[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

一人暮らしの父親の家が老朽化し、父も一人暮らしがきつくなったので、家を建て替えて同居することにしました。土地は、父の所有物ですが、今度新築する家は私が資金を捻出して、私の名義に
します。ところで、登記する家以外にも、かなり出費が嵩むことが判明しました。老朽化した隣家とのブロック塀を新しくする費用、車庫のコンクリート土間打ち費用、門扉、サイクルポートの屋根(父も自転車に乗ります。)等で200万円近くかかりそうです。父曰く「俺が業者と契約して、支払うから心配するな。」とのことなのですが、このようにした場合、父から私への贈与になるのでしょうか?それとも相続財産でしょうか?(注)工事が行われるのは、すべて、父名義の土地の上です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

父所有の土地上にブロック塀を新しくする費用、車庫のコンクリート土間打ち費用、門扉、サイクルポートの屋根を作る費用は、贈与税の対象にはなりません。


理由
すべてが「登記できる不動産ではない」ため所有権は、出費者の父にあるから。

相続財産となるかどうかは、お父上が死亡した時点で判断することになりますが、一般に土地上の造作は、それだけで財産といえません。
例えば門扉にしても、贅沢を極めており固定資産税がかかるほどの代物なら別ですが、相続財産として加算されるような心配は無用です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

的確な御回答有難うございました。

お礼日時:2013/07/22 11:37

登記する家屋に貴方の持ち分を登記するのです。

つまり外構工事一式も家屋の一部ですから、家屋の登記を分担割合に応じて比例登記するのです。
こうすれば、相続の際にかなり減価していますから今13万円(200万円に対する贈与税)を払い外構工事分を貴方名義にするよりは有利と思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地建物所有者以外が外構工事費用を払ったら贈与?

祖父の土地に私名義の建物を建てました。
土地は使用貸借となっています。

建物には私達夫婦と親夫婦が別世帯として一緒に住んでいます(祖父は住んでいません)。

この度、230万円ほどかけてコンクリートや塀などの庭を整備することになりました。
費用は全額親夫婦が払います。

この場合、私は費用負担がないのですが、その土地に住む者として実質的に贈与とはみなされないものでしょうか。

何か注意点・申告等が必要でしたらご教授ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>私は費用負担がないのですが、その土地に住む者として実質的に贈与…

取り越し苦労です。
法律に、日本の家族制度を崩壊させるような無情なことは書いてありません。
親子が一つの屋敷に暮らすのに、贈与などという言葉は無縁です。

住んでいるのが若夫婦だけであるのに親が金を出したというのなら、状況によっては贈与税の対象になることもありますけど。

Q外構工事費用は不動産取得費でしょうか?

家を建て直しました。請負価格は3000万円で、私と妻で費用を出し合います。追加で外構工事を頼んだところ、150万円を契約価格に上乗せされました。この場合、不動産取得費は150万円をプラスして、3150万円となるのでしょうか?言い換えると、持ち分を決めるための分母は、3000万円なのでしょうか?3150万円なのでしょうか?妻が600万円、私が残りを出す予定ですので、取得が3000万円だと、私が80/100、妻が20/100の持分になり、取得費が3150万円だと私が81/100、妻が19/100になると思うのですが、どちらで登記をするのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

 1番回答者です。補足を拝見しました。

> 今回土地は購入しておりません。

 あ、そうですか。なるほど、たしかに。

> 隣家の塀の新調、駐車場の土間打ち、サイクルポートの屋根など

 なるほど。

 それらは、我々賃貸業の立場からすると「償却資産」ということになる物ですが、いわゆる建物つまり不動産ではありませんので、施工したからと言って登記もできません。

 税務署は時々、経費になるものならないものを混ぜて発注したりすると「全部経費ならない」と認定したりしますが、今回は「追加」として、明確に分別されています。

 そんなことから考えて、お尋ねの外構設備費は、「建物の取得費」にはならないと考えます。
 

Q住宅名義の持分について教えてください

妻の親名義の土地に自宅を新築予定ですが、建物の名義は夫婦の共有名義にする予定です。

今回、建築にかかる費用としては次のようになります。

・建物本体の工事費用
・屋外給排水等の付帯工事費用
・古屋(妻の親名義)の解体費用
・外構工事費用
・保険や登記等の諸費用
・仮住まいや引越し費用


★これらの費用のうち、建物の登記上、持分としての計算にはいるのはどの部分なのでしょうか?

あくまで建物本体工事の費用のみですか?
それとも付帯工事までは含まれるのでしょうか?
或いは、建築費の範囲内で解体や外構も?


また…

★その「持分計算に入る費用」に対して、幾らずつ出資したかで名義の配分が決まるということですよね?

とすると、例えばその費用が全部で1500万だったとして…
妻の資金が1000万+夫の資金が1500万ある場合に、妻の1000万全部と夫の500万を
それに当てるとすると、家の名義は3分の2を妻、3分の1を夫とすることになるのでしょうか?


★その際、どの資金をどの費用に当てたかということはどうやって証明するのですか?

普通支払いは契約時に○百万、上棟時に△百万、中間金□百万、最後に残りの金額…などという感じで
すると思うのですが、それがどの時点で何に使われたかということはなかなか分からないと思うのですが。

あくまで自己申告ということで、そんな証明は必要ないのでしょうか。
単に全体の費用のうち、どちらが幾らずつ出したということさえ証明できれば
後はどう申告するかというだけの話ですか?


変な質問かもしれませんが、何分初めてのことなのでよろしくお願いいたします。

妻の親名義の土地に自宅を新築予定ですが、建物の名義は夫婦の共有名義にする予定です。

今回、建築にかかる費用としては次のようになります。

・建物本体の工事費用
・屋外給排水等の付帯工事費用
・古屋(妻の親名義)の解体費用
・外構工事費用
・保険や登記等の諸費用
・仮住まいや引越し費用


★これらの費用のうち、建物の登記上、持分としての計算にはいるのはどの部分なのでしょうか?

あくまで建物本体工事の費用のみですか?
それとも付帯工事までは含まれるのでしょうか?
或いは、...続きを読む

Aベストアンサー

>どちらが幾らずつ出したということさえ証明できれば

証明を税務署に提出した覚えはありません。資金は誰が出したかを自己申告で明細を記載しただけ。

>建物の登記上、持分としての計算にはいるのはどの部分なのでしょうか?

そんなこまかいことまで聞いてこないと思います。全体の費用
(現金とローンの内訳)(現金は誰がいくら出したか?)

>例えばその費用が全部で1500万だったとして
>妻の資金が1000万+夫の資金が1500万ある場合

奥様が現金750万円、あなたが750万円出し合い、共有は1/2にしては?(奥様が250万円、あなたが750万円は貯金しておく)(この貯金のことは税務署へ知らせる必要はない)

Q外構工事は、固定資産税の対象?

こちらのサイトではいつも大変お世話になっておりますm(_ _)m

今回は、外構工事について教えてくだい。

私達は、ハウスメーカーの下請け業者に外構をお願いし、住宅引き渡し時には外構も完成してる状態です。
その方が住宅減税も受けれるし、別の業者で別ローンを組むよりいいかな?と思ったのですが。。。。

でも、工程資産税って、、、、外構も関係あるんですか?
周りの人は、「外構だけあとから。。」と聞きます。
確かに、カーポートは後の方が固定資産の対象にはならないと聞きました。。

門柱とか、フェンスも後から設置した方がよいのでしょうか?

あと、入居後に市役所の人が固定資産の査定?に
来るらしいのですが、家具もそんなに揃えておかない方がよいのでしょうか?
インテリア関係も固定資産の対象にみられますか?
査定に少しでも影響があるなら、家具も査定後に
入れようと思うのですが。。。

乱文・質問ばかりで申し訳ありませんが
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

1.外構については基本的には固定資産税の対象なのですが、一般住宅の場合は扉や庭などは対象としないのが普通です。

2.車庫や物置は固定資産税の対象になります。
  ただし壁のない屋根だけのカーポートの場合は建物と認めませんので固定資産税の対象外です。

3.建物に固定されていない据え置き型の家具などは対象外です。
  作り付けの家具などは対象となります。

では。

Q住宅新築の登記について教えてください

住宅を新築中で、4人で登記をします。
新築、解体、外構、棟上他と費用が掛かりますが、実際の登記の額は新築費だけですか?登記の割合は、誰のお金を何に支払ったのかを忠実に反映するのか、支払った額の幾らを新築費とみなすか決めることが出来るのか、どういうものなんでしょうか?また、棟上費用や、日々のお菓子代は費用として認められるのでしょうか?
この説明でわかっていただけますでしょうか?どなたか詳しい方、お願いします。

Aベストアンサー

>実際の登記の額は新築費だけですか?
そうですね。新築にかかる話だけですね。登録免許税がかかるのは建物の保存登記だけです。
ただ表示登記(これも新築にかかわる)も土地家屋調査士に依頼すれば報酬分かかります。

>登記の割合は、誰のお金を何に支払ったのかを忠実に反映するのか
建物は工事請負契約書に書かれた建物本体の工事費用です。外溝は含みません。

>支払った額の幾らを新築費とみなすか決めることが出来るのか、どういうものなんでしょうか?
この意味がわかりません。費用は明確に定まるのですが。工事契約で。
解体費は含みません。

>また、棟上費用や、日々のお菓子代は費用として認められるのでしょうか?
含めません。

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む

Q新築時の家具類を親に購入してもらった場合は贈与?

ただ今新居を新築中です。居住するのは、私の父親と私の妻、子供2人の5名です、父の家が古くなったので、建て替えて同居することにしました。新築の資金は、住宅援助の贈与を1200万円使う予定です。その他、家が建った後にいろいろな費用が掛かると思うのですが、(例えば、ベッド、家具、応接セット、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどの家電製品)これらの費用について、父親が出してくれるといっております。ざっと計算しても、贈与税の基礎控除額は超えてしまうのですが、
これらについては、贈与税の対象になるのでしょうか?宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

贈与税の対象にはなりません。
父親にとっては、自分が住む家に家具を買ったり電化製品を買ったりして、贈与だといわれたらたまりません。
「あほこいてるな!」です。従って該当条文もへったくれもないです。
住宅取得資金としての現金贈与額だけは申告しましょう。

Q新築時の地盤改良費用を親に出してもらうと贈与ですか

親の家が老朽化したので、息子が資金を出して家を建て替えて、名義は息子名義として親と同居の予定です。土地は親の名義です。建設前の調査を進める中で、地盤改良の工事が必要であることがわかりました。約100万円程度かかるとのことです。予定外の出費になってしまって、困っていると、親が出してくれると言ってくれました。住宅メーカーに相談すると、地盤改良費用は登記に含めなくて良いとのことでした。そこで質問ですが、親に出してもらう地盤改良費用100万円は贈与になるのでしょうか?既に、住宅資金贈与を目いっぱい使用しておりますので、この100万円が贈与に価すると、贈与税がかかって来るのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ゆっくりとお考えになればわかることです。
父が土地を持ってます。
その上に子が家を建てようとします。
「土地が弱いので改良工事がいる」と判明したので、土地の所有者である父が出費をします。
どこに贈与税がかかるというのでしょう。
自分の持ち物にお金をかけたからと贈与税をぶっかけられたらたまりませんよ。
100万円どころか1、000万円工事費がかかっても贈与税は発生しません。

改良をした土地を、本人以外が使うということになれば、改良費用を上乗せした土地代を貰うことになるでしょう。
そこでは贈与税が発生する余地があります。
本例では土地が父、建物が子のものですので、おそらく使用貸借契約なので、地代そのものが発生しません。
ですから、そこまで考えて贈与税の発生を心配することはないでしょう。

「誰の持ち物に、誰がお金を出費してるのか」を考えたら、贈与税など発生しないことがわかります。


法務局に行って適当な建物登記(他人様のもので結構です)を見てみましょう。
どこにも「取得価格」など登記されてませんよ。
「地盤改良費用は登記に含めなくて良い」とは、改良工事費用を建物の取得費に入れなくても良いという意味でしょう。
取得費など登記されないので、先日の「取得価格に含めない」というお話しはどういう意味なのか?とメーカーさんに質問されると良いでしょう。


贈与税がかかるという意見と、贈与税などかかるわけがないという私のような意見が出ると思います。
選択はご質問者がなさってください。

ゆっくりとお考えになればわかることです。
父が土地を持ってます。
その上に子が家を建てようとします。
「土地が弱いので改良工事がいる」と判明したので、土地の所有者である父が出費をします。
どこに贈与税がかかるというのでしょう。
自分の持ち物にお金をかけたからと贈与税をぶっかけられたらたまりませんよ。
100万円どころか1、000万円工事費がかかっても贈与税は発生しません。

改良をした土地を、本人以外が使うということになれば、改良費用を上乗せした土地代を貰うことになるでしょう。
そ...続きを読む

Q住宅取得等資金の贈与について

こんにちは。
この度中古住宅を購入するにあたり、親から500万円の資金援助があります。
1,000万円までは非課税の適用かと思います。
そこで、素朴な疑問なのですが、例えば親から現金で貰ってそのまま不動産
業者に渡した場合や、親が直接不動産業者に振込んで支払った場合、税務
署は一体どうやって贈与の事実を確認するのでしょうか?
因みに、法の抜け道が知りたいという訳では無く、その方法なら当然に手続
きは必要無いんですよって言う方法があるのかを知りたいだけですので。

Aベストアンサー

基本的に贈与は申告です。余程高額の贈与を行わない限り税務署自体がわかるものではありません。
全額現金で、不動産を購入した場合は「お尋ね書」が税務署より届き、そこに資金の出所を記して回答しなければなりません。しかし住宅ローンを利用した場合、この書類はほぼ来ることはありませんので、まあ判らないといえば判らない。
但し、税金の請求時効は5年間ですから5年以内にバレレバ延滞税等も付加されます。

住宅取得資金の贈与の特例や相続時価税清算制度などは、生前に贈与し、お金を消費してもらうために(景気向上の意図)設けられた制度で、申告が必要です。

手続きが必要ない贈与税の軽減はありません。

借りて返す手法は、5年間は返済金を親の口座などへの振込みむ事が必要ですし、これをやるならば一度きりの税務申告を行った方が余程手間がかかりません。

>親が直接不動産業者に振込んで支払った場合
当方業者ですが、子の契約者名なら良いのですが親の名前で振り込まれるとちょっと面倒です。税理士がきっちりした会社だと、何らかの書類に署名を求められますから(契約者の親であり、購入資金の一部として振りこんだものという内容)、購入者ではなく、その不動産業者の税務調査から判明する場合も有ります。不動産業者は各売買案件に対して調書というもの(物件や価額、購入者の住所氏名)を決算時に附帯しなければなりませんので、例えば登記を移転しなくとも(普通はありえませんが)売買の事実があれば税務署は把握します。

基本的に贈与は申告です。余程高額の贈与を行わない限り税務署自体がわかるものではありません。
全額現金で、不動産を購入した場合は「お尋ね書」が税務署より届き、そこに資金の出所を記して回答しなければなりません。しかし住宅ローンを利用した場合、この書類はほぼ来ることはありませんので、まあ判らないといえば判らない。
但し、税金の請求時効は5年間ですから5年以内にバレレバ延滞税等も付加されます。

住宅取得資金の贈与の特例や相続時価税清算制度などは、生前に贈与し、お金を消費してもらうため...続きを読む

Q住宅取得資金贈与(非課税)の適用範囲って?

税務署HP「住宅用家屋の新築等の対価又は増改築等の費用の範囲」を読んだのですが、よく理解出来ないので、詳しい方がいらっしゃったらご教示ください。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/sozoku/17/05.htm

新築分譲マンションを購入する際に適用できるものって何なのでしょうか?
不動産屋さんからもらってる資金計画書の項目は以下(1)~(10)で、11,12,は私が追記しました。

(1)物件価格(これはまず基本ですよね?)
(2)売買契約書印紙代
(3)登記費用
(4)住戸修繕積立一時金
(5)住戸管理一時金
(6)預かり公租公課
(7)住宅ローン事務手数料、融資代行手数料
(8)住宅ローン保証料
(9)火災保証料
(10)住宅ローン契約印紙代
11,家に取り付ける家電(エアコン、ビルトインオーブン、コンロ 等)
12,家に取り付ける家具(吊り戸棚 等)

個人的な感覚では(1)(2)(3)かな?と考えてます。
(6)はHPにある「不動産取得税および登録免許税」のことですかね?

すみませんがご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

税務署HP「住宅用家屋の新築等の対価又は増改築等の費用の範囲」を読んだのですが、よく理解出来ないので、詳しい方がいらっしゃったらご教示ください。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/sozoku/17/05.htm

新築分譲マンションを購入する際に適用できるものって何なのでしょうか?
不動産屋さんからもらってる資金計画書の項目は以下(1)~(10)で、11,12,は私が追記しました。

(1)物件価格(これはまず基本ですよね?)
(2)売買契約書印紙代
(3)登記費用
(4)住戸修繕積立一時...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

>「住宅用家屋の売買代金の額」って(1)物件価格のことではないんですか?
そうすると、何に対して適用できるのかご教示ください。
そうでしたね、見間違っていました。
訂正です。
(1)はもちろんOKです。
それ以外が×です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング