近々に自己破産をする予定なのですが、不動産業には就職出来ないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

宅建の免許取得など、破損による資格制限があるものはありますが、免責決定が確定して復権するとそのような資格制限はなくなります(すでに資格を持っていた場合、改めて資格取得する必要がある場合があります)。


また、普通に就職する場合、細かい調査をする会社であれば破産したことが不利に働く場合がないとは言えませんが、影響がない場合がほとんどです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。

ありがとうございます。
免許は持ってないですが、弁護士さんに依頼してからは、不動産業で働けないということでしょうか?

お礼日時:2015/09/19 13:44

専門家紹介

置塩弁護士

職業:弁護士

弁護士(東京弁護士会所属)。くくな法律事務所(東京都千代田区麹町)
個人から中小企業を中心に、民事・家事事件、刑事事件まで幅広く取り扱っています。
重点取扱い分野は、損害賠償(交通事故その他)、不動産関係、離婚関係、相続関係、倒産・債務整理(民事再生・破産・任意整理)、刑事・少年事件等です。その他、法教育関係、スポーツ法、風営法など。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

03-5256-6791

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

自分で起業してください。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2015/09/15 21:56

不動産に関する資格を持っているのならあり得るかもしれませんが・・・・・


不動産業は特に金に関しては厳しい業界ですので、自己破産をするような人を雇うと言うことはないでしょう。
 地道な仕事を探して下さい。建設業、運送業、コンビニ、ファミレス、ゴミの収集、糞尿のくみ取り、リサイクル業、葬儀屋、人手が足りない仕事はいくらでもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/09/15 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産手続き中ですが年金担保融資は受けられますか

諸事情あって自宅を任意売却し、住宅ローンの残債が払えないので、弁護士に相談したところ自己破産を勧められました。
失業中でもあり、また収入が障害年金のみなので、弁護士に自己破産手続きを依頼しました。

そこで質問なのですが、自己破産すると、免責がおりるまで年金担保融資も借りられないのでしょうか。自己破産にかかる弁護士費用は法テラスから借りられましたので、その支払いの心配はしなくていいのですが、自己破産手続きが済むまでの間、生活費の確保が必要で借り入れをしたいのですが。無理でしょうか。

Aベストアンサー

無理だ!!とも特定できないし、実際そういう人もいます。
手続き中にもかかわらず、年金担保融資を利用する人はいます。
ただ・・・
年金担保融資もチャラになるかというと、そんなことはないと。

そんなことよりも
その弁護士との間で、もう新たな借金はしない
と約束してはいないでしょうか?
約束はないにしても、質問者様を信用して弁護活動しているの
でしょうから、コソコソしないほうが良いと考えます。
自分自身で手続きを開始しているわけではないので、共有していただきたい
と感じています。

どちらにしても、これからの人生をもっと良いものにしなくてはなりませんから
このことも含めて弁護士に相談されたほうが良いと思います。

Q不動産賃貸業・管理業の会社に就職

宅建の資格を持っているので、関連した企業に就職しようと思い求人を探していました。
そして、見つけた求人には「不動産賃貸業・管理業、事務、勤務時間 10:00~17:00※残業一切ナシ」と記載されていました。
不動産業界はとても残業が多いと聞いていたので驚きとともに、少し不安になりました。
会社のHPがないのも気になります。
不動産で残業が全くないというところもあるのでしょうか?
あと、休日が土日祝日ということは顧客は企業ということでいいのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

残業一切無し=残業手当が一切無しの間違いかもしれません。
それはともかく 会社の立地にもよります。都心なりで企業相手にビルのフロア・部屋の賃貸や管理を行っている会社なら 書かれている内容でもおかしくはありません。
他方、個人客相手の会社なら 5時に終わって 土日祝休みでは商売になりません、お客さん勤めが終わってから ないしは休みの日に来店しますから。
また、不動産業界でも 半デベロッパー すなわち地主にアパートを建てさせ、賃貸・管理を請け負う会社(○○建託等)の勤務は それなりのノルマや 地主相手の飛び込み営業もあり 勤務条件が厳しいです。

Q自己破産手続き前の借入れって…?

うちの親が信販会社約15社程から総額600万程度の借入れがあるのが見つかり、自己破産させようと考えてます。うちの親は子供家族からも約150万程度の借入れがあるため、自己破産前にこの150万を新たに借り入れて子供家族の借金を支払った上で自己破産手続きをしようと考えているのですが、手続き前に新たにこの様なかたちで借入れをしても自己破産手続きに悪影響はないのでしょうか?親はすぐにでも実行しようとしていて、それを止めている状態です、皆さんどうか教えてください!

Aベストアンサー

別に、免責を受けたところで子供夫婦(だけ)に返すのは自由です。


しかし、破産前に借金を増やすのはもちろん、特定の債権者(=子供家族)に返済をしたら、明らかに“免責不許可事由”に該当します。
ある意味、他の免責不許可事由(ギャンブル狂いなど)よりも立証がしやすいという意味では性質が悪いです。

すなわち、破産の意味がなくなります。

意地でも阻止してください。

参考URL:http://www.jikohasan.com/4p-tetuzuki2-.htm#4

Q不動産賃貸業と不動産管理業の違いは?

近い将来,不動産屋を,特に管理業の方に重点を置きたいと考えているのですが、
不動産管理業の業務内容が,現在の賃貸業務(入居者募集・賃貸借契約・入退去者への対応・敷金の精算)+ 建物管理(主に清掃・電球の交換)で,さほど賃貸業と管理業に違いがないように思えます。5%程度の管理料をオーナーからいただくのには、より説得力の有る説明がなければと考えていますので,不動産賃貸業と管理業との明確な違いのわかる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょっと用語がちがうのでは。
一般に「不動産賃貸」と言えば、自分で不動産を持っていて貸すこと。
あなたの言うのは「不動産仲介業」でしょう。
不動産仲介:賃貸物件に限れば、手数料を1ヵ月とか半月分もらって、入居者を決め、入居させる。
不動産管理:入居決定後、トラブルの対処や退去時のお世話をする。管理料は5%取れる物件は減ってます。2~4%でしょう。
一連の流れから、この2つの業をかねる業者も多く、家主から言えば、両方頼める業者のほうが楽。

Q自己破産手続き

メールや電話で弁護士さんに相談にのってもらい自己破産を進められています。
自己破産をするにあたって、地元の弁護士さんに相談し
自己破産をする状態であれば、すぐに手続きを取ってもらえるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

弁護士さんと相談して今すぐに破産申立てをするとします。
でも申立てをしたからといって短期間で決定するものではないです。
ただ、地元の弁護士さんじゃなくても遅い早いは変わりません。
私は県外の弁護士さんに頼みましたが問題なく進められました。
でもあまり遠いと裁判所まで出向くのに時間がかかるので、
できれば近くの優良弁護士さんがいいでしょうね。
弁護士さんに相談されているのなら、
申立てに必要な書類を用意して費用を支払い依頼すれば、
とりあえずのところは債権者から貴方に連絡がいかないようにはしてくれます。
(弁護士さんが一切を引き受けてくれるので)
免責がおりる内容だとしても決定までに半年~1年はかかるでしょう。
今現在の取立て(電話催促など)から逃れたいのであれば
すぐにでも弁護士さんに依頼されてはどうでしょうか。
質問者様の詳しい内容が分からないので間違ってたらごめんなさいね。

Q不動産売買の紹介手数料の仕訳と不動産業の支払調書

不動産売買の紹介手数料の仕訳と不動産業の支払調書について

こんばんわ

不動産業(法人)の経理処理についてお尋ねします。

投資用不動産の売買を行っており、購入希望の方を紹介してくれた個人の方には紹介手数料

を支払っています。

その際10%の源泉所得税を引く必要があると知人の経理担当者に聞いたのですが、本当に必要なのでしょうか。

紹介手数料を支払う相手は、確定申告で給与所得と不動産所得で白色申告されている方々です。

私は、交際費か支払手数料でそのまま全額を支払ってもよいと思うのですがどうなんでしょうか。


2つ目に、紹介手数料を支払った方々に支払調書を渡したいのですが、どの様式の支払調書

かが解らずにまだ渡せずにいます。相手は、外交員の支払調書なのでしょうか?

それとも下記URLに該当する支払調書なのでしょうか?

下記URLは、仲介手数料の場合なのでしょうか?

文章を読んでも知識不足により、理解ができません。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7443.htm

知識不足で大変申し訳ないのですが、お詳しい方、力を貸していただけないでしょうか。

よろしくお願い致します。

不動産売買の紹介手数料の仕訳と不動産業の支払調書について

こんばんわ

不動産業(法人)の経理処理についてお尋ねします。

投資用不動産の売買を行っており、購入希望の方を紹介してくれた個人の方には紹介手数料

を支払っています。

その際10%の源泉所得税を引く必要があると知人の経理担当者に聞いたのですが、本当に必要なのでしょうか。

紹介手数料を支払う相手は、確定申告で給与所得と不動産所得で白色申告されている方々です。

私は、交際費か支払手数料でそのまま全額を支払ってもよいと思うの...続きを読む

Aベストアンサー

>その際10%の源泉所得税を引く必要があると知人の経理担当者に聞いたのですが、本当に必要なのでしょうか。

知人の意見は誤りです。所得税を源泉徴収する必要はありません。


>紹介手数料を支払った方々に支払調書を渡したいのですが

不動産業者でない個人に支払う紹介手数料(=謝礼)については、支払調書を発行する必要はありません。
そもそも支払調書は、税務署へ提出する書類であって、支払先に交付する書類ではありません。

Q自己破産手続き

この度、別居中の夫が自己破産することになりました。
いろいろ調べましたが知恵をお貸しください。
まず、全くお金がないので弁護士には一切頼らず自分で手続きをしたいと思っております。
現在夫は大阪で持家があり住宅ローンも残っております。
自己破産するとなるとこの場合はお金が結構かかるようで困っております。
先に競売に出すなどして持家を処分したほうが自己破産手続きにかかる費用は安くできそうなのですがなにかいい方法はないでしょうか?
また、私のほうは現在子供と2人で福岡に住んでおり、夫もこっちで一緒に暮らす予定ですが、こちらからでも住民票を移さなければ破産手続きは可能ですか?
また、自己破産にかかる期間はどれくらいかかるのでしょうか?
相談窓口に行けばいいのですが時間が作れないため質問させていただきました。

Aベストアンサー

知人が住宅ローンが支払えなくなり、自己破産を考えたようです。
でも自己破産をするにも費用がかかりすぎて悩んでいた時に、住宅ローンがある状態で自宅を売却する方法を知りました。
任意売却という方法ですが、競売より高い金額で売却出来ますし、普通の売却方法と変わらないので近所に知られる事なく売却できました。
もし、次に住む場所が決まっているのであれば、任意売却してから自己破産をお考えになるのはどうでしょう?
ちなみに知人がかかった費用は、謄本取得の数百円くらいでした。
任意売却は残債がある状態で不動産を売却する方法です。
債権者との交渉も必要になりますので、任意売却を専門に扱っている不動産会社に依頼するのがいいかと思います。
購入者が決まり、任意売却出来ましたら、債権者が引越し費用を出してくれたり不動産会社に支払う仲介手数料も出してくれますので、持ち出しのお金はほとんどかからなかったそうです。

Q青色申告の65万円控除について、私は不動産賃貸業をしています。賃貸業の

青色申告の65万円控除について、私は不動産賃貸業をしています。賃貸業の年収は650万円ほどあります。私はこの賃貸業だけで生活をしていますので、社会的常識からすると事業を営んでい訳なので、65万円控除も受けられると思っていますし、申告は税理士に任せていますが、税理士からも何の指摘もありません。ところが、2年前に税務署が来て、賃貸物件が5棟10室ないと、65万円の控除は受けられない、と言うのです。5棟10室、もしくは社会的常識から見て、その賃貸業で生計を立てていたら、事業としてみなされる。と税務署員が見せてくれた書面に書かれていたので、5棟10室はないけれど、事業として生計を立てている。と言うと、「納得がいかないのなら」65万円の控除は、このままでいい、と言われたので、それでいいのか、と思っていたら、昨日、別の税務署員が来て、判例を見せて、65万円控除は受けられない、言うのです。税務署員によって言うことが違います。こんな場合、どうすればいいのでしょう?

Aベストアンサー

この問題は、収入金額の問題ではなく、所得の区分の問題です。
不動産所得か事業所得かの問題です。
国税庁のタックスアンサーでは5棟10室は「おおむね」という言い方をしてぼかしてます。
つまり「あいまい性がある」のです。
確認したい点として「個人事業の開始届け」は提出してあるでしょうか。
提出していれば「私は事業として不動産貸付をしてると税務署に届け出てる。それを事業所得ではないので、青色申告の65万円控除が受けられないというなら、そちらの指導に遅滞があると思う。今までの分はしょうがないが、来年から65万円控除は認めないので、そういう申告書を作成してくださいという態度に出るのが良くないか」と税務署調査官に言いましょう。
同時に「過去に、納得がいかないならこのままでよい」と調査官に言われた点を強調しましょう。

ところで、昨日調査官がきて65万円控除は受けられないと言い出したのはわかりますが、それでどうしろと言い出してるのでしょうか。過去3年分の修正申告書を出せとでも言ってるのでしょうか。
こんなときこそ、税理士に相談すべきです。
「何の指摘もなかった」と、ネットで述べててもしょうがありませんよ。

税理士が事業所得だと思ったから65万円控除していたという主張と、税務当局のいう不動産所得であるという主張を闘わせて結果を得るしかないでしょう。

不動産所得なのか事業所得なのかで判例があるのは、つまり争いがあるということです。
専門家の間でも異論のあるところです。
「私は事業として不動産の貸付をしてる」と主張をすることです。その上で、
専門家である税理士に「ちゃんと結論付けてくれ」と請求し、税理士が事業所得だとしてたのが誤りだとしたら、本税額はしょうがないですが、加算税と延滞税を税理士に負担してもらいましょう。
「誤った指導による損害賠償額を請求する」わけです。

この問題は、収入金額の問題ではなく、所得の区分の問題です。
不動産所得か事業所得かの問題です。
国税庁のタックスアンサーでは5棟10室は「おおむね」という言い方をしてぼかしてます。
つまり「あいまい性がある」のです。
確認したい点として「個人事業の開始届け」は提出してあるでしょうか。
提出していれば「私は事業として不動産貸付をしてると税務署に届け出てる。それを事業所得ではないので、青色申告の65万円控除が受けられないというなら、そちらの指導に遅滞があると思う。今までの分はしょう...続きを読む

Q自己破産の手続き

自己破産した方いましたらおおまかでいいので手続き教えてください。

Aベストアンサー

弁護士事務所もしくは司法書士事務所へ行きましょう
単純に自己破産といっても債務状況や借金をした経過などで
自己破産よりも個人再生や任意整理などのほうがよい場合もあり
そういった相談をしてからの方がいいと思います

Q不動産賃貸業への就職について。

今、不動産賃貸業への就職を考えているのですが
業界経験者の方々からみて、レオパレスや大東建託みたいな大手かあまり名前も知られていないような小さいお店に就職するとすればどちらの方が良いと思われますか?
あと今気になって入る所で数ヶ月前に開業したという
所があるのですが、過去の実績とかが無いので
判断出来なくて困っているのですが、正直このような所はどう思われますか?
皆さんからのご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

勤務している会社の関連会社が賃貸業してますし、上記2社以外にも、何社か知ってます。
1.共通事項 
 2~3月のシーズンは、ほとんど休みがなく、夜の案内や事務処理等で夜遅い(21時以降)。数ヵ月で辞める人が多い。
2.レオパレス21・大東建託
 (1)会社が大きいので、他部署へ回される危険がある(アパートなどの土地活用の営業は、売上なければ、休みなし)。
 (2)大東建託は、無借金経営で、会社は安定している。レオパレス21も、ほとんど借金がなくなってきた(関連会社は、まだ借金たくさんあるが)。安定してます、仕事場としては。
 (3)知名度があるので、来客は多い。有名ということは、家主がその会社に客付け依頼が多いので、入居希望者も多く来店してくれる。
3.無実績の会社
 上記の(3)の逆。苦労する。つぶれるのも早い。
4.当然、宅建主任は持ってますよね。応募時点でないと、不利です。


人気Q&Aランキング