出産前後の痔にはご注意!

移相器の動作原理を教えてください…
検索しても全然出てこないです

A 回答 (5件)

これがわかりやすいかな?


http://cc.cqpub.co.jp/system/contents/1611/

もっと高度なのはこれで、エクセルマクロが付いているから自分で設計ができます。
http://118.243.179.248/90deg.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者の回答すべてわかり易かったのですが、貴方が貼ったURLが一番分かりやすかったのでベストアンサーにさせて頂きます。

みなさん、本当にありがとうございました。

お礼日時:2017/07/13 01:08

高周波の場合、単に同軸ケーブルの長さを変えるだけの、トロンボーンのような


ものです。つまり遅延時間を変えて位相を変える機械です。
    • good
    • 0

添付図の上の図は音響機器に使われていた移相器(フェーズシフタ)の原理図です。


R1=R2 で使います。
非常に低い周波数ではエミッタホロワとして動作するので入力と出力は同位相です。
信号周波数が高くなると出力位相は遅れ、r とコンデンサのインピーダンスが一致する周波数で90゚遅れます。
更に周波数が高くなるともっと遅れ、周波数が無限大では180゚遅れます。
周波数によって位相は変化しますが出力レベルは変わりません。
この回路は1970年頃に流行った4チャンネルステレオの前後音の分離回路に使われました。
またアナログ時代のカラーTVカメラにも必ず使われていました。色情報は3.58MHzの位相で示されるのですがカメラケーブルの長さによって時間の遅れ方が変わりこれが位相差となって色がデタラメになるのです。これを補正するために r を可変抵抗にした回路を2~3段重ねて使っていました。

もうひとつ遅延線(ディレーライン)を移相器として使う方法がありました。この方法は本来は信号の到達時間を遅らせるためのものですが等価的に位相を遅らせることにもなります。
同軸ケーブルでは電気が通る早さは一般に20万Km/秒程度になるので200mで 1μ秒程度遅れます。つまり200mの同軸ケーブルを通せば 1MHz の信号は位相に換算してほぼ360゚遅れることにます。長さが100mなら180゚、50mなら90゚の遅れですね。
しかし同軸ケーブルを装置内に長々と設置するのは大変なのでコイルとコンデンサで等価的な回路を作りました。その例が添付図の下の図です。
この方法はオシロスコープでトリガー点を遅延させるために使われていましたがデジタル式では遅延動作は簡単なので不要になりました。
「移相器の動作原理を教えてください… 検索」の回答画像4
    • good
    • 0

電気信号の位相(フェーズ)をずらす(移相)ということは一言でいうとベクトルの角度を変えることです。


RやL、Cのリアクタンスを用いてベクトル角度(正弦波の波の位置)をずらすことができます。

正弦波交流、リアクタンス、コンダクタンスという語句で検索してみてください。
きっといい答えが見つかりますよ。 がんばってね!
    • good
    • 0

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%A7%BB%E7%9 …

ここに書いてあることは違うんですね
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLED電球は発光ダイオードを使っているってことは直流ですよね? でもコンセントから取れる家庭用の電力

LED電球は発光ダイオードを使っているってことは直流ですよね?

でもコンセントから取れる家庭用の電力は交流で電力会社から送られてきてコンセントまで交流なので効率が悪いのでは?

LED自体の寿命は4何時間でも交流を直流にするインバータ?の方が先に壊れるのでは?

Aベストアンサー

>交流を直流にするインバータ?の方が先に壊れるのでは?

そうですよ

でもまあ、機械のほうは許容量がありますから長持ちするように作られています
LED電球のほうが先に壊れます、

Qオペアンプを使った増幅回路の計算

お世話になります。皆様のお知恵をお貸しください。
添付画像を参照お願いします。

①V1,R1,R2,R3,R4の値が分かっている場合、OUTの電圧はどのような計算式を使って求めることができるでしょうか?
②赤文字で記載された数値は、回路シミュレータ上の計算結果です。
 これらの数値はどのような計算式を使って求めることができるでしょうか?

お手数ですが、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

No.1 のお礼について

下図のようになっている事は判りますか?
これならば計算出来ると思うのですが…

Qモータでこんなことがあるのでしょうか

モータで重量物を上昇と下降をさせております
10年以上正常に上昇と下降を行っておりました

先日、上昇は正常なのに下降は速度が早いと連絡がありました
報告からモータに何らかの不具合が発生したのではと思います
原因はどのようなことが考えられるでしょうか

Aベストアンサー

規定より重い荷物を載せている場合は下降速度が速くなります。
その他いろいろ考えられます。
昇降装置はどのようなの構造なのでしょうか?
昇降装置の構造図やモータをどのように制御しているのかなど
のシステム構成などの図や説明を追加して補足しますと、原因
を推定できる可能性があります。
これらが不可の場合は、製作したメーカーに相談することを
お勧めします。

Q核のエネルギーはどこから? 原子核からエネルギーを取り出す手法に「核分裂」と「核融合」がありますね。

核のエネルギーはどこから?

原子核からエネルギーを取り出す手法に「核分裂」と「核融合」がありますね。でもそもそもなぜそれにより莫大なエネルギーが発生するのでしょう?E=mc2に代表されるように、質量とエネルギーが等価で、核エネルギーも質量のエネルギー変換だとすれば「核分裂」や「核融合」の際に変換される(失われる)質量とはなんですか?また前者より後者のほうが強力なのは何故でしょうか

Aベストアンサー

>>変換される(失われる)質量とはなんですか?

原子核内部の核子の結合エネルギー。
人類はこの結合エネルギーを「質量」として観測してるという事です。

もっとマクロな世界では、人類は、慣性を「質量」として観測してます。

>>「核分裂」より「核融合」の方が強力??

多種多様ですので、一概には比べられません。

水爆の方が原爆より強力だから、「核分裂」より「核融合」の方が強力だと思ってません??

これは、核分裂と核融合の差ではなく、水爆の方が、際限なく強力な爆弾を作れるという事です。

ウラン・プルトニウムには、臨界質量が存在します。
臨界質量を超えてウラン(プルトニウム)塊が存在すると、外部からそれを起爆させなくとも、自然と核分裂の連鎖反応が発生します。

ウラン235の場合は約20kg、プルトニウムの場合は約5kg。
これが限界であって、これを大きく越える爆弾は原理的に作ることが出来ません。

水爆は原理的には制限を持ちません。
燃料塊を大きくして、それを熱核融合下にすれば、いくらでも強力な爆弾を作ることが出来ます。

Q片対数グラフでこのような形になるとは どういうことなのでしょうか? 片対数グラフがイマイチよく理解で

片対数グラフでこのような形になるとは
どういうことなのでしょうか?
片対数グラフがイマイチよく理解できません。

縦軸は周波数で横軸は質量です。
振動工学についてです。

Aベストアンサー

「横軸対数、縦軸リニア」なら、そこでの「直線」
  y = kx

  Y = k*log(X)
ということです。
  X = 10^(Y/k)
ということです。

fn2 は y = -(1/20)x ぐらいなので
   X = 10^(-20Y)
ぐらいかな? (やや直線よりも「上に凸」かもしれませんが、こんなものでしょう)

fn1 は、y = kx^2 ぐらいの感じなので
  Y = k*[log(X)]^2
→ √(Y/k) = log(X)
→ X = 10^[√(Y/k)]
かな。

>片対数グラフでこのような形になるとは
>どういうことなのでしょうか?

どういうことも、そういうこともありません。そういう関係だ、ということです。

>片対数グラフがイマイチよく理解できません。

リニアのグラフなら理解できるということですか? だったら、上の説明で分かりますか?

対数グラフを見て関数のイメージがつかめなければ、リニアに直してもイメージはつかめないでしょうね。
「特性」を「おおつかみ」「大局的」に把握するしかありません。それが「グラフ」ですから。

「横軸対数、縦軸リニア」なら、そこでの「直線」
  y = kx

  Y = k*log(X)
ということです。
  X = 10^(Y/k)
ということです。

fn2 は y = -(1/20)x ぐらいなので
   X = 10^(-20Y)
ぐらいかな? (やや直線よりも「上に凸」かもしれませんが、こんなものでしょう)

fn1 は、y = kx^2 ぐらいの感じなので
  Y = k*[log(X)]^2
→ √(Y/k) = log(X)
→ X = 10^[√(Y/k)]
かな。

>片対数グラフでこのような形になるとは
>どういうことなのでしょうか?

どういうことも、そういうこともありません...続きを読む

Qコンクリート打込み時に水を加えてはいけない理由を教えて下さい。 管工事の問題で 【コンクリート工事に

コンクリート打込み時に水を加えてはいけない理由を教えて下さい。

管工事の問題で

【コンクリート工事に関する記述のうち適当でないものはどれか。
1 打込み時に、スランプ値が所定の値より低下した場合は、水を加えてワーカビリティーをよくする。
2 打込みは...
3 ジャンカ...
4 コールド...】
とあり 答え--- 1です。

①水を加えてはいけない理由を教え下さい。
②水を加えたら、どういった影響がでますか?

Aベストアンサー

コンクリート打設時に水を加えてはいけない理由を知るためには、コンクリートがなぜ固まるかを知らないといけません。

コンクリートは、セメント・水・骨材・混和剤を反応させて作ります。セメントと水が反応してガラス質の硬い結晶ができ、それが骨材をつなぎ合せて固まるんです。セメントは質量の40%もの水と反応して結晶を作っていきます。
一般的にコンクリートの水セメント比は40%~60%の範囲で用います。これから30%に相当する水を引いた残りの10~30%に相当する水は、コンクリートの施工に必要な水であり、コンクリートを硬化し強度を高めるのには不必要な水となります。

生コン業者は適度な水加減をして運んできますから、コンクリート打設時にそれ以上に水を加えると、コンクリートの品質(強度や耐久性など)が低下することになります。

Q直流モータ駆動時のMOS FET破壊について

図の回路を作成し、以下の操作をしました。回路作成後初回の操作となります。

①AC100Vの電源はOFFとしておく
②50kΩの抵抗を左回し。FETのG-S間を短絡しておく。
③AC100Vの電源をONにする。モーターは回らない。
④50kΩの抵抗をゆっくり右回し、FETのG-S間電圧を上昇させる。あるところでモーターが全速力で回りだした。
⑤50kΩの抵抗をゆっくり左回し、FETのG-S間電圧を下降させる。ところが、FETのG-S間が短絡されるまで回してもモーターは全速力で回り続けている。
⑥AC100Vの電源をOFFとする。モーター停止。
⑦FETに取り付けたヒートシンクを手で触る。発熱は無く、常温のまま。
⑧50kΩの抵抗が最も左回しの状態で、FETのG-S間が短絡されていることを確認。
⑨AC100Vの電源をONにする。再びモーターが全速力で回りだした。

上記はFETを破損した過程の記述となりますが、破損原因が分からなくて困っています。
FETの破損原因について、心当たりをお持ちの方はいらっしゃいませんでしょうか?

図の回路を作成し、以下の操作をしました。回路作成後初回の操作となります。

①AC100Vの電源はOFFとしておく
②50kΩの抵抗を左回し。FETのG-S間を短絡しておく。
③AC100Vの電源をONにする。モーターは回らない。
④50kΩの抵抗をゆっくり右回し、FETのG-S間電圧を上昇させる。あるところでモーターが全速力で回りだした。
⑤50kΩの抵抗をゆっくり左回し、FETのG-S間電圧を下降させる。ところが、FETのG-S間が短絡されるまで回してもモーターは全速力で回り続けている。
⑥AC100Vの電源をOFFとする。モーター停...続きを読む

Aベストアンサー

状況から推定してFETの D-S 間が短絡しているように思います。
一般にFETの D-S 間は大電流では断線し耐圧オーバーではショートするようです。このFETは耐圧は十分にあるようなので耐圧オーバーはちょっと考え難いように思います。
しかしドレインに負の電圧が加わったら・・・・モーターと並列のダイオードが断線していませんか?
FETにも D-S 間にダイオードがあるようですがこれも断線するとドレインに負の電圧が加わります。破壊原因になり得るように思います。

「安全動作領域」については検討しておられますか?
FETでもバイポーラでも電圧が掛った状態で流してもよい電流には時間の制限があります。
TK10Q60Wでは100Vの電圧が掛った状態で流し得る電流は10A、その継続時間は100μ秒以内です。
これを超えると内部のジャンクション部分が溶けて破壊します(外見的には熱くない)。
詳細はデバイスのデータシートを見てください。

スイッチング形態も気になります。
ゲート電圧をゼロからゆっくり上げていますね。モーターに電流が流れ始めた時はFETはスイッチング素子としての完全なONではなくアナログ的なON、つまり D-S 間にかなり大きな抵抗が残った状態になっているはずです。モーターは起動時には機械的には無負荷であっても大電流が流れますがこの起動電流のためにチップは高温になり溶けてしまいます。あまりにも短時間で高温になるため放熱器では吸収できません。

状況から推定してFETの D-S 間が短絡しているように思います。
一般にFETの D-S 間は大電流では断線し耐圧オーバーではショートするようです。このFETは耐圧は十分にあるようなので耐圧オーバーはちょっと考え難いように思います。
しかしドレインに負の電圧が加わったら・・・・モーターと並列のダイオードが断線していませんか?
FETにも D-S 間にダイオードがあるようですがこれも断線するとドレインに負の電圧が加わります。破壊原因になり得るように思います。

「安全動作領域」については検討しておられ...続きを読む

Qデジタル回路について質問です。

この度回路シミュレータのTINAを使いデジタル回路を作る実験を行ったのですがその中でT-FFとゲートICを用いて任意のカウンタ回路を作成せよという課題があり作成し提出したのですが他にどのような回路が作成できるのか興味が沸き質問させていただきました。
回路図を用いて提示していただければ嬉しいです。
無知なものでどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

SN7476ですか。ずいぶん歴史のあるデジタルICを使うんですね。2進、4進、8進のカウンター(2の冪数)なら簡単に組めてしまうので、3進とか5進とか7進のような、そうではないカウンタ-を考えてみては? ネットで検索すると答え(回路図)は出てきますよ。

Q電子回路の利得についての質問なんですが、教科書によって違いすぎて混乱しています。 ある教科書ではA(

電子回路の利得についての質問なんですが、教科書によって違いすぎて混乱しています。
ある教科書ではA(jω)=vout/vinをそのまま利得としているのに、別の教科書ではG(jω)=vout/vinが伝達関数で20log|G(jω)|が利得になっていたりでよくわかりません。
自分の学校では前者で習っていたので、伝達関数と利得の違いや、なぜ20logがつくのかなどがよくわかりません。
分かる方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ある教科書ではA(jω)=vout/vinをそのまま利得としているのに、別の教科書ではG(jω)=vout/vinが伝達関数で20log|G(jω)|が利得になっていたりでよくわかりません。

回答>>A(jω)=vout/vin は入力信号Vinと出力信号の比を表してます。これはベクトルでの比の関係としてのベクトル量を利得と定義してるという意味です。
 一方、「G(jω)=vout/vinが伝達関数で20log|G(jω)|が利得」について、
   G(jω)=Vout/Vin はベクトル量ですがその絶対値、即ちスカラー量、絶対値|G(jω)|=|Vout/Vin|の値を利得と定義してます。このスカラー量の利得をdBに変換したのがdB表示の利得として20log|G(jω)|と表されます。

Qオペアンプゲインについて

オペアンプゲインについて質問があります。
初心者の質問で恐縮ですが、ゲインは高い方がいいとされるのでしょうか?
例えばアンプで定電流回路を組んだ場合、周波数特性はオープンループ(オペアンプ裸のゲイン)の周波数特性となると理解していますが、ゲインは0dB以上あればよく、ゲイン20dBでも10dBでも性能としては同じでしょうか?

Aベストアンサー

性能というのは周波数特性のことですね。
周波数特性は帯域幅(GB積)が大きく関係します。この値は周波数を高くしていったときに利得が 0dB(1倍) になる周波数を言います。BW(帯域幅)とも言います。
OP-AMPの周波数特性は基本的に周波数に逆比例して低下し、BWの周波数で1倍になるので、ゲイン10倍で使うとBWの1/10の周波数までしか使えません。
つまり 閉ループゲイン×周波数=BW になるので、希望の帯域幅と閉ループゲインから必要なBW値がわかります。
例えば、最大周波数 1MHz、閉ループゲイン20倍で使うのなら 1MHz×20倍=20MHz ですから20MHz以上のBW値を持つOP-AMPを使わねばならないということです。

裸利得は大きいものの方がよいのですが、その理由は閉ループゲインが正確に出るためです。
閉ループゲインは入力に接続する抵抗と帰還抵抗の比で決まりますが、裸利得が小さいと計算値よりゲインは小さくなります。
しかし裸利得の大きいものは発振(寄生振動)するなど扱いにくいので無理をしない方が良いでしょう。最初からあまり高利得、広帯域を目指さない方がいいですよ。

性能というのは周波数特性のことですね。
周波数特性は帯域幅(GB積)が大きく関係します。この値は周波数を高くしていったときに利得が 0dB(1倍) になる周波数を言います。BW(帯域幅)とも言います。
OP-AMPの周波数特性は基本的に周波数に逆比例して低下し、BWの周波数で1倍になるので、ゲイン10倍で使うとBWの1/10の周波数までしか使えません。
つまり 閉ループゲイン×周波数=BW になるので、希望の帯域幅と閉ループゲインから必要なBW値がわかります。
例えば、最大周波数 1MHz、閉ループゲイン20倍で使うのな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング