今日、ハローワークから、来社要請の通知が来ました。
 おそらく、去年度に受けた雇用保険受給中のアルバイトの発覚-不正受給のことであろうと思います。
 過去のログを見て、少しはどのようになるのかが解かったのですが、まだわからないことがあるので、質問させていただきます。
 ・不正受給発覚後、ハローワークからの紹介状をうけることはできないのか。
 ・不正受給分のお金、追徴金支払い後、社会的な制裁(新聞に載る、前科一犯に なるなど)を受けることになるのかどうか。

 もう震えがとまらないくらい、怖くなって、今更ながら反省しております。
 これからの自分がどうなるのか、全くわかりません。
 回答をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私の友人Aの話ですが・・


そのまた友人Bが不正受給をしていたそうで、それを知ったAさんは、「給料と保険を二重取りして・・」と嫉ましく思い、余程、実名をあげて職安に投書しようかと思ったそうですが、結局しなかったそうです。
何故なら・・
その友人Bさんは、「家の電話が鳴る度にビクビクする・・、郵便受けを覗くの怖い・・、街で人と目が合うと職安の人のように見える・・、就職先の会社に来る人が自分を見つけにきた職安の人のようで、見知らぬ訪問者に怯えている・・」など言って、かなり精神的に参っていたからだそうです。
その友人Bさんは、数年たった今でも何かに怯えているそうです。

話がそれてしまいましたが・・

不正受給の処分は・・
・ 不正の行為により支給を受けた全額の金額の返還・・・【返還命令処分】
・さらに、原則として不正行為により支給を受けた金額と同額の納付命令・・・【納付命令処分】
・また、支給残日数に残りがあっても、その支給が停止・・・【支給停止処分】

ですから、最初に就労し始めた日以降すべての基本手当が返還対象となり、本人に反省がみられない場合は、納付命令はそれと同じ金額になると思います。いわゆる倍返しです。それにプラスして延滞金(若干)


20010613さんは、十分反省されているようですね。

だったら、職安からの呼び出し日まで待たずに、それよりも前に自分から職安に行き、事情を説明し、素直に謝ったうえで、お金を返してはどうでしょうか。

「正直者がバカをみる・・」とよく言われますが・・・
私は胸を張って生きていきていきたいので、バカと言われても正直でありたいと思っています。

この回答への補足

今日、ハローワークに行ってきました。
自分なりの誠意を表し、丁重に謝ったつもりです。
当時の支給額がそんなに多くなかったこともあり、約35万の支払いをすることで落ち着きました。
一通のハローワークからの通知からかなり困惑していた私に、的確なアドバイスを早くにいただき本当に助かりました。
本当はどの方の欄にもお礼を書かなければならないとは思うのですが、一番上の方の補足欄にて結果を報告させていただきました。

 皆様、本当にありがとうございました。

補足日時:2001/06/21 23:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
素直に認めた上での(もちろん謝るつもりですが)、具体的な支払う金額の目安をつけることができました。
>「正直者がバカをみる・・」とよく言われますが・・・
>私は胸を張って生きていきていきたいので、バカと言われても正直でありたいと>思っています
 ・・・全くco-totoroさんのおっしゃる通りです。
 今回の一件で、改めて気付かされたような気がします。

お礼日時:2001/06/18 23:54

 紹介の件・・



 不正受給と安定所の紹介は、全く別ですから、今まで通り紹介状を受けることが出来ます。
 また、紹介の際に、本人の不利益になるような情報を安定所の職員が漏らすことはありませんので、安心してください。
 
  追徴金支払い後の件・・

 悪質な場合は刑事罰になることもありますが(例・・架空の会社を作って、就職・退職をしたように見せかけて保険をだました・・、会社ぐるみで不正受給をした・・等)、それ以外であれば、すべて安定所内の処理だけです。

 しかし、不正受給をしたことによる、追徴金(倍返し)は仕方ないことだと思います。
 でも、怖くなるほど反省しているのであれば、その気持ちを安定所の人に伝えてはどうでしょうか。
 「何故?不正受給をしてまでお金が必要だったのか?」も含めて・・

これからは、正々堂々と胸を張って生きていけるように頑張ってください。
誰にでも間違いはあるのです。
これで、悪い人というレッテルが貼られたわけではありません。人間は、成長する生き物なのですから・・

 

この回答への補足

ところで、私の場合は、三回の支給のうちほぼ二回分が不正受給に当ると思われるのですが、倍返しの「倍」とは全支給額を指すのでしょうか。それとも不正支給額の倍のことなのでしょうか。
判る方、ご回答いただけますでしょうか。

補足日時:2001/06/16 02:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今になってやっと、回答を出すまでに落ち着いてきました。
結果は、後日報告させていただきます。
的を得た回答をいただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/16 02:10

悪質な場合以外は刑事的な処置はなされないだろうと思います。


ただし、失業保険給付金の返還などといった罰金は科せられるでしょう。
この場合、失業保険の「返還命令」、「納付命令」ときて、それが遅れれば「延滞金」がかかってきます。
以下に不正受給の詳細をうたったホームページがありますので、ご覧になってください。(下の方にあります)

<労働情報>

参考URL:http://www.marimo.or.jp/Hamanaka/loudou.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL、開いてみて参考にさせていただきました。
結果を後日、報告させていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/16 01:59

えぇぇと、いろんな場合があるので一言で言えないが...



 もしかしたら、強く非難される可能性はありますが、社旗的な制裁をウケるような事は無かったと思います。

 アルバイトの種類/金額/期間が多大に影響します。多分、事後申請の形で、アルバイトの種類や金額・期間を申請する事になると思います。その後、国から支給されたお金と比べて、追徴金程度は払う可能性はあります。

 また、本当にアルバイトの事なのか?ですよね。
 自分が何時ハローワークに登録しているのか? 更新時期ではないのか? 等を考えてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答、ありがとうございました。
チェックはしていたのですが、今日になってやっとお返事を出すまでに気分が落ち着いた次第です。返事が遅くなって申し訳ありませんでした。
結果はまた後日報告させていただきます。

お礼日時:2001/06/16 02:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q65歳から新規に雇用保険に入れないと言う聞きました。 それは、65歳以上の人間は週20時間以上の契約

65歳から新規に雇用保険に入れないと言う聞きました。
それは、65歳以上の人間は週20時間以上の契約はできないと、言う事でしょうか?

Aベストアンサー

>65歳以上の人間は週20時間以上の契約は
>できないと、言う事でしょうか?
そういうわけではありません。
週20時間以上の雇用契約はできるし、
働けます。

いったん退職されてしまうと、
雇用保険に加入できず、
基本手当は受給できなくなるし、
高年齢求職者給付も受けられなくなる
ということです。

ベースにあるのは年金との関係だと
思います。
年金が受給できるので、失業しても
失業給付の受給はない。
ということでしょう。

Q雇用保険の不正受給

知り合いが失業保険を受給中(~8月まで)にも関わらず5月に就職をしました。
その会社は失業保険をもらっていることを知っていましたが
どうしてもその人を雇う必要があり(専門職)
”8月まで働いた分は9月にまとめて支給する”ということで雇用しました。

(1)働いていても給与が発生していなければ不正受給にはならないのでしょうか。
(2)会社はハローワークに通報されても「ボランティアであって給与は出ていない」と言う、という話になっているそうです。

私には関係ないことですが、やはりおかしいと思うのです。
きちんと処罰されるべきだと。
これが不正受給の場合、どうしたら良いのでしょうか。

Aベストアンサー

おかしいと思うならば、ハローワークに通報すればよいと思います。
これは明らかな不正受給です。
「ボランティア」は通用しませんよ。
雇用保険の受給のしおりを読めばわかります。
受給中のボランティアは禁止されています。
受給中は就職活動に専念することが必須条件ですから、ボランティアをする暇があるなら、その日の手当は受給できません。
ボランティアが終了するまで受給が先延ばしになりますから、つまりその人はずっと手当は受給できないことになりますネ。

私ならば通報します。
失業手当は国民の税金から拠出されています。
通報するのが当たり前ではないですか?

Q雇用保険の加入条件?

雇用保険の加入条件について教えてください。

雇用保険の加入条件は31日以上働く見込みがあること
週20時間以上勤務していること

この二点だとハローワークで聞きました。
いま私が勤めて2カ月の会社では月100時間以内の勤務だと雇用保険に加入させる義務はないと言われました。

そして加入させたくないので今月130時間の私の勤務時間を変更し100時間以内にしたいと言われました。

当然納得できませんが採用されてから雇用契約書がなくタイムカードもありません。

今までの勤務では上記二点の雇用条件は満たしています。


私は従うか辞めるしかないのでしょうか
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

短時間就労者であったも雇用保険に加入できるのは

1年以上、引き続き雇われる見込みがあり、かつ、1週間の所定労働時間が20時間以上であること

であるはずです。


まずは質問者さんの雇用契約をもう一度確認をするべきであると思います。


また、質問から読み取れない部分として「常時5人未満の労働者を雇用する農林の事業、畜産、養蚕又は水産の事業」は任意適用事業となりますので、加入の義務は有りません。


不明な点が多いので、明確な回答は出来ないので業種や雇用形態など明確にされて再質問をされるのがよろしいかと思います。

Qハローワークでの受給

今年の2月~3月の間(2ヶ月)、短期のアルバイトをして、短期にも関わらず、
雇用保険に加入させてもらいました。それで、勤務期間終了後、保険労務士事務所から、雇用保険費保険者(離職票-資格喪失確認通知書(被保険者通知用)。つまり、離職票をもらい、もし次に就職が決まらなければという場合、ハローワークで再就職の準備の間、多少、受給されますが、手続きはこのように・・などというパンフレットが入っていましたが、このような短く働いている私でも、受給できる資格があるのでしょうか? 又、すぐに受給金は頂けるのでしょうか? 以前、若いころ、あまりにも過度な残業で体を痛め、自己都合という形で会社を辞め、受給させて頂いた時は、3ヶ月まってそのよく月?だったでしょうか?職業訓練学校に行きました。よって、待機・職業訓練学校・受給終了。トータルで半年はかかったと思いますが、現在は、どのようなシステムになっているのでしょうか? 身近に今、リストラにあった
友人は職業訓練学校は受給後に行くらしいですが、 自己都合退職と、強制的退職では、学校に行く時期が違うのでしょうか? ちなみに、私は、以前は、学校に通わせてもらって、一応、国が指定するワード・エクセル・アクセス・パワーポイントを合格し、なんと総称していたかわかりませんが、プロフェッショナル?らしき称号を頂いたのですが、また、今回、学校へ行って下さいとの事でしたら、一応、検定はもっているのですが、やはり、再度行かなければならないのでしょうか?
それと、私はもう若いころと違い、現在、正社員を探していますが、年齢が年齢で、なかなかとってもらえず、一応、仮にハローワークでもし、就職が決まらなければ受給させてもらおうと思うのですが、この2ヶ月の間のお給料が、15日閉めの、2/1~2/15が72.500円。2/16~3/15が184.500。3/16~3/31が114.000でした。(自給的には、どの県の方よりも ものすごく安い自給なのですが、年度末ともあって、朝早くから夜の12時以降まで残業しておりましたので金額的は多くは見えますが・・)よって、どの位の受給額が頂けるのでしょうか? ちなみに年齢は30代です。 本当、お恥かしながら、ある田舎の県の就職率の低い村で働いており、みなさんにこのような事をお聞きするのもはずかしいのですが・・ もしよければアドバイスの程よろしくお願い致します。 

今年の2月~3月の間(2ヶ月)、短期のアルバイトをして、短期にも関わらず、
雇用保険に加入させてもらいました。それで、勤務期間終了後、保険労務士事務所から、雇用保険費保険者(離職票-資格喪失確認通知書(被保険者通知用)。つまり、離職票をもらい、もし次に就職が決まらなければという場合、ハローワークで再就職の準備の間、多少、受給されますが、手続きはこのように・・などというパンフレットが入っていましたが、このような短く働いている私でも、受給できる資格があるのでしょうか? 又、すぐに...続きを読む

Aベストアンサー

・雇用保険に加入されていたので離職票は発行されたのですが
・受給資格に付きましては
 1.自己都合の場合は、離職時、過去2年間に雇用保険の加入期間が12ヶ月以上あり、月の所定勤務日数が11日以上である月が12ヶ月以上ある場合
 2.会社都合の場合は、上記の期間が6ヶ月以上になります
・今回の2ヶ月の加入期間以前に、自己都合なら10ヶ月以上の、会社都合なら4ヶ月以上の離職票をお持ちなら通算して、失業給付の申請が出来ます
 (但し以前の離職日と、現在の会社での雇用保険の加入日の空白期間が1年以内の場合)
・今回の2ヶ月の離職票しかないのでは、要件に達しませんから、失業給付の受給申請が出来ません

Q育児休業給付金のことで質問です。 現在妊娠2ヶ月です。 雇用保険に加入してから産休に入るまでに13ヶ

育児休業給付金のことで質問です。

現在妊娠2ヶ月です。

雇用保険に加入してから産休に入るまでに13ヶ月あります。
そのうち1ヶ月は、子供の体調不良で欠勤し勤務時間がたりず(1ヶ月に80時間いかなかった)、その次の月から時間を多く働いて補填しました。事務員にそうすれば雇用保険を抜けなくて済むと言われたので。
後々の2人目妊娠を既に考えていて育児休業を取得したかったので、そうしました。

で、先日職場に妊娠を報告しました。
事務員は、1度勤務時間が足りなかったことがあったから、もしかしたら育児休業を取得できるまでには足りないでしょう と言っていました。

自分の計算では勤務時間が足りなかった1ヶ月を抜かしてもギリギリで、育児休業を取得できるだけの雇用保険加入期間は足りているはずなので、どういうことなのか混乱しています。
このまま事務員の言う通り育児休業がもらえなかったら…退職して上の子の保育園を退園して上の子の面倒みながら赤ちゃんもみるという、そして次の就職活動も2人の子供を抱えては難しい…という未来になってしまうのが怖いです。

雇用保険に詳しい方、私は育児休業を取得できるのでしょうか、助言をいただけたら助かります。よろしくお願い致します。

育児休業給付金のことで質問です。

現在妊娠2ヶ月です。

雇用保険に加入してから産休に入るまでに13ヶ月あります。
そのうち1ヶ月は、子供の体調不良で欠勤し勤務時間がたりず(1ヶ月に80時間いかなかった)、その次の月から時間を多く働いて補填しました。事務員にそうすれば雇用保険を抜けなくて済むと言われたので。
後々の2人目妊娠を既に考えていて育児休業を取得したかったので、そうしました。

で、先日職場に妊娠を報告しました。
事務員は、1度勤務時間が足りなかったことがあったから、もしかしたら育...続きを読む

Aベストアンサー

>一時的に労働時間が減っていた1ヶ月の間は、20時間働いてないけど11日以上勤務していたら、雇用保険加入期間に数えてもいいのでしょうか??

はい。被保険者資格を喪失していないのなら週の労働時間が一時的に減っても日数をクリアしていれば被保険者期間には入れることはできます。
というか、労働時間は申告しないので、日数しか判断する材料はありません。
被保険者であれば所定労働時間が週20時間以上であることはクリアしている前提なんでしょう。
また、前にも書きましたが全く働いていなくても被保険者であれば加入期間としてはカウントされます。
ただし、区切った期間で11日未満なら「被保険者期間」にはなりません。

>おそらく、OでもPでも11日以上勤務しているはずです。

元々が普段何日くらい勤務されているのかがわからないので、例えば半月とかで区切ったらどうなるのかが予想できなかったものですから、とりあえず足りないかも知れないという可能性を大きく取り上げました。
基本的な考え方がわかれば後はご自身でも調整していくことは可能かと思います。
なるべく平均的に勤務するのが一番だと思いますよ。

産前休業までに何年も雇用保険の期間がある方なら、足りない分は2年よりも前にさかのぼることができますが、11/15より前にはもう遡れないのでなるべくお休みがないようにお体に気を付けてください。

>一時的に労働時間が減っていた1ヶ月の間は、20時間働いてないけど11日以上勤務していたら、雇用保険加入期間に数えてもいいのでしょうか??

はい。被保険者資格を喪失していないのなら週の労働時間が一時的に減っても日数をクリアしていれば被保険者期間には入れることはできます。
というか、労働時間は申告しないので、日数しか判断する材料はありません。
被保険者であれば所定労働時間が週20時間以上であることはクリアしている前提なんでしょう。
また、前にも書きましたが全く働いていなくても被保険者で...続きを読む

Q再就職手当を受給後、即退社→ハローワークの利用は?

現在求職活動中で出来れば、ハローワークを利用したいのです。

ですが、再就職手当を受給後に2週間ほどで退職しました。
この場合は、不正受給になるのでしょうか?
また、ハローワークを利用する時に何か言われたりするのでしょうか?

上の2つが怖くてハローワークに行けません。
どなたか、解答お願いします

Aベストアンサー

2週間で会社を辞めたと勘違いしましたが、良く読んでみれば、再就職手当をもらったということは、2か月くらいは勤めたし雇用保険にも加入していたはずなので、不正受給じゃないはずです。返せとは言われないけど、次の給付日数がその分減ります。辞めた会社から離職票をもらってハローワークへ行きましょう。ビビることはないです。

Q65歳以上の退職の場合の雇用保険について

老齢厚生年金を受給しながら、62歳11ヵ月から再就職し
雇用保険に加入しています。
65歳に達しても、再就職先があれば働きたいと思っていますが
65歳以上の退職者には高年齢求職者給付金が受給でき、
かつ老齢年金を受給していても両方同時に受給できるとありますが
間違いないでしょうか。
例えば、
(1)65歳1ヶ月で退職した場合、(給与は19万円)
(a)過去6ヶ月の平均給与で計算された基本手当が50日分一括支給
(b)65歳に達して1ヶ月なので、加入期間は1年未満となり30日分が一括支給
(c)65歳以上は雇用保険は加入できないので、1ヶ月は未加入と
なるので(a)(b)以外の計算方法?

(2)65歳を過ぎても同会社に勤めていた場合、雇用保険は未加入
となりますが、退職が67歳となっても受け取れますか。
有効期限のようなものはないですか。

(3)65歳に到達する年度に雇用保険解約されるという規則は
本当でしょうか。会社の都合だけでしょうか。

込み入った質問で恐縮ですが、よろしくご教授お願いします。

Aベストアンサー

ポイントは以下のとおりです。

A.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)の前日、
すなわち、65歳の誕生日の2日前までに離職したときに限って、
雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)を受けられる。
このとき、特別支給の老齢厚生年金との間で併給調整が行なわれ、
原則として、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となる。

(注)特別支給の老齢厚生年金
60歳以上65歳未満の間に受けられる、特例的な老齢年金。
本来の老齢厚生年金(65歳以降)とは別物。

B.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)、
すなわち、65歳の誕生日の1日前以降に離職したときは、
基本手当ではなく、一時金(1回かぎりの支給)としての
高年齢求職者給付金を受けられる。
年金との間の併給調整は行なわれないことになっているため、
老齢年金(老齢厚生年金、老齢基礎年金)と
高年齢求職者給付金は、どちらとも受けることができる。

このとき、2に該当する人を「高年齢継続被保険者」といいます。
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)よりも前から
事業主に雇用されており、かつ、
65歳に達した日(65歳の誕生日の当日)以降の日についても、
引き続きその事業主に雇用され続ける人をさします。
つまり、このような方が65歳に達した日以降に離職した場合に
高年齢求職者給付金が支給されることとなります。
支給額は「離職前の“被保険者であった期間”」に応じて、
基本手当の日額の、30日分又は50日分に相当する額となります。
以下のすべての要件を満たすことが前提です。

イ.
離職により、受給資格の確認を受けた。
ロ.
労働の意志・能力はあるが、職業に就くことができない状態。
ハ.
算定対象期間(原則、離職前1年間)のうちに
被保険者期間が通算して6か月以上ある。

以上のことから、ご質問の例の場合には「ハ」に相当し、
通算の被保険者期間が「1年以上」となると思われることから、
基本手当日額の50日分に相当する高年齢求職者給付金を
受けることができます。
すなわち、ご質問の(1)は(a)となります。
(注:「1年未満」であれば、30日分です)

計算方法は、基本手当と同様です。
すなわち、被保険者期間としてカウントされる月のうち、
離職前6か月間に支払われた賃金の額をもとに計算されます。
(注:カウント ‥‥ 賃金支払の基礎となった日数が11日以上の月)

なお、基本手当同様、待期(7日)や給付制限期間があります。
自己都合退職のときは、待期に引き続いて3か月の給付制限期間を経ないと
高年齢求職者給付金を受けることができません。
また、高年齢求職者給付金では受給期間延長手続が認められないため、
病気やケガで引き続き30日以上職業に就けなかったとしても、
受給期間の延長(受給開始の先延ばし)はできません。

基本手当(A)、高年齢求職者給付金(B)ともに、
離職日から1年を経過してしまうと、以後、受ける権利は失われます。
すなわち、A・Bのいずれであっても、
離職日から1年以内に請求を済ませなければなりません。
ご質問の(2)の答えの1つです。

> 退職が67歳となっても受け取れますか。

高年齢求職者給付金であれば、受け取れます。

65歳以降であっても、65歳前から雇用されており、
かつ、引き続き65歳以降も雇用される場合に限っては、
雇用保険法第6条第1項(適用除外)の定めにより、
適用除外から除かれるためです。
ご質問の(2)および(3)の答えとなります。
(つまり、引き続き雇用保険の被保険者となります)

雇用保険法第6条第1項
次に掲げる者については、この法律は、適用しない。
一 六十五歳に達した日以後に雇用される者
(同一の事業主の適用事業に同日の前日から引き続いて
六十五歳に達した日以後の日において雇用されている者‥‥を除く。)

65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)までに離職したとき、
65歳に達した日(65歳の誕生日の当日)に再就職した場合でも、
雇用保険の被保険者とはなれません。
これが、ご質問の(3)の答えで、つまり「ほんとう」です。
雇用保険法第6条第1項による定めです。

言い替えますと、既に説明させていただいたとおり、
65歳に達したとしても離職せず、
引き続き同一事業主に雇用され続ける、ということが必要です。
そうすれば、65歳以降の離職であっても、
少なくとも、基本手当に相当する高年齢求職者給付金を受けられます。

誤りのないように十分留意しながら記したつもりではありますが、
詳細については、必ず、ハローワークにお問い合わせ下さい。
 

ポイントは以下のとおりです。

A.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)の前日、
すなわち、65歳の誕生日の2日前までに離職したときに限って、
雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)を受けられる。
このとき、特別支給の老齢厚生年金との間で併給調整が行なわれ、
原則として、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となる。

(注)特別支給の老齢厚生年金
60歳以上65歳未満の間に受けられる、特例的な老齢年金。
本来の老齢厚生年金(65歳以降)とは別物。

B.
65歳に達する日(65歳の誕...続きを読む

Qハローワークのトライアル雇用で、企業はどれくらいお金貰えるんですか?

ハローワークのトライアル雇用をすると、企業はどれくらいのお金がハローワークから貰えるんでしょうか?

Aベストアンサー

参考に…
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/trial_koyou.html

最大で支給対象期間に4万円(母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合5万円)のようですね。

Q雇用保険 勤続年数は掛金を支払った期間?

厚生労働省の雇用保険のQ&Aを見たり、いろいろ検索しましたが的を得る回答が見つかりません。
詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

国営企業から民間企業になった会社に勤めています。
勤続年数は20年以上ありますが、民間企業として雇用保険の掛金を支払うようになったのは平成19年10月からです。

来年、平成29年9月30日付で実施される予定の早期退職募集に応募しようと考えています。

この場合、勤続年数は雇用保険の掛金を支払った期間の丸10年(120ヶ月)を言うのでしょうか?
また給付日数は勤続年数10年以上の120日なると考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

>勤続年数は雇用保険の掛金を支払った期間

被保険者であった期間(加入期間)は、一事業所での取得から喪失までの期間となり複数事業所での期間を通算する場合は加算していきます。
質問の状況ですと、10年(被保険者取得が10/1からとして)となります。
自己都合対象なら、所定給付日数は書かれているように120日になります。

Q入社の際に提出する雇用保険被保険証って会社がなかなか出してくれないときって、ハローワークでも発行して

入社の際に提出する雇用保険被保険証って会社がなかなか出してくれないときって、ハローワークでも発行してもらえますか?

自分が辞めるのが面白くないらしく、のらりくらりとされそうな感じです。

入社まで日がないので、時間がかかるならハローワークで出してもらおうと思っているのですが...

Aベストアンサー

はい、ハローワークで発行してもらえますよ

予め記入して印刷しておくと、便利ですよ
https://hoken.hellowork.go.jp/assist/600000.do?screenId=600000&action=koyohohiSaikofuLink

書く内容は
・申請者の氏名
・性別
・生年月日
・住所又は居所
・現在被保険者として雇用されている事業所の名称と所在地
・最後に被保険者として雇用されていた事業所の名称と所在地
・最後に被保険者となった(前職に就いた)年月日
・被保険者番号
・被保険者証の減失または損傷の理由

あと、身分証明書と判子ね


人気Q&Aランキング