最新閲覧日:

個人事業で毎年青色申告(65万円)を行っている者です。

売掛金として処理すべきものを、預金口座に振り込まれた時点で売上高として処理していたミスが判明し困っております。

取引先から毎月いくらかの報酬が発生します(源泉徴収なし)。11月分の報酬額は翌月12月にわかり、翌々月の1月に預金口座に振り込まれます。この場合は12月に売掛金として処理すべきですが、1月に売上高として処理しておりました。そのため11月分の売掛金が申告漏れとなっている状態です。

さらに開業した2011年から毎月このように計上しており、毎年申告漏れが発生している状態です。金額は、2011年(5千円の漏れ)、2012年(1万円)、2013年(2万円)、2014年(6万円)です。

自分なりに処理の仕方を考えたところ、前年度に申告すべきものを翌年に計上するといったことを繰り返しているので、2014年度分の6万円の申告漏れを2015年度分に計上すればよいという認識でおります。

〔借方〕売掛金 60,000/〔貸方〕前期損益修正益 60,000
【摘要欄】平成27年分売上計上漏れ
(※2015年度分の記帳ミスについても、年末調整で逆仕訳して正しく記帳しなおす。)

果たしてこれでよいのでしょうか?申告漏れの金額が少額と言えるかの判断もつきません。修正申告すべきでしょうか?どうすべきかわからず困っております。ご回答いただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

修正申告をする必要はありません。



売上計上漏れ金額6万円は少額です。ですから、正規の簿記の原則により、

〔借方〕売掛金 60,000/〔貸方〕前期損益修正益 60,000

と仕訳して、過年度の売上を当期において「前期損益修正益」に計上するのが正しいやりかたです。
※前期損益修正益」は、確定申告の時に、青色申告決算書の「売上(収入)金額」にまとめてしまって下さい。

=====

質問文を読むと、青色申告者の質問者が簿記会計を正しく勉強しておられる様子が良く分かりますね。なお一層、頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答くださりありがとうございます。税務署へ問い合わせ詳細を説明しましたら、私のケースの場合、hinode22さんのご回答と同様の対処法を教えてくださいました。今回の件で簿記や税について再度基礎から学び直す必要性を感じました。丁寧な説明をしてくださりありがとうございました。

お礼日時:2016/02/11 17:05

>さらに開業した2011年から毎月このように計上しており…



税金は和暦で「平成△年分」と表記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

>毎年青色申告(65万円)を行っている…

65万円控除は、正規の簿記の原則による記帳と仕訳が要件となっています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

>2014年度分の6万円の申告漏れを2015年度分に計上すればよいという認識…

それは、正規の簿記の原則による考え方ではなく、青色申告特別控除額は 10万円になります。

>(※2015年度分の記帳ミスについても、年末調整で逆仕訳して正しく記帳…

年末調整?
事業所得の決算と申告に年末調整などは無縁です。

いずれにしても平成23年分からなのならまだ時効にかかっていませんから、すべての年分ごとに青色申告決算書と確定申告書を作成し直して再提出が必要です。
俗にいう「修正申告」です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答くださりありがとうございます。勉強不足を痛感いたしました。早速、修正申告について税務署に問い合わせてみたいと思います。

お礼日時:2016/02/10 15:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

売掛金」に関するQ&A: 買掛金、売掛金とは?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛帳・買掛帳の記帳について、教えて下さい青色申告65万円控除の申告を出しています当店では、

売掛帳・買掛帳の記帳について、教えて下さい

青色申告65万円控除の申告を出しています

当店では、クレジットカード購入以外、ほとんどを発生月に決済されています

請求時と入出金時にタイムラグがある場合は記帳しています
ない時でも、売掛帳・買掛帳に記帳するのでしようか?

光熱費・携帯電話代の支払いもタイムラグがありますが、どのように記帳すれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

>ほとんどを発生月に決済されています

本当に発生月に決済されていれば、必ずしも買掛帳を使用する必要はありません。
しかし、特にソフトをお使いなら 支払先別に買掛帳を使って管理したほうが断然便利ですので買掛帳に記入(入力)することをお勧めします。

>請求時と入出金時にタイムラグがある場合は記帳しています

「請求時=発生時」と考えるのは間違いですから、注意を要します。
【例】
経費が発生したのが12月20日、請求が来たのが1月10日、支払ったのが1月10日だとします。この場合、あくまで経費が発生した日を基準に
 12月20日 ~費 30,000 未払金 30,000
 1月10日  未払金 30,000 現金 30,000
とします。
 1月10日に請求が来て当日に支払ったからといって
  1月10日 ~費 30,000 現金 30,000
 とするのは誤りです。

>光熱費・携帯電話代の支払いもタイムラグがありますが、どのように記帳すれば良いでしょうか?
 
このような経費も厳密には発生したときと支払ったときに分けて記帳するのが基本ですが、月々で変動の少ない恒常的な経費は支払った時の経費で記帳することも認めれています。

>ほとんどを発生月に決済されています

本当に発生月に決済されていれば、必ずしも買掛帳を使用する必要はありません。
しかし、特にソフトをお使いなら 支払先別に買掛帳を使って管理したほうが断然便利ですので買掛帳に記入(入力)することをお勧めします。

>請求時と入出金時にタイムラグがある場合は記帳しています

「請求時=発生時」と考えるのは間違いですから、注意を要します。
【例】
経費が発生したのが12月20日、請求が来たのが1月10日、支払ったのが1月10日だとします。この場合、あくまで経費...続きを読む

Q修正申告すべき?

個人事業主です。
前期の帳簿チェックをしていたら、仕分けミスをいくつか見つけました。

まず、所得金額に影響してくるものが

修繕費/未払金 と仕分けをして、翌月に
未払金/現金 と仕分ける所を間違って
修繕費/現金 と仕分けています。
結果、修繕費が二度経費に上がっている事になります。
同じミスが二カ所あり金額の合計は63525円で、修正申告の計算をした所、追加の納税額は4000円と少額ではありますが、やはり修正申告すべきでしょうか?

また、このままでは帳簿上には実際には支払済の修繕費の未払金が、残ったままになっています。これをなくすためにはどう言う仕分けをすればよいなでしょうか?また、上がったままの二重の修繕費はどうすればよいのでしょうか?

もう一つは仕分けの科目を間違って
未払金/現金 と仕分ける所を
買掛け金/現金と仕分けています。
これも帳簿上に未払金が残ったままになっています。今期で修正するにはどう言う仕分けをすればよいのでしょうか?

頭が混乱して参ってます。
お助け下さい。

Aベストアンサー

>修正申告の計算をした所、追加の納税額は4000円と少額ではありますが、やはり修正申告すべきでしょうか?

前期の事業所得の過少計上が63525円で、修正申告する場合の追加納税額が4000円という少額なのであれば、あえて修正申告をする必要はありません。今期の確定申告で、その所得「63525円」を計上しておけば解決です。


>帳簿上には実際には支払済の修繕費の未払金が、残ったままになっています。これをなくすためにはどう言う仕分けをすればよいなでしょうか?
>また、上がったままの二重の修繕費はどうすればよいのでしょうか?

次の仕訳を起こせば一挙に解決します。
〔借方〕未払金 ☆☆☆☆☆/〔貸方〕雑収入 ☆☆☆☆☆

【解説】未払金元帳残高に実態のない「未払金☆☆☆☆☆」が残っているわけですから、それを消去するために「〔借方〕未払金 ☆☆☆☆☆」とします。〔貸方〕は、「修繕費」にしたいところですが、前期の「〔借方〕修繕費 ☆☆☆☆☆」を消去するのに今期、「〔貸方〕修繕費 ☆☆☆☆☆」とすることはできません。今期の修繕費発生高に影響を与えるからです。この場合は「雑収入」を使うほかありません。
※法人の場合は、「雑収入」ではなく「前期損益修正益」を使いますが。


>前期、未払金/現金 と仕分ける所を
買掛け金/現金と仕分けています。
帳簿上に未払金が残ったままになっています。

今期において次の仕訳を起こします。

〔借方〕未払金 ☆☆☆☆/〔貸方〕買掛金 ☆☆☆☆

>修正申告の計算をした所、追加の納税額は4000円と少額ではありますが、やはり修正申告すべきでしょうか?

前期の事業所得の過少計上が63525円で、修正申告する場合の追加納税額が4000円という少額なのであれば、あえて修正申告をする必要はありません。今期の確定申告で、その所得「63525円」を計上しておけば解決です。


>帳簿上には実際には支払済の修繕費の未払金が、残ったままになっています。これをなくすためにはどう言う仕分けをすればよいなでしょうか?
>また、上がったままの二重の修繕費はどう...続きを読む

Q法人税の修正申告をした次年度の申告書の書き方

7月決算の小さな有限会社です。税理士は、頼んでいません。
前期の売上に役100万円の記入もれがあり、3月に修正申告をして法人税等役20万円をおさめました。
今期に売掛金/売上金として100万円を計上し、追徴した法人税等20万円を租税公課/現金として計上しました。
もうすぐ、今期の法人税の申告をしなければなりませんが、この100万円と20万円をどこに記入すればいいか、さっぱりわかりません。
申告書のどこにあげればいいのでしょうか。毎年、なんとか申告をしてきましたが、このような事例は、初めてで、困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前期の修正申告書は正しく書けていますか?正しく書ける知識があれば当期の確定申告書も書けると思うのですが・・・
書けているとして、
当期の確定申告書において、

別表4の減算留保欄に前期売上漏れ100万を記入
別表5-1の当期減欄に前期の修正申告で計上されている売掛金100万を記入(翌期繰越額はゼロに)
別表4の加算留保「損金経理をした法人税」欄に納付した法人税額を記入
別表5-1の「未納法人税」の当期減欄に納付した法人税額を記入(当初申告分との合計額を記入)
別表4の加算留保「損金経理をした道府県民税及び市町村民税」欄に納付した県民税および市民税を記入
別表5-1の「未納道府県民税」の当期減欄に納付した県民税額を記入(当初申告分との合計額を記入)
別表5-1の「未納市町村民税」の当期減欄に納付した市民税額を記入(当初申告分との合計額を記入)
別表5-2に法人税、県民税、市民税、事業税の納付状況を記入(詳細は省略させていただきます)

といったようなところです。

税務署で見てもらうか、お近くの税理士会の無料相談所で見てもらうかするとよいと思います。

前期の修正申告書は正しく書けていますか?正しく書ける知識があれば当期の確定申告書も書けると思うのですが・・・
書けているとして、
当期の確定申告書において、

別表4の減算留保欄に前期売上漏れ100万を記入
別表5-1の当期減欄に前期の修正申告で計上されている売掛金100万を記入(翌期繰越額はゼロに)
別表4の加算留保「損金経理をした法人税」欄に納付した法人税額を記入
別表5-1の「未納法人税」の当期減欄に納付した法人税額を記入(当初申告分との合計額を記入)
別表4の加算留保「損...続きを読む

Q減価償却費の計上漏れ

前期に減価償却費の計上漏れがありました。

当期において

仕訳
(借)減価償却費(前期修正損?) (貸)減価償却累計額

別表四
(加算)前期減価償却費計上漏れ (社外※)

の処理で宜しいでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>その前期償却漏れの差額分は法定耐用年数後に別表四で認容という形で減算し別表五の(2)欄で消し込むということになりますでしょうか。
根本的に違います。そもそも償却費というのは会計処理で計上した額のうち税法で定める償却限度額までの金額が損金になるもので、限度を超える金額は償却超過額として加算され、その超過額は、会計上の償却費が税法上の限度額を下回った場合に償却不足額として認容(減算)されるものです。これらの計算は別表16で行うものであり、いきなり別表4や別表5に記載することはできません。
なお、法定耐用年数は償却率を探す目安にすぎす、それ自体はなんら償却費の計算には絡みません。耐用年数が経過したかどうかは償却費の損金算入とは何の関係もありません。

ついでに、前の回答で、別表5には減価償却累計額として記載すると書いたのは、あなたの質問中の仕訳に減価償却累計額が出てきたからです。償却累計額を使わず直接償却しているなら(一般的にはこちら)、別表5にも減価償却超過額として記載します。

前の回答にも書きましたが、償却費の税法上の正当額は別表16で計算するものです。あなたの質問にも補足にも全く別表16のことが出てこないのは、法人税法上の減価償却制度というものをわかっていないからじゃないかと思います。
法人税の申告書を書くなら、専門の解説書は必須です。素人がいきなり作れるような簡単なものではありません。

>その前期償却漏れの差額分は法定耐用年数後に別表四で認容という形で減算し別表五の(2)欄で消し込むということになりますでしょうか。
根本的に違います。そもそも償却費というのは会計処理で計上した額のうち税法で定める償却限度額までの金額が損金になるもので、限度を超える金額は償却超過額として加算され、その超過額は、会計上の償却費が税法上の限度額を下回った場合に償却不足額として認容(減算)されるものです。これらの計算は別表16で行うものであり、いきなり別表4や別表5に記載することはできま...続きを読む

Q計上漏れの仕訳について

前期末の役員借入金が、前期の決算書には計上されていません。

計上されていない現金300万円を今期に返済しました。
現金 300 / 役員借入金 300
役員借入金 300 /債務免除益 300

上記の仕訳であっていますか?

(前期決算は、税理士に依頼したのですが、ちょっと雑な決算でした。)

Aベストアンサー

現金の貸し借りに損得は発生しませんので「免除益」はありえません。
(法人所得に直結します)

前期で300万円の返済をしたのに計上漏れ・・現金として残っている・・
というのであれば、
決算書上では前期末の借入金残高は過大で、現金残高が過少だったということですよね?

単純に 借入金/現金 で それぞれの残高が合うのではないでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報