私は法学部を卒業しました。犯罪捜査を専門的に勉強してきたのですが、犯罪捜査の科学的な面に興味を持つようになりました。そこで法医学を勉強したいと思うのですが、こういう理由で医学部への学士編入というのは可能でしょうか?医学の世界に詳しいわけではないので私の勘違いかもしれませんが、法医学というのは医学の世界でもそれ程メジャーなものではないような気がします。どの大学でも勉強していけるものなのでしょうか?もしそうでないのならば、どの大学が法医学に力を入れているのかを教えてもらえたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ANo.#1 で回答した rei00 ですが,syuririn さんがお書きの「犯罪捜査の科学的な面」というのはどの様な事をさしておられますか。



いくつかの大学医学部の法医学講座のペ-ジを御覧になればわかると思いますが,「法医学とは法律上の医学的諸問題に対して医学的立場で研究し 解決を与える学問である。死因、死亡時間、損傷が生前のものか死後のものかの鑑別、そして親子鑑定などが法医学の最も一般的な研究分野である。(山形大学医学部法医学講座)」や「法医学 (Legal Medicine, Forensic Medicine) とは、法律上問題となるさまざまな医学的事項に関して、医学知識を応用して解決に役立てる医学の1分野です。(関西医科大学法医学講座)」などとなっています。つまり,死体の解剖を行なうのでなければ,医師免許は不要でしょうし,医学部へ編入学する必要も無い事になります。

また,「犯罪捜査の科学的な面」を研究している代表である「科学警察研究所」のペ-ジと「科学警察研究所の各部の内部組織に関する規則」というペ-ジを参考 URL にあげておきます。これらを御覧になれば,「犯罪捜査の科学的な面」にどんなものがあるかお分かりになると思いますが,殆どの部分は医師免許が不要ですし医学部に編入する必要がありません。むしろ,化学,物理学,工学,心理学,等々の他の学問知識が要求される部分の方が多いと思います。

これらの点を踏まえて,syuririn さんの目的に最も合う編入学先が医学部かどうかを再考されたほうが良いようにも思います。
 

参考URL:http://www.nrips.go.jp/index-j.html, http://www2.odn.ne.jp/~cae02800/jp/law/nrips.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 今までは漠然としか考えてなかったのですが、rei00さん(その他私にアドバイスを下さった方々も含め)のおかげで、「自分が本当はどうしたいのか?」を深く考えるようになりました。誰に相談していいものなのかも分からなかったので、こうして的確なアドバイスをいただけ感謝しています。私が学びたいことが「医者」でなければ無理なのか、そうでなくともよいのかしっかり考えてみなければなりません。
 法律の世界での「証拠」というものは必ずしも正しいものだとは限りませんが、その証拠も科学的な裏づけがあれば確かなものになります。人が人を裁くのですから冤罪というものはなくならないのかもしれませんが、減らすことはできるはずです。特に殺人事件の真相究明は当事者の一方が死亡しているという点において、困難な面が多く、冤罪を生みやすいものです。法律システムを変えていくことも冤罪を減らすのに有効な手立てかもしれませんが、私は残された状況から科学的に事実を見極めていきたいと思うのです。具体的に言えば、(口で)物言わぬ人間の最後の主張を聞いてみたいと思うのです。法律を学んだ者の、平等・公平の精神でしょうか?生き残った人間の主張を一方的に聞くのではなく、亡くなった方の主張も同じように聞かなければ真相を知ることはできないのではないと考えています。この思いがあって「法医学を学びたい」と思うようになったのですが、これでは理由になっていないでしょうか?
 

お礼日時:2001/07/08 21:59

syuririnさんの志はすばらしいと思います。


しかし、死者の述べることは限られています。もし死者の声に耳を傾けたいのであれば、今までの法律という知識はあまり役には立たないでしょう。(もちろん、全く、というわけではありませんが。)死者の声を聞くというのは、肺にたまっているプランクトンを顕微鏡で特定したり、焼死体が何でこういう体位をとっているかということを調べたりします。これらの技法は、ほとんどが生物学的な知識が元になっています。医学においてメジャーでもなく、対してお金も稼げない。こういう分野に進みたいのであれば、もっと自分で調べて、それで納得しなければ後悔すると思いますよ。(医学生で法医学をやろうなんて人は、数年に一人ぐらいなものです)僕が学生の時に感銘を受けたのは、刑事事件に命をかける弁護士さんの講義を聴いたときでした。法医学者なんて、ただの下請けにすぎないような気がします。(これは、自分が臨床かであることの奢りかもしれませんが)医者なんて、目の前の患者さんを助けたいと思うからこそどんなに辛くとも、給料が安くともがんばれるのです。それだけの決意がある法医学者なら、どのような道に進んでもきっと大成しますよ。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 自分が今まで勉強してきたことが全く(ほとんど)役に立たないというのには正直、複雑な思いはあります。しかし私が法律を学んだことが無駄だったのかといったらそうではないはずです。法学部に進んで刑事法を選択して、その中で勉強を進めていくうちに法医学いう分野に興味を持ち始めたのですから、法律を勉強していなかったら今の私はないはずです。「持っていて邪魔になる知識など1つもない」とどこかで聞いたことがあります。私の法律知識は仕事には生かせないかもしれませんが、これからの私の人生において直接的でなくとも私の手助けをしてくれるはずです。
 お金持ちになりたい!と思うのであれば、法律関係の仕事についたほうがいいでしょうね。もちろん生活に困るようでは困りますが、普通に暮らしてさえいければいいと思っています。自分が興味をもてる仕事で、なおかつ自分を必要としてくれる仕事につけたらそれ以上の幸せはありません。
 私の人生は随分回り道をして一見無駄ばかりかもしれませんが、納得いくまで考え抜いて後悔のない人生を歩いていきたいと思います。自分の中に迷いがあるのも事実です。jugさんのアドバイスを読ませていただき、自分の考えの甘さを感じています。自分のひとりよがりの「憧れ」だけでなく、jugさんの客観的なアドバイスを参考にさせていただいて決断したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/10 14:12

臨床に携わらないのなら、医学部に行かなくとも法医学の研究はできます。

私の出身大学の法医学講座には、医師免許を持つ教員は教授と助手の3人しかいなくて、講師2人は医師ではありませんでした。学位は医学博士で、出身も理学部ではあったと思いますが。解剖をばりばりやりたいのであれば医師になって監察医務院に就職する方がいいし、精神鑑定に興味があるのなら精神科医になる必要はあります。syuririnさんが医学的な知識をどれくらい必要としているのかわかりませんが、実際の法医学の研究テーマっていうのは、精液の検出法の研究とか、生化学的なことが大部分です。生物学的なアプローチがどうしても必要なら生物学を一から学び直した方がいいと思いますし、それほど必要がないのであるのなら、自分の興味のある研究をしている大学の教員を捜して、そこの大学院に入った方がいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 貴重なご意見、ありがとうございます。今までは「何が何でも医学部!」と思い込んでいた面があったのではないかと思います。そうでない道があることを初めて知り、いろいろな選択肢の中から自分を見極めるきっかけができました。

お礼日時:2001/07/08 22:03

syuririnさん。

はじめまして。医学部のことは良くわかりませんが、私のわかる範囲で回答致します。

>こういう理由で医学部への学士編入というのは可能でしょうか?
これは文句の付けようのない立派な志願動機だとおもいます。それにrei00さんが書かれているように
そもそも志願動機だけで落されることなどまずないはずです。

>どの大学でも勉強していけるものなのでしょうか?
大抵の医学部には法医学講座もあるはずです。
むしろ編入学試験を行なっている大学の方が少ないので、そちらの方から先に決める必要があります。
参考URL(一つ目)にはいろいろな医学部編入学情報サイトへのリンクがあるので参考にされると良い
と思います。

またsyuririnさんは法学部卒業ということなので編入学試験を受験できる大学はさらに限られてくる
と思います。これは編入学試験を行なっている大学の受験資格が理系学部卒業生に限られている
というわけではなく、受験資格として学部で生物学関係の単位を取得していることを条件としている
大学や、試験科目に生物・化学・物理などがある大学もあるからです。後者の場合は受験すること自体
は出来るので、もしそれらの科目に自信があるのなら挑戦してみるのも良いかも知れませんが。

参考URLの2つ目のサイトは文系出身で医学部の編入試験に合格された方の体験記です。

ただし各大学で行なっている研究はあくまで医学としての研究であり、研究室の先生によって研究テーマ
は違いますが、大抵は基礎医学的な研究であってsyuririnさんの御期待に沿えるようなものかどうかは
わかりませんから、あらかじめ各教室に問い合わせてチェックしておきましょう。

また編入学であれば大抵2年次又は3年次の勉強から始めることになります。しかし通常の医学部では
1・2年次に生物・化学関係の基礎科目を習得することになっているので、それを学んでいない、まして
学部でも生物・化学系の科目を勉強していない人がいきなりついていくのはかなり困難だと思います。
(編入学を実施している大学では、一応それらの科目の未習者のために補習授業のようなものを
用意しているようですが……)
入学自体もさることながらそういう入学後のことを考えれば、編入よりも通常の入試を受けて1年次
から始めた方が良いのではないでしょうか(金や時間の余裕があるのなら)もちろん受験勉強の大変さは
編入試験の比ではないでしょうが。

各大学(法医学教室),研究機関のホームページ
http://www.legal.med.osaka-u.ac.jp/link.html,

参考URL
1.医学部編入学情報サイトへのリンク集
2.'98医学部学士編入学の日記

参考URL:http://hpcgi1.nifty.com/TAO/navi60/navi.cgi?mode …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 確かに私は大学で理系科目を学んでないので(一般教養の授業で少し勉強しましたが)授業についていくのは大変でしょうね。覚悟を決めて入学するのですから頑張るしかありません。幸い高校では理系クラスにいて理数系は普通の文型の生徒よりは勉強していますし、嫌いではないので理系科目に苦手意識はありません。入試対策(入ってからの授業にも役立つのでしょうか?)で医学部編入のための予備校に通うつもりではいます。というか、そうでないととてもじゃありませんが合格できそうもありませんので。通常の入試をということですが、既に4年制大学を卒業しているという年齢の問題もありますし、やはり金銭的な面が大きく私には無理です。もう一度大学に行くというだけでも大変なので・・・。
 大変ためになるアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2001/07/08 22:14

> こういう理由で医学部への学士編入というのは可能でしょうか?



 医学部への編入に関しては,カテゴリ-「教育 > SCHOOL > 大学&短大」の「QNo.92986 大学編入(医学部)の勉強について.(特に自然科学)」(参考 URL)で私が紹介したペ-ジが参考になるかと思います。

 医学部への学士編入は可能ですし,その場合に志望理由は問われません(もちろん,あまり突飛な理由であれば,問題でしょうが)。

 ただし,編入学試験のライバルは医者になる事を目的として勉強してきた人たちです。したがって,あなたもそれなりの勉強をしておかないと入学は困難です。

> どの大学でも勉強していけるものなのでしょうか?

法医学講座はどの大学でもあるはずです。とりあえず,あなたの志望大学をいくつか決めて,ホ-ムペ-ジ等でどの様な講座があるかをお調べになれば良いと思います。

 

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=92986
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q70歳以上の健康保険

70歳以上の人が病院にかかる場合の健康保険ですが、老人保険になり例えば市町村の健康保険に加入する必要はなくなるのでしょうか?老人2人だけ(無職)で70以上の場合はどのような保険に加入することになるのでしょうか?
またこれとは別に例えば子と同居する場合は子供の会社の健康保険の扶養者として健康保険に加入することになるのでしょうか?

Aベストアンサー

老人保健(保険ではないです)制度は、「健康保険に加入している満75歳以上の方または
一定の障害のある65歳以上の方」が対象になります。
ただし昭和7年9月30日以前のお生まれの方は、70歳から74歳までの方も対象になります。
(平成14年10月1日に制度改正があったため、ややこしいのです。)

70歳以上で老人保健医療対象外の方は、前期高齢者という区分になります。
健康保険に加入している昭和7年10月1日以降にお生まれの70歳以上75歳未満の方が
対象となります。ただし、既に老人保健医療制度の対象になっている方は除きます。
(一定の障害がある満65歳以上)

老人保健の対象となっても健康保険は加入しなくてはなりません。
老人保健の場合は本人負担分(1割または2割)を除いて全て老人保健の負担になりますが、
その老人保健制度の財源(老人医療費)は、3:7の割合で公費(税金)と保険者(健康保険)
が負担しています。

前期高齢者の場合は、引き続き健康保険法が適用されます。
高齢受給者証と健康保険証を窓口で提示して一部負担金(1割または2割)を支払います。

お子様と同居の場合の加入保険に関しては、選択の余地があります。
家族と同居していても、高齢者を単体世帯にする(世帯分離)ケースも増えているようです。
税金や保険料の算出など様々な要因があると思いますが、介護保険が世帯単位で負担能力を判断
するため、というのも大きい様です。
(世帯分離によって世帯収入額が減り、負担額が下がるため。)

老人保健(保険ではないです)制度は、「健康保険に加入している満75歳以上の方または
一定の障害のある65歳以上の方」が対象になります。
ただし昭和7年9月30日以前のお生まれの方は、70歳から74歳までの方も対象になります。
(平成14年10月1日に制度改正があったため、ややこしいのです。)

70歳以上で老人保健医療対象外の方は、前期高齢者という区分になります。
健康保険に加入している昭和7年10月1日以降にお生まれの70歳以上75歳未満の方が
対象となります。ただし、既に老人保健医療制度の対象...続きを読む

Q医学部・学士編入

こんにちは、私は4年制薬学部の1年生です。小児科医になりたいと思っています。

高校のときに医学部を受験しましたが、どうしても諦め切れなくて今年も受験しました。しかし全て不合格という結果になってしまいました。
それで今、学校をちゃんと卒業すべきか受験勉強に専念すべきか悩んでいます。
長いこと親のもとでお世話になるので、どっちにしても申し訳ないですが…。なるべく早く自立したいと思ってます。

それで質問なんですが、もしがんばって今行ってる大学を首席で卒業したら、学士編入の時に評価してもらえるんでしょうか。
又、女性差別や年齢差別の話を聞いたりしてすごく不安です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

首席で卒業したこと自体はさほど評価されることはないと思います。その結果として入試で高得点を取れば、その点数は評価されます。

女性差別や年齢差別は基本的にないと思います。学士入学はハイレベルですので、はいれれば悪い方で差別されることはないでしょう。

私は、以前国立医大の助手をしていました。
学士入学ではなく、通常の再受験者は結構いました、何と会社を定年退職後、入学した人がいました(今はもう医者になっています)。

また、東大の薬学博士号を持っている学生もいました。私が2年生の学生実験(教養の化学実験)をやる時、教員1名で学生50人を見ていたので、彼には、教員役(お手伝い)をやって貰っていました。十分以上に役に立っていました。

通常、学士入学と言っていますが、2年間の単位以上を取っていると、受験できる場合もあります。非常に難関ですので、普通の受験をしたほうがよいかも知れませんが、一度は受験してみて、判断するのもよいかもしれません。

個人的には、医学部は非常に難関なので、薬学部を卒業することも視野に入れておいたほうがよいように思います。

首席で卒業したこと自体はさほど評価されることはないと思います。その結果として入試で高得点を取れば、その点数は評価されます。

女性差別や年齢差別は基本的にないと思います。学士入学はハイレベルですので、はいれれば悪い方で差別されることはないでしょう。

私は、以前国立医大の助手をしていました。
学士入学ではなく、通常の再受験者は結構いました、何と会社を定年退職後、入学した人がいました(今はもう医者になっています)。

また、東大の薬学博士号を持っている学生もいました。私が2年...続きを読む

Q給料から天引きされる「健康保険、厚生年金保険額」について

21年1月から給料が大幅カットになりました。
等級で言うなれば、「3等級」ほどダウンしました。
しかし
以前の減給される前の「健康保険料・厚生年金保険料」が
給料よりそのまま天引きされています。
手取りにすると「1万円」近く違います
経理に問合せると
「6月か7月まで」以前の給料の額分でしか出来ないと言われました。
・そうなのですか?
・天引きされて多く払いすぎた保険料は戻ってくるのですか?
・戻るなら会社から払い戻しになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一般に、会社でのお給料は、
号俸と言われる「基本給」(例:総合職の何級何号級)のところで、
まず、月額いくらいくらと「固定的」に決まっていますよね。
給料表などがあるはずなので、それによって格付されているものです。
そして、さらに、毎月毎月、通勤定期代などを反映した通勤手当や、
扶養家族の状況を反映した扶養手当(家族手当)などが、
「月々で決まり切った金額」として支給されていますよね。

これらの「月々の決まり切った金額」のことを
「固定的賃金」と言います。

給与のカットの場合、
格付(何級何号給という位置)は変わらなくても単価が変わった、
というのであれば、それは「固定的賃金の変動」です。

一方、この単価に変化がないのにもかかわらず、
残業がまったくゼロになったために総支給額が増減した、というなら、
それは「固定的賃金の変動」にはなりませんので、要注意です。

「固定的賃金の変動」があったとき、その月を「1」として、
その翌月「2」、翌々月「3」と、3か月の総支給額を見てゆき、
それを3で割って、平均額を算出します。
但し、各月の支払基礎日数(給与計算の基礎となる出勤日数)が
17日以上であることが条件です。

算出された平均額を、標準報酬額表にあてはめたとき、
それまでと2階級以上の差が生じていたときは、
「4」か月目にあたる月の保険料から改定されなければなりません。

但し、固定給の部分の増減の方向(減った・増えたという方向)と、
階級・標準報酬額の増減の方向(下がった・上がった)とは、
同じ向きとなることが大前提で、
固定給の増減にもかかわらず階級に2階級以上の動きがないときには、
改定はされない、ということになっています。
この点は意外と知られていないので、
固定給が増減したのに保険料が変わらないじゃないか、という
誤解のもとになっているようです。

改定される場合、これを随時改定といい、
事業主は月額変更届を社会保険事務所等に出します。

ということで、単なる残業ゼロによる賃金カットなのか、
それとも、固定給の単価ダウンによるカットなのかを認識した上で、
固定給の単価がダウン、かつ、標準報酬額の階級もダウンし、
さらに、そのダウンが標準報酬額表で2階級以上のダウンのときに、
初めて、保険料も下がります。

1月の賃金カットが、実際の給与支給額に反映されたのは、
何月に実際に支払われた分からですか?
固定的賃金の変動、とは、実際に支払われた月で見ます。
たとえば、
「1月にカットが決まったけれども、反映は3月に支払われた分から」
というのであれば、3月が「固定的賃金の変動」の月で、
3・4・5月と3か月を見てゆき、6月の保険料から反映します。
但し、その月の分の保険料は翌月に実際に支払う給与で天引き、という
法令上の決まりがあるので、
実際の天引きへの反映は、7月に実際に支払われる分からです。
もしや、そうはなっていませんか?
そうであるのなら、会社側の説明は妥当です。

しかし、それ以外の実・支払月からの反映だった、というのならば、
質問者さんの会社の事務処理は、どこか間違っています。
随時改定をしていない(悪意ある意図的なもの?)ということが
懸念されるので、よく確認して下さい。

なお、改定されるべきものをしなかったために保険料を払いすぎた、
というようであれば、
事業主は社会保険事務所等に過誤訂正の報告をして、
取りすぎた保険料を被保険者(働いている人)に払い戻すか、
あるいは、その後に天引きする保険料との間で精算する、
ということをしなければいけない、ということになっていますので、
どちらにしても、間違いがあったのであれば、戻ってきます。
(こちら側は、社会保険事務所等にも強く要求できます。)

年末調整とは、全くの無関係。
すっかり混同してしまっている回答がありますが、誤りです。
そちらは源泉所得税(天引きされる所得税)の調整が目的ですから、
取られすぎ保険料を精算する、などという性質のものではありません。
 

一般に、会社でのお給料は、
号俸と言われる「基本給」(例:総合職の何級何号級)のところで、
まず、月額いくらいくらと「固定的」に決まっていますよね。
給料表などがあるはずなので、それによって格付されているものです。
そして、さらに、毎月毎月、通勤定期代などを反映した通勤手当や、
扶養家族の状況を反映した扶養手当(家族手当)などが、
「月々で決まり切った金額」として支給されていますよね。

これらの「月々の決まり切った金額」のことを
「固定的賃金」と言います。

給与のカッ...続きを読む

Q医学部への学士入学

現在、東京の某大学法学部3年生です。

大学卒業後、医学部に学士入学しようと思うのですが、具体的にどのような大学で何名くらい募集しているものなのでしょうか?出来れば関東地方内の国公立大学で教えてください。また、どの程度の難易度なのか、入試科目は何か、法学部生の自分でも受かりえるものなのか(理系の科目は殆ど忘れてしまったので…)、といった点に関しても、併せて教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

確か、医科歯科はTOEFLを出願資格に課していたかと、千葉については編入者はMD-PhDコースで医学研究者を要請する目的の募集だったと思います。千葉のMD-PhDコースの場合、医学部卒業後は医師免許をとっても、初期研修をせずに大学院で研究ですね。編入の場合、MD-PhDコースをとる大学もありますので、注意してください。

そもそも、関東圏の医学部のある国公立大学は、東大、東京医科歯科大、千葉大、筑波大、群馬大、山梨大、横浜市大の7校ですから、入試の科目数や卒業学部の指定があるのかは、ご自分で問い合わせされた方が確実だと思いますよ。年度ごとに変わる可能性もありますから。
また、他の国公立についても、Wikiに医学部のある大学一覧があったと思います。全部で50校くらいですし、ご自分で調べられては如何ですか?ご自分の一生に関わることだと思いますので、労力は惜しまずに。

Q住民税、健康保険の給料天引きのしくみは?

最近3ヶ月だけ仕事をしました。
で、給料明細票を貰いました。ふと思ったのですが天引き金額は会社がどうやって給料までに調べて個人の明細に載せるのかの流れを知りたくなりました。

所得税は年末調整なのでこれはよしです。

健康保険料はどうなのですか?
(1)現時点の支払う給料を、保険組合の保険料の早見表みたいなのに当てはめて税額を出し、天引くのですか?または前年度(期間不明ですが)の収入から出た保険料を市役所とかで知るのですか?
(2)初月は半月の働きで保険料も減っていました日割り計算なのでしょうか?

住民税はどうなのでしょう?
(3)市役所で決定している税額を聞くのですか?

雇用保険料も聞きたいです。
(4)月ごとに金額が違います。支払い予定給料を安定所?の保険料早見表なんかで照らし合わせて毎月出すのですか?

間違えた場合なんかはいずれ判って訂正されるのでしょうか?
実際、給料計算の仕事をされている方お願いいたします。

Aベストアンサー

>ふと思ったのですが天引き金額は会社がどうやって給料までに調べて個人の明細に載せるのかの流れを知りたくなりました。

所得税の源泉徴収税は、源泉徴収税額表というものを使い、支給する給与金額などから求めます。具体的なやり方は、
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5276/01.htm

です。コンピュータで求めるやり方も同時にあります。

>(1)現時点の支払う給料を、保険組合の保険料の早見表みたいなのに当てはめて税額を出し、天引くのですか?

少々複雑です。基本的にはその人毎に標準報酬月額という金額を定めて、その標準報酬月額に応じた保険料を徴収する仕組みです。
標準報酬月額は、採用時決定、定時決定(4~6月支給給与の平均値)、随時改定(直前3ヶ月平均が2等級以上変更&基礎的賃金変更がある)にて決定します。
わかりやすく言うと就職したときにまず決めて、それ以降は毎年一回見直すということです。

>(2)初月は半月の働きで保険料も減っていました日割り計算なのでしょうか?
いえ、月単位です。通常保険料が減っているということは考えられません。

>住民税はどうなのでしょう?
>(3)市役所で決定している税額を聞くのですか?
住民税は特別徴収といい、役所で決定した税額を会社に通知します。そしてそれを会社が天引きします。

>雇用保険料も聞きたいです。
>(4)月ごとに金額が違います。支払い予定給料を安定所?の保険料早見表なんかで照らし合わせて毎月出すのですか?

雇用保険の料率が決まっていて毎月の支払金額から算出します。

>間違えた場合なんかはいずれ判って訂正されるのでしょうか?
大抵はそうです。気がつかないこともあるかもしれません。

>ふと思ったのですが天引き金額は会社がどうやって給料までに調べて個人の明細に載せるのかの流れを知りたくなりました。

所得税の源泉徴収税は、源泉徴収税額表というものを使い、支給する給与金額などから求めます。具体的なやり方は、
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5276/01.htm

です。コンピュータで求めるやり方も同時にあります。

>(1)現時点の支払う給料を、保険組合の保険料の早見表みたいなのに当てはめて税額を出し、天引くのですか?

少々複雑です。基本的にはその人毎に標...続きを読む

Q医学部学士編入について

医学部学士編入に成功して入学している人って卒業した大学が東大や慶応など、頭のいい大学ばかりをよく目にしますが、やはり医学部学士編入は頭のいい大学を出ていないと合格しないものなんですかね?

Aベストアンサー

某国立医学部卒です。私の周りには沢山の学士入学者がいましたし、学士編入の連中もいましたが、頭のいい大学卒の人間もいればそうでないものもいます。
ただ、経済的・時間的余裕があるのならば、私は大学1年から行かれることをおすすめします。周りの学生との連携も、大変重要になってきますので。
現在医学部に合格するには(特に国立は)東大や慶応に入るぐらいの学力レベルが必要、と言われるようですが、実際にはそんなことはないと思います。ただ、普通に入学するのに比べて、学士入学の方が試験の科目数は少ない代わり超えるべきハードルは高いようにお見受けします。
もしチャレンジされるのなら、がんばってくださいね。応援しています。

Q70歳以上の保険制度

70歳以上の人は通常定年退職後で、国保に加入すると思うのですが、
もし、健康保険制度(社保)がある会社に再就職した場合は
社会保険に加入するのでしょうか?

その人が、75歳になった時も継続勤務していた時は
そのまま社会保険なのか、後期高齢者医療に切り替わるのか、
教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前期高齢者(65歳以上75歳未満)になっても、国民健康保険の被保険者にならない限りは、75歳を迎える前までは健康保険に入れるので、再就職後は健康保険に加入して、引き続き、健康保険から療養の給付を受けます。
また、このときに、75歳を迎えたときには、健康保険から抜けて、各自で後期高齢者医療制度に加入する必要があります。独立した制度だからです。
要するに、75歳を迎える直前までならば被用者保険(健康保険[組合健保や協会けんぽ]のことです)に入れるので、このようなしくみになります。

Q医学部学士編入について教えてください。

私の弟が医学部に編入をしたいと言っているので、今、調べているのですが。編入試験で英語を重視している医学部はありますか?彼は、アメリカの大学を卒業しているので英語には自信があるのですが。
インターネットで調べたところ、東海大学の一次試験は英語(難易度はどれくらいなんでしょう?)と適性試験とありましたが、富山医科大学の二次試験(科学論文読解、論文試験)は英語なのでしょうか?他の大学はどうなのでしょうか?
私立、国立どこでもかまいません。
勉強方法などもお願いします。
学士編入について詳しいことを知っている方教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

医学部学士編入では、英語は当然のこと、そのほかの医学、生物学、自然科学、など理科系の知識が問われます。

弟さんのアメリカの大学での専攻は何でしたか?

英語の過去問を取り寄せて見ると分かりますが、問題の種類というか範囲は特定できず、かなり広い範囲に渡っています。ジョークの落ちを言わせるものから、科学論文の訳、空所補充や、設問に答えるものなど、様々です。

読み物の内容としてはやはり理系、医学系のものが多いようですが、フットボールのルールを扱ったものなどが突然出題された時もあります。

倍率は低いところで20倍くらい。高ければ50倍くらいです。概して高学歴(院卒)若手を好むようです。

補足質問があればどうぞ。

Q高額療養費の70歳以上とは具体的にいつから?

高額療養費の自己負担限度額を考えるときに、70歳以上と未満に分かれますが、70歳以上とは具体的にいつからでしょうか?

例えば、今年の5月20日に70歳の誕生日を迎えた場合6月分の診療費から高額療養費70歳以上に該当するのでしょうか?高齢受給者証は6月から使えるようなのでこれと同じように70歳に達した日の翌月からでしょうか?

Aベストアンサー

高額療養費は、70歳以上でも70歳未満であっても健康保険制度から給付されるものですが、70歳以上の高齢受給者と70歳未満ではその給付の基準が異なってきます。

70歳以上の高額療養費の基準が適用されるのは、70歳になる誕生日の翌月(1日が誕生日の方は当月)の診療分から、高齢受給者としての高額療養費が適用されます。

Q医学部学士入学について教えて下さい。

今、私は首都圏の私立大学の土木学科に所属しています。国立の医学部に落ちてしまいかよっているという感じです。今のところ、医学以外にやりたいと思うことも見つからず、国立の医学部の学士入学を希望しています。大学の情報、医学シンポジウムなどの情報、学士入学についての勉強方法など、医学部や医学部学士入学についての情報があったら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

医学部学士編入では、英語は当然のこと、そのほかの医学、生物学、自然科学、など理科系の知識が問われます。

英語の過去問を取り寄せて見ると分かりますが、問題の種類というか範囲は特定できず、かなり広い範囲に渡っています。ジョークの落ちを言わせるものから、科学論文の訳、空所補充や、設問に答えるものなど、様々です。

読み物の内容としてはやはり理系、医学系のものが多いようですが、フットボールのルールを扱ったものなどが突然出題された時もあります。

倍率は低いところで20倍くらい。高ければ50倍くらいです。概して高学歴(国立院卒)や、若手を好むようです。

補足質問があればどうぞ。


人気Q&Aランキング