CTの造影剤検査をするときのエラスタのゲージ数ですが、今20Gを使用しています。

他に22Gがあるのですが、使用可能でしょうか?
もれなければ22Gも使用してみようと思います。
ちなみに、圧は2.0と3.0です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

shuusan101 様  



同業でしょうか? それとも診療放射線技師さんでしょうか?

看護師でライン確保する立場からの回答です。もし後者であればごめんなさい

私は、
3Dや心臓や大血管の造影CTは必ず20G確保をしています。
普通造影やダイナミックなどは22Gで確保を通常していますし、状況によっては24Gのこともあります。

注入速度(2.0ml/sec・3.0ml/secの速度だけでなく、かなり細かく微調整?されています)、撮影方法、造影剤の濃度や量で違ってくるはずなので、22Gのラインの留置針でも可能なのか聞いてみるべきです。
私はCT業務にも携わったことがありますが、ルーチン通りでのG(ゲージ)で確保できそうにない患者の時などに必ず技師さんに相談します。 

場合によっては「24Gで可能か」と聞いたり。
可能な場合でも「すごく細く微妙な血管なんですよ」と情報提供すると、注入速度など技師さんが裁量範囲で調節してくれています。その代り注入速度はゆっくりで時間がかかりますが・・・・
    • good
    • 0

>圧は2.0と3.0です。



よくわかんないけど、2cc/s、3cc/sと言う意味ですか?
2気圧、3気圧と言う意味ではないでしょうね。


造影CTでサーフロ針を20Gにする理由はなんでしょうか??
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCT造影検査について

CT造影検査について
血管確保を右側の腕にするのは、何か意味があるのですか?
前から疑問に思っていました

Aベストアンサー

解剖学的に左よりは右が良いのも確かです。
左上肢静脈から左鎖骨下静脈、これと内頸静脈が合流した左腕頭静脈は右腕頭動脈をまたいで上大静脈にはいっていくので、その腕頭動脈などの大動脈からの分枝をまたぐ際に動脈から圧迫されるため、潅流抵抗が生じ、左内頸静脈を逆流したりすることがあります。

なんとなく、機械の配置だけのような気もしますがね。

Qカテーテル検査で冠動脈造影した造影剤はどこへ?

今更人に聞けないのでこの場で質問。

冠動脈造影するために、冠動脈に流した造影剤は、冠静脈へ流れるのでしょうか?

その後、造影剤は冠静脈から腎臓へ行き代謝だれるのでしょうか?

Aベストアンサー

冠静脈洞→右心房→....→全身

参考URL:http://www.keio-cardiovascular-image.com/education/kaibou/3.html

Q人工透析の静脈圧と透析圧の関係について

透析室に勤務したばかりの者です。
初歩的な質問で恥ずかしいのですが、改めて考えると理解していたつもりがますますわからなくなってしまいました。
人工透析装置で表示される静脈圧ー透析液圧=TMP(膜間圧力差)で、これで除水を行うのは理解できますが、現場で透析液圧が静脈圧より高くなっているのはどうしてですか?
この場合、透析液が血液側に入り込むことになり、通常ありえないのでは???といろんな本やネットで調べまわりましたが、納得いきません。
現在ではダイアライザーのURFが高値なのと関係あるのでしょうか?
また、除水コントローラーの種類によっても違うのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。
臨床工学技士として透析室で勤めています。

血液中の水分は、半透膜の両側の圧力差によって除去されます。これを「限外濾過」と言います。この限外濾過による水分除去方法には二つの方法があります。
 一つは、ダイアライザーのすぐ下あたりをクリップ等で締め、血液の方に圧力をかけて押し出すようにする方法(陽圧法)と、もう一つは、透析液の圧力を機械的に下げて透析側に水分を引っ張り出す方法(陰圧法)があります。
 昔は陽圧法がほとんどでしたが、今は陰圧法が主流を占めています。


静脈圧ー透析液圧=TMP(膜間圧力差)
確かに透析液圧の方が高いかもしれませんね。
けれど素直に計算してみると、マイナスになりませんか??
ex.100(静脈圧)-500(透析液圧)=-400
マイナス=陰圧=引っ張られる=透析液が血液内に入らず、尚且つ逆に血液側が引っ張られる。

説明が解りずらかったり、要点がずれていたらごめんなさい。。。

Q造影剤の使用は、何故危険な副作用が多いのでしょうか?

Gd造影脳MRIを撮るかもしれません。

造影剤の副作用が非常に危険らしくて、ものすごく心配です。

実際、ショック死した方もみえるらしいです。

何故、造影剤は危険な副作用が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

 現在はパッチテストの有効性は否定されていると思います(パッチテストで造影剤アレルギーの発生を予測することはできません)。したがって、検査前にパッチテストを行っている病院は少ないと思います。

 造影剤アレルギーを事前に予測する方法は、残念ながら現在のところありません。これまで造影剤を使って無事に検査してきた人でも、何回めかにアレルギーを起こしてしまったという例が最近では報告されているようです。

 造影剤アレルギーは、軽いものでは一時的な蕁麻疹、嘔気・嘔吐を起こしたりします。重篤なものでは血圧低下によるショック状態にまでなり、危険な状態になることもあります。

 アレルギーが起こる頻度としては、私の病院の造影剤使用承諾書によれば、軽いものから重いものまで全て含めると1~3%程度、重篤なアレルギーについては0.01~0.04%の頻度と書かれています(したがって私は患者さんにそのように説明しています)。

 これを多いとみるか少ないと見るかは人それぞれかと思いますが、印象としてはほとんどの人は無事に何事も無く検査を終えられていると思います。

 究極的なことを言えば、検査は強制ではありませんから、あまり不安が強いようであればやる必要はないと思います。(治療に支障はでるかもしれませんが)。

 検査をすることによるメリットとデメリット(今回は造影剤アレルギー)についてよく主治医の先生と話し合われて納得された上で(覚悟を決めた上で?)検査を受けられるのが宜しいかと思います。

 現在はパッチテストの有効性は否定されていると思います(パッチテストで造影剤アレルギーの発生を予測することはできません)。したがって、検査前にパッチテストを行っている病院は少ないと思います。

 造影剤アレルギーを事前に予測する方法は、残念ながら現在のところありません。これまで造影剤を使って無事に検査してきた人でも、何回めかにアレルギーを起こしてしまったという例が最近では報告されているようです。

 造影剤アレルギーは、軽いものでは一時的な蕁麻疹、嘔気・嘔吐を起こしたりし...続きを読む

Q輸血の際に使用する針のG

輸血って太い針を刺すような印象があるんです。血液の成分が太くないと壊れてしまうからかなあ~なんて勝手に思っているのですが何G以上とか何G以下とか一般的に輸血の時に使うのは22Gと18Gとか決まってたら教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.yuketsu.gr.jp/qa/Q9.html
が参考になるでしょうか


人気Q&Aランキング

おすすめ情報