親しい友人が胃潰瘍にかかりました。
結構広がっていたそうで、ピロリ菌も検出されたとの事。
1週間の点滴治療を指示されましたが、まずは潰瘍の処置を
するのでしょうか。

また、心配なのがお金です。
ピロリ菌の治療には保険適用されないとHPに書いてあったのですが。

どなたかご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1.保険について


ピロリ菌の除菌は昨年11月から保険がきくようになり、私はその直後に除菌治療を受けました。

2.薬代について
1週間、1日2回薬を飲むだけで、その薬代は確か5千円程度だったように記憶しています。

3.除菌の効果
私は胃潰瘍、十二指腸潰瘍と15年くらいつきあってきましたが、ピロリ菌の除菌を受けたとたん胃が痛くなることがピタッとなくなりました。それまでは仕事なので精神的にきつくなったり、辛い物を食べたりするとてきめんに胃が痛くなっていました。
長年のことなので、痛みには慣れっこでしたが、痛くならないというのは本当に幸せなことです。

4.点滴治療
ずいぶん昔の話ですが、点滴治療の経験もありましたが、私の場合はなんか気力がなくなるような気がして中止してもらいました。

5.悪性腫瘍(ガン)について
私の場合は昨年はとうとう、潰瘍ではなく腫瘍(ポリープ)ができ、悪性腫瘍(ガン)の心配までしました。結果は悪性ではなかったので助かりましたが、ピロリ菌、潰瘍はガンの原因にもなるので、できるだけ早く除菌されることをお勧めされたほうがいいと思います。
    • good
    • 0

胃潰瘍の治療には、胃酸の抑制作用の強いプロトンポンプ阻害剤という薬剤が用いられますが、ピロリ菌が陽性の場合は、再発率が高いので除菌をすることが薦められています。



現在の標準的な除菌療法は、プロトンポンプ阻害剤のほかに、2種類の抗生物質(クラリスロマイシン、アモキシシリン)の3剤を一週間の投与することで、約80-90%は除菌に成功します。除菌療法は昨年から保険の適応になり、胃の内視鏡検査が施行できる施設であればどこでも治療を受けることが可能です。

胃潰瘍は、普通は外来で内服治療しますが、程度が強いものや出血性の場合は入院の上、絶食にして点滴治療を行うこともあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今日で2日目の治療です。

最初の診察で、内視鏡、診察代、薬代で15000円ほどかかったので、保険適用外かと思ったのですが、保険が効くと聞き安心しました。

お礼日時:2001/07/05 08:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胃潰瘍の症状は具体的にどういったものなのでしょうか?

胃潰瘍の症状は具体的にどういったものなのでしょうか?

以前http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6006980.htmlで質問させていただいたものです。
「みぞおちが痛いなぁ」ということで一体どういう原因が考えられるかを質問させていただいたところ、
どうやら潰瘍の可能性が高いようです。
二通お返事があったのですが、お二人ともやはり「胃なのではないか」ということでした。

しかし、私は医療系に詳しくありません・・・調べても「?」となることが多いです。
一体胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状ってどういったものなのでしょうか?
また、それらの病気の場合、どういった治療をするのでしょうか?

お返事、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

胃潰瘍と十二指腸潰瘍は症状も治療も大差ありませんから、胃潰瘍として説明します^^

★胃潰瘍の症状

一般症状・局所症状ともに胃潰瘍に特異的なものはありません。

潰瘍の自然歴のなかで、比較的古い、再発を繰り返した潰瘍においては食後の心窩部痛(みぞおちの痛み)、胸やけなどの定型的な症状を示しますが、痛みを自覚しない場合もあり、不定愁訴や吐血が初発症状の方もあります。

胃潰瘍は早期発見がかぎです。早期発見のためには、「あれ?おかしい」と自覚することが必要ですよね。忙しいからといって、放置しておくのではなく、下記の症状が出た場合は、胃潰瘍を疑い、すぐに病院へ行きましょう。

一番分かりやすい症状が、みぞおちの痛み。食事の際に痛むこともあれば、空腹時や夜間にも痛みが出ます。

ただし、このような痛みを伴わない人もいるので、注意が必要です。特に高齢者の人は無痛が多いようです。

また、胃酸の出すぎで胸焼けがし、酸っぱいげっぷを、することがあります。

他には、吐血・嘔吐・食欲不振や消化不良といった症状も、胃潰瘍を疑う必要があります。

症状には個人差があります。ちょっと胃がおかしいな、と感じいつもとは違う痛みを感じるなら、すぐに病院へ行って診断してもらいましょう。胃潰瘍は身近な病気なのです。

★胃潰瘍の治療

近年では胃潰瘍で手術を行うことは、少なくなってきています。

理由は胃潰瘍に効く特効薬が見つかったからです。そのため多くの場合が、胃酸を抑える薬と食事療法を含む生活指導で治癒されます。

食事療法といっても極端で厳しい食事制限はなく、刺激物を控えたり、腹八分目に食べるといった、食事の効果的な仕方をアドバイスするにとどまっているようです。

正しい生活習慣をすることが、一番の完治への近道といえます。

精神的・肉体的ストレスを取り除いて、リラックスし胃を優しく扱うことで、早期回復は期待できるのです。

胃潰瘍は私たちにとって身近な存在。

仕事でムリを重ねて発症したり、周りにも経験者がいるはずです。正しい治療と早期発見で、予防・改善することがとても大切です。

ご参考までに♪

胃潰瘍と十二指腸潰瘍は症状も治療も大差ありませんから、胃潰瘍として説明します^^

★胃潰瘍の症状

一般症状・局所症状ともに胃潰瘍に特異的なものはありません。

潰瘍の自然歴のなかで、比較的古い、再発を繰り返した潰瘍においては食後の心窩部痛(みぞおちの痛み)、胸やけなどの定型的な症状を示しますが、痛みを自覚しない場合もあり、不定愁訴や吐血が初発症状の方もあります。

胃潰瘍は早期発見がかぎです。早期発見のためには、「あれ?おかしい」と自覚することが必要ですよね。忙しいから...続きを読む

Q胃潰瘍歴5年、ピロリ菌を除菌したのにまた胃潰瘍?

私の連れ合いのことですが、

初めは2006年秋、下血があり、投薬と自宅療養でとりあえず完治?

翌年秋(きっかり1年後)また下血と軽い吐血があり、また同じ病院へ
このときは癌の可能性が…といわれたのですが
いろいろな検査の結果、正真正銘の胃潰瘍で
なんと他の人より一部の胃壁が厚いらしく、その部分が癌と疑われたとのこと。
この時も入院はありませんでした。

日ごろの生活にも注意し2008年は何事もなく乗り越えたのですが、
2009年これもまた同様に秋、下血と吐血で今度は違う病院を紹介され、
貧血がひどいため即入院となってしまい、輸血をされ5日で退院。
その時ピロリ菌の検査もしてもらい、退院後投薬にて除菌をしました。

今年はいつもの季節を乗り越えたので安心していたところ
今頃になって下血.....
除菌もしたはずなのにまた胃潰瘍?とちょっと意気消沈しております(私が)。

明日病院へは行きますが、こんなことってあるのでしょうか。
胃潰瘍のほかに何か疑われることは...?
ちなみに、当事者は男性40代後半
たばこ(1日1箱程度)と晩酌(日本酒3合)
喉元過ぎてしまうとあの苦しさを忘れてしまうようで何度言っても絶ってくれません。

詳しい方のご意見・ご回答どうぞよろしくお願いいたします。

私の連れ合いのことですが、

初めは2006年秋、下血があり、投薬と自宅療養でとりあえず完治?

翌年秋(きっかり1年後)また下血と軽い吐血があり、また同じ病院へ
このときは癌の可能性が…といわれたのですが
いろいろな検査の結果、正真正銘の胃潰瘍で
なんと他の人より一部の胃壁が厚いらしく、その部分が癌と疑われたとのこと。
この時も入院はありませんでした。

日ごろの生活にも注意し2008年は何事もなく乗り越えたのですが、
2009年これもまた同様に秋、下血と吐血で今度は違う病院を紹介さ...続きを読む

Aベストアンサー

ピロリ菌に感染してなくても胃潰瘍になりますし、ピロリ菌に感染していても胃潰瘍にならない人も多いように、ピロリ菌は二次的に胃潰瘍の原因になっても直接の原因ではありません。
ピロリ菌は常在菌です。感染したとしても健康な状態では他の常在菌と同様にピロリ菌は胃酸でおとなしくしており体に悪さをすることはありません。しかし胃酸の分泌が減るようなことになって胃の内部環境が変化するとピロリ菌は暴れ出します。胃酸の分泌が減る原因は体がストレス状態になった時です。交感神経が緊張して分泌が抑制されるからです。

ピロリ菌がいるいないに関わらず心や体のストレスが胃にきて適応力を超えるようになると胃にトラブルがおこります。胃の粘膜の破壊はストレスで増えすぎた顆粒球が原因です。ピロリ菌がいなくてもストレスで顆粒球の増多が起これば粘膜破壊は起こります。このストレスが直接の原因ですので、いくら除菌したところで相も変わらず同じ生活を続けてると原因のストレスそのものは減りませんのでいつかまた再発することになります。
仮に除菌以後胃潰瘍は再発しないとしても、ストレスを減らすことなく以前と同じ生活を続けてるといつかは別の形で体に現れることになります。

ピロリ菌に感染してなくても胃潰瘍になりますし、ピロリ菌に感染していても胃潰瘍にならない人も多いように、ピロリ菌は二次的に胃潰瘍の原因になっても直接の原因ではありません。
ピロリ菌は常在菌です。感染したとしても健康な状態では他の常在菌と同様にピロリ菌は胃酸でおとなしくしており体に悪さをすることはありません。しかし胃酸の分泌が減るようなことになって胃の内部環境が変化するとピロリ菌は暴れ出します。胃酸の分泌が減る原因は体がストレス状態になった時です。交感神経が緊張して分泌が抑制さ...続きを読む

Q胃腸症状について 逆流性食道炎、胃潰瘍、胃がん?

当方、23歳の大学生です。

元々胃腸が弱く、3年ほど前より胃薬を飲み続けていました。
かかりつけのお医者様からは、「逆流性食道炎+過敏性腸症候群」と言われ、それ以来、胃酸を抑える薬や整腸剤等を飲み続けていました。

しかし、当方が引っ越したためお医者様を変えることになりました(変更先は消化器専門の方です)。
数ヶ月前に定期検診で診てもらった際は、「緊急事態ではないと思うけれど、お互いの安心のためにも、おいおい胃カメラをやっておいた方がいいでしょう。」ということでした。
この時には、とりあえずの検査としてエコー検査をやっていただきましたが、臓器の腫れや水がたまる等は全くなく、(エコーで見れる範囲で)臓器は健康そのもの、とのことでした。

そして、数日前に再び診てもらったのですが、いつも飲んでいる薬を飲んでも飲まなくてもあまり変化が無い事、それでも胃痛やむねやけ、便秘等の胃腸症状があることをお伝えしたところ、
「エコー検査も前回やったので、急を要する問題ではないと思うけれど、確認と安心のためにも胃カメラをしておいた方が良い(大腸検査はたぶん不要)。もしかしたら、胃潰瘍の可能性はある。その場合、治療が有効なので調べておきましょう。」と仰っていただきました。
しかし、当方が9月に大学院入試があります関係で、検査は9月末ということになりました。

しかし、「胃潰瘍」と聞いて不安になってしまいました・・・。
私自身、心気症的なところがありますので、色々考えてしまいます。

胃潰瘍とはどのような状態でしょうか?
また、逆流性食道炎では無かったのか、胃がんとは違うのか(実は胃がんだった、なんてことも)等々と考えると不安です。

また心因的なものとして、ここ数年、家庭や学校で大きな変化が立て続けに起こった事(引っ越し、立て続いた家族の入院、私の他大編入等)、私自身が異常に神経質であったり憂鬱になる時も多い事(強迫的な潔癖症で、手洗い過多です。)、院試等の大きなイベントがあること(私自身は苦痛には感じていませんが、やはり緊張はしています)も関係してますでしょうか?

なんか最近痩せたような気もしますし、不安です・・・。
教えてください!

当方、23歳の大学生です。

元々胃腸が弱く、3年ほど前より胃薬を飲み続けていました。
かかりつけのお医者様からは、「逆流性食道炎+過敏性腸症候群」と言われ、それ以来、胃酸を抑える薬や整腸剤等を飲み続けていました。

しかし、当方が引っ越したためお医者様を変えることになりました(変更先は消化器専門の方です)。
数ヶ月前に定期検診で診てもらった際は、「緊急事態ではないと思うけれど、お互いの安心のためにも、おいおい胃カメラをやっておいた方がいいでしょう。」ということでした。
この時に...続きを読む

Aベストアンサー

急ぐ話ではないですが、一度胃カメラをやって、ピロリ菌陽性の慢性胃炎なら除菌したほうがいいでしょう。ピロリ菌感染が胃十二指腸潰瘍の原因であることは20年以上前に証明されていますが、胃癌の原因でもあると疑われていました。

日本は胃癌の発生率が高く、昔は塩分摂取が多いのが原因とかいわれていましたが、今ではピロリ菌感染率が高いことが主因だと考えられています。ピロリを除菌すれば胃癌が減るのか、これを証明するのは色々と難しいかったのですが諸氏の努力により、慢性胃炎がある場合ピロリ除菌が保険適応となりました。抗生物質等を1週間のむだけですけどね。

年齢から考えて今胃癌がある可能性はかなり低いと思いますが、ピロリ菌感染があれば若い時に治療した方が良いと思います。

Q胃潰瘍の治療でピロリ菌の除去もしたんですが、これかえら定期健診で胃カメラを続けた方がいいのでしょうか。

2年前にヘルニアが原因で坐骨神経痛になったのと、仕事のストレスから胃潰瘍になりました。

脚腰痛と胃痛のダブルパンチで、苦しんでいました。

胃カメラ検査をやって逆流性胃炎と潰瘍が3箇所見つかり、ピロリ菌の除去もしました。
除去の成功の確認済みです。

潰瘍は脚腰痛が治ってないので、まだ胃痛が続いていましたが、
ヘルニアの手術を終えて回復していくのと同時に、胃痛も消えていきました。

除去から半年後(1年前)に、鼻から検査できて先生の評判がいい病院を見つけたので
潰瘍の治癒の検査を受けました。
ちょっと胸のムカつきもあったためですが、綺麗に治癒してるとのことでした。
ピロリ菌を除去すると、一時期胃酸が増えるのでムカつきがあると言っていました。

それから1年経った今、胃が重いなあって思ってもう1度検診を受けにいったのですが、
やはり綺麗に治癒してるし、ピロリ菌の除去もちゃんと出来てると言われました。
重い感じは、喉に逆流性胃炎の痕跡が見れるからと言っていました。

薬を出しておくのでと言われてから、おしまいに看護士さんに
「定期的に胃カメラ検診をした方がいいのか?」と聞いたところ、
先生にたずねていただきました。
「気になるなら、しないよりした方がいいんじゃないか」
との回答でした。

どうなんでしょうか?

2年前にヘルニアが原因で坐骨神経痛になったのと、仕事のストレスから胃潰瘍になりました。

脚腰痛と胃痛のダブルパンチで、苦しんでいました。

胃カメラ検査をやって逆流性胃炎と潰瘍が3箇所見つかり、ピロリ菌の除去もしました。
除去の成功の確認済みです。

潰瘍は脚腰痛が治ってないので、まだ胃痛が続いていましたが、
ヘルニアの手術を終えて回復していくのと同時に、胃痛も消えていきました。

除去から半年後(1年前)に、鼻から検査できて先生の評判がいい病院を見つけたので
潰瘍の治癒の...続きを読む

Aベストアンサー

>どうなんでしょうか?

完治したから胃がんに100%ならない。という保証は誰にもできません。
そういう意味ではお医者さん言葉は正しいと思います。
絶対しなければいけない。ということではないということですね。
ただ、やっておいたほうがいいに決まっていると。

胃潰瘍の原因はストレスですから、今後も再発する可能性はないとも
いえませんから、ある程度、違和感が残るなら胃カメラの受診は今後も
しておいたほうがいいように思います。

食生活、アルコール、仕事のストレス等、見直すところはないでしょうか。

Q胃潰瘍の症状

いつもお世話になっています。

数週間前から胃が痛みます。
最初は普通(?)の胃痛と胸やけでしたが、最近みぞおちの辺りが痛み出したため、胃潰瘍か十二指腸潰瘍を疑いましたが、その痛みが持続しないのです。
痛い日が2、3日続いて痛くない日がまた数日、といった感じです。
空腹時、食後どちらも痛かったり痛くなかったりして、痛み自体はそれほど激しいものではありません。
早めに消化器科を受診しようとは思っていますが、なかなか時間がとれなくて。
専門家や経験者の方に伺いたいのですが、胃潰瘍などの痛みは持続せず繰り返す場合もありますか?
このような痛みでは、他にどんな病気が考えられますか?
もちろん医師が診断しなければ確かな病名が分からないのは承知です。
あくまで推測としてで結構ですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社の健診で、胃の検査しないの?
希望すればやってくれます。

>なかなか時間がとれなくて
土曜日やっているところあります。病院でなくてもよい、クリニックとか診療所とかでもわかります。夜も8時近くのところもあります。
会社の近くにもクリニックあるでしょ。仕事中に断わっていかせてもらいましょう。ダメとは言わないはず。

病院は待たせる時間が長く診察はちょっと。これでは一日潰れてしまいます。

QHb3で生きてる(血便、下痢、十二指腸潰瘍、ピロリ菌)

弟(23才)が、医師から「ヘモグロビン3g/ml。すぐに入院。死にますよ」と言われました。本人が強く拒否したこともあって、していません。
今はほぼ毎日輸血しています。400mLが二つと、他にもしているようで1000mL位だと思います。医師からは「血液の量が、普通の4分の1」とも言われました。
前は、手足も、顔色も真っ青、真っ白な状態でしたが、輸血をするようになってからは赤みがさしています。

もともと去年の5月くらいに、他の病院で「十二指腸潰瘍」「ピロリ菌」と診断され、薬(胃壁を守る薬)を飲んでいました。しかしすぐにやめていました。
それで、今年の1月に入って、「調子が悪いから」と言った病院で、「死にますよ」と言われました。
「10mくらい歩いただけで息切れしていた」とか今ごろ言っています。
母親の情報だと、「血便もあるみたい。真っ赤。あといつも下痢状態。形にならない便」とのとです。
血液の量やヘモグロビンが少ないのは、血便によるものと、今までの不摂生な生活もあるかなと。高校、大学の頃ほとんど野菜も食べず、運動もせず。大学になるとアルコールプラス、昼夜逆転のような生活でした。
下痢(血便は分からないけど)も、かなり前から続いているようです。
思うに、「潰瘍性大腸炎」と「十二指腸潰瘍」の併発なのかなと。
潰瘍性大腸炎であれば、入院を拒否する弟の為に、薬物療法、通院での治療は可能でしょうか。今は胃カメラ、CT、血液検査です。内視鏡検査をすることになるのかな。なんで、生きてるのかも分かりませんが。

弟(23才)が、医師から「ヘモグロビン3g/ml。すぐに入院。死にますよ」と言われました。本人が強く拒否したこともあって、していません。
今はほぼ毎日輸血しています。400mLが二つと、他にもしているようで1000mL位だと思います。医師からは「血液の量が、普通の4分の1」とも言われました。
前は、手足も、顔色も真っ青、真っ白な状態でしたが、輸血をするようになってからは赤みがさしています。

もともと去年の5月くらいに、他の病院で「十二指腸潰瘍」「ピロリ菌」と診断され、薬(胃壁を守る薬)を飲ん...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.so-net.ne.jp/medipro/hypref/cgi-bin/ebook/ebook.cgi?s=pd&id=Y8%2f5GE
このページに、潰瘍性大腸炎のことは詳しく載っています。

ビタミンCを全く取っている形跡がないのならば、
今時珍しいですが、壊血病の可能性も捨て切れません。
それは以下のHPを見てください。
http://www.so-net.ne.jp/medipro/hypref/cgi-bin/ebook/ebook.cgi?s=pd&id=Q112DM

取り敢えず医師に全てを話して診断を仰ぐべきです。
入院治療するのにこしたことはありませんが、
潰瘍性大腸炎の場合、完全に治りきる病気ではありませんので、
通院・投薬もちゃんと真面目に続けないと意味がないと思います。

Qストレスで胃潰瘍…

ストレスで胃潰瘍…

介護施設で働いています。

立ってられないほどの痛みが度々 おこります。

いろいろ調べていたら胃潰瘍かも?
と思うようになりました。

人員不足のため仕事は休むわけにはいきません。
胃潰瘍の症状をご存知の方、詳しく教えてください。

症状 治療法 完治までの流れも合わせて教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

胃潰瘍経験者です。
病院で出してもらった潰瘍の薬を服用しています。

私の胃潰瘍の症状は、お腹が空くと胃と左の背中が痛くなります。
立っていられなくなり、息が出来なくなります。
丸まりながら横になっているといくらか楽になります。
痛みが一日中続くわけではなく、繰り返し痛みがきます。

温かいスープやホットミルクなどを飲むと、痛みが和らぎます。
(熱過ぎるのは胃に負担をかけるので注意して下さい)
コーヒーと辛い物はさけましょう。

お仕事のストレスに加え、胃が痛いストレスもあると思います。
不思議なことにお医者さんに診察してもらうだけでも痛みが和らぐこともあります。
処方薬を飲むとかなり痛みも楽になりますので、お忙しいとは思いますが、一度病院に行かれた方が良いと思います。

お大事になさって下さい。

Qピロリ菌除去失敗!?クラリス耐性菌?

ピロリ菌除去をしました。きちんと薬は服用したのに、除去に失敗。クラリスに耐性がある菌??みたいな事を言われました。ということは、もう除菌できないのですか?ピロリ菌除去に効果のあるクラリス以外の抗生物質って何かありますか?保険適応で・・

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=1855421
のANo.3が参考になると思います。

Q胃潰瘍について

仮に胃潰瘍だとします。 この場合、内視鏡検査は症状を断定する為だけの検査なのでしょうか?

また胃潰瘍はどのように治療するのでしょうか?

2つの点についてお教え下さい。

Aベストアンサー

>内視鏡検査は症状を断定する為だけの検査なのでしょうか?

基本はそうですね。
直接、患部を見ることができますし、
組織などを採取することもできます。

そこだけが悪いということはいえないので、
その他の部分についても丹念に観察します。


>胃潰瘍はどのように治療するのでしょうか?

基本は日にち薬です。
つまりほっておけば、人間は自分の力で治すことができます。
ところが、胃潰瘍になる人は、ストレスや食生活の乱れなどで
胃を荒らしていますので、入院安静・治療食などで、
胃にストレスをかけないようにします。

私の場合、1ヶ月絶食入院で治しました。
その間は点滴で栄養を補給します。

今は軽いものであればいい薬が出ていますので、
まずは食事指導と薬で治してしまうと思います。

入院したり、手術したりというのはかなり稀なケースです。

Q胃潰瘍と十二指腸潰瘍

標題の病気には、相互に因果関係があるのでしょうか?
胃潰瘍だから十二指腸潰瘍になる(その逆も)?
うちの親がよく併発してたので、ふと疑問に思いました。
ご存知の方、ご教授ください。

Aベストアンサー

胃潰瘍と十二指腸潰瘍についてですが、実は原因が異なります。

潰瘍ができる原因は大きく2つあります。

1つ目は、胃酸が多く分泌されるため消化管の壁への攻撃因子が増えて起こる。
2つ目は、消化管を保護する粘液(粘膜)の減少や、消化管への血流減少などによる防御因子の低下です。

多くの場合胃潰瘍は、2つ目の原因である防御因子の減少が引き金になって起こります。また壮年期・高齢期の患者さんが多い傾向にあります。

一方、十二指腸潰瘍は、1つ目の原因である攻撃因子の増加が引き金になって起こることが多く、どちらかというと若年者に多い傾向があります。

したがって治療は、それぞれの原因にあわせて、多過ぎる胃酸を出にくくしたり、粘液の分泌を高めて防御因子を増強させます。

今回の質問では、併発されるということでしたが、ストレスなどが多い環境ではこれらの原因が絡みあってどちらも治りにくい状態にあったということではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報