電子書籍ギフト♪ 最大10,000円が当たる!

現在64歳の会社員です。
65歳以降も会社に勤務する予定でいます。
先日、国民年金・厚生年金保険 支給額変更通知書がとどきました。基本となる年金額から支給停止額がかかれていました。理由は(勤務先からの届け出により標準報酬月額が変更されたため、年金の支給額を変更した)でした。この支給停止額はどのような計算になっているのですか?
今回年額123,733支給停止でした。
現在次のとおりです。
・今まで収入は月額20万のままです。
・60-64まで厚生面金も収めてきました。(少しでも増えるかと?)
・収入が増えていなくても、年金を減らされるのですか。
65歳になるのが非常に不安な毎日です。よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

それは在職老齢年金の制度に


かかったことでの減額と想定
されます。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenk …

老齢厚生年金を受給している方が、
社会保険に加入してお勤めになる
場合、対象となります。

64歳までは給料と厚生年金で月28万
を超えたら、厚生年金部分が減額と
なります。

下記の計算式にかかっていると
思われます。
①年金支給月額=
②基本月額(厚生年金の月額)
-(③総報酬月額相当額
+④基本月額-28万円)÷2

②8万
-(③22万+④8万-28万)÷2
=①7万

問題は③総報酬月額相当額です。
これは給料額面の20万ではなく、
年間で支給された通勤費や賞与等も
含んだ金額の12ヶ月按分の金額
となります。

この1年間で賞与や交通費が少し
上がったりしませんでしたか?

しかし、安心してください。
65歳になると増える要因ばかりです!

65歳以降は給料と厚生年金で月47万
を超えたら、厚生年金部分が減額となり
ますので、上記条件にひっかかることは
ないでしょう。

なお、老齢基礎年金、加給年金の支給額
は条件に含まれません。

https://www.nenkin.go.jp/pamphlet/kyufu.files/00 …

また厚生年金の受給額は加入期間が
長くなるにつれて増えていきます。

以下の年金額の改定制度により、
・65歳時改定
・70歳時改定
・退職時改定
 それぞれのポイントでそれまで払った
 保険料を元に年金額が改定され、
 増えていきます。

あと1年で厚生年金が増え、老齢基礎年金
の支給開始となります。

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常にわかりやすい説明で、感謝します。
ありがとうございます。

お礼日時:2016/10/19 19:04

まず、在職老齢年金のしくみついて



基本月額-(総報酬月額相当額+基本月額-28万円)÷2
となっています。

また
基本月額:加給年金額を除いた特別支給の老齢厚生(退職共済)年金の月額
総報酬月額相当額:(その月の標準報酬月額)+(その月以前1年間の標準賞与額の合計)÷12
をいいます。

つまり、総報酬月額相当額(給与+ボーナス)と基本月額(年金)を足して28万超えたら、超えた分の半分が止められるしくみです。

ご質問内容からでは、今まで続けて同じ会社で勤務なさってるとのことですから、65歳まで続けるとのことでもあり、年金額には変更はありません。

>・今まで収入は月額20万のままです。

この場合の、総報酬月額相当額:(その月の標準報酬月額)+(その月以前1年間の標準賞与額の合計)÷12
ボーナスがないとすれば、その月の標準報酬月額のみをみることになります。

あなたのいう20万とは異なります。毎年会社が4月、5月、6月の給料の平均を出して、標準報酬月額のランクにあてはめ、9月からの1年間の報酬月額として届ける仕組みです。
例えば、昨年は報酬月額20万だったとします。これは平均が195,000から21万の範囲の場合です。
たまたま 今年は残業など多くこの4月、5月、6月の平均が21万より少し上がってたとします、すると21万から23万の場合は22万となりますので、極端な例ですが、あなたは給料があがったという認識がなくても、4月、5月、6月の平均が5000円ほどあがってひとつうえの等級になれば、(勤務先からの届け出により標準報酬月額が変更されたため、年金の支給額を変更した)ということになるわけです。

つまりは標準報酬月額の変更がされたため、先に説明した28万を超えるようになったものと思われます。

あなたの9月からの標準報酬月額がいくらからいくらになっているのか・・会社もしくは年金事務所にて確認ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速調べてみます。

お礼日時:2016/10/19 19:07

65才前と後では年金システムは変わってきます。

くわしいことは日本年金機構のホームページに説明されています。ここでも親切に説明してくれる人もいるでしょう。

年金をもらっておきながら、一方では働いて給料を得ている人向けにはできていません。年金の目的を考えればわかると思います。なので厳しいんです。でも、得な(賢明な)方法もあるんです。なので、年金の仕組みを知らないとバカを見ます。今の社会は正直者が損するようにできているんです。収入が多ければそれなりに減額されます。それに減額された分は戻ってきません。計算方法はほかの方に譲ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2016/10/19 19:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング