個人事業主として初めて自分で青色申告をします。
(2013年は税理士さんにお願いしていたのですが、事情あり2014年は自分でやっています。
 数字が苦手な上に知識が乏しいまま始めてしまったため、今泣きそうになっております。。)

2014年末のクレジットカード利用分が2015年1、2月のカード支払日にて引き落されますが
この場合、どのような処理をすべきでしょうか?
現時点で確定申告書類をまとめたところ、未払金が数十万のマイナスになっており困っています。。

下記補足です。
・預金口座からクレジットカードへの振替をしています。
・2013年の申告書には未払金は1件だけ登録されています。
(つまり2014年に持ち越されていないのに、1,2月分のクレジットカード支払分を計上しているため重複して支払ったことになっている=未払金がマイナスになっている、と推測しました。)
・クレジットカードは経費と事業主貸が混同しています。


そもそも事業用のカードや口座などが複数混同していることが混乱の原因なので
今後整理しなければと思っていますが、これまでの分はどうしようもなく、、、泣
どうかアドバイスよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>(2013年は税理士さんにお願いしていたのですが、事情あり2014年は…



税金は和暦で「平成△年分」と表記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

>年末のクレジットカード利用…

【○○費 100円/未払金 100円】

>1、2月のカード支払日にて引き落…

【未払金 100円/普通預金 100円】

>未払金が数十万のマイナスになっており…

未収金や未払金、前受金、前払い金などにマイナスという数字はあり得ません。

>・預金口座からクレジットカードへの振替をしています…

振返って、どういう意味ですか。
クレジット関連は、前述のとおり 2段階の仕分けをするだけですけど。

>・2013年の申告書には未払金は1件だけ登録…

平成25年中に引き落とされているのですか。
引き落とされているのならその仕分けは入れてありますか。

>・クレジットカードは経費と事業主貸が混同…

別にそれは大きな問題ではありません。
個人事業では事業所と自宅が分離しているのでない限り、預金口座を完全に分けることは事実上不可能です。
事業主貸と事業主借とを適切に使い分けて仕分けをすれば良いのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ご回答いただきありがとうございました!

未払金がマイナスになる事はないということで、H25年末のクレジットカード利用分を未払金として開始残高で処理してなんとかプラス表示になりました。

>・預金口座からクレジットカードへの振替をしています…
こちらは申告用のソフト内で便宜上行っている手続きでした。

>・2013年の申告書には未払金は1件だけ登録…
H25年中に引き落されているのですが、H26年に仕分けすることで問題ないでしょうか??

▼また再度の質問で恐縮ですが、お時間ありましたらご回答いただけると幸いです▼
未払金はプラスになったものの、
クレジットカードのH26年末利用/H27年支払分の金額と合わず、未だ2万弱の差がありこういった場合の処理方法をご教示いただけますと助かります。

お礼日時:2015/03/05 11:52

まずは、会計原則としては「発生主義」で行うことですが、


事業規模に比して小額の取引の場合には「現金主義」であったり適切な締め日での処理が行われています。

その上で、すべきこととしては
1)一昨年(13年)の11月、12月、昨年の1月あたりのクレジットカードの利用明細から、13年分の申告で未払いに計上した取引がどれであったかを探します。
(厳密に発生主義で処理していれば13年12月31日使用分までのはずですが、ひょっとすればクレジットカードの12月締め切り分(1月支払い分)だけであったり、12月支払い分だけであるかもしれません。)
2)それがわかれば、14年で計上すべき経費はそれ以降の分です。
3)年末付近における処理方法は毎年同じであることが好ましいです。
13年が12月支払い分までだけを計上しているのであれば、同様に現金主義で12月に支払った分だけですし、12月の締め日分まで計上している場合も同様に12月の締め日分まで計上するのが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます!
発生主義で処理しておりましたので、やはり「未払金」として処理する必要があるということですよね。毎年同じ方法で計上するというアドバイスもありがとうございました!

お礼日時:2015/03/05 13:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラス×マイナスがマイナスになるという証明はできますか?

プラス×マイナスがマイナスになるという証明はできますか?

Aベストアンサー

出来ますよ

5かける2
5が2つイコール10

5かける−2
5が−2つ、、、、
ゴ かける マイナス ふたつ

この時数字ではなく国語になります
5 が マイナス 2つ
この時点で

5 という数字を マイナスして 2つ

もっと細かく言うと
お前を マイナスに して ふたつ

この時点でわかる通り
言葉で強制的にマイナスに持って言ってるんです


もし 数式がと言うのなら 図書館に行くと3秒で諦めつきますよ!

数字とはなにか 数とはなにか から 始まりますからw

Q個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。

質問内容はタイトル通りです。

先代より事業継承をした個人事業主です。今までは専従者として従事しておりました。個人のクレジットカードは作ることが出来ました。個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、事業経費用にクレジットカード作ろうと思っています。
そこで質問なのですが、逆に事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、事業主貸として処理することは問題ありませんか?

※以下は気が向きましたらお答えいただければ結構です。
また、個人事業主におすすめのクレジットカードなどがありましたら、お答え頂きたいと思います。

そもそも事業としては長く続けていても(大正元年創業です)、開業したばかりと判断され、クレジットカードを作ることができないかもしれないですけど^^;

Aベストアンサー

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないようなことを書いているものもあるかもしれませんが)

個人事業主向けクレジットカード(の一例)
http://www.orico.co.jp/merchant/exbiz-ls/
https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_mmc.jsp
年会費が安い割に利用枠が多いのが特徴です

(質問タイトルの)>個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。
 そういう処理が必要なときはできます。
 (一例) 事業に関係のないプライベートな費用5,000円を事業用カードで支払い、その代金が事業用口座から引き落とされた
  事業主貸 5,000 普通預金 5,000

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないよう...続きを読む

Qマイナス×マイナス

マイナス×マイナス=プラス になることを、かんたんな事例で子どもに説明したいのですが。具体的に教えてください。

Aベストアンサー

中学では以下のように教えています。
 東西に通じる道路を、時速5kmで東の方向へ進み、ある時刻に地点O(基準点)を通過した。
 1)その3時間後には、どこにいるだろうか。
 2)その3時間前には、どこにいただろうか。
 ここで、地点Oから東の方向を「+」、西の方向を「-」
     未来(何時間後)を「+」、過去(何時間前)を「-」とします。
道のりは速度×時間ですから3時間後から1時間ずつさかのぼると
 (+5)×(+3)=+15:Oから東へ15kmの地点
 (+5)×(+2)=+10:Oから東へ10kmの地点
 (+5)×(+1)=+5 :Oから東へ5kmの地点
 (+5)×0=0     :地点O
 (+5)×(-1)=-5 :Oから西へ5kmの地点
 (+5)×(-2)=-10:Oから西へ10kmの地点
 (+5)×(-3)=-15:Oから西へ15kmの地点
で、「+」×「-」が「-」になることを理解させます。
 次に同問で、時速5kmで西へ進む場合を考えます。
同様にして
 (-5)×(+3)=-15:Oから西へ15kmの地点
 (-5)×(+2)=-10:Oから西へ10kmの地点
 (-5)×(+1)=-5 :Oから西へ5kmの地点
 (-5)×0=0     :地点O
 (-5)×(-1)=+5 :Oから東へ5kmの地点
 (-5)×(-2)=+10:Oから東へ10kmの地点
 (-5)×(-3)=+15:Oから東へ15kmの地点
というように正の数負の数の乗法の最初の説明となります。
ここで、「+」×「+」、「+」×「-」、「-」×「+」、「-」×「-」のまとめをします。
 中学1年の5月ごろの学習内容です。参考になればよいのですが

中学では以下のように教えています。
 東西に通じる道路を、時速5kmで東の方向へ進み、ある時刻に地点O(基準点)を通過した。
 1)その3時間後には、どこにいるだろうか。
 2)その3時間前には、どこにいただろうか。
 ここで、地点Oから東の方向を「+」、西の方向を「-」
     未来(何時間後)を「+」、過去(何時間前)を「-」とします。
道のりは速度×時間ですから3時間後から1時間ずつさかのぼると
 (+5)×(+3)=+15:Oから東へ15kmの地点
 (+5)×(+...続きを読む

Q個人事業の事業主貸と事業主借の期末処理

個人事業で、
事業主貸と事業主借は、
期末で相殺して、
残高が残った方を元入れに振替るのが正しい処理でしょうか?

それとも、両科目とも相殺せずに、残高を残しておいて、決算を作成し、翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか?

Aベストアンサー

>翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか…

こちらです。

>期末で相殺して、残高が残った方を元入れに振替るのが…

事業主貸も事業主借も、貸借対照表に期末の数字を記載しなければなりませんので、早々と相殺してはいけません。
しかも、元入金は、期首の数字がそのまま 1年間は変わりませんので、繰り入れたり繰り戻ししたりしてはいけません。

Q-(マイナス)×-(マイナス)が、+(プラス)になる日常

中一の子から聞かれました。
たとえば、-2×-2=4になるようなことって、普段の生活にあるのでしょうか?思いつかず、困ってます。
マイナス×マイナスがプラスになることさえ、普段使わないのであやふやで、そうだったのか?と思う今日この頃です。

Aベストアンサー

後ろ向きに秒速2mで歩いている人がいる。
2秒前は前後どっちの方向に何m先にいたか。
→-2*-2=4

Q〔個人事業主〕銀行口座の事業用と個人用の切り分けについて

個人事業主で青色申告を行っている方にお伺いしたいのですが...

今まで白色申告を行っていましたが、H17より青色申告にすることにしました。現在は事業用の銀行口座は無いため、この機会に区別しやすいよう新規開設しようと思います。

そこで、売上の入金は事業用口座にするとして、明らかに私的な使用分は個人口座への振替をするつもりですが、口座振替でない振込用紙での納付分(事業税や国民年金など)の現金はどちらから出金すべきでしょうか?
私は、控除となることが明らかな分を事業用、事業分の按分をする分(家賃等)は個人口座、クレジットカードは個人分を含むので個人口座にして事業分は領収証で対応。と現在考えています

また、年度内で、このように管理口座を変更することは処理上の不都合などあるのでしょうか?無料相談や税理士への依頼等も考えていますが、次の入金が近いため、まず口座開設をしておきたいと思っています。

経験のある方、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

事業用の資金から、個人分を出金したとしても、「事業主貸」で仕訳しますので、どちらでも可ではありますが。

(1) 事業税は、必要経費になるので、事業用から。

(2) 按分する分は、出金時事業用で記帳し、年末に「事業主貸」に家事分を振替える。

とするのがまず前提かと思います。

国民年金、健康保険等、申告のときに必要になる数字ではありますが、事業用からではなく、生活費から出金なさったほうが良いのではないでしょうか。

別に問題になるわけではないのですが、「事業用資金」が経費に出来ないものによって減っていくのは、もったいないと思いますので。場合によっては、記帳漏れがあったり、緊急にある程度まとまった資金が必要になったりする場合に備えて、事業用資金の残高は、一定程度を確保しておきたいからです。

勿論逆に「事業主借」で追加すれば済むことではありますが、不必要に現金の流れを大きくしたくないので。

Qマイナス×マイナスがプラスになる説明

「なんで?」聞かれてう~ん、と
唸ってしまった質問をします。

どなたもご存知だと思いますが、

-3×-1=+3
-3÷-1=+3

になりますね。

-3÷-1=+3
これは-3の中に-1はいくつありますか?
答え…3つ だから+3となる。
と答えました。

しかし
マイナス×マイナスがなぜプラスになるのかが
うまく説明できませんでした。

-3×-3=+9
・・・-3を-3倍したら9になる。
このあたりがしっくりこないのです。

難解な数学的説明ではなく、
小学校高学年の子にうまく説明できる良い方法は
ないでしょうか?

Aベストアンサー

反対の反対は賛成なのだ(バカボン)

マイナスのマイナスはプラスなのだ。
マイナス方向のそのまたマイナス方向はプラス方向になる。

Q個人事業主でのクレジットカードの事業主借について

現在は白色申告をしている個人事業主なのですが
来年から青色申告をします。
使用しているクレジットカードは、プライベートと事業が
兼用になっているのですが、青色申告の場合はどのように
記帳すればよいのでしょうか?

考えられる方法としては、クレジットカードで事業用の買い物を
したときは、事業主借として経費で計上して、引き落とし日には
何も処理しない。
または未払金で処理して、引き落とし日に普通預金を貸方として
処理する。

どちらが好ましいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>クレジットカードは、プライベートと事業が兼用…

そのクレジットの引き落とし口座はどうなっていますか。

>未払金で処理して、引き落とし日に普通預金を貸方として…

クレジットでの買い物は、確かに「未払金」とするのが正解ですが、その前に引き落とし口座がどこかによります。

引き落としが貸借対照表に載せる普通預金の場合
・買い物した日
【△△費 100円/未払金 100円】
・引き落とされたた日
【未払金 100円/普通預金 100円】

引き落としが貸借対照表に載せない (家事専用の) 預金の場合
・買い物した日
【△△費 100円/事業主借 100円】

お分かりかとは思いますが、貸借対照表とは「青色申告決算書」の 4ページです。
この欄を埋めることによって、65万の青色申告特別控除がもらえます。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/13.pdf

Qある原子1個の質量が2×10-23(マイナス23乗) であった。この元素に同位体が存在しないと仮定し

ある原子1個の質量が2×10-23(マイナス23乗)
であった。この元素に同位体が存在しないと仮定した時この元素の原子量を求めなさい。という問題を解説してほしいです。お願いします┏●

Aベストアンサー

>ある原子1個の質量が2×10-23(マイナス23乗)
であった。

単位は何ですか? kg ですか? 単位が不明確では解けません。

単位が「グラム(g)」であれば、これは「 1 mol の重さが約 12g」ということと同じですから、原子量は「12」です。

原子1個の質量が 2×10^(-23) g であれば、これが「アボガドロ定数」に相当する 6.02*10^23 個あれば、その質量は
  2×10^(-23) (g) * 6.02*10^23 = 12.04 (g)
になります。これが「モル質量」に相当します。
モル質量が 12 g の物質の原子量(分子の場合は分子量)は「12」です。

解説が必要なら、「モル」「モル質量」「アボガドロ定数」を調べてください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%AB
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%AB%E8%B3%AA%E9%87%8F
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%82%AC%E3%83%89%E3%83%AD%E5%AE%9A%E6%95%B0

>ある原子1個の質量が2×10-23(マイナス23乗)
であった。

単位は何ですか? kg ですか? 単位が不明確では解けません。

単位が「グラム(g)」であれば、これは「 1 mol の重さが約 12g」ということと同じですから、原子量は「12」です。

原子1個の質量が 2×10^(-23) g であれば、これが「アボガドロ定数」に相当する 6.02*10^23 個あれば、その質量は
  2×10^(-23) (g) * 6.02*10^23 = 12.04 (g)
になります。これが「モル質量」に相当します。
モル質量が 12 g の物質の原子量(分子の場合は分子量)は「1...続きを読む

Q個人事業主が廃業する時の売掛金と未払金の処理について

青色申告の個人事業主が廃業する場合の仕訳について教えてください。

例えば、今年12月に廃業して翌1月から専業主婦になる場合の話です。
来年以降は収入がなく、確定申告は今年分が最後とお考えください。

12月の売掛金の回収が翌1月、12月の経費の未払金の支払いも翌1月になった場合、
1月まで帳簿付けすることになるのでしょうか?
でも、1月まで帳簿付けしても、申告書や青色決算書には反映されませんよね。

かといって、12月までしか帳簿付けをしないとなると、
記録上は売掛未回収、経費未払いの状態で終わりますよね。
それでいいのでしょうか。

Aベストアンサー

>来年以降は収入がなく、確定申告は今年分が最後…

大晦日付で、廃業届
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
と青色申告取りやめ書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/23200008.htm
を提出するという意味ですね。

>1月まで帳簿付けすることになるのでしょうか…

確定申告のため、ということなら必要ありません。

自分の覚えのためなら、入金も出金もすべて完了するまできちんと記帳しておかないと、取りはぐれて損したり、払い忘れで何ヶ月も過ぎてから催促されたりしますのでね。

>記録上は売掛未回収、経費未払いの状態で終わりますよね…

青色申告の帳簿とは、実態をありのままに記録することです。
廃業届の日現在で、負債が残ったままなら残ったように、資産についても同じく正直に記帳しておきます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報