答しにくいものになり、申し訳ありませんでした。例文を通して細かく説明していただき、大変勉強になりました。どうもありがとうございました!

お礼日時:2014/07/23 17:38

違いを答えられなければ、それは、貴方にとっては、同一だということ。

そもそもコミュニケーションとは、貴方にとっての真実を語ることが大切なのですから、ここで、他者に違いを尋ねていても始まらない。
    • good
    • 0

「に」・「で」とも格助詞でいろいろな用法があるが、場所に限れば、



「に」1.その場所に存在する 例「教室にある」」(「ない」は動詞ではないが含まれると思う)
   2.移動の到着点  例 「運動場に行く」 「ベランダに置く」 
 
「で」1.あることが行われる(その動作は動きがあるか、変化がある) 例 運動場で「走る」・「転ぶ」
   2.あることが起きる(または、行われる) 例 外で「喧嘩がはじまる」

 この二つは時に紛らわしいことがあります。
 ホテル「に」泊まる  ホテル「で」寝ている  この場合は区別可能だと思うが、
「不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心」(啄木)の「草に」を「草で」言い直すことも出来なくはない。勿論、多くの人は原歌のほうがいいに決まってると言うでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示いただきありがとうございます。勉強になりました。

お礼日時:2014/07/23 15:56

「庭に水を撒く」行為の【結果の及ぶ先】が庭である。


立っている位置は、テラスだったり、極端な場合、家の中もあり得る。
「庭で水を撒く」行為を【行う場所】が庭である。
立っている位置は庭であることが必須。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

例文の説得力がすごいです。イメージができ、理解しやすいものです。ありがとうございます!

お礼日時:2014/07/22 17:46

「(場所)に+動詞」は、「動詞 to (場所)」と、その場所へ向かう動作が入る。



「(場所)で+動詞」は、「動詞 at (場所)」と、その場所において行う動作が入る。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。ピンポイントで非常に分かりやすいです。

お礼日時:2014/07/22 17:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q助詞「に」と「で」の違いを教えるには?

「に」と「で」の使い分けはどう教えていらっしゃいますか?

東京で雨がふっています。(可)
東京に雨がふっています。(不可)
いま東京でいます(不可)
いま東京にいます。(可)
いま東京でテニスをしています(可)
いま東京にテニスをしています(不可)

上の文例から、「で」では行為、「に」では存在の文がくるようです。しかるに、

いま、東京には雪がふっています(可)

のような文もあったりします。

皆様の意見はどうですか?

Aベストアンサー

場所+「に」
1.存在や静的な動作・作用の場所を表す
 (1)ポケットの中にお金があります。
 (2)ここにカバンを置いてください。
2.動作・作用の帰着点を表す
 学校に行く。
3.入る場所を示す
 タクシーに乗る。

場所+「で」
1.動作・活動・行事の存在を表す
 体育館で卓球の試合があります。

※「東京に雨が降っている」も不可ではないと思います。雨がどこに降っているかといえば,「東京に」降っているという状態だ,という文です。「雨が降っている」を静的にとらえたか,作用・動作の帰着点を表すのでしょう。

※「東京では雪が降っています」も可ですね。
「には」とか「では」は強調になります。

Q「で」と「に」の違いの教え方

こんばんは。
ボランティアで留学生に日本語を教えています。宿題の手伝い程度ですが・・・。

今日勉強を手伝っていて分からなかったことがあり、質問させていただきます。

「で」と「に」の違いについてです。私達は自然と使い分けをしますが、それを文法的に説明するにはどう伝えればいいのでしょうか?

教室に花が飾ってある。
教室に生徒がいる。
教室で勉強する。
教室で遊ぶ。

この間は、留学生に「学校に!」って言われました。たぶん「(また)学校で!」という意味だと思うんですが・・・。やっぱりこの2つの使い分けって難しいんですか?

よろしくお願いします。
もし、日本語文法に関する参考書でおすすめのものがあれば教えて下さい!自分でも勉強したいので・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自然と使っている言葉を
教えるのって 本当に 大変ですよね

このあたりが 参考になりますでしょうか?

http://nhg.pro.tok2.com/qa/joshi-9.htm

http://homepage3.nifty.com/i-yasu/Lesson4.htm

↑は 真ん中より少し下にのっています


人気Q&Aランキング

おすすめ情報