ペリーが黒船でやってきて、開国を日本に迫りましたね。ですが、どうしてその後、日本は色々な国が責めに来たのに、植民地化はされなかったのでしょうか?まとめるのは難しいと思いますが、できるだけ簡潔に教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

1.日本の統治システムが良かったから.内乱もなく,外国が入るすきがなかった事.--ペリ-提督がこの国は将来脅威になると思っていた-と書物で知りました.


2.その当時の幕府には.海外からの植民地になった中国などの情報が入り,植民地にならないように防いだのです.そのときは天皇は攘夷を考えていたのは,井伊直弼の暗殺で分かるように、攘夷派からは.井伊直弼は朝敵のように思われていたのです.
3. 薩摩や長州がイギリスとの戦いで簡単に破れて,攘夷では勝てない事を知った事も影響しているでしょう。
    • good
    • 1

 まず国内では、アヘン戦争での清朝の敗北が幕府に伝えられて、幕府も雄藩も警戒を強めて軍事力を強化し、西洋の情報入手に努めたこと。


 次に当時の情勢としては、アメリカは南北戦争、イギリスはインド統治に目が向いていたこと、ロシアの南下政策に警戒感が強まったこと(日英同盟に向かいます)。ロシアは国内の政治・社会体制が揺らぎ始めたこと。フランスは普仏戦争で忙しかったこと、そしてパリ・コミューンに向かいます。などなど欧州は、取るものに乏しい島国をわざわざ侵略するような情況になかった。
 また大陸にしても英領や仏領になったわけではありません。列強は競いつつ手を合わせつつ半植民地状態にしていったわけです。日本を侵略したら、その隙に他国が広大で豊かな大陸に足場を強めてしまう。わざわざ、そんな馬鹿はしないわけです。
 こういう情況の中で、明治の人たちは、したたかに外交・軍事・産業の発展をはかっていったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問にお答えしていただき、ありがとうございます。大変参考になりました。実は、私の学校の倫理の授業でこの質問をされていて困っていましたが、pierreさんのおかげで無事に回答できました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/16 20:08

 ペリー来航に関してなんですけど確かペリーは2度来航してますよね。

その時(1回目と2回目の来航の時期の間に)にアメリカでは大統領選挙かもしくは大統領交代劇みたいなのがあって武力制圧策から和平策への進路転換が在ったような事を某国営放送局の番組で見た事がある気がします。(たしかフィルモアか誰かだったような…スイマセン、思い出せません)
たしかその番組によると大砲は空砲だったとか…

 太平洋戦争後の植民地化を免れたのは他の方々の意見とは他に既に植民地化という事自体に無理が出来ていたのも要因の一つだと思われます。
 なぜなら、日本およびドイツ、イタリアなどに対して連合国側が正義を主張する最大の理由は日本などによる「侵略、即ち植民地政策」から被侵略国を守った、というものですし。露骨な植民地化は出来なかったと思います。
 その後、ソ連など共産主義圏とアメリカの対立から、朝鮮戦争やベトナム戦争でその当時、事実上の支配国であったアメリカが疲弊し、なおかつ日本はその戦争などが復興の足がかりとなって経済的に発展したという事や国際連合の発足などから見て世界が平和の方向へと流れていった(+疲弊して戦争ができるのはソ連とアメリカぐらいのものだった)という事も一つの要因ではないでしょうか。

 まぁ、でも本当のところ、侵略はされても植民地化するためには何かしらの資源が必要なわけですから、幕末期以降に関しては日本には資源(土地も含めて)が無かった(日本の貿易輸出品の推移を調べてみると良く解ると思います)訳ですから、物理的にも無理だったというのは事実だと思います。
    • good
    • 1

1.江戸以前に鎖国政策が取られる以前に日本は海外に植民地をたくさん持っていました。

そのため江戸時代ヨーロッパでは日本の海軍力に異常に警戒していました。

2.ヨーロッパにおいて、日本の武士は危険以外の何者でもなかった。
  他の植民地が恫喝において成り立っていたのに対し、日本人には通用しなかった。日本人を恫喝した場合、切り殺される可能性が高かった。

3.島国であることから武器弾薬の輸送を海上輸送に頼るほか無い上に、武士(兵力)が日本中に存在していた。

4.日露戦争後、新渡戸稲造著の「武士道」が西洋でベストセラーとなる。
日本人の考え方に対し、理解されたと同時に「ハラキリ」のような言葉が無気味なものとして認知された。

5.第2次世界大戦の最中に日本の研究を行った結果、日本人が植民地に適さないとされた。(ルースベネクトの菊と刀をお読みください。)
    • good
    • 1

やや独断が入りますが、



■日本刀の切れ味

が大きな役割を果たしたと思っています。英国初代公使オールコックの「大君の都」にも、その恐ろしさが描かれています。安土桃山時代に来たポルトガル人宣教師もそのような主旨のことを言っています。日本刀は長いこと重要な交易品ですらあったのです。

searchingboyさんの言われているのは「ペリー提督日本遠征記」だと思います。彼はシーボルトの「日本」などを予め読んで、日本文化や日本人についてかなり詳しい知識を持っていました。彼に同行したオランダ人通訳ヒュースケンは日本通ですが、後に攘夷派の刃にかかり絶命しました。

薩長は英軍と砲火を交えて敗れたものの、薩英戦争では敵将も戦死するなど、圧倒的に劣る火器ながらそこそこ善戦しました。

これに先立つ生麦事件でも、薩摩藩島津斉彬の行列を馬で横切った英国人を斬り捨てたました。

ですから彼らには「日本人侮り難し」との印象を与えたのではないでしょうか?

それともう一つ。実は西欧人が日本を植民地化しようとして果たせなかったのは幕末~明治初期だけではなく、もっとずっと前、安土桃山時代~江戸時代初期にまで溯ります。少なくとも、豊臣秀吉の宣教師弾圧に対して、キリスト教宣教師側は武力で日本を占領するように進言していました。(進言相手は忘れた)

徳川家康以降も基本的な構図は変わらず、鎖国もある意味でやむを得ない選択だった訳です。

この頃の権力者や、幕末の攘夷派の、ある意味で「好戦的」で断固とした態度が外国人をして、他のアジア諸国、アジア人とは違う印象を与えたのではないでしょうか?それを身を持って実感させてくれたのが、日本刀の切れ味だったと思っています。

幕末、外国人を襲った攘夷派を処罰するよう幕府に要求したある外国政府の意向に沿って、確か犯人10数人の首を役人が次から次に切り落としたところ、立ち会った外国人が「あまりにむごい」とのことで公開処刑を中止させたと何かの本に書いてありました。これもまさに「日本刀の切れ味」なくしてはありえなかったでしょう。
    • good
    • 0

1.弱体化していたとは言っても、幕府体制という統治システムが確立されて  いて、しかもその幕府はオランダを通じて近隣諸国(東、東南アジア)の情勢も知っていて、簡単には植民地化されないように策を講じていた。



2.中国やインドのように植民地化しても特にうまみはなかった。
 資源の無い国ですからね。
 ペリーの開国要求もアメリカの太平洋で操業している漁船の補給基地として開国を迫ったわけですし。

3.幕府はフランスに、薩長連合はイギリスに近づき、武器や近代戦法を学び
内戦(戊辰戦争)をしていたので、長引けば外国の内政干渉を受け、地方毎別の国に植民地化される危険性もあった事も事実です。

4.内戦終了後、速やかに近代化を進めるため欧米に学び、諸外国に独立国として認めさせた。

5.幸運にも日清戦争に勝ち、続いて超幸運にも日露戦争に勝ってしまったので、諸外国としては手出しできなくなった。(お陰でアメリカには日露戦争後、仮想敵国にされましたが)

特に幕末の幕府及び新政府の首脳陣はみんな隣国清国の惨状を知っていたので、日本が同じ目にあわないよう努力したのは事実ですね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黒船、ペリー

黒船、ペリー
日本の歴史では非常にメジャーな出来事・人物である「黒船」と「ペリー」ですが、アメリカ国内での知名度はどの程度なのでしょうか?

専門家・歴史オタクのみぞ知る?!
インテリなら知っている?!
意外と、アメリカでも常識的?!

よろしくお願いします

Aベストアンサー

昭和二十年(1945年)、太平洋戦争における日本の敗戦を伝える8月14日のニューヨーク・タイムズは、その紙上で、「我々は、初めてペリー以来の願望を果たした」と報じたと言いますから、けっこう有名なのではないでしょうか?

ただ、現在の日本の若者の中には、太平洋戦争自体をよく知らない人もいると聞きますので、今、現在の歴史に興味のないアメリカの若者にどれだけの認知度があるのかは微妙ですが…

Qペリーの開国要求。

ペリーが開国要求をしたことで、幕府の体制がゆるがされたのは、攘夷派が反乱(?)のようなことをしたからなのでしょうか?

また、攘夷派が討幕派に変わったのは、野蛮人から日本を守るために開国を受け入れようとする幕府に反乱していた攘夷派がどうせなら倒してしまえという考えで討幕派に変わったのでしょうか?

ご回答頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

ペリーによる日本開国要求は平和で暮らしていた日本を力ずくで開国させた。これを「ペリーの日本強姦」という(産経新聞2006.12.49)。
幕府の弱腰から欧米勢力の脅威に対処するための日本強化運動として維新運動がスタートした。当初は幕府、天皇の二元体制論と幕府を中心とする一元論に分かれいた。
その後以下の諸要因によって、維新運動は尊王攘夷から勤皇・倒幕へと変って行く。

1.徳川260年の間に朱子学の影響で武士、大町人、庄屋階級の百姓に天皇尊崇熱が浸透していた(尊王思想)。
2.平田国学の王政復古による国家改造論が尊王思想の拡大に拍車をかけた。
3.幕末の志士を魅了した一君万民思想(天皇の下では、将軍・大名といえども民の一人という思想)が抑圧されていた階級に広がった。
4.孝明天皇は非常な攘夷論者であった。

幕末期において、維新運動エネルギーは勤皇・倒幕エネルギーへと変貌して行った。

Qアフリカの植民地政策とアジアの植民地政策の違いは?

アフリカのほとんどはイギリス、フランスが植民地にしていますが、この両国はどのようにアフリカを植民地支配して行ったのですか?武力で圧倒したのですか?また、アジアもアフリカと同様、ほとんどが白人の支配下に置かれましたが、アフリカ植民地化と同じように行われましたか? やっぱり有色人種ってだめだったんだなあと思っています。

Aベストアンサー

支配する側の心は何も変わっておらず、本質的な違いは何もない・・・と捉えるべきだと思います。
やり方が変わったというか、進歩したという見方が正しいと思います。

 白人の植民地に対する非人道的な身の毛もよだつような残虐行為は、我々日本人やアジア人の普通の人には到底理解できないと思います。
 彼らは、最初は現地人を皆殺しにして欲しいものを全て奪い去っていますが、それでは永続的に奪い続けることができないことに気づいて、現地の人間を奴隷化して奪い続けます。しかし、これだと現地に駐在した本国人が現地人の恨みを買って、現地人の反逆などによって殺されることが増えたため、当初は締め付けを厳しくしていましたがそれでも抑えることができず・・・。
 ここにきて、狡猾なイギリス・フランスは本国人が恨まれることなく、永続的に収奪しつづける手法を思いつきます。それは、現地人のなかで支配階級(民族)と被支配階級(民族)を作り、現地人どおしで恨み争い続ける仕組みをつくることです。そして、被支配階級には一切教育を受けさせず被支配階級が反逆する芽を摘み取っています。

 今の世界の大きな問題の多くは、イギリス・フランスを中心とした白人が創り出していますが、彼らの子孫は過去の国家的犯罪行為に対して謝罪することもなく、深く反省することもありません。

何故?
多くの日本人には理解できないことだと思います。

理由は簡単です。それは彼らが信奉する宗教にあります。
彼らの心は、昔も今も全く変わっていません。
懺悔すれば、過去の行為は全て許されるので、反省できない構造になっています。

 それに対して我々アジア人は、ヨーローッパの過酷な気象環境とは比べられないぐらい豊かな環境の中で生きているため、心がとてもまともです。頭脳は教育によっていくらでも高められます。
 日本も過去に植民地政策を推し進めており、そのことによって多くの現地人を苦しめた事実については反省しなければならないと思いますが、日本の植民地政策はイギリス・フランスのそれとは全く違っていたということだけは、我々子孫の義務としてキチンと知る必要があると思います。

 「大東亜共栄圏」とは、その言葉どおりで日本人と同等にしたかったのです。
そのため、現地のインフラ整備や現地のすべての子供たちに対する教育に力を入れています。

 この思想にも欠陥があり、やり方も間違っていたと思いますが、上記のような祖先の崇高な思いだけは引き継いでいく義務があると思います。

支配する側の心は何も変わっておらず、本質的な違いは何もない・・・と捉えるべきだと思います。
やり方が変わったというか、進歩したという見方が正しいと思います。

 白人の植民地に対する非人道的な身の毛もよだつような残虐行為は、我々日本人やアジア人の普通の人には到底理解できないと思います。
 彼らは、最初は現地人を皆殺しにして欲しいものを全て奪い去っていますが、それでは永続的に奪い続けることができないことに気づいて、現地の人間を奴隷化して奪い続けます。しかし、これだと現地に駐在し...続きを読む

Q世界史(近現代) 従属植民地化と半植民地化の違いについて

今、学校で世界史をやっているのですが、18世紀後半頃からの帝国主義が広まったあたりの話で、

従属植民地化

半植民地化

の違いがよく分かりません。

分かりやすい説明をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

従属・植民地化
これは、アフリカや中東で使う言葉
半植民地化
これは、中国に関して言う言葉

従属・植民地化 なり 半植民地化 という「やり方」とかがあったわけでなく、「現在のこの状態や、過去のある時点のああいった状態を、ひと言でまとめると、どうなるかね?」という事で作られるのが「歴史的言辞」となります。なので、教科書でさらっと書いてあるほど明確ではありません。

従属・植民地化をアフリカ・中東で使うのは、エジプトのようにトルコの宗主権を取り上げて保護国化したところもあれば、南アフリカのようにイギリス人植民者がけっこうあったところなど、諸々のレベルがあるのを、強引に一つにまとめて言っちゃっているからです。

中国の場合、イギリス領香港とかいう例外はありますが、基本的には、「不割譲条約」なり、鉄道施設権なり、完全には植民地になっていない状態をまとめて「半植民地」と言っています。
※ 不割譲条約とは、福建省に関しては、日本の合意なく、他国に領土を割譲するべからずとか、揚子江流域に関しては、イギリスに合意なく、他国に領土を割譲するべからずという、「植民地予約券」みたいな条約です。

従属・植民地化
これは、アフリカや中東で使う言葉
半植民地化
これは、中国に関して言う言葉

従属・植民地化 なり 半植民地化 という「やり方」とかがあったわけでなく、「現在のこの状態や、過去のある時点のああいった状態を、ひと言でまとめると、どうなるかね?」という事で作られるのが「歴史的言辞」となります。なので、教科書でさらっと書いてあるほど明確ではありません。

従属・植民地化をアフリカ・中東で使うのは、エジプトのようにトルコの宗主権を取り上げて保護国化したところもあれ...続きを読む

Q日本が植民地にしていた国を全て教えてください。

マレー半島、朝鮮、中国、フィリピン、台湾、アメリカの一部、これらの国以外に植民地にしていた国を全て教えてください。

Aベストアンサー

満州(中国の東北地方)は、満州国として独立させたので、植民地ではない。

朝鮮や南樺太、台湾島、千島は、日本領土(日本国)だったので、植民地ではない。

マレー、シンガポール、フィリピン、インドネシア等々、東南アジアの諸地域は、欧米の植民地だったが、対欧米開戦後、日本が欧米を追っ払い、占領して軍政を敷いた(欧米は、植民地宗主国としては、二度と東南アジアに戻ってくることができなかった)。日本による占領、軍政といっても、たかだか戦争中の3年半。
これまた日本の植民地ではない。

南洋諸島は、国際連盟によって日本に委任された、委任統治なので、これまた植民地ではない。

ということで、日本は「植民地」というものは持っていませんでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報