当方個人事業主で、会計ソフトを使用して帳簿付けをしており、
以下、振込手数料についてわからなく質問させてください。


1,去年12月10に、売掛金¥1000が発生。

※去年の帳簿に、以下を入力
12/10 売掛金1000/売上高1000



2,今年2月に振込手数料210が差し引かれた¥790が銀行口座に振り込まれる

※今年の帳簿に、振替伝票で以下を入力
普通預金 790 /売掛金1000
支払手数料210


これを試算表で確かめたところ、
今年2月の経費に¥210が入ってしまっておりますが、これで問題ないでしょうか?
問題ある場合、上記帳簿付けをどのように変更すればよろしいでしょうか?


売掛金として計上したにもかかわらず、
支払手数料の¥210が去年ではなく今年の経費として入ってしまっているので不安になりました。

ご存知の方おられましたらご回答いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>今年2月の経費に¥210が入ってしまっておりますが、これで問題ないでしょうか?



問題ありません。売掛金計上に時期と支払手数料計上の時期が異なっていても構いません。

発生主義の会計として、次のように考えて下さい。
去年12月に発生した売掛金は去年12月に仕訳計上しました。これは正しいです。
支払手数料は、売掛金が振り込まれる今年2月に発生した経費ですから、今年2月に仕訳計上します。これも正しいのです。
    • good
    • 0

もしかして支払手数料を去年の経費にすべきで



12月10日 売掛金 1,000 売上高 1,000
12月31日 支払手数料 210 未払金 210
2月×日   普通預金 790 売掛金 1,000
       未払金  210

などが正しいのではないかとお考えですか。ちょっと考えすぎ、という以前に不適切だと思いますよ。実際に振り込まれたときの属する年の経費、つまり質問文にお示しの仕訳が適切です。 
 一方、「支払手数料」でなくてどうしても「売上値引」で処理したいという場合は
12月10日 売掛金 1,000 売上高 1,000
12月31日  売上値引 210 売掛金 210
2月×日   普通預金 790 売掛金 790
などというふうに、去年の売上から控除すべきです。

しかし、売上からの控除でなくて「支払手数料」と考えるのは全く合理的なので、お示しの仕訳で正しいです。支払手数料は2月の経費になります。
       
    • good
    • 1

>※今年の帳簿に、振替伝票で以下を入力…



科目としての支払手数料は、自分の意思で支払った場合です。

支払われるお金から勝手に引かれたのは、「売上値引」です。
鞄を提げて集金にいったら「少し負けてよ」といわれて安くしてあげたのと同じです。

【普通預金 790円/売掛金 790円】
【売上値引 210円/売掛金 210円】

>今年2月の経費に¥210が入ってしまっておりますが…

値切られたときの経費でよいです。

ついでに言っておくと、仕入れや経費の支払いの際に、
・振込手数料を負担・・・「支払手数料」・・・経費科目
・少し値切って支払った・・・「仕入れ値引」・・・収入科目
です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金と売掛帳の金額表示について

平成17年1月の総勘定元帳(勘定科目売掛金)の繰越残高は表示されますが
平成17年1月の売掛帳の繰越残高がゼロ表示になっています。
(2月以降はマイナス表示が続いています。)
対処法をご存知の方おりましたらご指導お願いいたします。

ちなみに勘定科目残高に表示される売掛金は総勘定元帳(売掛金)と同じ数字が表示されています。

Aベストアンサー

弥生会計は使用してませんが、複数会計ソフトの利用経験はあります。

通常、売掛金を会計ソフトで管理するのであれば、取引のある会社ごとに管理するのが一般的かと思います。
そのためにどの会社に売り上げがあったのか・どの会社から入金があったのか等、わかりやすくするために枝番号や会社コード等をつけて管理していきます。

よって、会計ソフト内で売掛金を枝番号や会社コードで管理している場合、売掛金の枝番号や会社コードまで入力して管理しないと質問者さんのような事態が起こることは十分考えられます。

これは売掛金以外の勘定科目でも起こりうるケースですので、会計ソフトの勘定科目設定を確認されることをお勧めします。

Q今年から複式に・・・売掛金で教えてください。

こんにちは。
主人が個人事業主で、妻の私が経理を担当しています。
65万円の控除を受けるために複式簿記での記帳に切り替えました。
そこで教えていただきたい事が出てきました。
詳しい方教えてください。

昨年(16年度分)は簡易簿記で提出をしていましたので、売掛金というのを
あまり意識せず、入金があったものを売り上げとしてきました。
(はじめの数年の税理士の方からの記帳指導の時よりこのようにしていました。)
ですので、昨年までの青色申告の貸借対照表の資産の部の期末では売掛金は0円です。
ですが、今年から複式簿記に切り替え帳簿をつけると
16年12月31日で請求書を
出しているので、売掛金が発生している事になってしまいます。
今年提出する17年度分の青色申告の貸借対照表の資産の部の期首に
いきなり0ではなく数字が入ってたらやっぱりおかしい事になってきますよね?
税務署の方から聞かれたりしますよね?
今年までは65万の控除をあきらめ今までのやり方でやり、今年からキチンとやると
いうのが一番なのでしょうか?

初めての複式簿記での記帳でいろいろとわからない事が多くて少しパニックです(^_^;)。
アドバイスがありましたら、よろしくお願いします。

こんにちは。
主人が個人事業主で、妻の私が経理を担当しています。
65万円の控除を受けるために複式簿記での記帳に切り替えました。
そこで教えていただきたい事が出てきました。
詳しい方教えてください。

昨年(16年度分)は簡易簿記で提出をしていましたので、売掛金というのを
あまり意識せず、入金があったものを売り上げとしてきました。
(はじめの数年の税理士の方からの記帳指導の時よりこのようにしていました。)
ですので、昨年までの青色申告の貸借対照表の資産の部の期末では売掛金は...続きを読む

Aベストアンサー

そもそもは、簡易簿記であったとしても、年末の売掛金は計上すべきものです。

ですから、本来は、平成16年分について、売掛金残高分を売上計上もれしていた事となりますので、修正申告して、所得税を納付すべきものではあります。

昨年についても、貸借対照表を提出しているのであれば、やはり、いきなり期首残高が出てくるのはおかしいと思います。
(まず、売上計上もれを疑われるものと思います。)

ですから、もし修正申告しないのであれば、正しい方法ではありませんが、前期計上もれ売掛金の本年入金分については、売上で処理して、売掛金の期首残高は0円で処理されれば、それほど不審には思われないと思いますし、調査等になっても、H16年の計上もれではあっても、期ずれでH17年に計上していますので、そこまで言われないものとは思います。
(もちろん、正しくは修正申告して、期首残高も記載すべきですが)

Q収入印紙 例えば領収書に貼る収入印紙は、何に対する手数料なのでしょうか? 収入印紙は租税や手数料

収入印紙

例えば領収書に貼る収入印紙は、何に対する手数料なのでしょうか?

収入印紙は租税や手数料の徴収のために国が発行する証憑であるということ
というのはサイトで見ましたが、手数料が発生する意味がわかりません。

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

他の回答により、手数料ではなく税金(印紙税)だという説明に理解されたと思うのですが…では「なぜ税金をかけるのか?」です。それは税金確保のために取れるところ(お金がからむ契約)から取っておこう、ということでしょう。
印紙収入は年に10,350億円あり、たばこ税より多く、酒税や自動車税よりも少ない程度です。結局はなぜ、たばこ・お酒・自動車に税をかけるのか、という話と同じようになってきます。

Q売掛・買掛と未払の帳簿をつくりたい

今までは、売掛と買掛と未払は、一覧表を作っていました。
しかし、前月の残と今月の合計とあわせてきちんと計算するなどあやふやにしていましたので、帳簿をつくって、きちんと処理していきたいと考えています。
どのように作成すればいいか、詳しく教えてください。

Aベストアンサー

>どのように作成すればいいか、詳しく教えてください。

売掛金の記帳はきちんとされていたのでしょうか?

仕訳する時に

・売掛金100万円/売 上100万円...売上発生時
・現 金100万円/売掛金100万円...入金時

このような仕訳かな?

売掛金に補助科目を取引先毎に作られては?

・売掛金100万円/売 上100万円
 (なんとか商店)

補助科目毎に「小遣い帳」を作ればそれが「得意先元帳」になりますので売掛金残高と入金を管理できます

http://www.templatebank.com/software/products/denpyo3/images/form/tokuisakimoto.gif

買掛金は「仕入先元帳」、同様に未払金は「未払金元帳」

得意先元帳(なんとか商店)
4/10_売上100万円__________残高100万円
4/15_売上120万円____________220万円
4/30_現金_______100万円_____120万円
---------------------------
4月集計_売上220万円入金100万円売掛金残高120万円

集計部分だけを寄せて合計表が作れます

>どのように作成すればいいか、詳しく教えてください。

売掛金の記帳はきちんとされていたのでしょうか?

仕訳する時に

・売掛金100万円/売 上100万円...売上発生時
・現 金100万円/売掛金100万円...入金時

このような仕訳かな?

売掛金に補助科目を取引先毎に作られては?

・売掛金100万円/売 上100万円
 (なんとか商店)

補助科目毎に「小遣い帳」を作ればそれが「得意先元帳」になりますので売掛金残高と入金を管理できます

http://www.templateba...続きを読む

Q売掛金の帳簿の付け方(確定申告)

H24末に売掛金105万円が発生しました。その際に源泉徴収10万の源泉徴収票を貰い、確定申告しました。H25.3に95万回収しました。
通常、源泉徴収された場合、売上105万仮払金10万としているのですが、上記のような場合、どのように帳簿をつけるのが正しいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>売掛金105万円が発生しました。その際に源泉徴収10万の源泉徴収票…

何で売掛金に源泉徴収票なんか出るんですか。
支払者が間違っていますよ。

源泉徴収票とは、給与 (や年金など) から所得税を前払いさせられたときに交付される法定調書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100051.htm
であり、事業所得者に関係ありません。

そもそもどんなお仕事なのですか。
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

源泉徴収される職種で間違いなければ、交付される法定調書は源泉徴収票でなく「支払調書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100038.htm
です。

>源泉徴収された場合、売上105万仮払金10万としているのですが…

個人事業主なんでしょう。
経費にならない税金の支払いは仮払金などでなく、「事業主貸」です。

・売上発生時
【売掛金 105万円/売上 105万円】
・入金時
【普通預金 (or 現金) 95万円/売掛金 95万円】
【事業主貸 10万円/売掛金 10万円】

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>売掛金105万円が発生しました。その際に源泉徴収10万の源泉徴収票…

何で売掛金に源泉徴収票なんか出るんですか。
支払者が間違っていますよ。

源泉徴収票とは、給与 (や年金など) から所得税を前払いさせられたときに交付される法定調書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100051.htm
であり、事業所得者に関係ありません。

そもそもどんなお仕事なのですか。
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報