『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

被相続人Aが亡くなり(平成28年)、相続が発生したのですが、誰が相続をするのかよくわかりません。

Aは結婚していましたが、夫とは死別しており、子もいません。両親も既に亡くなっています。
妹Bと弟Cがいますが、妹Bは亡くなっています(昭和30年)。Bには夫Dとの間に子供Eがいます。
ここまでならば、相続はCとEがするものだと思えます。
ですが、よくわからないところがあります。
実はDはBが亡くなった後、Fと再婚します(昭和45年)。DとFの間には子Gが生まれます(昭和45年)。
その後、Dは平成元年に、Fは平成15年に亡くなります。
第三順位の相続人は兄弟姉妹(代襲の甥姪)までです。
被相続人Aの相続はどこまで及ぶのでしょうか?
数次相続を考えるとGまで及ぶような気がするのですが、果たしてここまで(Gまで)いくのかとも思います。皆様のご回答をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>やはりこの場合ですと、Gにまで相続が及ぶのですね…



数次相続なら、

Aの相続人は B と C
Bの相続人は D と E
Dの相続人は F と G

となるので、G まで及びます。

>Dが再婚したFに、もしも他の人との子供がいたとすると(前夫がいたとして)、その子供まで…

「もしも他の人との子供」を P とすれば、

Fの相続人は G と P

ですから P も A の相続人になります。
このようなことを避けるには、人が旅立ったら速やかに遺産分割を行い、何年も放置しないことが肝要です。

なお、既にお気づきかとは思いますが、先の回答に誤りがありました。
[誤] E だけが法定相続人です。
[正] C とE が法定相続人です。
他の方も間違えられたようですが、この種のお話は図示しないと分かりにくいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。どこまでも相続が及ぶのですね。時間が長く経ってしまった相続は本当に大変なことになり得ますね。
そして、ご指摘の通り、相続関係図を見ながらも頭を悩ませていた私ですので、ご回答いただいた方にはなおのこと申し訳ありませんでした。皆様に本当に感謝です。ありがとうございました。
ベストアンサーは私の間違いを指摘し、そのうえで仮定も含めて詳細を説明してくださったmukaiyamaさまにさせていただければと思います!

お礼日時:2016/03/16 23:30

NO.4です。


NO.4回答にミスがあったので、直して再回答します。

「E だけが法定相続人」ではありません。
CとEが相続人。

Bと離婚したDはBにとって他人になっている。
Dが離婚後にFとの間の子GはDとFの相続人ではあるが、Bの相続権は持ちえない。
BはGにとって、父親が以前結婚してた女性というだけの関係。赤の他人です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。初歩的なところで大分誤解していました。今回は悩まなくていいところで悩んでしまっていたのですが、解決してすっきりしたのでよかったです。

お礼日時:2016/03/15 21:50

「E だけが法定相続人」では。


CとEが相続人。

Bと離婚したDはBにとって他人になっている。
Dが離婚後にFとの間の子GはDとFの相続人ではあるが、Bの相続権は持ちえない。
BはGにとって、父親が以前結婚してた女性というだけの関係。
    • good
    • 0

>第三順位の相続人は兄弟姉妹(代襲の甥姪)まで…



はい、E が法定相続人ですね。

>数次相続を考えるとGまで及ぶような気がする…

意味が違います。
数次相続とは、ある人が旅立ち、既に相続者として確定している人が、遺産分割協議が整わないうちに旅立ち、その人の相続者に相続権が移行することをいいます。

ご質問の事例でいうなら、

>被相続人Aが亡くなり(平成28年…

これよりあとに、B が旅立ったのなら、確かに数次相続で G に A からの相続権が発生します。

しかし、この順序ではないのですね。
したがって数次相続の言葉は関係ありません。

E だけが法定相続人です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。まさしくその通りです!そもそもBがAよりも先に亡くなっていることを完璧に落としていました…今回のこのケースでは全く悩む必要がなかったですね。ぐるぐる考えていて頭痛がしていたので、ものすごくすっきりしました。

ところでなのですが、

>これよりあとに、Bが旅立った…

と、触れていただいたところなのですが、やはりこの場合ですと、Gにまで相続が及ぶのですね。もしかして、Dが再婚したFに、もしも他の人との子供がいたとすると(前夫がいたとして)、その子供まで相続が及ぶのでしょうか?亡くなった順番はA→B→D→Fですとした場合なのですが…

お礼日時:2016/03/15 21:27

>相続はCとEがするものだと思えます。


それで終わりです。
後は何もつながりがないです。
法定相続人は
血族と被相続者の相続発生時の配偶者だけ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。複雑に考えてしまい頭痛を起こしていました。解決してすっきりしました。

お礼日時:2016/03/15 21:08

AからするとGについてはあきらかに他人ですよね



妹Bが生きていたと仮定するとわかりやすくなるかと思いますが、妹Bと夫Dが離婚後にFと再婚し子供Gが生まれたとして、その後妹Bが亡くなったとしてもDにもFにもGにも相続権はありません。
ですので当然ご質問の状況でAが亡くなっても無関係なGに相続権はありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。初歩的なところで大分誤解していました。複雑に考えてしまっていたため解決してすっきりしました。

お礼日時:2016/03/15 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q兄弟姉妹の配偶者の相続権について

被相続人の兄弟(姉妹)の妻(夫)が相続人となりうるケースはありますか?

例えば、被相続人が死亡後、相続前に兄弟姉妹が死亡した場合はどうなりますか?

Aベストアンサー

ありません。

>例えば、被相続人が死亡後、相続前に兄弟姉妹が死亡した場合はどうなりますか?

その兄弟姉妹に子供(被相続人の甥姪)がいればその子供が相続人になります。


詳しい話は以下の通りです。

相続人は、まず原則的には、
1.子供と被相続人の配偶者、
2.子供がいなければ直系尊属(*)と被相続人の配偶者、
3.直系尊属もいなければ兄弟姉妹と被相続人の配偶者
です。
兄弟姉妹の配偶者は相続人ではありません。

(*)直系尊属とは早い話が、親、祖父母、曽祖父母……のことです。

厳密に言えば、子供がいなければ直ぐ親になるのではなく、
子供がいない場合(正確には子供が一定の事由で相続人とならない場合)に
孫がいれば、親ではなく孫(これを代襲相続と言います)、
孫もいなくてもひ孫がいれば、親でなくひ孫(再代襲と言います)と
世代が下がって行きます。
下の世代(直系卑属)が全くいなければ初めて親になります。
複数の子供がいて一部の子供が既に死亡している場合などには、
死亡した子供についてその子(被相続人の孫)、孫(被相続人のひ孫)と
代襲相続が起ります。

#養子が絡むと少々複雑になりますがここでは無視します。

直系尊属の場合、親等の近い者が優先します。
つまり、まず親です。
親が一人も(*)いなければ祖父母。
祖父母も一人もいなければ曽祖父母。
という次第で世代が上って行きます。
これは代襲相続とは違います。
上の世代(直系尊属)も全くいなければ初めて兄弟姉妹になります。

(*)例えば、親の内父親だけが死んでいれば母親が相続人となり、
 父親の両親(父方の祖父母)は相続人にはなりません。
 同様に、両親が死んでいて4人の祖父母の内一人でも生きていれば、
 曽祖父母は一切相続人にはなりません。
 ここが子供の場合に生じる代襲相続との違いです。

兄弟姉妹の場合、一代に限って代襲相続が認められています。
つまり、兄弟姉妹が一定の事由で相続人とならない場合に
代襲相続ができるのは、その子(被相続人の甥姪)までです。
その子(甥姪)も相続人とならない場合にはその孫は相続人とならない
(再代襲できない)ということです。


なお、遺言により相続人以外の者にも財産を承継させることができます。
これは相続ではなく遺贈という別の制度で、
遺贈により財産を受ける者は、受遺者と言い、相続人と似て非なるものです
(似ているので似たような扱いを受ける面もあります。
 ちなみに、相続人に遺贈を行うこともできます。
 そうすると、相続人且つ受遺者ということになります)。
世間的には相続人と言うかもしれませんが法律的には間違いです。

参考に付け足しておきますと、
兄弟姉妹が相続人として相続した後で死亡すると、
兄弟姉妹の配偶者が「兄弟姉妹の」相続人になるわけですが、
すると「結果的に」、被相続人の財産が兄弟姉妹の配偶者の手に渡る
ということは起りえます。
しかしこれは別に兄弟姉妹の配偶者が被相続人の相続人となった
というわけではありません。

#つまり死亡の順番によって財産を得られるかどうか
 変わってしまうというわけです。

ありません。

>例えば、被相続人が死亡後、相続前に兄弟姉妹が死亡した場合はどうなりますか?

その兄弟姉妹に子供(被相続人の甥姪)がいればその子供が相続人になります。


詳しい話は以下の通りです。

相続人は、まず原則的には、
1.子供と被相続人の配偶者、
2.子供がいなければ直系尊属(*)と被相続人の配偶者、
3.直系尊属もいなければ兄弟姉妹と被相続人の配偶者
です。
兄弟姉妹の配偶者は相続人ではありません。

(*)直系尊属とは早い話が、親、祖父母、曽祖父母……のことです。...続きを読む

Q被相続人の甥姪の子に相続権があるかどうか。

被相続人Aが亡くなり、子供は無く親も居なかったので配偶者と兄弟が相続人となりました。
その後、遺産分割協議書を作る前に相続人である兄弟が亡くなり、更にその後その兄弟の子(被から見て甥姪)も亡くなりました。

質問:
(1)その場合、甥姪の配偶者と子供からも遺産分割協議書をもらう必要があるのでしょうか?

(2)そして、甥姪のことは「相続人」と呼べるのでしょうか。それとも相続人の代わりに協議書を書くだけで「相続人」とは呼べないのでしょうか?

(3)代襲相続は甥姪までと聞きました。それに対して今回のような場合(数次相続というのでしょうか)は相続人に限りがなく理論上は延々と続くのでしょうか?

回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1について
遺産分割協議書をもらうのではなく、遺産分割協議書への捺印か相続分不存在証明などへの捺印などをもらわなければなりません。
亡くなられた順番(時期)によって、相続人や利害関係者は異なることでしょう。
質問のような状況では、兄弟の配偶者も相続人の相続人ですね。
さらに甥姪や甥姪の配偶者やそのお子さんは相続人の相続人ですね。

2について
あくまでも相続人は、相続の開始時で考えますので、相続人が当時存命であれば、亡くなられた方が相続人です。そしてそのような協議では、相続人の権利を相続した相続人、相続人の相続について遺産分割協議がされていなければ、相続人の相続人がその権利を行使することになるだけでしょうね。

3について
代襲相続は、相続人となるべき人が相続開始時に亡くなっている場合です。ご質問の場合と考え方が変わります。登記や法律では、数次相続と言うと思いますが、相続税法上の取り扱いでは、相次相続と言いますね。

遺産分割協議や登記などの手続きの放置では、代襲相続・数次相続などで利害関係者が増え続け、実務上、手続きが困難になることもあります。中には、時効の援用や家庭裁判所による審判などでしか解決が難しくなることもあることでしょう。
私自身、5代以上前の祖父から親父への相続の登記を代理で行いましたが、知人の司法書士に相談したら、司法書士でもそんなにそのような経験はないといわれてしまいましたね。
ただ、私の場合には旧民法による家督相続制度・他の不動産に相続登記の際の他の相続人の相続分不存在証明などを有効に扱うことで、素人でも可能な手続きでしたね。

1について
遺産分割協議書をもらうのではなく、遺産分割協議書への捺印か相続分不存在証明などへの捺印などをもらわなければなりません。
亡くなられた順番(時期)によって、相続人や利害関係者は異なることでしょう。
質問のような状況では、兄弟の配偶者も相続人の相続人ですね。
さらに甥姪や甥姪の配偶者やそのお子さんは相続人の相続人ですね。

2について
あくまでも相続人は、相続の開始時で考えますので、相続人が当時存命であれば、亡くなられた方が相続人です。そしてそのような協議では、相続人の権...続きを読む


人気Q&Aランキング