血管が収縮した時はホースを狭くした時に水の流れが早くなるという例えがよく使われます。
しかし入浴後やマッサージ後は皮膚が少し赤くなります。これは血管が拡張し血液循環がよくなる結果と言われますが、血管が拡張した方が血流はよくなるのでしょうか?血管が収縮した時は血圧が上がるので血流も改善するイメージがあるのですがこの考え方は間違っていますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

偏心量」に関するQ&A: 基礎の偏心量(門型)

A 回答 (4件)

>血管が収縮した時は血圧が上がるので血流も改善するイメージがある


違います
圧力が高くないと流れにくい状態と言いかえてください
圧力が高くなくても流れやすい状態が一般的に言われる”血流がいい”ことです

血圧が上がるのは収縮した血管の”手前側”です
血管が収縮すると血流が流れにくくなるので手前側に滞り圧力が高くなります

緊張すると細めの血管が収縮しますから、その手前の太めの血管の圧力(血圧)が高くなります
この細めの血管の流れやすさを「血管抵抗」と言います

電気のオームの法則と同じでE=IR(電圧=電流×抵抗)です
抵抗が大きい部分には流れにくくなり抵抗の低い部分に流れるようになります
    • good
    • 3

血流が良いというのは血液の流量が増えることで、流速が速くなることではないのでは。

    • good
    • 4

医学的根拠はないですが私もそのようなイメージを持っていましたね。

    • good
    • 0

良くなる・悪くなるは、恒常性からの偏移なので、拡張した時も収縮した時も、一時的に血流は良くなります。


そのあと反作用的に悪くなり、時間経過で平常にもどる。
血管がホースなら、ポンプと開閉レバーが心臓で、
細くなったり太くなったりする血管にたいして、血が吹き出さないように、止まらないようにできるだけ同じ流量になるように、副交感神経が脳に働きかけて吐出量を微調整しているのです。
血管の変位に対して、心臓のポンプの変位はタイムラグがある。だから、普通より一時的に血流が良くなったり、悪くなり、時間経過で平常値に戻る。

血管が拡張しすぎると、流量が多くなり血管が破れやすくなるので、血流量を減らすので、血流が良いためにかえって虚血になりやすく、
血管が収縮しすぎると、血液が通りにくくなるので、血圧をあげ、そのためにポンプに負荷がかかり心肥大を起こします。

入浴に関しては、湯温変化だけでなく、水圧によって外側から内圧が高まるので心機能の負担が増し、
湯から上がると体圧が開放された反動で一時的に血流が良くなり、体圧の正常化に合わせて血圧が追従して平常値に戻ります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q採血をする時、血管を拡張する為の腕を暖める機械

採血をする時、血管を拡張する為の腕を暖める機械をご存知方、教えて下さい。昔怒張器と言っていましたが今,探してもありません。だれか製造しているメーカー、販売店を教えて下さい。

Aベストアンサー

採血を行う際、採血困難な症例の場合には、駆血の前に採血部位を含む腕なら腕、足なら足全体を温めるというのは一般的に行われていることですが、通常は冷却パッドを温めて使ったり蒸しタオルをつかったり、本来は腹部を温める温庵法用のコタツのような機械を使ったり、つまりは専用のものではなく流用して使っていたと思います。
個人的に(今は使わないような古い機械が好きで)よく触れるのですがこれまで専用の『怒張器』なるものは見たことも触れたこともありません。具体的な形など追加情報を下さい。

Q脳梗塞等に使う血流を良くする点滴?

以前、脳梗塞ではないのですが、他の病気で使用した「脳梗塞等に使う血流を良くする点滴」とか言うのがあります。
その時は保険が効かないから高くつきました。

実は、その点滴で、始まったとたんに(3分ほど経過)、急に気持ちが悪くなって、手のひらがみるみるうちに紫色に変化しだして、心臓が激しく動悸しだし、慌ててナースコールをしたら、緊急ストップになりました。
今まで、特に薬品アレルギーや食物アレルギーはありませんでしたのでこんな事は初めてでビックリしました。
死ぬかと思いました。

医師は、「多分、特異体質かな?」っと言っていましたが・・・
下手すれば死んでいるところでした。

そこで、お聞きしたいのですが、この時の薬品名が気になって仕方がないのです。
確か、「何とかブロッサ?」だったか「・・・・ロッサ?」だったような気がします。

どうか、宜しくお願いします。

ところでこのような体質の場合は、Gd脳造影MRIは危険でしょうか?

Aベストアンサー

まず、
今後のことを考えると、きちんと点滴を受けた病院に確認をして薬品名を教えてもらうことです。
そして、これから受ける処置に対して影響があるかを事前に把握するため、問診票に記入するべきでしょう。
薬が合う・合わないは、どうしても個人差があります。 また、その日の体調によっても違ってきます。 そのために、医師・看護師は投薬後に状態の変化を観察し、緊急時に対応できるようにしているのです。

Q●胎児循環●

胎児循環で静脈管(アランチウス管)はいつ出生後いつ閉鎖するのか教えて下さい!!

Aベストアンサー

下記URLには静脈管、卵円孔、動脈管は生後まもなく閉鎖するとありましたがもう少し具体的な答えが必要なんですよね?動脈管だと生後6時間以内だったような・・・

http://www.geocities.jp/asamitadashi/RoadtoEMT/
(ページ上段のテキストファイル 「1.syouni.txt 28-Jun-2003 11:28 7k」)

参考URL:http://www.geocities.jp/asamitadashi/RoadtoEMT/

Q期外収縮???

なんだか胸の鼓動が変になってはや3年。ずっと変じゃなくて、冬の夜寝る前や朝起きた時など、ストレスを感じた時などに、胸の鼓動が変になります。どういうふかというと、なんだか
ドキッ ンッ ドキッ ンッ
と、ひとつ多く鼓動するような感じです。
このとき動機、息切れ、胸の痛みなどは全くありません。ただ違和感だけします。
図書館で調べてみると期外収縮らしいですが、それほど大変な病気じゃなさそうですが、いちよう病院にいったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
一度診察を受けてみてはいかがでしょう。
私は、心室性期外収縮ですが、何も気にすることは無いし、運動とかも平気です。
いろいろ種類があるから、大変じゃないとは言い切れませんが、動機、息切れ、
痛みがないのなら、大丈夫なはずです。
安心するために、病院にいってくださいね。
 ちなみに私は、昔は薬を飲まなければいけませんでしたが(動機、鼓動のため不眠)、
今は飲んでませんよ。心臓は元気です。心電図でしか不整脈とわかりません(自覚症状なし)。

Q胎児の血液循環について質問です。

下行大動脈に流れる血液よりも上方大動脈に流れる血液の方が、
酸素飽和度が高いのはなぜか??その根拠を3~4行で説明できますか??
お願いします。

Aベストアンサー

まず胎児の血液循環について、考えると、、、、

1、胎盤で母親から酸素を得た血液は、臍帯静脈を経て、胎児の下大静脈に流入します。ここで、胎児の下半身から戻ってきた血液と混ざります。ここで、酸素飽和度は下がります。

2、下大静脈は心臓の中の右心房に流入し、ここで胎児の上半身(上大静脈)から戻ってきた血液と混じります。酸素飽和度はさらに下がります。

3、大部分の血液は、右心房から卵円孔を通じて、左心室に流入し、大動脈(上行)から拍出されます。一部の血液は肺から戻ります。肺からの静脈血の混合で酸素飽和度は少し下がります。

4、右心房から右心室に入った血液は、肺動脈から拍出されますが、本来、ガス交換を行う肺は胎児ではまだ機能していないので、そのほとんどは肺動脈から動脈管を通じて、大動脈に流れ込みます。(この位置は、大動脈弓部すなわち上行大動脈に続く部分です。)一部は、肺に流れます。

5、3と4の血液が、混じり合って下行大動脈を通して下半身に流れます。

以上をまとめると、上行大動脈と下行大動脈の酸素飽和度の差は、動脈管からの流入血液があるかないかという違いになります。3の血液(上行大動脈)のほうが、肺からの流入がある分、酸素飽和度は少し低いので、5の血液(下行大動脈)は、3の血液(上行大動脈)より酸素飽和度が高くなります、、、、。
あれっ、逆になっちゃったな。何か、間違ってますか。それに、肺からの流入血液は、卵円孔からの血流の比べると、量がかなり少ないはずなので、酸素飽和度はあまり変わらない気もしますが、、。わたしも発生学を学んだのが、随分前なので、今ひとつ自信がありません。^^;

まず胎児の血液循環について、考えると、、、、

1、胎盤で母親から酸素を得た血液は、臍帯静脈を経て、胎児の下大静脈に流入します。ここで、胎児の下半身から戻ってきた血液と混ざります。ここで、酸素飽和度は下がります。

2、下大静脈は心臓の中の右心房に流入し、ここで胎児の上半身(上大静脈)から戻ってきた血液と混じります。酸素飽和度はさらに下がります。

3、大部分の血液は、右心房から卵円孔を通じて、左心室に流入し、大動脈(上行)から拍出されます。一部の血液は肺から戻ります。肺か...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報