痔になりやすい生活習慣とは?

自宅を新築する予定です。
土地は妻の母名義で、いずれ私が相続予定です。
とりあえずローンは組まないものとして、ご相談させてください。
1.妻名義で全額支払う
2.妻と夫が双方支払う
3.夫が全額支払う
今のところ1か2になる予定です。
1~3にすると妻の立場からのメリットデメリットは何でしょうか?
何がおすすめでしょうか?
予定はありませんが、離婚や夫が亡くなった場合も検討しておきたいです。
また、家の新築費用→妻が支払う 古家の解体や外構費用→夫
などとしたときは、家の権利?は妻のものなのでしょうか、夫のものなのでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 書き方がわかりにくく、申し訳ありません。
    私(質問者)は、女性で立場は妻です。

    妻の立場からのメリットデメリット教えて頂けると嬉しいです。

      補足日時:2015/08/09 01:48
  • 書き方がわかりにくくて、申し訳ありません。
    質問者が妻にあたります。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/08/09 01:50
  • 質問者→妻です。
    離婚しにくいように共有名義とはかんがえていませんでしたが…向こうが逃げたがっているような状況を考えてませんでした。お恥ずかしいです。でもなるほど、離婚しにくいように共有名義という考えもあるのですね。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/08/09 01:55

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

土地がお母様の名義なら家は二人の名義にしておいた方が良いでしょうね。


今は離婚なんか考えられないと思いますが、いざとなった時に出来るだけ離婚しにくいようにしておくべきだと思います。
 我が家は土地は共同名義ですが、家は私の名義になっています。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

すみませんが土地の名義が奥様の母親なんですよね。


あなたは、義理の母親と養子縁組か遺言状で相続権を得ているのですか?
現況からするとあなたに相続権はありませんよ。
当然ご存知ですよね。

もし仮に離婚になった場合
例え1or3だったとしても裁判所としては共有して支払われたと判断すると思いますので
2の双方で話し合って支払うのが賢明な判断だと思いますよ。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お二人が新築費用をそれぞれ所有している前提です。



1か3です。
離婚が不安ならご夫婦間での覚書を取り交わして
おきましょう。

共有名義は登録手数料や万が一のときの
手続きが複雑になるのでやめるべきです。
    • good
    • 0

別れないことを前提になら1で。


どうせ20年で家屋の価値は無くなります。

将来離婚する予定なら3で。
財産分与の件で有利です。

どっちになるか不安なら2で。
後でそれほど揉めなくて済むと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外構工事費用は不動産取得費でしょうか?

家を建て直しました。請負価格は3000万円で、私と妻で費用を出し合います。追加で外構工事を頼んだところ、150万円を契約価格に上乗せされました。この場合、不動産取得費は150万円をプラスして、3150万円となるのでしょうか?言い換えると、持ち分を決めるための分母は、3000万円なのでしょうか?3150万円なのでしょうか?妻が600万円、私が残りを出す予定ですので、取得が3000万円だと、私が80/100、妻が20/100の持分になり、取得費が3150万円だと私が81/100、妻が19/100になると思うのですが、どちらで登記をするのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

 1番回答者です。補足を拝見しました。

> 今回土地は購入しておりません。

 あ、そうですか。なるほど、たしかに。

> 隣家の塀の新調、駐車場の土間打ち、サイクルポートの屋根など

 なるほど。

 それらは、我々賃貸業の立場からすると「償却資産」ということになる物ですが、いわゆる建物つまり不動産ではありませんので、施工したからと言って登記もできません。

 税務署は時々、経費になるものならないものを混ぜて発注したりすると「全部経費ならない」と認定したりしますが、今回は「追加」として、明確に分別されています。

 そんなことから考えて、お尋ねの外構設備費は、「建物の取得費」にはならないと考えます。
 

Q新築時の外構工事費用を親に出してもらうと贈与?

一人暮らしの父親の家が老朽化し、父も一人暮らしがきつくなったので、家を建て替えて同居することにしました。土地は、父の所有物ですが、今度新築する家は私が資金を捻出して、私の名義に
します。ところで、登記する家以外にも、かなり出費が嵩むことが判明しました。老朽化した隣家とのブロック塀を新しくする費用、車庫のコンクリート土間打ち費用、門扉、サイクルポートの屋根(父も自転車に乗ります。)等で200万円近くかかりそうです。父曰く「俺が業者と契約して、支払うから心配するな。」とのことなのですが、このようにした場合、父から私への贈与になるのでしょうか?それとも相続財産でしょうか?(注)工事が行われるのは、すべて、父名義の土地の上です。

Aベストアンサー

父所有の土地上にブロック塀を新しくする費用、車庫のコンクリート土間打ち費用、門扉、サイクルポートの屋根を作る費用は、贈与税の対象にはなりません。
理由
すべてが「登記できる不動産ではない」ため所有権は、出費者の父にあるから。

相続財産となるかどうかは、お父上が死亡した時点で判断することになりますが、一般に土地上の造作は、それだけで財産といえません。
例えば門扉にしても、贅沢を極めており固定資産税がかかるほどの代物なら別ですが、相続財産として加算されるような心配は無用です。

Q土地建物所有者以外が外構工事費用を払ったら贈与?

祖父の土地に私名義の建物を建てました。
土地は使用貸借となっています。

建物には私達夫婦と親夫婦が別世帯として一緒に住んでいます(祖父は住んでいません)。

この度、230万円ほどかけてコンクリートや塀などの庭を整備することになりました。
費用は全額親夫婦が払います。

この場合、私は費用負担がないのですが、その土地に住む者として実質的に贈与とはみなされないものでしょうか。

何か注意点・申告等が必要でしたらご教授ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>私は費用負担がないのですが、その土地に住む者として実質的に贈与…

取り越し苦労です。
法律に、日本の家族制度を崩壊させるような無情なことは書いてありません。
親子が一つの屋敷に暮らすのに、贈与などという言葉は無縁です。

住んでいるのが若夫婦だけであるのに親が金を出したというのなら、状況によっては贈与税の対象になることもありますけど。


人気Q&Aランキング