前年度実績で賞与があるかどうかはあてになりますか? また、前年度実績で賞与○ヵ月分というのはあてにならないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

賞与があるかないかは、雇用契約書に賞与のありと書いてあれば出るし、なしとかいてあれば出ません。


雇用契約書がありなら、出さないといけないから出ますね。
雇用契約書を確認してくださいね。

あると書いてあれば、その時の会社の業績に応じて支給されます。業績が悪ければ、無い袖は振れませんの、少なくなるし、業績が良ければ前年以上が出ることだってあります。
前年実績はあくまで目安。業績が安定しているなら、前年並みに貰えるでしょうし、悪ければ減ります。良ければ増えるかもです。
    • good
    • 0

>前年度実績で賞与があるかどうかはあてになりますか?


 アテにはするが「アテが外れる」ってこともあるかと。

前年の単年度だけではなく、過去5年なり3年の実績を調べれば
それなりに支給されるでしょう。
現状として、「賞与は生活費/年収の一部」と見られるので
余程、業績が悪化しなければ支給されるモノです。
    • good
    • 2

あてになりません。

儲かったら増やすこともあるし 経営状態が悪かったら減らすこともあります。ボーナスとはそういう性格のものです。
    • good
    • 0

仕事と言うものは


そう言うものではないですよ^^

前年度は前年度。たまたま良かっただけ。
今後消費税も10%、各家庭・企業・全ての民間が消費自体を削ります。

また、伸びている企業が、必ずしも来期も良いとは限りませんよね^^

あくまでも、「○○だった。」と考えましょう^^
見るべきは、未来ですよ^^
    • good
    • 0

あくまで「前年度の」実績なので、今年度の賞与が出るのか、出るとして前年度に近い支給割合


となるのか、という意味ではほとんど当てにはなりません。
業績が悪化すれば、前年度に賞与6か月分だった会社が賞与ゼロになる事もあり得ますし。
また、求人情報をきちんと更新していないのか、あるいは全社員の平均を取っているだけなのか
は分かりませんが「入社後に先輩社員へ訊いたら求人情報と前年度の支給額が全然違っていた」
という話も良く耳にします。
就職先を選ぶ際には、そうしたデータは参考程度に留めておいたほうが無難です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賞与 あり 前年度実績 年2回・計3.00月分 の計3.00月分とは

以下の条件をもとに
  賞与 あり 前年度実績 年2回・計3.00月分 とありますが
 年2回賞与(ボーナス)が支払われて、「年2回・計3.00月分」とは
年間合わせて、月々の給料×3か月分しか賞与がないのでしょうか?
 よろしくお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------

賃金
賃金形態
月給

a 基本給(月額平均)又は時間額
158,700円~220,000円

b 定額的に支払われる手当

a + b
158,700円~220,000円

c その他の手当等付記事項
住居手当:
  上限(独身22000円
    家族有27000円)
夜勤手当は、算出により支給
処遇改善手当 年1回支給
       190440円
        (前年度)
賞与
あり 前年度実績 年2回・計3.00月分
休日

Aベストアンサー

あくまで前年は基本給×3か月分の賞与を支給しただけのことで、
今年がどうなるかは分かりません。
このご時世、業績によっては賞与なしも考えられます。

Q求人票の前年度賞与の欄が年2回とだけ書いてあるとき

仕事を探しているのですが、
ハローワークで求人票を見ていると、前年度賞与の欄が空白だったり、年2回と
書いてあっても何か月分あるのかとかいくらからいくらくらいという数字の欄が
空白の求人票がたくさんあります。

新しくできたばかりのところなら前年がないので書いてなくてもわかりますが、
新しくなくて前年度賞与の欄が年2回とだけ書いてあったり、まったく空白だったりする場合は、寸志程度もしくはまったくなしと思うべきでしょうか。

あまりお金のことを面接で聞くのも感じが悪いなぁと思うんですが、いかがなものでしょうか?
もし「賞与は年2回と求人票に書いてありましたが、前年度実績をお尋ねしてもよろしいでしょうか?」などとは、やはり聞かない方がいいでしょうか?

うまいたずね方などありましたらぜひアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

NO.1の方の回答は、いつも的を得ておられます。いちばんいい方法かと思います。
でも、職安から、色好い回答がない場合は、直接聞くしかないですね。
NO.2の方の言われている通り、最初に聞いておく方が、後々「こんな筈では・・」といった、トラブルにもならずに良いのではないかと思います。

小生は、採用に携わっておりますが、本当に「お金」のことばかり聞かれる方もおられます。採用側は、「この人は長く続けてもらえるだろうか?」という所を、大事にしますので、「お金だけなのかな?仕事内容とか聞かなくても良いんだろうか?この人は・・」という気になります。頭では、この人にも生活があるから、大事な事なんだ!と解っていても、あまり、いい感じにはならないです。

給与、賞与の件を聞く時は、最初に仕事内容をじっくりお聞き頂いて、納得し、最後に、「仕事内容はよく解りました。あと、求人票には、賞与を書かれていませんが、差し障りなければ、実績などお聞かせ願えませんか?」という感じで聞かれては如何でしょうか。仕事内容に比してどれだけの待遇をしてくれるのか?これを確認すればいいと思います。

あと、「賞与」は、絶対に出さないといけない。という物ではありません。あくまでも業績に応じての支給です。無くてもあたりまえ。といえば、それまでのものなのです。生活設計する上で、あまり考慮に入れない方がいいと思います。
高度経済成長時には、業績が「右肩上がり」でしたから、賞与もあって当たり前。的になっていますが、今はそういう時代ではないと思います。

幸い、当社においては、毎年2回(うまく行けば3回)賞与を支給させて頂いていますが、面接の時に賞与の事を聞かれる時は、「業績に応じてです」「支給がない事もあります」と言っています。求人票にも「年2回支給」とは書きません。職安の方に、賞与の欄は、支給するかどうかは別として、前年実績を書いてください。と言われたら、実績を書きます。
ですから、空欄であっても、支給している所はあると思います。先行き不透明な時代ですから、書きたがらない。書いても支給できるかどうか解らない。というのが、実情ではないでしょうか。

いい企業に巡りあえれたらいいですね。

NO.1の方の回答は、いつも的を得ておられます。いちばんいい方法かと思います。
でも、職安から、色好い回答がない場合は、直接聞くしかないですね。
NO.2の方の言われている通り、最初に聞いておく方が、後々「こんな筈では・・」といった、トラブルにもならずに良いのではないかと思います。

小生は、採用に携わっておりますが、本当に「お金」のことばかり聞かれる方もおられます。採用側は、「この人は長く続けてもらえるだろうか?」という所を、大事にしますので、「お金だけなのかな?仕事内容とか聞...続きを読む

Q分電盤の製造をする工場から内定を頂いたのですが、分電盤はこれから需要は増えるでしょうか?また将来性は

分電盤の製造をする工場から内定を頂いたのですが、分電盤はこれから需要は増えるでしょうか?また将来性はどうなのでしょうか?これから少子高齢化で家を建てる事は少なくなると思いますし、車のように大量に作れるものでもないと思います。少し不安です…

Aベストアンサー

分電盤はインテリジェント化が進んでいます。
負荷種類ごとに分電路を分けてその電力を計測し、クラウドで処理して需要家に見えるように進んでいます。
需要家はクラウド処理結果を見てどこをどうするかなどの節電を計画します。
これは、無頓着なワンルーム小需要家には興味が無くても、中流家庭から工場などの大口需要家には重要な関心ごとです。
まもなく電力販売の自由化になれば受給調整は最も重要で、スマートメーターの普及に合わせた、先の計測電力データーのクラウド管理(そして需要予測)にスマートメーターとの連携が必須になります。
今の時代、分電盤メーカーは単なる分電盤製造では生き残れないので、こういう付加価値の開発が必要です。

製造メーカーに勤めて言われたことをやるというのでは、どこに勤めても将来性はありません。
将来を見据えて自分のやりたいことを見極めたうえでの選択であれば、最も重要な業界ではないでしょうか。
大企業は不採算部門の整理に躍起なので、分電盤事業を引き取ってやろう、ということも可能な、大きな業界(事業分野)だと思います。

Q賞与不支給 本日賞与支給日でした。査定期間は働いてから先月から休職しました。休職中は無給と連絡はあり

賞与不支給
本日賞与支給日でした。査定期間は働いてから先月から休職しました。休職中は無給と連絡はありましたが賞与に関しては書かれていません。
労基にも確認しましたが、休職中でも査定期間出勤し在籍していれば対象になるから大丈夫と言われました。休職中に支払うように言われた保険料も請求書が来ない為賞与から引かれるのかと思っていました。
この場合、労基にもう一度確認するべきでしょうか?

Aベストアンサー

あらかじめ労働契約や就業規則で定められた賃金を、所定の支払日に支払わなかった場合には、その使用者は、労働基準法に違反することになります。(労働法第11条、第24条)
 未払賃金があるときは、まず支払われなかった賃金の種類(定期賃金、諸手当、賞与等)、金額、未払の理由、支払の根拠となる規程の有無やその内容を確認しましょう。
未払賃金の対象となる賃金
①定期賃金
②退職金
※ここでいう退職金とは、労使間において、あらかじめ支給条件が明確に定められ、その支給が法律上使用 者の義務とされているものをいいます。(昭和22年9月13日発基第17号)
※なお、使用者が、社外積立制度(適格退職年金、確定給付型企業年金、中小企業退職金共催等)を用いて退 職金を支払う場合であっても、就業規則等に定めがあって、労働条件の一部として認められるものであれ ば、使用者はその支払義務を負うことになります。
③一時金(賞与・ボーナス)
④休業手当(労基法第26条)
⑤割増賃金(労基法第37条)
⑥ 年次有給休暇の賃金(労働法第39条)
⑦その他法第11条に定める賃金に当たるもの④⑤⑥の未払については、労働者の請求により裁判所が付加金の支払を使用者に命ずることができます。(労基法第114条)

○遅延損害金・遅延利息
 賃金などが支払われない場合には、本来支払われるべき日の翌日から、遅延している期間の利息に相当する遅延損害金(年利6%)がつくこととされています。(商法第514条)
 また、退職した労働者の場合には、賃金のうちその退職の日(支払日が退職後の場合には、その支払日)までに支払われなかった部分には、年14.6%の利息がつくこととされています。この利息がつく賃金には、退職金は含まれませんが、賞与は含まれます。(賃確法第6条)
 これら遅延損害金・遅延利息は、民事上の請求権です。

あらかじめ労働契約や就業規則で定められた賃金を、所定の支払日に支払わなかった場合には、その使用者は、労働基準法に違反することになります。(労働法第11条、第24条)
 未払賃金があるときは、まず支払われなかった賃金の種類(定期賃金、諸手当、賞与等)、金額、未払の理由、支払の根拠となる規程の有無やその内容を確認しましょう。
未払賃金の対象となる賃金
①定期賃金
②退職金
※ここでいう退職金とは、労使間において、あらかじめ支給条件が明確に定められ、その支給が法律上使用 者の義務とされている...続きを読む

Q今年度分の源泉徴収票

前職はアルバイトとして1月から3月分までの収入があります
これから始める所は契約社員として入社する形になります
転職の際に源泉徴収表を持参することになっております

できることならば 源泉徴収表を前会社に申し出たくない(連絡を避けたい)のですが
別の方法はありますか?
過去の質問には目を通したのですが 市役所等で出る場合もあるとのことですが
今年確定申告にいける時間が無かったので申告しておりません
昨年度の収入は訳50万くらいだったと思います
入手方法があるようでしたらご助言願います

Aベストアンサー

源泉徴収票は、勤務していた会社でしか発行できません。
又、通常は、その年の源泉徴収票を提出するものです。
市に会社から給与などの支払額の報告が行くのは、
、その年の分を翌年の1月末までに報告しますから、今年の分の資料は有りません。

前勤務先に、源泉徴収票を送って欲しい旨の手紙を書いて、返信用の切手を貼り、宛先を書いた封筒を同封したらいかがでしょうか。

なお、退職した場合は、1ケ月以内に源泉徴収票を作成して本人に交付しなければなら無いことになっていますから、年末まで待つ必要は有りません。

昨年度の収入が50万円程度であれば、所得税は課税されませんから、確定申告をしなくても問題はありません。
ただし、源泉税を引かれていた場合は、還付されませんから損をすることになります。
所得税(源泉税)が還付になる場合は5年以内であれば、何時でも確定申告が出来ますから、源泉徴収票を貰えば今からでも還付の請求は出来ます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報