個人事業主として初めて自分で青色申告をします。
(2013年は税理士さんにお願いしていたのですが、事情あり2014年は自分でやっています。
 数字が苦手な上に知識が乏しいまま始めてしまったため、今泣きそうになっております。。)

2014年末のクレジットカード利用分が2015年1、2月のカード支払日にて引き落されますが
この場合、どのような処理をすべきでしょうか?
現時点で確定申告書類をまとめたところ、未払金が数十万のマイナスになっており困っています。。

下記補足です。
・預金口座からクレジットカードへの振替をしています。
・2013年の申告書には未払金は1件だけ登録されています。
(つまり2014年に持ち越されていないのに、1,2月分のクレジットカード支払分を計上しているため重複して支払ったことになっている=未払金がマイナスになっている、と推測しました。)
・クレジットカードは経費と事業主貸が混同しています。


そもそも事業用のカードや口座などが複数混同していることが混乱の原因なので
今後整理しなければと思っていますが、これまでの分はどうしようもなく、、、泣
どうかアドバイスよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>(2013年は税理士さんにお願いしていたのですが、事情あり2014年は…



税金は和暦で「平成△年分」と表記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

>年末のクレジットカード利用…

【○○費 100円/未払金 100円】

>1、2月のカード支払日にて引き落…

【未払金 100円/普通預金 100円】

>未払金が数十万のマイナスになっており…

未収金や未払金、前受金、前払い金などにマイナスという数字はあり得ません。

>・預金口座からクレジットカードへの振替をしています…

振返って、どういう意味ですか。
クレジット関連は、前述のとおり 2段階の仕分けをするだけですけど。

>・2013年の申告書には未払金は1件だけ登録…

平成25年中に引き落とされているのですか。
引き落とされているのならその仕分けは入れてありますか。

>・クレジットカードは経費と事業主貸が混同…

別にそれは大きな問題ではありません。
個人事業では事業所と自宅が分離しているのでない限り、預金口座を完全に分けることは事実上不可能です。
事業主貸と事業主借とを適切に使い分けて仕分けをすれば良いのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ご回答いただきありがとうございました!

未払金がマイナスになる事はないということで、H25年末のクレジットカード利用分を未払金として開始残高で処理してなんとかプラス表示になりました。

>・預金口座からクレジットカードへの振替をしています…
こちらは申告用のソフト内で便宜上行っている手続きでした。

>・2013年の申告書には未払金は1件だけ登録…
H25年中に引き落されているのですが、H26年に仕分けすることで問題ないでしょうか??

▼また再度の質問で恐縮ですが、お時間ありましたらご回答いただけると幸いです▼
未払金はプラスになったものの、
クレジットカードのH26年末利用/H27年支払分の金額と合わず、未だ2万弱の差がありこういった場合の処理方法をご教示いただけますと助かります。

お礼日時:2015/03/05 11:52

まずは、会計原則としては「発生主義」で行うことですが、


事業規模に比して小額の取引の場合には「現金主義」であったり適切な締め日での処理が行われています。

その上で、すべきこととしては
1)一昨年(13年)の11月、12月、昨年の1月あたりのクレジットカードの利用明細から、13年分の申告で未払いに計上した取引がどれであったかを探します。
(厳密に発生主義で処理していれば13年12月31日使用分までのはずですが、ひょっとすればクレジットカードの12月締め切り分(1月支払い分)だけであったり、12月支払い分だけであるかもしれません。)
2)それがわかれば、14年で計上すべき経費はそれ以降の分です。
3)年末付近における処理方法は毎年同じであることが好ましいです。
13年が12月支払い分までだけを計上しているのであれば、同様に現金主義で12月に支払った分だけですし、12月の締め日分まで計上している場合も同様に12月の締め日分まで計上するのが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます!
発生主義で処理しておりましたので、やはり「未払金」として処理する必要があるということですよね。毎年同じ方法で計上するというアドバイスもありがとうございました!

お礼日時:2015/03/05 13:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクレジットカードで決済 未払金?未払費用?

クレジットカードで商品を買った場合

商品(費用)/未払金
商品(費用)/未払費用

のとちらになりますか?

Aベストアンサー

大事なことなので2度言う。(苦笑)

クレジットカードを利用して商品を購入した場合、クレジットカード会社との間の契約ないし約款に基づき、クレジットカード会社が購入代金を立て替えて弁済することになる。カード会社が購入代金を弁済するのだから、カード利用者は購入代金を債務として負う瞬間がない。カード利用者が負うのは、カード会社の立替債権に対応する債務だ。

買掛金勘定は商品を仕入れた際の購入代金となる債務を計上する勘定科目であるところ、カード利用者はこれを負う瞬間がないのだから、カードを利用して商品を購入した場合に買掛金勘定は使わない。これが原則だ。もちろん、重要性に乏しければ、例外として買掛金勘定を用いても構わない。


従業員がその従業員自身の財布からとりあえず代金を支払って商品を購入してきた場合、次のような仕訳を切るよな。これと一緒ってことだ。
仕入/従業員未払金

カード会社に対する債務であることを明示したければ、次のような仕訳になるってことだ。
仕入/カード会社未払金


しかし、怪答者って奴は。(苦笑)

Q個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。

質問内容はタイトル通りです。

先代より事業継承をした個人事業主です。今までは専従者として従事しておりました。個人のクレジットカードは作ることが出来ました。個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、事業経費用にクレジットカード作ろうと思っています。
そこで質問なのですが、逆に事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、事業主貸として処理することは問題ありませんか?

※以下は気が向きましたらお答えいただければ結構です。
また、個人事業主におすすめのクレジットカードなどがありましたら、お答え頂きたいと思います。

そもそも事業としては長く続けていても(大正元年創業です)、開業したばかりと判断され、クレジットカードを作ることができないかもしれないですけど^^;

Aベストアンサー

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないようなことを書いているものもあるかもしれませんが)

個人事業主向けクレジットカード(の一例)
http://www.orico.co.jp/merchant/exbiz-ls/
https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_mmc.jsp
年会費が安い割に利用枠が多いのが特徴です

(質問タイトルの)>個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。
 そういう処理が必要なときはできます。
 (一例) 事業に関係のないプライベートな費用5,000円を事業用カードで支払い、その代金が事業用口座から引き落とされた
  事業主貸 5,000 普通預金 5,000

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないよう...続きを読む

Q個人事業主でのクレジットカードの事業主借について

現在は白色申告をしている個人事業主なのですが
来年から青色申告をします。
使用しているクレジットカードは、プライベートと事業が
兼用になっているのですが、青色申告の場合はどのように
記帳すればよいのでしょうか?

考えられる方法としては、クレジットカードで事業用の買い物を
したときは、事業主借として経費で計上して、引き落とし日には
何も処理しない。
または未払金で処理して、引き落とし日に普通預金を貸方として
処理する。

どちらが好ましいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>クレジットカードは、プライベートと事業が兼用…

そのクレジットの引き落とし口座はどうなっていますか。

>未払金で処理して、引き落とし日に普通預金を貸方として…

クレジットでの買い物は、確かに「未払金」とするのが正解ですが、その前に引き落とし口座がどこかによります。

引き落としが貸借対照表に載せる普通預金の場合
・買い物した日
【△△費 100円/未払金 100円】
・引き落とされたた日
【未払金 100円/普通預金 100円】

引き落としが貸借対照表に載せない (家事専用の) 預金の場合
・買い物した日
【△△費 100円/事業主借 100円】

お分かりかとは思いますが、貸借対照表とは「青色申告決算書」の 4ページです。
この欄を埋めることによって、65万の青色申告特別控除がもらえます。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/13.pdf

Q事業税を2年分支払った場合は?

すいません、質問です。

仮に18年12月が決算とした場合、16年12月と17年12月の分の事業税(共に1万円づつとしたら)を18年中に支払った場合、別表にはどのように書けばいいのでしょうか?
(住民税についても同様なのですが・・・)


市販の本を見ながらやっているのですがよく分かりません。
税理士さんに任せるのが一番だとは思いますが、諸事情によりあまり頼れません。

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

【事業税】
17年12月期について修正申告書
別表4
事業税認定損(減算、留保)10,000(16年12月期分)
別表5(1)
区分______期首_____減_____増_____期末
未払事業税            △10,000 △10,000

18年12月期の確定申告
別表4
事業税認定損否認(加算、留保)10,000(16年12月期分)
別表5(1)
区分______期首_____減_____増_____期末
未払事業税△10,000 △10,000
注)17年12月期分の確定事業税は、18年12月期の損金の額に算入されます。
==================================
【住民税】
別表4
損金の額に算入した道府県民税
(利子割額を除く)及び市町村民税 (加算、留保) BBB
別表5(1)
区分______期首____減____増____期末
未納道府県民税△AAA △CCC △BBB △BBB
未納市町村民税
注)AAA:16年12月期と17年12月期の未納分(別表5(2)に年度ごとの内訳は記載する)
BBB:18年12月期の確定住民税
CCC:納付した住民税

http://www.nta.go.jp/category/pamph/houjin/5192/01.htm
平成18年版 法人税申告書の記載の手引
こちらも参考にして下さい。今年は会社法施行により従来と異なる部分の説明もありますので御注意下さい。

【事業税】
17年12月期について修正申告書
別表4
事業税認定損(減算、留保)10,000(16年12月期分)
別表5(1)
区分______期首_____減_____増_____期末
未払事業税            △10,000 △10,000

18年12月期の確定申告
別表4
事業税認定損否認(加算、留保)10,000(16年12月期分)
別表5(1)
区分______期首_____減_____増_____期末
未払事業税△10,000 △10,000
注)17年12月期分の確...続きを読む

Q個人通帳から事業経費をクレジットカードで支払っている場合

今年度から青色申告を開始する初心者です。

個人通帳から事業経費を個人持ちのクレジットカードで支払っている場合(ポイントが貯まりますので)の質問です。このカードは個人の買い物でも使っています。

仮に事業に使用する100円のボールペンを1/10に、200円の交際費を1/25にこのクレジットカードで買い、カードの引き落としが2/15にあった場合、仕分けはどうすればよいでしょうか?

以下の3つを考えたのですが、どれが正しいでしょうか?(それとも全部NG?)。私としては(2)で処理したいのですが・・・。

(1)銀行引き落とし日で事業経費分だけ計上する。ボールペンは雑費としています。
2/15:雑費100/事業主借300
   交際費200/
証明としてクレジットカード会社の請求書かカードの利用控えを保管する。

(2)事業主個人に立替払いしてもらったとしてそれぞれの買い物当日の日付で計上する。
1/10:雑費100/現金100
1/25:交際費200/現金200
証明としてカードの利用控えと事業主個人を支払い先とする出金伝票2枚を保管する。

(3)未払金として処理する。引き落とされる口座は個人のものなので2/15の仕分けは事業主個人への出金とする。
1/10:雑費100/未払金100
1/25:交際費200/未払金200
2/15:未払金300/現金300
証明としてカードの利用控えと事業主個人を支払い先とする出金伝票を保管する。

今年度から青色申告を開始する初心者です。

個人通帳から事業経費を個人持ちのクレジットカードで支払っている場合(ポイントが貯まりますので)の質問です。このカードは個人の買い物でも使っています。

仮に事業に使用する100円のボールペンを1/10に、200円の交際費を1/25にこのクレジットカードで買い、カードの引き落としが2/15にあった場合、仕分けはどうすればよいでしょうか?

以下の3つを考えたのですが、どれが正しいでしょうか?(それとも全部NG?)。私としては(2)で処理したい...続きを読む

Aベストアンサー

>私としては買い物をしたその日に処理を終わらせたいと思っています…

それならその日に「事業主借」でよいです。
保管する伝票類もお書きのとおりでよいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報