耳の閉塞感や圧迫感を伴う動揺感かがり、立ち止まったりしていてもぐらぐらする感覚があり不快感です。
普段から重度の肩凝り首凝りが辛く、毎日すぐ疲れて横になりたくなりますが、日常生活は何とか普通に見えるよう過ごしてますが正直かなり辛いです。
デパスを飲むと耳の閉塞感がかなり楽になり動揺感もマシになるのですが、それってデパスの筋弛緩作用が効いていて首や肩の緊張をとってくれてるからでしょうか? デパスは依存性があるので飲む度に罪悪感があります。 1週間に2、3回で1日に0.5グラムを1錠のみですが、それくらいの量なら依存性や体に負担はないでしょうか?
筋弛緩作用の面だけで考えると筋弛緩だけのテルネリンを飲んだほうが依存性ないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

首 圧迫感」に関するQ&A: 首の圧迫感

A 回答 (3件)

御自分で判断しないで、病院に行かれてみては?どうですか?

    • good
    • 0

我慢しないで頭痛外来に

    • good
    • 0

頭痛がありますか?


耳鳴りは?
頭痛外来に行ってみては?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

直接は頭痛はないですが、やはり肩凝り首凝りが酷すぎる時は緊張型頭痛になります。
耳鳴りはたまにありますが、すぐ終わるので我慢出来ます。

お礼日時:2017/04/16 19:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデパス0.5mgを1日1~2錠で、だいぶ精神的に楽になるということは…

デパス0.5mgを1日1~2錠で、だいぶ精神的に楽になるということは…

たいした精神的不安ではないということですよね?

辛い人は1~2錠では効かないんですよね?

Aベストアンサー

>辛い人は1~2錠では効かないんですよね?
デパスの1日最大処方は3mgです。

デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので
結構、効く実感を感じる方が多いようです。

坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。
坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。

健康な人で薬の半減時間が6時間ですから
効いている時間は4~5時位です。

短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。
短時間作用薬は薬の切れるのが早い
だから、ずっと効果を維持していく為には
薬を飲む回数がどうしても増える。
そうなると飲む量も多くなる。
長期連用すると依存の副作用が現れる可能性も高くなります。

私はデパスのジェネリック薬を頓服で使っています。
あまりにも精神的不安が強い時だけに使います。
デパスは薬の切れ際がハッキリ判るので
切れた際、不快感や不穏が出てくることが有ります。

精神的不安が長く続く時は、同じ高力価で中時間作用のワイパックスを使います。
作用時間が12~14時間位です。
等価換算表ではデパス1.5g=ワイパックス1mgで同力価(量が少ない方が強い)ですが
眠気や筋弛緩作用の副作用が強くありません。
デパスに比べると効きがマイルドな感じで
効いてるのか切れてるのか、あまり感じませんので重宝しています。

余談ですが、デパスは日本で創薬された坑不安薬(旧吉富製薬)で
確かアメリカ・カナダでは販売未承認のはずです。
海外ではサプリ並みという事はないと思います。

>辛い人は1~2錠では効かないんですよね?
デパスの1日最大処方は3mgです。

デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので
結構、効く実感を感じる方が多いようです。

坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。
坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。

健康な人で薬の半減時間が6時間ですから
効いている時間は4~5時位です。

短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。
短時間作用薬は薬の切れるのが早い
だから、ずっと効果を維持していく為には
薬を飲む回数がどうして...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報