微熱と息苦しさで受診したところ、マイコプラズマ肺炎でした。(半年で3回目の罹患。30代 女性です)抗生剤とステロイドの点滴を一週間受け、ジスロマック3日間→クラリス10日間を服用しましたが、微熱が引きません。2日間ほど平熱になり、やっと治ったかと思ったのですが、また上がってきました。37.0~37.7℃位です。最初の受診から20日程になりますが、これは抗生剤が効かなかったということなのでしょうか。最初から微熱程度で咳もあまり出なかったので、まだくすぶっているのか、病後の衰弱?のようなものなのか、わかりません。息苦しさは治療の最初の段階で治りましたし、今はずいぶん食欲も出てきましたので、このまま様子を見たいと思ってはいるのですが、たとえば微熱の他にも、肺炎の再燃の兆候というか、再受診の目安はあるでしょうか。

A 回答 (2件)

私も毎月のように肺炎になりたびたび点滴や入院もしました。

やはり目安は微熱ですね。私は、37℃5分で肺炎点滴です。レントゲンで肺が白くなります。
入院した時は血圧30の60でした。その声を聞いてから意識を失いましたが、この血圧では死ぬと思いました。
医師が家族に今夜が峠とか、ドナー提供するかとか聞いていたらしいです。
意識が戻ったのは4日後でした。
    • good
    • 0

あんさん、再受診の目安は「気なった時」でっせ!


今気になっとるんでっしゃろ。再受診でっせ!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報