ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

私は、私立高校に通う高校2年生なのですが、大学受験の自己推薦書の書き方があまり分からず困っています。
私の高校は関西学院大学系列の付属高校です。私は、社会学部を第一希望にしています。内部進学ということもあり、自己推薦書の提出義務があります。志望動機はなんとかなりそうなのですが、自己推薦書はなかなか筆が進みません。
自己推薦書の字数制限は400字前後です。全文でなくても結構です。例文や、上手くまとめる方法、「好奇心が強い」「何事にも挑戦する」などのありきたりな言葉を、別の言葉で言い表す方法など教えていただきたいと思ってます。

中高とクラブ活動はしています。
英検、漢検ともに取得済み。
英語暗唱大会の出場経験あり。
今年の夏に4週間留学する予定です。

上記の私のスキルを活かして書いていただければ幸いです。
自己推薦書の下書きの提出締め切りが2016年7月4日なので、それまでに回答いただけると嬉しいです。
よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

参考になれば。


https://careerpark.jp/13790
http://xn--fsqv94c.jp/324_1.html
http://tabisurukyouikusya.com/2015/09/26/5points/

要は客観的に見て、あなたという商品の来歴を書けばいいのだと思います。
相手もドライにあなたを観察しますが、あなたも相手をドライに観察する、という対等の立場です。
相手が、あなたを判断できる材料を提供してあげてください。
客観的でいいです。必要以上のアピールも意味のない謙遜も必要ないです。ただただ、何も知らない第3者があなたの内面を知ることができたとしたらどう描くか。
ウィキペディアに載るような有名人になったとしたら、そのウィキペディアにはどう書かれているか。
そんな感じでいいと思います。
ありきたりな言葉の言い換えですが、それはあなたの文章力に関わってくるので、どうかご自分の力で、その場その場で最適の言葉を探されてください。
まず実際に書かれた原稿(試しでもなんでも)がないと皆さん何もアドバイスできないと思います。

こんな意見が参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

確かにドライに観察することは大切ですよね。
相手が自分を判断できる材料!
すごく分かりやすいです。
言い換えも自分の言葉で頑張ってみます。
回答、本当にありがとうございました!

お礼日時:2016/06/14 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己推薦書の書き方

お世話になります。来月、4年制大学の受験を控えていて出願も近い高校3年の男子です。僕は推薦を受けるのですが、受験方法の一つに自己推薦書があります。

そのため、昨日から練習を始めているのですが、どうも文が上手くまとまりません・・。推薦書には「今までの勉強の状況と勉強以外の体験を書きなさい。課外活動の経験や資格を所得している場合、それらにも触れてください。」と書いてあります。

しかし、僕は部活動や生徒会活動などもしていなかったので、どのようなことを書けばいいのかわかりません!一応、勉強は今まで頑張ってきましたし、(私事で恐縮ですが何度か、定期テストで学年上位10位以内にも入ったことがあります。)硬筆三段も持っているので、これらのことも織り交ぜたいのですが、やはり何故かバランスが悪くなります。

ということで、質問させていただくのは

・バランスがとれた文を構成するには?

・自己推薦書において、これはタブーというもの。反対に、これは書いていて損はない!ということ。

・良いことしか書いてなくて、逆に読み手の印象がマイナスになってしまうことはあるか?

ちなみに、推薦書の行数は約50行くらいです。

どうか宜しくお願いします。

お世話になります。来月、4年制大学の受験を控えていて出願も近い高校3年の男子です。僕は推薦を受けるのですが、受験方法の一つに自己推薦書があります。

そのため、昨日から練習を始めているのですが、どうも文が上手くまとまりません・・。推薦書には「今までの勉強の状況と勉強以外の体験を書きなさい。課外活動の経験や資格を所得している場合、それらにも触れてください。」と書いてあります。

しかし、僕は部活動や生徒会活動などもしていなかったので、どのようなことを書けばいいのかわかりませ...続きを読む

Aベストアンサー

かつて試験官の担当経験がありますが、自己推薦入試の場合、自己アピールがどれだけできるかにかかっています。資格が多いかではありません(それなら商業・工業高校が有利ですが、そういうことはありません)。自分の「ウリ」をどのくらい相手に説明できるのかということです。

どうしても書けないなら、友達にでも協力してもらい、話し言葉でPRを口に出してみてはどうでしょう。それを録音でもしておいて、まとめ直すのです。書くのは訓練が必要ですが、話すのは日常的なこと。口に出して考えた方がいい文章ができることもあります。

なお、プロの文章を使用するという助言がありましたが、これは全くお薦めしません。プロの文章が悪いのではなく、面接等で化けの皮がはがれやすいことにあります。自己推薦書の文章と面接した本人とのギャップが大きいほどマイナスで、そのギャップが合否を左右すると言っても過言ではありませんので。

「私はこれまで特に部活はしてこなかった。だが、自分としてがんばってきたことが3つある。1つは学業でテストでは…。2つめは硬筆で…。3つめは…。」くらいに素直に書くほうが、読む側も読みやすいですし、その素直さが意外と試験官の目を引くものです。

かつて試験官の担当経験がありますが、自己推薦入試の場合、自己アピールがどれだけできるかにかかっています。資格が多いかではありません(それなら商業・工業高校が有利ですが、そういうことはありません)。自分の「ウリ」をどのくらい相手に説明できるのかということです。

どうしても書けないなら、友達にでも協力してもらい、話し言葉でPRを口に出してみてはどうでしょう。それを録音でもしておいて、まとめ直すのです。書くのは訓練が必要ですが、話すのは日常的なこと。口に出して考えた方がいい文章...続きを読む


人気Q&Aランキング