微熱と息苦しさで受診したところ、マイコプラズマ肺炎でした。(半年で3回目の罹患。30代 女性です)抗生剤とステロイドの点滴を一週間受け、ジスロマック3日間→クラリス10日間を服用しましたが、微熱が引きません。2日間ほど平熱になり、やっと治ったかと思ったのですが、また上がってきました。37.0~37.7℃位です。最初の受診から20日程になりますが、これは抗生剤が効かなかったということなのでしょうか。最初から微熱程度で咳もあまり出なかったので、まだくすぶっているのか、病後の衰弱?のようなものなのか、わかりません。息苦しさは治療の最初の段階で治りましたし、今はずいぶん食欲も出てきましたので、このまま様子を見たいと思ってはいるのですが、たとえば微熱の他にも、肺炎の再燃の兆候というか、再受診の目安はあるでしょうか。

A 回答 (2件)

私も毎月のように肺炎になりたびたび点滴や入院もしました。

やはり目安は微熱ですね。私は、37℃5分で肺炎点滴です。レントゲンで肺が白くなります。
入院した時は血圧30の60でした。その声を聞いてから意識を失いましたが、この血圧では死ぬと思いました。
医師が家族に今夜が峠とか、ドナー提供するかとか聞いていたらしいです。
意識が戻ったのは4日後でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなり申し訳ございません。肺炎の痕に、別の菌が入ったのではということで治療中でした。肺炎は怖いですね。回答者さんも今後も御健康でありますように。ありがとうございました。

お礼日時:2017/07/14 08:36

あんさん、再受診の目安は「気なった時」でっせ!


今気になっとるんでっしゃろ。再受診でっせ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなり申し訳ございません。追加で治療してもらったところ、すっかり熱が下がりました。自分が「気なった時」には何かあると思って、遠慮せずに受診したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2017/07/14 08:36
  • マイコプラズマ肺炎の基礎知識〜感染経路・潜伏期間・症状・治療・予防法

    マイコプラズマ肺炎とはどんな病気か  マイコプラズマという病原体による、学童期に比較的多い肺炎です。昔は4年に一度流行していたので「オリンピック肺炎」などと呼ばれましたが、現在その傾向は崩れつつあります 原因は何か  マイコプラズマという細菌の感染によります。 症状の現れ方  感染している人と濃厚に接触してうつります。潜伏期間は2週間前後です。  主な症状は熱と咳(せき)です。とくに咳はひどく、喘息(ぜんそく)の子どもがマイコプラズマ肺炎に感染すると重い喘息発作を起こすことがあります。  合併症を起こすことは少ないです。 検査と診断  胸部X線検査により肺炎と診断し、血液検査でマイコプラズマの抗体を測定...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報