アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

二代目社長になりたてです。
トップの経営者として、社員の前では平静を装ったり、威厳を保とうと演技をしていますが、実のところ、自信がなく、将来への不安、私自身の経営者としての資質のなさ、能力不足を痛感しています。

このままでは、社員は私についてこないか、バカにするだろうと言う恐れを抱いています。
利益も実際に、私の代になってから落ち始めて、回復する手立ても取れていない現状です。
ゼロから会社を起業した父親(故人)と比べ、あらゆる面で劣等感を持っています(学歴だけ上回っていますが、仕事には何の役にもたちません)。

古株の古参幹部にも気後れしていまい、リーダーシップがうまく取れていません。
必死に社長、経営者、トップとしての外面を保とうとしていますが、それすら見透かされているように思います。
冷笑、頼りに思われていない視線、社員が社長の私を見て、会社の将来に危惧を持っている空気など、ひしひしと感じます。

ご存知のように二代目社長はバカにされやすい存在ですが、なんとかして見返したい気持ちは強いですが、いかんせん、変わりようがなく、行き詰まっています。
自己啓発書籍を読み漁ったり、自己啓発セミナーを何度受けても、強くたくましい自分に変われません。
最近では、自分の能力のなさを痛感することばかりで、社長としてだけでなく、一人の社会人として自信を失っています。

社長は孤独といいますが、人に容易に相談できることでもなく、孤独感に打ちのめされてもいます。
今の私にできることは、社長ヅラ、経営者ヅラをして、バカにされないように虚勢を張ることだけです。

そのために、同じような境遇から出発し、逆境をはねのけた方がいましたら、アドバイスを下さい。
変わる方法、強くなる方法、おすすめのセミナーなどありましたら、教えてください。

私個人の問題だけではなく、私が変わらなければ、社員とその家族全員を路頭に迷わせることになってしまいます。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

自己啓発のセミナーも受けられた後に自信を失ってしまうのは、そのセミナーが質問者様には合ってなかったのではないでしょうか。



私は2代目ですが、義理の父(妻の父親)の後を継ぐ事になり、今までとは畑の違う業種の社長を務めることになりました。
思いがけず社長となる事になったため、心の準備をする間もなくやるしかない状況でした。
私は前職が銀行員ということもあり様々な場でもまれメンタルは比較的強いと自負していたほうでしたが、
経営者となると今まで経験したことないプレッシャーや社員とどのような距離で接するべきかなど悩みが尽きなくなりました。
同じ様な状況な友人もいなかったため人に相談しても解決には至らず、経営者として孤独でした。
そのころネット検索でネットでこちらのブログを見つけました。
http://ceobosspresident.cocolog-nifty.com/blog/

その後、こちらの潜在意識、無意識の底から、能力開発、弱点撲滅をできるという
非常に評判の高い先生のセミナーを受けました。
http://iwanami-dal.com/2nd/index.html

はじめは今までの自分とは無縁の想像できないものでしたが、
その脳覚醒技術によって、根本から脳を覚醒させることができました。

それで悩みからも解放され、
リーダーシップも発揮でき、社員もちゃんとついてきてくれるようになり
充実感を持って仕事ができるようになりました。
    • good
    • 4

私も二代目でもう継いでから20年近く経ちましたし、既に先代も亡くなっているので継いだ頃のことも忘れかけていますが、きっとそんなものだったと思います。



当時も思っていましたし、今でも感じていますが、創業者と二代目以降って根本的に違うものです。
それでどちらが大変かというのも一概にはいえないとも思っています。
創業者って、いうならば真っ白のキャンパスに思い通りに絵を書き出しています。
それでそこそこ上手に描けている絵を渡されて、続きを書かされるのが二代目以降です。

もちろん全く何もないところから会社を作り上げた創業者は偉いとは思いますし、自分に出来たかといえば自信があるわけでもありません。
が、自分がゼロから会社を作るとしたら、同じ会社になるかといえば答はNOです。
創業者は創業時に自分のやりたい事業を始めたに違いありません。
私であったらそもそも他の事業していたかもしれません。
社員にしても、あくまでも先代が気に入って雇って育てた社員です。私であれば全く違う社員を雇って全く違うように育てかもしれません。
このように創業者と二代目以降とは全くスタートが違うのです。

それで二代目として何をすべきかといえば、二代目が引退するまでに創業者が作った会社を基に自分が好きな会社に仕上げていくことです。

はっきりいえば、先代から引き継いだ社員に二代目が尊敬や信頼をされないのは当たり前なんです。
引き継いだ社員たちは先代が可愛がって育てた社員ですし、社員たちも先代を信頼してついてきた社員です。
おそらく先代の時代だって、先代が気に入らずに辞めさせたり、先代のことを信頼できずに辞めていった社員もいることでしょう。
2代目だって同じことで。社員を可愛がって育てて、社員に信頼を得れば社員は残るでしょうし、社員を可愛がらずに育てなかったり、社員に信頼されなければ社員は辞めていくでしょう。
どの程度の規模の会社なのかわかりませんが、無理にドラスティックに会社を変える必要もないとは思いますが、いずれにしても会社を質問者さんの色に変えなくてはなりません。

さてさて、私としては質問者さんがすべきことは、ご自身で「どんな会社にしたいのか?」を明確にすることではと思います。
それで「こんな会社にしたい(変えていきたい)」ということが定まれば、あとは経営手法とか管理手法の問題なのでそれは割愛します。
勘違いしてはいけないことは、
会社の目的(どんな会社にするか?)があって、次にその目的を達成するための戦略があって、その戦略を実行するために戦術があります。
戦術や戦略が目的よりも先に立つと会社は質問者さんの意思とは違う方向へ向かってしまいます。
    • good
    • 4

リーダーの資質を誤解しているようです。



皆と仲良くして、尊敬され、

チームの成果も出始めて盛り上がる。世間の評判も上がる?

漫画じゃありません、これは逆ですよ。

リーダーではない人が求める考え方です。

これを逆にして見ましょう。

世間での評判が上がる。チームの成果として個々人が利益を得る。

「自分にはここまで出来ただろうか?」

と皆が劣等感を持ち、尊敬し始める。

周囲の人が「好意を持っているよ!」と演技をし始める。


部下にプロジェクトを任せたことがありましたが、全く同じ状況になりました。

まず、マインドが間違っています。

上手くやろうとしています。

この上手くやろうという気持ちの背景が間違っています。

そこをゴールに置いているということです。

簡単にいうと、舞い上がっていると言う事ですね。



凄い心配ですが、自分の感覚ですと、この後確実に倒産します。

どのくらい確実か?と言うと、

「大学の受験日に受験に行かず、家族と喧嘩していました。

 勉強をしないので、受験に落ちると家族が言うので腹が立ったんです。

 家族の言う事も最もだと思い、自分に自信が無くなりました。

 何とか家族と上手くやっていこうと今はそこで悩んでいます。

 父は頭が良かったんですが、私はどうもそうじゃないようです。

 私は立派な大学生に成れるでしょうか?」

不戦敗です。

私には質問文を読んで、こう聞こえます。

家族がどんなに勉強しなさいと言っても、

それはみんなの望みではなく、あなたにしか関係のないことですよね?


もし、今の様な質問があったら、

「受験行かなかったら、合格率0%だよ?

 後、幾つ受けれるの? ちゃんと受験日確認してる?

 本命は? どういう位置づけなの? 準備状況は?」

と答えますよね。

家族が受験していると思っていませんか?

家族は、心配はしても、他人事ですよね?

従業員に経営させようと思っていませんか?

従業員は倒産したら転職するだけですよね?


つまりリーダーと言う職業はありません。

その人がライバルと戦っており、他の人は家族程度にサポートする。

立場が違います。


従業員は、他に働き口を探せますし、そこがゴールじゃありません。

雇われるものは、評価される必要がありますが、

リーダーは、ライバルを倒す必要があります。

敵を倒す能力が倒した数分だけ、自分に戻ってくるだけです。




学歴がお父様より上回ったと言いますが、

それはお父様の教育がよかったからです。

お父様は、ライバルを倒しました。その姿勢を見ていて影響があったと言う事です。



冷静になって考えて見ましょう。

あなたは他の受験生を倒して、一定の成果をあげたわけですよ。

企業も同様で、一定数が合格を維持しています。

この合格ラインを超える人が多数いたとしても、そこに入るのは容易くない。

この戦いと受験は大変似ています。

勉強ができるから合格するのではなく、

ライバルが落ちるから合格するんです。

絶対評価ではなく、相対的な評価であり、戦いですよね?

企業はどんなゲームで戦っているんでしょうか?




振り返って思い出してください。

受験のときは無意識に、大学を調査したり、戦略を練っていませんでしたか?

そこにあわせて、勉強の内容を変えていませんでしたか?

冷静に自分の実力を見極めて、ライバルの実力を知りたいと思ったはずです。

合格ラインを数値で割り出して、そこに向けて弱点を補強していたはずです。

全ての受験生はこれをしています。

それくらい冷静に戦っていても、ライバルが強力だとはじき出されます。

受験をしたことがない家族は、

勉強をすれば合格すると思い込んでいます。

無関係の人は、家族ですら、他人事の様に色々と助言しますよね?

これ本気であてにする受験生はいませんよ。


身内の従業員は、この程度であり、あてにできるはずがありません。

自己啓発研修にいかれたそうですが、受験対策みたいな姿勢でいきましたか?

「エスカレーター式の大学に行くことに決めた学生が、

 家族対策で少しでも真剣な姿勢を示そうと思っていった。

 大丈夫だろうと思っていたら、推薦で落ちた。」

こういう笑い話もありそうですよね?


確実に倒産すると言いました。

大学受験のときと同じような、戦闘モードになっていないからです。

しばらくのんびりしすぎて、戦いを忘れたって事です。


受験というのは、経営を担うための、学生向けのある種のシュミレーションです。

概況を分析するためのデータを提供している業者がたくさんあります。

まず、自分以外のデータを沢山集めて、自分の位置づけを知ります。

少しでもマシにしようとします。

高望みも出来ません。

名誉よりも実を採ろうと覚悟を決めます。

ノイローゼになるくらい孤独でしょう?

非常に似ているものです。

経営者は、この受験と同じストレスを引退するまで継続します。

大企業でも、数年でボロボロになるようです。

簡単に言えば、人身御供ですよ。

これを、

「誰かがやらんといけないし。一番マシなやつがやらんと勝負にならん。

 俺は標準から多分足りてない。他はもっと強力だ。

 まだ時間がある、少しでも抵抗してみようじゃないか?」

と考えて受けいれる人がリーダーです。


自分も新規事業に取り組んだことがありますが、大変でしたよ。

こういうものだと知って、イメージと違うと思いました。

ここに耐える自分に酔い、自分を支えようかとも思いました。

しかし、同じ立場で健在している人が多数いるため自慢にならない。

しかも、それらと比較されて劣等感を抱く。

割に合わないと思っても、逃げたと言われるのが怖い。

ここまできて、まだ序の口でしょう。


色んなモノを捨てないといけません。

能力が足りないのならば、自らの望みを一つ一つ諦めて、切り捨てていけば良いのです。

プライベートの時間、個人として手に入る給与、趣味、友人、恋人、名誉・・・


私の経験ですが、

これらは、一つ一つ泣きながら切り捨てていくと、

その分だけ確かに自分の能力があがり、そこで強力になります。

一番最後に切り捨てたのは、

「ここまで頑張った自分って立派じゃないか?」

という支えです。

これすらも残っていると、強さを汚す材料に成ります。



皆がこれをやりますと、集団全体が不幸になります。

これでは本末転倒です。

そのため、一般的には大事にしろと言われます。

しかし、リーダーだけは(一人しかいませんし、全体で少数ですから)、

これらを望んではいけません。


私は、経営について分からなかったため、

行きつけの定食屋のご主人に聞いたことがあります。

夕食代、800円で経営の本質を指導してもらえました。

彼も、自己啓発研修などを受けており、経営者の格にあります。

とても博識でした。

それでもお客には分かりません。

商売するにあたり、そうした情報は阻害になるからです。

「美味しいモノを作るのが好きで、適当にやってます。」

と、客がイメージするならば、それに合わせたほうが実になるからです。


例えばコンサルタントを雇っても、ただのサラリーマンですから、頓珍漢です。

身を飾って、演出するのもサービスだと彼らは言います。

しかし、その様に指導したのが経営者であり、彼らじゃありません。

こういう違いを良く知らないといけませんね。


妥協無く全てを戦いに振りむけるんですよ。

当然抵抗にあいますから、マネージメント一般に関するスキルを活用します。

昨今では、IT技術にも精通していないと、負けます。

IT技術を武器にするライバル社長がいるからです。


全く関係ない人の機嫌をとってどうするんですか?

ちゃんとライバルが見えていますか?

自分を唯一支持するお客様を知っていますか?

従業員は引き抜かれていませんか?

身内にある良さが失われていませんか?

わからないところが多すぎませんか?


リーダーが尊敬されるのは、

(皆が嫌がるが)唯一人だけ本気で戦おうとするからです。

割に合わない立場なので、そのときにならないと、誰もしません。

ご自身もそうでしょう?

未だに、そこを嫌がって、問題を他の事に摩り替えています。


質問者さんは、

「すぐ傍で接している古株でさえ、

 本気で戦おうとはしておらず、頼りに出来ない。

 そのため、人をあてに出来ず、自分ひとりのガチ勝負になる。」

と言うのを信じたくないんだと思います。


別の悩みに摩り替えて、戦場を身近にしても、頭かくして尻隠さずです。


ですので受験を思い出してください。

よーく、考えると、そういう状況でもちゃんと出来ていたはずです。

企業はあっという間に倒産します。

次の年も倒産しないというのは、凄いことなんですよ。


さきほど述べた定食屋さんは2年で倒産しました。

はじき出した別の定食屋さんは営業年数が長く、

目新しいものは無く、ぱっとしなかったんですが。

しかし、ちゃんと戦略があり、しっかり戦っていました。


大企業の幹部は、昔で言うところの大きな荘園で働く小作人です。

定食屋さんの社長は、小さな荘園の主であり、領主です。

この違いを意識すること。

あなたは荘園の主であり、小作人はあてになりませんよ。

以上、ご参考に成れば。
    • good
    • 2

>自己啓発書籍を読み漁ったり、自己啓発セミナーを何度受けても、強くたくましい自分に変われません。



あのぉ~、そもそも、そんな自己啓発「マニュアル」読んで、
たくましい人間になったり、立派な経営者になるなら、誰も苦労しませんけど?
人ってマニュアルで強くなったり、賢くなったりなんてしませんし。

大体、巷の有名社長が自己啓発セミナーなんかに行ってます?
行くわけないじゃありませんか。
宗教や占いと一緒で、だまされているんですよ、あなた。

そもそも、経営者面したところで、あなたの経歴を社員や古参の役員が知らないわけないじゃないですか。
今更、カッコつけたところで誰もあなたに期待なんてしていません。
むしろ、あなた自身、力を入れるべきは経営そのものなんじゃありませんか?

>利益も実際に、私の代になってから落ち始めて、回復する手立ても取れていない現状です。

セミナーなんかに行ってる暇があるのなら、どうやって利益回復するのか、
商売の道を模索するのが普通なんじゃありませんか?
セミナーだって金、かかってるでしょうし。
そのお金、稼いでくるのって全部、あなたの会社で働く従業員達のおかげですよね?

えらそうにふんぞり返り、強くたくましくなるためにラ○ザップまがいのセミナーに行って
カッコだけつけられても、別に会社の業績が上がるわけじゃない。
結果にはコミットしません。
    • good
    • 1

あ、私が前にいた会社の若社長と同じ環境と状態ですね。


私は現場あがりの一部上場設計から、地元の中小企業に転職して部長職についた時、二代目社長から同じような悩みを打ち明けられ、相談されたことが有ります。

先代が一代で築いた会社を力不足で維持出来ず、主要な幹部や従業員の支持も得られず、業績が下降していた時期ですが、確かに経営者としての資質がちょっと・・って感じでした。先代と同じように上下関係を元に幹部や古参を束ねようとするので無理が生じていました。

人は上下関係で動くのは見かけだけで、実際は能力や人間力とか実力を見越した損得勘定で動く人が多いです。なので実力なき跡継ぎが組織を動かすには、気取らずそのまま仕事に取り組んで跡取りとしてお神輿に乗ることですw、そうすると周りがかついでくれますw、要は実力は見透かされますから、嫌われないように上手く神輿にかつがれる事を考えるべき、そして実務を早く覚えるべき、経営判断は実務を解ってないと、出来ないなら無理です。リーダーシップを無理に取るのも無意味です、

古参に率先して仕事してもらう体制を考えて下さい、力のある古参にある程度の仕事の指揮権限を与え、現場の共同管理をする方向で行くのが良さそうです、現場が上手く回れば会社はそれなりに上手くいくものです。言い換えれば現場が回れば会社は回ります。

リーダーシップだの、経営者だから、だとかに趣きを置くとろくな事ありません。
現場を回すにはどうしたらいいか?古参を煽ててもいいしw、ともかく一人だけでも自分側に引きこむことです。

数年もやって自分に力が身につけば、自然とそれなりの体制になるもんですよ、組織ってw

やってはいけない事、;呉れ呉れも出来るフリをしない事、懲罰を与えないこと、今のうちはね。

あなたが変わるのではなく状況を変えるのです。あなたはどうでもいいんですw
現場が良く回るように会社が回るように考え判断、実行する事であなたも自然と変わりますよ。とにかく一人の古参の味方を作ることです。

社長の人柄変わったら会社がダメになったってのもゴマンと有りますからw
    • good
    • 1

まぁバカであろうと何だろうと、会社は後継者がいなければ存続できないので、質問者さまがその会社にいるだけでも一定の価値はあります。



それはそうと、今までその会社にいて、代替わりしたとたんに質問文にあるようなキャラ変更の演技を始めたのですか?
だとしたら、そりゃ印象は悪いでしょうね。
たぶん、一番バカにされる方法の一つだと思います。

一般的な経営者が“孤独”なのは、創業者にしろ、生え抜きにしろ会社運営に必要な「知識」や「経験」を持っており、あとは「判断」なので、それを他人に委ねることができずに、“孤独”を感じているだけです。
方や質問者さまはそれを知らずに、聞こうともせずに、“孤独”を演じて“孤立”しているだけです。
経営者の“孤独”をはき違えています。

知識や経験がないなら、誰かに聞かないといけません。
質問者さまは会社に食わせてもらっているのですから、従業員はお客さまです。
自己啓発の本やセミナーにお金と時間を使っている場合ではありません。
そんな金や時間があるのなら、誰よりも早く来て、玄関を掃いて、机を拭いて、必要に応じてお茶やコーヒー、たまには食事を自腹で振る舞って、大事な知識や経験をいただくのです。

経営者から「何かをしてもらっている」というつながりがなければ、従業員はついてきません。
そして質問者さまが従業員にできる「何か」は、限られています。
で従業員に「何もしない」と孤立するだけです。
    • good
    • 0

私の仕事は経営コンサルみたいなもので、これまで多くの中小企業を訪問し経営者に話を聞いたりしています。

それからしても、二代目はどこも似たような悩みを抱えていますね。よく事情が分かります。
社長は孤独というのは、ホントにそうです。部長時代は、周りの連中と酒を酌み交わし、バカを言いながらもよくコミュニケーションできたものですが、社長になったとたん、周りはよそよそしくなり、生々しい情報も耳に入らなくなり、従業員が何を思っているのか分からなくなってきます。

どうしたらよいか…社長ヅラ、経営者ヅラをして、バカにされないように虚勢を張っても古株などの取り巻きにはすぐに分かってしまいます。そんな単細胞的な虚栄は張らず、なりたての二代目社長は満足な社長業はすぐにできないことは周りも分かっていますから、古株など会社の事情や業界の将来について分かっている人たちを側近にして、思いっきりサポートしてもらうことです。ホンネで行きなさい。
    • good
    • 1

空威張りするよりは、知識も経験もある古参社員に教えを乞うた方がいいんじゃないでしょうか。


そちらの方がかっこいいと思います。
    • good
    • 1

社長になったからといって、急に威厳が出るはずがありませんよね。

でも、外面だけ整えていても、多分社員達にはバレていると思います。
社長としての理想をもう少し下げてみては?先代のオーラに捉われず、社長というより、社員も仲間と考えを変えてみましょう。
一番早く出社して、一番最後に帰る、社長の仕事以外は社員と同じかそれ以上働く、社員が働きやすい環境を整える、たまにはみんなで食事に行く、などあなたの方から垣根を下げる事で、社員も自然に「社長も頑張っているから付いて行こう」と信頼するようになるのではないでしょうか?
また、どのような業種かわかりませんが、あなた自身がその仕事に自信がないのではありませんか?仕事に自信があったら、誰にどう思われようが、自分のやり方でやってやる、みたいなものを感じられません。
セミナーよりも仕事を極める方が大事だと思いますよ。

ご発展をお祈りしています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q創業者から長男2代目の社長になると経営がなぜ悪化するのか

創業者から長男が2代目社長を継ぎ、売上・利益が減少し、優秀な人材が次々と辞めてしますのは何が原因ですか?御意見をお願いいたします。

Aベストアンサー

>創業者から長男が2代目社長を継ぎ、売上・利益が減少し、優秀な人材が次々と辞めてしますのは何が原因ですか?
そうとは限らないんだけどね。

まず質問者さんが言ってる通りの場合。
ダメになるのは、基本的には2代目に経営能力も人望も無いのが原因。
特によそから急に息子だってだけで社長に就任した場合、古くからいる人材は当然不満に思う。
そして辞める人が出てくる。
人が辞めるんだから、結果として売上は下がる。
売上が下がれば利益だって当然減る。
こうなるのは当然の成り行き。
ただし、そこからが2代目の勝負。
2代目に能力があれば、新しい人事をしいてもっと会社を大きくする事だってできる。
会社が改革された感じですね。
大きな改革をした際には大きな損失も覚悟しなきゃならないから、一時的な売上減少などは想定内なはず。
しかし2代目に能力が無いと、そのままダメになっていく。

2代目が既にその社内にいて、それなりの実力があって周囲も認めている場合。
問題無く引き継げるし、売上減少も人材流出もほぼ無い。

だから世代交代をする予定の場合は、ずっと前から社員に自分が引退したら息子に譲ると公言しておくのが最も良い。
そして2代目が息子である事に異議のある人間は辞めてもらって構わないが、できれば力を貸して欲しいとちゃんと根回ししておくのが大事。
経営者仲間が一昨年世代交代したけど、これらをきっちりと行っていたから、すごくスームスに世代交代してた。

>創業者から長男が2代目社長を継ぎ、売上・利益が減少し、優秀な人材が次々と辞めてしますのは何が原因ですか?
そうとは限らないんだけどね。

まず質問者さんが言ってる通りの場合。
ダメになるのは、基本的には2代目に経営能力も人望も無いのが原因。
特によそから急に息子だってだけで社長に就任した場合、古くからいる人材は当然不満に思う。
そして辞める人が出てくる。
人が辞めるんだから、結果として売上は下がる。
売上が下がれば利益だって当然減る。
こうなるのは当然の成り行き。
ただし、そこから...続きを読む

Q社員全員で会社を辞めようと思ってます。社長は毎日遊んでます。

入社して3年。会社も設立して3年半しか経ってません。2年目位からでしょうか、元請けの会社の営業力が凄まじく当社の売り上げも2倍に跳ね上がりました。その勢いをもって私は使用人件役員の立場になり会社の為に頑張ってきました。現在社員20名位の零細企業ですが、昨年の年商が1億5千万位です。イスの上に座ってるだけで月200万程のお金が入ってくる社長・・・。会社にも出てきません。まぁどこにでもある話でしょうが、社員全員これからの自分の将来に対し付いて行ける人じゃないと確信してます。社員から個人的に借金を背負ってる社長ですが、毎月最低金額しか払わず、「ポケットマネーから、飲み屋をやる」といってやるわ、「馬主になる」と牧場周りしてます。全く今の仕事に対し何一つ活動してません。会社の方針や夜の遅い仕事に意見した者には「気にいらねー」ともっともらしい言葉をならべて、何も変わりません。ここでは書ききれないほどの事がたくさんあります。お金は人を変えてしまう・・・自分一人で今があると思ってるのです。本題に入りますが、社員全員で会社を辞めようと考えています。間に弁護士を入れて、水面下で動こうと思ってます。ただ今の会社に残りたい人間を引き抜くつもりはありません。個人的な考えではなく皆同じ意見なのです。僕らがやろうとしていることは無理なことでしょうか?問題が色々ありますか?しかも使用人件役員の私が、このような形で辞めるのは難しいでしょうか? 何か意見をお持ちの方よろしくお願いします。

入社して3年。会社も設立して3年半しか経ってません。2年目位からでしょうか、元請けの会社の営業力が凄まじく当社の売り上げも2倍に跳ね上がりました。その勢いをもって私は使用人件役員の立場になり会社の為に頑張ってきました。現在社員20名位の零細企業ですが、昨年の年商が1億5千万位です。イスの上に座ってるだけで月200万程のお金が入ってくる社長・・・。会社にも出てきません。まぁどこにでもある話でしょうが、社員全員これからの自分の将来に対し付いて行ける人じゃないと確信してます。社員から個人...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、社員全員を引き連れて会社を辞めたいということについて

お気持ちは理解できなくもないですが、
やろうとしておられる行動は賛同できるものではありません。

気に入らない社長にギャフンと言わせたい(あ、かなり古い表現ですかね)というだけなら、
社員に対し「気にいらねー」ともっともらしい言葉を並べる社長と全く変わりませんよ。
気に入らない人と同じことをやるのは、あなたにとって耐えられることですか?

それと行動を起こすことであなたにメリットはありますか?
感情的にスッキリするってだけなら(私ならスッキリしないですが)、
デメリットの方が大きいと思いますよ。
一度ご自身でメリットデメリットは表に書いてみてください。
人を攻撃するって必ずデメリットが起きますよ。

正義のためになんて思っていたら周囲から裏切られます。
皆さんの回答を読んでいて分かると思いますが、
あなたと意見を同じくする人はあまりいませんね?
これが周囲の反応です。
それと同じく社員20人もあなたに賛同する人はあまりいない可能性は高いです。


というわけで、謀反は止められた方がよろしいかと思います。


話は変わって、退職されるのは特に問題ないと思います。
一緒に仕事をしたくない社長なら離れましょう。
それに同調して他の社員の方が辞めるのも個人の自由です。

※ただ貴方が先導するのは慎しむべきです。

まずは、社員全員を引き連れて会社を辞めたいということについて

お気持ちは理解できなくもないですが、
やろうとしておられる行動は賛同できるものではありません。

気に入らない社長にギャフンと言わせたい(あ、かなり古い表現ですかね)というだけなら、
社員に対し「気にいらねー」ともっともらしい言葉を並べる社長と全く変わりませんよ。
気に入らない人と同じことをやるのは、あなたにとって耐えられることですか?

それと行動を起こすことであなたにメリットはありますか?
感情的にスッキ...続きを読む

Q「2代目や3代目が会社をつぶす」とよく言われていますが、どの位の確率で

「2代目や3代目が会社をつぶす」とよく言われていますが、どの位の確率でつぶしてしまうのでしょうか?大多数なのか、ほんの一部なのか?・・・またつぶしてしまう主な原因はどんなものなんでしょうか?

Aベストアンサー

>どの位の確率でつぶしてしまうのでしょうか?

さすがにそこまではわかりませんが、

私が知る限りでは数件あります。

前職は3代目が継ぐ頃に潰れました。

まあ、それなりの確率ですが、

そんなに多くはないでしょう。


>またつぶしてしまう主な原因はどんなものなんでしょうか?

企業の寿命は30年と言います。
これぱ市場のニーズを主にあらわしています。

初代は苦労して市場のニーズを敏感にかぎ分けて
そのカリスマ性で社員をリードしますが、

2代目は苦労知らずで、過去の成功体験に
基づいた行動しかできず、

また3代目はその姿を見ながらさらに
社業とは関係のない理想を追い求めたりしがちです。

当然、方向転換すべき時に舵を切るだけの
実力がないのですから、市場から見放されるという
話なのだと思います。

Qあほな社長に、お前は”あほ”だと悟らす方法は

実力も無いのに、親の(創業者)後を継いだ”あほ”社長に困っているというより、むかついています。あほ度合いは次の通り
  *経営者は判断だ、とボケた事を言っている、判断は誰でもできる
   決断するのが経営者だろ
  *何も面白くないのに、自分で言って自分でバカ笑いをしている
   気が小さい事を、笑いでごまかしている
  *誰も相手にしないから、事務所の中をクマみたいに歩いて、ヨッ   シャヨッシャと独り言・・・仕事のジャマじや
  *営業会社なのに、顧客などの所には全然いかず、自分の好きなPC   で分けのわからん資料を作り、細かい事ばかり
   お前は、総務部長か、社長なら売り上げを考えろ
  *ビジョンも無ければ、中、長期経営計画もない、毎度ごわさんで   願いまして・・・何がベンチャー企業じや
と、まあ他にも色々ありますが、この”あほ”に悟らす妙案ありませんか

Aベストアンサー

それは無理です。
創業者の子供に生まれたのも彼の実力(運)ですから。
何を言ってもあなたは使われてる身、彼の機嫌で職を失うかも
(本当はいけませんが)しれませんから。
酒を飲んだ時の愚痴程度にするのならそれも一考です。
でも、どうしても無理ならあなたがその会社を辞めたほうがいいでしょう。
実力をつけてそんな会社じゃなく、もっと良い(世間で)ところで
働いたらどうですか。
そして最後に、そんなおバカな社長がいるからあなたが居られるのかも
しれませんよ。
これは言い過ぎかもしれませんが。
世間は厳しいですよ。

Q会長(父親)の経営に口出しを止めさせるには

私の妻の父親が会社を経営していて、2年程前に保険?を受け取る為に、代表取締役を引退し妻が代表取締役となり、父親が会長といぅ形になりました。
妻は、一生懸命経営を良くしよぅと頑張っていますが、何かに付けて父親(会長)が口出しし、会社内がぐちゃぐちゃにかき回されてしまっています。
父親は、躁鬱っぽく毎日言っている事がコロコロ変わります。
更に最近では、自分の思い通りにならないと、事務所内で暴れる次第です。
従業員の方もビクビクしています。
従業員の方も父親(会長)の言ってる事は、理不尽と思っていますが、暴れるのが怖く言う事を聞かざる得ない状況です。
司法書士の方に相談をしたのですが、株を保有しているのは、父親で、経営に口出しさせない様にするのは難しいとの事でした。
勝手に従業員に指示し、私用の頼みをしたり、本来の業務でない事(微妙に法に触れる可能性がある)を指示したりします。
代表取締役として、注意・『やめて』とお願いすると、逆ギレし狂った様に怒り暴れます。
どぅすれば、経営に口出しさせない様に出来ますでしょうか?
小山の大将のように自分が一番ってタイプの人です。警察等にも怒鳴りちらす人です。
良い解決策あれば教えて下さい。

私の妻の父親が会社を経営していて、2年程前に保険?を受け取る為に、代表取締役を引退し妻が代表取締役となり、父親が会長といぅ形になりました。
妻は、一生懸命経営を良くしよぅと頑張っていますが、何かに付けて父親(会長)が口出しし、会社内がぐちゃぐちゃにかき回されてしまっています。
父親は、躁鬱っぽく毎日言っている事がコロコロ変わります。
更に最近では、自分の思い通りにならないと、事務所内で暴れる次第です。
従業員の方もビクビクしています。
従業員の方も父親(会長)の言ってる事は、理不尽...続きを読む

Aベストアンサー

会長に代表権を持たせていますか。ここがポイントなんです。

よほどの大会社でない限り、代表取締役会長というのはないと思います。
代表取締役が社長ひとりであれば、株を現在の額の倍以上に増資してください。
そしてその引き当てを社長ひとりがやってください。

こういっただけで何を意図しているかすぐに気が付きますか。
気づかれないほうに賭けます。
体力をつけておきたいということでいえば、資金繰りに苦労してきた人はもっともだと思うでしょう。

何を意図しているか会長がわかったら彼も株を買いたがるでしょうが、自分が邪魔扱いされて考えられているだろうという想像がないと思います。

そうすれば、決裁権ばかりか発言権自体が社長に集中します。
会長を勇退していただいて相談役になっていただいたらどうでしょうか。

Q中小企業の社長はなぜ息子を後継者にしたがるのでしょうか?

自ら答えを見出す事もできず、適切な相談相手もいませんので、この場を借りて質問させていただきます。


私の父は年間売上げ30億、社員100名弱の機械メーカーを経営しています。株式は過半数を社長である父が、その他を親類で所有しています。

私自身は大学を卒業し、某大手機械メーカーにてエンジニアの道を歩みはじめたばかりの若造です。

父は私に、「10年後に跡を継いで欲しい」と言います。

私個人で物を考えるのならば、これは稀な、すばらしいチャンスかもしれません。


しかし、なぜ中小企業の経営者は子に跡を継がせようとするのでしょうか?
父の答えは
「中小企業の社長はリスキーだ。リスクを好んで取る他人は少ない。それに身内が跡を継げば社内が納得し、幹部の争いも起きない。」「社長なんて本来は誰でもいいんだ」と。

私にはそれが全てとは思えません。
少なくとも資産や株式の問題、そしてエゴがあると思っています。


なぜ経験も実績もない息子に100人の社員とその家族をいずれ任せるという判断が、リスクがとれるのでしょうか?
なぜその判断が世間でも一般的なのでしょうか?
私にはその理由がわかりません。



どなたか、率直なご回答を頂ければと思います。

自ら答えを見出す事もできず、適切な相談相手もいませんので、この場を借りて質問させていただきます。


私の父は年間売上げ30億、社員100名弱の機械メーカーを経営しています。株式は過半数を社長である父が、その他を親類で所有しています。

私自身は大学を卒業し、某大手機械メーカーにてエンジニアの道を歩みはじめたばかりの若造です。

父は私に、「10年後に跡を継いで欲しい」と言います。

私個人で物を考えるのならば、これは稀な、すばらしいチャンスかもしれません。


しかし、...続きを読む

Aベストアンサー

私は、親戚の会社を経営してます。創業者が叔父で、その息子が一度は後を継いだのですが、結局やめたために私が引き受けました。

まず対外的に、子が継ぐのは会社にとってメリットが多いです。
(1)お客様、銀行、出資者(株主含む)にとって安心感があります。
だれだれの息子(娘)というのは絶対の信頼感があります。甥というだけで、取引が無くなった経験が私にはあります。
(2)従業員にとっても、安心感があります。
これはつまり、誰でも納得がいく人事だということです。他人をトップにすえると、(1)に対して納得いく説明が必要ですし、納得いかない場合には銀行、株主が
実力行使をする可能性もでてきます。
また(2)に対して、他人がトップになればやはり、何でこの人が?という余計な詮索が起こり、やめるひともでるでしょう。

・資産の保全についてメリットがあります。
昔の田んぼと同じですね。先代(創業者?)が鬼籍に入れば、その子供に会社の権利(株など)が相続されます。でしたら、ほかの人に任せずに一族で運営したほうが最初からデメリットが少ないです。#1さんの回答のような部分もあります。

・経営者は簡単には育ちません。
サラリーマンの方には失礼な話ですが、経営側に立ってみると、ものすごく物の見え方が違います。会社の従業員で、経営者になれる資質を持っている人を探すのはとても難しいのです。
もちろん、そのような素質を持った人を、従業員として使いにくいからという理由で、会社が潰していることもあります。

・親のエゴ
無いとはいいません。しかし、同業の集まりに参加しても、後継者で悩んでいる社長は多く、息子さんがいる場合の多くはその人がついでいます。

このような関係性が複雑に絡んでいます。貴方が引き受けるにせよ、やめるにせよ今の会社の状態をつかんでおく必要があります。10年後というなら、引き受けるかどうか1年ぐらいの猶予をもらって、自分なりに経営するということを勉強したほうがよいと思います。
 また、社長をだれがやっても同じというのは、右肩上がりに成長できた過去の話です。
いまは、社長こそ猛烈に勉強しなければ10年20年単位で会社を維持することは出来ません。

私は、親戚の会社を経営してます。創業者が叔父で、その息子が一度は後を継いだのですが、結局やめたために私が引き受けました。

まず対外的に、子が継ぐのは会社にとってメリットが多いです。
(1)お客様、銀行、出資者(株主含む)にとって安心感があります。
だれだれの息子(娘)というのは絶対の信頼感があります。甥というだけで、取引が無くなった経験が私にはあります。
(2)従業員にとっても、安心感があります。
これはつまり、誰でも納得がいく人事だということです。他人をトップにすえると、(1)...続きを読む

Q取締役ですが退職したいと考えています

はじめまして。

ある小さな株式会社の取締役をしております。
この度、退職したいと考えています。ですが、取締役なので
どのような手続きを踏めばよいかわかりません。

まず、退職理由ですが、現在の代表取締役の配偶者が前代表取締役なのですが、その前代表取締役の考え方に疑問を持ち退職を考えています。
現在、会社の業績も悪化していく一方で、すべて私の責任のような事も言われました。

一般社員であれば、退職願いを出して済むと思うのですが、取締役になっているのがひっかかり、どのように手続きをすればいいかわかりません。

どなたか、ご教授お願い致します。

ちなみに、取締役ですが雇用保険は毎月引かれています。

Aベストアンサー

これまでの回答を見ると、ちょっと誤解を招くような情報もあったので、、、書き込みます。

まず、法律の範囲内で言えば退職方法は簡単です。
一般社員としての退職として、退職願いを提出する。
役員としての退職として、辞任届けを提出する。
これらを会社側が受理すれば会社とrinchan_73さんとの
関係は終了です。ただ、法人登記上は、会社が変更登記を
しない限り、rinchan_73さんが取締役のままです。
何か問題が起きたときには、変更登記がなされていなければ
最悪、責任を問われる可能性があります。

取締役は、会社との委任契約です。つまり、お願いされて
引き受けた、ということ。イヤになれば、いつでも、一方的
に辞めることができます。委任契約は信頼関係の上に成り立って
いるものなので、今回のように信頼関係のトラブルで、
辞任するというのは、法的にも慣習的にも問題ありません。
ただ、取締役になるときに「委任状」を書きましたよね?
それと同じように「辞任届け」を書く必要があります。
「辞任届け」は通常、会社が用意するものですが、用意して
くれないのなら、参考URLに法務省が用意した法人変更登記
にまつわる資料ダウンロードページを入れておいたので、そこから
似たケースを探して、そのフォーマットで辞任届けをプリントアウト
してハンコを押せばいいです。
法人登記を変更するときには、本人の「辞任届け」が必要です。
また、会社の臨時株主総会(または取締役会)の議事録の書き方に
よっては、rinchan_73さんの印鑑証明が必要になるかもしれません。
用意しておいてもいいでしょう。

取締役の辞任届けを会社側が受け取らない、もしくは、法人登記の
変更をしない、というときには、辞任届けを内容証明郵便で会社に
送りつけるといいと思います。万が一、トラブルが起きたときには、
辞任届けを出した日にちを確定できるとトラブルを回避できます。

実務上は、取締役を退任したいのに、会社が受理しない、もしくは、
法人登記を変更しない、といったトラブルが、ままあるようです。
もしもそのようなトラブルになったときには、そうしたケースを
解説している書籍はある程度出ているので、参考にされるといいと
思います。

雇用保険が毎月引かれている件ですが、おそらくそれは、立場が
取締役兼社員だからです。取締役と社員は兼務することができます。
だから、社員として、雇用保険が引かれているのです。

参考URL:http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-1.html

これまでの回答を見ると、ちょっと誤解を招くような情報もあったので、、、書き込みます。

まず、法律の範囲内で言えば退職方法は簡単です。
一般社員としての退職として、退職願いを提出する。
役員としての退職として、辞任届けを提出する。
これらを会社側が受理すれば会社とrinchan_73さんとの
関係は終了です。ただ、法人登記上は、会社が変更登記を
しない限り、rinchan_73さんが取締役のままです。
何か問題が起きたときには、変更登記がなされていなければ
最悪、責任を問われる可能性がありま...続きを読む

Q経営者が従業員に対して賞与を出す基準(考え方)について

小企業の経営者です。
従業員に対して出す賞与についてご相談したいと思います。

会計、経理の分野での質問ではないかもしれませんが、他に適当なカテが見つからないので、ここで質問させてください。

経営者が従業員に対して支給する賞与の出し方、その考え方についてです。
私は、従来業績が良ければ、夏冬の年2回の賞与だけでなく決算期末賞与なるものを支給してきました。
税引前利益が、500万円以上出た年は決算期末賞与を支給すると決めて、従業員にも伝えてあります。

決算期末賞与なるものは、夏冬の年2回だけでなく、利益が出た年はその利益の幾分かを従業員に還元してやるべきだとの考え方から支給しているものです。
特に、利益がたくさん出た年などは、それに見合うだけの賞与を決算期末賞与として支給しました。
ある年などは、利益が6000万円くらい出たので、夏や冬に支給している賞与の額の2倍相当の決算期末賞与を支給しました。
(一番多い人で100万円くらい。少ない人でも40~50万円くらいは支給しました)

我社の従業員数は、パートさんを入れて21名ほどです。パートさんは3名です。
夏と冬の賞与支給額は、それぞれ500~600万円くらいです。
これに、決算期末賞与が加わります。

ちなみに我社の財務状態は、すこぶる良好です。
自己資本比率は、70~80%です。
それに実質無借金です。

今期も大幅な利益が出ました。
7000万円以上の利益です。
当然、従業員に対して充分に還元してやろうと思っています。

ところが、私が日頃から会社の経営に関して相談している人物(その人も経営者です)は、私の賞与の出し方はおかしいと言います。

その人に言わせれば、決算期末賞与なるものを今後もずっと出せる状況ではないから、決算期末賞与なるものは廃止して、単なる臨時賞与とすべきだと言います。
(たしかに、業界の景気はあと数年は良いでしょうが、それ以後は落ち込む可能性はあります)

そして、臨時賞与として出すとしても、そんなに多額の賞与を出すべきではないと言います。
その代わり、夏と冬の年2回の賞与(夏1ヶ月分、冬1ヶ月分)は、なんとしても出すようにするのだそうです。

その人が算出した臨時賞与の総額は、360万円ほどでした。
ザックリ21名で割ると、一人当たり18万円ほどです。

夏と冬の年2回、賞与を出した上に、臨時賞与が総額360万円ではあまりに少ないのではないかと思います。
なんせ今期は、利益が7000万円以上出ているんです。
利益が出たのは、従業員が働いてくれたからこそと思います。
充分従業員に還元してやるのが本筋ではないかと思います。
私なら、一人当たり50万円で、総額1000万円くらい(臨時賞与の分として)出してやってもおかしくはないと思っています。

もちろん、内部留保はしっかりするべきですが、それをしたとしても従業員に対して充分な賞与を出すだけの余裕はあるはずです。
税金で持っていかれるくらいなら、従業員に還元してやるほうがずっといいと思います。

その人が言うには、もしも従業員が文句を言うようなら、「そんなことを言うだけの働きをあなたはしているのか。とくに管理職なら管理職として恥ずかしくないだけの働きをしているのか」と言ってやればいいのだ、と言います。
たしかに、我社の従業員の能力や生産性はまだまだ低いです。
しかし、だからといって臨時賞与を渋る理由にはならないのではないでしょうか。
能力、生産性云々ではなくて、たくさん利益が出たらそれ相応の還元をしてやるのが、当たり前だと考えます。
従業員あっての会社ですから。

また、その人は「私が、あなた(私)の立場だったら、俺を見ろと従業員に言ってやる」と言ってました。
つまり、賞与が少ないことで文句を言う奴がいたら、お前は俺ほどの働きをしているのか、と言ってやるというのです。
文句を言う前に、俺ほどの働きをしてみろというわけです。

これも、おかしな理屈だと思います。
経営者が、従業員の2倍3倍の働きをするのは当たり前のことです。
従業員が、経営者と同じだけの働きをしていないことを理由に、賞与を渋るのは、まったくもって理解しがたいことです。

長々と書いてきましたが、この人の考え方は正しいのでしょうか。
経営者として、間違った考え方をしているとは言えないでしょうか。

それとも私の考え方が、甘いのでしょうか。

ご意見、ご感想をお聞かせいただければ嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

最後までお読みいただき有難うございました。

小企業の経営者です。
従業員に対して出す賞与についてご相談したいと思います。

会計、経理の分野での質問ではないかもしれませんが、他に適当なカテが見つからないので、ここで質問させてください。

経営者が従業員に対して支給する賞与の出し方、その考え方についてです。
私は、従来業績が良ければ、夏冬の年2回の賞与だけでなく決算期末賞与なるものを支給してきました。
税引前利益が、500万円以上出た年は決算期末賞与を支給すると決めて、従業員にも伝えてあります。

決算期末賞与なるも...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。

>節税対策として、修理すべきところは修理します。
>必要なものは今期中に買います。
>それだけのことをしても、まだ利益はけっこう残ります。

すみません。求められていない単純な税務アドバイスをしてしまいました。
質問者さんの質問は、小手先の事でなく労働分配率や労働の根本に関する
重い問題ですね。
単純な経理的テクニック論は本質から大幅に外れていました。

>その残った利益の中から従業員に支給する臨時賞与が、たったの360万円ですか。
>あまりにも少なすぎて、従業員に対して申し訳ない気持ちになりますよ。

質問者さんは、経営者と記載されています。一般的に経営者と記載される場合
は、雇われ社長ではなく、大株主としての社長であると理解しておりますが、
この理解は正しいでしょうか。

<もしも私の理解が正しい場合>
 ○質問者さんの意見は全て正しいと思われます。
   会社の内部留保、今後の方針を考えた上で、従業員に利益を還元する
   のは経営者として非常に正しい行為です。
   出資もしていない(経営権を持っていない)、たかがアドバイザーに、
   ”経営者だけが利益を享受すれば良い”という、誤った意見を言われた
   だけで、動じる必然性がありません。
 ○自分の信念を貫く
   経営者は経営全てにおいて最終決定権を持っていると同時に、その結果
   に対して、全ての責任を取るべき存在です。
   質問者さんは、経営者として信念に基づいて全ての会社運営を決めなけ
   ればなりません。
   よって責任のないアドバイザーの意見にそれほどまで憤慨される理由が
   逆にわかりません。無視すればよいことです。
   (基本的にコンサルタントやアドバイザーの意見は、聴くことも重要で
    すが、それを取り入れるかどうかは経営者の才覚にもとづいて決定す
    れば良いことです。コンサルタントはある意味一般的な意見を言うだ
    けですから、本当に会社のためになる意見ばかりではありません)

経営者の利益を充足しつつ労働者の利益を充足する事は経営の究極の姿です。

<前提条件が正しければ>

>この人の考え方は正しいのでしょうか。
>経営者として、間違った考え方をしているとは言えないでしょうか。

経営の究極の姿からは外れていると思われます。
会社を”私”と考え、会社からもたらされた果実は”私”のものと考えている
わけですから、そのようなアドバイザーの意見を聞いても無駄です。
質問者さんの考え方と相容れない考え方です。

>それとも私の考え方が、甘いのでしょうか。

甘くはありません。今後の経営計画をした上での決断ですから、英断と言えます。

#3です。

>節税対策として、修理すべきところは修理します。
>必要なものは今期中に買います。
>それだけのことをしても、まだ利益はけっこう残ります。

すみません。求められていない単純な税務アドバイスをしてしまいました。
質問者さんの質問は、小手先の事でなく労働分配率や労働の根本に関する
重い問題ですね。
単純な経理的テクニック論は本質から大幅に外れていました。

>その残った利益の中から従業員に支給する臨時賞与が、たったの360万円ですか。
>あまりにも少なすぎて、従業員...続きを読む

Q社長を退任に追い込むには

社長を合法的に退任に追い込む方法をご教授下さい。

【背景】
・従業員の意見を聞こうとするも結果、必ずトップダウン。
・頑張っている従業員に対しても、自分の好き嫌いだけでしか評価しない。
・全従業員のモチベーションがダウン
・退職者の90%の退職理由が社長の存在
・社長の存在があるからこその売上や利益は殆どない(10%未満)
・取引先との重鎮の付き合いが、ない(むしろ人見知りする)
・経営能力がなく財務諸表もみられない
・技術屋出身ながら、会社の伝統を支えた経緯はない
(会社の未来を創った開発経験などは皆無)
・そもそも社長選出された理由は、社歴のみ(就任から1年)
(創始者(先代社長)は、若くして他界した為)
・持株については、従業員持株よりも低く全株式の10%未満(第5位)
・同族輩出でなく「たたき上げ」である。(その為会社が危機に
瀕した時は、早々に逃げ出す腹づもりが言葉の片鱗に見え隠れ)
・小心者で責任を取らなければならないケースになると謝罪でしか
解決できない無能ぶり
・従業員が主役となりうる会社行事でも口出しを欠かさない。要は、”任せる”という事を
絶対にしない、させない。(要は、社長の器でなくいわゆる営業部長的タイプで懐の深さがない)
【情報】
・業種は、IT 従業員は、80名 資本金は5000万円

以上の背景と情報より退任に追い込む方法をご教授願います。

社長を合法的に退任に追い込む方法をご教授下さい。

【背景】
・従業員の意見を聞こうとするも結果、必ずトップダウン。
・頑張っている従業員に対しても、自分の好き嫌いだけでしか評価しない。
・全従業員のモチベーションがダウン
・退職者の90%の退職理由が社長の存在
・社長の存在があるからこその売上や利益は殆どない(10%未満)
・取引先との重鎮の付き合いが、ない(むしろ人見知りする)
・経営能力がなく財務諸表もみられない
・技術屋出身ながら、会社の伝統を支えた経緯はない
(会...続きを読む

Aベストアンサー

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E5%C9%BD%BC%E8%C4%F9%CC%F2

取締役会で代表取締役の解任が第一ステップです。
サイトをご覧下さい。

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報