ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

日本語の場合ですと、会社名、部署名、担当者名の順の書きますが、英語の場合も日本語と同じ順番で良いのでしょうか?

おわかりになる方がいらっしゃったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

個人名


役職、所属組織
と書くことが通常です。

例えばアメリカApple社の取締役(社外取締役含む)紹介のページには
Robert A. Iger
Chairman and CEO, The Walt Disney Company

いった形で書いてあります。
出典:http://investor.apple.com/corporate-governance.cfm

Microsoftの取締役紹介でも同様です。
Teri L. List-Stoll
Executive Vice President & Chief Financial Officer, Kraft Foods Group, Inc.
といった具合です。
出典:http://news.microsoft.com/microsoft-board-of-dir …

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

gombeiさん

回答ありがとうございます。
非常にわかりやすかったですし、信頼できるソースからの情報であることまで示していただき参考になりました。

英語では個人名、役職、組織名となるのですね。
日本語と正反対と覚えておきます。

念の為に確認させてください(しつこくてスミマセン)
役職ではなくて部署名の場合も
個人名、部署、会社名となるのでしょうか?

お礼日時:2015/02/06 05:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語での名刺の肩書きの書き方(順番をおしえてください)

英語での名刺の書き方の質問です。

営業部長
鈴木一郎
の場合
僕のいる会社では
Suzuki Ichiro
General Manager
Sales Department
という風にしているのですが、



執行役員 営業部長
鈴木一郎
の場合が分かりません。


英語で言うと

Suzuki Ichiro

Corporate Officer
General Manager
Sales Department


なのか


Suzuki Ichiro

General Manager
Corporate Officer
Sales Department


なのか

Suzuki Ichiro

General Manager
Sales Department
Corporate Officer

なのかわかりません。

英語が得意なかた、どなたか、ご教示願います。

Aベストアンサー

Suzuki Ichiro という順は御社の方針ですね? その場合は、誤解を防ぐために Suzuki, Ichiro とする場合もよくみます。

ご質問のところですが、「執行役員」をcorporate officer とするのは御社の方針ですね。一番多いのは executive officer のようですが(日本の代表的企業の英文表記はたくさん見ています)が、それはどちらもOKゆえ、御社の名称表記によってください。

Suzuki Ichiro (Ichiro Suzuki)
Executive Officer and General Manager
Sales Department

が標準ですね。 くどくなりますが、営業部の会社が設定している英文名称はSales Department ですね?

Q英語の名刺で、長い部署名の表記の順番は?

こんにちは。英語名刺を作成中です。
部署名が、○○○本部△△△部×××課と長いのですが、日本語名刺と同じ順で、○○○本部からの表記でいいのでしょうか?
周りをみると、住所のように×××課からの表記にしている部署もあり、悩んでおります。
ご回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

×××課, △△△部, ○○○本部のようにする方が多いです。 但し英語の場合は、課名などよりもProfessionの方が重視される傾向もあるので、○○ConsultantとかFacilitatorとか職を明記することも多く、その分、グループ名を省いたり、必ずしも日本語と一緒にしなければならないことはありません。また、本部から課まで書くかどうかも決め事ですので、全て書かなくてもOKです。
悩んでしまうようであれば、×××課, △△△部, ○○○本部と書いておけば間違いはありません。

Q英語での部署名、会社名の順番

正式な書類を英語で作成したいのですが、会社名と部署名の順番で悩んでいます。

日本語では会社名の後に部署名を書きますが、
英語で書く場合は、部署名と会社名の順番はどうなりますか?

海外で働いていた経験のある方が
「英語では部署名が先で会社名はその後に続けるんだよ」と言っていましたが、
具体的な資料がみつからなかったので少し不安です。

Aベストアンサー

どっちでもいいです。

英語では通常、細かい方を先に持って来る傾向があります。
住所でも番地が最初で、次にストリート名、郡(市)、ポスタルコード、州の順になります。
人名でもファーストネームが先でファミリーネームが後です。

ですから会社と部署名、ポジション、社員名だったら社員→ポジション→部署名→会社としても問題ないです。

でも会社を先、部署名を後でも別におかしくないですよ。人名でも中国人や韓国人は英語にしてもかたくなに姓名の順を維持していて、それで問題になることはありませんから。

会社、部署名の場合でも、相手はあなたの会社を予め知っていますから順番は気にしません。異文化交流なのですからある程度の大らかさは前提になります。

Q英語の社名と、肩書き&氏名の英語表記について

ある文書を添削中です。
英語の社名と、肩書き&氏名の英語表記について教えて頂きたくお願いします。
1「Ms.(Mr.○○)社長」のような表記は日本語では「○○さん社長」となるような気がします。おかしくないでしょうか(※○○は、氏名です)
2 会社を英語で表す場合「●●Limited 社」または「●●Limited」という表記はありでしょうか。●●Company Limitedという表記が正式のような気がしています(※●●は「永谷園」のように会社名称が入ります)
ご教示よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

★1「Ms.(Mr.○○)社長」のような表記は日本語では「○○さん社長」となるような気がします。おかしくないでしょうか(※○○は、氏名です)
→たとえばソフトバンクの孫正義社長。Mr. Masayoshi Sonですが、日本語では孫正義社長です。孫正義さん社長ではありません。これは、文化の違いですので、MR. = さん のように直訳しても困ります。
たとえば、キリスト教徒の中には、イエスのことをイエス様と言う人たちがいます。これは日本語の文化として、大事な人を敬うからです。ところが、英語ではJesusであり、呼び捨てです。これに何もつけることはしません。Mr. Jesusなどとは言いません。

★2 会社を英語で表す場合「●●Limited 社」または「●●Limited」という表記はありでしょうか。
→「社」というのは日本語(あるいは中国語など)の表記ですから、英語ではありまん。"●●Limited"ならあります。

★●●Company Limitedという表記が正式のような気がしています
→日本の企業ですと川崎重工業はKawasaki Heavy Industries, Limitedですし、サッポロビールはSapporo Breweries Limitedです。逆にアコムはAcom Company Limitedです。企業によって英語での表記を決めていますので、勝手に訳すと間違える可能性があります。

以上、ご参考になればと思います。

★1「Ms.(Mr.○○)社長」のような表記は日本語では「○○さん社長」となるような気がします。おかしくないでしょうか(※○○は、氏名です)
→たとえばソフトバンクの孫正義社長。Mr. Masayoshi Sonですが、日本語では孫正義社長です。孫正義さん社長ではありません。これは、文化の違いですので、MR. = さん のように直訳しても困ります。
たとえば、キリスト教徒の中には、イエスのことをイエス様と言う人たちがいます。これは日本語の文化として、大事な人を敬うからです。ところが、英語ではJesusであり、呼び捨て...続きを読む

Q代表取締役社長と取締役会長を英語で表記する場合は?

名刺に表記する英語の肩書きについての質問です。
色々調べた結果Presidentという表記はあまり使わないと分かったので
代表取締役はCompany Executive またはManaging Directorが良いかと思うのですが、
代表権のない会長をChairmanにするとChairmanの方が偉そうな感じがするのですがどうでしょう?
でも小さな会社なので、CEOとするのは大げさな気がするのですが、
代表取締役社長の方を上位に感じさせる表記があったら教えてください。

Aベストアンサー

まず、このような名前はその国の法律(会社法)などに関係してきますから、「日本語のこれは英語ではこれ」と決まった表現は厳密にはないですから、その役職の内容に一番近い英語名(米国英語であることが多いでしょうが)を考えることになります。

例えば、「代表取締役」ですが、この語そのものはRepresentative Directorなどという英語になるかと思いますが、(1)英語国ではこのような名称はないようだ(あるかもしれないが見たことは?)、(2)日本の会社の代取はこのような英語名の名刺は持っていないのでは?(3)「代表取締役」という名称は英語国ではないようだ、 というような感じでしょう(断定ではありません)。

で、御社ですが、大切なことは、実質的な立場がどうなっているか?も大切な要素です。で、まず「会長」:

会長は「取締役会の議長」ですか?、代表権がないとのことゆえ、議長ではないと仮定して Chairman がいいかとおもいます。

今はどうなっているかわかりませんが、2年くらい前の伊藤忠では、議長でなく、代表でもない会長(前代取)を Chairman、代表取締役社長(議長)をPresident and CEOとしていました(英文アニュアルレポート)

代表取締役は社長、つまり代表取締役社長ですね?で、会社経営の実質のトップと明確にしたいのでししたら、President and Chief Executive Officer (Preseident and CEO)ではどうでしょう。CEOと会社の規模は関係ないですから。

Presidentは「(日本で言う)社長でない」ということはいつでもそうではないです。これは、その会社で組織構成で決めますから。トヨタ自動車の渡辺社長の英文タイトルは、英文アニュアルから見ると、Presidentのようです(CEOとか入っていない)。もちろん彼の日本語タイトルは代表取締役社長。私も、以前、米国の現地法人の代取社長をしていたときの英文タイトルはPresidentにしていました(CEOとかつけなく)。

代取がCompanyExecutiveとはなりません。これは「会社幹部(役員)」のような感じ。 Managing Director は、英国法系の国の会社の「社長」がよくつかう名称ですね。昨年合った英国企業の「社長」がこのタイトルでした。が、米語がひろまっているせいか、英国系の会社の社長のタイトルも最近は変わってきている気がします。いずれにせよ、御社の「代取」には使用は避けるべきでしょう(日本の会社の役職名としては「常務」がこのような英文になることが多いです)。

まず、このような名前はその国の法律(会社法)などに関係してきますから、「日本語のこれは英語ではこれ」と決まった表現は厳密にはないですから、その役職の内容に一番近い英語名(米国英語であることが多いでしょうが)を考えることになります。

例えば、「代表取締役」ですが、この語そのものはRepresentative Directorなどという英語になるかと思いますが、(1)英語国ではこのような名称はないようだ(あるかもしれないが見たことは?)、(2)日本の会社の代取はこのような英語名の名刺は持っていない...続きを読む

Q「私は○○株式会社のXXです。」という場合。

「私は○○株式会社のXXという者です。」というのを、

My name is ○○ of XX company. と言いたいのですが、これで合ってますでしょうか。
My name is ○○ from XX company.という人もいてるのですが、どちらが正しいのでしょうか。

My name is ○○ から言い始めたいので、それにそったアドバイスをお願い致します。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

皆さんが言うように、fromが正解でしょう。

ただし、日本語で電話などで「○○株式会社のXXと申します」というのは極めて正しい、当たり前の自己紹介の仕方ですが、英語圏では必ずしもみんなが自己紹介するときに使う表現ではないです。日本においては自分が所属している会社なり学校なりを伝えることは大事なことで、省くことは出来ないです。

My name is Michael Jackson from Motown records.
これ、間違いではありませんが、あまり聞かない紹介の仕方です。

とても自然に聞こえるのは
My name is Michael Jackson.
I am a recording engineer at Motown records.

名前をまず述べ、職業を伝えて、最後に所属する会社を述べるのが、正しい方法だと思います。文化的な違いです。

日本では苗字(所属する家)があって名前(個人)がある。
西洋では名前が先にきて、最後に苗字が来る。

同じことですね。「拙者、何々藩、誰の誰兵衛が家臣、石川五右衛門と申す」これが日本の文化、しきたりですよね。

皆さんが言うように、fromが正解でしょう。

ただし、日本語で電話などで「○○株式会社のXXと申します」というのは極めて正しい、当たり前の自己紹介の仕方ですが、英語圏では必ずしもみんなが自己紹介するときに使う表現ではないです。日本においては自分が所属している会社なり学校なりを伝えることは大事なことで、省くことは出来ないです。

My name is Michael Jackson from Motown records.
これ、間違いではありませんが、あまり聞かない紹介の仕方です。

とても自然に聞こえるのは
My name is Mic...続きを読む

Q英文名刺で肩書と組織が二つの場合

英文の名刺で肩書と組織が二つの場合、下記のような表記で大丈夫でしょうか?

John Smith

Professor at Department of XXX, The University of Tokyo
7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 123-4567, Japan
Phone: +81-3-1234-5678 Fax: +81-3-1234-5678

President at XXX inc.
3 Kameari, Katsushika-ku, Tokyo 765-4321, Japan
Phone: +81-3-8765-4321 Fax: +81-3-8765-4321

Aベストアンサー

No.1です。早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問:
<これが二つになった場合どうなるのか、といったところが難しいです。>

例えば、研究職でもLaboとFacultyが別の場所にあったりすると左下と右下に分けて、住所などを印刷しています。

ご質問の例ですと、肩書+組織も2つあるということですから、どうしても1枚の名刺に併記されたいのであれば、名前を大きく名刺の真中の「上部」に印刷し、その左下に一方の肩書と組織名、スペースを空けて住所と連絡先を印刷し、もう一方の方は右側に印刷する、というのはどうでしょう。

また、右、左、それぞれの印刷は頭をそろえて印刷すれば統一感が出て、見易くなると思います。

その際、肩書と組織名はやはり行を変えた方がいいと思います。同じ行にするなら、コンマでいいですが、行自体が長く、右隣の別の肩書とのスペースがなくなってしまい、かえって見難くなると思います。

見本を挙げると以下の通りです。

(  スペース    )John Smith

Professor               President at XXX inc.
Department of XXX          XXX inc
The University of Tokyo      

7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku       3 Kameari, Katsushika-ku
Tokyo 123-4567, Japan       Tokyo 765-4321, Japan
Tel: +81-3-1234-5678        Tel: +81-3-8765-4321

名刺の裏表に別々の肩書の印刷などは、かえってわかりにくくなりますので、やはり同じ場所に2つ印刷された方がいいと思います。ご質問のパターンはあまり目にしたことがないので、提案の範囲になってしまいますが、名刺を印刷する会社などだとそういった特注文の詳しい情報やアドバイスが得られるかもしれませんね。

以上ご参考になれば、、、。

No.1です。早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問:
<これが二つになった場合どうなるのか、といったところが難しいです。>

例えば、研究職でもLaboとFacultyが別の場所にあったりすると左下と右下に分けて、住所などを印刷しています。

ご質問の例ですと、肩書+組織も2つあるということですから、どうしても1枚の名刺に併記されたいのであれば、名前を大きく名刺の真中の「上部」に印刷し、その左下に一方の肩書と組織名、スペースを空けて住所と連絡先を印刷し、もう...続きを読む

Q会社の「部」「課」「事業本部」などに該当する単語

 標記の単語につきまして、私が知る限り、次の三つの単語があります。

・department
・division
・section

 これらの単語の上下(包含)関係、使い分けなど、なるべく世間一般に広く共通する使い方を、ご教授頂けますでしょうか。私の感覚では、“section”は一番小さい単位で、“department”や“division”の中に含まれると思うのですが、“department”と“division”の大小関係が分かりません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

世間一般に ということであれば Division→Department→Section で良いと思います
会社によっては DivisionとDepartmentが入れ替わっているところもあるので
ややこしいですよね

Q例 の省略 ex と e.g.

これまで、「例」の省略として、e.g.(exempli gratia,for example)を使ってきたのですが、Ex.もよく見かけます(主に日本語の文中で)。
私の読む英文は学術系に偏っているので、e.g.しか使われないのかもしれないと思いました。普通の英文でもexは、使われることが多いのでしょうか。
goo辞書、アルク英辞郎、Yahoo辞書では、EXが、exampleの略とは出ていなかったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

e.g.は文中の括弧内で例を列記するときに使いますよね(e.g. こ、ん、な、ふ、う、に)。

一方Ex.は、例文とかの文頭に使うのがほとんどじゃないでしょうか。Ex. こんなふうに。

Ex.は単にExampleの略、e.g.はfor exampleの略といった感じでしょうか。

参考URL:http://philosophy.byu.edu/classes/dj/phil200hwin05/Basic%20Grammar%20Packet%2010jan05.pdf

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング