血管が収縮した時はホースを狭くした時に水の流れが早くなるという例えがよく使われます。
しかし入浴後やマッサージ後は皮膚が少し赤くなります。これは血管が拡張し血液循環がよくなる結果と言われますが、血管が拡張した方が血流はよくなるのでしょうか?血管が収縮した時は血圧が上がるので血流も改善するイメージがあるのですがこの考え方は間違っていますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

偏心量」に関するQ&A: 基礎の偏心量(門型)

A 回答 (4件)

>血管が収縮した時は血圧が上がるので血流も改善するイメージがある


違います
圧力が高くないと流れにくい状態と言いかえてください
圧力が高くなくても流れやすい状態が一般的に言われる”血流がいい”ことです

血圧が上がるのは収縮した血管の”手前側”です
血管が収縮すると血流が流れにくくなるので手前側に滞り圧力が高くなります

緊張すると細めの血管が収縮しますから、その手前の太めの血管の圧力(血圧)が高くなります
この細めの血管の流れやすさを「血管抵抗」と言います

電気のオームの法則と同じでE=IR(電圧=電流×抵抗)です
抵抗が大きい部分には流れにくくなり抵抗の低い部分に流れるようになります
    • good
    • 5

血流が良いというのは血液の流量が増えることで、流速が速くなることではないのでは。

    • good
    • 5

医学的根拠はないですが私もそのようなイメージを持っていましたね。

    • good
    • 1

良くなる・悪くなるは、恒常性からの偏移なので、拡張した時も収縮した時も、一時的に血流は良くなります。


そのあと反作用的に悪くなり、時間経過で平常にもどる。
血管がホースなら、ポンプと開閉レバーが心臓で、
細くなったり太くなったりする血管にたいして、血が吹き出さないように、止まらないようにできるだけ同じ流量になるように、副交感神経が脳に働きかけて吐出量を微調整しているのです。
血管の変位に対して、心臓のポンプの変位はタイムラグがある。だから、普通より一時的に血流が良くなったり、悪くなり、時間経過で平常値に戻る。

血管が拡張しすぎると、流量が多くなり血管が破れやすくなるので、血流量を減らすので、血流が良いためにかえって虚血になりやすく、
血管が収縮しすぎると、血液が通りにくくなるので、血圧をあげ、そのためにポンプに負荷がかかり心肥大を起こします。

入浴に関しては、湯温変化だけでなく、水圧によって外側から内圧が高まるので心機能の負担が増し、
湯から上がると体圧が開放された反動で一時的に血流が良くなり、体圧の正常化に合わせて血圧が追従して平常値に戻ります。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血管拡張するとなぜ浮腫になるのでしょうか。

題名のとおりです。血管拡張すると、血管が広がるので、発赤を起こすのは理解できますが、なぜ浮腫になるのかイメージがわきません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

血管の内側は心臓で押し出す為の圧力(血圧:正しくは血管内圧)が掛かってるので、ちょっとでも小さい穴があれば中身は押し出されます。

毛細血管などでは、血管壁が薄く、多少隙間が開いていて、酸素や栄養などをやり取りするようになってます。
この隙間は赤血球は通る事はできませんが、液体部分である血漿は分子の小さい物は通れますが、一方的に押し出されないのは、血漿中のたんぱく質によるコロイド浸透圧等で吸い込む力が働いてるからです。

拡張するのは、毛細血管よりは少し手前の血管ですのでそこが広がると、血液が血管を通る抵抗が減り、毛細血管に掛かる血管内圧が高くなります。

押し出す圧力が高くなった分、水分と分子の小さい成分が押し出されるわけです。

Q脳の「錐体路」と「錐体外路」の役割と違いについて

錐体外路は錐体路の運動刺激を微調整する?というようなことは少し理解できましたが、今ひとつはっきり分かりません。役割や違いについて簡単に教えて下さい。位置する場所などは分かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路と錐体路の件ですが、
一般的には錐体路が随意運動錐体外路が不随意運動と言います。
しかし、前の説明を見ていただくとおり、どちらも、数万のうちの一つにすぎません。特に錐体路は、全体に占める役割は本当はとても少ないのです。これは、高校などで習う事実とかなり相反するかと思います。

では、本題の説明に入ります。
錐体路は、大脳皮質から始まるニューロンが直接αモーターニューロンを支配している物です。一方、錐体外路は、大脳皮質からの直接投射はなく、脳幹の網様体などから投射される物です。前者は意識運動というイメージと繋がりやすいですね。
しかし、後者は何か??簡単に理解できる例として、、
1.腕を曲げる時は伸ばす筋肉は弛緩するでしょ??誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
2.コップに水をくみます。だんだん重くなりますが、腕は下がりません。誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
3.空気椅子で一分間我慢、、、。でも、人間の筋線維は連続して収縮できないのです。じゃあどうするの?それは、沢山ある筋線維を、入れ替わり立ち替わり収縮させて、見かけ上連続して収縮しているように見せかけるだけ、現に、疲れてくるとぷるぷるするでしょ? じゃぁ、誰が入れ替わり立ち替わりを制御してるの?頭(大脳皮質)では考えていません。

つまり、この辺のことをうまくやってくれているのが錐体外路系なのです。現にこの制御が壊れると、じっとしているのが出来なくなるんですよ。マイケルJフォックスさんのパーキンソン病もその一つです。

前の方で錐体路の働きは少ないといいましたが、それでも多くのかたは、錐体路は随意運動には欠かせない!!とおもうでしょ?
でもね、進化の上で錐体路はごく最近出来たんですよ。
現には虫類にはありません、ほ乳類でも錐体路の構成は極めて不安定です。
ヒトでも完全に純粋に錐体路のみを障害しても、時期随意運動は出来るようになると聞いています。

個人的には、錐体路と錐体外路で単純に機能分けをするのはどうかと思いますし、この考え自体少々古い考え方になっていると思います。元々corticospinal tract(皮質脊髄路)が錐体(延髄にある膨らみ)を通るので錐体路と呼び、それ以外にも運動に関わる神経路があるから錐体外路と呼んだだけですので、敢えて機能云々言わないほうがいいと思います。
また、両者は常に一緒に働きますから、それぞれが運動制御の一部分を構成して居るんだと思えばいいのです。

錐体路=随意運動
錐体外路=不随意運動
と言うのは、強いて言えばアメリカ人と日本人の気質を一言で断言するのに近いかもしれません。
ただ、多くの教科書や、先生方はそのように断言するかもしれません。完全に正しくはありませんが、大きく間違っても居ませんから、素直にそう思いつつ、世の中は、(特に生物は)そんなに簡単には割り切れないんだけどね、、。とニヒルに笑っておけばいいと思いますよ(^^;

PS錐体外路の全体像が(解剖学的にでも)解っているならたいした物ですよ!!

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路...続きを読む

Q血のめぐりがよくなりすぎてもめまいやふらつきがするのは経験上知っていま

血のめぐりがよくなりすぎてもめまいやふらつきがするのは経験上知っていますが、なぜと聞かれたならば答えることができません。理由を教えてください。

Aベストアンサー

血流が良いことは体には何も障害になることはありませんし、おっしゃるような「血のめぐりがよくなりすぎ」になることもありません。めまいやふらつきは血管が急激に拡張しためにかえって血液循環量が減るからおこるのです。「血のめぐりがよくなりすぎ」たのではなく、ちのめぐる量が減ったためです。これはショック状態でおこりますが、血液循環量の低下の他同時に血圧低下、脈拍低下をともないます。

一方、意識が一つのことしか考えられず、集中してくると次第に心や体が興奮状態になりますが、この時は交感神経が緊張し、末梢に血液を送り込むために血圧が上昇し脈拍増加とともに循環量も増え、血流が増大します。この興奮の反応があまりにも急激だったり、あるいは興奮が続いていよいよその極致を迎えると頭の中が真っ白、目の前が真っ白になって失神、気を失うことになります。
これ以上興奮したら身体が持たないので、体自らが失神という方法を選んで危機を乗り切る自然の知恵なのです。本人が意識してできるものではありません。危機が迫ると勝手に体がその方法を選択するのです。自然の体の仕組みって凄いです。ただただ畏敬するのみ、感謝するしかありませんね。

血流が良いことは体には何も障害になることはありませんし、おっしゃるような「血のめぐりがよくなりすぎ」になることもありません。めまいやふらつきは血管が急激に拡張しためにかえって血液循環量が減るからおこるのです。「血のめぐりがよくなりすぎ」たのではなく、ちのめぐる量が減ったためです。これはショック状態でおこりますが、血液循環量の低下の他同時に血圧低下、脈拍低下をともないます。

一方、意識が一つのことしか考えられず、集中してくると次第に心や体が興奮状態になりますが、この時は交感...続きを読む

Q心電図で「陰性T波」って何ですか?

とくに自覚症状はありません。(体力がないとは思います)
安静時心電図で陰性T波と書いてあり、気になります。
半年前くらいには、平坦T波といわれましたがとくに気にしなくていいよ。って医師に言われていました。
そういえば、数年前はやや徐脈って言われました。でも経過観察。

コレステロールはやや高めで、血糖値は正常です。BMI=23~24くらい。
まさか、動脈硬化になってきているとか?
食事は不規則で脂っこいの好きです。ファーストフードで済ませることも多いです。運度はほとんどなし。
休みの日は食べては寝ての繰り返し。ストレスは大。
競争心は強い方かなあ。

20代半ば。男性。

まさか、自分ってはやくも虚血性心疾患になりつつあるのでしょうか?
また、今の段階で生活を改善すると、心電図は正常化するでしょうか?

Aベストアンサー

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわからないので生活改善によってなくなるかどうかは断言できません。。。ただそれ自体はとてもよいことなので是非実践してください。
あとタバコですが10本×10年=100、ということで肺がんになる確率は吸わない人の2倍弱というところです。10年禁煙で非喫煙者並になります。

心臓は命に直結する器官ですから不安になりますよね。そういった不安が強いことで色々な症状が起こることもあります(心臓神経症)。「痛い気がする」というのもその可能性があります。
もう一度受診して医師に説明してもらったほうが安心できるかもしれませんね。

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわか...続きを読む

Qグルコースとグリコーゲンの違いは何ですか?

グルコースとグリコーゲンの違いはあるのでしょうか?私は糖が血液にいる間はグルコースで、糖が筋に入るとグリコーゲンに変わるという解釈をしています。具体的な違いを教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

植物は光合成などによりグルコースを合成しますが、人間や動物はグルコースの形のままで体内に貯蓄される事はほとんどありません。グルコースのままではかさばるからだと思います。たいていは脂肪や、筋肉や肝臓に貯えられるグリコーゲンの形で存在します。グルコースは糖を構成する基本的な単位であり、グルコースが何個もつながったものがグリコーゲンです。グリコーゲンはグルコースが何個も連なり、更に枝分かれして、大変貯蓄に適した形となっています。
糖をエネルギーに変える反応には、無酸素時に糖を分解する解糖系と、有酸素時に糖からできたピルビン酸を分解するTCA回路というものが存在します。人間でマラソンなどをするときは、はじめの7分くらい(はっきり覚えていないのでこの7分という時間には誤りがあるかもしれません)は、無機状態で糖を分解しますが、有酸素時にはTCA回路が主に働きます。
この有酸素時に筋肉にどれだけグリコーゲンが蓄えられているかで、運動の持久力も変わったりします。
以下のURLはとてもわかりやすく生化学が説明されています。どうぞ勉強してみてください。

参考URL:http://www11.ocn.ne.jp/~nutrbio/kanri-biochem.html

植物は光合成などによりグルコースを合成しますが、人間や動物はグルコースの形のままで体内に貯蓄される事はほとんどありません。グルコースのままではかさばるからだと思います。たいていは脂肪や、筋肉や肝臓に貯えられるグリコーゲンの形で存在します。グルコースは糖を構成する基本的な単位であり、グルコースが何個もつながったものがグリコーゲンです。グリコーゲンはグルコースが何個も連なり、更に枝分かれして、大変貯蓄に適した形となっています。
糖をエネルギーに変える反応には、無酸素時に糖を分...続きを読む

Q血管を縮小させる食べ物・飲み物

冷え性に良いと聞き、黒酢を飲み始めて1週間目から持病の偏頭痛が異常に頻繁になり、調べたところお酢には血管を拡張させる作用があると知りました。

血管を拡張させると偏頭痛が起こる私は即刻飲むのをやめたのですが、そのご3日間は頭痛を引きずりました。そこで、逆に血管を縮小させる食べ物又は飲み物はあるんでしょうか。コーヒーには一応その作用はあるみたいですが、体質改善ではなくて一時しのぎなので、なにか決定的なものがあれば是非知りたいとおもいます。

Aベストアンサー

食品の場合かなり個人差があるので決定的かは不明ですが、片頭痛を防止するためには、
 
(1)セロトニン:前駆物質のトリプトファンを含有している牛乳などから摂取できます。チーズは片頭痛の誘因となるチラミンを含んでいるのでおすすめできない。
 
(2)ミトコンドリア:ビタミンB群を果物と緑黄色野菜から摂る。特にB2の摂取により頭痛が減るという学会報告があります。
 
(3)マグネシウム:野菜や豆類(大豆製品や納豆など)に多く含まれる。特にヒジキと黒豆が有効。片頭痛患者の30~50%はマグネシウムが不足しているという学会報告もあります。

(4)ラジカルスカベンジャー:ビタミンC・A・Eを果物と緑黄色野菜から摂る。

以上が必要とされています。

また誘因となる食品も個人差がありますので、頭痛日記などをつけてみることが薦められているようです。

またナツシロギク(フィーバーフュー、夏白菊)というサプリメントが欧米では200年以上も頭痛治療薬として使用されてきました。

日本では「たかが頭痛」と思われてしまうこともありますが、非常にお辛いですね…。
少しでもお役にたてれば光栄です。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q4/20011024.html

食品の場合かなり個人差があるので決定的かは不明ですが、片頭痛を防止するためには、
 
(1)セロトニン:前駆物質のトリプトファンを含有している牛乳などから摂取できます。チーズは片頭痛の誘因となるチラミンを含んでいるのでおすすめできない。
 
(2)ミトコンドリア:ビタミンB群を果物と緑黄色野菜から摂る。特にB2の摂取により頭痛が減るという学会報告があります。
 
(3)マグネシウム:野菜や豆類(大豆製品や納豆など)に多く含まれる。特にヒジキと黒豆が有効。片頭痛患者の30~50%はマグネシ...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Qmlをmgに変換方法

きなこの食物繊維を測る場合、mlをmgになおす方法を教えてください。
2293mlをmgになおしたいのですが、方法が分かりません。
また

Aベストアンサー

水(1ml=1g)であれば、1ml=1g=1000mgですので、2293ml=2293000mgとなり、これにきな粉の比重(単位体積当たりの重さ:水は1)を掛ければ良いのですが、きな粉の比重は、その状態(含水量、詰まり具合)によって変わると思うので・・・どう算出するのか、または一般的な比重があるのかどうか、申し訳ありませんが分かりません。

Q腫瘍と腫瘤のちがいは?

腫瘍と腫瘤のちがいはなんでしょうか?
たとえば肝臓に発生で例えると前者は内部、後者は表面発生のニュアンスでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

私の文章が悪かったようです。腫瘤と腫瘍は比べることが不適当な☆別次元☆の言葉です。

とはいえ、腫瘍は腫瘤とは★区別されるものではありません★。

白血病を除く殆どの腫瘍は腫瘤を形成します。

字が似ていて混乱するのはやむを得ません。

腫瘤という呼び方をやめて、単に「かたまり」と言い換えてもいいでしょう。そうすれば、腫瘍と区別するとかしないとか考えずに済みます。

■子宮に腫瘤があり、調べてみたら良性腫瘍だった。→子宮にかたまりがあり、調べてみたら良性腫瘍だった。

と言い換えることができます。

「肝腫瘤」という言い方はあまりしません。また、「肝臓についている」という表現を拝見すると誤解なさっているようです。肝臓の内部にかたまり状の病変があるときは、「肝内に腫瘤を認める」という表現をします。

■肝内に径3cmの腫瘤を認め、エコー下針生検を施行したところ、病理組織は肝細胞癌(悪性腫瘍)であった。

■肝内に径3cmの腫瘤を認め、エコー下針生検を施行したところ、病理で膿瘍(怪我のときのうみのようなもの)と判明した。

というような例文が正しいのです。

私の文章が悪かったようです。腫瘤と腫瘍は比べることが不適当な☆別次元☆の言葉です。

とはいえ、腫瘍は腫瘤とは★区別されるものではありません★。

白血病を除く殆どの腫瘍は腫瘤を形成します。

字が似ていて混乱するのはやむを得ません。

腫瘤という呼び方をやめて、単に「かたまり」と言い換えてもいいでしょう。そうすれば、腫瘍と区別するとかしないとか考えずに済みます。

■子宮に腫瘤があり、調べてみたら良性腫瘍だった。→子宮にかたまりがあり、調べてみたら良性腫瘍だった。

と言い換...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報