当方個人事業主で、会計ソフトを使用して帳簿付けをしており、
以下、振込手数料についてわからなく質問させてください。


1,去年12月10に、売掛金¥1000が発生。

※去年の帳簿に、以下を入力
12/10 売掛金1000/売上高1000



2,今年2月に振込手数料210が差し引かれた¥790が銀行口座に振り込まれる

※今年の帳簿に、振替伝票で以下を入力
普通預金 790 /売掛金1000
支払手数料210


これを試算表で確かめたところ、
今年2月の経費に¥210が入ってしまっておりますが、これで問題ないでしょうか?
問題ある場合、上記帳簿付けをどのように変更すればよろしいでしょうか?


売掛金として計上したにもかかわらず、
支払手数料の¥210が去年ではなく今年の経費として入ってしまっているので不安になりました。

ご存知の方おられましたらご回答いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>今年2月の経費に¥210が入ってしまっておりますが、これで問題ないでしょうか?



問題ありません。売掛金計上に時期と支払手数料計上の時期が異なっていても構いません。

発生主義の会計として、次のように考えて下さい。
去年12月に発生した売掛金は去年12月に仕訳計上しました。これは正しいです。
支払手数料は、売掛金が振り込まれる今年2月に発生した経費ですから、今年2月に仕訳計上します。これも正しいのです。
    • good
    • 0

もしかして支払手数料を去年の経費にすべきで



12月10日 売掛金 1,000 売上高 1,000
12月31日 支払手数料 210 未払金 210
2月×日   普通預金 790 売掛金 1,000
       未払金  210

などが正しいのではないかとお考えですか。ちょっと考えすぎ、という以前に不適切だと思いますよ。実際に振り込まれたときの属する年の経費、つまり質問文にお示しの仕訳が適切です。 
 一方、「支払手数料」でなくてどうしても「売上値引」で処理したいという場合は
12月10日 売掛金 1,000 売上高 1,000
12月31日  売上値引 210 売掛金 210
2月×日   普通預金 790 売掛金 790
などというふうに、去年の売上から控除すべきです。

しかし、売上からの控除でなくて「支払手数料」と考えるのは全く合理的なので、お示しの仕訳で正しいです。支払手数料は2月の経費になります。
       
    • good
    • 1

>※今年の帳簿に、振替伝票で以下を入力…



科目としての支払手数料は、自分の意思で支払った場合です。

支払われるお金から勝手に引かれたのは、「売上値引」です。
鞄を提げて集金にいったら「少し負けてよ」といわれて安くしてあげたのと同じです。

【普通預金 790円/売掛金 790円】
【売上値引 210円/売掛金 210円】

>今年2月の経費に¥210が入ってしまっておりますが…

値切られたときの経費でよいです。

ついでに言っておくと、仕入れや経費の支払いの際に、
・振込手数料を負担・・・「支払手数料」・・・経費科目
・少し値切って支払った・・・「仕入れ値引」・・・収入科目
です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自治体の施設利用料の消費税は

自治体の施設利用料を支払いました。

ある自治体は「消費税込み」
別の、ある自治体は「非課税」と、言いました。
6つの別々の自治体で、それぞれ3対3の結果でした。

少し調べた所、自治体も消費税納付をする事業者ということですよね。

自治体によって「税込み」「税不要」と、対応が違うものなのでしょうか。

とりあえず、それぞれ「課税仕入れ」「非課税仕入れ」で経理処理しているんですけれども、これでいいのでしょうか。

以上につき教えてください。どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自治体に対して支払うものは、全てが消費税の非課税という訳ではなく、基本的に、民間と競合するような取引については、課税対象とされます。
(逆に言えば、住民票の発行手数料等の非課税となる行政手数料は、民間とは競合しませんよね。)

ですから、どんな施設か、ご質問文からはわかりませんが、市民会館であったり、会議室であったり、体育館であったり、という場合には、当然、民間でも同様の施設の貸付をする所もある訳であり、自治体の物だからといって非課税にすると不公平という事になってしまうため、それらについては非課税としては、そもそも消費税法においても規定していませんので、課税取引に該当することとなりますので、課税仕入で処理できるものと思います。
詳しくは、以下の過去ログをご参考にされて下さい。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=615279
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=833472

自治体の担当者でも、消費税に関しては詳しくない方も結構多いものと思いますので、おそらく「非課税」と答えられた方は間違いでは、と思います。
(過去ログにあるように、行政手数料以外の部分で非課税となるのであれば、話は別ですが)

そもそも消費税は、国税の訳で、同じ内容の取引であれば、自治体間で差が出る事はありえませんので、私が例示したようなものの施設利用料であれば、課税仕入で処理して問題ないものと思います。

自治体に対して支払うものは、全てが消費税の非課税という訳ではなく、基本的に、民間と競合するような取引については、課税対象とされます。
(逆に言えば、住民票の発行手数料等の非課税となる行政手数料は、民間とは競合しませんよね。)

ですから、どんな施設か、ご質問文からはわかりませんが、市民会館であったり、会議室であったり、体育館であったり、という場合には、当然、民間でも同様の施設の貸付をする所もある訳であり、自治体の物だからといって非課税にすると不公平という事になってしまうた...続きを読む

Q個人事業の事業主貸と事業主借の期末処理

個人事業で、
事業主貸と事業主借は、
期末で相殺して、
残高が残った方を元入れに振替るのが正しい処理でしょうか?

それとも、両科目とも相殺せずに、残高を残しておいて、決算を作成し、翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか?

Aベストアンサー

>翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか…

こちらです。

>期末で相殺して、残高が残った方を元入れに振替るのが…

事業主貸も事業主借も、貸借対照表に期末の数字を記載しなければなりませんので、早々と相殺してはいけません。
しかも、元入金は、期首の数字がそのまま 1年間は変わりませんので、繰り入れたり繰り戻ししたりしてはいけません。

Q事務手数料の消費税について

生命保険料を団体扱いで給与天引しています。
その際、生命保険会社から事務手数料と消費税が支払われます。
この事務手数料は、課税売上(科目は雑収入になると思います)、消費税は仮受消費税で計上すべきだと思うのですが、会社の経理に確認したところ、事務手数料は、社員のサークルのような会に振込み、消費税は、福利厚生費の戻りとして計上しているとの回答を得ました。
回答の意味があまりよくわからないので、質問するのも申し訳ないのですが、正しい処理を教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

事務手数料は役務提供への支払いであり、may3さまの言われるように、会社の益金となり、課税売上となります。消費税等を仮受消費税等として計上するのは税抜経理方式を採用する場合の適切な会計処理です。貴社経理の方の言われるような処理は税務上の問題があるように思えます。適切な申告のためには、may3さまのお考えの処理が正しいと思います。

Q個人事業主が謝礼をもらった場合の帳簿のつけ方

個人事業主ですが、よそでアルバイトをして、
5万ほど、謝礼をもらいました。
先方の都合で、家事用の口座に入金してもらいましたが、
一割の5千円が、源泉として引かれ、
4万5千円が入っていました。
これを帳簿にあらわすには、
どのようにすれば良いのでしょうか。
どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>家事用の口座に入金してもらいましたが…

家事用の口座ということなら、事業の帳簿に記載する必要ありません。

>よそでアルバイトをして…

もともと事業とはあまり関係ない収入なら、「青色申告決算書」(or収支内訳書) にも記載せず、『確定申告書 B』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/02_02.pdf
の○ク と○5 欄に50,000円、○45 欄に 5,000円と記入します。

Q消費税に手数料

よろしくお願いします。
あるものを販売しているのですが、販売した場合に商品価格(消費税抜き)の5%を販売手数料として頂いています。
今までは、この販売手数料に消費税を加算して頂いていましたが、総額表示の導入に伴い、商品価格+消費税に対して5%の手数料を頂くほうが、整理が簡単ではないかとの意見が出ました。結果的に手数料金額は同じなのですが、
これだと、消費税に対しても手数料をかけていることになるのではないかと思うのですが、はたして消費税にまで手数料をかけることができるのでしょうか?

説明が下手ですみません。
例はこんな感じです

現状) 商品100万円+消費税5万円
手数料 100万円に対し5%=5万円+消費税(2500円)
             =52,500円

検討) 商品100万円+消費税5万円=105万円
手数料 105万円に対し5% =52,500円

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の内容によると。。。

商品100万円+消費税5万円=105万円
販売手数料5万円+消費税2,500円=52,500円
(販売手数料は商品価格を基準とする)

でいいのではないでしょうか。

あくまで表示の問題ですので105万円に対して販売手数料を取ると便乗値上げとみられても仕方ないですよ。

「検討」の方でいくと手数料の52,500円に対しても消費税をもらわなくてはいけません。

そこで表示方法としては
商品 105万円(税込み)
販売手数料(商品価格の5%) 52,500円(税込み)
となります。

従来通りの金額でいくのであれば上記の方法しかありませんね。

Q〔個人事業主〕銀行口座の事業用と個人用の切り分けについて

個人事業主で青色申告を行っている方にお伺いしたいのですが...

今まで白色申告を行っていましたが、H17より青色申告にすることにしました。現在は事業用の銀行口座は無いため、この機会に区別しやすいよう新規開設しようと思います。

そこで、売上の入金は事業用口座にするとして、明らかに私的な使用分は個人口座への振替をするつもりですが、口座振替でない振込用紙での納付分(事業税や国民年金など)の現金はどちらから出金すべきでしょうか?
私は、控除となることが明らかな分を事業用、事業分の按分をする分(家賃等)は個人口座、クレジットカードは個人分を含むので個人口座にして事業分は領収証で対応。と現在考えています

また、年度内で、このように管理口座を変更することは処理上の不都合などあるのでしょうか?無料相談や税理士への依頼等も考えていますが、次の入金が近いため、まず口座開設をしておきたいと思っています。

経験のある方、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

事業用の資金から、個人分を出金したとしても、「事業主貸」で仕訳しますので、どちらでも可ではありますが。

(1) 事業税は、必要経費になるので、事業用から。

(2) 按分する分は、出金時事業用で記帳し、年末に「事業主貸」に家事分を振替える。

とするのがまず前提かと思います。

国民年金、健康保険等、申告のときに必要になる数字ではありますが、事業用からではなく、生活費から出金なさったほうが良いのではないでしょうか。

別に問題になるわけではないのですが、「事業用資金」が経費に出来ないものによって減っていくのは、もったいないと思いますので。場合によっては、記帳漏れがあったり、緊急にある程度まとまった資金が必要になったりする場合に備えて、事業用資金の残高は、一定程度を確保しておきたいからです。

勿論逆に「事業主借」で追加すれば済むことではありますが、不必要に現金の流れを大きくしたくないので。

Q先方負担 振込手数料の消費税

どなたか、会社で以下のような会計処理をしている方へ質問です。

買掛金の支払時に、振込手数料を差し引いて振込時に、例えば手数料税込648円に対して600円だけを買掛金合計から引いて振込をした場合、実際、銀行の手数料を計上する時は48円分の消費税は
仮払消費税に計上計上しているのでしょうか? また、この方法だと、実際は、手数料としては発生していな部分を手数料として貸方課税対象外?に600円計上して相殺し、仮払消費税だけ48円計上しているのでしょうか? それか、他の仕訳方法をしているのでしょうか?
正しい方法をご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

金融機関から徴収される振込手数料よりも先方負担として差し引く手数料のほうが安い場合、その差額は一般に、支払手数料として計上される。48円が税込の課税仕入になるということだ。

実際の振込手数料に関わらず一定額を差し引くのは、事務処理を簡単にするためだ。振込先により異なる手数料をいちいち把握しデータに反映させるよりも、一律処理するほうが事務コストが低減される。特に、実際の振込手数料がそれよりも安ければ、その会社の実質的な利益となる。高くても、差額が小さければ事務コスト低減などで吸収される範囲といえる。

なお、代金の支払いは決済取引であって仕入取引ではないのだから、仕入値引を用いるのは簿記会計上誤りだ。また、仕入値引は仕入の控除科目であって営業外収益区分の科目ではない。

Q【個人事業主】口座間送金の仕訳と振込手数料

個人事業主で、これから青色申告します。

事業用の銀行口座を2つ使っています。

その口座同士で、例えば、A銀行からB銀行へ30,000円移動した場合、
仕訳はどのようになりますでしょうか?

また、そのお金の移動で発生した振込手数料は、
経費にできるのでしょうか?
この手数料の仕訳もお教えいただけると助かります。


ご教示、どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

事業用の銀行口座を2つ持つ場合は、勘定科目の「普通預金」にサブ科目(枝科目、枝番)を付けて、例えば

・普通預金(A銀行
・普通預金(B銀行

というように科目を設定します。

仕訳は、

〔借方〕普通預金(B銀行30,000/〔貸方〕普通預金(A銀行30,000


>そのお金の移動で発生した振込手数料は、経費にできるのでしょうか?

事業に必要な資金移動であれば、振込手数料は必要経費になります。

〔借方〕支払手数料315/〔貸方〕普通預金(A銀行315

※(1)手数料をA銀行の普通預金から払った場合。
(2)税込経理方式の場合。

Q自治体が物品売払う契約に消費税を払うのか。

国や自治体が、不要になった物品を入札で売払う場合、買入する入札者は消費税を払う必要があるのか。
国や自治体は売払契約で税法上の課税対象事業者となるのか。
また、国や自治体は消費税の納税義務者または非課税事業者なのか。

Aベストアンサー

国や自治体の一般会計は歳入にかかる受け取り消費税と歳出にかかる支払い消費税を同額とみなす取り扱いをすると定められています。
(消費税法第60条の国、地方公共団体等に対する特例 )
このため消費税相当額を受け取っても最終的に消費税の納付の発生もまた還付もありません。

なお特別会計についてはそうした規定はなく、民間と同じように計算して支払いをしています。(もちろん還付の場合もあり)

Q振込手数料の会計処理について

商品の売上代金を銀行振り込みで入金した際、振込み手数料を引かれる場合が多分にあります。
その振込み手数料の経理処理について、下記どれが正解かお尋ねします。
よろしくご教授願います。

A 売上高より戻す(値引きした概念で)
B 売上高は変えずに経費とする
C または違う処理
D 何でも良い

自身としましてはAの売上高を戻すことは有り得ないやり方だと思いますが、一説(簿記を精通する人)では正しいと主張する同士もおります。
色々な正解があることと思います。その根拠(書いたもの)があればご紹介願います。

Aベストアンサー

そうですね。事実関係を表示する主義ならば、Bと思われますが、法人税や消費税の納付税額を合法的に少なくするなら、Aなんでしょうね。
Aを取る方法は、多分、圧縮記帳と言うやり方です。Bは、明朗会計タイプの総額記帳とか、両建て記帳とか、言うのでしょうか?

いわゆる税法上は、どちらも正しいと言うか、OKなんですよね。ただ、今日的には、日々の伝票は、Bとして、法人税や消費税を納付する前に、自分で、1枚の白い紙に、売り上げ額ー売り上げ控除額(振り込み手数料の年間合計)=課税売り上げ額(法人税と消費税では、概念が異なるので、それぞれで計算する)をしておいて、その課税売り上げ額から、納税すれば、解かり易いし、税額も少なくできます。結局、いろんな経費とか会費や税率の基準に、売り上げ額が、基準になるので、何かと、株式公開していない一般零細企業は、売り上げを少なくした方が、納税など、支出が少なくなります。
で、なぜ、Bのような、明瞭なやりかたを税務署や税理士が、勧めないかというと、ややこやしくしないと、税理士もお客が減りますし、税務署も、ちょっとした計算間違いを、ついて税務調査しにくい。。。と、言う、彼らの営業上の問題もありますし。。。。
で、正しくは、経理規定を、作り、それに従う。と、言うことでしょうか。

税理士レベルですと、答えは、Aと答えるし、公認会計士レベルですと、Bと答えると思いますよ。。。

圧縮記帳とは、結果納税額に、影響しない範囲の省略は、良い、つまり、借方、貸方両方とも、カットしてしまうと言う、簿記独特の手法ですね。

大企業になれば、圧縮記帳は、避ける傾向にあります。コンプライアンスの問題でしょうか。

そうですね。事実関係を表示する主義ならば、Bと思われますが、法人税や消費税の納付税額を合法的に少なくするなら、Aなんでしょうね。
Aを取る方法は、多分、圧縮記帳と言うやり方です。Bは、明朗会計タイプの総額記帳とか、両建て記帳とか、言うのでしょうか?

いわゆる税法上は、どちらも正しいと言うか、OKなんですよね。ただ、今日的には、日々の伝票は、Bとして、法人税や消費税を納付する前に、自分で、1枚の白い紙に、売り上げ額ー売り上げ控除額(振り込み手数料の年間合計)=課税売り上げ...続きを読む


人気Q&Aランキング