今月より後期高齢者となりました。10年前に退職しており少しの株の配当金だけが年金以外の収入です。そして今回国民健康保険の支払額が後期高齢者となり新たに送られてきたのですが月額27000円との記載に目を疑いました。後期高齢者年金受給者が今後死ぬまで27000円もの保険料を払うのは一般的な額でしょうか?企業年金を除いた年金の1割近くを払うことになる計算です。こんなに高いものなのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

後期高齢者医療保険料は均等割額(加入者が等しく負担する部分)と所得割額(加入者の所得に応じて負担する部分)の合計額になります。



均等割額+所得割額=保険料


以下はお住まいが東京23区として計算してみます。

均等割額は年間42,200円です。

所得割額の計算方法は 

(総所得金額等-33万円)×保険料率(8.98%)=所得割額 です。・・・計算式A


さて、あなたが65歳以上で仮に年金収入430万円の場合の年金所得金額計算式は

年金所得金額=年金収入×0.85-785,000円・・・計算式B

年金収入430万円を計算式Bで計算すると

4,300,000×0.85-785,000=2,870,000円

となり287万円が年金所得金額となります。


年金所得金額287万円を計算式Aで計算すると

(287万円ー33万円)×8.98%=22.8万円


228,000円の取得割と42,200円の均等割りを加算すると270,200円【後期高齢者医療保険料(年額)】となります。

270,200円÷12=22,516円(月額)となります。


他に株の配当金があるとのことですので、当然それも所得に加算され後期高齢者医療保険料は計算されますのでお知りおきください。


>後期高齢者年金受給者が今後死ぬまで27,000円もの保険料を払うのは一般的な額でしょうか?
>企業年金を除いた年金の1割近くを払うことになる計算です。こんなに高いものなのでしょうか?


年金収入が430万円あれば後期高齢者医療保険料月額は22,500円程度ですので一般的です。


【参考】

http://www.city.musashino.lg.jp/kokuho_nenkin/ko …

http://www.tokyo-ikiiki.net/seido/shisan.php

http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shi …
    • good
    • 0

Q_A_…です。



>税務署と聞くだけで悪いことはしていなくても関わりたくないと思ってしまうのは私だけでしょうか。

そうでもないでしょう。

「警察署」と同じく「署」ですから、こと「国税」に関しては、警察以上の捜査能力も権限も有しています。
ですから、「所得隠し」など非合法なことをしている者にとっては非常に怖い役所で、そのイメージが一般的にも流布しています。

なお、個人的には、「所得税の確定申告」について右も左も分からない頃にいろいろとお世話になったので、親近感のある役所の一つです。

(参考)

『税務調査|Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%8E%E5%8B%99% …
---
『確定申告後に税務署から来署案内?|さいたま市 税理士 小暮巌のブログ』(2011/01/18)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/pos …
『税務調査って怖いの?|税理士もりりのひとりごと』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373 …
『税務署はいくらから来る?|税理士もりりのひとりごと』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度重なる質問への返信ありがとうございます。勉強になりました。

お礼日時:2014/09/18 12:32

>後期高齢者年金受給者が今後死ぬまで27000円もの保険料を払うのは一般的な額でしょうか?



「後期高齢者医療制度」は、「都道府県単位」で運営されています。
また、その人の【税法上の所得金額】によって保険料が変わります。

つまり、保険料は「住んでいる地域、所得の多寡」によって「一人ひとり違う」ことになり、「一般的な額」というものは存在しません。

また、「役所」で働いているのも普通の人ですから、「うっかり」や「勘違い」による間違いがありますので、「通知に記載された保険料の金額が【絶対に】正しい」とは限りません。

>企業年金を除いた年金の1割近くを払うことになる計算です。こんなに高いものなのでしょうか?…

上記の通り、「住んでいる地域、所得の多寡によって一人ひとり違う」、「通知が間違っていることもある」ためなんとも言えません。

また、「企業年金による収入」は、「税法上の所得金額」の算定から除外できません。

---
ちなみに、「税法上の所得金額」について不明な場合は、「所轄の(あるいは最寄りの)税務署」、または、「地方公共団体の(役所の)課税担当の窓口」へ資料持参で出向けば計算方法を教えてもらえます。

※「国税」でも「地方税」でも、「所得の種類」と「所得金額の計算方法」は同じです。

もちろん、「日頃相談している税理士がいる」ということであれば、その税理士に計算してもらってもかまいません。

---
「税法上の所得金額」さえ分かれば、自分で「保険料」を計算することもできますが、(慣れないうちは)「地方公共団体の(役所の)後期高齢者医療制度の担当窓口」で試算してもらうのが無難です。



*****
(参照したWebページ・参考リンクなど)

『公的医療保険の分類・種類(体系)|WEBNOTE』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/_1_22.html
『後期高齢者医療制度 > 保険料について|【東京都】後期高齢者医療広域連合』
http://www.tokyo-ikiiki.net/seido/hokenryou.php

****
『所得の区分のあらまし|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
『所得金額の計算|新潟市』
https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/zei/sirab …
---
『配偶者の所得がいくらまでなら配偶者控除が受けられるか|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1190.htm
>>(注) 次のものは配偶者控除が受けられるかどうかを判定するときの合計所得金額から除かれます。
>>(1) 上場株式等の配当や少額配当などで確定申告をしないことを選択したもの
>>(2) 特定口座の源泉徴収選択口座内の株式等の譲渡による所得で、確定申告をしないことを選択したもの(以下略)

***
『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/wor …
---
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365 …
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/503 …
『税務署は意外と親切|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/noz …
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-126 …
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html

***
『住民税の申告について|町田市』
https://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/tax/sh …
※「地方税のルール」には、細かい部分で条例による地域差がありますのでご留意ください。
---
『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
---
『確定申告|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その【過不足を精算する手続き】です。

***
『世帯、世帯主|誰も教えてくれない住民票の話』
http://members.jcom.home.ne.jp/hitosen2/juumin2. …

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

この回答への補足

税務署と聞くだけで悪いことはしていなくても関わりたくないと思ってしまうのは私だけでしょうか。

補足日時:2014/09/17 21:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プロフェッショナルな回答をどうもありがとうございます。大まかな仕組みなどが分かりました。これから一つづつ確認してみます。

お礼日時:2014/09/17 21:33

>こんなに高いものなのでしょうか?よろしくお願いします。



厚生年金・200万、企業年金・300万、年金合計500万。

(配当金は金額・総合課税分離課税不明につき無視して)

と推測しました。大体あっていませんか?

現役並みの所得だから負担は大きいと思います。

詳しい計算は保険料の通知書に根拠が示されているのでは?

また、都道府県の後期高齢者医療ホームページで計算することもできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。年金は企業年金を入れ400万くらいですが色々引かれて実質は27万くらいが月額です。27万から27000円を引かれるのはいたいなぁと正直おもいます。

お礼日時:2014/09/17 07:39

あなたにそれだけの所得があるから月額27000円という金額になるんでしょう。


平均では月額1万円程度ですが,他の人はあなたよりも所得が少ないのです。
もっと言えば後期高齢者保険制度には,被保険者が負担する保険料の4倍の額が若年世代から補填されているのですよ。それがなければ,今の5倍になると思ってください。それだけの医療費をあなたの世代は使っているのです。

「企業年金を除いた年金の1割近くを払う」って,どうして企業年金を除くの?すべての所得から計算されるのですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

企業年金をも含めた全てから支払額が決まるとしりませんでした。無知ですみませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/17 07:36

>少しの株の配当金だけが…



上場株の配当金は、確定申告をすることもしないことも選択できますが、申告しているのではありませんか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm

申告すれば、確かに前払いさせられた所得税・住民税の一部あるいは全部が返ってくることがありますが、反面、翌年の国保税や後期高齢者保険料に反映されます。

>今後死ぬまで27000円もの保険料を払うのは一…

納付書に、死ぬまでその額を払いつづけなさいなんて書いてないでしょう。

まあ、去年並みの総所得が死ぬまで続くなら、料率等が変わらない限り、保険料も死ぬまで同じ額ということになりますけど。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ためになりました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/18 12:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後期高齢者医療保険料の賦課限度額に月割計算はあるの? 保険料はいくら高所得者であっても上限は57万円

後期高齢者医療保険料の賦課限度額に月割計算はあるの?

保険料はいくら高所得者であっても上限は57万円ですが、年度の途中で75歳になり加入した人であっても、上限は57万円でしょうか?

たとえば、計算上の保険料が300万円となり、上限超過で57万円となる人がいたとします。
この人が仮に年度途中の1月に75歳となった場合、この年度では3ヶ月だけの加入ですから、300万円の12分の3で計算上の保険料は75万円です。ここで適用される賦課限度額が57万円のままだと、3ヶ月の加入も1年の加入も保険料は同額で不公平だと感じます。

実際のところはどうなのでしょう?

Aベストアンサー

>賦課限度額に月割計算はあるの?
はい。あります。
国民健康保険も同じですが、
限度額はあくまで年間保険料の
限度額です。
年間保険料が限度額の57万と
決まったら、57万÷12ヶ月
=47,500が月額となります。
1月に75歳になったら、
1~3月分
47,500×3=142,500
となります。

新年度からまた料率等の改定が
あるので、限度額もいじられる
可能性はあります。

Q後期高齢者医療基準収入額について

この5月で75歳となりました。後期高齢者医療保険者証が来ました。一部負担金割合が3割となっています。被保険者本人の収入額が383万円以上であるからです。しかし、妻と合わせても年収が520万円に届かないため、1割負担にしてもらおうと後期高齢者医療基準収入額適用申請をしました。

その結果申請は却下されました。その理由は、分離株式等譲渡上場分収入が5億円ほどあるので収入基準額の520万円を上回っているというものでした。

株式譲渡益はマイナスでした。

株取引は分離課税なので、収入金額には総合課税の収入金額に株式譲渡益がある場合その分をプラスしてカウントするものと思っていましたので納得できないでおります。

もし役所の言う通りだとすれば、何回か株式を売買しただけで520万を超えてしまいますから、たとえ総合課税での収入額が383万円未満で世帯収入が520万円未満の、もともと1割負担でいい場合でも3割負担になってしまうのはおかしいような気がします。

後期高齢者医療制度でいう年収とは、総合課税の収入金額に株式取得金額を考慮しないグロスの株式譲渡額をプラスしたものなのか、それとも総合課税の収入金額に株式譲渡益をプラスしたものなのか、どちらでしょうか。

健康保険法、同施行令、所得税法、同施行令等いろいろ調べてみたのですが複雑でわかりませんでした。どなたか教えていただければ幸いです。

この5月で75歳となりました。後期高齢者医療保険者証が来ました。一部負担金割合が3割となっています。被保険者本人の収入額が383万円以上であるからです。しかし、妻と合わせても年収が520万円に届かないため、1割負担にしてもらおうと後期高齢者医療基準収入額適用申請をしました。

その結果申請は却下されました。その理由は、分離株式等譲渡上場分収入が5億円ほどあるので収入基準額の520万円を上回っているというものでした。

株式譲渡益はマイナスでした。

株取引は分離課税なので、収入金額には総...続きを読む

Aベストアンサー

>その理由は、分離株式等譲渡上場分収入が5億円ほどあるので収入基準額の520万円を上回っている…

何を争っているのですか。
「収入」の合計は確かに 52万円を上回っていますね。

>株取引は分離課税なので、収入金額には総合課税の収入金額に株式譲渡益がある場合…

それは所得税・住民税の話かとは思いますが、そのような規定ではありません。
正しくは、
-------------------------------------
株取引は分離課税なので、「所得」金額には総合課税の「所得」金額に株式譲渡益がある場合・・・
-------------------------------------
です。

税の話をするとき、「収入」と「所得」は意味が違うんです。

後期高齢者医療制度で、基準収入額適用申請をする場合の 383万とか 520万とかの数字区分は、あくまでも「収入」であって「所得」ではないのです。

株長者に限らず八百屋や魚屋を営業している高齢者でも、「売上」が 1,000万あっても「仕入」と「経費」とで 900万あって「所得」は 100万しかないようなケースはいくらでもあります。

このような場合でも、基準収入額適用申請をする場合は 100万でなく 1,000万が判断材料にされるのです。

某県のリーフレットでは
-------------------------------------
○収入金額とは
給与収入 (略)
年金収入 (略)
その他の収入 (不動産、事業、異と字、譲渡等)・・・必要経費・特別控除を引く前の金額
-------------------------------------
とはっきり書いてあります。
http://www.koukikourei-nagano.jp/shinsei/shikaku/documents/2016_kijunsyuunyou_tekiyouniatatatte.pdf

>もし役所の言う通りだとすれば・・・・・3割負担になってしまうのはおかしいような気が…

おかしくてもおかしくなくても、そのように決められているのですからしたがわざるを得ません。

>その理由は、分離株式等譲渡上場分収入が5億円ほどあるので収入基準額の520万円を上回っている…

何を争っているのですか。
「収入」の合計は確かに 52万円を上回っていますね。

>株取引は分離課税なので、収入金額には総合課税の収入金額に株式譲渡益がある場合…

それは所得税・住民税の話かとは思いますが、そのような規定ではありません。
正しくは、
-------------------------------------
株取引は分離課税なので、「所得」金額には総合課税の「所得」金額に株式譲渡益がある場合・・・
--------------...続きを読む

Q後期高齢者医療保険の均等割額の軽減制度

東京都在住、後期高齢者医療保険加入の単身世帯者です。
収入は年金のみ。約 70万円なので所得0です。
保険料の均等割額の軽減制度があって、私の場合は 9割軽減されると思うのですが、最近届いた保険料額決定通知書では均等割額 37,800円のままで軽減されていません。
私の理解の間違いでしょうか。

Aベストアンサー

同居の後期加入者と世帯主(後期への加入していない場合も含む)の合計所得で判定します。

たとえば奥さんが75才以上だったり、息子さんが世帯主をしている場合、その方の所得も合計して判定します。

また、あなた、もしくは上記のうちのどなたか一人でも確定申告(住民税申告)していなければ非該当になります。

通常課税年金を受給していれば、役所に年金保険者から支払報告が送られるので、70万しかないのであれば申請は不要ですね。
(遺族年金、障害年金は非課税年金なので、役所に支払報告がされないため把握できませんので、別途申告が必要になります。)

不明なことは、役所に聞くのが一番です。今は混んでると思いますけど、急いでも急がなくても結果は同じ(誰か所得のある方が同居していて非該当、もしくは、申告を出すことで軽減に該当するように処理してくれる)ですから、お暇な時に役所へ行くか電話してください。

Q精神障害者で入院中の後期高齢者医療と国保

こんにちは、よろしくお願いします。
精神障害で長期入院中の方が今年65歳になります。
市役所から後期高齢者医療の案内が来ました。
現在一人世帯で、国保の保険料を支払っています。
所得はありません。障害年金生活で精神障害者1級です。
重度認定と食事の減額を受けています。

後期高齢者医療と国保では最低の場合は後期高齢者の方が
少し安いようですが、何かデメリットありますか?
メリットとデメリットを教えてください。
最終的にこの場合はどちらがよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少し補足を
質問者様のケースですと、後期高齢者医療の方がメリットは大きそうですね。
あと後期高齢者医療に移行しても、75歳未満の方でしたら、国保に戻ることも可能ですので
65歳から後期高齢者医療に移行され、状況次第で国保に戻すのが良いかと思われます。
どちらにしても75歳になられましたら後期高齢者医療に強制加入のような形になるので
65歳~75歳の10年間を、その場の状況で判断してもらうと良さそうです。


また障害者医療の件ですが
65歳以上の方で、後期高齢者に「移行しない」方が使用出来なくなります。
ですから後期高齢者医療に移行せず、今現在の国保のままでの申請をされますと、
医療費の負担割合は3割負担となりますので、負担が急激に増える事が予想されます。

Q高所得者の扶養になった場合の、高齢受給者(70歳)の窓口負担額について

標題の件について教えて下さい。

現在国民健康保険に加入している母親(70歳、同居)を、父が他界したのを機に自分の会社の健康保険(社会保険)の扶養にしたいと考えています。
(母親の収入は年金のみで180万円未満です。)
自分の年収が高所得者になる場合、70歳以上の高齢受給者である母の窓口負担額は1割のままでしょうか?
定期的に通院しているため、自分の扶養にしたことで窓口負担額が2割になったり、自己負担限度額が引き上げられてしまうのであれば、母は国民健康保険のままにしておこうと思っています。

ご回答頂けると助かります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

社会保険事務の手引きにこんな記述を見つけました。
「被保険者が70歳未満であれば(標準報酬月額28万円以上でも)高齢受給者である被扶養者は1割負担です。」

政管健保の場合ですので、組合健保だと少し違うかもしれません。
会社でご確認を。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報