【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

弟が亡くなり、弟名義の預貯金、会社の団体保険の受取人手続きの話しに父親の姉の夫が
何かと主張してくるのです。
父親は認知症に似た症状や病気、また運転免許もない為、手続きは兄の私が行っているので
すが、何かと邪魔します。例えば弟の会社から父親の保険証の写しを提出して欲しいと依頼
され、父親も提出するといっていたのに、父親の姉の夫が「何で必要なんだ」と言って父親
から保険証を預かり、私に渡さないといった状態です。
常に邪魔をするのですが、弟と私にとってはおじですが、何でそこまで私たちの家に入り込む
のか、またそんな権限もないはずと考えます。
どう対処することができるのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

身内・親族だから悩むのですよね。


良くある話ですよ。

よく言えば、あなたの伯父(伯母)は、義弟(弟)や甥を心配しているのでしょう。

法律上でいえば、あなたの弟さんの相続人は、弟さんに子や奥様となります。子がいなければ、ご両親が相続人です。弟さんに奥様がいなければ、ご両親だけが相続人です。お母様がすでに亡くなられているのであれば、お父様のみが相続人です。

伯父伯母には何ら権利もないのです。権利のない人が権利のある人の意向と異なる主張をし始めると、争いとなってしまいかねないのです。

ただ、お父様が認知症のような症状が出ているともなれば、成年後見制度(後見のほか、補佐や補助を含む)の活用がよいかもしれません。
もしも、お父様の残された不動産などが実家などで、伯父伯母などとの共有や隣接するものがあると、利害関係者として問題視しかねません。また、あまりにも無下な対応をすると、同様のトラブルに発展したり、法事などで何を言われるかわかりませんからね。

できることとしたら、弁護士や司法書士に相談のうえで進めるという前提にし、話し合いなども弁護士などの事務所で行うとするのです。弁護士などを悪者にし、相続人以外の話し合いの参加をさせないとすればよいのです。

保険証の件も、会社が必要という理由だけでは、弟さんも説明が足りなかっただけとも言えます。勤務先で家族の保険証の確認なんてする必要もないからです。悪用される恐れから守ってくれたのかもしれませんよ。そこで正当な理由が説明できれば、保険証を奪っていくこともないでしょう。

権限の問題ではないのが身内なのです。
権限を言い出せば、親族であれば扶養義務が当然あるのです。そのうえで、兄弟姉妹の上である姉やその配偶者としても、お父様の心配もしますし、その子供たちも心配なのです。
また、親からすれば子はいつまでたっても子供なのです。伯父伯母からしても、甥はいつまでも甥っ子なのです。法律だけで断れば、親戚関係も崩れますよ。
権限などと言わずに、おとなな付き合いをしつつ、必要のない時は上手に回避することを考えてもよいと思いますよ。
    • good
    • 0

あなたには関係ないことですよと断ればいいです。


保険証の件は保険会社に相談すればいいです。
搾取されたといえば何とかしてくれるでしょう。
    • good
    • 0

>弟が亡くなり…



故人の家族構成、嫁や子供、孫は?
肝心なことがご質問文に抜けていますよ。

>手続きは兄の私が行っているので…

もし、故人が未婚のまま旅立ったというのなら、法定相続人は親であり親が健在な以上、兄弟は関係ありません。

>父親の姉の夫が何かと主張してくるのです…

故人が未婚のまま旅立ったので間違いなければ、どっちもどっち、五十歩百歩ですね。

>父親は認知症に似た症状や病気…

あなたは成年後見人になっているのですか。

>会社から父親のの写しを提出して欲しいと…
>父親の姉の夫が「何で必要なんだ」と…

保険証とはなんの保険証。
健康保険 (後期高齢者?) のことなら、それこそなんで必要なんでしょう。
理由もはっきりしないのに安易に渡していけないことは、伯父が正論を言っています。

まして、失礼ながら認知症が出ているのに健康保険証など安易に渡したら、オレオレ詐欺に巻き込まれなる危険性を否定できません。

>保険証を預かり、私に渡さないといった状態…

弟の会社から理由を聞きただし、法的裏付けがあるのなら、伯父も渡してくれるでしょう。

>何でそこまで私たちの家に入り込む…

あなたがたよりないと思われているんじゃないの?
嫁の弟 (父のこと) を守ってあげたい一心じゃないですか。

>またそんな権限もないはずと考えます…

あなたも法定相続人ではありませんけど。

以上、赤の他人が客観的に見て、感じたことを記させていただきました。
辛口を失礼しました。
    • good
    • 0

「おじさん、色々と心配してくれてありがとうございます。


 父が動きが悪いので、おじさんが手を貸してくださるので、大変助かります。」
「今回は私が、親父の代わりとして、執り行いたく思います。つきましては、今後も私が困った時には相談したいと思いますので、よろしくお願いします。」

感謝をして、今後相談に乗ってもらうと思うので頼むと相手を立てておき、自分が中心となって行う事をはっきりと伝えるべきです。

おじさんも「相談役」として顔を立ててくれるあなたを無視することもできないでしょう。


これ、言い出すのが難しいんでしょうね。
「おじさん、折り入って相談したいことがあるんです」と、相談を持ち掛ける形にして、その席に、あなたの父の姉も同席してもらうようにすればどうでしょうか。

大事なのは「おじさんの顔をつぶさないように」することです。
別に潰してもいいのですが、やはり後々面倒です。
    • good
    • 0

まったく意見できる立場の人ではありませんので、いないものと考えて行動すればいいです。

 
「申し訳ありませんが、血縁の話ですのでこちらにお任せください」と言ってみてはどうでしょう。
    • good
    • 1

他人だから無視してください

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家業を継がず財産も放棄した場合の、親の介護について兄弟で揉めています。

私は3人兄弟の長男で妹と弟がいます。実家は地方の老舗料亭で弟夫妻が継いでおり、私の父と一緒に暮らしています。私は家業を継がなかったので、財産は全く相続せず、私と妹は東京に出てきてそれぞれ結婚しマンション暮らしです。もともと弟夫妻と私の父がそりがあわないようでしたが、最近継いだ家業の業績も苦しいようで、これ以上父の面倒をみれないから何とかしてほしいと相談されています。父の年金もすべて家業の経営の足しにしているようで父は全くお金をもっていません。財産をすべて弟夫妻が相続しておきながら、金銭的な協力無なく父の面倒だけを長男だから見てくれというのは納得いきません。父も80歳を超えこれから東京で暮らすなんて絶対イヤと言い張ります。父を東京で預かってもらえば父の土地を売却するつもりのようです。何かよいアドバイスいただけないでしょうか。母は亡くなっており、その際の遺産ももらってはいません。父は元気で今はひとりで何でもできます。今のうちにどうするか兄弟で決めておきたいと思っています。

Aベストアンサー

普通に行けば、外に出た人たちは財産を相続せず関せずでいいかと思いますね。
弟が継いだ上に年金も経営に出しているんですからね。
面倒を見るというのであれば、弟が土地の売却代金は面倒を見る人にまるまる
渡すべきでしょう。

Q相続手続き(税務)とマイナンバー

父の担当税理士を名乗る方から、(亡き母の)相続手続きをするからFAXにて今すぐマイナンバーと免許証の写しを送るよう言われています。

しかし、書類は一ミリも見ておらず、税理士のフルネームも連絡先も不明、マイナンバーの使用者の連絡先と使用目的を書いた依頼書をくれたら直送すると返答してもそれに対する返答は無く、父の(かつて勤めていた)職場(←赤の他人)へFAXしろとの意味不明で困っています。

そして捨て台詞が、今すぐ送らないと相続手続きが出来ませんと。

国税庁のホームページによれば、H29年10月以降の相続手続きにマイナンバーの記載は不要との記載があるのですが、それでも税理士に提出しなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

勘違いなさってるようですが、相続税の申告書に被相続人のマイナンバー記載欄が無くなっただけで、相続人のマイナンバー記載欄はあります。

問題は先方の言ってる「相続手続」とは何を指してるかです。
相続発生後にすべき事は山ほどあります。
遺産の一覧表作成。
法定相続人の確定。
遺産分割協議書の作成。
遺産分割協議書に基づいての遺産の所有権移転手続き。
準確定申告書の提出が必要ならその作成。
相続税申告の有無の確認、必要なら相続税申告書の作成と提出。

上記のうちマイナンバーの記載を要するのは相続税の申告書です。

個人情報保護法の影響でマイナンバーの管理について、非常に厳しくなってますが、マイナンバーなどは他人に知られたところで、どうなるものではないと言う認識もありますので、必要というなら教えてしまえば良い話だという結論もあります。

しかし「税理士のフルネームも連絡先も不明」という点が解せません。
また、給与支払い者はマイナンバーを本人から聞く必要があるので、「マイナンバーを勤務先に伝えてくれ」というリクエストは正当に感じますが、亡くなられた方の以前の勤務先に教えてくれというならともかく、父が以前に勤務していた場所にファックスしてくれというのは「なんじゃ、それ」と思います。

税理士が被相続人母上の相続税申告書を作成しているので、相続人のマイナンバーを知りたい、ついては免許証の写しも同時に欲しいというなら理解できます。
だとしたら、税理士の事務所へファックスしてくれと依頼があるべきです。

勘違いなさってるようですが、相続税の申告書に被相続人のマイナンバー記載欄が無くなっただけで、相続人のマイナンバー記載欄はあります。

問題は先方の言ってる「相続手続」とは何を指してるかです。
相続発生後にすべき事は山ほどあります。
遺産の一覧表作成。
法定相続人の確定。
遺産分割協議書の作成。
遺産分割協議書に基づいての遺産の所有権移転手続き。
準確定申告書の提出が必要ならその作成。
相続税申告の有無の確認、必要なら相続税申告書の作成と提出。

上記のうちマイナンバーの記載を要するの...続きを読む

Q亡くなった親名義の預金口座の引き出し方法

親が亡くなりまして、親名義の預金口座にいくらか残っています
正確に言うと数百万単位です

引き出すにはどのような手続きが必要でしょうか?
なお、相続税の申告になります

相続申告するしない以前に
そのまま「死亡証明書」「家族証明書」を持ち込めば引き出しは可能でしょうか

Aベストアンサー

>「死亡証明書」「家族証明書」を
>持ち込めば引き出しは可能でしょうか?

逆です。それをもって口座は凍結されます。

遺産分割の合意ができていなければ、
お金をおろすことはできません。

手順としては、
相続財産を全て洗い出している前提で
①相続人全員で遺産分割を話し合い、
②遺産分割協議書を作成し、
③全員の署名、捺印し、印鑑証明
 を用意し、
④被相続人の生まれから死ぬまでの
 戸籍謄本を全て揃え、
 相続人との関係性を証明し、
⑤金融機関の所定書類に家系図など、
 分割協議書の具体的な内容を記入し、
提出することで、ようやく金融資産を
各相続人に分ける(振込む)ことができる
ようになります。

こうした手続きを経ないで、相続人の
誰かが、現金を引き出したりすれば、
それこそ『争続』となりかねないために
金融機関は相続財産となった段階で
その対象にはとてもシビアになります。

心して下さい。

Q醜くてつらいです

仲の良かった姉妹でも、お金が絡むとその関係って悪化しますね。
遺産相続の件で、姉と妹ともめています。
姉は妹と私は結婚して家庭があるのだからいらないだろうと言い出し、妹はそれは納得できないと反発し、、、。片方が言えば、もう片方が言い返す状態で話し合いにもなりません。
私はそこまで執着していないのですが、両親が残してくれた絵画がちょっとほしいかな?程度なのですが、それも『値のあるものだからダメ』など言い始めて収集が付きません。
このまま姉妹で話していても埒があかないので、専門家の方に相談したほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

司法書士事務所で相続にかかわることも経験しましたし、自分の身内での相続も経験しましたので、あなたのつらさもわかります。

ただ、一般には知られてはいませんが、相続が争いとなり、身内が仲たがいすることは、結構あることでしょう。

円満に進めるのであれば、お姉さまにあなた方の法的な権利を理解させ、そのうえであなた方に求めたいことがあるのであれば、お姉さまがあなた方に頼む立場であることわかってもらうべきでしょう。

ですので、お姉様だけで専門家に相談(アドバイス)を受けさせることです。

私の身内で争いとなった際には、理解のない求めを言う相続人を代表者とし、その代表相続人に専門家を依頼させ、専門家立ち合いでの遺産分割協議の方針や案を作成するための希望を聞くようにしました。専門家は依頼者の味方となるわけですが、共同で依頼することを前提とすれば、法的な判断等を明確にしてもらい、狭義がうまくいかなければ、最悪裁判所での調停や審判となること、そうなれば一般的に法律上の権利主張が認められ、個人的事情は参考程度だということを説明させるのです。

私の身内の際には、司法書士でした。司法書士とは仲良くなったことで後日談があったのですが、司法書士では利益相反および争いとなっていた時点で弁護士法違反になっていたかもしれないが、その後が調停となり関与が外れ、結果調停でまとまったことでよかったと言われましたね。

極端な話、相続人それぞれの個別事情は関係なく、質問のお姉さまが遺産となる家に住んでおり、その家が遺産の大部分を示しているとなれば、現金化するか、現金化した場合を想定した金額のうち、法律上の権利を買い取るという点での金で解決となるのです。結果、お姉さまが住む場所が無くなるかもしれないというのが、法律なのです。
嫁いだりしたあなた方は、あなた方の負担で住まいを用意したはずです。あなた方の配偶者の親の協力(同居)などがあっても、それなりの負担がついているものでしょう。そういう負担や縛りもない親所有の家に住み、対策もしなかったお姉さまが悪いのです。自業自得なのですし、本来は親がそれを心配していたのであれば遺言書などで対策をしてくれているべきなのです。

専門家に相談や依頼をしただけで、兄弟姉妹の仲が元に戻るとは言えませんが、裁判まで発展せずに解決する道もあるかもしれません。特に絵画など現金価値が高いものがあれば、あなた方はお姉さまの生活負担の少ない遺産からもらうということで、スムーズに進められるかもしれません。

私の祖父母が亡くなった際には、長男である叔父は家を失いましたね。もともと家を出たい気持ちもあったようですし、家や土地を売ることでまとまったお金が得られ、新たな住まいに充てることもできる見込みがあったため、私の親の兄弟姉妹は実家を売り払うことを選択しましたね。ただ、通常の話し合いですと感情的なものが強すぎて進まなかったので、第三者が公平な立場と法的な判断を汲んでくれる調停では、スムーズに進みましたね。ただ、一番財産をほしがった長男である叔父は、他の兄弟姉妹を恨んでいると思いますね。だって、自分は家を失い、得たお金の大部分も新たな住まいで消えたのです。他の兄弟姉妹はもともと家があるため、高額なお金を得ただけで済んだのですからね。

あなたが妹さんよりであれば妹さんと、お姉様と1対2になるのを避けたいのであれば、あなたが単独でとなりますが、家庭裁判所での調停を申し立てることもよいと思います。

調停の申し立ては、弁護士がいなくてもできるものです。
私の祖父母の際には、司法書士が関与していたわけですが、司法書士は利益相反もできなければ、争い案件にも代理権はありません。そこで、書類作成とアドバイスのみを司法書士に単独で依頼して申立を私の親が行いましたね。
代理権がありませんので、裁判所に申し立てをしたり、申し立て後の調停も専門家の立会も得られませでした。しかし、何の問題もなく調停はできましたね。

それぞれが自分の権利を理解し、どこまで主張するかを決めて調停を進めますので、悪い話ではないと思います。調停はそれぞれ別室での対応ですので、顔をあわせずに感情的なものを押さえられることでしょう。

司法書士事務所で相続にかかわることも経験しましたし、自分の身内での相続も経験しましたので、あなたのつらさもわかります。

ただ、一般には知られてはいませんが、相続が争いとなり、身内が仲たがいすることは、結構あることでしょう。

円満に進めるのであれば、お姉さまにあなた方の法的な権利を理解させ、そのうえであなた方に求めたいことがあるのであれば、お姉さまがあなた方に頼む立場であることわかってもらうべきでしょう。

ですので、お姉様だけで専門家に相談(アドバイス)を受けさせることです...続きを読む

Q父の遺産をもらえない 先日 父が亡くなり 未婚の妹が 葬式を出しました 妹は 父とあまり親睦が無いの

父の遺産をもらえない
先日 父が亡くなり 未婚の妹が 葬式を出しました
妹は 父とあまり親睦が無いのですが 仕切りたがりやなので 喪主をやらせたら その後 何も相談無く 父の家を片付け 勝手に住んでいます 相続税の事で 司法書士 会計士に相談し 折半という事で 税金も何とかかからない様になったのですが 父の預貯金など 妹が分けてくれず 司法書士 会計士にかかった費用は 折半で払えと言ってきました 父の物を全部取られたうえ 費用を払わなければいけないのでしょうか? 私には 遺産をもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

ダメですね。

あなた自身、自ら行動するか、専門家へ依頼するかをしましょう。
自分はまともに動かず、妹さんの問題を言っていても意味がありません。

あなたは一人の権利で、預貯金の調査などを行うことができます。亡くなった日前後の取引履歴などを取得すれば、本来分けるべき金額と使い込みの金額なども想像がつくことでしょう。

全部取られたと言われますが、預貯金の引き出しはできても、解約などの本人確認等が必要な手続きや相続手続きを踏まなければならないものについては、あなたの印鑑証明と実印がなければできません。家も同じことです。
使い込まれたものは、それを戻したと計算して協議し、必要なら実際に戻させたり、あなたへ支払わせたりすることもできるのです。
不動産などの名義変更も、同様にあなたの実印等がなければ正式に名義変更できず、勝手に住んでいるだけとなります。細かい家財道具などについても文句は言えますが、ないものを立証することは難しいことでしょう。

司法書士の費用と言っても、相談費用などであれば、妹さんが相談した費用ですので基本的にあなた負担するものではありません。遺産分割協議や名義変更まで依頼した流れであれば、その手続きを確認の上であなたへ請求することはありますが、名義変更の費用などであれば、本来不動産を手に入れた人の負担でしょうね。

会計士とありますが、税理士でしょうね。会計士は税理士を兼ねることがありますが、あくまでも税理士としての仕事の分でしょう。税金がかからないということは、相談のみで終わったということではないですかね。あなたにとってもメリットがあったということであれば負担してもよいですが、妹さんの独断での相談によるものであれば、妹さんが負担すべきものです。そもそも、相続手続きが完了して初めて税金の問題が生じます。事前相談はありえますが、事前相談では確定した税務の話はできないことでしょうね。

妹さんが勝手に動いているのであれば、あなた自身別途専門家へ相談しましょう。遺産分割協議がまとまっていないのであれば、家庭裁判所での調停や審判を覚悟するしかないでしょう。裁判所が代わりに調査することはありませんので、あなた自身またはあなたの依頼した専門家により調査した結果に基づいて争うのです。
妹さんがあなたの権利を超えて自らのものにしていれば、裁判所はあなたの権利を認め、妹さんへあなたへ金銭で解決するように言うことでしょうね。裁判で決まったことをさらに守らないのであれば、妹さんの財産を差し押さえたりもできるでしょう。

ダメですね。

あなた自身、自ら行動するか、専門家へ依頼するかをしましょう。
自分はまともに動かず、妹さんの問題を言っていても意味がありません。

あなたは一人の権利で、預貯金の調査などを行うことができます。亡くなった日前後の取引履歴などを取得すれば、本来分けるべき金額と使い込みの金額なども想像がつくことでしょう。

全部取られたと言われますが、預貯金の引き出しはできても、解約などの本人確認等が必要な手続きや相続手続きを踏まなければならないものについては、あなたの印鑑証明と実印が...続きを読む

Q質問です。 結婚して20年以上経つのですがわたしの兄がわたしの夫の名前をずっと知らなかったということ

質問です。
結婚して20年以上経つのですがわたしの兄がわたしの夫の名前をずっと知らなかったということが今日判明いたしました。正確には忘れてしまったのだと思いますが。
夫は少し怒っています。
やっぱり、うちの兄は変わっていると思いますか?

Aベストアンサー

あっ!私も自分の姉の旦那さんの名前 知らない(笑)
姉も結婚して25年以上経つけど…。
たぶん忘れたんだと思うけど、冠婚葬祭の時しか会わないし 全く付き合いがないから特に不便もないし、この先もきっと 覚える気がないかなぁ。
生活していく上で 特に必要ではないし、大した問題じゃないと思いますよ。
人それぞれ 私はそれでいいです。

Q公平な相続でしょうか? 条件 父の遺産 不動産 1億2000万円 相続人 母、子A、子B 一次相続

公平な相続でしょうか?

条件
父の遺産 不動産 1億2000万円
相続人 母、子A、子B

一次相続
分割は法定相続割合で合意
但し、子Bは母の居宅や事業不動産であることを理由に二次相続に先送りし実際の受け取りはなし
母 9000万円
子A 3000万円

その後、母が相続対策で借入金でマンションを建て、課税評価を0円にする。

二次相続
子Bが母から遺産を相続。評価は0円

結果
子A 3000万円
子B 0円

子Bは不公平だとして、子Aに差額を請求するようなことはありますか?

Aベストアンサー

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、借金は逐次返済されて
いくわけです。
そうすると、上述の(借金)は徐々に
減っていくわけです。
3000万の返済が終わったところで、
お母さんがお亡くなりになりました。
ということだと、
子A:1500万-1500万(借金)=0
子B:7500万-4500万(借金)=3000万
となり、
一次相続時の子Aの3000万と同等
で分かりやすいですかね。A^^;)

あなたの質問のウラには、
不動産事業としての『おいしさ』が
隠れているということだと思います。

母が不動産事業を遺して、借金があっても
安定した老後(収益をある)が約束されると
子Bと合意(ネゴ)できるなら、問題は起こ
らないのかもしれません。
却って、子Aが不満に思うことになる
かもしれませんが。

母が遺言を書くのは必須ですね。

いかがでしょうか?

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、...続きを読む

Q姉との遺産分割

父親に先立たれた母が亡くなり姉と二人で遺産を相続することになりました。
遺産は私と母が一緒に住んでいた築30年の木造住宅と現金です。
家の造りとしては一般的な2階建て4LDKです。これからもこの家には住んでいこうと
思っています。

築30年の古家なので土地代のみの価値しかないと思っていたのですが
姉は知り合いの不動産屋さんに聞いた話として、『あなたは今現在この家に
住んで居るので150万~200万の価値が有ると言っています』

遺産は2分割します

私→土地代500万+家150万+現金200万
姉→現金850万
というのが姉の提案です。

遺産分割の時、築30年の木造住宅に価値は有るのでしょうか?

Aベストアンサー

NO3です。
不動産の評価額を列挙したさいに「公示価格」を忘れました。
その他にもあり、不動産には「一物一価」の原則は全くあてはまりません。
相続で得た者が「売っぱらった場合にはいくらになるのか」という考え方をしていくのが良いと思うのです。

Q相続の金額を知りたい

母親がなくなり相続で困っています。父親はすでに亡くなり子供3人(姉・兄・私)で相続です。
貯金は1800万円。実家は土地の固定資産税評価額155万円。建物固定資産税評価額390万円です。
母は家は1850万円かかり自分でも出したが姉が一部だしたといっていました。私の記憶では母は700万円出した。姉は10年前実家の立て直しの時にお金全額出した。お金は貸したものだと主張。1800万円から1200万円は返して貰い残りを3等分で私と兄は200万だ。家は自分が貰うと主張してます。
実家には姉の子供が建物建築時より居候しています。実家は姉の家族が鍵を持っていて私は入れない状態です。私は関東に住んでいます。兄は関西にいます。姉は母と同じ町にいます。不動産は姉に代償分割で相続して貰いたいと思っています。
実家は四国で土地の路線価は1.1倍の地域です。建物築10年。木造。

この場合の私の相続はいくらになるでしょうか?
調停を考えています。

Aベストアンサー

無茶なことを言いますね。

実の兄弟姉妹であっても、そのような高額な話であれば、裁判での証拠とまでいかなくても、お母様が家を建て直した時期にお姉さまの口座からの引き出しなどを見せるべきでしょう。

お姉さまが出したお金の経緯にもよります。
お姉さまがお金を母親に貸したというのであれば、遺産から優先的に回収するというのもわかります。これを強く言い出せば、あなた方は借用書などの証拠を出せともいえるはずです。だって贈与かもしれないではありませんか?あげたお金を返せというのはおかしな話なのですからね。共同でお金を出したというのであれば、不動産の名義を共有名義にすべきだったとも言えますよね。

お姉さまが出したお金回収するということは、不動産は純然たるお母様の遺産でしょう。それをお姉さまが優先で受け取れる根拠はないでしょう。
優先してほしいのであれば、預貯金をあなた方に優先させる必要があるのです。
お金を回収する、家ももらう、残ったお金は自分を含めて頭割り、都合よすぎる主張なのです。

さらにあなたも勘違いされていると思います。
固定資産税のための評価額は、時価ではなく、再建築価格なのです。相続税法における評価額も時価ではありません。あくまでもそれぞれの税の目的と課税のための評価にすぎないのです。
一般的にこれらの評価額は時価の6割~8割のことが多いようです。中には時価より大幅に低い評価になることも、高い評価にもなるのが、時価相場でしょう。
一番良いのは不動産鑑定士による評価です。しかし、鑑定評価費用が高額ですので、現実的ではないと思います。近隣の不動産屋で、その土地建物の相場を聞いてみることです。それでなければ平等な遺産分割はできません。

また、正しい状況把握もできていない中、どうせ価値はないだろうと考えて譲った後に、固定資産税評価額の何倍もの金額で売却したことを知っても、あなた方は後悔しませんかね。

状況と法律を理解したうえで、譲り合ったりすることをおすすめしますね。

書かれている数字が時価であるとすれば、あなたの相続の権利は、下記のような計算となると思います。
(1800万+155万+390万-1200万)÷3=約380万
この380万円以上の可能性のあるあなたの権利を200万だと求めているのです。

私の親類でも、単に同一場所に住んでいいただけで、親の家に住まわせてもらっているだけで跡取りだと主張し、無理難題を求めた親戚がいました。それにおこった他の相続人が法律家を利用し、最後には調停や審判までいきました。
その結果、無理難題を言った親戚は、住んでいた家を売り払うこととなり、住む場所を失い、新たに高額な出費をしたうえで転居せざる負えなくなりましたね。

お姉さまがそこまで権利を主張されるのであれば、すべてを現金価値に引き直し計算をしたうえで、裁判所で解決しましょうと伝えるのです。当然ではありますが、姉の子が住んでいる根拠は、今のところ全くなく、賃貸契約でもなかったことから言えば、居住権という守ってもらえる権利もありません。
無理なんだの主張をしたため、家を残し欲しいと考えていた物も現金化されるということなのです。

建て直したということは、あなた方に思い出も何もないでしょう。甥っ子などが自由に使っていた家でもあるのです。売ったって、あなた方にとっては、悲しいことは少ないのではありませんかね。

他の回答で行政書士を進めている方がいますが、私は司法書士をおすすめします。
行政書士も相続の専門家の一人ではありますが、話し合いがまとまらず調停や審判となった場合、裁判所での手続き書類の作成すら依頼できません。当然業務として資格者として経験もないことでしょう。話し合いがまとまったとしても、不動産の権利登記などを依頼したくても、行政書士では取り扱いが行えません。

しかし、司法書士であれば、相続の分野では行政書士よりも業務範囲が広く、裁判や交渉の際の代理権がないだけで、弁護士に近い業務範囲なのです。
裁判手続き書類の作成も依頼できるという中での相談は、安心感も考え方もあなた方にとって良いことだと思います。また、不動産登記は司法書士の本来の専門領域でもあります。

弁護士ほど敷居も高くありませんし、相談費用なども行政書士とさほど変わりません。

最後になりますが、あくまでも相続の分野での話で司法書士を進めただけであって、司法書士を行政書士よりも上だとか言っているわけではありません。あくまでも専門領域における話であって、司法書士に扱えない行政書士の領域も当然あるのです。ただ、試験の性格上、司法書士の多くは行政書士資格を持っていることが多いでしょう。しかし、行政書士の多くが司法書士資格を持っているのではないのです。

無茶なことを言いますね。

実の兄弟姉妹であっても、そのような高額な話であれば、裁判での証拠とまでいかなくても、お母様が家を建て直した時期にお姉さまの口座からの引き出しなどを見せるべきでしょう。

お姉さまが出したお金の経緯にもよります。
お姉さまがお金を母親に貸したというのであれば、遺産から優先的に回収するというのもわかります。これを強く言い出せば、あなた方は借用書などの証拠を出せともいえるはずです。だって贈与かもしれないではありませんか?あげたお金を返せというのはおかしな話...続きを読む

Q評価証明書、残高証明書なしで相続税申告は無理ですか?

相続税申告の期限間際で最低限の申告をして、後日早急に申告し直す見込みです。
父が亡くなり、母だけが全て相続し、私を含む2人の子は相続しない遺産相続協議書を作成しました。
全体の遺産金額は基礎控除4800万をこえるか超えないかの辺りです。
(1) 自宅の土地、家屋は固定資産税評価がわかる書類がある。
(2) 預貯金は、2つの金融機関とも残高証明がまだ届いていませんが、金額は死亡日ではありませんがそれ以前のものはわかる証書などはあり、とりあえず記入できます。
(3) 地方に所有する超安価な土地はいくつかありますが、路線価ではないので、固定資産税証明書を依頼しましたが、まだ届かず、電話で概算を言ってくれたのは1つだけ。

この状態で次の申告は受け付けてもらえるでしょうか?
(それ以外の戸籍や印鑑証明などはあります。)

(1)を完璧に記入し、書類を添付
(2)は死亡日時点ではないが、誤差のすくない金額を記入し、書類はないので添付なし。
(3)は数箇所の市町村のうち概算のわかる1ヵ所のみ記入し、書類はいので添付なし。
これで、良くないのは承知ですが、最悪の策としてなんとかなるでしょうか。
全く書かないと、隠匿となるので本当は、他の地方の超格安の土地も住所や面積と仮の価格など書きたいのですが、これはどうでしょうか?
とにかく最終的には正しく申告するつもりです。
よろしくお願いします。

相続税申告の期限間際で最低限の申告をして、後日早急に申告し直す見込みです。
父が亡くなり、母だけが全て相続し、私を含む2人の子は相続しない遺産相続協議書を作成しました。
全体の遺産金額は基礎控除4800万をこえるか超えないかの辺りです。
(1) 自宅の土地、家屋は固定資産税評価がわかる書類がある。
(2) 預貯金は、2つの金融機関とも残高証明がまだ届いていませんが、金額は死亡日ではありませんがそれ以前のものはわかる証書などはあり、とりあえず記入できます。
(3) 地方に所有する超安価な土地...続きを読む

Aベストアンサー

税理士事務所の職員ですが、相続税を担当したことがありません。
ただ、基本的な学習と家族の申告で相続税を経験しているため、わかる範囲で書かせていただきます。

申告期限に間に合わない理由はどのようなことでしょうか?
理由次第では、申告期限を延長してもらえる手続きもあります。

このように書くのは、相続税の申告とはいえ、修正申告や更正の請求を行うことは、何かしらの不備の可能性を税務署が感じ、税務調査等となりかねないためです。

1についてですが、固定資産税における固定資産評価額のわかるものがあって、評価証明書がないというのはどういうことでしょうか?納付等の際の税額通知などの内訳があるということでしょうか?
とりあえずであれば問題ないのかもしれません。

2についてですが、証書でわかるのであれば、とりあえずの申告であれば問題ないのかもしれません。

3についてですが、省略はよろしくありません。特に財産評価では特例計算などで期限内申告が必須とされている場合もあり、後に特例計算を必要とした場合に適用できないといけませんからね。市役所などであれば、電話で本院確認のうえで聞くことはできませんかね。

遺産分割協議書を作るとありますが、そのような資料で完ぺきな遺産分割協議書ができるのでしょうか?
良い方法かわかりませんが、可能な限りの財産のついて記載し、可能な限りの書類を添付しての未分割での相続税申告でもよいのかもしれません。

あくまでも私の家族の例ではありますが、調停などにより遺産分割が申告期限までに決まらなかった際には、未分割での相続税の申告を行いました。その後に修正申告や更正の請求をしました。
きっちりした申告を直したのではなく、とりあえずの未分割での申告を直したということとなりますので、税務署の印象も異なりますし、後に正しい申告が出るのが明らかな申告を出すというイメージにもなるでしょう。
私の家族の時には、相続税を専門とする税理士へ依頼し、最終的に税務署が求める以上の書類を用意したうえで修正申告等を行ったため、税務署からは税理士への電話問い合わせ程度で済み、税務調査にもなりませんでしたね。

正しい申告だから税務調査は怖くない、ある意味正しい意見だと思います。
しかし、税務署がどのように言うかわかりませんが、税務調査ともなれば、職印の立場上追徴しなければという意識も出て、素人対応での不利益を受けかねません。
税務署の職員の中には、税理士がついていない素人申告について、難癖や通常の法解釈と異なる解釈を説明して追徴をさせることもあるようです。

申告期限間際とありますが、通常の金融機関で残高証明の発行に時間がかかることはあまり考えられません、即時発行もする金融機関が多いわけですからね。ただ定期預金証書などでは、時間がかかるかもしれませんが、それでも多くの日数は必要とは思えません。
固定資産税における評価証明なども、出向けば即時発行が基本でしょう。郵送での請求であっても、中1日や中二日程度で届いてもおかしくはありません。速達などを利用すれば、さらに急いでもらうこともできると思います。

税理士事務所の職員ですが、相続税を担当したことがありません。
ただ、基本的な学習と家族の申告で相続税を経験しているため、わかる範囲で書かせていただきます。

申告期限に間に合わない理由はどのようなことでしょうか?
理由次第では、申告期限を延長してもらえる手続きもあります。

このように書くのは、相続税の申告とはいえ、修正申告や更正の請求を行うことは、何かしらの不備の可能性を税務署が感じ、税務調査等となりかねないためです。

1についてですが、固定資産税における固定資産評価額のわか...続きを読む


人気Q&Aランキング