来年、確定申告するためには源泉徴収票が必要なのですが、訳あって発行元の会社(もう退職している)に連絡を取ったり自分の現住所を知られたりしたくないため、請求することができません。そのため、来年になってから確定申告するにもどうすれば出来るのかがわかりません。
「不交付」の手続きがあることは調べたのですが、自分都合で請求していないだけなので、これには該当しないのではないかと思うのです。
以上の状況で私が確定申告をするためにはどうしたらよいのでしょうか?

もし、確定申告できないとしても、還付されるだけなら申告しなくても罰則は無いということも調べましたが、計算方法等が分かりませんので、自分が確定申告をしなかった場合に罰則の対象になるのかが分かりません。最低でもそれだけ確かめることは出来ませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

給与所得者(俗にサラリーマンと言います。

)が1年間の給与収入が2,000万円以下で他の所得が20万円以下であれば、確定申告をする義務はありません。
確定申告しないのであれば、源泉徴収票は不要ですね。
 しかし、サラリーマンの方でも、複数個所から給与収入がある方、年末調整を行っていない場合には確定申告が必要になります。また、年末調整を行っている場合でも還付を受けるケース、つまり、住宅取得借入金等特別控除(俗にローン控除とも言います。)、医療費控除及び寄付金控除(故郷納税を含みます。)は確定申告をしないと受けられません。
 サラリーマンが確定申告をする場合には源泉徴収票が必要です。では、なぜ源泉徴収票が必要なのでしょうか。
 源泉徴収票には、給与の額、控除対象親族の状況、保険料控除などの所得金額から控除される金額等の盛沢山の情報があり、これが分からなければ所得金額の計算ができないことになります。そして最も重要なことは、源泉徴収された税額の有無、その金額がどのくらいであったかなのです。もし、不明ということであれば納税した金額が分からず、当然還付される金額も計算できないということになりますね。
 例外的に源泉徴収が行われていない給与については、源泉徴収票がない状態で申告する以外に方法はないですね。
    • good
    • 10

専門家紹介

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

詳しくはこちら

専門家

No.8です。



再回答になりますが、

もし、質問者が今年、勤務した会社が一社だけなら、そして、その会社からもらった給与(賞与を含む)が2000万円以下で他の所得が20万円以下ならば、質問者には確定申告をする義務はありません。
【根拠法令等】所得税法第百二十一条第一項第一号

なので、確定申告しないで放って置いても何の罰則もありません。確定申告しないのであれば、源泉徴収票は不要ですね。

ただ、確定申告をして所得税の還付を受ける権利があるケースならば、確定申告しないと損になります。

質問者が確定申告をすれば所得税の還付を受けられるのかどうかは、給与の額、源泉徴収税額、保険料控除など所得控除の額などの具体的な情報がないと計算できません。
    • good
    • 47

確定申告書には源泉徴収票の原本添付が求められます。

つまり「必要」です。

現在手元に源泉徴収票が来てない状態で、退職した会社に現住所を知られたくないのですね。
1、
源泉徴収票は、退職後一か月以内に交付すべしという法令がありますが、これに従わずに年末または翌年初めに源泉徴収票を発行する企業があります。
 従業員の年末調整事務とともに源泉徴収票の作成をし、退職した者にはその際に交付あるいは郵送するというわけです。
 ご質問者の退職時期が述べられておりませんが、上記のように、来年年初めまでに郵送される可能性大なのです。つまり「あえて請求しなくても交付される」可能性大という事です。

2、
源泉徴収票が郵送される場合には、退職当時に勤務先が把握していた住所地(源泉徴収票に記載される住所となるわけです)に発送されます。
 転居先を退職した会社に知られずに、その源泉徴収票を受理したいのですから、郵便局に転居届を出しておけば転送されます。
また、源泉徴収票が手元に来ないので下さいと請求して、以前の住所地に送付してくれとお願いすれば済みます。
現在の住所を知られずに源泉徴収票を受け取る方法はあるということです。

3、
年途中退社でその後の収入がない方ですと、まず還付金が発生する確定申告書になります。
つまり「罰則の対象者になる可能性はきわめて低い」ので、計算方法を説明しても良いですが、長大になるので省きます。
「還付金をあきらめれば、確定申告はしなくてよい」です。
    • good
    • 46

短く回答します。



もし、質問者が今年、勤務した会社が一社だけなら、そして、その会社からもらった給与(賞与を含む)が2000万円以下で他の所得が20万円以下ならば、質問者には確定申告をする法的義務はありません。
【根拠法令等】所得税法第百二十一条第一項第一号

なので、確定申告しないで放って置いても罰則はありませんよ。確定申告しないのであれば、源泉徴収票は不要ですね。

ただ、確定申告をすれば所得税が還付されるケースならば、確定申告しないと損になりますけどね。
    • good
    • 28

長いですがよろしければご覧ください。



>…以上の状況で私が確定申告をするためにはどうしたらよいのでしょうか?

「所轄の税務署で(職員さんに)交渉する」ということになります。

『給与所得の源泉徴収票』は、確定申告書に【添付必須】ですが、【所得などの情報をきちんと証明できる資料が用意できるならば】、税務署(長)の判断で「今回はなくても問題ない」となる「可能性」はあります。

つまり、『給与所得の源泉徴収票』の記載欄すべてに「事実と相違ない内容」を自分で記入できるだけの資料があって、【なおかつ】、税務署側がその資料の信憑性について納得すればよいわけです。

もちろん、本来ならば、税務署は(納税者に)「給与を支払った会社が内容を証明した『給与所得の源泉徴収票』を添付させる」だけで済むのですから、それを曲げて「添付しない」ことを認めさせるには、それなりの交渉力が必要になるかと思います。

※「国税職員」と言っても、組織の中で働く会社員と大きく変わるわけではありませんので、「ルールにないこと」にはあまり関わりたくないものです。
あくまでも「組織の一員」ですから、「ルールにないこと」は原則として「独断」では決められませんし、「余計なこと」をすると業務上の評価が下がる可能性があるのも普通の会社と変わりません。

(参考)

『Q22 確定申告書を提出する際に必要な書類はどのようなものですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
>>(3) 給与所得がある場合:給与所得の源泉徴収票(原本)
---
『[PDF]給与所得の源泉徴収票(給与支払報告書)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/h …
---
『「5つの交渉術」をマスターして欲しいものを手に入れる!|Lifehacker』(2013.01.29)
http://www.lifehacker.jp/2013/01/130129minimal_n …


>…計算方法等が分かりません…自分が確定申告をしなかった場合に罰則の対象になるのか…だけ確かめることは出来ませんでしょうか?

「所轄の税務署(あるいは最寄りの税務署)」に相談してください。

『給与所得の源泉徴収票』がなくても、「1年間の【すべての】収入に関する資料」があれば「所得税の確定申告が必要かどうか?」「必要がある場合で、しなかった場合のペナルティは何か?」について教えてもらえます。

もちろん、(民間のサービス事業者である)「税理士」に相談してもかまいません。

また、「自分で所得税の過不足(納税になるか?還付になるか?)を試算してみたい」という場合は、国税庁のサイトの「所得税の確定申告書等作成コーナー」を利用してください。
(「平成25年分用のフォーム」でも「試算」に使うだけなら特に不都合はありません。)

(参考)

『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/wor …
>>個人課税部門は、所得税や個人事業者の消費税等についての個別的な相談や調査を行っています。……
---
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/noz …
---
『税理士制度について|国税庁』
http://www.nta.go.jp/m/taxanswer/9203.htm
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html
---
『所得税(確定申告書等作成コーナー)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

***
なお、【仮に】、「所得税の確定申告をしない」ということになった場合は、原則として「個人住民税の申告」が必要になりますのでご注意ください。

ちなみに、「個人住民税」は「地方税」のため、「自治体ごとの条例によるルールの違い」があります。
ですから、詳しくは「1月1日に住んでいる(予定の)市町村の課税担当の窓口」でご相談ください。

(参考)

『住民税とは?住民税の基本を知ろう|All About』(更新日:2014年06月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
『市・府民税(個人住民税)の申告について|泉佐野市』
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/somu/zeim …
『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
---
『給与支払報告書の提出について(会社の経理担当の方へ)|所沢市』
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/te …
>>◯給与支払報告書の提出義務がある従業員の方
>>次の2点のいずれかを満たしている従業員の方については、パートやアルバイトなどの就業形態にかかわらず、給与支払報告書をご提出いただく義務があります。……



*****
(その他、参照したWebページ・参考リンクなど)

『確定申告|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>【所得税の】確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その【過不足を精算する手続き】です。
---
『所得の種類と課税のしくみ|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto319. …
『所得から引かれる「控除」、仕組みを理解して節税を!|All About』(更新日:2013年08月09日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/424898/
---
『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320. …
『税金から差し引かれる金額(税額控除)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto321. …
---
『「給与所得の源泉徴収票」の提出範囲と提出枚数|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7411.htm
『源泉徴収票不交付の届出書|さいたま市 税理士 小暮巌のブログ』(2010/12/06)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/pos …

***
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365 …
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/503 …
『税務署は意外と親切|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
---
『不服申立ての手続|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm

***
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-126 …
『まだまだたくさんいる「偉い税理士先生」|税理士もりりのひとりごと』(2012/06/07)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-135 …
『ニセ税理士|税理士もりりのひとりごと』(2014/01/04)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-191 …



※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください
    • good
    • 24

住基ネットに登録して電子証明書を発行したり、


1回しか使わないカードリーダー買ったり、出費も手間もかかりますが
e-taxなら書類の提出が免除されます。
還付金も2週間ほどで振り込まれます。
自分は5年間、源泉徴収表もその他の書類も提出したことはありません。
ただ給与明細が残っていないと、入力が出来ません。
    • good
    • 13

最低でもそれだけ確かめることは出来ませんでしょうか?>


今年会社に提出した給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の扶養人数と実際の結果が同じか、前者の方が少なければ大丈夫です。毎月天引きされていた源泉所得税はこの申告書から算出され、この税額は通常多めになっていますので(これを年末調整で清算し還付金が貰えることに)。
源泉所得税を天引きされてないとか、実際の扶養人数の方が少ないとかであれば追加での納税しないといけない可能性があるので、確定申告は必須となるでしょう。税務署はあなたの収入と源泉所得税を把握しているので、足りなければ後日申告するように連絡があるでかと。期日より遅れるため罰則があり、当然その分余計に納めないといけません。

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/ge …
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/ …
    • good
    • 5

確定申告に源泉徴収票が必須です。


原則、給与明細ではできません。
どうしてもというなら、税務署で電話で確認されることをおすすめします。

>自分が確定申告をしなかった場合に罰則の対象になるのかが分かりません。
いいえ。
法的に貴方は確定申告の義務はありません。
大丈夫です。
なお、年の途中で退職した場合、ほとんど所得税を納め過ぎになっています。
    • good
    • 5

給与明細を集計して添付すればいいです。

    • good
    • 11

 確定申告できます。



 そのかわり、収めた税金を証明できませんので、会社に在籍中の給料は「収入」に記入して、収めた税金は「0」とすれば大丈夫です。

 通常は1割程度が所得税となりますので、その分の所得税を再度、支払う必要が出てきます。
 (控除や経費で赤字になれば、支払う必要はありません)

 収めた税金が証明できないので、当然還付金もありません。。。
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告と源泉徴収の関係は?源泉徴収表が勤務先から渡されている場合は、確定申告は必要ないのか?

こんにちは。

源泉徴収と、確定申告の関係について教えてください。

まず、確定申告は働いていて収入が一定以上ある人は全員しなければならないのですか?

上記にあたる人でも、勤務先から源泉徴収表が渡された場合、勤務先が手続きをしてくれているので、必要ないという話も聞きました。

実際、源泉徴収と確定申告がよくわかりません。

詳しく教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

確定申告≧源泉徴収

こんな感じです
社員でもパートでもそうですが
雇われている人(雇用契約を結んでいる人)は
会社がその人の代理で税金(所得税)を源泉徴収します
ですが月の収入などで大凡の金額を前徴収しているので
最終的に正規な年間収入金額が出る年末に
その年最後の調整を”年末調整”と言って
保険の控除や扶養家族などの控除額を計算して
最終的な税額を決めるんです
その時に多く徴収していれば返ってきますし
少なければ収めなくてはいけません
簡単に言うと”源泉徴収”はこういう感じです

確定申告は自営業など源泉徴収をされない人が
自分で行う所得税の申告であって
毎年2月から約1ヶ月間の期日を設けて
その申告を受け付けます
当然該当する年度は前年度の収入に対してです

さて雇用されている人でも
年収が2000万円以上の人は再度確定申告を行わないといけませんし
他の収入がある人
例えば株式で配当を受けた人など
主収入以外に収入があれば確定申告は必要です
下記のURLを参考にして下さい

普通の人は殆ど確定申告はしなくて良いようになっています

自分でするのが”確定申告”
会社がするのが”源泉徴収”
こんなイメージで構わないと思いますよ

参考URL:http://www.mykomon.jp/kakutei_salary/kakuteishinkoku_00_index.html

こんにちはm(__)m

確定申告≧源泉徴収

こんな感じです
社員でもパートでもそうですが
雇われている人(雇用契約を結んでいる人)は
会社がその人の代理で税金(所得税)を源泉徴収します
ですが月の収入などで大凡の金額を前徴収しているので
最終的に正規な年間収入金額が出る年末に
その年最後の調整を”年末調整”と言って
保険の控除や扶養家族などの控除額を計算して
最終的な税額を決めるんです
その時に多く徴収していれば返ってきますし
少なければ収めなくてはいけません
簡単に言うと”源...続きを読む

Q源泉徴収票は、税務署に行けば再発行してもらえるのですか?

母の会社で、私の、過去3年分の源泉徴収票が必要になりました。
(しかも、1週間以内に提出しなければならないそうです。)
しかし、私はこの3年間で、2回転職しています。
それぞれの会社へ連絡したのですが、取り寄せるのに時間がかかったり、1~3月分までしか送られてこなかったり、と、らちがあきません。この際、自分で役所にとりに行って発行してもらおうと思うのですが、源泉徴収票とは、個人でとりに行っても、発行してもらえるものなのでしょうか?
また、とりに行くとしたら、税務署、市役所、区役所などの、どこへ行けばいいのでしょうか?勤務地の近くの役所へ行けばいいのか、自宅近くの役所へ行けばいいのかもわからないので、教えて欲しいです。
どうぞよろしくお願いします…!

Aベストアンサー

源泉徴収票は、各々の勤務先で発行するものです。
そして、会社が市役所に報告するのは、給与の支払額で、源泉徴収票は提出していませんから、市役所に行っても源泉徴収票のコピーは取れません。
また、税務署には、全員の源泉徴収票が提出されず、会社の役員や年収が500万円以上の人だけの源泉徴収票が提出されますから、該当しない場合は税務署で源泉徴収票のコピーは手に入りません。

別の方法として、市役所では会社からの報告を元に住民税を計算した時の、市・県民税の課税通知書があります。
これは、事情を説明すれば再発行してもらえますから、その源泉徴収票の提出先に、その市・県民税の課税通知書でも良いか聞いてください。

通常、源泉徴収票の代わりに、これを用いることが多いです。
市役所は、お住まいの市です。

Q源泉徴収は絶対に出さないといけませんか

9月に退職しました。今別の会社に勤めています。
いまの会社から前の会社の源泉徴収票をもらってきて出すように言われています。

前の会社にお願いしていますが、忙しいのか、邪魔くさいといわんばかりの返事で、いまだいただいていません。

もし、最終いただけない場合、出さなくても私には罪が発生しますか?

もう、払い過ぎの所得税が返ってこなくても、いいのですが、それでは税務署から私が何か罰せられることはありますでしょうか?

今の会社の人が「できればもらってきて」くらいの言い方だったので、なければないで、いいのかなと思った次第なのです。

回答よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

 >もう、払い過ぎの所得税が返ってこなくても、いいのですが


  そういうお考えであるのであれば、無理して前職の源泉徴収票を出す
  必要はありません。
  現在お勤めの会社に、「前職分が出してもらえないので、年末調整は
  しなくても結構です。後で自分で確定申告します」とでも言えば、
  それ以上、請求されることはないでしょう。

  
 >税務署から私が何か罰せられることはありますでしょうか?

 
  前職分の源泉徴収票がなければ、今の会社で年末調整はできません。
  結果、本来であれば確定申告しなければならない事となりますが、
  あなたが、今の会社でかなりの高給取りでない限り、還付額が
  発生すると考えられますので、税金を納め過ぎているものを、
  申告しなっかったからと、咎められることはありません。

  ただし、万が一、前職分と現職分の給与総額から計算される
  所得税の年税額が、源泉徴収税額の総額(二社分)よりも
  多かった場合は、申告・納付の必要が出てきますので、
  それを申告していない事が発覚すれば、申告するよう指導されます。
  その場合、本税と無申告加算税、後に利子税を納めることとなります。
 

  申告するしないは、あなたの考え方次第(日本は自主申告制ですので)ですが、
  きちんとするのであれば、前会社より源泉徴収票をもらい、現会社で
  年末調整してもらうのがベストです。

 >もう、払い過ぎの所得税が返ってこなくても、いいのですが


  そういうお考えであるのであれば、無理して前職の源泉徴収票を出す
  必要はありません。
  現在お勤めの会社に、「前職分が出してもらえないので、年末調整は
  しなくても結構です。後で自分で確定申告します」とでも言えば、
  それ以上、請求されることはないでしょう。

  
 >税務署から私が何か罰せられることはありますでしょうか?

 
  前職分の源泉徴収票がなければ、今の会社で年末調整はできません。
  結果、本...続きを読む

Q源泉徴収票が1社分足りないままでの確定申告

派遣で働いている者です。昨年は短期・単発の
仕事を多くしていたので、6社もの派遣会社から
就業したのですが、いい加減に確定申告をしようと
思って、源泉徴収票を確認したら、1社分足りない
事に気づきました。。。

今日は日曜日ですし、連絡しようにも明日の朝に
なると思います。派遣会社に連絡して、すぐ発行
してくれれば良いですが、派遣会社の中には
税理士事務所等に外注しているところも多い
そうですし、時間がかかるだのとゴネられたりしたら
15日の提出期限に間に合わなくなると思います。

ちなみに今回はざっと15000円ほどの還付がある
予定になっています。

そこで質問です。

1.1社分足りないまま、確定申告をしても良いもの
なのでしょうか?どうしても1社分発行が間に合わないと
所轄の税務署に行って話して、今揃っている5社分の
源泉徴収票だけで確定申告をとりあえずして、残りの
1社分を発行してもらい次第、修正申告するという事は
できないのでしょうか?

2.今回確定申告が無理な場合、翌年の申告になると
思いますが、その場合住民税等の税金の計算に影響が
出てくるとネットに書いてありました。その場合は昨年では
なく一昨年の確定申告に基づいて計算されるとの
事ですが、当然ながら一昨年と昨年の所得の金額は
違いますし、本来の税金も違ってくると思いますが
翌年申告をした場合に、足りない税金の金額を
追加徴収されるものなのでしょうか?

こうなった事も自業自得なので、どういう事になっても
仕方ないと思っています。詳しい方、ぜひアドバイスを
よろしくお願いいたします。

派遣で働いている者です。昨年は短期・単発の
仕事を多くしていたので、6社もの派遣会社から
就業したのですが、いい加減に確定申告をしようと
思って、源泉徴収票を確認したら、1社分足りない
事に気づきました。。。

今日は日曜日ですし、連絡しようにも明日の朝に
なると思います。派遣会社に連絡して、すぐ発行
してくれれば良いですが、派遣会社の中には
税理士事務所等に外注しているところも多い
そうですし、時間がかかるだのとゴネられたりしたら
15日の提出期限に間に合わなくなると思います。

ち...続きを読む

Aベストアンサー

>ちなみに今回はざっと15000円ほどの還付がある…
>5社分の源泉徴収票だけで確定申告をとりあえずして、残りの1社分を発行してもらい次第、修正申告するという事は…

そんな二度手間になることをしなくても、還付のための確定申告は、5年以内ならいつでも良いのです。
3/15 にこだわる必要はありませんから、全社分そろってからにしましょう。

>今回確定申告が無理な場合、翌年の申告になると思いますが…

そうではありません。
あくまでも 23年分として申告しなければいけません。

>その場合は昨年ではなく一昨年の確定申告に基づいて計算されるとの…

そんなことありません。
給与である限り、支払者から税務署や市役所に支払報告がされていますので、役所はあなたの給与額を把握しています。
確定申告をしなければ、「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
が基礎控除しか適用されないまま計算されて、割高になるだけです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>ちなみに今回はざっと15000円ほどの還付がある…
>5社分の源泉徴収票だけで確定申告をとりあえずして、残りの1社分を発行してもらい次第、修正申告するという事は…

そんな二度手間になることをしなくても、還付のための確定申告は、5年以内ならいつでも良いのです。
3/15 にこだわる必要はありませんから、全社分そろってからにしましょう。

>今回確定申告が無理な場合、翌年の申告になると思いますが…

そうではありません。
あくまでも 23年分として申告しなければいけません。

>その場合は昨年で...続きを読む

Q源泉徴収票を提出しなかったらどうなりますか?

源泉徴収票についての質問なのですが、
これから新しい会社に正社員として勤めるのですが、
源泉徴収票を提出しなければなりません。

今まで、
A社にアルバイト(社会保険あり)8カ月で退職し、
B社に正社員(社会保険あり)1週間で退職しています。

どちらも自己都合の退社ですが、
B社の給与は5万程度です。

A社は源泉徴収票を提出しますが、
B社も提出しなければならないでしょうか?
また提出しないとどうなるのでしょうか?

経歴書に書かなかったので
提出しなかった場合がどうなるか不安です。

大変、無知な質問ではありますが、
至急返答を頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

源泉徴収票とは
給料を支払う時に所得税や社会保険料を引いて渡すので
その給料の額と既に支払った所得税や社会保険料の金額を
証明する物です。
なので、源泉徴収されていなければないと言ってもかまいません。
所得税の期間は1月1日から12月31日なので
年の途中で退職、就職をした場合には既に払った所得税や社会保険料を
2社で合算して精査しないと税金を払いすぎている場合が多いので
年末調整で調整して多く払っている税金があれば貴方に返します。
必要なのは今年になってからの分です。
去年の年末に渡されたものであるのならそれは必要ありません。
自分で来年確定申告しても問題ありません。

年末調整されていない給与所得以外の収入が20万円以下は非課税なので
確定申告する必要がありませんが
源泉徴収されていれば既に所得税を支払っているので
年末調整しなければ損でしょう。

Q確定申告をしないとどうなりますか?

こんばんわ。いつもお世話になっていますm(__)m
とても初歩的な質問でごめんなさい。私は今22歳で既婚者です。保険は国保で自分ひとりだけ加入してるので、扶養にはなっていません。バイトをしてるのですが、結婚したこともあり、毎年無視していた確定申告を今年はしようと思っています。
でも、私の周りの友人はみんな口をそろえて「確定申告はしなーい」といいます。友人の中でも、結婚して扶養に入っている子や、独身でバイト生活…生活環境はみんな違いますが、みんな「しない」といいます。
■確定申告はどんな人が行うのか?
■しないとどうなるのか?(法律的・デメリットなど)
■するとどんな事があるのか?
これが全く分からないので、回りの子の意見もあり、本当にしなくてもいいのか?などが気になります。
何せよ初心者なので、分かりやすいように教えていただけるとうれしいですm(__)m

Aベストアンサー

#7の追加です。

給与が1769400ならば、所得税が54500円程度です。
配偶者控除38万円が適用されたり、社会保険料(国保と国民年金)などを控除すればもっと少なくなりますから、源泉税との差額が還付になります。

ちなみに、国保と国民年金の保険料の支払額の8%だけ所得税が少なくなり、還付額が増えます。

Q源泉徴収票をなくした場合の確定申告

私は今年、短期のパートを複数しておりました。
その中の1社からもらった源泉徴収票を紛失してしまいました。確定申告の際に必要なので再発行してほしいのですが、事務所が移転したのかなくなったようで、電話番号も不明、連絡が取れません。
この場合税務署の方に説明すれば、いくら働いたかなど調べてもらったりすることは出来るのでしょうか?

あと、去年も複数の短期のバイトを繰り返していたのですが、その際は年末時期にも働いていたため、そこで働いていた会社が年末調整をしてくれました。その際に、前に働いていた会社の源泉徴収票を提出していないのですが、そのときは最後に働いていた会社の給与分しか申告していない可能性がありますか?

恥ずかしながら、このような知識があまりないため、わかる方いらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

調べてもらうというよりはご自分が調べる必要はあるのですが、税務署よりは市区町村の(例えば住民税課)にたずねたほうが判る可能性は高いです。

給与支払者(会社)は、支払額などを税務署には「源泉徴収票」として、市区町村には「給与支払報告書」として報告しますが、市区町村に提出する給与支払報告書のほうが提出義務範囲が広くなっているからです。
(とは言っても、提出義務をはたす会社ばかりではないので、あてになるものではありませんが…)

提出されていれば、事情を話せば、身分を証明できるものを持参して、給与支払報告書などを見せてもらうことはできると思います(電話では難しい気がします)

>そのときは最後に働いていた会社の給与分しか申告していない可能性がありますか?

貴方が報告した・しないとは別に、中途退職者でも支払総額が30万円を越える場合は市区町村に「給与支払報告書」を会社は提出することになっています。提出されていれば、役場で貴方の数社分の給与を合算します。(これもまた、30万を超えていても報告書を提出しない会社もありますから必ずしもあてにはなりません)。

去年、前の会社の分の給与の報告が市区町村に行っているかどうかは、翌年の(つまり今年の)住民税の決定通知書の明細の「給与収入」というところの額がそれに見合っているかどうかを見れば判ります。住民税決定通知書がなければ、役所で課税証明書を取ってみれば判るでしょう。

調べてもらうというよりはご自分が調べる必要はあるのですが、税務署よりは市区町村の(例えば住民税課)にたずねたほうが判る可能性は高いです。

給与支払者(会社)は、支払額などを税務署には「源泉徴収票」として、市区町村には「給与支払報告書」として報告しますが、市区町村に提出する給与支払報告書のほうが提出義務範囲が広くなっているからです。
(とは言っても、提出義務をはたす会社ばかりではないので、あてになるものではありませんが…)

提出されていれば、事情を話せば、身分を証明できるもの...続きを読む

Q職人 給与明細なし 源泉徴収なし 確定申告は?

同居人は職人です。勤続3年ほど。
給与は手渡しで、給与明細はなしです。源泉徴収等々、一切の明細がもらえません。
保険は親の扶養で、年金は自分で支払っています。
職人になってから、税金を支払っていないようです。
確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか?
3年?さかのぼって確定申告したいです。
本人から雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか?
余談ですが・・・
今年の初めに給与明細をいただけるように言ったそうなんですが、今だに頂いておらず、現金のみの支給です。
しかも給与の計算方法も不明です。同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・・・。
このような状況での確定申告の仕方を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか…

自分でつけたノートを元に、『収支内訳書』を作成します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/10.pdf

次に、『収支内訳書』で出た「所得」額を『確定申告書 B』に転記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02a.pdf

>年金は自分で支払っています…

「社会保険料控除」になりますから、『確定申告書 B』に記載します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm
ほかにも「所得控除」に該当するものがないか良くお探しください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>3年?さかのぼって確定申告したいです…

3年ではたしかに時効にはかかっていませんから、「期限後申告」が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか…

個人事業の申告に、支払い側の証明書類等は一切必要ありません。
自己申告でよいです。

>同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・…

その人たちは、サラリーマン扱いなのです。
この業界では「常傭 (じょうよう)」と言います。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 ...続きを読む

Q確定申告は何年前まで申告できますか?

1.確定申告をしたことがないのですが、確定申告は何年さかのぼって申告できますでしょうか。

2.今年も申告しませんでしたが、今申告はできるのでしょうか。

3.本人でなく代理で申告できますか?その時代理人に委任状など必要でしょうか。

4.確定申告に必要な書類を教えてください。

よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

1 確定申告書を提出することができる日の翌日から5年間です。ただし一度でも当該年分の確定申告をすると、以後は、還付金を受けるための手続きは確定申告ではなく「更正の請求」になるため、確定申告をした日の翌日から一年間が期限となります。

2 H20年分の所得税に関する確定申告は、申告義務のない方であれば、H24の12月31日まで提出することができます。

3 税務代理は税理士資格のあるものしかできません。しかし、申告書の内容を本人が確認したうえでこれを許可し代筆・代理提出する分には資格は不要です。

4 適用を受ける控除の種類などによって必要な添付書類は変わるため一概には言えません。
最低限必要なものとしては
当該年分の所得にかかわる源泉徴収票、印鑑 この2つは必ず必要です。

Q前職の源泉徴収票がない場合の年末調整

タイトルどおりなのですが、前職の源泉徴収票が
ない場合、給与明細で年末調整を行ってもらえますか?
前職は解雇だったので、源泉徴収票を送ってもらう
ように依頼しづらいのです。。(退職時に、一度
源泉徴収票は発行してもらいましたが、紛失してしまいました。)
給与明細で代用してもらえるのでしょうか??
教えて下さい。

Aベストアンサー

やはり基本的には源泉徴収票で確認して年末調整してもらう事となりますので、再発行してもらうしかないと思います。
直接話すのがいやでしたら、返信用封筒を同封して手紙で再発行を依頼する方法もあると思います。

確定申告の際も、基本的に給与明細では認められず(給与明細だけを持っていっても、例えば賞与等の支払があってもわかりませんし、それだけでは実際に何月まで働いたのかさえわからない訳ですので)源泉徴収票でなければ出直してくるよう言われるだけです。
但し、会社が倒産してしまって物理的に源泉徴収票の発行ができない等のやむを得ない事情がある場合に限っては、給与明細による申告も認められますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報