個人事業で毎年青色申告を行っている者です。前期と前々期の売掛金の記載内容にミスがあり困っております。

まず、前々期に売掛金10,000円の回収を行った際に、銀行口座に10,500円が振り込まれていました。この500円は売掛金とは別の報酬として合算されて振り込まれていたのですが、それに気づかず「普通預金10,500/売掛金10,500」と処理をしてしまいました。そのため売掛金の残高が500円分少なくなっています。また、前期も同様に2,000円多く振り込まれていたことがあり、売掛金の残高が合計で2,500円少ない状態です。

過去2年間で2,500円分の売上を申告していないことにもなると思うので、修正申告しようと思い調べてみたのですが、少額であれば修正申告ではなく、当期の売上として計上すればよいという意見がありました。

そこで質問なのですが、対処法としては2014年度分の確定申告を行う際に年末調整で修正を行い、この分の売上を計上するという方法でも問題ないのでしょうか?その際は「売掛金500/普通預金500」と逆仕訳をした後で「普通預金500/売上高500」と行えばよいという認識でいるのですが、果たしてこれでよいのでしょうか?どうしたらよいのかわからず困っております。ご回答いただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

計上漏れになった所得については、税法に厳密に従うならば、平成24年の25年について、それぞれ修正申告を行って所得税を追加納付することになりますが、計上漏れの額が小さいですから、平成26年の所得に含めて確定申告すればOKです。



その際の仕訳ですが、

>・・この分の売上を計上するという方法でも問題ないのでしょうか?その際は「売掛金500/普通預金500」と逆仕訳をした後で「普通預金500/売上高500」と行えばよいという認識でいるのですが、果たしてこれでよいのでしょうか?

違います。売掛金元帳の残高が実際よりも少ないのですから、

平成26年1月1日または平成26年12月31日の日付で、
〔借方〕売掛金 500/〔貸方〕雑収入 500
【摘要欄】平成24年分売上計上漏れ

平成26年1月1日または平成26年12月31日の日付で、
〔借方〕売掛金 2,000/〔貸方〕雑収入 2,000
【摘要欄】平成25年分売上計上漏れ

と仕訳して下さい。

《注》金額が多ければ前期損益修正益としますが、少ないですから雑収入で充分です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急にご回答いただきありがとうございました。
平成26年度分の所得に含めて申告しようと思います。
仕訳の仕方も丁寧に説明してくださりありがとうございました。雑収入で売掛金に計上すればよいのですね。売上高としてはならない理由も理解できましたのでスッキリしました。
本当に助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2015/02/16 11:45

No.1です。

補足します。


「正しい仕訳」は、

〔借方〕売掛金 ***/〔貸方〕雑収入 ***
【摘要欄】平成**年分売上計上漏れ

としました。

ここで〔貸方〕雑収入とする理由を書いておきます。

質問者のように、〔貸方〕売上高とすると、過去の売上なのに、平成26年の売上になってしまいます。「正しい仕訳」を平成26年の日付で起こすからです。

ですから、ここでは、〔貸方〕に売上高を使うのは、会計としては誤りなのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上/売掛帳と売上帳なんですが・・・・・・・

売掛で売上たものは、とりあえず売上/売掛帳に記入するのはわかりますが、現金で売り上げたものは、なにに記入するのですか?現金出納帳簿に勘定科目「売上」でいいですか?それとも売上帳と、売上/売掛帳簿の二つをつねに持っていて現金の場合は売上帳に記入するのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。

>借方 売上高1000/貸方 売掛金1000 でしょうか?

いいえ。

1000円で掛売りした場合、仕訳は

〔借方〕売掛金1000/〔貸方〕売上高1000

ですから、

・売掛帳(売掛金元帳)の〔借方〕に「1000」と記入します。相手科目は「売上高」です。

・また売上帳(売上高元帳)の〔貸方〕「1000」と記入します。相手科目は「売掛金」です。

Q売上?売掛金?

ネット通販である商品を販売しております。
お客様がネットで商品を購入すると、数日の間に商品代と送料を合計した金額が私の銀行口座に振り込まれます。
その振込を確認した後に商品をお客様へ発送する仕組みですが、簿記上の取引ではどのようになるのでしょうか?
お金が振り込まれた時点で「売上高」という勘定科目にするのか?それとも売った時点で「売掛金」とし、お金が振り込まれてから再度、仕訳をするのか?
一般的にはどのようにするのでしょうか?

Aベストアンサー

在庫と売掛金の管理はどうなっていますか?
商品の発送時に、売掛金を立て、入金時に売掛金を消す仕訳の方が、後に管理(売掛金の把握)には有効だと思います。
確かに、シンプルな経理処理は楽ですが、現金商売でない以上売掛金計上が必要と思われます。売掛金の計上を省くことが、シンプルだとは思えません。

Q(訂正)前期の未払金処理の誤りを今期で修正したい。

前のスレッドで、質問内容に誤りがありました。

以下、正しい質問です。

前々期に未払金があり、
備品消耗品 100,000 未払金
として、あげました。

普通、このような場合は、
次の期(今の場合、前期)で、その未払金を支払ったものとして、
まずは支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
とし、

同じ期の決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理しています。

ところが、今回、
前期で、支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
としてあるものとして(実際はこの仕訳はしていない)、

(同じく前期の)決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理してしまいました。

ところが、今期になって、その未払金はまだ支払っていなかったことに気づきました。

このような場合、今期で修正するにはどのような仕訳をすればよいでしょうか?

単に、間違いの反対の仕訳として、

備品消耗品 100,000 未払金

とすればいいのでしょうか?

その場合、別表4で加算する必要はあるでしょうか?

たびたび申し訳ありませんが、
よろしくお願いします。

前のスレッドで、質問内容に誤りがありました。

以下、正しい質問です。

前々期に未払金があり、
備品消耗品 100,000 未払金
として、あげました。

普通、このような場合は、
次の期(今の場合、前期)で、その未払金を支払ったものとして、
まずは支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
とし、

同じ期の決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理しています。

ところが、今回、
前期で、支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
としてあるものとして(実際は...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

実をいうと、

>普通、このような場合は、
次の期(今の場合、前期)で、その未払金を支払ったものとして、
まずは支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
とし、

同じ期の決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理しています。


両方の仕訳が間違っているのです。

未払金を支払った時点で、
〔借方〕未払金100,000/〔貸方〕現金100,000
この仕訳だけで良いのです。


>(同じく前期の)決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理してしまいました。

この仕訳が間違っています。


なので、今期、どのように是正するか、ですが・・

「備品消耗品」は資産科目ですか、費用科目ですか。


◇「備品消耗品」が資産科目である場合:
今期は前期と同じく間違った仕訳を起します。
〔借方〕備品消耗品100,000/〔貸方〕未払金100,000
減価償却は今期から始めれば良いでしょう。

利益に影響がないので別表四での申告調整は不要です。


◇「備品消耗品」が費用科目である場合:

前期は、
未払金 100,000 備品消耗品
この間違った仕訳によって損金(備品消耗品)をマイナス算入したわけです。つまり、架空の利益100,000円を計上したことになります。そして、架空の法人税を納めました。

今期は、次の仕訳を起して前期の間違いを取り消します。
〔借方〕前期損益修正損100,000/〔貸方〕未払金100,000
(備品消耗品は使えません。これを使うと、今期に費用「備品消耗品」を計上することになります。)
これによって、前期の架空の法人税を取り戻せます。

ですから、やはり、別表四での申告調整(所得の「加算」)は不要です。

こんにちは。

実をいうと、

>普通、このような場合は、
次の期(今の場合、前期)で、その未払金を支払ったものとして、
まずは支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
とし、

同じ期の決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理しています。


両方の仕訳が間違っているのです。

未払金を支払った時点で、
〔借方〕未払金100,000/〔貸方〕現金100,000
この仕訳だけで良いのです。


>(同じく前期の)決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金か...続きを読む

Q(やよい)長期借入金・短期借入金残高の修正について

初心者ですが、よろしくお願いします。

個人事業主で「やよいの青色申告」を使用し、2010年度から青色申告しています。
題名の通り、借入金について質問が二つございます。

(1)2011年度の申告書を作成していますが、開始貸借対照表の2010年期首の長期借入金の金額を実際より少なく入力して申告していたことが判明しました。2011年度申告で修正したいのですが、どのような仕訳で修正すればよろしいでしょうか?また、日付は期首でよいでしょうか?
あるいは2010年度の申告を修正しなければならないのでしょうか?

(2)借入金は元利均等ですが、2011年度途中で金利条件を変更したため、2011年度は、2010年度末に短期借入金へ振り替えた金額(こちらは入力に間違いはありません)以上に返済しました。そのまま毎月の返済を入力していると、2011年度末の短期借入金の残高が合わなくなるので、こちらも修正したいのですが、どのような仕訳で修正すればよろしいでしょうか?
また、日付は期末でよいでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>(1)2011年度の申告書を作成していますが、開始貸借対照表の2010年期首の長期借入金の金額を実際より少なく入力して申告していたことが判明しました。2011年度申告で修正したいのですが、どのような仕訳で修正すればよろしいでしょうか?また、日付は期首でよいでしょうか?

2010年期首の長期借入金の、実際金額と入力金額との差額を☆☆☆☆☆円とします。

開始貸借対照表が違っていたということは、開始時点での「元入金」が違っていたということになります。ですから、
〔借方〕元入金☆☆☆☆☆/〔貸方〕長期借入金☆☆☆☆☆

仕訳日付は期首が正解です。


>あるいは2010年度の申告を修正しなければならないのでしょうか?

2010年の申告は、貸借対照表には誤りがありますが、その誤りは2010年の損益計算には影響を与えないので、申告した所得は正しいと思われます。従って、修正や更正の必要はありません。



>(2)

質問の意味が良く分かりません。

>2010年度末に短期借入金へ振り替えた金額・・

なぜ長期借入金を短期借入金に振り替えたのですか。
長期借入金の全額を短期借入金に振り替えたのですか。それとも一部だけですか。

長期借入金を短期借入金に振り替えなければ問題が生じないのではないですか。
だったら、2011年期首の日付で短期借入金を長期借入金へ戻せば良いのでは?


以上、補足願います。

>(1)2011年度の申告書を作成していますが、開始貸借対照表の2010年期首の長期借入金の金額を実際より少なく入力して申告していたことが判明しました。2011年度申告で修正したいのですが、どのような仕訳で修正すればよろしいでしょうか?また、日付は期首でよいでしょうか?

2010年期首の長期借入金の、実際金額と入力金額との差額を☆☆☆☆☆円とします。

開始貸借対照表が違っていたということは、開始時点での「元入金」が違っていたということになります。ですから、
〔借方〕元入金☆☆☆☆☆/〔貸方〕長期借入金☆...続きを読む

Q売掛金に対して売上をまとめて記載する方法について

私は青色申告をして今年からクラウド会計ソフトを使って複式簿記で記載していますが、私のしているネットビジネスでは複数の会社と取引きをしていますが、どの会社も毎月月末に売上が確定し、数日~1ヶ月後に振り込まれます。

本来は1社ごとに売掛金と売上を書かないといけないようですが、日付が同じなので、下のように月末にまとめて売掛金を書いてもいいのでしょうか?

1/31 借方    /貸方    摘要 
   売掛金6,000/売上3,000 会社Aの確定報酬
          売上2,000 会社Bの確定報酬
          売上1,000 会社Cの確定報酬

なお、下の通り、振り込みは分けて書いています。

2/15 借方    /貸方     摘要
   預金 3,000/売掛金3,000 会社Aから入金

2/22 借方    /貸方     摘要
   預金 2,000/売掛金2,000 会社Bから入金

2/28 借方    /貸方     摘要
   預金 1,000/売掛金1,000 会社Cから入金

私は青色申告をして今年からクラウド会計ソフトを使って複式簿記で記載していますが、私のしているネットビジネスでは複数の会社と取引きをしていますが、どの会社も毎月月末に売上が確定し、数日~1ヶ月後に振り込まれます。

本来は1社ごとに売掛金と売上を書かないといけないようですが、日付が同じなので、下のように月末にまとめて売掛金を書いてもいいのでしょうか?

1/31 借方    /貸方    摘要 
   売掛金6,000/売上3,000 会社Aの確定報酬
          売上2,000 会社Bの...続きを読む

Aベストアンサー

念のため、クラウド会計ソフトでしたら、決算書を表示・印刷なさるときは、仕訳ごとの(各社の)売掛金残高を合計し「売掛金」に一本化されたデータになっていることと思います。

この場合、仕訳段階でも会社別に売掛金を分けなくて差し支えありません。


もちろん、管理上必要かどうかをご検討なさり、必要と判断して会社別に売掛金を分けても、差し支えありません。

ただそれは、管理会計の話であって、税務会計などの制度会計に適用されうる明瞭性の原則が無関係であることには変わりありません。言い換えれば、会社別に売掛金を分けなくても税務会計などには何ら違反せず、この点についてはご質問者さんは気にしなくて大丈夫です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報