結婚するときの持参金の起源と根拠を教えてください。
よく昔の欧州の小説などで、持参金について悩む女性が出てきますが、どうして結婚して妻になるときにお金を払わねばならないのでしょう? 
なお、この習慣は現在でもあるのでしょうか? 
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

女性をモノ扱いにした時代の「産物」ですね。


古代には、オークションにおいて買い手がつかない女性に「持参金」をつけるといったことが多く行われていたようです。
下のページをご覧下さい。

あと、時代が進むと、欧州の国々では裕福な家の娘が「お金」ばかりではなく「香辛料」「土地」などを持参金にして嫁ぎます。結婚が個人間のものではなく、家と家、国と国の利害の絡んだものであったからでしょう。
これに関しては、Googleで「持参金」「歴史」入れて検索すると、おびただしい数が出てきますので、ご覧下さい。

現代において一番よく知られているのは、悪名高いインドの「ダウリ」ですね。
つい最近も、持参金の少ない花嫁が焼き殺される事件があって問題になりました。
「カースト制度」との絡みもあって諸外国から非難されますが、なかなか改善されないようです。

http://csd-news.gospeljapan.com/flash/flash2001/ …

参考URL:http://www.suzuya.co.jp/oroshi/34-3.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答、ありがとうございます。
インドは夫と一緒に殉死しなければならないとか、ひどい話がありますね。
それにしても、そもそも女性をモノ扱いするのならば、女性そのものが財産の一種なわけですから、それだけで価値があるものではないでしょうか? いくら器量が悪くたって、そこまでして金が欲しいのか、と思います。
テレビショッピングのおまけ商品じゃあるまいし、女性にとっては何のメリットもなかったのでしょうか? 離婚するとき有利になるとか。
しばらく締め切らないでおきますので、ポイントは少しお待ちください。
すいません(^^;

お礼日時:2001/06/24 03:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産しても滞納税金や国庫金は一生払って行かねばならないのですか?

会社倒産後の借金 (1)生活金融公庫 (2)区からの融資金 (3)滞納税金 (4)競売後のローン残(住宅金融公庫分)があります。
民間からの借金(クレジットなど)は自己破産すればゼロになるのでしょうが、この国庫関係の借金はそのまま妻や子供又は兄弟に相続されてしまうのですか?
もし今私が死んだら全保証している妻に引継ぎされるのでしょうが、夫婦揃って自己破産しても、この借金は誰かが払っていかなくてはダメなのですか?
子供がそれを相続放棄したとしてもこの類の(1)~(4)の借金は誰も(親・兄弟)も免れられないのでしょうか?

Aベストアンサー

自己破産だけでは借金チャラにはなりませんよ。
国が「こいつは自分の収支も管理できないヤツ」と認定したのが自己破産ですから、
財産(売れる物)がある限り分配し返済していく必要があります。
借金チャラは「免責決定」が出てからです。でない限りチャラにはなりません。
免責が出る前に借りた先との関係が悪化していたり、直前の多大な借り入れ、購入等が有ったりすれば免責が出ない可能性があります。

Q医師は誰からでも求められたときに「診断書」を書かねばならない?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか?

医師は求められたときに「診断書」を書かねばならないという
法律が医師法19条にあります(下記)。

ただし、この法律には「正当な事由があれば」医師は

診断書を書かなくて良いとなっております。


赤の他人が、「見ず知らずの方の「医療」」の件で、

「診断書」をその診療を行った医師にすることは可能なの

でしょうか。

医師法
第十九条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、
正当な事由がなければ、これを拒んではならない。

2 診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会つた医師は、診断書若しくは
検案書又は出生証明書若しくは死産証書の交付の求があつた場合には、
正当の事由がなければ、これを拒んではならない。

第二十条 医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方
せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を
交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。但し、診
療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書
については、この限りでない。

このカテゴリーでよろしいんでしょうか?

医師は求められたときに「診断書」を書かねばならないという
法律が医師法19条にあります(下記)。

ただし、この法律には「正当な事由があれば」医師は

診断書を書かなくて良いとなっております。


赤の他人が、「見ず知らずの方の「医療」」の件で、

「診断書」をその診療を行った医師にすることは可能なの

でしょうか。

医師法
第十九条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、
正当な事由がなければ、これを拒んではなら...続きを読む

Aベストアンサー

> 赤の他人が、「見ず知らずの方の「医療」」の件で、
> 「診断書」をその診療を行った医師にすることは可能なの
> でしょうか。


1、お答え
基本的に不可能と考えます。

2、理由
(1)刑法134条
医師(医療関係者)は、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知りえた人の秘密を漏らすと処罰の対象になります(刑法134条、感染症予防法67条、68条、児童福祉法61条等)。個人の診察結果も、本人が結果の開示を容認する意思表示をしない限り、本状の秘密に含まれると考えられまので、医師が、本人の医療結果について、第三者の請求のみで公開することは、許されないといえます。

もっとも、同法のいう「正当な理由」があれば、医師が人の秘密を漏らすことも認めています。ここでいう「正当な理由」の具体例としては次のようなものがあります。

・法令上の義務によるもの(たとえば、感染上予防法12条のように、医師は患者を保険所長、都道府県知事などに届ける義務がある)
・秘密の主体である本人が同意したとき
・他人の利益を害する差し迫った危難を避けるために、やむを得ず行う緊急避難としての開示であるとき

上記例を満たす場合、医師は秘密を第三者に漏示することが許されますが、秘密漏示罪の重大な例外ですのでその解釈適用については慎重になされます。ご質問のケースからは、上記例外に当たるような事由は見当たりませんので、原則通り、第三者に対して本人のの治療情報の開示は許されないといえます。

(2)医師法19条2項について
確かに同条にいうように、医師は診断書の請求があったら交付しなければなりません。しかし、上記刑法134条の秘密漏示禁止事由に当たる場合、医師法19条2項にいう「正当な理由」に該当すると考えられます。となると、第三者に対しての診断書の交付は、刑法134条の例外事由に当たらない限り、医師法19条2項にいう「正当な理由」に該当し、拒否しえるということになります。
前述のように、ご質問のケースからは、刑法134条の例外事由がみあたりませんので、第三者による請求の場合、医師は医師法19条2項にいう「正当な理由」を根拠に交付を拒否しえることになります。

3。補足
法律の原則とおり解釈すると以上のような結論になります。しかし、刑法134条は親告罪です。診断書の請求をする第三者が、配偶者や親、子といった関係であり、かつ、本人の意思確認が取れないような場合などは、第三者の請求でも認められる場合もあるといえるといえます。

ご参考になれば幸いです。

> 赤の他人が、「見ず知らずの方の「医療」」の件で、
> 「診断書」をその診療を行った医師にすることは可能なの
> でしょうか。


1、お答え
基本的に不可能と考えます。

2、理由
(1)刑法134条
医師(医療関係者)は、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知りえた人の秘密を漏らすと処罰の対象になります(刑法134条、感染症予防法67条、68条、児童福祉法61条等)。個人の診察結果も、本人が結果の開示を容認する意思表示をしない限り、本状の秘密に含まれると考えられま...続きを読む

Q電話投票権(競馬等)は、税金の滞納金の差押対象になるのでしょうか?根拠

電話投票権(競馬等)は、税金の滞納金の差押対象になるのでしょうか?根拠法とかもわかったら教えてください。

Aベストアンサー

電話投票システムを使う権利は,差し押さえても換価できない(第三者に売却できない)ので,差し押さえる意味がありません。あえて言えば,国税徴収法48条が根拠。

「電話投票権」そのものではなく,JRA等に預けてある馬券購入資金や,払戻金を差し押さえることは可能です。

Q法務局で供託金の還付を「記名式持参人払式の小切手」でしました。

法務局で供託金の還付を「記名式持参人払式の小切手」でしました。
調べると,日銀に提示して云々ってありましたが,これは日銀の代理店
でしか換金できないのでしょうか。
代理店ではない銀行,信用金庫等で現金化や,口座への入金はできないのでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

>代理店ではない銀行,信用金庫等で現金化や,口座への入金はできないのでしょうか?
指定銀行以外ではすぐには現金化できませんが、あなたの取引先である金融機関に取立委任をして指定銀行から回収してもらい、あなたの預金口座に入金してもらうことはできます。

http://www.kyousinkai.jp/kogitte&tegata.htm
の「受取った小切手の換金(取立て)」を参考にしてください。

Q遅延損害金の充当順位の根拠はどの法律ですか

家内は会社勤めをしていますが、給与遅配が常態化しているので遅延損害金を要求する予定です。
その時に支払いを受けだ時点でまず損害金に充当し残った金額を未払い給与に当てればいいと思うのですが、その根拠を知っておきたいのです。
お金を借りた場合などでも返済したときは利息にまず充当し残りを元金に当てるとなっていると思いますが、それと同じでいいですよね。
根拠がどの法律になるのか教えてください。

Aベストアンサー

お書きになっている法律と同じでしょう。給与ですから金銭債権で、遅配であれば、損害金はいわば金利ですから。また、奥さんだけではなくほかにもみんな遅配なのでしょうから、ご存知のとおり、以下の民法の規定の考え方を使っていくのでしょう。

(弁済の充当の指定)
第四百八十八条  債務者が同一の債権者に対して同種の給付を目的とする数個の債務を負担する場合において、弁済として提供した給付がすべての債務を消滅させるのに足りないときは、弁済をする者は、給付の時に、その弁済を充当すべき債務を指定することができる。
2  弁済をする者が前項の規定による指定をしないときは、弁済を受領する者は、その受領の時に、その弁済を充当すべき債務を指定することができる。ただし、弁済をする者がその充当に対して直ちに異議を述べたときは、この限りでない。
3  前二項の場合における弁済の充当の指定は、相手方に対する意思表示によってする。

(法定充当)
第四百八十九条  弁済をする者及び弁済を受領する者がいずれも前条の規定による弁済の充当の指定をしないときは、次の各号の定めるところに従い、その弁済を充当する。
一  債務の中に弁済期にあるものと弁済期にないものとがあるときは、弁済期にあるものに先に充当する。
二  すべての債務が弁済期にあるとき、又は弁済期にないときは、債務者のために弁済の利益が多いものに先に充当する。
三  債務者のために弁済の利益が相等しいときは、弁済期が先に到来したもの又は先に到来すべきものに先に充当する。
四  前二号に掲げる事項が相等しい債務の弁済は、各債務の額に応じて充当する。

(数個の給付をすべき場合の充当)
第四百九十条  一個の債務の弁済として数個の給付をすべき場合において、弁済をする者がその債務の全部を消滅させるのに足りない給付をしたときは、前二条の規定を準用する。

(元本、利息及び費用を支払うべき場合の充当)
第四百九十一条  債務者が一個又は数個の債務について元本のほか利息及び費用を支払うべき場合において、弁済をする者がその債務の全部を消滅させるのに足りない給付をしたときは、これを順次に費用、利息及び元本に充当しなければならない。
2  第四百八十九条の規定は、前項の場合について準用する。

お書きになっている法律と同じでしょう。給与ですから金銭債権で、遅配であれば、損害金はいわば金利ですから。また、奥さんだけではなくほかにもみんな遅配なのでしょうから、ご存知のとおり、以下の民法の規定の考え方を使っていくのでしょう。

(弁済の充当の指定)
第四百八十八条  債務者が同一の債権者に対して同種の給付を目的とする数個の債務を負担する場合において、弁済として提供した給付がすべての債務を消滅させるのに足りないときは、弁済をする者は、給付の時に、その弁済を充当すべき債務...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報