コンジローマになり、明日全身麻酔で15分ぐらいの簡単な手術を受けます。
簡単な手術なんですが、病院嫌いで注射嫌い。
よく、注射で低血圧になります。
明日の手術も不安です。
いいアドバイスあれば、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご自身が病院の処置が苦手である旨を、処置前に伝えてみてはいかがでしょうか。

例えば点滴の針を刺すときに痛み止めのテープを使うなどより苦痛が少ない方法を選択してくれる可能性があると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

痛さがよわいんではなくて、その後なんです。不安な気持ちでおかしくなっちゃいそうなんです

お礼日時:2017/03/07 07:20

専門家紹介

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する女性医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

ん?コンジローマで全身麻酔の手術は、しないと思いますが



局所麻酔での注射だと思いますよ
痛いのは最初だけです

おだいじに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

動かれたらやりにくいと全身麻酔なんですって。

お礼日時:2017/03/02 08:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真珠腫性中耳炎と診断され今度全身麻酔で手術することになったのですが

真珠腫性中耳炎と診断され今度全身麻酔で手術することになったのですが
手術費は幾らぐらいかかるのでしょうか?国民健康保険です

Aベストアンサー

娘が幼稚園の時に真珠腫性中耳炎で手術をしました。10年くらい前です。
入院費は忘れたのですが、高額医療でもどってきました。
少しでも多く戻ってくるようにするには、月はじめに入院手術をして、通院費も含め治療費が多くいる期間を一カ月にまとめることです。

それと、真珠腫性中耳炎は手術でキチンと全てとれていなければ再発し、再手術が必要です。
これは、医師の技量だけが原因ではありません。
昔では頭蓋骨まで浸潤していくたちの悪い病気だったんですから。
それと、片耳が聞こえなくなるので、体が成長したら腫瘍と一緒に取り除いた耳の骨に代わるものを入れる手術も必要です。
わが子はまだこの手術をしていないので、どういったものかは知らないのですが。

ご参考になれば・・・

Q「肥厚性鼻炎」で全身麻酔で手術を受けるのですが、強力な下剤飲まされ、尿

「肥厚性鼻炎」で全身麻酔で手術を受けるのですが、強力な下剤飲まされ、尿管もさせられるのでしょうか?

Aベストアンサー

4年前に同様の手術を日帰りで受けてますが私のときは下剤も無ければ尿管も無かったですね。

とにかく病院にもよるし担当医の腕にも拠るかと思われます。

Q半月板の手術・麻酔法について

69歳になる親がこの度、半月板の手術をすることになりました。
内視鏡での日帰り手術だそうで麻酔は全身麻酔みたいです。
もともと、そんなにひどくはありませんが軽い糖尿病持ちです。

家族としては半月板だから全身麻酔とは思っておらず、全身麻酔の説明をうけて稀に脳梗塞や脳出血を起こすこともあると聞き、正直、不安に思っております。

そういうリスクはかなり高いのでしょうか??
また、全身麻酔をして日帰り手術が可能なのでしょうか。
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

 むしろ、日帰りのためなら全身麻酔の方が良いでしょう。
 脊髄くも膜下麻酔は、確かに使用する針は以前より細くなり、また先端形状の改良もあって術後の頭痛も少なくはなってはおりますが、時に起立/座位時の酷い頭痛が発生しますし(ある整形外科の先生から、「麻酔針メーカーの説明を真に受けて日帰り手術で数人に使用したら、全員がその日のうちに頭痛で病院に帰って来て緊急入院になった」という笑えない話を伺ったこともあります)、高齢者の場合麻酔の調節も難しくなります。その点、最近の全身麻酔薬を適切に使用すると、午前中に手術が終わると夕方には退院が可能になると思います。
 全身麻酔は、もちろん「絶対安全」とは言えないものの、麻酔の専門家が行う限り(この点は強調しておきたいと思います。それ以外の医師が行う全身麻酔については、安全か否かを判断する統計すらございません)そうそう危険なものではありません。脊髄くも膜下麻酔でも、麻酔が効きすぎると脳梗塞や呼吸停止、心停止の危険はあります。また、一方途中で切れて痛がる状態を放置すると、脳出血や心疾患の危険性もあります。その点、全身麻酔はほぼ必ず効きますし、効果の調節もやりやすく、覚醒も比較的速やかです。

 ただ、いずれ施設により状況は異なると思いますので、不安なことは事前に外科の先生や麻酔科の先生にご相談なさるのがよろしいと思います。

 むしろ、日帰りのためなら全身麻酔の方が良いでしょう。
 脊髄くも膜下麻酔は、確かに使用する針は以前より細くなり、また先端形状の改良もあって術後の頭痛も少なくはなってはおりますが、時に起立/座位時の酷い頭痛が発生しますし(ある整形外科の先生から、「麻酔針メーカーの説明を真に受けて日帰り手術で数人に使用したら、全員がその日のうちに頭痛で病院に帰って来て緊急入院になった」という笑えない話を伺ったこともあります)、高齢者の場合麻酔の調節も難しくなります。その点、最近の全身麻酔薬を...続きを読む

Q血圧 特に最低(拡張時)血圧が高い

血圧について教えてください。
拡張(最低時)血圧がこの半年90-100と高く、気になっています。人間ドックでも要経過措置と出てしまいました。
上(最高)血圧は125-135で特に高いわけでもなく、ただ下が時々100近くなるのが気になるのです。
いつも夜寝る前に計っているのですが、ビール1本程度飲んでの入浴後が一番良く85-125くらい。
飲まず、入浴せずだと92-135くらいが平均でしょうか。(何度か計ってベストであれば85-120くらい) 医者はこの程度なら、と特に何も言ってくれません。また減塩でしょうゆや塩をできるだけ取らないようには心がけています。若い時はどちらかというと低血圧で60-100程度でした。
ここで:
*最低血圧が高い原因は何でしょうか。
*最高血圧と近づいていますが、問題ありますでしょうか。
*投薬などは考えなくてよろしいでしょうか。
*最低血圧を下げる方法は何かありますでしょうか。
*減塩以外に何を気をつければよろしいでしょうか。
*頭痛(後頭部)があります。これとの関係はありますか?
等々なんでも結構ですので、教えてください。
当方男性、53歳、165cm、64kg。この1年で2kg太りました。人間ドックは1年毎。他に悪いところはありません。但し、仕事のストレスはかなり感じています。タバコは吸わず、お酒は毎日ビール1-1.5本程度。
父親と母方の祖母が高血圧でした。また、脳ドックは8ヶ月前荷受け、問題なしと言われています。

以上よろしくお願い致します。

血圧について教えてください。
拡張(最低時)血圧がこの半年90-100と高く、気になっています。人間ドックでも要経過措置と出てしまいました。
上(最高)血圧は125-135で特に高いわけでもなく、ただ下が時々100近くなるのが気になるのです。
いつも夜寝る前に計っているのですが、ビール1本程度飲んでの入浴後が一番良く85-125くらい。
飲まず、入浴せずだと92-135くらいが平均でしょうか。(何度か計ってベストであれば85-120くらい) 医者はこの程度なら、と特に何も言ってく...続きを読む

Aベストアンサー

血圧が高くなる原因というのは、NO1の方も言われているように、肥満、運動不足や
ストレスなど、そのほかに塩分は気をつけていらっしゃるようですが、コレステロール
なども原因の一つになるようです。
最高血圧と最低血圧が近づいているというのは血管の伸縮性が悪くなっているので
あまり良いことではないと思われます。
頭痛は血圧が高い人にはよくあるようです。
血圧の上だけを下げたり、下だけを下げたりというのは、難しいようですが、
減塩以外に気をつけるとすれば、アルコールを控えめにすること。
それと、カルシウムを取るのもいいようです。
ぜひ、お医者さんとも相談の上、服薬するべきなのか生活習慣の見直しから始めるのか
決められるのが良いと思われます。
お大事に。

Q血圧について質問します。現在62歳男性です。お医者さんで血圧を測定して

血圧について質問します。現在62歳男性です。お医者さんで血圧を測定してもらったところ最高血圧154、最低血圧78でした。血圧が高いですねと言われました。現在の年齢ですとどれくらいの数値で正常値なんでしょうか? 市販の血圧計(手首式 オムロン HEM-632)を持っていますので、それで測定した数値をお医者さんに言ったら、「上腕式でないと正確な数値はでないですよ」とも言われました。手首式は、正確な数値がでないのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

安静時の収縮期が130以下が正常、140以下で正常高血圧となっています。
http://血圧平均.com/2seijouchi.html
正常高血圧とは、「高血圧症」とは定義されないものの、その「予備軍」であるということです。
140を超える場合は一応病気です。 食事や運動により改善が見られない場合は薬物療法も考慮すべきである状態です。

ただし、血圧はいつも変動しています。 病院で測ると高くなってしまう「白衣高血圧」みたいなものもありますし、逆に病院で測るより高いときが多い「仮面高血圧」見たいなものもあります。
日中少しずつ上がっていく人もいれば、起床後すぐ血圧を上がる人もいますし、寝ている間もあまり下がらない人もいます。 どの程度のリスクがあるのかを知るためには、起床後何回か測る必要がありますので、自宅での血圧測定が必要となります。 

手首式のものは測定時に手首の位置が心臓の高さに固定されないと誤差が生じたり、手関節の屈曲度によって測定結果の数値が異なることがあるようです。手首では2本の骨の間に動脈があるために、締め付けが上手くいかずに動脈に十分な圧力がかかり難いために誤差が出やすいとのことです。
http://kouketsuatsu.kenkou117navi.com/210/post_75.html

安静時の収縮期が130以下が正常、140以下で正常高血圧となっています。
http://血圧平均.com/2seijouchi.html
正常高血圧とは、「高血圧症」とは定義されないものの、その「予備軍」であるということです。
140を超える場合は一応病気です。 食事や運動により改善が見られない場合は薬物療法も考慮すべきである状態です。

ただし、血圧はいつも変動しています。 病院で測ると高くなってしまう「白衣高血圧」みたいなものもありますし、逆に病院で測るより高いときが多い「仮面高血圧」見たいなものもあります。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報