ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

個人経営の美容室に勤務しています。

現在、厚生年金に加入しておらず国民年金のみです。

先日、オーナーから社会保険に入れるから業務委託契約で働かないか?と言われました。
どうして個人事業主になり厚生年金に入れるかと問うと、どこかの会社から名義を借りる?見たいなことを言ってました。
考えてくれと言われましたが、どうしても怪しく感じ保留にしています。
業務委託になりますが、勤務時間等はどうやらそのままなので実際は雇用と変わらなそうです。

なんか騙されてる気がするのですがこのやり方はありなのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

う~む。

わけわからないですね。

社会保険に加入するには、雇用されて
給料や賃金を受けることが前提になります。

他に想定される形としては、
あなた自身が適用事業所となり、1人事業主
として社会保険に加入するといったケース
です。
それにしても、給料をもらう形にしないと
だめです。

下記のとおりです。
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho- …

『業務委託契約で働く』と
『給料、賃金を受ける』
といった話が矛盾しているため、
理解しがたいですね。

因みに、雇用保険に加入できるのか
訊いてみてはいかがですか?
それはできないとなると、
あなたは事業主となり、
個人負担分と事業主負担分両方の
保険料を払う人ということになります。

確かにあまりよい話ではなさそうです。A^^;)
    • good
    • 0

年金加入について。


国民年金は、最大限支給されても、5.6万/月です。
一方、厚生年金は最大、28万/月額と、有利です。
たとい!途中で、辞めても、その期間は、通算され、加算されます。
厚生年金手帳も、支給されますので、あなたが、将来、どの企業に行っても、手帳が、付いて回ります。
あなたが給与から、年金相当額を引かれますが、相当額と、同率の金額を企業主も払います。
他に、社会保険も、付随します。
失業保険や、健康保険など、其れらの社保が、給与から差し引かれ、個人納入の、義務からは、開放されます。
社保は、雇用主にも、負担を義務付けられますので、はやみ
    • good
    • 0

>業務委託になりますが、勤務時間等はどうやらそのままなので実際は雇用と変わらなそうです。


大きく違います。
業務委託は雇用じゃないので、クビにしやすいですし、報酬を下げるのも簡単になります。
厚生年金の会社負担分をどのように払うかわかりませんが、その分が実質給料に上乗せされるなら考えてもいいかもしれませんけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q委託契約と社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)について

こんにちは。
委託契約と社会保険の加入について教えてください。

現在会社で、事務の委託契約を個人と結んでいます。
その委託している方に、社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)を会社がかけてしまっていることを知りました。

調べてみたところ、通常委託契約を結んだら、雇用契約と違い、社会保険に加入する義務はないということを知りました。そして、そもそも社会保険加入の対象外ということを知りました。

一般的に考えれば、委託契約から雇用契約に変更するか、社会保険から外すことが必要となってくると思いますが、社会保険に加入したままということができるのでしょうか。

どなたか詳しく知っているかたがいましたら教えてください。

Aベストアンサー

>現在会社で、事務の委託契約を個人と結んでいます…

具体的にどんな仕事の形態ですか。
委託契約を受けた人が、仕事をする場所は自宅もしくは自分の事業所ほか自分で自由に設定、仕事をする時間も自分の好きな時間帯にするなら個人事業主。
税法上は事業所得。
社会保険は対象外。

一方、仕事場所が会社の指定したところで、仕事時間も会社で決められたとおりなどと言うなら、「雇用」であり社員です。
税法上は給与所得。
社会保険を掛けていたことは正解。

たぶん後者だと想像しますが、後者の例を委託契約だと言い張ると、税法面から「偽装請負」として法令違反になります。
これまでが間違っていたのなら、税務署から指導を受ける前に、正しい方向に是正されることをおすすめします。

Q私と私の友達の年金に払いこみ年数、給料はだいたい同じ位です。 年金定期便が届きました。 私は養老基礎

私と私の友達の年金に払いこみ年数、給料はだいたい同じ位です。
年金定期便が届きました。
私は養老基礎年金710000円
厚生年金は155000円

友達は基礎年金770000円
厚生年金が350000円でした。
しかも私は厚生年金年金20年、国民年金13年、年金基金7年払い込みました。
友達は厚生年金21年、国民年金10年払い込んでます。
給料はだいたい同じで18~20万です。
私の方がなぜ低いのでしょうか?

Aベストアンサー

その情報では不足でよく分かりません。

お二方とも、加入年数からすると、
年齢は50歳以上ですかね?

ねんきん定期便のこの情報は老齢年金の
見込み額を示しているのです。
ねんきん定期便の下の方に、
『現在の加入条件で60歳まで
 継続して加入してものと仮定』
と記載されていると思います。

とすると、
老齢基礎年金の違いから、加入年数の
違いが分かります。

あなたは60歳までの加入期間は
71万÷1,625円=437ヶ月=①約36.4年
お友達は60歳までの加入期間は
77万÷1,625円=474ヶ月=②約39.5年
となります。

これまでの加入期間が
あなたは厚年20年+国年13年=③33年
お友達は厚年21年+国年11年=④32年
ですが、60歳までの期間として、
あなたは、あと
①36.4年-③33年=⑤3.4年の保険料払込
期間しか残されていません。それに対し、
お友達は、あと
②39.5年-④32年=⑥7.5年の保険料払込
期間があります。

この計算からすると、
★あなたは56歳で、
★お友達は52歳
ということではありませんか?

お二人とも60歳までに給料20万、
年240万とすると、この後の
厚生年金受給額の増加額は、
下記の簡易式で求められます。
240万×0.55%≒⑦約1.3万
が、1年あたりで増やせる老齢厚生年金額
となります。

あなたとお友達は残された加入期間が
⑥7.5年-⑤3.4年≒約4年の差があるので、
厚生年金の受給額の差は、
⑦1.3万×4年=5.2万
となります。

あとは7年払い込んだ?
という厚生年金基金の分ですかね?

まとめると、

⑩老齢基礎年金の差は、60歳までの
 加入期間の差であり、あなたの方が
 短いのは原因。①と②の違い。
▲若い頃に加入していなかった期間が
 あると推定されます。

⑪厚生年金の加入期間もあなたの方が
 短くなる見込みで、4年の差がある。
 その期間の差で5.2万の差が出る。

⑫あなたは厚生年金基金に加入していた
 期間があり、その分『ねんきん定期便』
 には反映されていない。
 こちらは年金基金に支給額を確認する
 必要がある。

⑬あと差が出る可能性として、今の状態
 がどうなっているかです。
 ねんきん定期便で最近の月別状況という
 欄の最新の情報が違えば、違いが出ます。
 実は退職して国民年金であるとか…
 そうなると、この後厚生年金は全く増え
 ない見込みになります。

いかがでしょう?
思い当たるものはありますか?

その情報では不足でよく分かりません。

お二方とも、加入年数からすると、
年齢は50歳以上ですかね?

ねんきん定期便のこの情報は老齢年金の
見込み額を示しているのです。
ねんきん定期便の下の方に、
『現在の加入条件で60歳まで
 継続して加入してものと仮定』
と記載されていると思います。

とすると、
老齢基礎年金の違いから、加入年数の
違いが分かります。

あなたは60歳までの加入期間は
71万÷1,625円=437ヶ月=①約36.4年
お友達は60歳までの加入期間は
77万÷1,625円=474ヶ月=②約39.5年
となります。
...続きを読む

Q年金と健康保険についてです。

うちの父の年金と健康保険についてです。
父 69歳 厚生年金 約174万円/年
今現在、弟の社会保険の扶養になってます。私は世帯が別です。
今年に入って農林年金団体より年金を受け取り忘れてますよ。みたいなお手紙がきました。もらいそこね分を過去5年分さかのぼってもらいました。その後、過去5年分各年ごとの源泉徴収票送ってきたのですが…。
農林年金 約13万円/年 。
厚生年金約174万円/年+農林年金約13万円/年=187万円/年。
ということは、社会保険の扶養から外れないといけないですよね(>_<)
国民健康保険になるってことですよね…。過去5年分さかのぼってもらった源泉徴収票があるんですが過去5年間も180万円超えてる場合、本当は国保だったのに社会保険の扶養に入ってた!!ってことで追加徴税(?)みたいなことがあったりしますか?追加徴税があるとしてどのくらい掛かるのか?
社会保険の扶養のまま年金はちゃんともらえれば一番いいのですが…それは虫がよすぎるんですかね。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ということは、社会保険の扶養から外れないといけないですよね
お見込みのとおりです。

>本当は国保だったのに社会保険の扶養に入ってた!!ってことで追加徴税(?)みたいなことがあったりしますか?
いいえ。
税金が追徴されるということはありませんが、もし、その間、受診していれば、健康保険が負担した医療費の7割分の請求が来ます。
また、国民健康保険に加入し、その保険料を2年分払わなくてはいけなくなります。
なお、社会保険に払う7割分の医療費は、国民健康保険に加入後、国民健康保険に請求すれば戻ってくることもあります。

>社会保険の扶養のまま年金はちゃんともらえれば一番いいのですが…それは虫がよすぎるんですかね。
そのとおりです。

Q何で、国民年金保険料を導入したの。払うのが、ばかばかしい。高すぎる!将来、もらえるかが気になる。皆さ

何で、国民年金保険料を導入したの。払うのが、ばかばかしい。高すぎる!将来、もらえるかが気になる。皆さんは、どう思いますか?

Aベストアンサー

高すぎる。お金持ちだから払わなくていいわけではないからね。必ず清算して送ってくる。払わなかったら財産差し押さえだとかいってるし いつまで生存しているかわからないのに。でも払わない人ってなるのも嫌ではないですか?

Q(定年)退職後の年金生活

こんにちは。53歳♂です。年金について、見込額通知が届き、約65,000円/月となっています。この金額で衣食住全てを賄うという事でしょうか?それとも死ぬまで働けって事でしょうか?日本には社会保障制度はないのでしょうか?海外帰国者で無知の為、ご教示何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。
老後の備えができていないなら、それは国や人のせいにはできません。
今まで どうやってきましたか?
53歳なんですね、
通常はいろいろ備えをしているものです。
なんらかの備えはしてるのですよね?

年金だけで暮らせるとは限りません、
また、そういった約束なんて聞いたことがありません。
みんなは年金だけでは心配だから、大抵はなんらかの備えをしています、
たとえば 住むところは確保しているとか貯蓄はしているとか、長く働くとかでしょう。
あるいは 生活費を少なくするのも一方法です。

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。

Qねんきん定期便を見たのですが少ない気がします。

ねんきん定期便が届いたのですが、厚生年金が少ない気がします。

ねんきん定期便を見ると、
一般厚生年金の欄が192ヶ月とあり、
厚生年金保険料の合計が400万円ぐらい、
老齢厚生年金が28万円ぐらいとなっています。

厚生年金を16年納めてこれだと、
定年まで残り24年間働くとしても、70万円ぐらいにしかなりません。

月で割ると5.8万円です。
老齢厚生年金が満額もらえたとしても、
合計で12万円ぐらいです。

将来貰える年金ってこんなものでしょうか?
普通の会社員で、厚生年金基金には入っていないと思います。

ネットで調べると、世の中の平均の厚生年金支給額が、だいたい月15万円ぐらいだと聞き、低くて不安になりました。
詳しい方、教えてください、

Aベストアンサー

ちょっと既回答が目に余るので…A^^;)
ご説明します。

年金の計算方法は、下記に記載があります
ので、詳細な計算方法はご確認下さい。

厚生年金額の計算方法
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html

自分の年金のシミュレーションは、
『ねんきんネット』にIDを登録し、
今後の年収の見通しを入力していくことで
これまでの実績と見通しで受給見込みの
年金額がシミュレーションできます。
http://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

もっと簡易な確認方法としては、
以下の計算式で求めることができます。

年収×0.5481%
=1年厚生年金に加入した場合の
 厚生年金額

例えば、現在のサラリーマンの平均年収は
約442万です。
https://doda.jp/guide/heikin/

そうしますと、
442万×0.5481%≒2.42万/年
が、老齢厚生年金の受給額
となります。

厚生年金に加入した期間が、
20~60歳の40年間とし、
その期間ずっと現在の平均給与年収
だったとすると、
2.42万×40年=①96.8万
が、老齢厚生年金受給額となります。


老齢基礎年金はもっと簡単な計算となり、
20~60歳の間での国民年金、厚生年金の
加入期間で計算します。

20~60歳の40年間加入していたなら、
1,625円×12ヶ月×40年=②78万
となるのです。

①老齢厚生年金96.8万
②老齢基礎年金78万
の合計で、  174.8万
となるのです。

ですから、現在の平均給与からすると
月14.5万といったところになり、
ご質問の
>世の中の平均の厚生年金支給額が、
>だいたい月15万円ぐらい
ということになるのでしょう。

因みにあなたの厚生年金の状況から
逆算すると、
28万÷16年÷0.5481%
≒320万が、これまでの平均給与額だった
ことになります。

加入期間が16年とのことなので、
本当は新人の3年間は『0.5481%』
の係数がもう少し高かった(0.7125%)
ですが、そこは今回省略します。

320万という金額をみて、現在
どう感じるかです。
『そこまで年収は少なくない。』
と思うならば、今後の伸び率を
考慮してかまわないです。

例えば、現在賞与込で年収450万
あるなら、今後この金額が下がる
ことは考えづらいと思います。

そうすると、
450万×0.5418%≒2.5万となり、
今後の24年間の分は、
2.5万×24年= 60万
となり、これまでの28万を足して、
28万+60万=88万
となります。

老齢基礎年金78万を合わせて、
88万+78万=166万(月13.8万)が、
65歳から受給できる老齢年金となります。

次に、これじゃあやっていけない。
という部分ですが、これはこれから
年金を受給する全ての人の課題です。
年金の税制の優遇などがあり、手取りは
それほど目減りしませんが、それでも
きつく見えるかもしれません。

ですから、政府は確定拠出年金の個人型の
適用拡大をしたり、厚生年金加入者の拡大
を図ったりしているわけです。
(夫婦での年金額を増やすといった取組み)

因みに厚生年金は、どんなに年収があっても、
上限があります。
簡潔に言うと年収1000万以上となっても
年金額は上がらないのです。
保険料がそのあたりが上限だからです。

ですので、
1000万×0.5481%≒約5.5万
40年間ずっと1000万だったとしても、
220万にしかならず、老齢基礎年金を
足しても300万に届かないということです。

ですから、誰しも老後への年金以外の
準備が必要となるのです。
一番のネックは60~70歳です。
今後年金を受ける人は60~65歳は、
『空白期間』となります。
また、将来年金受給開始が70歳に延びる
可能性はあるでしょう。

以上を踏まえて、老後のことを意識されて
確定拠出年金や個人年金など様々な制度を
ご検討されるとよいと思います。

いかがでしょうか?

ちょっと既回答が目に余るので…A^^;)
ご説明します。

年金の計算方法は、下記に記載があります
ので、詳細な計算方法はご確認下さい。

厚生年金額の計算方法
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html

自分の年金のシミュレーションは、
『ねんきんネット』にIDを登録し、
今後の年収の見通しを入力していくことで
これまでの実績と見通しで受給見込みの
年金額がシミュレーションできます。
http://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

もっと簡易な確認方法としては...続きを読む

Q年金を増やしたほうが良いのか、税金面でのアドバイスお願いします。

現在60歳です。
国民年金と厚生年金を合わせて、年額155万(月額13万)の予定なのですが、
身寄りもなく お金を残す必要もないのですが、更に年金を追加したほうが良いのか
或いは現金(預貯金5000万)で持っていたほうが良いのか、
受給時の税金面でどうなのかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

>受給時の税金面でどうなのか…

それがご質問の主旨ですか。
それなら、

>現金(預貯金5000万)で持っていたほうが…

利息が 20% の源泉分離課税で課せられるだけで、元本に税金は一切かかりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1310.htm

>更に年金を追加したほうが良いのか…

年金は、 65歳未満なら 70万を、65歳以上は 120万を引いた数字が「所得」となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

「所得」から、「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
に該当するものの合計を引いた数字に、「税率」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
をかけ算した答えが「所得税」です。

住民税も基本的な考え方は所得税と同じですが、各種の「所得控除」の額が少しずつ違うのと、「税率」は 10%一律、さらに所得税にはない「均等割」が 5泉温ほど上積みされます。

すなわち、税金だけを考えるのなら、現金で持っているのが一番ということになります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>受給時の税金面でどうなのか…

それがご質問の主旨ですか。
それなら、

>現金(預貯金5000万)で持っていたほうが…

利息が 20% の源泉分離課税で課せられるだけで、元本に税金は一切かかりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1310.htm

>更に年金を追加したほうが良いのか…

年金は、 65歳未満なら 70万を、65歳以上は 120万を引いた数字が「所得」となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

「所得」から、「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.h...続きを読む

Q年金払込期間について

私は18歳から23歳まで厚生年金、以降58歳まで国民年金を支払っています。満額年金を受け取るためにはあと何年国民年金を支払う必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

老齢基礎年金を65歳から満額受給するためには、60歳到達まで保険料を納め、保険料納付月数を480月にしなければなりません。

ご質問者様の書かれた内容に従い、これまでの期間を見てみると、次の3つに別れます。
A:18歳から20歳直前までの厚生年金加入期間
  ⇒老齢基礎年金の金額計算対象外
B:20歳到達月以降の厚生年金加入期間
  ⇒老齢基礎年金の金額計算対象
C:23歳以降で、国民年金保険料を納めた期間
  ⇒老齢基礎年金の金額計算対象
すると、年金額を計算する際に認められる期間はB+Cとなります。
具体的に月数はご質問文からは読み取れませんが、少なくとも480月にはなっておりません。

毎年、ご質問者様の誕生月になると日本年金機構から「ねんきん定期便」が届いていると思います。
それを見ながら、上記期間に区分して月数計算を行えば、「あと何年支払うの?」は導けます。
●年金定期便(はがきパターン)
  http://www.nenkin.go.jp/service/nenkinkiroku/torikumi/teikibin/201701.files/29-11-3.pdf
●年金定期便(59歳以降)
  http://www.nenkin.go.jp/service/nenkinkiroku/torikumi/teikibin/201701.files/29-11-4.pdf

老齢基礎年金を65歳から満額受給するためには、60歳到達まで保険料を納め、保険料納付月数を480月にしなければなりません。

ご質問者様の書かれた内容に従い、これまでの期間を見てみると、次の3つに別れます。
A:18歳から20歳直前までの厚生年金加入期間
  ⇒老齢基礎年金の金額計算対象外
B:20歳到達月以降の厚生年金加入期間
  ⇒老齢基礎年金の金額計算対象
C:23歳以降で、国民年金保険料を納めた期間
  ⇒老齢基礎年金の金額計算対象
すると、年金額を計算する際に認められる期間...続きを読む

Q年金比例報酬部分は 延期すると増額ですよね?? でも もしも働いた場合 貰うのと停止と手続きは

大変でしょうか
それとも 個人ナンバーで何もしなくても 大丈夫?
そこが大変そうで いろいろと嫌なのです
どうせみっちり働くのは無理なので 何かと面倒だけかもだし・・

Aベストアンサー

大雑把に言って、厚生年金の請求は個人、保険料の支払いは企業の責任で行われます。
質問文では、年金を受給しながら働き続けた場合の年金支給停止の手続きの事と思いますが、個人で行うのは年金受給者であることの情報を勤務先に告げることですね。
勤務先は年金を貰っていようが関係なく給与の支払いをし、厚生年金保険料を含む社会保険料を天引きします。給与の支払い情報と質問者様の受給している年金額の情報が社会保険庁に行き、その合計額が規定以上の場合に年金の停止(一部・全部)を行います。

昔の企業年金、というだけではどのように運営されていたのかが判りません。全くの単独で運営されている場合もあるでしょうし、厚生年金基金に加入していたのかも知れません。全く手掛かりが無いのであれば、合併後の存続会社の総務部などに問い合わせするか、大企業であれば「(合併後の存続会社名) 企業年金」で検索してみるかというところではないでしょうか。

Q国保は世帯主が払いますが・・ 子の請求を別にして 安くなる方法は無いでしょうか

例えば 住民票を別にしてとか
でないと いつまで経っても 子は自立出来無いようなぷん
子は派遣とか正社員とか ふらふらしています

良い方法が無くても せめて別請求書にして欲しいと思っています
30過ぎた子の面倒を いつまでもみられません

また 本人継続健保が可能だったのに 先に国保に加入していた子は 
世帯主の所得で高額国保料を払っていた気がします
どうしたものでしょう 役所に聞いてもばっくれられました

Aベストアンサー

社会保険の仕組みと家族が何の社会保険に
加入しているかぐらい把握して下さい。
それが自立の第一歩です。

>子は派遣とか正社員とか
普通に働いていれば、社会保険に加入でき
ます。
勤務先から保険証を受領したなら、役所へ
行き、国民健康保険の脱退手続きをします。
普通の手続きです。
会社を辞めたり、勤務時間の制約で勤務先の
社会保険から脱退したなら、退職証明書なり、
健康保険資格喪失証明書とマイナンバー
通知カード、身分証をもって役所へ行き、
国民健康保険の加入手続きをして、保険証を
もらってください。

まず、お子さんが現在社会保険に加入して
いるのかしていないのか?
把握してください。
加入しているなら、国民健康保険の脱退
手続きをすれば、社会保険の加入日からの
保険料は返してもらえます。

>役所に聞いてもばっくれられました
それは、普通に手続きを踏まないからです。
役所はご家庭の事情など何も分かりません。

>国保は個別だともっと高くなるとか
>窓口は言いますけれど
それは正しいです。
そういう地域もあります。
世帯単位で固定の保険料をとる地域も
あります。世帯を分ければ、2倍に
なります。(平等割という制度です。)

国民健康保険の計算書等をはじめ、
もうすぐ今年度の保険料が決まり、
通知がきます。

内訳もある程度書いてありますし、
こちらで、お住まいの地域と家族の
所得状況を提示していただければ、
こちらで解説しますから、
それでお子さんから保険料を徴収
すればいいでしょう。

まとめると
・世帯を分けるのは無駄。
・お子さんが勤務先の社会保険に
 加入していれば、その分の保険料は
 返してもらえる。
です。

そのあたりをしっかり把握するのが、
自立の第一歩です。

社会保険の仕組みと家族が何の社会保険に
加入しているかぐらい把握して下さい。
それが自立の第一歩です。

>子は派遣とか正社員とか
普通に働いていれば、社会保険に加入でき
ます。
勤務先から保険証を受領したなら、役所へ
行き、国民健康保険の脱退手続きをします。
普通の手続きです。
会社を辞めたり、勤務時間の制約で勤務先の
社会保険から脱退したなら、退職証明書なり、
健康保険資格喪失証明書とマイナンバー
通知カード、身分証をもって役所へ行き、
国民健康保険の加入手続きをして、保険証を
もら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報