野球で肩を強くするために鍛えるところはどこですか?

自分がやっている肩を強くするためのトレーニングは

・柔軟体操
・肩甲骨ストレッチ
・股関節ストレッチ
・手首ストレッチ
・指ストレッチ
・握力トレーニング
・指力トレーニング
・手首トレーニング
・肩のインナーマッスルトレーニング
・プッシュアップ(腕立て伏せ)
・背筋トレーニング
・三角筋トレーニング
・走り込み
・体幹トレーニング

です。

これでOKですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

十分すぎるぐらいです!


毎日やってたら肩はつよくなるとおもいます!!
毎日、遠投のキャッチボールをしてみるのもいいと思います!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ベストアンサーに選ばさせていただきます。

お礼日時:2017/03/21 23:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肩のインナーマッスルトレーニング

ピッチャーをやっています。
肩のインナーマッスルトレーニングがいいと聞いたのですが、具体的にはどうすればいいのでしょうか?

普通の腕立てとか、逆手懸垂とかは、気が向いたらタマにしたりします。あとダンベル(4Kg)も一応持ってますが、これもタマにごく普通に前に持ってやるだけです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インナーマッスルの強化は、ゴムチューブを使ったトレーニングが一般的です。下記のページに詳しいトレーニング法などが記載されているので、参考にしてください。

「肩」という項目でインナーマッスルについての解説をしており、「インナーの強化」という項目で具体的なトレーニング法を紹介しています。

参考URL:http://www62.tok2.com/home/healthisland/sports1.htm

Q体幹トレーニングは毎日やった方が良いですか?

体幹トレーニングは毎日やった方が良いですか?

Aベストアンサー

毎日、やった方がいいです!
自分はソフトボールをしてたんですが、毎日体感をさせられてたんですが一生懸命やっていると自然と効果が出てきます!!
筋トレでは鍛えられない内の筋肉というのはケガを防止することにも繋がります!
毎日やることをオススメします!

Q硬式野球をやっている中学2年ピッチャーです。 自分は肩が強いほうですがもっと強くなりたいです。 何

硬式野球をやっている中学2年ピッチャーです。

自分は肩が強いほうですがもっと強くなりたいです。
何か方法はありますか?

Aベストアンサー

素直なところは良いと思います。

では、現実的な話として地肩が強いのであれば後は全身を使った投げ方を身につけてみたらどうでしょうか?
肩だけにこだわると上半身だけの手投げになりうるし最悪、肩の故障に繋がる可能性もあります。

私も中学時代に投手をしてましたが試合のあとは肩、肘よりも太ももの張りの方がひどかったです。
走るのが苦手で下半身強化を怠ったのが原因と思われます。その後、肩を痛めて野球をやめました。

ですので今は全身を鍛えるほうが良いと思われます。
また、柔軟性も大切な要素ですので肩周りや足、腰など充分に柔らかくしていけば、肩を強化せずともボールのスピードUPに繋がると思います。

Q肩の痛みを解決するトレーニング法?

肩を壊したのですが、これを良くするトレーニング方法はないでしょうか?

草野球で肩を壊しました。右腕を持ち上げるとピリッと痛いです。日常生活でも、服を着替える時に時々痛みが走ります。

実は、高校時代に野球をやっていた頃から何度か肩を壊しています(オーバースローの投手でした)。当時は、鍼・電気治療で完治していたのですが、今回は鍼・電気治療でもあまり症状が改善しません。

プロ野球選手だったら「肩の手術」ということになると思うのですが、私は野球選手ではないので、そこまでやらなくてもいいだろうと思っています。

たとえば、肩の筋肉を付けるトレーニングなどで、肩を壊れにくくしたり、筋力でカバーしたりする方法はないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肩は、痛む場所によって、トレーニングなどをせずに医者(スポーツ障害)に行く必要があります。
特に、肩の前側が痛むのはよくないと聞いています。
肩の故障について↓
http://www3.plala.or.jp/nyarome/tre/syougai/shoulder.htm

もちろん肩の筋力が不足していることによる痛みもあると思いますので、この場合は、筋力アップで対応することになります。

肩(に限りませんが)の筋肉は、アウターマッスルとインナーマッスルがあり、アウターマッスル(皮膚の下)は通常のウェイトトレーニングで鍛えることができますが、インナーマッスル(間接を直接つないでいる筋肉)は、軽い負荷でトレーニングすることになります。
参考URLをご覧ください。

その他にも「インナーマッスル」をキーワードにするといろいろなHPがヒットしますので、参考にしてください。

参考URL:http://asihaya.kdn.jp/qa/archives/000016.html

Q肩を強くして良い送球をしたいのですが、そのための練習方法を教えて下さい

小生、60歳になる元野球少年です。還暦を迎え再び野球を始めました。しかし、サード、ショートを守ってファーストに送球しても山なりのボールしか投げられない肩になってしまいました。
少年時代の矢のような送球とまでは望むべくもないと思いますが、せめてダイレクトの送球をしたいと思います。
衰えた肩を多少なりとも復活させるために、どんな練習をしたら良いか是非アドバイスお願いします。
ちなみに、腕立て伏せが良いとの噂を耳にしましたが、如何なものでしょうか?

Aベストアンサー

ストレッチと投げ方のトレーニングです。

腕で投げては、肩を壊しますし
トレーニングで筋力をつけても、投げ方が悪いと意味はないです。

まずは、ストレッチにて全身をやわらかくしてください。
その際に、腕で体温計を振るような動作も行って下さい。
投げ方は、腕を振らずに 
→ 背骨を軸として意識した腰の回転 と 体温計を振る動作 とを
同時に行ってみてください。
→勝手に腕が振られて、ボールを投げていると思います。
力加減は、ステップ時の右足のけり(右利きの場合)と腰の回転力で行います。

※ダブルスピン投法を簡素化したものです、ネットで検索するか、
手塚一志さんの「ピッチングの正体」を読んでいただければと思います。

質問と違う答えですが、筋力をつけるよりも、この動作をマスターした方が故障もなく、スローイングもスムーズにできると思いましたので
投稿させて頂きました


人気Q&Aランキング

おすすめ情報