現在、築45年の土地付き住宅に私と母2人で住んでおります。
 この家は父が建てた家ですが、家が建った翌年に事故死し、その時に母と私の共有名義にしてあります。(知り合いの行政書士?の方の勧めだったようです)他に兄弟姉妹は無く、遺産を分割する相手はいません。(私一人が相続人)

 母はまだ健在とは言え82歳なので、今のうちに相続税対応(相続税額の心づもり)を考えないといけないのですが、
1)もし、母が他界した場合、共有名義の片方がなくなるわけですが、土地家屋の相続税は発生するのでしょうか?
2)その場合、母が1人で所有していた(母から私が1:1で相続する)場合の半分になるのでしょうか?
3)また、仮に、今のうちに土地家屋所有者(名義)を私一人にすると、相続税はかからなくなるのでしょうか?(代わりに譲渡税がかかるのでしょうか?)

以上、どなたかよろしくご教示お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

53才、既婚男性です。


すでに、御父様からの相続は完了して、相続税はその時点で納税済みと言う事ですね。
そうであれば、登記内容に基づいた財産比率で相続されています。
お母様と貴女の半々ですね。
財産が土地・家屋のみと言う事であれば、生前贈与はあまり意味が無いです。
贈与税の方が相続税より税率は高いですし、土地・家屋を贈与税の控除枠110万円/年で分割して贈与する事は不可能でしょう。
築45年の建物であれば、ほとんど評価額は無いと考えて良いと思います。
土地の評価額が問題になります。
2015年以降の相続税でも基礎控除3,000万円+600万円はあります。
つまり、土地家屋の評価額が7,200万円までは、相続税は発生しない事になります。
また、特定居住用宅地は、330m2までは課税価格を80%減額出来ます。(平成27年1月1日までは、240m2です)
したがって、よほど広大な土地で、評価額の高い場合を除いて、すでに貴女が住んでいる土地・家屋に対する相続税は課税されない可能性が高いです。
特に、節税は考える必要は無いです。(土地の面積が330m2を超えている場合で土地・家屋の評価額が7,200万円を超えている場合や、330m2以下でも土地評価額が3億6千万円を超える場合などは相続税の課税の可能性はあります)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早々にありがとうございました。
土地評価額は3000万円くらい、広さはちょうど330m2くらいです。なので、少なくとも不動産での
相続税はそれほど気にしないでいいようですね。
でも金融資産との合計で考えないといけないということになりますね。
詳しくおしえて頂きありがとうございました。

お礼日時:2014/11/03 19:29

>その時に母と私の共有名義にしてあります…



持ち分割合は決まっていないのですか。
登記証をご確認ください。

>母が1人で所有していた(母から私が1:1で相続する)場合の半分になるの…

持ち分割合が1:1ならそうなるでしょう。

>土地家屋の相続税は発生するのでしょうか…

相続税は、特定の財産だけで考えるのでなく、現金や預金、株券、宝石、貴金属、書画骨董類その他あらゆる遺産を合計して、現行法では
5,000万 + 1,000万 × [法定相続人数]
の基礎控除があり、それを上回る部分に課税されるだけです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

法定相続人が 1 人だけなら 6,000万を超える部分だけということです。

ただ、来年からはこれが 3,600万 (3,800万だったかな) ぐらいに引き下げられることが決まっています。

>築45年の土地付き住宅…

相続税や贈与税の算定材料は、建物は「固定資産税評価額」、土地は「路線価」が原則で路線価の定められていない土地なら「固定資産税評価額」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm

大変失礼ながら築45年の建物では、よほどの豪邸でない限り、固定資産税評価額といっても微々たる数字でしょう。
土地の路線価だけ気にすれば良いんじゃないですか。

もちろん、建物はただ同然といっても銀行に預金がたんまりあったりすれば、相続税は発生しますけど。

>仮に、今のうちに土地家屋所有者(名義)を私一人にすると、相続税はかからなくなるのでしょうか?(代わりに譲渡税…

譲渡税などという税金はなく、「贈与税」です。

ただ、「相続時精算課税」を申告しておけば、現時点での贈与税支払いは免れることができます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々にありがとうございました。
持ち分割合は多分半々です。
仰るとおり家屋はただ同然でしょう。
金融資産と合わせて算段する必要があるということですね。
リンクまで紹介して頂き、大変ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/11/03 19:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラトンの妻子の共有とは、何を意味のでしょうか?

プラトンについて質問です。

プラトンの妻子の共有とは、何を意味のでしょうか?

妻子を誰と共有するのでしょうか?

社会全体と共有するという意味でしょうか?

今一、まだイメージがわきません。というのも、誰とでも共有したら、家族という概念自体がなくなるということになりませんか?

Aベストアンサー

妻子の共有とは、乳母・乳父を複数もたせて狭い世界を世界観を持たせないこと。
社会が親であること、
凡俗な社会から隔離して低劣な気質、気性を持たせないこと。真似をさせないこと。毛嫌いさせること。
この2点である。

エリート選出の観念。
エリートを注意深く育ててもいずれ、宇宙の人間には分からない運行によって、
哲人国家は破綻する、とプラトンは述べている。

Q土地家屋の名義の問題

登場人物の紹介
●=問題の土地家屋の名義人
○=10年前に他界(●の夫)
★=●の実の妹

20年前に★本人が土地家屋を購入 その当時無職だった為 本人が現金で買うことが出来ないのではと○に相談し、経緯は定かでないのですが●の名義にした。
税金は●の名義の為 ★はその都度 手渡しをしている。
で、今●、病気の為入院中です。
もし、●が突然死で死亡した場合、いくら購入も税金も★が支払っていても
表面上は●の財産になり、その実子2名の相続対象になってしまうのでは??
いまの状況で 司法書士に事情を説明して 名義変更なんか出来るのでしょうか?
★は一人暮らし 40年前に離婚、実子も無し★が土地家屋を売却するにもできないのは?
波風立てずに穏便にすることは出来るのでしょうか?
  司法書士へ相談に行く前に情報を得たく アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

登記の名義を変える(所有権移転)ためには登記原因が必要です。「売買」とか「贈与」とか「相続」とか。
今回の件は「真正な登記名義の回復」という原因で所有権移転する事になると思いますが、それができたとしても問題は税務署から「贈与」ではないか?と突っ込まれる可能性がある事です。無償で所有権移転する事を「贈与」と言い、所有権を得た者に贈与税が課せられます。
「贈与」とみなされずに「真正な登記名義の回復」で所有権移転できるかどうか、司法書士に相談するとともに、税理士、税務署などでも相談されたほうが良いです。
またこのような複雑なケースの場合、「できる」と言う司法書士と「できない」と言う司法書士がいる場合があります。相談に行かれた司法書士に「できない」と言われた場合は他の司法書士にも相談してみる事をおすすめします。

Q再質問なのですが ”共有”の意味を教えて下さい・・・

連日同じ質問で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
昨日 ADOBE READER 9.2 をインストールした時、もう一つ
    
    ”このフォルダは他の人と共有されています。
     このフォルダを削除すると共有は解除されます。
     共有名   Adobe 9 Reader lnstaller"    が入っていました。

この ”共有” の意味を教えて頂きたいのですが・・

また 何を誰と共有しているのですか?

なんだかとっても気になってしまい、しつこくて申し訳ございませんが
どうぞよろしくお願い致します。。。

Aベストアンサー

一般に共有フォルダーというのは、ネットワーク同士で接続されているPC同士でそのフォルダーを認識できるということです。
あなたの家のコンピューターが複数台あって、例えばブロードバンドルーターで接続されているとすると、そのフォルダーはどのコンピュータ-から使用できます。
しかし、これはインターネットの先のコンピューターからというわけではありませんのであまり心配しなくても良いかと思います。
この共有を外すのは、そのフォルダーで右クリックを押し、プロパティーの中の共有をはずせば可能です。

ただご質問の「共有」という文言は別の意味かもしれません。
XP等のコンピューターは1台のコンピューターに何人もユーザーを作成できます。私の家では1台のコンピュータに家族分のユーザーが登録されていて、それぞれ自分のユーザーアカウントでログインしています。各人のディスクトップは違いますし、また別のプログラムをインストールしてあります。
ここで、プログラムをインストールする時に自分だけで使えるものと、
登録されているユーザー全てで使えるものがあります。
ここの「共有」は全てのユーザーで使えますよという意味だと思います。

いずれにせよ、あまり心配なさらなくっても良いと思います。

一般に共有フォルダーというのは、ネットワーク同士で接続されているPC同士でそのフォルダーを認識できるということです。
あなたの家のコンピューターが複数台あって、例えばブロードバンドルーターで接続されているとすると、そのフォルダーはどのコンピュータ-から使用できます。
しかし、これはインターネットの先のコンピューターからというわけではありませんのであまり心配しなくても良いかと思います。
この共有を外すのは、そのフォルダーで右クリックを押し、プロパティーの中の共有をはずせば可能...続きを読む

Q痴呆症のため施設に入所している父名義の土地とアパートがあります。築40

痴呆症のため施設に入所している父名義の土地とアパートがあります。築40年以上たっており、老朽化が進んでいるので取り壊しを考えています。また、土地も解体後はアパート等を建てるつもりも無く、固定資産税を考えると売却も考えます。父名義の不動産を配偶者、子の判断で上記のような処理をしていいものでしょうか?当然、土地の売却代金は父名義で扱います。
回答の方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

成年後見人制度というのがあります。

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々の、
不動産や預貯金などの財産を管理したり、
身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、ご自分でこれらのことをするのが難しい人や、
このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。

あなたがお父さんの成年後見人となっていれば、お父さん名義の不動産の処理等もスムーズに行きます。

逆に、そういう手続きもせずにお父さん名義の不動産を処理すれば後で問題になる可能性があります。

詳しくは下記のサイトでご確認下さい。

参考URL:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html#a1

Qファイル共有とファイル交換の意味

ファイル共有は[A]の意味であり、ファイル交換は[B]の意味であり、両者は全く異なると思うのですが、それで正しいでしょうか。

[A]コンピュータネットワーク上のファイルに複数のユーザーがアクセスすること。
[B]ファイル交換ソフトを用いてファイルを送受信すること。

それとも、ファイル共有も[B]の意味で用いられることがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

本質的にはどちらも同じです。
ちなみに、Wikipediaでは両者を区別していません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%85%B1%E6%9C%89%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88

元々、ファイル共有という仕組みがあったんです。あるファイルを誰でも共有できるという仕組みです。で、ファイルを提供する側が見返りを求めて「○○をくれるなら△△をあげる」としたのがファイル交換のはじまり。ファイルを物々交換するようなイメージですね。でも、今はファイル交換のためのソフトでもファイルをあげなくてもダウンロードできる仕組みがありますので、これは単なるファイル共有ですね。

Q土地の共有名義

相続する土地を共有名義にするには、そこに居住していないとダメですか?

亡くなった父名義の土地と家に現在、母と長男家族が居住。
嫁いだ長女は賃貸マンションに居住。

相続する人は母、長男、長女の3人。

実際に誰の共有名義ぶするのか・所有の割合などは未定ですが、そこに住んでいない長女も
共有の名義人になることは出来るのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

相続とは財産を均等に分けるように法律にされています。住んでいるとか居ないとかは関係ありません。共有名義に出来ます。
まあ均等でなくてもOKだとお互いが納得すればそれもありです。共有名義にすると不動産は後々面倒ではあります。なぜなら固定資産税とか空地なら管理費とかも一々分担する必要があるので。ですので割合分を相場価格で現金で貰った方がすっきりすると思いますよ。マンションなら補修の時の費用負担もありますから。その時にまた揉めますよ。
まあ現金が無いなら仕方無いですけど分割払いでもOKです。つまり協議書にその旨書いて全員が印鑑を押せばそれで了承したことになり、法律上それ以上の責任も負担も無いことになります。すべては協議書ありきなんです。協議書には今後起こりうることを想定してすべて書く方がよいのですが、無理なら今後の費用はすべて分担するとか、すべて誰もちにするとか記述すべきなんですね。

QYouTbeの動画共有の意味がわかりません

YouTbeの動画共有の意味がわかりません

Aベストアンサー

動画共有とは

自分で作成した動画をアップロードし

誰でもその動画を視聴できたり、ダウンロードできたりすることができるという意味です。

逆に他人がアップロードした動画も、自分で視聴したりダウンロードしたりすることができるということです。

いわゆる「共有」です。

Q相続した土地の名義変更について

今年の2月末に同居の父親が亡くなり、父親名義の土地(現在の居住地)を相続することになりましたが、いまだ何も法的な手続きをしていません。
そこで教えていただきたいのですが、
 1.土地の名義変更には期限がありますか?
 2.名義変更の方法およびその金額はいくら位かかりますか?
 3.土地は路線価格で3000万円前後だと思いますが、相続税の対象になりますか?(土地の他には父から相続する資産等はありません)
 4.その他法的にしなければならない手続きはありますか?
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.期限はありません
2.相続による登記なので相続に関する書類が必要です
 亡くなったお父さんを筆頭者とする戸籍の除籍謄本、状況によっては原戸籍の除籍を含む謄本(相続人を確定するため)
 相続財産の分割協議書、相続放棄の受理証明書等
費用は登録免許税(評価額の2・3%)、司法書士等に依頼する場合その費用、その他

3.相続財産が5000万+相続人の数*1000万以内ならば非課税

質問者の兄弟と母親(存命ならば)が相続人になります、また父親に養子・認知した子がいた場合その人も相続人です

相続関係(関係者)を調べ、相続について決めるのが先決です
相続について決まれば、それに基づいて登記手続きを行います
多分、司法書士等に依頼すると思いますので相続関係の調査も含めて相談・依頼するのがよろしいでしょう

数値・金額については調べてください、古い・間違っている可能性があります

QWIN98SE、MEでの、ネットミーティングで、リモートデスクトップの共有の意味を知りたいのですが、、、

WIN98SE、MEでの、ネットミーティングで、リモートデスクトップの共有の意味を知りたいのですが、、、
この設定を、1度すれば、それ以後は、ツール、共有、デスクトップ、制御、、と、両方のPCで、入力をすればデスクトップの共有を、双方向で、利用できるようになる、、という機能のことなのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/xp_feature/012remotedesktop/remotedesktop_01.html

>>この設定を、1度すれば、それ以後は、ツール、共有、デスクトップ、制御、、と、両方のPCで、入力をすればデスクトップの共有を、双方向で、利用できるようになる、、という機能のことなのでしょうか?

ではないと思います。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/xp_feature/012remotedesktop/remotedesktop_01.html

Q家屋 相続 名義変更

2年前に義父が他界してしまったのですが、
同居をしておりましたので、家屋などの名義変更をしなければならないようなのですが、来春に建て替えをする予定です。
早急に名義変更をする必要はありますでしょうか?
土地も借地で義父の名義になっております。
義母は20年前に亡くなっていて、
主人は一人っ子です。
名義変更をする場合、司法書士の方にお願いしなくて、
自分で調べて行う事も可能なのでしょうか?

ご相談出来る人がいなく、
ネットで調べてみたのですが、
いまいち分からなかったのでご相談させて頂きました。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

家屋建て替えについては、地主の了解はとれていますか?
もし、取れていなくて、了解してもらえないのなら、今の家屋のままでやっていくしかありませんから、司法書士さんに相続登記の手続きを依頼すればいいです。ご主人の所有名義にするわけですが、急ぐ必要はありません。
もし、地主の了解が取れているのなら、現在の家屋については登記の必要がありません。どうせぶっ壊すのですからね。
来春新築された時点で、家屋の表示登記(これは土地家屋調査士)、それに続いて所有権の保存登記(これは司法書士)されればいいでしょう。
借地契約については、地主との調整により借り主の名義変更と更新の必要性があります。
借地権は家屋の登記をもって第三者に対抗することができます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング