グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

アルコール性肝硬変と診断されました。
肝硬変て治らないのですが
断酒したら
現状維持だけですか?少しでも改善されますか?今、辛いのは肌が黒い事と浮腫み、寝たきり状態です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そうですか・・・



まっ とりあえずは 心残りのある事は 今の内に・・としか言えない

お大事に

この回答への補足

ありがとうございます
で、質問の改善されるか、現状維持か教えて下さい

補足日時:2014/12/29 08:28
    • good
    • 1

そのうちに歩行も困難になってきますから


重要な事は物にぶつかったり、つまづいて骨折したりしないことですよ
どんなに急いでいても油断すれば、それが原因で骨がもろくなっていることが
否定できないので、怪我しないようにしてあわてないことですよ
基本的には過労などできませんから、無理してはいけませんよ。
血管などももろくなっていることも否定できないので、過激な
運動は無理でしょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
で、断酒したら現状維持や、悪化を防ぐだけですか?
少しは改善されるのでしょうか(・_・?)

お礼日時:2014/12/29 01:43

お腹のあたりの色は!?



黄色っぽくなってますか!?

この回答への補足

お腹というより、全身が黄色いですね。
顔や、手足は黄色いより黒いです

補足日時:2014/12/28 22:57
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝硬変の行く末…どの位生きられるのでしょうか

親戚の話です。
65歳、男性、肝硬変と診断されて何年も経っています。
先生曰く末期であろうとのことです。
半年前に食道静脈瘤が発見され、入院して硬化療法をしました。
今後は定期的に胃カメラで様子をみるようです。

食道静脈瘤の破裂・出血の心配は、だいぶしなくて良くなっただろうと
思うのですが、
では、このまま行けば、普通の健康体の人と同様に
何十年も生きられるのでしょうか?
(勿論、他の病気にならなかったら…ですが)
それとも、肝硬変がますます進んだ場合に、
肝臓の機能が停止してしまう…とかそう言う心配もあるのでしょうか。

勿論、余命は人それぞれだとは思うのですが、
可能性として、健康体の人と同様に数十年生きられる場合も結構あるのか
それとも持って数年なのか…
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

肝硬変の経過ですが、
(1)肝機能が徐々に低下して肝不全になる。
(2)食道静脈瘤などができて、そこからの出血が起こる。
(3)肝臓がんを併発する。
こういう理由でなくなる方が大部分です。(1)は比較的少ない印象で、(3)、(2)、(1)の順である印象があります。
食道静脈瘤が出来ているとのことですので、完成された肝硬変と考えられます。
10年より長いということは低いと思います。

Qアルコール性の肝硬変

母がアルコール性の肝硬変と診断されました。重度です。
今肝臓の薬と利尿剤を飲んでいます。これらの薬は一生飲み続ける必要があるのでしょうか。肝硬変はアルコール飲まなくても肝臓に悪いことしなくても徐々に進行する病気なんですか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肝硬変は肝臓が死滅する病気です

生きた臓器の死滅の始まった臓器など蘇生方法は存在しません

唯一の治療方法は生体肝移植のみ

肝硬変の3大死亡原因は肝不全、肝臓がん、食道静脈瘤破裂です


で、肝硬変患者の5年後の生存率は50%それを潜り抜けて生きたとしても
6,7年後には肝臓がん 

10年後生存率10%未満、急性腹膜炎引き起こして5年後生存率30%ほど

アルコール摂取続きで5年後生存率30%ほど

生体肝移植で10年後生存率90%、残り10%は感染症で死亡

食道静脈瘤破裂で大量の血を吐きだします

親せきにもいるけど医者からもっても5日と宣告されて

5日で死亡しました


末期では腹水、胸水、むくみ (浮腫,edema)、下腿の点状出血(紫斑,purpura)を認める

Q肝硬変で断酒どの位すればいいでしょうか?

2年前にアルコール性肝硬変と診断されました。

軽症だそうです。 

断酒してますがいったいどれくらい断酒すれば良くなってくるのでしょうか?

昨年の肝生検ではF4でした。

医師はF3位にはなる可能性はあると言っていました。

Aベストアンサー

アルコール性肝硬変、軽症。


2年前に断酒。年齢は何歳でしょうか?


このまま辞めてしまっても良いのではありませんか?2年も辞める事が出来たのに新たに酒を飲む必要もないのでは?新たに飲むと徐々に以前より飲んでしまったり、もっと病状が進んでしまう可能性もあります。私も3年半辞めています。今後1滴でも飲もうと思いません。100パーセント辞めるとは考えていませんが飲みたいと思わなくなりましたし最近ではノンアルコールも沢山出ています。当然飲酒運転ではとても高額な罰金もあり免許取り消しなど、、、、飲まないケースが多くありますので最近では全く呑んでいません。若干ではありますが肝機能の数値も下がって来ています。一度肝硬変になると元通りにはならない様なのでこれ以上の悪化は控えたいですからね。これまでの普通の生活が出来なくなるのも嫌ですから。この際辞めてみてはどうでしょうか?

Qアルコール性肝硬変 非代償期の人との結婚について

現在40代前半の彼の事についての質問です。
少し長くなりますが、お付き合いください。

彼がアルコール性肝硬変で集中治療室に入りました
黄疸、少しの腹水、肝脳障害、体重減少、出血傾向、極度の貧血
食道静脈瘤など、すべての症状が当てはまった末期の状態でした。

1週間ほど入院してアルコールのデトックスや
輸血などをして歩ける状態になったので家に帰されました。
(アメリカなのであまり長く入院できない)

その後は、AAに通って禁酒を続け
定期的な血液検査と、食道のバンディングをしています。
筋肉を保つために一緒に歩いたり、
海にいってビタミンDなどの摂取のために日光浴したりしています。
そのせいか、数ヶ月で黄疸や腹水の改善と
やせ細ってガリガリだった体も筋肉がつき普通体系に戻りました。
頭もハッキリしていて、
今は、少しづつ理解のある会社でパートタイムの仕事を始めています。
パッと見た感じでは肝硬変の非代償期とは分からない感じまで回復しました。

お医者さんがおっしゃるには、以前は
肝硬変、特に非代償期になると改善の見込みはないと考えられてきましたが、
最近になって、アルコールが原因であれば禁酒と節制をしていれば
まだ40代なので改善する可能性もあるそうです。

実は私は彼と婚約をしていました。
私は現在27歳でこちらで働いています。
周りにアルコール依存症、肝硬変の方なんていなかったので、
それらの病気について理解しようと、手探りで調べてきました。
結果、彼は私がいると甘えてしまい彼の人生が良くならない事が分かり
今は婚約解消して別々に住み距離をとっています。
お酒を飲んだらいつでも、彼の前から消える事、
ただ、今の用に頑張り続けて、きちんと社会復帰できたら
また、一緒に暮らしましょうと言っています。

正直、この一連の事は言葉では表せない位とても辛かったです。
世間知らずだったので
結婚して家族を作って幸せになれるんだなぁと勝手に思ってました。
目の前でだんだん変わり果てて行く彼に対して
どうしようも出来ない自分を何回も責めました。
周りは、そんな人と一緒になれば絶対に不幸になる
貴方は結婚の大変さをしらない、現実を見なさい。
と言われますが、それが出来たらどれだけ良いかと思います。

結婚して彼の子供を産みたいと言うのが
私の本音です。

ここで、本題に入るのですが
アルコール性肝硬変の方とご結婚された方はいらっしゃいますか?
その場合、今はどんな生活をされていますか?
また、アルコール依存症で肝硬変になったけど
頑張って禁酒を続けておられる方の意見が是非聞きたいです。

よろしくお願いいたします。

現在40代前半の彼の事についての質問です。
少し長くなりますが、お付き合いください。

彼がアルコール性肝硬変で集中治療室に入りました
黄疸、少しの腹水、肝脳障害、体重減少、出血傾向、極度の貧血
食道静脈瘤など、すべての症状が当てはまった末期の状態でした。

1週間ほど入院してアルコールのデトックスや
輸血などをして歩ける状態になったので家に帰されました。
(アメリカなのであまり長く入院できない)

その後は、AAに通って禁酒を続け
定期的な血液検査と、食道のバンディングをしています。
...続きを読む

Aベストアンサー

彼とつきあって、どのくらいになるの?
2年未満だったら、やめれるんじゃない。
そのうちに吹っ切れるよ。

それ以上だとすると、、、乗りかかった船だ。
最後まで面倒見てやれってことになるな。
酒のんでんの知ってて、付き合ってたんでしょ。
エイズで白血病の猫拾ったようなもんだよ。

親戚に一人、アルコール性肝炎から、肝ガン
になったあたりでマロリーワイスで死んだ奴がいるけど、
結局、禁酒しちゃ、再開の繰り返しだったね。

奥さん、毎日ないていたよ。
今は、いろいろ楽しんでいるみたいだけどね。

冷たい言い方で、受け入れられないと思うけど、
私は、あなたのことも、彼のことも、何にも知らないから、
あなたが、私のことをどう思おうと知ったこっちゃないし、、、

だから、あなたたちのことを良く知っている、あなたを大切にしている
人たちの意見を聞きなさい。 家族や友人と、あと、彼の言い分を。

結局、決めるのはあなただし、その結果をすべて刈り取るのもあなた。

まあ、甘い言い方をするなら、一度でも飲んだらすぐ離婚する覚悟と、
決意と実行力があるなら、不幸を覚悟で実質数年間の結婚生活に踏み切るのも、、、
やっぱ、お勧めはできない。

距離をおいて、様子を見ているほうが、あなたにとっても、彼にとっても、
夢のようなぼんやりした時間が長続きするような気がする。

 

彼とつきあって、どのくらいになるの?
2年未満だったら、やめれるんじゃない。
そのうちに吹っ切れるよ。

それ以上だとすると、、、乗りかかった船だ。
最後まで面倒見てやれってことになるな。
酒のんでんの知ってて、付き合ってたんでしょ。
エイズで白血病の猫拾ったようなもんだよ。

親戚に一人、アルコール性肝炎から、肝ガン
になったあたりでマロリーワイスで死んだ奴がいるけど、
結局、禁酒しちゃ、再開の繰り返しだったね。

奥さん、毎日ないていたよ。
今は、いろいろ楽しんでいるみたいだけどね...続きを読む

Q肝硬変は治らない

肝硬変は治らないし、五年の生存率が50%
と聞きました
私は半年前に初期の肝硬変と診断されました。
その影響で痩せぎみの私が糖尿病になりました
両方とも治らない病気です
治らないと思うと絶望的な気分になります
少しでも生きる希望がもてる言葉を下さいませんか?
因みに体調が悪いため禁酒はします

Aベストアンサー

【今まで死んでも酒を止めない位思っていた】
いや、そのとおりになさったのだから、幸せものではないでしょうか?
そこまでにいたるには、人の数倍以上はアルコール摂取されている。
もちろん、失敗も多々あるでしょうが、飲酒による’至福’を思い出してみよう。

今となっては、’馬鹿者でしたが’かもしれないが、
そりゃないでしょう?

だって、支払いがあるから、サービスがあるわけで、同様にして、肝臓という支払いがあって、
あなたの今までの至福があったのです。

人生、’効果’だけを求めるわけには行かない。
そのためには、雌伏のときがあって、成果があるのは常なること。
仕事の成果も、また日々のこと、スポーツの記録も、同様。
何かを犠牲にして得ることを’ゴール’とするのです。
そして、えてして、このゴールが必ず得られるとは限らない、それでも、日々の鍛錬を怠らなければ、
’ゴール’は与えられない。

あなたの日々の’至福’はすでにして、与えられている。
【今まで死んでも酒を止めない位思っていた】じゃない?

ちなみに、実父は同様にして、膵石症までなりまして、もちろん、肝硬変で、
さらに、若いころの結核も再炎して・・・
ああ、当時はトイレは汲み取り式でしたから、ありんこが寄ってきましてね、
このうちには病気の人がいるけど、’大丈夫?’と10年以上前から言われてましたが、
聞く耳は持たなかったですよ。
そりゃもう、今の私の年には、鬼籍です。


え、私ですか、63ですが。

【今まで死んでも酒を止めない位思っていた】
いや、そのとおりになさったのだから、幸せものではないでしょうか?
そこまでにいたるには、人の数倍以上はアルコール摂取されている。
もちろん、失敗も多々あるでしょうが、飲酒による’至福’を思い出してみよう。

今となっては、’馬鹿者でしたが’かもしれないが、
そりゃないでしょう?

だって、支払いがあるから、サービスがあるわけで、同様にして、肝臓という支払いがあって、
あなたの今までの至福があったのです。

人生、’効果’だけを求めるわけには行かな...続きを読む

Q救急で入院し、アルコール性肝硬変末期で肝臓が機能していないと診断されたようなのですが、どのような覚悟が必要でしょう。

私の兄が、1週間程前に倒れ、入院したと兄嫁から連絡があり、標記の状況です。

兄の家族は、兄嫁、高校生の長男、次男、長女の4人で、子供達がいることで、大変助かっているとは言うものの、大人の相談役があれば心強いということから、私の嫁にヘルプを依頼してきました。 

私達は、米国在住ですので、簡単に行ったり来たりが出来ませんので、それなりの覚悟が必要なのかとも思っています。

医師によると、点滴で数値が良くなるはずのものが、悪くなっている。 と言うことは、肝臓が機能をしていない状態であること。
他の臓器も段々衰弱していくと思われるので、覚悟するようにと言われたようです。 
また、口の中が切れているようで、血が出ているそうです。
見舞いに行くと、時には理解不明ながら、色々と話すようです。

連絡内容が断片的であるために、今ひとつ理解出来ないこともあるのですが、私には、小康状態に思えますが、これは危篤で、一刻をあらそうという状況なのでしょうか。

この状態から、今後ちゃんと会話が出来るような回復を期待することは無理なのでしょうか?

取り敢えず、家内は、来週に発てるよう準備を始めています。

よろしくお願い申し上げます。

私の兄が、1週間程前に倒れ、入院したと兄嫁から連絡があり、標記の状況です。

兄の家族は、兄嫁、高校生の長男、次男、長女の4人で、子供達がいることで、大変助かっているとは言うものの、大人の相談役があれば心強いということから、私の嫁にヘルプを依頼してきました。 

私達は、米国在住ですので、簡単に行ったり来たりが出来ませんので、それなりの覚悟が必要なのかとも思っています。

医師によると、点滴で数値が良くなるはずのものが、悪くなっている。 と言うことは、肝臓が機能をしていない...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながら回復は不可能です。
肝硬変末期で肝機能停止状態ではこの先にあるのは「死」です。
今は重篤な危篤状態です。

言葉は悪いですが、「最悪の状態」に備えてください。

Qアルコール依存症の旦那へ自覚のさせ方と妻の身の振り方について

アルコール依存症の旦那(31)を持つ妻(31)です。
結婚4年目、子供なしです。
今年5月にも関連内容で相談しましたが、事態は悪化する一方で再度皆様の意見を聞きたく相談させて頂きます。

晩酌はビール350×2と焼酎2.5合程度です(毎日)
飲みに行けば、警察の保護・喧嘩沙汰・失禁・トイレを間違える程度は度々あります(最近は自力では帰宅困難です)
私なりに勉強して相談に行ったり、今は怒らずに色々と聞かせますが本人は「病気」として向き合う自覚はなく「まだ自分で制限できる」と思っています。
多少の迷惑は被っているはずなのに友人・会社共に誘いが多いです。
先日とうとう、大便を失禁しました。(汚い話ですみません)
部屋や壁・本人の手足顔も汚物にまみれて、泥酔&昏睡していました。
そのままにして、取った写真・動画を本人に見せて掃除をさせました。
さすがにショックを受けていたようですが、その日も飲みに出掛けて行きました。
惨劇のトラウマで自宅に一人でおれず実家へ帰っていた私が帰宅すると、2夜連続で同じ光景になっていました。
2日目は汚れたままで部屋を徘徊(暴れ)しており、止めるのに鼻や首を引っかかれて出血しました。
翌日も同じように反省していましたが、本人から出た言葉は「お前に迷惑をかけるから家では飲まないが、断酒は出来ない」でした。
それから何年ぶりかの禁酒を3日続けましたが、4日目に会社の懇親会で出かけて行き、泥酔状態で同僚に抱えられて帰って来ました。
その翌日も反省していましたが、次の日には「ビールだけ」と言って500×1を家で飲んでいました。
「誰の為に禁酒しているのか?」と聞くと「自分の為だけど、お前の機嫌も悪くなるから」との事でした。
私はまだあの惨劇のトラウマで、食事をしていても自分がトイレに行っても連想する光景を目にすると思い出し、考えないようにしても頭がいっぱいになります。
「離婚」も考えましたが、2人で簡単に出来る事でもないし、まだ乗り越えられるかもしれない希望も捨てきれず、どの道を選択しようにも踏ん切りがつかず路頭に迷っている状態です。
私の実家では(別スレでも相談しています)、実弟のギャンブル・借金問題で葛藤中なので、私の問題を打ち明けるのも躊躇しています。
旦那の実家へは全て話していますが、あまり協力心と理解がありません。
息子はストレスがあるからだ!とか、夜ご飯を米中心にしてあげなさい!とか、私への注文ばかりで問題を履き違えています。
どれだけ言っても本人は自覚しない、旦那の実家は頼りがない、内容が内容だけに もし回復するなら…と思えば自分の両親や友人に相談する勇気が出ないし、もう何から手をつけていいのか混迷しています。
現状では無理ですが、いつか子供も欲しいです。
それも含めて結婚したので、ここでつまずいている自分の人生に失望さえしています。


アルコール依存症本人の方、家族の方、または離別を経験された方など、意見・知恵等あれば教えて欲しいです。
そして私の立場ならどうするか、意見を聞かせてほしいです。

アルコール依存症の旦那(31)を持つ妻(31)です。
結婚4年目、子供なしです。
今年5月にも関連内容で相談しましたが、事態は悪化する一方で再度皆様の意見を聞きたく相談させて頂きます。

晩酌はビール350×2と焼酎2.5合程度です(毎日)
飲みに行けば、警察の保護・喧嘩沙汰・失禁・トイレを間違える程度は度々あります(最近は自力では帰宅困難です)
私なりに勉強して相談に行ったり、今は怒らずに色々と聞かせますが本人は「病気」として向き合う自覚はなく「まだ自分で制限できる」と思ってい...続きを読む

Aベストアンサー

neco0621さん初めまして!
私もNO7さん同様にアルコール依存症者です。
今まで良く頑張ってきましたね
大変だったと思います。
まったく以前の私の女房と同じような苦しみをなされているので、心労のほどお察ししますが、お二人共に、まだお若いのですからやり直すチャンスはあると思います。

私達も同じ年の夫婦ですが、24で結婚しましたが、結婚式も私の飲酒による肝臓病が元で延期という事から飲酒問題が始まり、話せば長くなりますので経過は省略しますが、だいたいneco0621さんと同じくらいの年に酒と決別する事になりましたので、何となく親しみを感じ投稿させて頂きました。

飲酒量はさほど多くはないように思われますが、アルコールをコントロール出来ないようですので、アルコール依存症でしょうね。酒乱と言われている人でも、アルコールをコントロール出来るのでしたら、アルコール依存症ではありません。

またアルコール依存症は否認の病気とも言われているように、本人を病院や自助グループにつなげようと思っても、簡単にいかないのもアルコール依存症の特徴ですよね。本人は病院に行けば酒を飲めなくなるから行きたくないのも当然なんです。病気として向き合う気がないと書かれていますが、アルコール依存症を認めるという事は、AAのステップでも断酒会の断酒の誓いでも最初にあるように、自分で認めた時点で回復への一歩を踏み出しますので、すぐに認めるのは簡単ではありません。

息子さんの実家に言ったところで、判ってもらえる事はおろか大方はneco0621のせいにされるのがいいとこですね。

御主人の失禁を写真に撮って、自分で掃除させてと言うのは良い対応だと思います。アルコール依存症には家族の病という名前もあるように、neco0621も勉強なされているので判っていると思いますが共依存からの回復が必要ですね。ただ共依存の勉強をした家族が勘違いしやすいのは、何でも御主人の問題に対して関係を断ち切るのではありません。家族なのですからね。酒に関する事には干渉しないと言う事です。もう一つ勘違いしている人が多い事は、共依存イコール悪ではないと言う事です。

コレステロールにも善玉と悪玉があるように、共依存も必要な事は多いのです。例えば赤ちゃんがお腹が空いて泣くのも一種の共依存の現れです。全てが悪いのではありませんし、自分と御主人の心の境界線も、その時の状況によって動きます。

自分が変われば相手も変わるという事が言われますが、アルコール依存症者に対する接し方で必要なのは、お互いにコントロールしない事です。お酒の漁を減らそうとコントロールするとか、自分の思い通りにコントロールしようと思う事は無意味です。自分を変えるという事は、相手の見方を変えるという事です。

一番の問題は本人の気付きですね
アルコール依存症は喪失の病気とも呼ばれますし、底付き体験という言葉もある通り、たいていの人は、どん底に落ちなければ気が付きません。ただ自助グループにneco0621さんが通っているうちに、御主人が気が付くという事も多くあります。AAはクローズミーティングが多いですね。アラノンという家族の集まりもありますが、neco0621さんの感じだと断酒会の方が向いているかも知れませんね。

また近くの病院で家族教室を開いている所があれば、そこに通い続けるのも良いと思います。御主人の気付きですが、お子様がいればお子さんが良いのですが、現在はお二人という事ですので一つの方法として御主人が酒を飲んでいない時に、酒の問題を会社の上司に相談するというのも一つの方法です。会社に言う言わないはneco0621次第ですが、当初の話として、そういう事を言うのも技術の一つです。

気が付いたら長々となってしまいました。
この世の地獄を見たければアルコール依存症者の家庭を見るが良い
この世の天国を見たければ断酒家の家庭を見るが良い
この後者となってくれる事を願っていますし、希望を持っていれば必ず明るい未来が来る事と思います。

neco0621さん初めまして!
私もNO7さん同様にアルコール依存症者です。
今まで良く頑張ってきましたね
大変だったと思います。
まったく以前の私の女房と同じような苦しみをなされているので、心労のほどお察ししますが、お二人共に、まだお若いのですからやり直すチャンスはあると思います。

私達も同じ年の夫婦ですが、24で結婚しましたが、結婚式も私の飲酒による肝臓病が元で延期という事から飲酒問題が始まり、話せば長くなりますので経過は省略しますが、だいたいneco0621さんと同じくらいの年に...続きを読む

Q肝硬変の方、どのようなお仕事をしてますか?

私は、43歳です。5年前にアルコール性肝硬変と診断されました。3回食道静脈瘤破裂しています。
10か月、お酒はのんでいません。今は、無職です。仕事をさがしています。私と同じような方は、どのようなお仕事をしているのか、体の疲れはどれぐらいなのか 、どんなことでもしりたいのでおしえてください。 

Aベストアンサー

 とりあえず、肝硬変がどいうものかということが大事ですね。ネットで「肝臓」、「肝硬変」、「肝臓病」などのキーワードで検索すると、たくさんの解説サイトが見つかります。たとえば、

http://xn--urs534eztf.net/shindan.html

といったものです(肝臓疾患の詩との一部のようです)。

 もし仮に要約するならば、「機械化の進んだ現代の仕事の多くは肝硬変でも支障なくできる。力仕事や運動については主治医に相談。」といった感じです。

 書店には患者向けの専門の書籍もあります(ネットの書店を探してもOK)。そういうもので知識を増やしつつ、主治医に相談されるなら、ご心配になることはありません。

 心配なさり過ぎず、しかしお大事になさってください。

P.S.

 近年は再生医療ということが進歩して、少し前には夢物語だったものが続々と実現してきています。肝臓の再生も研究が急ピッチで進行中です。体をいたわっていれば、維持がせいぜいだった肝硬変からの回復も夢ではなくなってきました。

Q肝硬変と腹水で苦しむ父を見ていられません…

71歳の父です。

もう長くはありません・・・

C型肝炎から肝硬変になり、もう肝不全になって、

今は、入院して、肝臓で処理できないアンモニア等を点滴の薬で処理しており、
アンモニアが身体に回って、肝性脳症(昏睡)になるのを防いでいます。

腹水で、お腹が妊婦さんのようにパンパンに腫れ、両足も腹水で腫れてしまっています。

私は長男で、父の家から車で5分のところに住んでいます。
弟家族は、東京に住んでいて、ここは神戸ですので、新幹線で3時間かかりますが、
父が倒れて入院してから、毎週のように帰って来ています。

父の孫は、私の家族に2人、弟の家族に2人います。


今は、その肝性脳炎・昏睡で倒れた父を、
何とか薬で肝性脳炎になって、意識がなくなってしまうのを止めているだけで、
腹水は、利尿剤等を使ってもなかなか抜けません。
残るのは、お腹に針を刺して腹水を抜くだけですが、
それも、すぐに腹水がたまってしまうそうです。

病院のベッドで起きている時は、腹水のせいで、
「しんどい~、苦しい~、苦しい~」
とばかり言っています。

本当に、苦しいんだと思います・・・

私と母が交代で、毎日、父の看病をしています。

肝性脳炎・昏睡には、5段階のレベルがあるそうで、
私が見る限り、昼間にウトウトと寝る程度で、
5段階の1番目ほどしか当てはまらないと思います。


父は、テレビも見ていますし。

でも、食欲も無く、歩くことも出来なくなりました。

父にとって楽しいことなんて何もありません。

今のところは、私と母で、毎日、父の状態を見て、
肝性脳炎・昏睡が進んでいないか?を確かめるだけです。

父は、2月1日に倒れました。

さすがに、その時は、もう昏睡になって、意識が戻らないかと思って、
私も母や弟と同じように、かなり動揺しました。

でも、3年前から肝臓癌が発症していて、
もともとが肝硬変ですので、1年前から腹水がたまっていたのか、
かなり苦しそうで、「癌」というのが頭にありましたから、
その時から、父の最期を考えてきました。

だから、私の中では、もう、父を看取るように心の準備をしてきました。

母も弟も、そういう覚悟はしています。



しかし、ここからが私の質問になるのですが、

もう後のない父に、今の肝性脳症・昏睡だけを防ぐ治療って、

父が昏睡になるまで?心不全にとかになるまで続けるのでしょうか???

今の総合病院には2月いっぱいまでしか居られず、
3月からは、実家の近くの病院か介護施設に入るしかありません。

母がとても父の介護を出来ないので… 私もそうです…
私たちは、そこで父を看取るつもりです。

でも、「私は」、母や弟と違って、
もう、父は充分に生きてくれたと思いますので、
今の苦しいだけの、治る見込みのない「闘病」生活なんか
父には、意味が無いと思うんです。

まだ主治医の先生に会って詳しく話をしてはいませんが。

そんなに腹水が苦しいなら、まだ昏睡状態の方が良いのではないか?
と思っています。

要するに、今の治療は、ただの「延命治療」に過ぎないと思うのです。

かなり極端な話ですが。


私、個人の話になりますが、
思春期に、父という高い壁があって、かなり父に反抗しました。
大学受験に失敗し、うつ病になって、就職が出来ませんでした。
今は、妻の収入で、「主夫」として生きています。

そういう私に、父は失望したと思います。 親不孝者です。

ですから、毎日、父の病室に足が向かいます。
映画じゃないですが、毎日、短い手紙を父に書いて渡しています。

父に謝って、許して欲しいんです。

私は父の家から車まで5分の所に住んでいるので、
毎週のように、2人の娘を連れて、遊びに行っていました。

ですから、もう過去のことは、父と私の間では「和解」しているかと思います…

それでも、肝性脳症になっている父から、
一言でも、許してくれるような言葉が欲しい・・・

でも、もう父には、闘病生活なんかしなくていい、

今まで本当に私たちのために、頑張って生きてくれたね、
本当にありがとうね。
もう、好きなだけ、好きなお酒を飲んできたんだし、
これ以上、私のために無理をして生きてくれなくてもいいんだよ…

って思うんです。

このように、まだ私の中でも、矛盾していますが、
母と弟は少しでも長く生きて欲しいようで、
私は、今の治療さえ、父には、ただの「苦しい延命」に思えています。

それでも、私個人として、悔いなく父を看取るには、
いま、何をすれば良いのか???

それが分かりません・・・

長くなってすみません。

これを読んで頂いた方には、
ただ感じたことだけでも良いですので、
何か私に言葉をかけてください。

どうか、よろしくお願いします。。。。。

71歳の父です。

もう長くはありません・・・

C型肝炎から肝硬変になり、もう肝不全になって、

今は、入院して、肝臓で処理できないアンモニア等を点滴の薬で処理しており、
アンモニアが身体に回って、肝性脳症(昏睡)になるのを防いでいます。

腹水で、お腹が妊婦さんのようにパンパンに腫れ、両足も腹水で腫れてしまっています。

私は長男で、父の家から車で5分のところに住んでいます。
弟家族は、東京に住んでいて、ここは神戸ですので、新幹線で3時間かかりますが、
父が倒れて入院してから、毎週...続きを読む

Aベストアンサー

心中お察し致します。
私の父もそうでした。
父の場合腹水ではなく、血管から漏れ出た水分が体中にむくみをもたらすものでした。
とても高価な抗生物質を何度か投与しましたが、全く効果がありませんでした。
もはや打つ手がないという状態を前に、私もあなたと同じことを考えてしまいました。
それでも父とは意識の疎通が出来ました。
茶目っ気も残っていて、嫌いな親戚が見舞いに来たら寝たふりをするんだと笑って教えてくれました。
今の自分に出来ることは最後まで父と向き合うことだと思いました。
何も考えずただ父の側にいようと決意したのです。
手足のマッサージはとても気持ちが良いと申しておりました。
お湯に足を浸して温めてやるのも良いようです。
看護師さんに内緒でこっそり味のついた氷をガーゼでくるんで父の口に入れてやったりもしました。
そんな時の父の顔はまるで子供のようでした。
私と二人だけの秘密の思い出を沢山作ってくれた父は、眠るように息を引き取りました。
後悔はありません。

参考になれば幸いです。

Q肝硬変末期の父なのに、その母と息子は疲れるだけか?

度々、書き込んでいます。

家族の看護がいったい、どういうものなのか?分からなくなってきました…


71歳の父は、C型肝炎から肝硬変、肝臓癌となり、

年末から腹水がたまり、足も腫れて、仕事も辞めました。

そして、とうとう

2月1日、肝性脳症で風呂場で倒れ、緊急入院

私と母が交代で毎日、腹水で食欲のない父の食事の世話等で通い始めました。
でも、まだ元気そうに見えました…

2月16日、1回目の腹水を抜き、

2月18日、食道静脈瘤破裂で吐血… 個室に移される…

この日以後、家族、私と母と弟は一変しました。
もちろん父も、素人の誰が見ても、もう末期的にしか見えません

母は病院に泊まり込み、私は母のサポートで1日病院に、
弟は東京から週末ごとに帰省します。 

もちろん父も、素人の誰が見ても、もう末期的にしか見えません。

食道からの吐血なので、固形物は食べられず、
点滴と水だけ…

腹水でお腹がパンパンなので、
水を飲みたがりますが、飲むと腹水を圧迫して苦しみます。

3月2日、とうとう2回目の腹水を抜きました… 体力が落ちることが分かっていて。

腹水を抜いて、私と母に冗談を飛ばすように、よく喋るようになりましたが、
それも3日後ぐらいから、腹水が元の状態にもどり、
昼間でも寝ている時間がかなり長いです。

でも、3時間ほど毎に、「み、水、飲ませてくれ・・・」

と言うので、家族はとても看護師さんだけに任せる訳にはいきません。

母は病院の父の個室で寝て、24時間看護の体勢、
私は息子ですが、うつ病の為、家族の食事を作って、病院に通います。
でも、私にも家庭があるので、19時までには帰宅したいところ。

弟は今週は、大阪に出張もないので、東京に居ます。

私や弟が父に出来ることは、とても母にはかないません。
ただ、母の「サポート」をするしかないんだ、と分かりました。

肝心の父のここ最近は、「小康状態」としか言い表せません。

私が10時から18時までいる間は、
喋ることも少なく、ほとんど寝ていて、

でも突然、「み、水をくれ…」というので、吸い飲みで口に注ぎます。
それしか口に入れるものが無いので、「美味しい美味しい」と言ってくれます…

会話らしい会話も出来ず。

母は、一昨日は風邪で病院に、昨日は髪のカットに行きました。
実家の用事もありますし、祖母の介護施設の手続き等々、することがあり、
父だけに時間を使えないので。
その間、私が父を看ています。
何もしないのに、病院に居るだけで疲れます…

私は、家の車から実家で、実家の車に乗り換えて、病院に行きます。
母は、実家の車しか運転できないと言うので。

昨日の出来事の1つですが、

母がカットから実家の車で病院に帰って来て、駐車場に止めました。
もう18時を過ぎていて、私は焦っていました。母も焦っていました。
携帯に母から連絡があり、駐車場の方に向かいました。
「駐車券はどこ?」
「車の中」
「何階のどの辺りに止めたの?」
「3階の昨日とは違う方」
それで、別れて私は車の方へ、母は病院の方へ、
でも、実家の車のカギの引き渡しを受けていませんでした。
すぐ母の携帯に何度もかけても、出ません。 
何で携帯に気づかないのか!?
とにかく父の部屋に戻っていると思って急いで病院に戻るも居らず、
携帯にでた母は、買い物をしていました…
切れたらいけないと思いつつ、切れそうになりながら、
やっと母からカギを受け貰い、駐車場へ。
「3階に止めてあるからね」と言われたので3階で車を探します。
ありません。 また携帯にかけますが、母はでません!
4階を探してもなく、2階に行って、やっと車を見つけた時に、携帯に母から、
「ごめんね。えらい運動させてしまったね~。」
笑って言っていました。
私も、「2階だったよ」と笑って言うしか出来ませんでした。

夜の、「慣れない車」の運転の前なので、怒ってはいけないいけない。落ち着いてと。

そういう「一こま」でした。

私は帰宅してから、家族と夕食の後、
次の日の夕食を料理して、23時。

もう疲れて寝るだけです。

何か、何というか?
肝心の父を看護しているのか?父は殆ど寝ているだけで、
たまに体を拭いたり、寝返りをするため看護師さんの手伝いをして、
父の横ですることもなく、
でも、自分には自分の家族の生活があって、料理・買い物等で疲れて、
母にも、母の用事が何かとあって、
母の方が、病院の簡易ベッドなので、疲れているはずで…

肝心の父と会話もなく、
母も私も疲れるだけで…

看取るというか、家族の看護って、こんなものなんでしょうか?

長々と書いて、すみません・・・・

度々、書き込んでいます。

家族の看護がいったい、どういうものなのか?分からなくなってきました…


71歳の父は、C型肝炎から肝硬変、肝臓癌となり、

年末から腹水がたまり、足も腫れて、仕事も辞めました。

そして、とうとう

2月1日、肝性脳症で風呂場で倒れ、緊急入院

私と母が交代で毎日、腹水で食欲のない父の食事の世話等で通い始めました。
でも、まだ元気そうに見えました…

2月16日、1回目の腹水を抜き、

2月18日、食道静脈瘤破裂で吐血… 個室に移される…

この日以後、家族、私と母と...続きを読む

Aベストアンサー

41歳です。
10年前、私も実父を肝硬変で亡くしました。

父が入院したときは、緊急だとか危ないとかではなく
「ちょっと数値的に悪くなったので、入院してそのへんを良くしましょう」的な
ことだったのに、入院してだんだん悪くなり、3ヶ月で亡くなってしまいました。

当時父の面倒は母が見ていました。
千葉に住んでいた兄と埼玉に住んでいた私は、週末のみ子どもを連れて
病室にいる母と交代したり、必要な買い物をしたりしていました。

たった3ヶ月でしたが、
兄も私も自宅から実家に帰るのに3時間はかかりましたし
途中二度の危篤状態があり、そのたびに小さい子どもを連れて
狂ったように大急ぎで帰って・・・
実父のことなのに、こんなに死んでほしくないと思っていたのに
疲れて・・・3回目(このとき亡くなりました)のときには
「またか・・・」とまで思うようになってしまいました。
家族の不満も、こちらが大変だというのはわかっていましたから
黙っていたけど、それでも溜まっていたのでしょう、
兄夫婦も、私たち夫婦も一時的に不安定な状態になりました。
それでも実家に帰らないわけにはいかず・・・大変疲弊しました。

亡くなったときは「ほっとした」というのが正直な気持ちです。
亡くなってからはまた葬儀等の準備で忙しくなるので
悲しんでいる暇も、疲れた体を休める暇もなく・・・
火葬場の都合で通夜が二晩あったのですが、泣くことができたのは
その通夜も終えて告別式に入ってからでした。

あなたの質問文、ずっと読んでいました。

私の父も腹水が溜まって苦しんでいましたし、
個室に移され、白い壁だけを見ているうちに
自分の死が近づいてきたのがわかるのか
暴れだして点滴を抜いたり、幽霊が迎えに来たと騒いだりしました。
母は本当に大変だったと思います。

家族の看護というのは、看取るというのは
あなたのおっしゃるとおり「そんなもの」だと思います。
病室で相手の手を取って、静かな最期を迎えられるのは
ほんの一握りなのではないでしょうか。
私の父も、最期はほとんど言いたいことも言えることなく
こん睡状態に陥り、そのまま亡くなってしまいました。
(私は最期に立ち会えませんでした。間に合わなかったのです)

あなたのお父様があとどれくらい生きられるのか
それはわかりません。
恐らく、病室に誰か1人待機しているのは
看護婦さんに迷惑を掛けられないという思いと
いつ最期の時が来るかわからない、最期のときに
1人にしてはいけないという思いがあるからだと思います。
できることなら、一晩だけでもいいですから看護婦さんにお願いして
皆さんで家で休むということはできるといいのですが・・・
もしものときはすぐに連絡をしてもらう、ということで・・・

キツい言葉になってしまいますが、
お父様が亡くなられてからも遺族の方々には
今の家族との生活が待っています。
これから亡くなっていく人のことより、これからも
生きていかなければならない人のことが、生きていかなければならない人の
生活のほうが大切なのです。
それは私の父が病床で言っていたことです。
お父様のことは勿論大切ですが、それでも、
ご自身の体を、生活を大切になさってください。
疲れたら、看護婦さんにお願いして休む。
大丈夫です、看護婦さんはそのへんはわかっていらっしゃいます。
休みたい・・・と思ったら、その心の声を優先して休んでください。

41歳です。
10年前、私も実父を肝硬変で亡くしました。

父が入院したときは、緊急だとか危ないとかではなく
「ちょっと数値的に悪くなったので、入院してそのへんを良くしましょう」的な
ことだったのに、入院してだんだん悪くなり、3ヶ月で亡くなってしまいました。

当時父の面倒は母が見ていました。
千葉に住んでいた兄と埼玉に住んでいた私は、週末のみ子どもを連れて
病室にいる母と交代したり、必要な買い物をしたりしていました。

たった3ヶ月でしたが、
兄も私も自宅から実家に帰るのに3時間はかかりま...続きを読む


人気Q&Aランキング