現在、築45年の土地付き住宅に私と母2人で住んでおります。
 この家は父が建てた家ですが、家が建った翌年に事故死し、その時に母と私の共有名義にしてあります。(知り合いの行政書士?の方の勧めだったようです)他に兄弟姉妹は無く、遺産を分割する相手はいません。(私一人が相続人)

 母はまだ健在とは言え82歳なので、今のうちに相続税対応(相続税額の心づもり)を考えないといけないのですが、
1)もし、母が他界した場合、共有名義の片方がなくなるわけですが、土地家屋の相続税は発生するのでしょうか?
2)その場合、母が1人で所有していた(母から私が1:1で相続する)場合の半分になるのでしょうか?
3)また、仮に、今のうちに土地家屋所有者(名義)を私一人にすると、相続税はかからなくなるのでしょうか?(代わりに譲渡税がかかるのでしょうか?)

以上、どなたかよろしくご教示お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

53才、既婚男性です。


すでに、御父様からの相続は完了して、相続税はその時点で納税済みと言う事ですね。
そうであれば、登記内容に基づいた財産比率で相続されています。
お母様と貴女の半々ですね。
財産が土地・家屋のみと言う事であれば、生前贈与はあまり意味が無いです。
贈与税の方が相続税より税率は高いですし、土地・家屋を贈与税の控除枠110万円/年で分割して贈与する事は不可能でしょう。
築45年の建物であれば、ほとんど評価額は無いと考えて良いと思います。
土地の評価額が問題になります。
2015年以降の相続税でも基礎控除3,000万円+600万円はあります。
つまり、土地家屋の評価額が7,200万円までは、相続税は発生しない事になります。
また、特定居住用宅地は、330m2までは課税価格を80%減額出来ます。(平成27年1月1日までは、240m2です)
したがって、よほど広大な土地で、評価額の高い場合を除いて、すでに貴女が住んでいる土地・家屋に対する相続税は課税されない可能性が高いです。
特に、節税は考える必要は無いです。(土地の面積が330m2を超えている場合で土地・家屋の評価額が7,200万円を超えている場合や、330m2以下でも土地評価額が3億6千万円を超える場合などは相続税の課税の可能性はあります)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早々にありがとうございました。
土地評価額は3000万円くらい、広さはちょうど330m2くらいです。なので、少なくとも不動産での
相続税はそれほど気にしないでいいようですね。
でも金融資産との合計で考えないといけないということになりますね。
詳しくおしえて頂きありがとうございました。

お礼日時:2014/11/03 19:29

>その時に母と私の共有名義にしてあります…



持ち分割合は決まっていないのですか。
登記証をご確認ください。

>母が1人で所有していた(母から私が1:1で相続する)場合の半分になるの…

持ち分割合が1:1ならそうなるでしょう。

>土地家屋の相続税は発生するのでしょうか…

相続税は、特定の財産だけで考えるのでなく、現金や預金、株券、宝石、貴金属、書画骨董類その他あらゆる遺産を合計して、現行法では
5,000万 + 1,000万 × [法定相続人数]
の基礎控除があり、それを上回る部分に課税されるだけです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

法定相続人が 1 人だけなら 6,000万を超える部分だけということです。

ただ、来年からはこれが 3,600万 (3,800万だったかな) ぐらいに引き下げられることが決まっています。

>築45年の土地付き住宅…

相続税や贈与税の算定材料は、建物は「固定資産税評価額」、土地は「路線価」が原則で路線価の定められていない土地なら「固定資産税評価額」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm

大変失礼ながら築45年の建物では、よほどの豪邸でない限り、固定資産税評価額といっても微々たる数字でしょう。
土地の路線価だけ気にすれば良いんじゃないですか。

もちろん、建物はただ同然といっても銀行に預金がたんまりあったりすれば、相続税は発生しますけど。

>仮に、今のうちに土地家屋所有者(名義)を私一人にすると、相続税はかからなくなるのでしょうか?(代わりに譲渡税…

譲渡税などという税金はなく、「贈与税」です。

ただ、「相続時精算課税」を申告しておけば、現時点での贈与税支払いは免れることができます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にありがとうございました。
持ち分割合は多分半々です。
仰るとおり家屋はただ同然でしょう。
金融資産と合わせて算段する必要があるということですね。
リンクまで紹介して頂き、大変ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/11/03 19:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母が所有している土地家屋を私も含め3人の子供の誰かが全てあるいは3つに

母が所有している土地家屋を私も含め3人の子供の誰かが全てあるいは3つに分割して相続することになると思うますが母が亡くなる前長男が勝手に名義を書き換えてしまうなら有効になってしまうのでしょうか(まだ確認していません)一様4人で話し合い母は3人で仲良く分けるようにと言っただけです
手続きされづに亡くなれば3人権利が主張できると思いますが生前誰かが他の兄弟に相談なしに手続きできるのでしょうか母は老齢で誰かが勝手に書類を作成してもきっと分からないと思います亡くなっ

Aベストアンサー

文章が途中で途切れていますが、
誰であっても、偽造した書類で登記申請を行えば犯罪です。
所有権の登記名義人を移転させるためには印鑑証明書と実印が押された書類が必要になります。
母親に黙って印鑑証明カードを持ち出し、うその委任状を作成し、母親の実印を押印し、うその母親のサインをするということです。
母親が生きているうちなら、手続きに協力したかどうかは本人に聞いてみれば判ることです。認知証などでしたら、本人の意思が確認できないので登記申請は無効です。

Q家屋 相続 名義変更

2年前に義父が他界してしまったのですが、
同居をしておりましたので、家屋などの名義変更をしなければならないようなのですが、来春に建て替えをする予定です。
早急に名義変更をする必要はありますでしょうか?
土地も借地で義父の名義になっております。
義母は20年前に亡くなっていて、
主人は一人っ子です。
名義変更をする場合、司法書士の方にお願いしなくて、
自分で調べて行う事も可能なのでしょうか?

ご相談出来る人がいなく、
ネットで調べてみたのですが、
いまいち分からなかったのでご相談させて頂きました。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

家屋建て替えについては、地主の了解はとれていますか?
もし、取れていなくて、了解してもらえないのなら、今の家屋のままでやっていくしかありませんから、司法書士さんに相続登記の手続きを依頼すればいいです。ご主人の所有名義にするわけですが、急ぐ必要はありません。
もし、地主の了解が取れているのなら、現在の家屋については登記の必要がありません。どうせぶっ壊すのですからね。
来春新築された時点で、家屋の表示登記(これは土地家屋調査士)、それに続いて所有権の保存登記(これは司法書士)されればいいでしょう。
借地契約については、地主との調整により借り主の名義変更と更新の必要性があります。
借地権は家屋の登記をもって第三者に対抗することができます。

Q家屋土地の遺産相続について

実家の家屋は母親名義、土地は私と姉の名義(2人姉妹)

姉は離婚後子供を連れて実家に戻っています。姉も子も姓は旧姓に戻してあります。

母親が死亡後、家屋土地の相続の分配はどういう形になりますでしょうか。

Aベストアンサー

その姉以外に兄弟はいないのなら、家屋はあなたと半分ずつです。

とはいえ、1軒の家を 2つに切り分けることはできませんから、時価に換算してその半分を姉から現金でもらうか、相場の半分で家賃を毎月もらい続けるかどちらかです。

土地もこれまでは母が住んでいたことで地代などは取っていなかったでしょうが、これからは前述の家と同じように、半分を買い取ってもらうか、地代を半分払い続けてもらえばよいです。

兄弟は、子供のうちは家族ですが、結婚して所帯をかまえたら「近い親戚」に成り下がります。
親戚に過ぎないのですから、何でも良いは良いはで済ませるものではありませんよ。

Q土地家屋の名義の問題

登場人物の紹介
●=問題の土地家屋の名義人
○=10年前に他界(●の夫)
★=●の実の妹

20年前に★本人が土地家屋を購入 その当時無職だった為 本人が現金で買うことが出来ないのではと○に相談し、経緯は定かでないのですが●の名義にした。
税金は●の名義の為 ★はその都度 手渡しをしている。
で、今●、病気の為入院中です。
もし、●が突然死で死亡した場合、いくら購入も税金も★が支払っていても
表面上は●の財産になり、その実子2名の相続対象になってしまうのでは??
いまの状況で 司法書士に事情を説明して 名義変更なんか出来るのでしょうか?
★は一人暮らし 40年前に離婚、実子も無し★が土地家屋を売却するにもできないのは?
波風立てずに穏便にすることは出来るのでしょうか?
  司法書士へ相談に行く前に情報を得たく アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

登記の名義を変える(所有権移転)ためには登記原因が必要です。「売買」とか「贈与」とか「相続」とか。
今回の件は「真正な登記名義の回復」という原因で所有権移転する事になると思いますが、それができたとしても問題は税務署から「贈与」ではないか?と突っ込まれる可能性がある事です。無償で所有権移転する事を「贈与」と言い、所有権を得た者に贈与税が課せられます。
「贈与」とみなされずに「真正な登記名義の回復」で所有権移転できるかどうか、司法書士に相談するとともに、税理士、税務署などでも相談されたほうが良いです。
またこのような複雑なケースの場合、「できる」と言う司法書士と「できない」と言う司法書士がいる場合があります。相談に行かれた司法書士に「できない」と言われた場合は他の司法書士にも相談してみる事をおすすめします。

Q登記名義人の住所が亡くなったときのものと違っていた場合、相続の所有権移転の手続きの際に、どうすればいいのでしょうか

母が亡くなって、母名義の土地を相続することになり、所有権移転の登記申請をしようと思っているのですが、現登記名義人である母の住所が、以前住んでいた住所になっています。
亡くなる十数年前より、私たち家族と同居していたのですが、3年前に
家を立替て、元のこの家に家族で戻ることになったのです。
その際に、ここの土地の種目変更をしたのですが、その時に登記名義人の住所変更もしているようです。
住所変更したその日付が、今の家に引っ越して来た日なのに、どうしてわざわざ前の家の住所に住所変更しているのか、わからないのですが、
すみません、長くなりまして。つまり、教えて頂きたいのは、この度、
母から私に所有権移転の登記をする際、先に、登録名義人(母)の住所変更をしなくてはならないのですか?(前の家から今の家の)
登録免許税もそれぞれの登記に必要なのでしょうか?
わかりにくい文章ですが、どなたかご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

お母さんが亡くなった時の住民票に以前の住所として登記上の住所が載っていませんか。
たぶんそれで大丈夫だと思います。
もしも、そこにも載っていない時には場合によっては上申書を添付するようになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報