1.0*10^(-6)mol/lのAgNo3溶液500mlと1.0*10^(-3)mol/lのNaCl溶液500mlを混合したときAgClの沈殿はできるか、できるなら何gか、AgClの溶解度積は1.6*10^(-10)

という問題で、AgClは沈殿すると思うのですが、沈殿の量の計算は、溶解度積のルートをとり、最初のそれぞれのイオンのmol数から引いて、この場合だとAg+の方が少ないので、引いて出たAg+のmol数がそのまま沈殿すると考えていいのでしょうか?
そうするとCl-が余るので、NaClも沈殿するという事になるのですが、全く自信ありません。
わかる方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

溶解度積」に関するQ&A: 分析化学 溶解度積

A 回答 (3件)

まず,溶解度積のルートをとってもまるで意味はありません.


溶解度積の意味をよく考えるように.

仮に沈殿ができないと仮定する.
すると,Ag+ 濃度は 0.5×10^-6 mol/L,
Cl- 濃度は 0.5×10^-3 mol/L である.
この濃度の積は溶解度積を超えることはできない.
0.5×10^-6 × 0.5×10^-3 = 2.5×10^-10 > 1.6×10^-6
したがって,沈殿は生成する.
沈殿生成量を x mol とする.
溶けている Ag+ の濃度は,全体が 1L になっているから
0.5×10^-6 - x (mol/L)
同じく Cl- 濃度は
0.5×10^-3 - x (mol/L)
ただし,x<0.5×10^-6 は明らかなので,
0.5×10^3 - x = 0.5×10^-3 と近似して十分である.
すると,溶解度積の要請から(ここが重要),
{0.5×10^-6 - x}×0.5×10^-3 = 1.6×10^-10
これを解いて,
x = 1.8×10^-7 (mol)
あとは質量に換算する.
(計算はミスってるかもしれないけど)
もちろん,NaCl の沈殿はこの条件ではできません.


溶解度積というのは,沈殿が生成しているとき
(より正確に言うと溶解沈殿平衡が成立しているとき),
この場合は Ag+ 濃度と Cl- 濃度の積が一定である
というだけで,このときに Ag+濃度 = Cl-濃度 であることは,
まったく保証外.
というか,そもそも同時に溶解しているものによっては,
そうであるかもしれないし,そうでないかもしれないし,
そのことは本質的にどうでもいいということ.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!!
わかりました。
どうもありがとうございます。
一価同士だからって同じ量がイオンで存在している
と考えてはだめなのですね。
てっきり飽和状態かと思っていました。
沈殿平衡なのですね。
これが仮に飽和状態なら、溶解度積にルートをとってもよいのですか?
変な質問だったらすみません。

お礼日時:2004/08/14 00:43

>これが仮に飽和状態なら、溶解度積にルートをとってもよいのですか?



飽和,ってのは溶解沈殿平衡に達した状態の別名なんですがね.

ルートを取れるのは,この場合なら Ag+ 濃度 = Cl- 濃度 であることが明らかである場合に限定されます.

あたりまえのことですが.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どこかで溶解度積のルートをとって濃度を出している問題を見たので気になっていました。
また何かあればよろしくお願いします

お礼日時:2004/08/14 14:20

溶解度積は、水一リットルに対してどれだけ溶けるかのモル数の二乗ですから、そのモル数だけ解けることになります。

つまり、塩化銀がこの量までは溶けますよ、ということなのですから、銀イオンの量を超えてしまっている場合は、沈殿がないことになります。そして、塩化ナトリウムについてですが、希釈な溶液において沈殿するかどうかを考えれば答えが出ると思います。

この回答への補足

返答ありがとうございます。
という事は、塩化銀の沈殿はなくて、溶解度積のルートの値より越えてしまった塩素イオンは、NaClとして沈殿するということなのでしょうか?
塩素イオンのままではいられないんですよね?

補足日時:2004/08/13 22:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校化学の溶解平衡についての質問です。 問題集に「AgclとAg2CrO4の沈殿は、塩化銀の溶解度は

高校化学の溶解平衡についての質問です。


問題集に「AgclとAg2CrO4の沈殿は、塩化銀の溶解度はクロム酸銀の溶解度よりも小さいため、先に塩化銀が沈殿し終えてからクロム酸銀が沈殿し始める。」
と書いてありましたが、それはクロム酸イオンが塩化物イオンよりずっと多い状態でも成立するんでしょうか?

Aベストアンサー

こちらは両方とも難溶性塩の場合ですか。
正確な溶解度積の値は調べていませんが、別質問中の値を用いて計算すると、
[塩化物イオン]≒[クロム酸イオン]^(1/2) × 10^-4
が導出できます。
※[]はモル濃度を表しています。
[クロム酸イオン]=10 mol/L
と仮定しても、存在できる塩化物イオンの濃度は
3.2×10^-4 mol/L
オーダー的に 十数 mg/L
ぐらいであれば、先に「Ag2CrO4」が析出する計算になります。

QAg/AgCl/NaClとはどんなものですか?

三電極系を使い光触媒の研究をしているのですが、参照極にAg/AgCl/NaClを使うと書いてあるのですがどんな物質か分かりません。どなたか解るかたがいらしたら教えてください。それとできれば、これに変わるいい物質があったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

Ag ワイアーの表面に電解で AgCl を析出させたものを,濃度の指定された NaCl 水溶液に浸して参照極にするのです.このとき,AgCl の粒子を適当に作って内部液に放り込んでおくとさらによろしい.
NaCl 水溶液と試料溶液の間は適当な塩橋でつなぎます.
NaCl の濃度が指定されていなければ,1M とか飽和とかで決めてかまいませんが,電位が NaCl 濃度に依存するのでどう設定したかを記録し,また再現的にそれを使うようにする必要があります.

しかし,3電極系などという言葉が出てくるのに参照極の構成がわからないというのはどうかと思います.先輩や指導者はいないのですか?

QNaCl水溶液にAgNO3水溶液を加えると、AgClの白色沈殿が発生する理由は?

質問の内容はタイトルの通りです。
イオン化傾向などと関係あるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無機物の塩は、+イオンと-イオンが結合して生成します。AgClなら、Ag+とCl-です。
このような塩は、水の中で+と-の元のイオンに解離することによって溶けます。これは、解離定数で表されます。

>AgClの白色沈殿が発生する理由は
沈澱ができるというより、解離定数が小さいので、+と-に解離せず、したがって沈澱のまま、になります。
 解離定数の逆数を結合定数といいますが、この値が大きい。すなわち、AgとClは、ガッチリと結合しているので、水に溶けるのに必須の+と-に解離しないので、沈澱になる、と説明と分かった気になります。

すると、「AgClの解離定数はなぜ小さいのか」という疑問が湧いてきますが、それは「性質だ」としか答えられません。なぜを言い続けると、最後は誰も返答できません。

>その物質に含まれる陰イオンとAgが結合するのでしょうか?
Cl-、CrO4--の解離定数は小さいので、Ag+反応すると沈澱ができます。
NO3-とは、解離定数が大きいので、水に溶けます。と言っても、濃度次第です。

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Q3M NaClのAg/AgCl電極の電位を教えて下さい。

3M NaClを使ったAg/AgCl電極の電位ってどこかに書かれてありますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.basinc.com/products/ec/faqele.html#Ref_Type
だそうで.


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報